chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
df504
フォロー
住所
仙台市
出身
和歌山県
ブログ村参加

2007/09/09

1件〜100件

  • どこコレ?ーおしえてください昭和のセンダイ

    久しぶりにせんだいメディアテークに出かけた定禅寺通りのケヤキ並木の緑がすっかり夏のそれになっていた。メディアテークの7階にはあんまり行かないんやけど,行くと何かしら発見がある。今回はこれ仙台市電には乗ったことがないんやよね。地下鉄東西線と南北線になってしまったけど市電がある街並みってなんかええなぁ。昔の仙台はよう知らんけど楽しませてもらいました。今年の仙台は涼しい。いい感じの6月。CanonEOS5DMark4EF2...

  • 遠野駅にて

    魂は細部に宿る今年もC58239号機の定期運航が始まった。新津のC57180号機とはまた違う趣がある。車両の至る所が磨かれていて塗装も毎回変わる。国鉄からJRになって明らかに快適になりサービスもよくなった。でもそれは規格品の大量生産共用使用によるものでどの車両も似たような意匠と空間設計JRだけれども盛岡機関区のSL銀河はどこからどこまでも匠の手作り岩手県人の誇りを感じる。いつ見てもどこを眺めても作った人の心を感じる...

  • 藤田のアカリへ Trattoria da Martino

    名取のイルゴロゾーネがなくなって久しい。そこと同じような違うようなお店シチリア料理Trattoria da Martino福島県藤田駅前にある複合施設アカリの中にある初めて行った時はナビの案内が終了してもどこか分からなかった。昔の農協みたいな建物でも一歩足を踏み入れるとそこは別世界そして味もシチリアというか藤田の野菜がうまい。新鮮な材料で作った料理は何物にも勝る。最初の時に食べたモモのリゾットの味が忘れられない。本当...

  • 輪王寺にて

    輪王寺の庭園へこの季節は初めてかな。きちんと手入れされた庭園は少し周囲から遮断された気持ちいい空間雲の流れが速い。日が差し込んだかと思うとすぐに陰る。色彩を狙って撮ろうとするとすぐに色がさめる。風景写真も1舜で目の前の景色が変わるのでけっこうな勢いでシャッターを押してしまう。撮れたか逃したか頭の中はひっきりなしに考えが浮かぶ。いつも,そんな撮影スタイル。いいんだか,悪いんだか。結婚式の前撮りかな?...

  • 新緑と雪とコーヒーと

    鳥が鳴いている昨冬は近年にしては珍しく豪雪だった。月山の新緑はもっと後がいいかなぁと思っていた。来てみるとちと遅かったようで雪があまり残っていなかった。まぁこの天気と雪と新緑で良しとしよう。ふらふら場所を変え納得の場所で何もしない時間を過ごす。なんかじっとしていることが苦手ですぐに何かしたくなる癖は抜けてないけどただ,座っているとそれはそれでいいということをなんとなく分かってきた。CanonEOS5DMark4E...

  • 笹谷峠で遭遇

    おぉ逃げへんのやね。慣れたもんやね。普通に車に道を譲る。この峠を山形側から超えたのは初めて峠は広場になっていて登山道の起点車がいっぱいそこから宮城県側に下ってくると前の車が急に徐行おーっおるやん。窓を開けてしばらく撮影することに面白かった。バイバイCanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • ベガルタ仙台 vs ファジアーノ岡山

    知り合いからチケットを頂いたのでサッカー観戦。頂いたっていうのも対面じゃなくLINEにもQRコード。便利な時代やね。久しぶりのユアスタJ2になって人おるんかなぁと思っていたら盛り上がってる盛り上がってる。このスタジアムで飲み物が半額セールになった。ベガッタくんが「カレーも飲み物」とツイート。それを見たベガルタファンもリツイート。一気に広がり球団がカレー「も」半額を認めた。粋やね。カレー屋の前は長蛇の列。す...

  • まだ春の月山

    白い花はタムシバかコブシかいずれにしても早春の花雪解けに新緑?新紫が美しい。月山五色沼の中島に祠があるのを初めて知った。水芭蕉に水仙土筆久しぶりやなぁという感覚この既視感と現実のコラボが嬉しい出羽三山が信仰の対象となるのがよくわかるというか,ここには神様がいるような気がするなぁ。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 森林を愛しましょう

    休日やというのに予定がない。暇ってのは堪えるなぁどっか撮影しに行こか。海か山か今日は山にしよ。何か被写体はあるやろ。運転しながらどこの山に行くか迷う。そうや。二口峠を越えよう。秋しか通ったことないさか新緑の時はどんなんやろ。その期待は淡くも破れ磐司岩の展望地点までは開通との表示そこにあったのがこの看板森林を愛しましょうなかなかレアやね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II U...

  • 盛岡機関区のC58239号機

    2016202120222021年のものではなく過去の(2016年の写真の)煙室扉ハンドルが金メッキされた盛岡機関区のC58239号機は整備をする毎に仕様が変わる。この小さな差異が嬉しいのが鉄道ファン今年は給水温メ器の金帯が凛々しい。新津機関区のC57180号機は門司デフに仕様変更することがあるが基本的に塗色は変えない。そしてばんえつ物語は毎年ヘッドマークのデザインを変更するがSL銀河は同じ。このヘッドマークの質感...

