chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 高齢出産と病院選び

    総合病院と比べると、個人病院の場合は毎回同じ先生が検査を担当することになるため、最初からの経過を知っている、相談がしやすいという点で人気があります。 妊娠したら、まずしなければならないのが病院選びです。できれば妊娠する前から、いくつかあたりをつけておくのがベターです。 ただしここで、何を基準に病院を選ぶかということが大切になってきます。特に、個人病院か総合病院かで多くの人は迷います。 どの病院を選ぶかは、芸能人の方でも色々とこだわりがありますが、芸能人は認知度があるゆえに、出産は大変なことも多いというのがその理由のひとつです。 病院選びは、高齢出産をする方にとっては特に大切です。仕事を長年して…

  • 高齢出産と体重管理

    体重が極端に増加すると、出産時に帝王切開をすることになったり、妊娠中毒症になる可能性がでてきます。 そのため、妊娠期間中は体重の管理をする必要があります。 妊娠をすると、お腹の中の胎児が大きくなるにつれて体重が増加していきます。そしてこれは当たり前のことなので、退場が増えたからといって、無理してダイエットする必要はありません。 妊娠前から出産前までの体重増加は、一般的に7~10kgまでの範囲であれば問題ないといわれています。 体重が極端に増加すると、出産時に帝王切開が必要になったり、妊娠中毒症になる可能性がでてきます。特に高齢出産の場合、妊娠中毒症に元々かかりやすかったり、帝王切開をする人が多…

  • 高齢出産と安定期

    通常は、妊娠してから3ヶ月ほどで安定期に入り、体調が落ち着いてきますが、高齢出産になると、ずっと安定期がこず、出産まで体調が思わしくない状態が続くことがあります。 妊娠が分かった場合、すぐに仕事をやめる人もいれば、出産ぎりぎりまで仕事を続ける人もいます。 芸能人でも多くの人が妊娠中であっても仕事を続けています。芸能人であるからこそ、好きな時まで働くことができて、そして、好きな時に仕事に復帰できるという風潮があります。 しかし、一般人にとっては、妊娠中の仕事は大きな問題です。いつまで仕事を続けることができるかは、実際に妊娠してみないと分からないからです。 特に高齢出産の場合、体に与える負担は大き…

  • 高齢出産と仕事に復帰しやすい社会

    以前と比べると、育児休暇後の会社への復帰がしやすくなりました。それは、高齢出産をしたあとも、出産前と同じように仕事をする芸能人が増えていることと無関係ではありません。 高齢出産をする芸能人は増えてきましたが、仕事の環境など、一般の人たちとはかなり事情が異なり、仕事への復帰も、要望があればそれほど大変ではないという違いはあります。 その一方で、芸能人とは近い位置にはいますが、より一般の女性に近い存在といえるのが、テレビなどのアナウンサーという職業です。 アナウンサーは、テレビの中という特殊な環境にはいますが、働く形態を見れば、一般人とほぼ同じで、会社の一従業員です。アナウンサーをしている人の多く…

  • 高齢出産と育児制度

    高齢出産と育児制度はどの国でも問題になりますが、スウェーデンでは、社会全体が仕事をする女性に対して優しい制度をとっており、安心して出産、育児をすることができるようになっています。 出産後の社会復帰という面では、海外は日本よりもかなり進んでいるのが現状です。 高齢出産をする人の多くは、仕事の関係で出産が遅くなったと言われています。また、高齢出産後は、夫婦で育児に励むという方が日本でも増えてきました。ただ、育児休暇をとるのは日本では女性がほとんどで、男性の方が育児休暇をとるケースはまれです。 高齢出産の場合、出産後に一旦は仕事に復帰したものの、育児と仕事の両立が困難になり、仕事を辞める人も少なくあ…

