chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 導通チェッカー修理

    ここ最近、導通チェッカーの調子が悪く、ついにうんともすんとも言わなくなってしまった。これが無いと、基板の回路をチェックするのに非常に困る。このチェッカーはテスターの導通チェッカーと違って、低電圧でチェックするので半導体は導通しない。基板の隣り合ったランドがくっついてショートしていないかチェックする場合に回路上のトランジスタなどの影響を受けずにチェックできる。 どこかのサイトにあったの、オペアンプを使った回路だけど、回路図もそのサイトも見つからない。基板から回路を起こして同じ回路を組むのもちょっと面倒になったので、今回は以下のページのチェッカーを参考にさせていただきました。 ELM - 回路内導…

  • CTESTWIN のCW送信復活

    先週、埼玉コンテストで HF 帯で送信したときにエレキーが誤動作していた原因がわかりました。シリアル - USB 変換モジュールの GND ピン(矢印)のはんだ付けが甘かったようでしっかりアースに落ちていなかったので、変な信号ルートができていて誤動作したようです。 USBケーブルの取り回しを変えて一時的に直ったのは、USBケーブルを差し替えたときにたまたま接触が直ったからと思います。はんだ付けし直したら問題は解消しました。他のピンなら動作しないのですぐわかりますが、GND だと一応動いてしまったりして原因がわかりずらくなりますね。これで次回のコンテストはHFで運用できそうです。が、カレンダーを…

  • 第41回 埼玉コンテスト

    あけましておめでとうございます。新年最初のコンテスト -埼玉コンテスト- に参加しました。昨年は、県内局なのに呼び周りで参加するのは恥ずかしい、と思って見送っていました(今年参加して、そんなことは無いことがわかりました)。 今年は意を決してCQを出すことにしましたが、CQを出すのは2つのハードルがあります。1. 呼んできた局のコールを正しくとる2. 呼んできた局のコールを正しく送信する 1 はまだしも 2 はまだ自身がありません。そこで、手動送信ではなく、CTESTWIN のCW送信機能にお世話になります。この機能により、呼んできた局のコールさえとれれば、送信は CTESTWIN が行うので、…

  • 50代のCW練習 2022年12月

    コンテストは出られても、未だラバースタンプQSOは難しいです。LCWO でそこそこ受信できても、実際にQSOをワッチしていると、なぜか途中からとれなくなってしまうのですが、その理由がわかりました。 ラバースタンプでは文の区切りに、[BT] ES, を使い、最後に[AR] を送ってくるのですが、BT も AR もつながってくるので、これが来ると何だかわからなくなってしまっていました。カンマも日本語では使わないだろうと思って覚えていなかったのですが、[BT] ではなくカンマを送ってくる人が居ました。 そういうわけで、まずは = (BTと同じ)を追加して練習を始めましたが、何か文字を追加すると今まで…

  • クリスマスの旅行

    株主優待でもらった切符、使わないうちに年末になるだろうな、と思っていたら案の定そうなりました。 日光か鬼怒川に行くのが由緒正しい使い方だと思いますが、寒くて行く気力はない。 昨夜実施した大学仲間のオンライン忘年会で、大学の図書館を卒業生でも使えるとの情報を得たため、図書館に飢えていた私はちょうどこの切符を使って手続きに行くことにしました。 大学の最寄り駅、高坂に着きました。自宅駅から500円しない距離なので、とても贅沢な全線乗車券の使い方です。 スクールバスで到着。36年ぶりです。 図書館に着いたら電話してと言われていたのですが、スマホ電波が弱く電話が通じませんでした(キャリアは楽天)。どうに…

  • 21 WPM 到達

    LCWO の受信トレーニングで 21 WPM まで来ました。 20WPM がほぼとれるようになったので1WPM 上げました。なんとかとれていますが、符号が早くて休んでいる暇が無いです。ゼロや9が来たときに一息つく、という感じ。連続して E や I が来ると間に合わなくなりますw。

