searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
土曜日の書斎 別室
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/monochrome45/
ブログ紹介文
「今日は何の日?」…歴史上の様々な事件を面白可笑しく叙述。それらを題材とする名作文学・名画の紹介。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2007/03/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モノクロームさんの読者になりませんか?

ハンドル名
モノクロームさん
ブログタイトル
土曜日の書斎 別室
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
土曜日の書斎 別室

モノクロームさんの新着記事

1件〜30件

  • モノクロームの週末備忘録 (『一斉休校』 )

    紙の雛ただ一日をひたと生き   三月に入りました。   すでに春一番も吹いて、例年なら桜の開花を心待ちにしている時候なのですが٠٠٠。   もはや開花予想どころではない、衝撃と困惑が列島を覆っています。

  • モノクロームの週末備忘録 (『猫の日』 )

    猫   広くはネコ目 (食肉類) ネコ科の哺乳類のうち小形のものの総称。   体はしなやかで、 鞘に引きこむことのできる爪、 ざらざらした舌、 鋭い感覚のひげ、 足うらの肉球などが特徴。   一般には家畜のネ

  • 本日···2月7日の出来事。

    1943 (昭和18) 年   日本軍、 ガダルカナル島から撤退を完了。   南東太平洋ソロモン諸島ガダルカナル島。   距離の遠大に伴う補給の困難を克服し得ず、 際限のない消耗戦に引き摺り込まれ、なけなしの航

  • モノクロームの週末備忘録 (『成人の日』他)

    無精髭こそぎ落として御慶かな  後れ馳せながら、明けましておめでとう御座います (笑)  前回記事は【年末備忘録】と銘打ったものの、何か取り纏めもない事を書き散らして終わってしまった印象が有ります。  

  • モノクロームの年末備忘録

    すめらぎは囚われ人か浮寝鴨 ひたひたと冬の足音義士のごと 煩悩の浮いては沈む柚子湯かな 咳て暁の光を待ちあぐむ 湯豆腐の世を怒るごとぐらぐらと 反骨と偏屈を連れ年を越す  師走を彩る風物詩の最たるも

  • モノクロームの週末備忘録 (『国会開設130周年』)

    11月29日。  元内閣総理大臣・中曽根康弘死去。享年101歳。   ···中曽根康弘なる戦後保守政治の生き証人とも云うべき人物の評価・毀誉褒貶については、いわゆる有識者や各種メディアに任せると致しまして···

  • モノクロームの週末備忘録 (『国会紛糾』)

     11月10日 新天皇の御即位に伴う一連の儀礼の総仕上げとも云うべき【祝賀御列の儀】が大過なく終了。 ···と見る間に、【桜を見る会】を廻って、何やら国会は荒れ模様に。  11月13日。 政府は、問題化している

  • モノクロームの週末備忘録 (大規模停電···終わらぬ台風禍)

    房総を闇に鎖して夏ぞ逝く  台風15号によってもたらされた千葉県の大規模停電。  その混乱は解消されるどころか、日を追って深刻の度を増している様子です。  或いは熱中症によって、或いは屋根の補強作業中に

  • モノクロームの週末備忘録 (G7閉幕)

    8月26日  フランス南西部の景勝地リアビッツで開催されていた G7 (先進七ヵ国首脳会議) が閉会。  今回は、G7史上前例のない 共同宣言不採択 という、ちょっと残念な形での終幕と相成りました。  尤も、宜なる

  • 埼玉県知事選挙。

    ぞろぞろと靖国参り夏寒し 熊谷は火にくべられぬ終戦日  希に見る接戦となり、久々に沸いた感の有る 埼玉県知事選挙 。  上田前知事の政治路線を継承し、立憲・国民・共産・社民の後援を受けた新人の 大野もと

  • モノクロームの週末備忘録 (『猛暑』)

    炎帝に牙剥きたるか鬼瓦 ねつとりと絡む不安や河童の忌 秩父路や炎暑に烟る蜂起の碑  列島は、連日記録的な猛暑に見舞われています。  今や 災害級 若しくは 危険な··· と形容されるのがスタンダードな

  • モノクロームの週末備忘録 (参議院選挙雑感)

    有権者の過半数にソッポを向かれたのみか、TVメディアからもすこぶる冷淡に扱われた、今回の参議院選挙。  ぼやいても詮ない事ながら、投票率が50%を割り込んだと知った時点で、大勢は決したと悟らざるを得ません

  • モノクロームの週末備忘録 ( 『京都アニメーション』放火事件)

    改元後三ヶ月に満たないのに、またも忌まわしい、悲惨極まりない事件が起きてしまいました。  夢とロマンの発信拠点であるアニメーション制作スタジオを突如襲った大惨事。  政治性は皆無で有っても、社会に与え

  • 徳のない総理にたかる穀象かな

    政府閣僚・与党議員連の質的劣化の深刻さを強く印象付けて国会が閉幕したのは、つい先週···6月26日の事ですが···。  明日···7月4日。  第25回参議院選挙が公示されます。  周知の様に、国政選挙期間中、特定の

