searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

tamitanさんのプロフィール

住所
垂水区
出身
吹田市

「野菜の美しさを伝える野菜ソムリエ tamitan」 野菜ソムリエとして野菜の食べ方や栄養価だけでなく、色や形の美しさも伝えていきたい…そんな想いで野菜の写真を撮り始めました。

ブログタイトル
野菜ソムリエtamitanのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tamitan55
ブログ紹介文
野菜の美しさを伝える野菜ソムリエtamitanが旬なお野菜を独自目線で紹介します
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2008/03/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tamitanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tamitanさん
ブログタイトル
野菜ソムリエtamitanのブログ
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
野菜ソムリエtamitanのブログ

tamitanさんの新着記事

1件〜30件

  • 台湾みやげ インスタントラーメン

    台湾のカルフールに「これがイチオシ!」と言わんばかりに幅をきかせてたのがこのラーメン。牛肉麺って書いてあるし、いかにも台湾らしいので買って帰りました。パッケージの写真には牛肉の塊が乗っていていかにも美味しそう。でもあくまでイメージだけだろうということであまり期待はせずにいきましょう。袋を開けるとなんかいろいろ入ってる。ちょっとインスタント麺の割には高かった高級品です。これはひょっとしたら期待できるかも…。レトルトみたいな袋の中にもしかしたら大きな肉の塊がゴロゴロと…という期待を寄せて調理します。おおおっ!!ありました。肉の塊り!割と大きなのが3つほど入ってました。粉末スープと、調味油。この油は辛そうなのでちょっと控えめにしました。レタスなんかをトッピングしたら、本場もんらしくなりましたよー。味も美味しかったし、...台湾みやげインスタントラーメン

  • 台湾みやげ ドリンク用のエコバッグ

    台湾はエコの意識が高い。買い物にいっても袋には入れてくれず、そのまま品物が渡される。スーパーでも「バックいるか?」と必ず聞かれるし。そんな台湾で見つけた「ドリンクホルダー」が可愛くて便利。タピオカドリンクを頼んだら超巨大なのが出てきて、これは一度に飲みきれない。なのでみんなこのドリンクバックに入れて持ち歩いているわけだ。なるほど~。ドリンクカップをそのまま持ってると片手がふさがって不便だし。手も冷たくなるし。このドリンク用バックやドリンクホルダーが広まったのは、持ち帰り用のビニール袋が有料化されたからということなんだそうだが、雑貨王国台湾ではドリンクホルダーもハンドメイドのめっちゃかわいいのがいろいろ売っていた。コーヒーショップのカップやタピオカドリンクなんかを持ち歩くのにはカップの周りにぐるりと巻いた布に持ち...台湾みやげドリンク用のエコバッグ

  • 台湾みやげ オートミールドリンク??

    ちょっと台湾に行ってきました。海外旅行に行って楽しいのは地元のスーパー。台北にはカルフールがあり、いろいろ「いかにも台湾!」なお土産を探して買ってきたのですが、これはいったい何だろう??とさっぱり想像がつかなかったものがこれです。見慣れたオートミールのロゴマーク。漢字でなんとなく杏仁豆腐味なドリンクをイメージして買ってきたわけですが、オートミールのドリンクって何??(笑)でもなんか体によさそうな健康食品であることは間違いない。とにかく飲んでみることにしました。袋から出してみると粉だけ。あれぇ?パッケージの写真は完全にイメージですってことか(笑)ナッツとかフルーツとかは入ってないのね。お湯を注ぐと、これがなかなか溶けないではないか。ダマダマになってしまって溶かすのに苦労する。うーん、何かに似てるな、これは。なんだ...台湾みやげオートミールドリンク??

