男と女の職場話
読者になる
住所
出身
ハンドル名
男と女の職場話さん
ブログタイトル
男と女の職場話
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/iiotokoiionna/
ブログ紹介文
今の男女関係ってどんな感じ?いろいろ追求していきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

96回 / 338日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2005/10/30

男と女の職場話さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 939位 951位 931位 1,005位 997位 1,025位 1,002位 975,007サイト
INポイント 140 330 420 310 370 370 410 2,350/週
OUTポイント 140 390 540 380 480 440 430 2,800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 11位 11位 10位 12位 11位 12位 10位 25,067サイト
恋愛アドバイス 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1,955サイト
OL日記ブログ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 9,438サイト
独身OL 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 637サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 4,227位 4,302位 4,223位 4,474位 4,439位 4,625位 4,528位 975,007サイト
INポイント 140 330 420 310 370 370 410 2,350/週
OUTポイント 140 390 540 380 480 440 430 2,800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 89位 91位 88位 94位 92位 93位 93位 25,067サイト
恋愛アドバイス 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1,955サイト
OL日記ブログ 19位 20位 19位 22位 22位 23位 21位 9,438サイト
独身OL 1位 1位 1位 2位 2位 2位 2位 637サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,007サイト
INポイント 140 330 420 310 370 370 410 2,350/週
OUTポイント 140 390 540 380 480 440 430 2,800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25,067サイト
恋愛アドバイス 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,955サイト
OL日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,438サイト
独身OL 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 637サイト

男と女の職場話さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、男と女の職場話さんの読者になりませんか?

ハンドル名
男と女の職場話さん
ブログタイトル
男と女の職場話
更新頻度
96回 / 338日(平均2.0回/週)
読者になる
男と女の職場話
  • 女は性を置き去りにしては充足も闘争もできない

    今の職場にかれこれ10年いさせてもらっています。当初はほぼ男所帯で、女性は1割もいない…本当に数人、という感じでした。 ここ1年ほどで、新卒で入ってきた世代も定着し、その下の学生アルバイト等も存在感を増し、上の世代も成熟してきて女性の年齢の幅が広がって

  • 闘争能力とは、誰よりも先に“出来ていない(負けている)ところを察知する”能力

    最近、社会の外圧が一段と高まっているのに、それと当の現場の担当者が察知できず、クライアントからクレームが出てしまいました…。 こういう時に必要なのは、「危機察知能力」ですが、それってどうしたら身につけられるのか…疑問に思ってるいネットを訪れたら、こん

  • 仕事の行き詰まりも子育て不安も、女の壁!

    こんばんは大岡越前の母が、越前に「母上、おなごはいくつまで性欲があるものなのですか」と質問されたときに、黙って火鉢の灰をかき回し「女は灰になるまで」と示したという話があります。そう、女は死ぬまで、女♪ 充たし充たされる存在。翻って現代はどうでしょうか? 

  • 女の安定性・充足性の源泉は?~縄文時代の男と女

    こんばんは自然の摂理を学ぶと、ましてや女が不安発で子どもや男を囲い込んでスポイルしてしまっている実態を鑑みても、女たちはどう生きていけばいいのだろうか、本来の女の充足性とは?それを取り戻すには?と考えずにはいられません。現代の男女関係は、男女平等だと

  • 性別すらない人たち~「男性であること」「女性であること」が活力の源

    先週、整体的アプローチから男性、女性をテーマにした「男本」という本から、女性が男性をコントロールしようとしていないか? に関してご紹介しました。 性に関しては、最近の実現塾でも、人口物質が原因の「生物のメス化」について追求しています。人間も性に消極的

  • 周りに安定をもたらせない女は女じゃない><!

    こんばんは☆現代の女たちが、不安発で子どもたちをコントロールしようとしています。(「男の考えを知りたい」=「男を自分の好きなようにコントロールしたい」?)本来(=自然の摂理から見れば)、女は生殖存在ゆえに安定・充足を担ってきた性のはず。一体、なぜ不

  • 「男の考えを知りたい」=「男を自分の好きなようにコントロールしたい」?