  • 真空管アンプ

    購入してなかなか組み立てる機会が無かった真空管アンプキット AMP-1DX をやっと組み立てました。当初、ケースにレタリングをしたのですが、ケース表面に艶出しの加工がされていてレタリングが乗りませんでしたので、今回は無しにしました。 パーツ類 組み立て中。 200V 以上の電圧がかかる回路のは初めてなので、間違えないよう慎重に組み立てました。 配線終わり 真空管を取り付けて完成。火を入れました! ドンシャリではない、まろやかな音がします。ジャズなど聞くと良いのでしょうね。 ひとつ問題が。入力が無い状態でもスピーカーからブーンというハム音がします。真空管アンプでは定番のようなのですが、結構気にな…

  • QSLカードのファイル名設定支援ソフト for Turbo Hamlog

    私は届いたQSLカードをスキャンして、ファイルとして保存しています。Turbo Hamlog には画像ファイルを表示する機能があり、ログ登録時にカード(ファイル)があればそれが表示されます。そのためには、スキャンしたファイルは [コールサイン]_00.jpg という名前にしておく必要があります。複数のカードがある場合は _00 の部分を _01 _02 のように値を増やして置いておきます。 問題は、スキャンしたファイルは自動で 2022年11月xxx.jpg のような名前になるので、ファイル名を上記のようにコールサインを使った名前に変更しないといけないのです。画像認識のライブラリを使って、自動…

  • VCH アンテナの L アジャスタ制作

    VCH アンテナの同調周波数は地上エレメント長にかなり影響を受けますが、移動では長さで調整するのも限界があるので、「Lアジャスタ」を作りました。これはCQ出版社の「特選ハムのアンテナ制作集」に載っている VCH アンテナの記事で紹介されています。地上エレメントに直列にインダクタンスを可変できるコイルを入れるだけで簡単なのですが、コイルにタップを出しながら巻いて、それをロータリースイッチで切り替えできるように配線するのが少々面倒ではあります。が、作ってみると、トロイダルコアから出したタップがロータリースイッチの端子がちょうど同じ位置に合うので、はんだ付けも3本目の手は不要で簡単にできました。 記…

  • エアコン修理

    エアコンをオンにしても表示が点滅して動かなくなってしまいました。買い替えを覚悟していましたが、ネットを検索すると同じ症状の方が修理方法を公開していて同様に治すことができました。とりあえずワタシも記録しておくことにします。 機種は三菱の霧ヶ峰 MSZ-ZW710S で、2010年頃のモデルです。症状は電源コンセントを差し込むとFLという文字と共にすべてのLEDが点滅して、エアコン動作しないというもので、これはフラップが正しく取り付けられていない、という警告なのですが正しく付けていても発生しています。どこかにフラップの状況を把握するスイッチが付いているはずですが、見当たらず、もはやこれまでか、とい…

  • 移動運用準備 ~ CWフィルタ

    準備ばかりしていて一向に移動していない (^^; のですが、FT-817 にも CW フィルタを取り付けました。 現在はもう販売されていない純正品の YF-122C は中古価格も高額になり、オークションでは2万円以上の価格になっています。値段を抑えるため、FT-897同様、基板とフィルタを購入して、組み立てました。フィルタは前回は CQ オームで買ったのですが、今回は在庫切れとなっていたので探したところ AOR のサイトで見つけました。コリンズももう生産していないそうなので貴重品ですね。基板はヤフオクではもう売っておらず、穴開き基板で作ろうと思いましたが、コネクタが入手できないので、普通のピン…

  • 第43回全市全郡コンテスト

    3.5~430MHz までオールバンド部門で参加。コンテストナンバー5桁の手打ちはつらいのでメモリーのお世話になりました。なので、あまり送信の練習にはなりませんでした。途中でなぜか FT-897 の CAT 接続がおかしくなって、CTESTWIN に周波数がログされなくなりかなり不便でした。大概、送信波の回り込みで、一旦USB接続を再度行うと直るのですが、今回は直らず原因不明。

  • 祝 19WPM 到達

    LCWO のCW練習は8月頭に 18WPM まで来ましたが、その後、なかなかスピードに慣れず、2ヶ月ほど過ぎました。しかし不思議なもので一昨日辺りから 18WPMのスピードがなんだかゆっくりに感じられるようになり、間違いも減り、もう大丈夫な感じになりました。そこで今日から 19WPM にアップ。自分の限界はこのあたりかなと思ったりしていたので、ちょっとうれしい。 遅れ受信が重要と思って、Morse Machine の練習(正解するまで次の文字は来ない)を一旦止めていたのですが、そうしたらどんどん符号がとれなくなってしまったので、再開したところまたもとに戻りました。 文字速度をどんどん上げて 3…

