chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
貧石山人
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/09/13

1件〜100件

  • リディコータイト

    もひとつ五反田セール品。リディコータイトが500円!なあほな。リディコータイト(Liddicoatite、リディコート電気石)は、リチア電気石(エルバアイト)の一種で1977年に発見された新鉱物。正式鉱物名としては未承認らしい。このあたりはめんどいからパス。ほんとトルマリンは種類も名前もカオスで、わけわからん。知らん。一応標準的組成はこんな感じらしい。エルバアイトNa(LiAl)3Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)4リティコータイトCa(Li2Al)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)4ちなみにエルバアイトはエルバ島で発見されたことによる命名だから、エルバアイトが正しいのであって、エルバイトはちと不適切か。もう定着しちゃってるみたいだけど。リディコータイトが有名なのは、いわゆる「ウォーターメ...リディコータイト

  • エピドート

    またややこしい石。エピドートEpidoteは、グループ名であり、また単独鉱物名。ソーダライトなんかもソーダったけど(やめれ)こういうのめんどいからやめてほしい。【エピドート・グループ】二種類の陽イオン+(Si2O7)(SiO4)O(OH)ソロ(双結)珪酸塩・エピドート(緑簾石)[Ca2][Al2Fe3+](Si2O7)(SiO4)O(OH)・ゾイサイト(灰簾石)[Ca2][Al3](Si2O7)(SiO4)O(OH)赤はチューライト、青はタンザナイト・クリノゾイサイト(斜灰簾石)・ピエモンタイト(ピーモンタイト、紅簾石)・アラナイト(褐簾石)低温~中温の変成岩に見られる基礎的な鉱物。命名はかのアユイさん。古くから知られていたが、1865年にオーストリア・ザルツブルク州のクナッペンヴァンド鉱山で巨大な美結晶...エピドート

  • エクロジャイト

    五反田お別れセールの石。まずはエクロジャイトEclogite。前々から欲しかった石。あまり普通の店では見ない。高圧変成岩。ノルウェー産。《高温高圧下でできた変成岩(広域変成岩)。赤色の柘榴石(鉄礬柘榴石〜苦礬柘榴石)と緑色の輝石(オンファス輝石)を主成分とするため、榴輝岩(りゅうきがん)ともいう。化学組成は玄武岩とほぼ同一であり、玄武岩質の海底プレートが沈み込み、高圧により変成して生成したものといわれる。》ウィキペディア《非常に高温高圧の変成作用(600~800℃、1万~数万気圧)ででき、ざくろ石類(ややマグネシウムを含むアルマンディン)、単斜輝石(主に透輝石)などからなり、緑れん石や石英なども含まれることがある。また、滑石とひすい輝石の共生体や藍晶石とひすい輝石の共生体などの特殊な鉱物組合せが存在したり...エクロジャイト

  • さらば五反田

    クリスタルワールド五反田TOC店。東京卸売センタービルが近く建て替えされることになり、9月25日で閉店。御徒町へ移転。ほんとにこちらのお店には短い間ですがお世話になりました。新米なのでいろいろな石が欲しい。だから高いものは買えない。そんなあちきは、こちらであれこれ購入いたしました。ちょっと鉱物マニア向けっぽい店づくり。美麗で高額な結晶を集めてというタイプではない。けどとにかく安い。100円200円からある。これは150円のゾイサイト・アクチノライト。ちょっと暗い、倉庫のようなお店で、「なんか面白いものないかなあ」と探るのは、とても楽しい時間でした。2時間くらい平気で経つ。その後シロクマカレーを食べて屋上で自販機のコーヒーを飲む。実に幸せな時間でしたねえ。涙。(うそつけ)で、最後の四日間は50%オフセール。...さらば五反田