    2~3か月に一度、整体に通うことで、日頃向き合いきれない自分の身体を、これからどうしていきたいのか、考える時間を持っています。整体を通した観察により、本も多く書かれている方なのですが、その中に「男本」というのがあります(笑)。(もちろんその前段に「女本」が

  • 女は、集団の紐帯☆

    こんばんは>翻って女たち。「はじめから女であり、永遠に女であること」とは、生まれた時から充足存在で、生殖年齢が過ぎても死ぬまで充足存在であるということ。火曜日の追求に続きます♪女は一体どういう存在なのでしょうか?自然の摂理に則って、安定⇒生殖⇒充足を担う

  • 男であるとは、不断に男であることの確証を要求されること

    環境ホルモンなどの影響による動物たちのメス化現象(例えばこの本)について、最近小中学生も含めた多年齢層で追求する実現塾に参加しました。 その中で中学3年生男子が>女に頼もしいと思われることは思ったより深いことで大切であることが良く分かったと言ってくれました。

  • ホモ・サピエンスの移動のあとを追う絶滅の波

    以前、地球に生命が誕生してから35億年のうち5度起きたと言われている大量絶滅について、「生物自身が生きる世界を変えた→絶滅」の可能性を探りました。 生き物はいつも、生き残るために外圧を直視し、可能性を探索しつづけ、その表出として環境の変化を起こし続けま

  • 毎回が新しい♪

    こんばんは 相手の期待に応えようとするとき、相手=対象をつかめなければ、本来はどう対応するかも決まりません。なのでパターン人間、マニュアル人間というのは、対象をつかむ前に、対応を(自分発で)決めてしまっているのだとも言えます。 激動の時代(対象がどんどん

  • 「働くとは?」~闘争存在の仲間たる男からの期待

    8月の夏休み中、小4の長男と一緒に毎日会社に出社していました。 会社でも、母からの「これしてよ」は期待ではなく強制と捉えられるようで断固拒否。しかし隣のMさんから「助けて~」の声とともに課題をお願いされると、目をキラキラさせて一生懸命取り組む。その豹変ぶり

  • 子育て不安はより深刻に~「障害があると判断されたほうが安心する」という母親

    こんばんは今日は、教育機関で働く同僚の話を。少し元気すぎて、落ち着きがない。子どもだったら当たり前とも言えるのに、親が心配になり病院にいけば、「学習障害」「発達障害」など、必ず病名をつけて診断されてしまう。この現状に、すごく不整合を感じ、どうにかしたい、

  • 植物が地表を作り変えたことが大量絶滅の引き金になった

    先週、地球に生命が誕生してから35億年のうち5度起きたと言われている大量絶滅について、「生物自身が生きる世界を変えた→絶滅」の可能性を探りました。 今週は引き続き大量絶滅について、今日では生命に恩恵をもたらす存在と思われている「樹木」の存在がその原因とな

  • 働ける気がしない大学生と、働きたい子どもたち

    こんばんは先日の実現塾で、就職活動中の大学生が「働くのが怖い」と言っていたのが結構衝撃でした。その中身は(いくつも要素はあるようなのですが)、・お金の為に働くことに対し展望が持てない。(疲れ果てている今の大人を見て、ああなりたいとはとても思えない)

  • 新しい行動の進化と生態系エンジニアリングによって大量絶滅は引き起こされる

    男子を育てていると、すでに絶滅した恐竜や他の奇妙な生物に興味を持つ時期があります。 >地球が誕生して46億年、生命が誕生して35億年。その地球に生物が現れ現在までに大きな絶滅が五度起こっている。http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=12779

  • 働くことは、苦役ではなく活力源、そして私権対象ではなく共認充足対象

    こんばんは 先週、子どもたちの【仕事収束】事例から、なぜ子どもたちは仕事をすることでそんなにイキイキするんだろう?なんでボランティアではなく仕事に意識が向かっているのだろう?という設問を立てたのですが、先週の実現塾で、「その問い自体がおかしい」との議

  • 幸せってこれなんだ!