  • 佐渡裕さんの指揮を見て思ったこと

    小さい頃にピアノを習っていて、クラシック音楽やオーケストラは好きな方だ。最近、娘と一緒にバレエを見に行く機会も増えて生のオーケストラ演奏を聴くことも多くなった。今日は関学オーケストラの定期演奏会に佐渡裕さんが指揮を振るということで絶対見に行こうと思っていた演奏会。佐渡さんの指揮を生で見たのは今から20年以上前のこと。年末恒例の「サントリー1万人の第九」に参加したらその年の指揮者が佐渡さんだった。普段の練習の時はそれぞれ小さなグループごとに指導者がいるのだが、本番前に一度だけ全体練習がありその時に佐渡さんがやってきた。そこで見た光景は・・・・。まずは体の大きさにびっくり!がっしりしていて柔道選手みたい。そして指揮を振り出すと、髪をふりみだし、ジャンプし、汗を飛ばしながら指揮してる。汗だくになった佐渡さんを見て「う...佐渡裕さんの指揮を見て思ったこと

  • みかーん

    みかんを食べてたらものすごくきれいに皮がむけた。で、ふとなんかこの皮の内側の白い繊維に目が止まった。みかんとかソラマメとかの皮の裏側ってふかふかして気持ちよさそう。なんやろか。このふかふか。「みかんの白いスジには食物繊維がたっぷり含まれていてスジを取らずに食べるほうが体にいいですよ〜」なんて野菜ソムリエとしてはいつも言ってるわけですが、よくよく見てみるとなんだかイソギンチャクみたいで面白い。で、モノクロにしてみたら面白いかも・・・とゴソゴソやってみた。なんだかよくわからないかもしれませんが、みかんです。しかも皮です(笑)みかーん

  • 2019年いちばんのお気に入り

    先日北ゼミメンバーが全員集合して、ひさしぶりに写真の話で盛り上がった。やっぱりこのメンバーはいいな。メンバーのみなさんや先生と話をしていると写真をやっててよかったなと感じることができる。もちろんいつもは自分のセンスのなさに凹んでばかりで、他の人の写真を見ては「あんな風に撮りたいのになんで自分にはできないんだろう。どうやったらあんなセンスが身につくんだろう」といつも劣等感に苛まれる。そんな悩み(?)を先生に話したら、「そんなことを言ってることがおかしい」と。まずは続けること。そして結果を出すこと。写真の世界はどんだけ頑張ったかという過程は関係ない、結果が全てだと。確かに。確かに。おっしゃるとおり。そしてセンスも経験も努力も足りない自分にはいきなり結果は出せないわけで、自分にできることといえばとにかく続けること。セ...2019年いちばんのお気に入り

  • シュールレアリズムを写真で体験

    先日、シュールレアリズムの体験という授業を受けてきた。そもそも「シュールレアリズム」ってなんぞや???意味を調べてみても書いてある文章の意味がわからない。超現実主義??は??しかも、よく言う「シュールな」という意味合いとは違うらしい。で、シュールレアリズムを写真に撮る実習。いろいろな小道具が用意されていてそれを持って各自撮影に行くのだが、どう撮ったらシュールレアリズムになるのかがわからない。小道具は一番最初、部屋に入ってきた時に目についた譜面台にしたものの、さてそれをどう使うか。まずは、「人間の意図が介在しない現実」というところで、譜面台をカシャンと落としてみてその落ちていく様を連写で撮ってみる。うーん、いまいち。つぎに、「ちょっとありえないシチュエーション」な場面を考えて、空中に登場させてみた。お。これはちょ...シュールレアリズムを写真で体験

  • 新春ハイキング 箕面の滝~勝尾寺

    大晦日、元旦とダラダラ食べてゴロゴロして過ごしたので、体を動かしてリフレッシュしようと5日には高校時代の友人と二人で箕面ハイキング。箕面に近い高校だったので懐かしくもある。阪急箕面駅から滝までは割とすぐに歩けるので、今日はそこからさらに勝尾寺まで足を延ばすことにした。ま、歩けるでしょう。彼女もわりと行動派。今日現れた格好もなんとジャージ(笑)気合入っている。予定では勝尾寺までの片道は6kmほど。往復歩いて駅までもどってきても3時間くらいで歩けるだろうと思っていて、もし日が暮れてしまったなら勝尾寺から北千里行きのバスが出てるのでそれに乗ればいい。ハイカーはお正月にしては多いのか?それとも少ないのか?そんなに人がうじゃうじゃいるといった感じでもない。勝尾寺はきっと混雑してるだろうな。ダルマで有名な勝負寺。合格祈願や...新春ハイキング箕面の滝~勝尾寺