  • 移動準備その2

    前回 VCH のコイルが破損したので、今日は違うコイルでテスト。同調点は上3下1のタップで SWR1.8@6.8MHzあたり。被覆を削ってないタップがあって、これよりはコイルを短くできない。ラジアル線は長めのほうがよかろうと思い、6m にしていたが、これを試しに 3.2m にしたところ、400kHz ぐらい同調点が上がりました。結構劇的に変化します。4.5m ぐらいのグランド線ならちょうどいいのかも知れない。ラジアル長がこれほど影響するとは思わなかったですが、VCH アンテナではグランドにしている電線は実はグランドではなく、「地上エレメント」のようなので、長さに結構敏感なのかも知れません。 次…

  • 移動用 7MHz VCH

    自転車での移動を画策しています。最近ちびちび準備をしていますが、まずはアンテナを整備中。以前作った、釣り竿アンテナ(VCH) を使います。ベランダで使っていたものですが、AH-4 にしてから使っていなかったので公園で具合をチェックしてみました。 Nano VNA でSWRは最低で 1.35 ぐらい。 ↓ほとんど表示が見えないですが。 コイルのタップを色々変えて試しましたが、イマイチ同調していない感じでした。何度も釣り竿を上げ下げしているうちに、コイルがパキッと割れてしまいました。紫外線で結構もろくなっていたようです。 下部が割れてしまったコイル(左)。次回、右の新しい方を使って再テスト予定。

  • CWエレキー制作5

    CWエレキー制作4 で制作したエレキーですが、自作プログラムをやめて高性能な K3NG のプログラムに入れ替えました。といってもプログラムだけではなく、基盤も作り直し。最初に作ったエレキーは自作プログラムで、パドルの入力もチャタリング防止のため 74HC04 を載せていましたが論理が逆になってしまい、K3NG をそのまま載せられなかったので、回路も全部変更しました。 Arduino Nano なら USB も付いているのでもっとスッキリするのですが、フラッシュが 16KB しかなく、K3NG はメモリ容量が足りませんでした。実際、もっと追加したい機能があるのですが、32KB の Arduino…

  • アンプI対策その2

    アンプI対策その1 の続き。今日は大進無線の DCF-31L3 に同軸を巻いてコモンモードフィルタを完成させます。 材料。ケースはダイソーのタッパーウェアです。 1個目のコアに巻いていきます。クリップを使って解けないようにしています。 2個目まで巻けました。 同様に3個目も巻いて、ケースに入れてコネクタにはんだ付け。ちょっとケースが大きめ。 さっそく高周波電流計でチェック。フィルタなしで 6.0mA ( 7MHz 15W 出力)。 フィルタ使用時、0.2mA と、劇的に減少! それは良かったのですが、SWR がちと高い。ダミーロードなのでほぼ1のはず。 まさか、と思って同軸をよく見ると。。 が…

  • KCJコンテスト

    出力弱めで参加。初めて CTESTWIN を使ってみた。入力に慣れてくるととても使いやすい。マルチもやりながらわかるし、CAT でリグをつないだのでバンドマップもコールサインがずらりと表示されて面白い。 エレキーの打ち間違いはまだ多いけれど、間違えても落ち着いて対処できるようになってきた。 昨夜は台風でアンテナを外していたので今日だけの交信でした。

  • アンプI対策その1

    以前からテレビにつないでいるスピーカでアンプI(アイ)が発生している。FTDX10 にしたらさらに強度が増して、20W で送信しても発生してしまう。アンプ側で対策すれば直るのはわかっているけど、隣家でも発生している可能性がある。仕方ないので先日のフィールドデーコンテストは 10W 出力のクラスにしてコンテストナンバーは最後にLを付けて送信した。L は出力が中途半端すぎてほとんどいない。自分でLに参加しておいてナンですが、この出力ごとに分けるのはなにか意味があるのだろうか?5W以下なら QRP のクラスがあるが、L は点数計算やマルチでも関係無いので設定されている意味が不明?です。10Wでの呼び…