  • コベルコ神戸スティーラーズ × NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安

    プロラグビーの試合を初めて観た。仙台にはプロラグビーチームは無いんやけどね。野球ともサッカーとも違う感覚当たり前なんやけどね。変化があって面白い。それから何といっても体格の違いたまに日本人がおるっていう感じルールは知らないんやけどなんとなく分かる。多分そういう観客をメインとしているらしくファウルがあった時は電光掲示板でルールの解説をしてくれた。神戸が強かった。戦術もあるし個人の上手さもある。神戸が...

  • 月山地蔵沼にて

    火山でつくられた新しい湖はどこか虚像のような不思議な美しさがあるこの先には月山山頂がある。この手前には月山志津温泉がある。この湖畔は皆Pass Byそういう位置。その虚無な感じが魅力的今頃ふきのとうなんやね。誰にも見られていない。そんなことに関係なくここにある草や木。本当の命の姿やね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 紀勢線のDD51貨物

    鵜殿駅に入線するDD51鵜殿の大カーブ親友と共に丹鶴城の真下を通る紀勢本線お城の下にトンネルを掘るって他にあるんやろか。新宮人の合理主義のなせる業か徳川の城だったからかな?どこやこれ?架線があるから三輪崎かな。列車の車窓から撮った亀山駅赤かったね。貨物と言いながら12系客車新宮駅の3番線鵜殿駅近く最後は新宮機関区今は機関車は無くなってしもたね。PENTAXME-SUPERsmc PENTAX-m 50mm f1,4smc PENTAX-m 70-200mm f4...

  • 2022 せんだい青葉まつり

    3年ぶりの青葉まつりは記憶の中の青葉まつりと同じような違うようなまぁ違って当たり前なんやけど間(ま)が違った。今年の間は明らかに三密を避けるための工夫参加団体と参加団体の間がななり広く参加団体の人数上限があり盛り上がりと次の盛り上がりまでの間が独特だった。とはいっても観客と観客の間は無かったかなぁとはいえ賑やかな笑顔と笑顔の間は良かった。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II ...

  • 名取熊野新宮社の春

    いつの時代の速玉大社を模したのだろう池の中島には太鼓橋市田川にかかる太鼓橋なのかなぁ神社の意匠はやはり東北の棟梁が精魂込めて建てたのだろう新宮とはまた違う新宮社がここにある奉納された米はとても美しく見えた。心がこもってるんやね。数年前まではここにあった梵鐘が無くなった。神社林も伐採され境内が明るくなった。故郷を感じる大切な場所。気持ちが鎮まるなぁ。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4...

  • 仙台雀おどり 2022

    軽やかな音に合わせて踊る基本のメロディと基本の踊りは同じでもみんな違う扇と法被も基本は同じでもみんな違うそれぞれのこだわりが美しい皆がそれぞれ自由に表現しているすずめの踊りかぁ。仙台の華やね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 秋保 二口峠へ

    見事な藤の花下はこうなんやね。苦しいで,これは。秋の二口峠は越えたことがあったけど新緑の景色を見てみたい。そんな感じで家を出た。この前の地震のせいかなぁ途中で道が閉鎖。それもまぁええやろ。柄が伸縮できる網が1mぐらいの本格的な補虫網をを持った青年が道路わきでオリンパスのカメラと網を持って何かを捕まえようとしていた。それを横目で見ながらそのわきを抜けて行き止まり地点まで行ってみた。一休みの後引き返す...

  • 2022 仙台青葉まつり 宵祭り

    朝のうち降っていた雨があがった。雲もだんだん薄くなり定禅寺通りのケヤキ並木に日差しが差し込むようになったコロナウイルスの感染者数はまた増加しているけど以前ほどの恐怖感はないようやく普通の生活に戻ってきた感じがする。と同時にまつりの再開皆が心待ちにしていた仙台青葉まつり新緑のもとに祭りばやしと笛の音がさわやかな風に乗って近づいてくるCanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほ...

  • 春の通過

    つつじの選定をした。昔,燕三条の物産館で買ってきた当時,珍しかったアルミの柄の剪定鋏ついに壊れた。刃の付け根のアルミの柄のアルミが裂けた。何年使ったかなぁYoutubeで探せば選定の仕方など見つけられるはずなんやけどめんどくさいから我流。でも,毎年繰り返しているとなんとなく上手くいった年が基本となってその手で刈り込む。基本花は剪定じゃなくて日当たりなんやね。日当たりがいいところは下手に刈り込んでも...

  • 菜の花公園から林道へ

    心地いい風遠くに蔵王が見えるさぁてこの辺でチェアリングできるところないかな河川敷は日影がなさそうだし峠か幹線道路を避けて未舗装の道を進む行けるところまで行ってコーヒーとする。この辺りの木を最近切り出したのかな。笹の花が咲いていた。身の危険を感じた時に咲くらしい。誰にみられるでもなく咲いている花あちこちでいろいろな鳥の声なにもないとこって何も気づかないだけなんやね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II ...