  • 高齢出産と産休

    ほとんどの会社では、出産前から子育て期間中に産休をとることができるようになっています。 しかし中には、育児に専念するため、仕事を辞めるという人もいます。 産休を取るか、出産を機に仕事をやめるかは、働く女性にとって大きな問題です。産休を取りたいという人は、働く女性が増えた現在も、大勢います。 ただ日本では、簡単に産休がとれる社会になっているとは必ずしも言えません。また、不景気を理由に、産休を取りたいと言うと、退職を促される場合もあります。 特に高齢出産の方は、産休をとるか仕事をやめるかで悩んでいる人は少なくありません。それは、高齢出産をする人の多くが、ある程度仕事でキャリアを積んでいるからです。…

  • 高齢出産と子育て

    出産や子育てという大きな節目を経験することは、仕事にもよい影響を与えると言われますが、高齢出産であってもそれは同じです。出産後に大きな仕事をすることも珍しくありません。 子育ては、高齢出産とはいっても誰もが初心者です。若い年代での出産なら、出産のために里帰りをして、出産後も数か月の間、実家で過ごす人は多いと思います。また、経済的な理由で夫が働き、妻は子育てをする、という流れもあります。 しかし高齢出産の場合、里帰りはせずに近所で出産し、そのまま夫婦で子育てをするという人は少なくありません。 その主な理由は、お互いに仕事があり、既に重要なポストに就いていたり、経済的にも余裕がある、などがあげられ…

  • 高齢出産での仕事と育児

    仕事をしていて高齢出産する人の多くは、育児は仕事と両立したいという考えを持っています。 実際、出産後も子育てをしながら仕事を続けている人は少なくありません。 出産しても、仕事と育児を両立したいという人もたくさんいます。若いうちの出産であれば、経済的な面から産後も仕事を続けるという人もいます。 芸能人でも出産後、仕事を続けている人はたくさんいます。芸能人の場合は、経済的な理由よりも、仕事が楽しいからという人が多くみられます。 同様に高齢出産の場合も、育児も仕事も楽しみたいという考えから、仕事を続けたいという人がいます。 高齢出産をする人の多くは、長年仕事をしてきたためにある程度の貯蓄があるとされ…

  • 高齢出産と職場復帰

    仕事にも一生懸命で、高齢出産をする女性の多くは、育児は大切、でも職場復帰も早くしたいという気持ちを持っています。そのため、出産後は極力早く職場復帰をする人が増えています。 出産を経験後、すぐにでも職場復帰したい、と考える女性が近年増えてきています。子供も欲しいけど、仕事も続けたいという思いを持っている女性は大勢います。 中には出産を機に仕事をやめる人もいますが、1年の育児休暇をとって職場に復帰する人もいます。働きたい女性にとって、職場復帰ができる環境が整ってきた、という社会的背景もあります。 高齢出産をした人の職場復帰も同じです。 元々、高齢出産をする人の多くが、仕事である程度のキャリアを積ん…

  • 高齢出産と若返り

    高齢になると女性ホルモンが次第に減少します。 しかし、妊娠することによって再び女性ホルモンが増加するため、肌がツルツルになったり冷え性が改善されるなど、若返りすることがあります。 妊娠中は、女性ホルモンがあふれ出ているとよく言われます。歳を重ねるごとに女性ホルモンは減少しますが、高齢で妊娠をすることで女性ホルモンが増加すると言われています。若いうちに出産を終えた同年代の人より肌がツヤツヤになったという人も多いのです。 また、女性特有の冷え性が改善されたという話も耳にします。高齢出産を経験した人が若返りを経験するのです。女性にとってはとても嬉しいことです。 もちろん女性ホルモンの分泌量が増えたと…

  • 高齢出産と精神的、経済的余裕

    仕事をしている30歳代半ばから後半の女性は、精神的、経済的に余裕があり、穏やかな気持ちで出産や育児ができる、という人が比較的多くみられるのが特徴です。 高齢出産といえば、どうしてもリスク、デメリットばかり考えがちです。しかし高齢出産は悪いことばかりではありません。よい点もあります。このよい点にも目を向け、出産を楽しく迎えるようにすることが大切です。 その高齢出産のよい点とは、精神的、そして経済的に余裕があることです。 精神的に余裕があるというのは、歳を重ねるごとに自然に身についていく心がまえ、と言いかえることができます。 若年層、例えば20代の女性は、育児や出産に自信が持てないという人が沢山い…