  • FTDX-10 で AH-4 を使う その3

    前回の続きです。 組み立て完了しました。 ケース内部は余裕がありますが、歳をとったのでケースは大きめのほうが加工が楽です。 AH-4との接続ケーブルもDINコネクタにでもすればよかったと後から思いましたが、まあ良しとします。 せっかく CAT 制御可能なので、外部スイッチで以下の制御も実装しました。 1. ブレークインの ON/OFF 2. フィルタ切り替え 3. CWメモリ#1~#3送信 1 と 2 は以前 ICOM 用の CI-V 制御の VFO を作ったときも実装したもので、やはりあると便利。また、FTDX10 はメモリーキーヤーを使う場合、キーヤーボタンを表示しておかなければならず、そ…

  • 2陸技 合格通知

    やったー。今日、メールで合格の通知きました。 去年の1月に無線工学の基礎と法規に科目合格し、7月に無線工学A,Bを受けて合格しました。実は無線工学Aしか勉強していませんでしたが、自己採点したらまぐれで無線工学Bも合格点に達していました。まったく、おまけで受かったようなものですが、受験料を節約できました。来年1月は1陸技を受けようと思います。

  • FTDX-10 で AH-4 を使う その2

    一番面倒なパートである、ケース加工・レタリング終わりました。 あとはプラモデルのごとく組み立てるだけの一番楽しい作業なので後日にとっておきます。しかし、このプッシュボタンはちょっと大きすぎた。 (続く)

  • FTDX-10 で AH-4 を使う

    FTDX-10 の CAT 制御 の続きです(表題変更しました)。 基板に部品を実装しました。今回は回路図(後でアップします)もちゃんと作ったので、配線終わった箇所に赤丸を付けながらはんだ付けしました。こうすれば、作ってから動かなくて配線忘れを探すより遥かに効率がいいのですが、いつもは面倒で、勢いで配線してしまいます。 ピンヘッダ使って配線するようになってから、基板がスッキリして良いです。 動作確認してみました。50MHz だと SWR が AH-4 でも 2.5 ぐらいが最低なのですが、そのせいか、ちょっと誤動作(元の送信出力に戻らない)するときがあります。おそらく回り込みなので、おそらくパ…

  • MAX232 のコンデンサ

    FTDX-10のCAT制御 の続きです。バラックで動作確認は大体できたので、穴あき基板に部品の実装を進めています。Arduino と FTDX-10 のシリアルは RS-232C を使うので TTL レベルト RS-232C レベルを合わせるため、MAX232N という IC を使います。この IC は外付けコンデンサを5個つけるだけで動作する便利なICなのですが、回路図を見てコンデンサを間違えずにつける必要があります。 秋月で現在売っている MAX232EN のデータシートでは 2ピンに接続するコンデンサの反対側は Vcc に接続されているが、今回使用する MAX232N のデータシートでは…

  • CW 遅れ受信

    いつも LCWO の MorseMachine が気に入っていてよく練習しています。符号がだいたい聞き取れるようになってから文字速度を上げていって、今は 29 WPM です。しかし、実行速度は 9 WPM ぐらいで頭打ちになっています。これは 文字速度が遅いころからあまり変わっていないです。単語訓練やコールサイン聞き取りでは 20 WPM 程度受信できるようになったのですが MorseMachine の実行速度はなぜ上がらないのか不思議に思っていました。 今月(2022/7)のハムワールド誌に「遅れ受信の練習法」という記事がありました。それによると、聞こえた文字を筆記しながらの受信は、人間の反…

  • FTDX-10のCAT制御

    先日、YAESU FTDX-10 をオークションで購入しました。そのうち買いたいなーと思っていた程度で、オークションでも新品に近い価格だったりして様子見だったのですが、保証がまだ残っている FTDX-10 が出ていたのでウォッチリストに入れていて、平日終了だったのでもしかしたら安めに落札できるかも、と思い入札していたら、意外に上がらず落札することができました。 思っていたよりちっちゃいリグで TS-130V とあまり変わらない感じです。スコープはあればやはり便利。ファンが後ろについてますが回っても静かです。Sメーターがアナログ風で見やすいですが、パワーとSWRが同時に見られないのは残念。サイズ…