  • SL銀河 早瀬川橋梁

    上有住で撮影した後しばらく付近の梅と山桜を撮影した。次は上郷にある味蔵でラーメンを食べようかなぁ遠野住田ICを降りて上郷に向かうと線路わきに同志がいっぱい「SLの後に何か来るんですか?」「いや,SLが来る。」なんだ,途中で停車駅があったんやね。ということで急遽撮影。他の人の邪魔にならないように早瀬川橋梁の下から撮影思わぬ収穫に満足。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブ...

  • 仙台青葉まつり 宵祭り

    3年ぶりに青葉まつりが開催された毎年撮りに来てたよなぁ久しぶりの定禅寺通り多くの人出に戸惑いもありでも嬉しい感じもあり祭りばやしの笛の音に記憶がよみがえる昔紀州の祭りを撮ったことを思い出す仙台の祭りとは趣が違うけどやっぱり祭りは楽しい。仙台の一番いい季節の青葉まつりCanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • カヴェルノ 上有住

    30分前には正面ポジションは満杯。しゃーない。まずは到着から仙台から約200km何とかこの駅に間に合った。青空のもと順光で撮ることができた。新緑と青空。気持ちのいい季節になった。さぁて斜め正面の位置に移動。今年のC58239号機は金の装飾がいい感じ。去年の黒色の塊感もいいんやけどね。<リンク 去年のC58239号機>来春までの定期運航との発表があった。その後はどうなるのかなぁコロナもひと頃よりは落ち着いてきたの...

  • JETBOILでコーヒー 青麻山

    大自然の中でチェアリングこの春からマイ・ブーム一式をザックに詰めて出掛ける。どこに行こか?そうやって適当な場所を探すも田んぼや畑は人工物なんやね。家もあるし人もおる。そこで湯を沸かすのも,ねぇ。場所を探してさまよってええとこ無いさかカフェに行こか。休日のカフェは「満席でございます。すみません。」とのことでやっぱり彷徨うことに。梅畑の脇を走り林道を登りたどり着いた青麻山の展望台ようやく椅子を広げてお...

  • 仙花斉放

    ついこないだまで手袋が当たり前だったのが無くても冷たくなくなった。そうこうするうちに一気に咲くんやね。プルーン西洋スモモは花弁が反り返って派手。どう撮影するか躊躇する感じ。どこに植えてたのか忘れてた原種のチューリップやっぱり輪の美しさとはちょっと違う桃源郷っていうぐらいの桃もまぁ日本的ではないんやけどきれいに咲くね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほ...

  • 嵯峨渓の上を歩く

    久しぶりに奥松島へ乙女ケ浜を目指して歩く乙女ケ浜いいネーミングやね新しい店舗と同じで名前がいいと行ってみたくなるこの浜には自然の岩穴がありそこに行きたい。それはお湯を沸かしてCUP NOODLE !これをここで食べたかったんやね。そこにたどり着くまではいろいろあった。素晴らしい景色を眺めたり人生でも最大級のマムシを見たり松島基地に帰還するブルーインパルスを見たりそして今回も気になった岩どうしてこうなったんや...

  • 須賀利

    ここを訪れたのは何年ぶりかなぁ。以前来た時にも巡航船はなくなってたんやね。ここは尾鷲市の飛び地。長らくまともな道路ではつながっていなかった。船やとすぐなんやね。昔ながらの瓦屋根は健在。以前と比べて明らかに船の数が減った。こうして紀州の港町は小さくなっていく。何とかこのままいつまでも。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 近景 遠景 卒展 2022

    大きい表現の中にもよく探すと小さな表現詩も小説も遠くの景色から近くのものへと大きな幅を操り世界を上手に表現するのが名作の条件おそらく映画もそうこの卒展をそんな視線で眺めるといろいろ深くて撮った時に気付かなかったものがゆっくり眺めると新たな輪郭か見えてきて面白い。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 昭和の紀勢本線 DD51

    鵜殿駅紀州製紙の引き込み線はつい最近まで使ってたんやけどね。阿田和駅12系には乗ったことなかったかも新宮駅DD511000番台サイドの白線が無いとなんかごっつい感じするんやよね旧型客車と荷物車キオスクでは他の本屋より少年ジャンプが早く買えたんやね。鵜殿の大カーブ今は建物があってこうは撮れんようになったぁるね。鵜殿駅新宮機関区この辺の人らが普通に通り抜けしとるから真似して通るようになった構内道路。今はフェ...

  • 西会津国際芸術村

    ばんえつ物語の上りと下りの間の待ち時間は自分的な第一候補は西会津国際芸術村この建物に踏み入れた時の最初の感動は忘れられない。雪国の子どもたちを大切にしようとしている建てた人の気持ちが残っている。中で展示されている芸術展もいいけれどそれに負けない場の持つ雰囲気ここでコーヒーを飲んでゆっくり時間をつぶす自分的に最高の贅沢さぁ下り列車を撮りに行くか。ばんえつ物語のもう一つの楽しみCanonEOS5DMark4EF24-70mm...

  • 仙台の春花

    アケボノツツジが咲いた。少し前には純白の雪の世界そして色彩の無い枯れた葉色の世界あれぇ温かくなってきたかなぁと思っているとちらほらそして一気に彩度が上がった。AEONスーパーセンターの一角にひっそりと園芸コーナーがある。誰もが横眼で眺めながら店舗入り口へと急足で通り過ぎるところさらにそのコーナーの一角に半額処分コーナーがある。半分枯れかけたパンジーやビオラの何色の花なのか謎の苗を買ってくるんやね。きれ...