  • ジローでお散歩 つくはら湖

    ウインタージャケットと冬用のグローブを買ったので、さっそく着て走りに行ってみることにした。でも今日はあったかい。中は下着のタンクトップに綿の長袖Tシャツ、薄手のフリースジャンパーにした。それにインナー付きのジャケット。なので5枚着てることになる。パンツCW-Xを中に履いていつものタイチのパンツ。これはオールシーズン用なのかなぁ?夏にメッシュジャケットと一緒に買ったから、もしかすると夏用なのかもしれない。通気性がよく速乾性。だったら冬は寒いかも。こないだは足首からスースー風が入ってきて寒かったので、今日はモトクロスブーツにした。ガエルネED-PRO。もうボロボロ。でもまだ履ける。新品のグローブはごわごわしていてクラッチレバーが握りにくい。ウインカーだそうと思ったらホーンに手があたってしまって「ピッ」と鳴る。もうち...ジローでお散歩つくはら湖

  • 大工の技術に感動し木工細工を楽しんだ日

    3連休2日目。本当はキャンプにいく予定だったのだが大型台風がやってくるというのでキャンプ場をキャンセルしたのだ。おかげで3日間予定が空白になってしまった。昨日は警報もでていたので一歩も家から出なかったが、今日はいい天気。外にでるとなんだか肌寒く秋を感じる。さて、暇そうにしている子供たちをどこに連れて行こうか・・・。そうだ!近場に面白そうなところがあるじゃないか!(実は自分が行きたい)というわけで、新神戸にある「竹中大工道具館」へ。中学生以下入場無料やしぃ!最近反抗期なのかなかなか一緒についてこない長女も今日は洋服を買いに行くという理由で一緒に行くことになった。毎日ジャージきてはるから、服こーたるわ。休みといえど忙しい。いろいろと用事がある。申請していたパスポート受け取って、ほのかのバレエ用品買いに行って、昼ごは...大工の技術に感動し木工細工を楽しんだ日

  • 伏見稲荷山頂へ

    以前から行きたかった伏見稲荷山頂へ、家族そろって軽いハイキングがてら行ってきた。実はウン十年昔、まだ高校生だったころ大晦日の晩に友達と登ったことがある。山頂まで登って初日の出を見ようと思ったのに山頂についたら「日の出は逆の方角やで。ここからお日さんが見えるのはまだあと2時間くらいかかる」と言われて、すっかり明るくなった空の中しょんぼり山を下りてきたという笑い話。あの頃はこんなに外国人観光客はいなかったと思う。いかにも日本的な赤い鳥居が千本・・・いや絶対千本以上あると思うが・・・ずらっと山の上まで並んでるのだから、日本に来た外国人にとってみればそれはそれはぜひとも行ってみたい場所の一つだろう。それにしても、多い。多すぎるぞ外国人。人が途切れることがないので、誰もいない千本鳥居の写真を撮るのは至難の業だ。さすがに山...伏見稲荷山頂へ

  • 私、昔からモネが好きだったみたい

    兵庫県立美術館の印象派展を見てきた。モネ、ルノワール、セザンヌ、シャガール、ピカソ・・・といった有名どころが勢ぞろい。ひと通りじっくり見た後で、今回の展示の中で一番好きだな~と思ったのはモネの「ヴェルノンの教会の眺め」という作品。川沿いに建つ教会とその映り込みを描いた1枚。水面に映ったほうの描写はモネらしいタッチで描かれてるのと対照的に、現実の風景の方はしっかり繊細に描写されていて、モネの睡蓮のイメージが強い私にはちょっと意外な感じがしたから。先日直島でモネの睡蓮を見てきたばかりで、モネづいているこの頃。さっそくその影響を受けて、だが絵を描く才能はないので、写真加工アプリで写真を絵画調にお絵かきしてみた。これがなかなか楽しい。ちょっと絵が上手になった気分が味わえる(笑)ところで。モネの絵が気に入ったのでミュージ...私、昔からモネが好きだったみたい