  • カセットテープが取り出せなくなった

    カセットデッキ修理 - cruzioのブログ にてカセットテープの MP3 化を書きましたが、その後もちびちび続けています。TEAC のデッキは修理しましたがイマイチ調子が悪いため、ソニー TC-K61 というデッキを落札し、こういう事態に備えて昔買っておいた DBX 録再ユニット MODEL 224 にシステムは変更しました。 しかし今朝、再生中にテープが停止。テープの回転が重いと停まることがあったためまたそうだろうと思い、テープを取り出そうとしましたが、蓋が開きません。かなり力を入れても何か引っかかっているようで全く開く気配なし。 仕方ないのでデッキをバラしてみましたが、どこに原因があるの…

  • JARL埼玉支部フィールドミーティング

    5/15 日曜日、地元で無線の催しがあるなんてラッキーだなぁと思いながら「朝霞の森」へ。ここは以前、国家公務員住宅が建築されそうになったところです。地元の反対運動で阻止されました。 無線の催しというのは仲間内だけで楽しんでいる雰囲気があって、若い頃はハムフェア程度しか行きませんでしたが、この歳になるとどうでも良くなります。行ってみると、だいたいジャンク販売がメインになっている感じでした。一応、公開運用もありましたが、外部から来て運用してる人はあまりいなさそうでした。 (ジャンク収穫品) 無線機の電源ケーブルとツェップアンテナ給電部 ツェップアンテナ給電部はマルチバンドで使えるとのことで3000…

  • K3NG キーヤー

    ALL JA コンテンスト、東京コンテストも終わり、コンテストのCW QSOはそこそこ慣れたので今度は普通のQSOをしたいと思っています。しかし、コンテストと違って相手は何を打ってくるかわからない恐怖があり、パニクらないよう、できるだけスローなQSOをしなければなりません。ところが、スローな CW を自作キーヤーで打つと問題があることがわかりました。自分で書いたプログラムなので前からわかっていましたが「短点または長点の送信中のキー入力は取り込まない」という制約があります。これは結構致命的なのですが、早めのスピードで打っていればほとんど気になりませんでした。しかし、キーヤーのスピードを遅くすると…

  • QRP LABs QCX+ 組み立て その4 (完成)

    QCX+ 5W CW transceiver kit その後、基板の部品取り付けは問題無く進み、ICソケットも秋月で調達したので組み立てを進めました。加工済みのケースもあるので本当に楽ちんです。 組み立て完了して 12V の電源を入れると、100mA 程度流れました。LCD に文字が表示されたのでホッとしました。最初にエンコーダーつまみを回してフィルタの設定を行うのですが、エンコーダーを回してもたまにしか反応がありません。おそらくエンコーダーのはんだ付け不良と思い、再度ハンダを盛ると治りました。他に不具合はなさそうです。部品数の多いキットで組み立てがいがありました。 SメーターとCWデコード機…

  • カセットデッキ修理

    ここのところずっと、在宅ワークの片手間にカセットテープの音源吸い上げを続けている。だいたい 1979年~1987年頃にかけて歌謡曲をFMから録音したものや、レンタルレコードで借りまくったフォーク系LPを録音したものが多い。 (吸い上げ待ちのテープ。ほんの一部です。) カセットデッキは当時物の TEAC V-3RX。他には無い縦型VUメーターがカッコイイ。 (これは修理後の写真) 一度だけ走行系の修理に出したが、40年近く前に購入したものでよくぞ動いていると思う。しかし、連日の吸い上げ作業によりついに走行系がだめになってきた。再生中の巻取トルクが弱くなったようで、途中で止まってしまうようになった…

  • ママチャリ整備 チェーン編

    奥さんが20年乗っているママチャリのチェーンが伸びています。今までも伸びたときはチェーン引きのネジを回して調整していましたが、今回はもう引きしろは残っていないため、チェーンをつめる必要があります。面倒なのでほっといたら昨日出先でチェーンが外れた、と電話がかかってきました。とりあえずうまくチェーンをはめることができたようで家に帰って来れました。 そういうわけで今日はチェーンつめ作業を実施。ギアの付いていないママチャリのチェーンをつめる作業は自転車整備の中では非常に面倒な作業です。ギアが付いている自転車であればチェーンは変速機のバネによってテンションが張られていますが、シングルギアの自転車ではリア…