  • 北国の上野尻の春

    大峠道路が開通して米沢と喜多方が近くなった。かつてここは国鉄日中線が通る予定だったが廃線そして時代は自家用車国道として整備された。上野尻の集落にはかつて宿場町として栄えたことが偲ばれる大きな屋敷が並ぶカワラヒワやね当時の棟梁が趣向を凝らして建築したことがわかるどこでも絵になるなぁいい被写体があちこちにあるイメージと違って西会津の方が米沢より雪が少ないんやね。再び米沢そして福島盆地安達太良山が見える...

  • 白鷹の桜

    人だかりの高架橋やはり同志写さなあかんね。白鷹のSIATTACAでランチのつもりがお席が空くのは20分ぐらいかかります。とのことで,次。まる久で馬肉支那そばを初体験。たぶんスープは鶏ガラ馬かなぁ。いずれにしてもとてもウマい。馬肉チャーシューもウマい。トッピングの餅100円×2個もウマい。食欲も満たされたところで桜やね。ここらの桜は古典桜でエドヒガンザクラが多い。真っ白なソメイヨシノとは違って小ぶりなピンク色...

  • 安達太良を下山

    「最終は16:20です」ゴンドラ降り場で聞いた言葉が蘇る。13:00まぁ時間はある。でもなんか焦る。当たり前かもしれんけど上りの景色とは全く違う。えこんなとこ歩いたっけ?間違って違う尾根を降りたらゴンドラにたどり着かない。どっちを見ても似たような景色。足跡を追うしかないね。だだっ広い雪原を下る。スキーを履いてないから1歩1歩景色があまり変わらない。やっと見覚えのある景色。雪丘を越えたらゴンドラが見えた。安堵...

  • 長谷堂城址の桜

    大河原の一目千本桜は見ごろを過ぎたらしいどうしょうかな。週末はもう少し標高の高いところへ行くことに白鷹の薬師桜を見に行きたいと,笹谷峠を越えて車を走らせると長谷堂城址の桜が見えた。これは寄らないかんここは上杉謙信の部下の直江兼続と最上義光が戦った古戦場最上義光の援軍に伊達政宗も馳せ参じたこの地の持つ歴史から醸し出される雰囲気と素晴らしい桜ここから見える花と青空と雪山ゆっくりと流れる時間が心地よかっ...

  • 一期一会

    東京では等の昔に咲いて散った仙台でもようやく咲いて雨が降って次の休日つまり今日は散った桜が多かった。桜を探しに郊外へいくぶん気温が低い山手の方には咲いてるかなぁあてどなく車を走らせ見つけた桜並木川沿いの何もない緑地にはいろいろな種類の桜が並んで植えられていた偶然見つけたこの場所とこの光は二度とないだろうなぁCanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • C57180 夕暮の磐越西線

    昨年,何回かチャレンジしてうまく撮れなかったトンネルとC57ようやく撮れたかな。ラストランになるかもしれないC58239号機の撮影に注力するためにも納得の1枚を撮りたかった。4月は日没が遅いんやね。基本的に真夏の黒煙は好きじゃなくて気温が低い時の白煙が好き。まだ春先で気温が上がりきる前の日没の遅い時間今の時期しかないなぁ今回も米沢から大峠を越えて喜多方入り途中の残雪も見事だった。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2....

  • 一ノ戸橋梁へ

    今日は晴天C57180号機をどこで撮ろうか。雪山と青空一ノ渡橋梁これで決まり。途中で見かけた雪景色もまだまだ絵になる。米沢から会津まで大峠を越えて行く。のぼり列車の時間まであちこち寄り道まぶしい白と暖かな風が心地いい。今年の雪は何年振りかの積雪量だった。今までの景色と何か変わったのは冬枯れの草が地面に押しつぶされて視界が良くなったこと。数年ぶりに土堤がよく見えるようになった。初夏もいいなぁC58239号機...

  • SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary SIGMA TELE CONVERTER TC-1401でC57180号機を撮る

    今季初の撮影はC57180号機に決めた。大峠には予想外に雪が残っていてそちらはそちらで北国の春を堪能そして購入してからほとんど出番のないSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary SIGMA TELE CONVERTER TC-1401を試してみたかったんやね。純正レンズと比べて少し露出がアンダーなのかなそのままやと黒く潰れたRAWファイルでシャドウを+3補正で諧調が蘇った1200mmの無限遠域では空気が光を真っすぐ通さんのやね。ぼあぼあ...

  • 安達太良山頂にて

    おぉ歩いとる。360度の眺めからはいろいろ見える。どこを撮っても絵になる(ような気がする。)さっきまではカンカン照りだったのが気付いたら雲の下になった。しかも分水嶺を越えたら急に風が強くなった。岩陰に腰かけて風を避ける。あぁ快適。ここでおにぎり。最高。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • 湯ったり切符 1000円 乗り放題温泉付き

    飯坂温泉駅終着駅の風情が好きやね。ゆげおっていつ頃からおんたんかいな。ブレイクしてもええ感じやのにねぇ。今は温泉むすめの飯坂真尋らしい。ブレイクするかな。痛車の軽トラええねぇ。という訳で旅館 湯乃家の露天風呂に入った。予想外の混雑やった。まぁ露天やさかええやろ。温泉の後は電車で帰路に。新型車両の1000系は揺れないし快適。昔は中古車両も使っててアオガエルこと東急5000系も走っとったんやけどね。や...