  • 現代アートと日本画に触れる

    昨日はゴールデンウィークに訪れたばかりの直島へ再び訪れる。まさかこんなにすぐにここにまた来ることになるとは思わなかった。写真の師匠と訪れる現代アートの旅。今日のテーマは「太陽の光」。ゴールデンウィークはどこも混雑&大行列でほとんど中に入らずに外からざっと見て帰ってきたのだが、今日は地中美術館、安藤忠雄ミュージアム、そして杉本博司の護王神社の地下石室、千住博の石橋邸と、ゆっくり中も見学しながらアートを堪能した。地中美術館はなんとも贅沢な展示。たった3人のアーティスト作品をあの広い広い空間で展示。光の立体感を体感できる美術館。これは平面で見ているだけだとわからない。行って実際に体感しないと・・・。それにしても時間ごとに完全予約制でさらにそれぞれの展示を見るのにも一度に入れる人数制限がある。そのおかげで、人がごちゃご...現代アートと日本画に触れる

  • ラピュタの世界? 友が島へ

    以前から一度いってみたいと思っていた場所「友が島」。「ラピュタの島」とも言われている。崩れた砲台跡や弾薬庫跡などが残っており、人間が作った人工物が自然の中で朽ち果てていく様子がラピュタで描かれている世界と重なる。この島は和歌山県にある。和歌山県の加太港からフェリーで20分。地図で見ると和歌山と淡路島の間に位置しており、うちからだと淡路島から船を出してほしいと願うばかりだ。和歌山までいくのに2時間ほどかかるので・・・。ゴールデンウィークは人がいっぱいなのは想定済み。フェリーに乗れなかったら乗れなかったで人形供養の神社とかその辺ぶらぶらして帰ろうかと思っていた。友が島汽船のフェリー乗り場に行くと整理券を配っている。現在11時。配られたフェリーは13時半の船だという。島に着くのは2時ごろ。島からの帰りのフェリー最終は...ラピュタの世界?友が島へ

  • 直島へ

    1泊2日香川の旅、2日目は朝一番のフェリーで高松港から直島へ。1時間くらいの短い船旅だが、とても大きくて立派なフェリー。ゴールデンウィーク10連休というのもあって人手も多く、フェリーの切符売り場にはすごい行列ができていた。ここのフェリーは来たもの順。切符も時間指定して買うわけではなく、乗船開始30分くらい前から発売されるので、乗る船の時間に合わせて港にいき、切符を買ったらそのまま並んで乗るといった感じ。なのであんまり人数が多いと乗りきれずに次のフェリーで・・・ということになってしまう。一方。直島では時間を指定してあらかじめ予約しておかないと入れない「地中美術館」が人気だ。私たちも最初はそこに行く予定だったが、いざネットで予約をいれようと思ったらすでにその日の分はすべて満席。だいたい時間が読めない。何時のフェリー...直島へ

  • 香川の「おいり」

    ゴールデンウィーク前半は仕事。後半の前半(ややこしい?)は写真の友と女二人旅。1泊2日で香川へ。香川出身の彼女に以前教えてもらった香川の伝統菓子「おいり」を手に入れたくて、お土産屋で探すとちゃんとおいてあった。この淡い色がとっても可愛らしい。もち米でできた軽い食感のあられのようなものに砂糖がかけてある。とっても壊れやすいデリケートなお菓子なので、ぎゅっとつかむとボロボロ崩れてしまう。家に帰るまで崩さずに持って帰れるといいが・・・と心配だったが、ちゃんと崩れずに残っていた。あまりに軽い食感なのであんまり食べた気はしない(笑)こんなに可愛らしいお菓子なのでお上品に食べたいところだが、ガバガバ食べれてしまう。ところで、この味どこかで食べたことがあるような・・・。おいりは初めて食べたのだが、食感といい、ほんのりとした甘...香川の「おいり」