  • ロゼライト

    クリスタルワールド立川店さんのツイッターで新入荷商品が告知されていて、その中にロゼライトがあったので、行ってみた。で、けっこう大きな結晶がついているものが比較的お安くあったので購入。(石禁じゃなかったのかよ)クリワさんは(いいのかその略称)立川も五反田も、美麗結晶派ではないけど珍しいものを安く売ってくれているので嬉しい。モロッコ産。強い光を当てると、素晴らしく美しい赤が出る。飛び出している複合結晶は1センチくらいあって、にこにこ。(何だよその形容は)ロゼライトは、コバルト含有の砒酸塩鉱物。Ca2(Co,Mg)(AsO4)2・2H2O。名前は人名由来でバラのローズとは関係ない。同じくコバルトの砒酸塩にエリスライト(コバルト華、Co3(AsO4)2・8H2O)がある。エリスライトは濃くて少し紫がかった赤が美し...ロゼライト

  • 「推し」石3つ

    ブログ1周年ついでに。まだまだ新米なのにおこがましいですけど、これまでの歩みを振り返ってみて、「この石は『いいですよお』と宣伝したい」というのがいくつかあります。今風に言うと「推し」ですかね。第一は、やっぱり「レインボー・ムーンストーン」。個体によって差異はあるけど、透明で多彩な色が浮かぶものは、実に素晴らしい。オパールのような派手さはないですけど、ぼわあっと揺らめく色彩がとても幻想的。カット石よりカボッションの方がいいとあちきは思います。これは新宿紀伊国屋内東京サイエンスさんで購入のもの。諭吉手前とお高かった。「ブルー・ムーンストーン」も美しいですけど、よほどいいものでないと「おおすごい」とはならないかも。第二は、「プレオクロイック・コーネルピン」。透明で方向によってカラーチェンジするもの。あまり知られ...「推し」石3つ

  • 1周年

    ブログ開設から365日になりました。(おめでとさん)お花のかわりに、たぶんうちで一番美しい結晶。アメジストフラワー。ぱーん、ぱーん。花火の音です。(大げさな)貧老につき何にもプレキャンはありません。(ブログではしないだろ普通)ひと月坊主で終わるかとも思ったけど、よく続いたもので。(まったく)記事数215。よくしゃべったもので。(まったく)。大したものはないけど数はある、というのはあちきのコレクションと同じかな。(まったく)おい。これまで集めた石の数は500くらい、種類は180くらい。多いか少ないかは知らない。外から見ればガラクタの山かもしれないけれどあちきにとっては至上の宝物。***ブログをやってきて、面白くおべんきょしたこともあります。「石はどうやってできるか」「カルサイト・アラゴナイト問題」「バイキン...1周年

  • 石名五十音順目次1 ア行~タ行

    自分で何書いたか(書き散らしたか、でしょw)わからなくなってきたので、目次作成。gooの索引「ページ内索引」が隠れていて使いにくいし。1記事に収まらなかったorz*随時更新してます。【ア行】アイオライト1234――サンストーン12――丸玉ブラッドショット――アウイン12アカスタ片麻岩アキシナイトマンガノ――アクアマリンアクチノライトアストロフィライトアズライト123アズロマラカイトアナテーズアフガナイトアポフィライト123天草石アマゾナイトアメジスト123カシャライ――グリーン――ブランドバーグ――ベラクルス――アラゴナイト――(山サンゴ)ブルー――アレキサンドライトアンダルサイト123アンデシン――ラブラドライトイーグルアイウィレマイトウェルネライトウバロバイトウルフェナイトエジリンエレメーファイトエン...石名五十音順目次1ア行~タ行

  • 石名五十音順目次2 ナ行~

    *随時更新してます。【ナ行】ヌーマイト12【ハ行】パープライトハーライトバーライトパイロクスマンジャイトパイライトハックマナイトバナディナイトバリサイトピーターサイトピカソストーンビクスビアイト翡翠12ロウカンビスマスビビアナイト姫川薬石ピメライトフェニックスストーンフォスフォシデライト12フォスフォフィライトフックサイトブラジリアナイトフランクリナイトブルーサイトブルーシェーライトブルッカイトプレセリブルーストーン12プレナイト12フローライト1234――蛍光12オクタヘドロン――スケルタル――ディープブルー――ブルー――レインボー――ベスビアナイトヘミモルファイトヘリオドールペリステライト――ムーンストーンペリドット123ベリルベン石ボー石(ヴォークサイト)北投石12ボレアイト【マ行】ムーカイトムーン...石名五十音順目次2ナ行~

