chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
時代遅れの海外ミステリ散歩 https://oldatmos.wpxblog.jp/

主に1950~80年代の海外ミステリの所感です。”時代遅れ”という自虐的な表現には二つの意味があり、まず50~80年代というのは率直にいってやはり”時代遅れ”であること。しかし、年月を経てなお古びないものもある、というのが二つめの理由です。

オールドアトモス
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/04/26

1件〜100件

  • 巻き込まれ型サスペンスの作家

     いわゆる”巻き込まれ型サスペンスミステリ”の代表といえばかなり多くの方がエリック・アンブラーを挙げるのではないだろうか。この作家は『ディミトリオスの棺』に代表されるスリラーや、スパイ小説のジャン […]

  • 短編の名手たち

     短編集、それもちょっと奇妙な味やしゃれたヒネリ、苦い毒をもつ短編集とその作家たちを取りあげてみたい。といっても変化球や隠し玉はありません、誰もがうなずかざるを得ないほどよく知られた短編の名手たちに登場いただく。  まず […]

  • 安楽椅子の探偵たち

     アームチェア・ディテクティブ、いわゆる安楽椅子探偵にふれてみたい。 バロネス・オルツィの隅の老人、アガサ・クリスティのミスマープルなど安楽椅子型の名探偵は古くからずいぶんいらっしゃるが、ここでは個人的な好みにまかせてい […]

  • 屈託のない泥棒たち

     今回は泥棒が主役のミステリだ。最近評判を聞いて買ったままで、まだ手をつけていない『解錠師』に触発されたわけではないが、これまで読んだミステリーのなかにもけっこう味のあるドロボーたちがいたじゃないか、ということに思い至っ […]

  • 海外ミステリの翻訳者たち

     『深夜プラス1』の訳者は菊池光だった。菊池光といえば、数多くの翻訳が早川書房から刊行されているが、代表作はやはりディック・フランシスの競馬シリーズだろう。シッド・ハレー物が4作、キット・フィールディングが主人公の作品が […]

  • 深夜プラス1

     拳銃が重要な位置を占めている作品、といえばまず指を屈しなければならないのはギャビン・ライアルの『深夜プラス1』だろう。この作家は、ほかにも『もっとも危険なゲーム』でライフルを扱った作品があって、これはこれで好きな作品な […]

  • 女には向かない職業

    最近、といっても年末年始の休みのことだからもうだいぶ前になるが、たぶん二十年以上ぶりに、P・D・ジェイムズの『女には向かない職業』とサラ・パレツキーの『サマータイム・ブルース』を読み返した。二冊を選んだことにはとりわけ何 […]

  • はじめに

    『時代遅れの海外ミステリ散歩』にようこそ。 2013年から約9年間続けた『僕の好きな海外ミステリ散歩』をいったん閉じ、その後継として本サイトを立ち上げました。あまり力まず、ポツポツと好きなことを綴っていくつもりです。 ” […]

ブログリーダー」を活用して、オールドアトモスさんをフォローしませんか?

ハンドル名
オールドアトモスさん
ブログタイトル
時代遅れの海外ミステリ散歩
フォロー
時代遅れの海外ミステリ散歩

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用