  • 50代のCW練習 2022 April 6

    相変わらず LCWO を続けています。 数字の4を追加したとたんに符号がとれなくなりました。V との判別が難しいのですが、他の関係ない 2, 3, 8 や Z もとりにくくなってしまいました。不思議ですね。 あと、5 と H は相変わらずわかりにくいです。 Code Groups の練習は Character Speed=20WPM (Effective Speed=13WPM) でやっていますが、なるべく早い符号を聞き取れるようにMorseMachine は 29WPM でやっています。遅い符号で間違いなくとれるようにしたほうがいいんでしょうか。遅い符号に慣れてしまうとスピードを上げるのは難…

  • QRP LABs QCX+ 組み立て その3

    コンデンサ・抵抗など基板にはんだ付けします。老眼かつ羞明なのでルーペを使いますが、それでもわかりにくいのでコンデンサは秋月のCメーターで容量を確認してから付けます。 抵抗の数が多いです。今日はここまで。

  • QRP LABs QCX+ 組み立て その2

    先日到着した QRP LABs QCX+ の組み立てをぼちぼち始めました。 説明書どおりにまず BPF となるコイルを巻きます。 コイルを巻く作業は何か内職をしているような感じがする地道な作業ですが、50巻程度なのでそれほど大変ではありませんでした。3箇所タップを作ります。 コイルの巻数を数えるためルーペを使おうとしましたが、もう一本手が無いと数えられないため、スマホで写真をとって拡大して数えました。これはなかなか便利です。 はんだ付け完了。コイルを巻くよりも基板への位置決めに結構時間がかかりました。コイルのエナメルは10秒ぐらいコテを当てておけば剥がれる、と書いてありますがなかなか剥がれない…

  • 2022 ALL JA0 7MHz コンテスト

    JARL NAGANO web. 初めてコンテストナンバー :RST+001形式(RSTに続く001からの連番)のコンテストに出ました。相手に送る番号はもちろん手打ちで送る自信は無く、エレキーで送りますが、数字を+1するのは手動(メモリーボタンに割り当てた)なので間違えないように気を使います。また、自分の交信局数がわかってしまうので、開始からしばらくたってもナンバーが1桁だったりすると恥ずかしい感じになってしまうこともちょっと避けていた理由です。そういうわけで私にはハードルが高かったのですが、コンテストも慣れてきたので今回トライしてみました。 20局ぐらいできればいいかと思いましたが、慣れてく…

  • 50代のCW練習 3/10

    今も毎朝練習しています。 https://lcwo.net/ ほとんどこの Morse Machine をやっています。数字の 8 まで来ました。 5 と H がなかなか判別難しいです。 http://c2.com/morse/wiki.cgi?WhyLearnCode にとても良いことが書いてあってやる気が出ます。 「一輪車の練習同様に、モールスを覚えることはチャレンジである。モールス符号は本を読むような知的な方法で習得することはできない。ひたすら練習あるのみ。小さな積み重ねは小さな進歩をもたらす。信じられないような努力をした者がその世界に入ることができる。」 40歳ぐらいのときに一輪車に乗…

  • デシベル計算

    1陸特再開 - cruzioのブログ にデシベル計算の暗記方法を書きましたが、書き忘れたことがありました。あれは「電力」の計算用です。「電圧」または「電流」を計算するときは dB 値を倍にする必要があります。 問題となっている値が「電力」なのかそうでないのかを常に意識して解く必要がありますが、結構、忘れやすいので要注意です。 例えば陸2技 無線工学A(GA101)で 「尖頭電圧は実効値の4倍・・」とあるので、これは 12dB(6dBではない)。「搬送波は正弦波とする」の部分は、正弦波の最大値(尖頭電圧)は実効値の 1.41 (√2)倍です。 真数がルート2など考えたことが無かったですが、これは…