    こんばんは 【仕事】って、なぜこんなにも人を惹きつけるのでしょうか?人の役に立つ、立ちたい!というのなら、ボランティア活動とかでもよさそうなのに、なぜ【仕事】を彼らは選ぶのでしょうか? 若者の仕事収束が始まっています。 「幸せってこれなんだ!」「ワクワク

  • 時間の概念が無い民族~事象を時間に埋め込まれたものとは見なさず、事象そのものの世界に生きる

    先週「生物にとっての時間」を体温と代謝の関係から見ていきました。他方「人間にとっての時間」は、有史以来人間の関心の一つだと思います。>古代キリスト教の神学者、アウレリウス・アウグスティヌスは時間について、次のように述べている。「では、時間とは何か。私に誰

  • 生物にとっての一定時間の濃度は子どものほうが濃い~体温と代謝量から考える

    2016年、北極の深海に生息する謎の巨大ザメ、ニシオンデンザメが400年も生きることがわかり、科学者たちの度肝を抜きました。ニシオンデンザメは水温ゼロ度前後という世界で一番冷たい海に暮らす変温動物。「体温」を手がかりに、すべての生物の生き方を決定づけているメカニ

  • 野遊びのススメ☆

    こんばんは 遊びがいかに子どもたちの生きる力に結びついているかを、狩猟採集民社会を中心に見てきました。どのように現代に活かせるでしょうか。大人の関わり方。そこが決定的に重要だと思っています。 【子どもが自発的にやってみたい!という遊びの中にこそ

  • 生命を動かすオペレーティングシステム(OS)、それも進化の塗り重ね

    今や人類のDNA操作技術は、どういうところまで来ているかというと…微生物Xの遺伝子を真似て人工的に合成した、よって微生物Xがもともと持っていたDNAとはちょっとだけ違うDNAを微生物Yに入れると、その微生物Yは生命活動を行った! DNAを真似たとは言え

  • 遊びが学びに欠かせないわけ~「危ない」遊びの価値

    こんばんは 子どもたちって鬼ごっこ大好きですよね。「捕まえてみろやー♪」って言って、喜々として(突然に)鬼ごっこが始まったります。 その誰もが好きな鬼ごっこ(子どもの遊びで世界共通だそう)から、見えてくるものがありました。今回も、『遊びが学びに欠かせない

  • 脱分化しているからこ、どんな細胞にも分化する

    皆さんは、海にいるヒトデの腕を一本切り落としても、また新たに腕が生えてくることをご存知ですか? その場合、切り離された腕のほうは普通なら死んでしまいます。 しかし、リンキアというヒトデは、切り離された腕の断片からも全体が復活するそうです!以前、不動

  • 遊びが学びに欠かせないわけ~異年齢混合が子どもの力を伸ばす

    こんばんは  近所の公園に息子を連れていき、遊ばせることがあります。その公園にはいろんな年齢層の子どもたちがやってくるのですが、大きく3~6歳児、小学校低学年、高学年というようなグループができており、分かれてそれぞれが遊んでいます。今までは別に変だとも思

  • 宇宙を象るために、すべてのものが陰陽で成り立っていると考えた

    先日の実現塾で、「宇宙は拡散力と統合力のバランスで成り立っている」という提起がありました。その際に、陰陽という考え方と下図のようなイメージもセットで出てきたので、改めて調べてみました。 最初に下図のマークだけ見た時は、黒い部分と白い部分の勾玉のような

  • 遊びが学びに欠かせないわけ~学校が監獄になる必然

    こんばんは 先日小学校一年生のママさんが、「保育園と小学校は全然違うのよ!子どもが時間内に課題を終えることができなかったとき、休み時間返上でその課題をやるように、それがこの学校の決まりだからって言われたの。(終わらなかった子どもが悪いって感じで)なんだか

  • 秘書力とは、尊敬と感謝で繋がる仕事術である

    先週、「秘書の心得」と題してアルバイトのSさんの言葉をご紹介しました。その後、「気配りが命」のその「気配り」のチャンネルを広げるために、社会の中の秘書の方はどんな心構えで仕事に向かっているのか、書籍などをあたってみました。 その中から、井出元子著『ビ

  • 遊びが学びに欠かせないわけ~寛大さと信頼にあふれた狩猟採集民の子育て

    こんばんは 今回も、引き続き『遊びが学びに欠かせないわけ』(ピーター・グレイ著、吉田新郎訳)から紹介します。 著者は、狩猟採集民の【寛大さと信頼にあふれた子育て】を変容させたものとして、農業の登場と学校の登場を挙げています。 さて、それは具体的にどういう

  • 秘書の心得~気配りが命、スピードが命、先読みが命

    私は会社で秘書業務を任せてもらっています!一口に「秘書」と言っても、その業務は多岐にわたっていて、しかも所属する組織やついている上司によっていろいろな課題があると思います。 最近自分の所属する組織でお付き合いする方々がより幅広くなったな、自分もそれに追い

カテゴリー一覧
商用