  • 黒部の孔雀石

    とんでもないものがやってきました。黒部の孔雀石。といってもマラカイトではない。地元でそう呼ばれているとのこと。組成的にはアゲートないしはジャスパー。信州富士見の名取貴石さんのサイトで見て、何か面白そうで高くなかったのでぽちっ。ほとんど知られていないのではないでしょうか。超レアストーン、というのは大げさだとしたら、超ローカルストーン。ネットで調べたところ、扱っているのは名取さんとその姉妹店の岐阜・キラリ石さんのみ。包みを開けてびっくり。でかくて重い。237グラム。いかにも岩石らしい岩石。ぱっと見は暗い色で、うーむと思ったけれど、強めの光を当ててみたら、唖然。いやすごいですねえ。現在、キラリ石さんに原石と磨き石が出ています。でも写真で見る限り磨き石はちょっとどんよりした感じがある。もしかしたら原石のままのほう...黒部の孔雀石

  • 謎の石スコロライト

    鉱物名ではない。アメジストに加熱などの処理を施したもの。しかしその処理方法は企業?秘密で、わかっていない。2度加熱するという説がある一方、そうではなく放射線照射して加熱したものという説もある。謎で面白い。夕星庵さんで美しい色のものがあったのでぽちっ。写真にはなかなか乗らない色。光源によってもっと薄くなったり赤みがかったりする。カットのせいか、金色の輝きがきらきらと出る。どういうことなのかはわからない。美しい。アクセサリーにしたら映えそう。ラベンダーアメジストとも言うとよく説明にはあるけれど、あちきが持ってるさざれ石の「ラベンダーアメジスト」とは透明度も色合いも違う。さざれ石に放射線処理なんかしますかねえ。これはこれですごく美しい。似たようなシルキーラベンダーのものに「シリウス・アメジスト」というのもある。...謎の石スコロライト

  • ミニミニ・ロウカン

    両国でミネラルザワールドという展示即売会があり、ミャンマー翡翠専門店ヤギトレーディングさんが出店しているというので、行ってみた。このお店、ツイッターで美しい翡翠の写真をたくさん上げているけど、店舗もネットショップもないから見られる機会は限られている。ザワールドというのは知らなかった。こういう展示即売会はいくつもあるのですねえ。石フリマなんかも加わって、東京にいるとけっこう頻繁に行けることになる。その分散財の機会も増えるけど。このところ、ミャンマー産高透明度翡翠に魅入られていて、ロウカンとか氷翡翠とか、実物を見てみたい。まあ手が届かない値段だろうけど、もしかして氷翡翠の小さなものなら何とかなるかもしれない、などと思った次第。***まあ、すごかった。緑、無色はもちろん、ラベンダー、オレンジもある。ただ糸魚川産...ミニミニ・ロウカン

  • 非宝石系ルース

    ヘミモルファイトもそうだったけれど、普通は鉱物標本として見るような「非宝石系」の石が、ルースになると、意外に素晴らしかったりする。アンダルサイト。アキシナイト。両方とも方向変色(光学的異方性)を見せるので、多様な色がきらきらと現われては消える。実に美しいです。エンスタタイト。大きめルースで、キャッツアイが出る。もともとごつい、いかにも基礎鉱物らしい石だけど、こうやってルースになると、案外稀少石に見える。宝石系のルースというのは、色が鮮やかで透明度が高く、ムラやインクルージョンやクラックがないのが高評価される。そういうものは確かに美しいけれど、逆にちょっと面白くない気もする。これは非宝石系だけど、クロムダイオプサイド。カットルースなんて珍しいと思って、安かったから買った。色は独特の美しさがあるけれど、均一に...非宝石系ルース

  • ヘミモルファイト

    ヘミモルファイトというと、母岩付き結晶が普通みたい。けど、結晶が立派なものは高い。そうでないものは小さかったり、色がはっきりしてなかったりして、欲求不満になりそう。買おうかなと思ってやめていた。ところが先日、夕星庵さんでお手頃値段のカボッションが出た。すごく美しそうなのでぽちっ。届いた包みを開けて、おおっと声が出た。緑の石はいろいろとあるけど、こういう、明るくてしかも強すぎない、繊細なブルーグリーンは、あまり見たことがないような。透明感もある。たいへん魅了されました。結晶ものより美しい、とも。ヘミモルファイト。異極鉱。Zn4Si2O7(OH)2・H2O。亜鉛のソロケイ酸塩。ゾイサイト、エピドート、アキシナイトと同じ双結派。ふうむ。《結晶は特徴的な異極像hemimorphy(両端の形が異なる結晶)を示し、名...ヘミモルファイト