  • 安達太良山頂へ

    気持ちのいい天気暑くもなく寒くもないただスキーウェアのズボンがキツイ。20代の頃に買ったウェアをはいてきた。はけるにははけたけど伸縮性がない。下半身が星飛雄馬の筋肉養成ギブス状態もぅあかん。途中でスキーウェアを脱いで下にはいていた普通のズボンにいやぁ生き返った。歩行速度が1.5倍速にはなった。(ように感じた)着いた!頂上。遠かったなぁ。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMに...

  • 2022 東北芸工大 卒業制作展

    この大学ではアトリエが卒業制作の展示場になる。床までコーディネートした作品は初めて。形と光さえあればなんでも芸術になる。まぁ写真はそれで成り立っているんやけどね。だから他人の作品で作品を作るつもりで写す。ここは撮影可能エリアが多いのでとても面白い。あちこち絵になる。人の絵を見ていると描いてみたくなる。時間さえあればなぁ。まともに最後に描いたのは30年以上前かぁ。退職しないと時間が取れない。退職しても...

  • この上の空がほんとの空です

    吾妻小富士の残雪が雪ウサギになった。福島の春週末は晴天の天気予報まだ雪のあるうちに雪山に行こか。一切経山の水蒸気やなーあれ。面白い雲になったぁるね。あだたらゴンドラを降りると山頂が見える。なんや近いねぇ。(この時は,これから待っている試練を知る由もなかった)晴天の中登り始める。あれが安達太良山の溶岩ドーム。安達太良山の別名は乳首山。一度聞くと忘れられない。歩いてるのがずーっと見えてるんやね。ほんと...

  • 紀勢本線とDD51

    昭和のファッション昭和やさかしょうがないわな。これどこの写真やろ自分でも忘れてる。民宿まるせいの看板から大泊であることが分かった。今,ここに国道42号線の高架道が通ってさらに高速道路の出入口も出来たぁるからなぁ。昔はようさん人が乗り降りしとったんやなぁ。腕木式信号と12系客車。どっちも無くなったね。DD51も無いね。ミカン畑にある跨線橋から撮ったんやね。どこにあるのか記憶がない。今もあるんやろなぁ。や...

  • C58239号機の思い出

    ばんえつ物語にハマり月1ぐらいで撮りに行くこともあった。いうても仙台からは片道180kmもあるさかなかなか行けれんのやね。わざわざ行ったのにC57故障でDE10に変更なんてことがあって会津の風景写真に切り替えた時もあったなぁ。そして真夏はあんまりなんやね。炎天下で待ちたくないのと煙は白色かマーブルが好みやから。ところがSL銀河の運転終了のアナウンスがあってよく調べてみたら仙台からの距離はほぼ同じ。普通に朝出掛け...

  • 瑞鳳殿 仙台藩祖伊達政宗公霊屋

    伊達政宗公の御廟所ようやく仙台でも風が暖かくなってきた気持ちのいい参道を登る仙台でやっと梅が咲いた。もう冬の白さが記憶のものとなった。また白くなる日を楽しみに待つこの繰り返しがやけに早く感じる。今年もまた一つ歳をとった。今回は石灯籠が気になっていた。もともとは油の炎で夜の参道を照らしていたのだろう。月夜に石灯篭の明かり昔のままの石灯籠を見てみたい。派手な中に繊細な表現が隠されている遥か昔の作者の心...

  • 仙台街歩き

    休日は気分転換。それが1週間仕事をするための基本的な考え。だから週末出掛けないと落ち着かない。じゃあってことでカメラを持って出掛ける。そこらを歩き回る時は犬とか連れてないと不審者と思われるかもなぁ。カメラもっておじさん歩いとったらねぇ。まぁ幸か不幸かこの辺は人が少ない。宅地の造成からおそらく半世紀。かといってそれ以前の歴史のある土地でもなさそう。だからある一定の年齢を重ねた住宅が並ぶ。空地も空き家...

  • SORAカフェ 宮城県川崎町

    ようやく春の日差しになった。道路わきのビニールハウスに花壇の苗が並んでいる。寄ってみよか。ネモフィラの苗とリーフレタス(\200)の鉢植えを買った。これ,食べられるんですか?そう。外側の葉から取ってね。芽を残しておいたらどんどん出てくるから。なんか満足。天気もいいし,そのまま車でどっかに。道路わきにSORAの青い看板GoogleMapで前から知っていたお店。寄ってみたかったんやよね。セットメニューをいただく清潔な空...

  • 飯坂電車で世界ネコ歩き

    お彼岸やね。「地震の影響で常設展はご覧になれません。」おぉっ。目的の企画展は大丈夫だった。美術館まで飯坂電車で移動わざわざ乗り鉄エンターテインメントなんやね遊園地の乗り物と同じ感覚で上にあるのが新幹線のホーム下には在来線のホーム・・・になんで新幹線があるの?!よく考えたら,東北新幹線は地震で不通。山形新幹線(の車両)が山形新幹線(の線路)を走る在来線の普通列車用(標準軌)のホームに停車してる訳やね...