  • 湊川隧道

    毎月第3土曜日に一般公開しているという湊川隧道。以前からずっと行ってみたいと思っていた。ちょうど予定があいていたので(ちょっとハードなスケジュールだったけど…)真ん中の娘を連れて一緒に写真を撮りに行くことにした。初めて行くので場所もいまいちよくわからない。グーグルマップをみながら、JR神戸駅から歩く。最寄駅は神鉄の湊川駅だが、一駅だけ神鉄乗るのもなんだか微妙〜。ちょっとしたお散歩だと思えば歩けない距離ではない。一般公開は3時まで。おっと!もう2時半だぞ。結構時間ギリギリに到着。あったあった。この入り口の写真はみたことがある。中に入るとコンサートが終わって(コンサートをやっていたらしい)人がぞろぞろとでてきた。ちょうどいい。人が少なくなって写真が撮りやすい。中はもっと暗いのかと思っていたが、意外とライトがついてい...湊川隧道

  • 豚肉と白菜のミルフィーユをどでかく作ってみた

    白菜と豚肉の薄切りを交互に重ねて蒸す「ミルフィーユ」が大好きだ。なんといっても電子レンジでチンすれば簡単にできる手軽さがありがたい。白菜と豚肉さえあれば、味付けは塩を少々振るくらいで、あとは食べるときにポン酢をどば~っとかけるだけ。野菜もたっぷり摂れて、お肉も入っているから満腹感もある。白菜が安いときは丸ごとかってきて、大きな葉っぱを使って作るのだ。さて、今回も大きな白菜をゲット。これはミルフィーユを作らなくっては!と豚肉も買って返ってきた。そこでふと、「これ、大きな鍋で思いっきりいっぱいギュウギュウ敷き詰めて作ったらケーキみたいに固まるんやろか?」と思いつく。思ったらすぐに行動!そこから白菜、ついでに大根も薄くスライスしていれちゃえ!と、5層くらいにしてギュウギュウ押し込みながら敷き詰めた。さらにフタでおさえ...豚肉と白菜のミルフィーユをどでかく作ってみた

  • 箕面の滝ハイキング

    昨日今年最後の仕事が終わって今日からいよいよ冬休み。おとーちゃんは自転車にのって遊びにいった。子供達とお留守番してるのも退屈なので、唐突に「箕面の滝にお猿さん見にいかへん?」と子供を誘う。写真をどこかに撮りに行きたくて、せっかくならちょっと歩きたくて、ちょうど良さげなところで思いついたのが箕面。もう何年も、いや何十年もいってない。たしか駅を降りて割とすぐだったはず。今年最大の寒波がきてるので外に出るのを嫌がっていたが、「猿が見れるで」「滝があるで」と言ったら下の2人が食いついてきた。上のおねえちゃんはいつも1人でマイペースなので当然「いかなーい。行ってらっしゃーい。」って。じゃあいくか。あったかくして行こう。子供ら着替えさせていざ出発!JRで三宮まで行って阪急に乗り換える。もともと私は阪急っ子。阪急電車のちょっ...箕面の滝ハイキング

  • シュトーレン2018

    毎年クリスマス前になるとシュトーレンを焼いている。シュトーレンのことを知ったのはずいぶん昔。まだ今のように近所のパン屋さんでシュトーレンを売ってなかった頃。菓子職人の妹がヨーロッパに研修旅行に行って本場のシュトーレンを食べてきたという話を聞いたのがたぶんきっかけ。シュトーレンはドイツの菓子パン。バターやラム酒をたっぷり使って日持ちするようにし、クリスマス前に焼いて薄くスライスしたものを毎日少しずつ食べながらクリスマスを迎えるという。ちなみに、イタリアにも同じようなクリスマスの菓子パンがあって、これはパネトーネというパン。パネトーネにも甘いドライフルーツがいっぱいはいっててふわふわしたケーキのようなパン。シュトーレンはどっしり、パネトーネはふわふわ。どっちも大好き。レーズン酵母を自分で起こして天然酵母のパンを焼く...シュトーレン2018