  • ちいと旱魃

    おじぇじぇも、ネタも、気力も、ちいと旱魃でごじゃりまして。石禁かなあ、なんて思ったりもするのだけど、何か面白そうなものが安く出ているとぽちってしまって、むむう。沼ですなあ。ミネラルクエストさんでトムソン沸石が出ていて、なんか妙なものなのでぽちっ。和菓子ですな。美しいとはちょっと言えないかもしれないけど、こういう「何じゃこりゃ」という驚きもまた石の楽しみですね。沸石というのはとんでもない巨大集団だし、変なかっこうのものもいっぱいあるしで、足を踏み入れたらまずい、と思ってきたのですけど、なぜか3つも買っている。これはヒューランダイト。オレンジがきらきらできれい。まあこのくらいにしときましょ、なんて思っても、また……ちいと旱魃

  • ミャンマー産高透明度翡翠【追記】

    翡翠については前に書きました。だいたい白っぽい地に緑や青、時に黒の模様が浮かんでいる。「これが典型」というものはなくて、だいたいそのヴァリエーション。ところがところが。翡翠も奥が深い。ツイッターで糸魚川にある「みどり店」という石屋さんの記事を見ていると、まあいろんな種類の翡翠が出てくる。すごいものだなあと感心します。しかも採集に来た一般人のものでも、多彩だし高品質のものがある。よく石屋さんのサイトで「もう糸魚川翡翠は採れなくなっている」と書かれたりしていますけど、商業レベルではそうなのかもしれませんが、けっこう多くの人がいくつも見つけている。驚きです。行く元気はないけど。で、最近知ったことが二つ。一つは、「ロウカン」というもの。濃くて鮮やかな緑で、透明度が高い翡翠。色としては、中国人が好きなネフライト(軟...ミャンマー産高透明度翡翠【追記】

  • スウェディッシュ・ブルー、蛍光

    ピーポーピーポー。スウェディッシュ・ブルー、蛍光セリ、繰リ(やーめーなさい)UVライト出したついでに、同じガラスのものを照らしてみた。スウェディッシュ・ブルー。既出。鉄精錬所のスラグから出たガラス。そのままで美しい青です。UVライトで照らすと、さらに鮮やかな青に輝く。実に素晴らしい。のですが、変なことが起こった。カメラで撮ろうとすると、光が明滅する。動画はこちら。まあ、ライトの発光メカニズムのせいでしょうけど、少し不気味。しかし、黒曜石といい、スウェ君といい、ガラスなのになぜ?中に含まれる何らかの元素のせいなのだろうけど、ガラスって非晶質だぜ。電子のやり取りみたいなのはないのとちゃうか。あ、オパールも非晶質なのに蛍光するか。アモルフ体の中にある何らかの原子・分子が単独でエネルギー吸収・放出を繰り返している...スウェディッシュ・ブルー、蛍光

  • 黒曜石、蛍光セリ

    黒曜石、蛍光セリ、繰リ返ス、黒曜石、蛍光セリ。(何だよそれは)いや、ちょっとびっくりしたもんで、緊急報告。(大げさな)まさかねえ。黒曜石は火山性の自然ガラス。それが蛍光するなんて。写真は少し偏り過ぎ。肉眼ではもっと全体がぼわーっと薄暗く蛍光する。濃い赤。今日ネットを見ていたらパーフェクトストーンさんが蛍光するアゲートをアップしていた。ほお、アゲートでも蛍光するものがあるんだ、と思って、うちの雑石箱を照らしてみた。標本のカケラやアゲートの磨きさざれなんかが入っている。(カケラって壊したんか?)コーラルアゲートの中に、少しだけ光るものがあった。まあ蛍光と言うほどのものではない。ところがその横で、ぼんやりと赤い光を発しているやつがいる。明かりをつけてみてびっくり。君は黒曜石ではないか。この黒曜石、あちきの唯一の...黒曜石、蛍光セリ