  • 東北芸工大 卒展 2022

    昨年の卒展はコロナで中止やったなぁ。冬の楽しみが消えてしまった。見れないのは残念やったけど昨年の東北芸工大の卒業生や修了生の方が気の毒。そのショックは想像できないなぁ。今年は無事,披露出来て本当に良かったと思う。芸工大の卒展にはかれこれ10年以上通っている。初期の頃は市内の山形美術館や山上にある悠創館も会場だった。今の展示はキャンパスのみになり各コースの展示スペースもほぼ「例年通り」になった。ま,板...

  • 震度6強の14時間前・仙台出発 21時間後・仙台到着

    東京出張の出発時刻よりかなり早く仙台駅に着いた。せっかくやから仙台駅を撮影しよと思っていたらEast i に遭遇ラッキーやなぁと思いつつ今後,かなり活躍というか使用するんやろなぁ。夜中,揺れてるなぁ首都圏直下か?なんて思っているとまたもや仙台。家族の無事を確認し朝を迎える。たいしたことないやろ・・・な訳なかった。新幹線脱線んん。帰りのeチケット払い戻しスマホですぐ完了なんやね。仙台行きの高速バスを検索...

  • 仙台を歩く

    旅という大袈裟な言い方はなんなんやけど近所を旅することに面白みを感じるようになった。新宮に帰って街歩きをするといろんなものを見つける。じゃあ仙台っては?と思うと実は仙台の街の方が全然知らないことに気付いた。新宮では小さい頃から歩いて自転車で走って車で走って大きくなるまでどんどん守備範囲を広げていった。仙台ではそんな経験がないまま今,住んでいる。つい家の近くなのに東西南北全く見たことのない世界がある...

  • 2022 東北芸工大 卒業/修了展 

    写真を写真に撮る映像学科では写真の卒業制作もあるんやね。映像作品も見せ方が凝ってる。青森県にあった古い映画館を作品とした展示もあった。エリア内とエリア外では世界が違って面白い。それぞれのエリアに入りそれぞれの世界観に浸る。単なる視覚刺激なはずなんやけど入魂の作品が語り掛けてくる声が今も記憶に蘇ってくる。すごいパワーやね。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村...

  • 島勝浦へ

    海山町から海岸線の道を走る。この道は人生初。紀州はけっこうあちこち走り回っていたんやけどね。女川に抜ける万石浦と似てる。マイナーな例えで申し訳ない。でも,そんな感じ。どっちもええとこやよ。やっぱり冬の紀州は気持ちいい。船のお正月飾りも祠の注連縄も紀州牟婁の国のもんやね。ここらの海は魚影が濃い感じやね。海の豊かさも万石浦と同じかな。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほ...

  • 檜原湖の上を走る

    仙台では3月に入りようやく春めいてきた。檜原湖はまだ冬だった。友人のモービルを借りて湖面を走る。最高。この晴天もつかの間吹雪に変わった。晴れには晴れの吹雪には吹雪の色がある。五感で感じる冷たさや風の音快感と少しの恐怖が入り混じる。暖かい部屋で写真を眺めてその時の気持ちが蘇る。もう春かぁ。なんかもったいない。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村...

  • swing girls から 十年三月三十日 へ

    長井フラワー鉄道この路線には樹齢750年以上の七兵衛ツツジやあやめ公園赤坂の薬師桜など花の名所が目白押し個人的には花の季節もいいけど雪もいい。他の路線ではここまで上下左右白銀の世界にはならんのやねぇ。左沢線は雪があってもあちこち緑や土が見える感じやし米坂線は雪量は十分でも列車本数が極端に少なくて気軽に乗れたもんじゃない。ここはJR線と共有する区間もあり新幹線とも接続するし絵になる風景がきっと見つかるん...

  • 仙台再発見 近所の散歩

    今や猫より珍しい被写体子供子供がおると嬉しいねぇ。エナガかな。ちっこい鳥再開発の道路がどーんと通った。いつも見上げていた歩道橋に初めて登った。車からの景色とは全く違うもんなんやね。まぁ世の中,人によって見え方が違うみたいなもんやね。こっちもちっこいキツツキコゲラかな。見てると面白いね。なぜかここにある車掌車。貨物に車掌さん乗ってた時代があったんやよね。蔵王がきれいやった。全く吠えない番犬。視線を感...

  • スニてつ 2022.2.22発売

    仙台から2時間そこは雪国3回目の接種も終わたtので,コロナになって初の山形鉄道フラワー長井線フリー切符1000円乗り放題を堪能した。なにやら長井駅でしか買えないスニーカーが発売されたらしい。スニてつ日曜日だったからか長井駅の売店は休みだった。ということで撮影に集中。コロナのせいなんだろうなぁ車内は空いていて特等(立)席の後端から撮ることができた。今年の雪も終わりかなぁ。白い世界は憧れの世界。良かっ...