  • 火男 (ひょっとこ) の火消し踊りぞ梅雨寒し

    麻生副総理 (兼務金融担当相) は、金融庁の報告書「高齢社会における資産形成・管理」は受理しない旨を表明し、これが新たに物議を醸している様子です。  参院選の公示を控え、不都合なものは覆い隠そうとする思惑

  • モノクロームの週末備忘録 (米大統領離日)

    最近の記録には嘗て存在しなかったといわれるほどの激しい、不気味な暑気がつづき、···自然的にも社会的にも不吉な事件が相次いで起った··· (埴谷雄高『死霊』)  ···令和最初の一ヶ月は、誠に心苦しい事ですが、

  • モノクロームの週末備忘録 (米大統領来日)

    米国大統領ドナルド・トランプ氏が、本日···5月25日午後、専用機で羽田空港に到着しました。  今回は “国賓” としての来日で、ゴルフ・大相撲観戦・夕食会···と前回を上回る、手厚い持て成しが用意されている模様

  • ハイフェッツの盤 ①

    『ツィゴイネルワイゼン』についての話題を続けます。  高校時代は専ら映画音楽に親しんでいて、FM放送のリクエスト番組に良く葉書きを寄せたものです。  後れ馳せながらクラシックに興味が向かい始めたのは、自

  • ハイフェッツの盤 ②

    それは、三十年以上も昔の話になります。  不思議な体験と云っても、私一人の単なる思い違いかも知れませんので、その辺のところ宜しく御含み置き下さい。  決して、いかがわしい “都市伝説” の流布を目論むもの

  • モノクロームの週末備忘録 (『母の日』② )

     一般に『ジプシーの月』と云えば···。  サラサーテ作曲のヴァイオリン曲『ツィゴイネルワイゼン』の中奏部を指すもので、ハンガリー民謡から採譜したとの事ですが、ヤッシャ・ハイフェッツの演奏が圧巻とされて

  • 名作断章 (小説『母』)

    ・・・調べるに従って、 第一に私の心を捉らえたのは、 多喜二の家庭が あまりにも明るくあまりにも優しさに満ちていた ことだった。   そしてもう一つ私の心を突き動かしたものは、 多喜二の死の惨さと、 キリストの

  • モノクロームの週末備忘録 (『母の日』)

    母こそは命のいずみ いとし子を胸にいだきて ほほ笑めり 若やかに うるわしきかな母の姿 (唱歌『母の歌』野上弥生子作詞)  『母の日』に読み返したくなる文学作品と聞いて思い浮かぶのは、人により実に

  • モノクロームの週末備忘録 (御退位・御即位)

    憲政史上最初となる天皇退位と、それに続く新天皇即位。  一連の儀式についての報道が錯綜した、改元直後の各新聞の紙面では【前陛下】・【新陛下】なる、やや違和感を伴う呼称が頻りに用いられていました。  天

  • 【改元】の次は【改憲】···花疲れ。(-_-;)

    改元三日目から ”改憲”, “改憲” と騒ぎ立てている安倍政権ですが、大変御苦労な事です。  祝賀気分の高まりを事前に織り込み、予て取り決められていた方針に沿っての動きでしょうから、今さら驚きはしませんし、【

  • モノクロームの週末備忘録 (『万葉集』ブーム)

    多分、あッと云う間に下火になると思われる、今般のブームですが···。  “万世に伝わるべき集” (『広辞苑』) とも云われて来た『万葉集』が、ただ書架を飾るだけの存在に成り果てる筈もない。  日本最古の歌集な

  • 名作断章 (小説『ノートルダム・ド・パリ』)

    『レ・ミゼラブル』と並ぶ、文豪ユゴーの代表的長編小説と云うよりも···。  ディズニー社製アニメ『ノートルダムの鐘』の原作とした方が通りが良い『ノートルダム・ド・パリ』ですが、今般の大聖堂火災によって、

  • モノクロームの週末備忘録 (【改元狂騒曲・終楽章】)

    今上陛下の【生前退位】に附随して巻き起こった【改元狂騒曲】も大詰め。  とどめの十連休に突入しました。  目下のところ、全国的に大過なく推移している模様ですネ。 (^_^)  各TV局共、頻りに【歴史的瞬間】

  • モノクロームの週末備忘録 (ノートルダム大聖堂火災)

    全焼という最悪の事態は免れたにせよ、数百年にわたって、フランスの精神文化を育んで来たノートルダム大聖堂が炎を噴き上げる光景は、多くの人々に言葉に出来ない衝撃を与えた模様です  今回の事態を日本に引き

  • モノクロームの週末備忘録 (副国交相辞任)

     ···「私、すごく物分かりが良いんです。すぐ【忖度】します」  成る程。  いわゆる “能吏” の条件の一つが···。 眼から鼻へ抜ける様な悧発さ。 (上司から) 一つの指示を与えられれば、そこに十の含意を読

  • 本日、新元号発表。

    新元号選定に際して、頑なに秘密主義を貫こうとする政府と···。  無責任な事前予測でひたすら祝賀気分を煽る各種メディアとの攻防が、図らずも壮大なジョークを織り成していて、大いに愉しませて貰った数週間では

カテゴリー一覧
商用