  • イエロー・サファイアあるいはゴールデン・サファイア

    ずっと、サファイアというのは青だと思っていた。赤いのはルビー。でもネットを見ていると、いろいろな色のサファイアがある。へえ。コランダム(酸化アルミニウム)のうち、赤いのはルビーで、後のは全部サファイアと呼ぶらしい。初めて聞いた時は「は?」と思いましたね。だったら青いのはサファイアにして、別の色のはまた別の名前にしたらいいだろうに、と。まあそんなことするとトルマリンやガーネットみたいに「名前大杉」になるか。緑、紫、黄色、ピンク、さらにはバイカラーつまり二色入りなんてのもある。アイスクリームの世界みたい。「ブルーベリー何たらにチョコミント何たらのダブルコーン」なんてよく食べるよなあと呆れていましたね。(何の話だ)で、過日、ミネラルクエストさんで石を見ていたら、サファイアのミニミニルースセットの中に、妙な色のも...イエロー・サファイアあるいはゴールデン・サファイア

  • 玉川温泉産北投石

    北投石については以前書いたけど、あれは温泉沈殿物をセラミックで焼き固めたもので、鉱物標本ではない。まあ健康グッズというか、お守りというか。しばらく付けてみたけど、特に変わったことはなかった。で、玉川温泉産北投石というのがあったので、買った。北投石Hokutoiteというのは、ややこしいので詳しくはウィキを参照。手短かにまとめると、・鉛を含む重晶石(バーライト)。(Ba,PB)SO4でBa:Pb=4:1程度。独立鉱物種ではない。鉛をほとんど含まないものもある。希元素、特にラジウムをごく微量に含み、放射能を持つ。・台湾の北投温泉と秋田の玉川温泉でしか産出しない。・温泉沈殿性の鉱物、つまり「水が作る鉱物」だが、生成の仕組みははっきりしない。・色は褐色から白色で、時に微斜方晶の結晶を見せる。・台湾でも日本でも特別...玉川温泉産北投石

  • アウイン&サニディン&オージャイト

    パーフェクトストーンさんから。《アウィン母岩付き原石ドイツ(IndenDellen,LaachLakeVolcano,Niedermendig,EifelMts.)産本品は長石のサニディンと普通輝石のオージャイトを母岩にして共生するアウィンの原石です。アウィンは長波紫外線でピンクや赤に蛍光します。》アウインは既述。4ミリ~1ミリの分離結晶を持っているけど、まあ嘆きたくなるほど小さい。色はすごいのにね。「母岩付き」もあちこちで見るけど、あんまりきれいな感じがしなかった。これもパスするつもりだったのだけど、けっこうきれい。そして共生がサニディンとある。この頃カリ長石が気になっていたので、いいじゃん、と思ってぽちった。サニディンじゃなかったら買わなかったと思う。アウインはここでは2ミリに満たないものだけど、わち...アウイン&サニディン&オージャイト

  • ダルネゴルスク産カリ長石&水晶

    ううむ。また長石。ややこしいやつ。以下前置き。うざければ飛ばしてください。(自分でも覚えてないんでしょw)長石には①カリウム長石②ナトリウム長石③カルシウム長石があって、この①と②、②と③がまじゃり合って複雑になる。既述。①と③はまじゃらないんですな。なぜなのかは知らない。まあこの上まじゃられては話がもっとややこしくなってかなわん。「このくらいにしといてやろう」と長石は言っています。(いません)オリゴクレース、ペリステライト、アンデシン、ラブラドライトは②と③の混合。「斜長石」、プラジオクレース。(お、覚えたねw)ムーンストーンやサンストーンはここですな。①および①と②の混合は、「カリ長石」、Kフェルスパーと呼ばれる。オーソクレース、マイクロクリン、サニディン。商品名としてアマゾナイト、アデュラリア、氷長...ダルネゴルスク産カリ長石&水晶