  • 紀勢線にDD51が走っていた頃

    Kodak Tri-X ASA400市木の水門けっこう気に入っていた撮影地ワムも今となっては懐かしい。新宮駅の青果市場前からこれは多分,木本トンネルの上に登ったのか,記憶は定かではない。阿田和中学校の近く今は何かの倉庫が建ったぁるね。Kodachrome ASA64鵜殿駅の裏やね。多分,市木駅三重連。これを見た時の興奮は今でも覚えている。今見ると何でもないんやけどね。こういうのはカラーで撮らなあかんね。これは多分,二木島駅。最後...

  • 米沢のリーガルでランチ

    しめじ+イカ+あさりの納豆スープスパ初めてなのに懐かしい味。山形県は最上川と日本海で京都につながっているので,味付けが好みなんやね。それで素材の良さと安さ。つくづく美食の地域だと思う。今冬2回目の米沢。今回はばんばん降ってる。感動の景色が続く。自分的には非日常の米沢の日常。いつもの看板がいつもでない印象。あちこちに新たな発見。こっちにも。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II ...

  • 阿武隈急行と阿武隈川 

    梁川から丸森に抜ける阿武隈川沿いの道途中までトンネルと切り通しで2車線道路が整備されている。途中で旧道の1.5車線のぐねぐね道になる。「対向車,来んなよー。」と思いながら走るこの感じが紀州を思い出す。北桧杖側の熊野川沿いの県道みたいなイメージ。植生は全く違うんやけどね。東北にはめったに無い狭くて急峻な大河沿いの道路。そして本命は阿武隈急行。台風19号で不通になり廃線も検討された路線。再開して良かっ...

  • 丹鶴城を歩く

    高知城と同じ石垣の樋雨が多いからね。熊野川の方へ降りてまた登った。ここらは今はなき丹鶴小学校の学区我ら千穂小学校生にとっては敵地なんやね。こっちもいまはなき小学校なんやけど。そやさか神倉山では隈なく遊んだけど丹鶴城址では遊んだ記憶がない。小さな街の中のよその街大人になったらなんもないんやけどね。故郷って感じじゃなくて観光地って感じなんやね。ええとこやったよ。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF7...

  • 旧長井小学校にて

    本格的。いいね。米沢の大雪を見て長井はどんなんやろかという興味本位で行ってみた。過去のイメージでは長井は雪の街令和4年は米沢の方が雪の街やったね。この長井小学校は数年前まで現役校舎で今は後ろに新校舎ができたんやね。これぐらいしっかりした校舎は保存されるんやね。子供の頃通った千穂小学校の木造校舎早々に取り壊されてしもたけど今あったらもう一度入ってみたい。ここで育った子供らはええなぁ。長靴とつららに感...

  • カンパのレバーでデュラのリレーラーのロードレーサー

    雪の米沢を歩いていて見つけたもの。デュラエース!高校時代に憧れていたものが不意に目の前に現れた感激。しかも直付けのレバーはよく見たらカンパニョロこういうことができた時代。懐かしね。米沢やったら冬は乗れやんやろに。18段かぁ。昔友達の後ろを走りながらよう眺めたこのディテール。スポークの張りが左右で違うんやよね。新宮では雪がない冬がロードレーサーで走るのに一番いい季節。米沢ではそうはいかんよなぁ。この浅...

  • 丹鶴城址

    小学生の頃,ここらでハゼを捕まえたりしたんやけど堤防の先は山やった。その山やと思われとった場所の土砂を取ったら港が現れたんやね。多分これは当時の船を係留した縄を縛る岩。丸い郵便ポストぐらいの石昔,誰かが彫ったんやね。江戸が火事になれば新宮が儲かるって言われた木材の産地。船で木材を江戸に出荷してその帰りに江戸の物資を運び込んだんやね。このお城専用の港。上を眺めたらそれらしい石垣。きっと物資をつらくっ...

  • 上杉神社へ 2022冬

    世が世ならインバウンドの世だったんやろぅなぁきっと雪国は憧れの地もう嬉しくて仕方ない白銀の世界。そうここは雪に包まれた上杉神社上杉鷹山のこの言葉は有名やね。この雪だるまは狛犬もはや顔しか見えない。ヤツデは新宮と一緒。なんか懐かしい。こんなに雪の多い上杉神社はきっと世界から来た人は喜ぶと思うよ。自分もそうなんやさか。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほん...

  • 2021 東北芸工大 卒展 2年ぶりの一般公開

    コロナ下の開催喝采!昨年の卒展はWebのみだった。冬の大きな楽しみがコロナで消えた。今年は開催することをホームページで知り,予約申込日の1月26日の10時にWeb申し込みを行うつもりだった。12時昼休みに携帯でサイトを見る。「まん延防止等重点措置に山形県が指定されたため,申し込みを中止します。」「えーっ」2月になって何気なくスマホで検索。「えっ申し込み開始???」 1000名限定に迷わず申し込む。...

  • 真面目で 新しくて 柔らかくて 古風な 山形市

    おぉ本物のイワシの頭やね。フェラーリの日本人デザイナー Ken Okuyama 氏の店舗もある。世界最先端の品々山形市に来たときは外せない。それからこの街で食事すると美味いのと安いのに驚く。山形はかつて紅花貿易で京とつながっていた。だから山形そばも山形ラーメンも西日本風の味付けで上品。それでいて雪の下で甘みの増した野菜や低温で発酵した漬物やお酒日本海の魚や山形牛に荘内豚素材も抜群。小さな町は探せば江戸時代の...