  • 高齢出産と切迫流産

    高齢出産のリスクのひとつに流産があります。卵子の劣化のために受精しても成長しないことなどが原因で、高齢でなくても起こりますが、高齢出産で多いのは、切迫流産です。 高齢での妊娠は若い年齢での妊娠と比べ、流産の可能性は高まる傾向がありますが、流産になりそうな状態である、切迫流産になる危険性も高まります。 切迫流産になる原因は、胎児を包み込む袋のまわりにある妊娠組織がうまく形成されないことによるものです。 妊娠の初期では、子宮内に妊娠組織が入っていくときに出血をしていますが、正常な状態であれば、その出血は体内に吸収されていきます。しかしこれが切迫流産になると、出血が体外に出てきます。 この出血の状態…

  • 出産後の就職に対する社会環境

    日本では、女性社員は子供ができるとやめるものと考える会社は多く、出産のために会社をやめると、出産後再就職することは大変困難になっています。 高齢出産とあわせてよく使われる言葉に、ワーキングマザーがあります。 もともとはアメリカで使われていた言葉でしたが、日本でも高齢出産が普通になり、出産した後も働く女性が増えてくるにつれて、日本でもよく耳にするようになりました。 ワーキングマザーを取り巻く環境は、国によって大きく異なります。 アメリカをはじめとする欧米では、出産のために一旦会社を退職したとしても、出産後は元の職場に復帰したり、他の会社に再就職するといった環境が整っている国がほとんどです。つまり…

  • 高齢出産と体外受精

    体外受精は自然受精ではタイミングが合わず子供ができない、という時に使われる不妊治療ですが、高齢出産になるほど母体には大きなストレスがかかります。 不妊治療の方法のひとつに、体外受精があります。精子と卵子を体外で受精させ、体内に戻す方法で、以前と比べると一般的になってきました。実際に多くの人が、不妊治療の末に体外受精で子供を授かっています。 年齢が上がり、高齢になればなるほど、妊娠しづらくなってきます。そのため、高齢出産をされた人には、不妊治療を経験した人は少なくありません。そしてその中でも、体外受精という方法は、自然受精ではタイミングがなかなか合わなくて子供ができない、という人が利用しているケ…

  • 高齢出産と卵子の劣化

    高齢出産では、母体の負担やリスクも大きくなりますが、卵子の劣化が原因となって起こる流産や、ダウン症といった子供へのリスクも考えなくてはなりません。 高齢出産にはよくリスクがあるといわれますが、そのように考えられているのには、いくつかの理由があります。 ひとつは卵子の老化です。 人間を始めとして生き物は、歳を取るにつれて体のあらゆる部分が老化していきます。卵子も同様で、年をとるにつれて劣化していくのは止めようがありません。 卵子が老化すると卵子の性能が落ちると考えられています。性能が落ちるというのは、受精に成功した場合でも、細胞分裂が始まらなかったり、途中で止まってしまったり、染色体に異常が生じ…

  • 高齢出産と不妊治療

    高齢でなかなか妊娠できず不妊治療をする場合、もし出産後を機に仕事をやめるのであれば、不妊治療に専念するために仕事をやめるのも一つの方法です。 高齢出産を経験した人には、若いうちは仕事をしたいからあえて出産しなかったという人もいますが、中にはなかなか子供ができないので、不妊治療の上で高齢出産になったという人もいます。 また、高齢出産になればなるほど妊娠できにくくなるため、やむをえず不妊治療を選択する人もたくさんいます。 不妊の定義は、避妊をしないで2年以内に妊娠できない場合のことを言っています。特に35歳をすぎると、女性の場合は卵子の劣化、男性の場合は精子の数の減少が原因で不妊になると言われてい…

  • 高齢出産と難産

    高齢になると、20歳代の女性に比べて産道が硬くなったり、子宮口が開きにくくなる、陣痛やいきみが弱くなったりするため、それが難産の原因になっています。 高齢出産では、帝王切開や早産の危険性があるといわれています。また、難産の可能性も高いともいわれています。その理由として挙げられるのが20代の女性に比べると産道が硬くなっている点です。 他にも子宮口が開きにくかったり、陣痛やいきみがよわかったりするのも原因の一つとして考えられています。その結果、出産時間が長くなり、難産になるのです。 難産が続き、出産まであまりにも時間がかかりそうな場合には母子のことを考え、帝王切開になることもあります。 高齢出産で…