  • ぎんぎら金属石

    ガレナ。方鉛鉱。有名な石だけど、あちきはこういうガチガチ金属みたいな石は持っていなかった。せいぜいセルサイト(白鉛鉱)くらい。Comroseという石屋さんのサイトを見ていたら、黒くビカビカ光る原石がお手頃価格で売られていたからぽちった。まあ、びっくり。ぎんぎらぎん。さりげなくない。(古っ)セルサイトのぴっかぴかもすごかったけど、輪を掛けてビカビカ。地が黒というのもいい。心を射抜かれるぜい。(何だよそれは)動画はこちら。Galena。ガレナ、ガレーナ、ガリーナ、ギャリーナ。(うざい)古代ローマの博物学者大プリニウスによって、「鉛鉱石」を意味するギリシャ語から名付けられた。って、鉛鉱石に鉛鉱石という名前を付けるっておかしくね?(いやそういうことではなくってだな)古ギリシャ語はやたら伸ばす言語なので「ガーレーン...ぎんぎら金属石

  • ボー石

    っていう名前はないだろうと思う。なんかボーッとしちゃうぜ。(うわつまらん)Vauxite。忠実に表記するならヴォークサイト。まあヴォーキサイトでも。今は亡き「ホシノカケラ」のanfelさん(殺すな)はヴァークサイトと書いていたけど。アルミニウムの原料として誰でも知っている「ボーキサイトBauxite」とは1字違い。こっちが正式なボー石だ。ただしこちらは混合鉱物。19~20世紀のアメリカの収集家GeorgeVauxJr.にちなんだ命名。もともとはフランス語系の名前で「ヴォー」さんでしょう。けどアメリカ人名なのだから「ヴォークス石」とか、せめて「ボークス石」とかにしたらよかったのに。組成はFeAl2(PO4)2(OH)2・6H2O。鉄とアルミのリン酸塩鉱物。アパタイト(燐灰石Ca5(PO4)3(F,Cl,OH...ボー石

  • ブラジリアナイト

    コレクション、というほどのものでもないけど、まあ集めたものをちょっと整理していた。高級品なんぞはないけど、数はけっこうになった。好きなものだから、全部覚えている。これは何、と即座に言える。数百あるのに大したものだ。というつもりだったのだけど、二つ三つ、ん?というものが出てきた。年かねえ。いやですねえ。(まあしょうがないさ)その一つがこれ。何だったっけなあ、と頭をひねり、写真データをひっくり返してみて、ようやくわかった。ブラジリアナイト。セルフクリエイションさんで別の石と一緒に買ったのだけど、忘れていた。(ひどい)セルフさんはちゃんと名札付きのケースに入れてくれるのだけど、ケースを小さいのに替えたからいけない。1945年にブラジル、ミナスジェライス州で発見された比較的新しい鉱物。やや稀産。無色ないし黄、緑を...ブラジリアナイト

  • 石の魂

    日本人は石を「景色」として見るという話(妄想?)を書いたけど、もう一つ雑談を。(いつだって雑談だろw)石好きの人たちはよく「この子」「お迎えした」「お嫁に行った」などと言います。まあジャーゴン(特定集団内語彙)とも言えますけど、あながちそうとばかりは言えない。やっぱり日本人はどこか心の奥底で、石にも魂があると見ているのかもしれない。よく日本人の宗教性とか神道とは何かとか議論されますけど、そういう時に多くの人が見落としていることがある。それは「自然霊」という存在。自然霊という概念は非常に広い。天候も、季節も、山野河海も、石も草木も、全部、「霊的存在」であって、崇拝や畏敬の対象である。竜神は天候や山河を、土公神などは土地を、稲荷大神や宇賀神は米を、各地の山の神は山とその麓の地を、水神は川や泉・井戸を、それぞれ...石の魂

  • 蛍光の王様?