  • クリスマスツリー作り

    毎年使っていたクリスマスツリーが変色してきて汚くなってきた。もともとは白いツリー。ファイバーで光るのだが、まず電気系統がこわれて電源入れても光らない。そして白い枝たちは年々のホコリでずず黒くなり、とても汚い。毎年ツリーを出すときに「もう今年で最後やな。きたな~」といいながら飾って、しばらく見ているうちにそのずず黒いのにも見慣れてしまい、片付けるときには「とりあえずおいとくか」とまた1年保管。それの繰り返しで12年。さすがにもう今年は処分しよう!!と思い切り、でもまだ処分はできていないが、今年はクリスマスツリーを作ることにした。毎年本物の木を使って作れば、毎年フレーッシュ!!!しかも片付けるときに木は処分するので省スペース。では。どうやって作るのか。たまたまフラワーアレンジの先生とそんな話をしていたら作り方を教え...クリスマスツリー作り

  • 六甲縦走チャレンジ 最終アタック(六甲山上~宝塚)12km

    「なんとか年内に六甲縦走を制覇したい!」という旦那の意見で、今年一番の冷え込みとなった日曜日に早起きしていくことにした。最終区間は距離が長く、前回終了した六甲山上から六甲山最高峰を経て宝塚までのルート。日が暮れるのは早いし距離が長いので、暗くなる前に山を下りていなければならないと考えると、スタートはかなり早くなくてはならない。6時起床。目覚まし時計をじゃんじゃんならして子供ら叩き起こす。一番上のお姉さんは歩くの嫌いなので留守番。下二人を連れていく。六甲山上までは六甲山ケーブルで上がることにした。始発ケーブルで行くつもりで準備して出発しても結局なんだかんだで1時間くらい遅れて9:00発のケーブルに乗車。おおお。クリスマス仕様でかわいいではないか。子供らテンションあがる~。山上駅に着くとなにやら白いものが路上にうっ...六甲縦走チャレンジ最終アタック(六甲山上~宝塚)12km

  • 六甲縦走チャレンジ アタック5(摩耶~有馬)8km

    ひさしぶりの六甲縦走です。今日は椋の誕生日。誕生日のお祝いにみんなで六甲山に登って紅葉の美しい六甲山上からの景色をプレゼント!!というわけで、前から企画していました。ところが、前日から椋の体調不良。朝起きてきたらトイレにこもって「今日やめとく~~」といつになく力ない声が。ちょっと風邪気味なので無理をさせてもいけないし、でもなんか大丈夫そうな気もするし、どうするかなぁ・・・と思ってたらお姉ちゃんがいろいろ誘惑かけてきて、それに乗せられた椋はすっかり行く気に。よし!行こう!バモス!(最近我が家で流行ってるスペイン語)いっぱい着込んであったかくしていけば大丈夫!!昨日有馬にいってきた母は山頂がいかに寒いかは実感済。子供たちにいっぱい重ね着させておく。前回が摩耶ケーブルで降りてきたところで終わってるので今日はそこからス...六甲縦走チャレンジアタック5(摩耶~有馬)8km

  • アリマの休日 1日目

    先週末はなんと2日連続で日帰りの有馬温泉。有馬温泉に2日も続けて、しかも日帰りで行くことなんてそうそうない(笑)ちょっと遠いところだと思っていたけれど行ってみたら案外近かった。土曜日は写真学校の撮影特訓。秋の紅葉がバッチリ見ごろでお天気もよく、少々寒いけど3連休のど真ん中で温泉街は賑やかだ。初めて乗る神鉄有馬線。神鉄は六甲山のなかなか山深いところを走っている路線で三田などから通勤に使っている人も多いと思うがあんまり乗る機会がない私にとっては小旅行気分だ。有馬温泉駅から川沿いを歩いて瑞宝寺公園へ。お土産屋さんなどが並ぶメインエリアからは結構離れているためそんなに混雑していない。紅葉も見事な木がたくさんあって静かないい公園だ。今日はここでまずフリータイム。紅葉を撮る。が、お茶会やってるのが気になる。しかも芸子さん来...アリマの休日1日目

カテゴリー一覧
商用