  • YAMAHA NX-C20 スピーカー

    無線機の外部スピーカとしてソニーのテレビから取り外した薄型のスピーカーを使っている。ラックの下に収まるようにこれに合わせてラックも作ったので場所を取らなくてよいのだが、いかんせん音が悪い。 もう少し口径の大きいスピーカーを作ろうと思って最近色々物色していた。候補はこのキット。 NFJ謹製エンクロージャー自作キット[MODEL-PLS] 組立式スピーカーキット Peerless PLS-P830985に最適化 日本製MDF採用 NFJ Amazon ただ、MDFの色合いはイマイチ好きではないので、ホームセンターで 9mm 厚のパイン材を同じ寸法にカットしてもらおうかと考えていた。 そのような中、…

  • FT-897 CW フィルター

    39回 関東UHFコンテスト - cruzioのブログ で CW フィルタの必要性を認識したのち、色々物色をしていました。結論としては、 ヤフオクに出品されている「FT-817用のフィルタ基板キット」2500円+送料 AOR MF500 (MF-500) 500Hz MFシリーズ コリンズ製メカニカルフィルター 8910円+送料 を購入するのが安価かつ確実と判断して購入に至りました。 メカニカルフィルタ。AOR が自社製品用パーツとして売っている? 送料が 660円かかるので、何か買うときに一緒に買った方がいい。 フィルタ基板キットは基板とチップ部品で、このように袋に小分けされていたので助かり…

  • QCX+ 5W CW トランシーバーキット着

    昨年11月末に注文したトランシーバーキットが到着しました。 時間がかかるものと思って気長に待っていました。3か月弱かかりましたが、年末に一度、問い合わせをしたところ、部品が不足していて時間がかかっているのでもう少し待ってほしい、と返事が返ってきたので、あまり不安はありませんでした。 発送国はトルコでした! キットとしてはかなりのボリューム 価格は 7MHz のフィルタとケース、送料込みで $100 ぐらいで良心的だと思います。しかも中華製キットと違って、138ページもある非常に詳細な Assembly Manual が Web に載っていて信用できると思って購入しました。これでコンテストにでら…

  • 39回 関東UHFコンテスト

    関東 UHF コンテストに参加しました。今まで UHF はアンテナが無かったのですが、先日 X520 にアンテナを替えたらおまけで 430 もくっついていたので、UHF に出られるようになりました。430 に QRV するのはパケット通信をやっていた大学のとき以来、30数年ぶり。。 コンテストが始まってからバンドをワッチしてみましたが、電話は1,2局やっと聞こえる程度だったので、やはり CW 部門に参加することに。 しかし問題がひとつ。FT-897 には CW フィルタが無い。 430MHz は広いのでフィルタはいらないと思っていましたがそれは間違いでした。強い局のすぐ横っちょの弱い局は全然と…

  • エレキー発振回路 改造

    目の手術は終わり退院しました。まだぼけていてよく見えません。入院前に Radiko プレミアムに入りましたがあまり聞きませんでした。地方局の独自番組を聞きたいと思っていましたが、東京キー局との提携番組が多く、番組表を見ても独自番組かどうかよくわからないのです。しばらく聞いていたら文化放送の番組だったりして。。 本題のエレキーですが、発振回路は以下の回路をそのまま使っています。 http://calibration.skr.jp/partssetfile/Electronic%20work/Morse%20trainer.pdf この回路、夏に作ったのでわからなかったけど、寒い時期になったら、温…

  • メモリ 16GB の PC にメモリを追加しました。16GB(8GB 2枚組) が楽天の風見鶏という店で 6799円でした。 1年ちょっと前にPCを組んだ際は 6200円だったので、ちょっと値上がりしていますが、半導体不足のようなのでこのくらいであれば仕方ないかな。 32GB に増設した理由は、RAMディスクを使うためです。先日、lmdisk というのをインストールして 4GB を割り当てて使っています。 この RAM ディスクにはOSやブラウザのテンポラリファイルを置くように設定します(TEMP 環境変数やブラウザのオプションで設定)。テンポラリファイルは読み書きが多いので、なるべくフラッシ…

  • 2022QSOパーティーのシール着

    QSO パーティーに参加するともらえるシールが届いたので早速貼り付けました。 1984年から36年間、無線から離れていましたが、この台紙だけ実家の壁に飾ってあって、廃棄を免れました。