  • 高齢出産と妊娠中の仕事

    仕事をしている女性にとって、妊娠中の仕事は大きな問題です。 いつまで続ける事ができるか、その時になってみないと分からないからで、特に高齢出産の場合、体に与える負担は大きいと言われています。 妊娠が分かったら、すぐに仕事をやめる人もいれば、出産ぎりぎりまで仕事を続ける人もおり、実際に、多くの女性が妊娠中であっても仕事を続けています。 多くの女性にとって、妊娠中の仕事は大きな問題です。いつまで続ける事ができるか、その時になってみないと分からないからです。特に高齢出産の場合、体に与える負担は大きくなってくるという理由もあります 現実には、高齢出産の人ほど、仕事を続けているケースは多くみられます。それ…

  • 染色体異常によるダウン症

    高齢出産で心配になるのは、精子や卵子の劣化によって染色体の異常が起こるダウン症ですが、若い年齢での出産であっても、皆無というわけではありません。 高齢出産のリスクとしてよく取り上げられるのがダウン症です。 ダウン症は染色体異常により偶発的に発生するものとされています。ただし、高齢出産をすると必ずダウン症になるというわけではなく、若いからといってダウン症の子供が産まれないというわけでもありません。 実際に多くの方が高齢出産を経験していますが、必ずしもダウン症の子供が生まれているわけではないことからもわかります。 しかしながら、35歳の場合では300人に1人、40歳以上になると100人に1人という…

  • 高齢出産のリスクの種類

    年齢を重ねるとともに卵子の質が劣化していきます。 男性の場合も同じで、精子の質も劣化していきます。そのため、高齢出産のリスクの種類として、染色体異常になる可能性が高くなるといわれています。 高齢出産は、一般的にリスクが高いと言われています。メリットもたくさんある高齢出産ですが、リスクの種類について、正しく理解しておくことが大切です。 まず、年齢とともに、卵子や精子の質が劣化するという事です。そのため、なかなか妊娠にまで致らなかったり、もし妊娠できたとしても、流産や早産することがあります。 また、分娩時には出血量が増加し、帝王切開の確率が上がります。帝王切開をしなくても、難産になる傾向もあります…

  • 高齢出産と共働き

    共働きで充実した生活を送っていると、子供が欲しいという気持ちにはなりにくく、高齢出産になりやすい傾向があります。また。生活のために共働きしている場合は、お金を貯めるまでは子供は持てないという事情もあります。 高齢で妊娠、出産をするようになった背景には、女性の社会進出という大きな変化があったことは確かですが、それ以外にも、共働きが原因のひとつになっていることがあります。 女性が高齢でバリバリ働いているということは、パートナーである夫も高齢のことが多く、社会的地位もそれなりにあり、女性と同様に仕事で毎日忙しい、という傾向にあります。 こういった夫婦ではお互いが忙しく、土日も仕事、というようにすれ違…

  • 今、8人に1人は高齢出産をしています

    少し前までは、結婚したら仕事はやめるというのが当たり前でしたが、現在では、結婚後も仕事を続ける女性が増えてきました。 そのため、結婚が遅くなり、出産年齢の高齢化が進み、8人に1人は高齢出産になっています。 最近では、初婚年齢の上昇に伴い、高齢出産となる人が増加してきています。 そのおもな原因は、働く女性が増えた、ということです。 以前は結婚したら仕事をやめるというのが一般的でしたが、今では結婚後も仕事を続けられる環境が整っているからです。そのため、出産も高齢化が進んでいます。 高齢出産とは、初産を35歳以上で向かえることをいいます。 出産は、35歳を超えるとさまざまなリスクがあると言われている…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kokoyuiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kokoyuiさん
ブログタイトル
高齢出産ナビ
フォロー
高齢出産ナビ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用