  • 中村珈琲店 相馬市

    名取市でランチの後亘理方面へそして山元,坂元,新地と海岸沿いの道を南下した。海岸線の道がかさ上げされて,新しい道がずっと相馬市まで続いていた。ナビでは常磐線の線路の上???津波で流された線路跡を自動車道にしたんやね。松川浦の駐車場まで走った。橋が架かってトンネルが出来て松川浦が1周できるようになってすごいと思っていたら,あの震災やったんやよね。悔やんでも過去には戻らない。相馬市の方へ行こか。GoogleM...

  • C58239 カミアリス駅にて

    ICを降りても谷あいの道が続く。こんなとこに駅あるん?おーあったよ。着いた。まだ同志は2人だけ。いい場所で撮ることができた。同志が少ないのは下り勾配なんやね。煙が出ないんやね。短いトンネルは魅力的やと思ってたんやけど。そやけど冬は気温が低いので白い水蒸気(は見えないから)白い煙が出るはず・・・と思ってたんやけど出なんだね。SL銀河はSL+DC4両やからなんやね。まぁそのおかげでばんえつ物語みたいな運休が少...

  • ぬこ & ぬこ

    ながーいながーい鳴き声は君らか。なに手ぇかけとるねん。メンチ切っとるんか仲ええんか全くわからなかった。ねぇ。CanonEOS5DMark4EF24-70mm F2.8L II USMEF70-300mm F4-5.6 IS II USMにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

  • 阿武隈川沿いのCawaCafeへ

    猫神様とあんバターサンドのセットを注文したら意表を突いてこんなのが出てきた。こっちから見たら猫ちゃん(あっちから見たら猫を撮ってるおっさん)久しぶりに阿武隈川沿いを走った。あの店営業してたら寄ろぅ。やってた!大水害の泥かきの後にも寄ったなぁ。奇跡的に水没を免れたこのカフェその後コロナに飲み込まれてテイクアウトのみの営業今回は店内も復活久しぶり~嬉しかったね。これが猫神様。(カップじゃないよ。中身)...

  • 2022 豪雪 米沢にて 

    地元の人にとっては雪の中での生活は大変なこと。ある程度の雪かきはしたことがあったけどこれほどの雪を処理したことは無い。檜原湖とか世界谷地とかスキー場とかの観光地の雪とは違う,通勤通学のある生活の中の雪晴れているうちに雪かきをしておかないとまた降ってきたら追いつかないんやろなぁ。通常の生活の中では雪かきと通勤時間で時間が足りなくなるやろなぁ。仙台では30cmくらい積もる時があってもこんなに積もることはな...

  • 釜石駅にて

    老若男女が見守る中,主役が現る。そして舞台の方へいよいよ舞台に上がった。ターンテーブルこれを見たかったんやよね。舞台裏ではキハの清掃。こんなに煤けとるんやね。少し前のC58239号機舞台の上の239号機今日はファンサービスなのか回って舞台から降りてきて前進後退を繰り返した。だいぶ長い間,楽しませてもらった。そろそろ夕食の時間。宿屋へ行こか。最終公開時間まで待ちきれず途中でその場を後にした。よぉし,明日も撮...

  • 串本大島の日慕

    1月1日は日の出と日の入りを見る。こことした。去年からなんやけどね。(水平線じゃなかったら地球上どこでもできることなんやけどね。)ということで串本に向かう。本州最南端の串本を過ぎれば海に沈む日の入りが見えるんやね。新宮におると海からの日の出は見れても日の入りは神倉山。よぅ考えたら串本に住んどったら日の出も日の入りも見えるんとちゃうかな。串本大島で日の入りを待つ。あぁ微妙に日没辺りに水平線が見えない...

  • EF58の思い出 紀勢本線電化

    この66号機が一番好きやったなぁ。龍華機関区のEF58の中で大窓つらら切りは目立っていた。紀勢線の電化に伴って他の路線から移ってきたEF58EF58の有終の美を飾るにはいい路線だったかもしれない。そして紀勢線ではEF58の次に配備される機関車は無かった。客車は全て電車となり夜行急行「はやたま」も消えた。貨物の運行も無くなりEF15が消え最後まで残っていたDD51も平成の最後の頃に消えた。「きらめく紀州路」ディスカバー・ジャ...

  • 梛 nagi

    熊野速玉大社のご神木は梛の木この木は広葉樹だけど葉脈は縦この木の実は普通に芽を出して大きくなる。育てるのが難しい木ではない。でも,これほどの大木はここにしか無いんやね。神倉山にもあるんだかどうだか。社務所の前に大木があるだけのような気がする。ここらの木なんかなぁ。この木はどこから来たのか?いつの時代に誰かが植えたのかもしれない。自然に生えてないことが不思議。八咫烏に梛の木これが熊野大社のシンボルCa...

ブログリーダー」を活用して、df504さんをフォローしませんか?

ハンドル名
df504さん
ブログタイトル
千代sendai熊野
フォロー
千代sendai熊野

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用