  • Radiko プレミアム

    STVラジオ開局60周年特別記念番組「足寄のスーパースター 松山千春 ~45年の時代(とき)をこえて~」を STV ラジオでやる、という話を 1/23 の On the Radio で紹介していた。 聞いてみたいと思い、思い切って(というほどの出費ではないが)Radikoプレミアムを申し込んだ。これでエリアフリーで全国のラジオを聞くことができる。期間のしばりは無いので、ひと月でやめればよい。支払いを Paypal にしたかったのだが、Paypal のサイトに遷移して支払い手続きを進めると、エラーになって完了できなかった。のでカード払いにしたのだが、他の人はできているのだろうか?それにしても R…

  • 二陸技試験の回答

    2陸技の試験問題回答が公開されました! https://www.nichimu.or.jp/kshiken/siken/index.html さっそく自己採点。「無線工学の基礎」は A-3 環状鉄心に巻いたコイル、と A-9 半導体のPN接合、それに B-3 進行波管 を間違えました。私は電界と磁界は捨てていたので、A-3 のコイルもエイヤで回答しましたが、やはりNGでした。A-9 と B-3 は過去問に類似しているのですが、まったく新しい質問で、過去問を解いていただけの知識では解けない類でした。 「法規」は A-5 特別特定無線設備、A-10 周波数の安定のための条件、それに B-1 と B…

  • ミニエレキーその2

    制作の続きです。お古の元アンプのケースを加工します。 フロントは TONE と VOLUME 穴はそのまま再利用でき、BALANCE 穴は SPEED ボリュームに変更。電源スイッチは私の好きな自照式ロッカーSWにしました。リアは穴だらけで埋まりませんが、リアなので良しとします。 次に小物類をケースに付ける前に配線しておきます。その前に VR の軸を短くします。長いままだとツマミがパネルから浮いてしまってかっこ悪いのです。秋月で売っているVRですが、個人の制作で2重パネルにする人はあまりいないと思うので、最初から軸は短いものを売ってもらいたいです。糸鋸で切るのがちょっと面倒。 ↓上のがカット後…

  • 二陸技試験

    一昨日、二陸技の試験を受けてきました。午前は「無線工学の基礎」ですが、見たことのない問題がいくつか。過去問は電波受験界のサイトにあった平成三一年一月期までの分しかやっていなかったので、もう少し古いのもやっておけばよかったのですが、あまり古い問題はやる気がでませんでした。問題自体は電験でも出てくる類の問題だったのでなんとか回答できました。四五分で途中退出する人が部屋の半分ぐらいいるのですが、試験は捨てているのか、簡単すぎて終わってしまったのか、どっちだろう? 私は試験終了まで粘りました。終了後、持ってきたおにぎりを廊下の椅子で食べました。季節が良ければ外の公園で食べますが、さすがに一月は寒い。午…

  • 50代のCW練習 1/19

    LCWO のレッスンは20/13 のスピードであれば、ほとんど誤り率 10% 以下でとれるようになった。しかし、実際の英文などで試すと途中からとれなくなってしまう。LCWO のレッスンではいつも 5 文字区切りで練習していて、空白について特に意識しないでもよかったのだが、これが原因かも知れないと思い、文字数をランダム(2-7)に設定してみた。なるほど、これはちょっと難しい感じになる。この先はランダム設定で練習していこうと思う。 これまでは5文字ひとまとまりで練習していた。 合計文字数(50文字/分) は変わらないが、文字数がランダムだと難しくなる。

  • ミニエレキーその1

    夏の間は、寝る前にCWインベーダーをやっていたので送信もそこそこできてはいたのですが、冬になって無線部屋が寒くなるとCWインベーダーをプレイする機会もなくなり、送信もめっきり下手になった気がします。屋根裏部屋が冬は一番暖かい場所なのでそこで練習するのがよいですが、いちいち電鍵やエレキーを持っていくのが面倒でした。先日意を決して電鍵をもう一つ買ったので、それようのエレキーを作ります。CWインベーダーが動けばいいので簡易的なもので十分です。Arduino Nano を使って、トーン出力も Arduino の PWM で出力すれば低周波発振回路も不要です。 ケースは学生の頃に作ったアンプを流用します…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、cruzioさんをフォローしませんか?

ハンドル名
cruzioさん
ブログタイトル
cruzio のブログ
フォロー
cruzio のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用