    蛍光の王様じゃい!(またつっぱってw)世に蛍光する石は多いけれど、こんな蛍光、ありますか?(これ、二度目だろ)ただし写真は若干派手に写っている。白い蛍光があるように写っているけれど、肉眼では白は見えない。動画はこちら。「こんなん持ってるんだぜ、すげえだろう」と自慢したいわけではないのです。まだたくさん売ってるし、安いものだし。そうではなく、「こんなんあり?」という腑に落ちなさ。フローライトはよく蛍光しますけど、一つの石でこれほど多様な色に蛍光するなんて、あるんですかねえ。2色くらいだったらツイッターで見たことありますけど。過日、キラリ石さんで、これと色や模様がよく似ている、小さめの六角柱が出たことがあって、「蛍光しますか?」ときいてみたところ、しません、と。ますますわけわかめ。もしかしてこれ、蛍光実験のた...蛍光の王様?

  • フランクリン鉱混合岩石

    幅2センチほどの小標本。けど、これが盛り沢山。黒いのはフランクリナイト(Frankliniteフランクリン鉱(Zn,Fe,Mn)(Fe,Mn)2O4)。磁鉄鉱(Fe3O4)の亜鉛置換体、マンガン入り。白いのがマンガンカルサイト。単体だとけっこう人気があって高い石。ピンクのがウィレマイト(Willemite珪亜鉛鉱Zn2SiO4)。ネソケイ酸塩(与党単独派)でオリヴィン(橄欖石)と近い。これもマンガンによる着色。アメリカのニュー・ジャージー州スターリング・ヒル鉱山産。ほぼここだけで採れるらしい。亜鉛鉱床の酸化帯が変成作用を受けてできたものと考えられている、とのこと。フランクリン鉱もマンガンカルサイトもけっこう稀産もの。それがこんなふうにセットで出るなんて、相当じゃないですかね。こういうまじゃり石というのはな...フランクリン鉱混合岩石

  • 消失

    ちょっとショック。愛読していた「PiecesofEarth-ホシノカケラ」というサイト(annfell.angelhigh-law.com)が、なくなってしまいました。ついこの間まで見ていたのに、見ようとしたら、ない。このサイト、著者名もなく、サイトの説明もない、わけのわからないサイトでしたけど、内容が素晴らしかった。様々な石の美しい結晶写真、そして基礎的な情報を含めた的確な説明。時に取得の経緯といった個人的な内容も織り込まれていましたが、それもまたいい情報でした。よくある「こんなん持ってるんだぜ、どうじゃい」というような披歴ではなく、石の頂点的な姿と基礎情報を、そしてしばしば間違った情報が間違っていることを、広く伝えようという「使命」を持っていた人でした。新米のあちきはこのサイトを繰り返し閲覧して、いろ...消失

  • 花崗岩は意外と奥が深い

    花崗岩のことでも書こうがん。(がんって何だよがんって)まあ実に何とも。何というか。(何だよ)よく見ます。特にお墓で。(またかよ)石垣や建材なんかもある。山の頂上にある三角点なんかも花崗岩が多いようで。それもそのはず、この石、地殻。近くにあるからよく見る。(いいかげんにしなさい)しかし地殻と言っても単純ではない。花崗岩は「大陸地殻」の主要岩石。「海洋地殻」は玄武岩で別。玄武岩というのはあまり見ないですな。地殻なのに近くない。(……)地球は、マントルの上に地殻があって、あちきらはそれに乗っかっている。この地殻はどうやってできたのか。以下、前に上げた『三つの石で地球がわかる』(藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス、2017年)を参考にしてます。海洋地殻は玄武岩。中央海嶺という海底の裂け目から、マントルが変質してで...花崗岩は意外と奥が深い

  • ドロマイト&ドゥルージー水晶

    かの有名な、ダル寝ゴロ介(よしなさい)すみません、ダルネゴルスク産の鉱物があちきのもとにやってまいりました。パーフェクトストーンさんより。いわく、《ダルネゴルスク産の鉱物は奇妙な形をしたものが多いので世界的に有名です。》まあ今問題になっている国なので、ちともやもやはあるけれど、それは置いておいて、珍石・奇石の宝庫。パフェさん(その略称はないと思うよ)はここの石をたくさん扱っている。鉱山でも持っているのか。(さすがにそれはないw)まあ、ほかにもトルコだのフィンランドだの、ディープな場所からディープな石を仕入れてくる、すごいお店です。《ダルネゴルスク産ドロマイト&ドゥルージ水晶&水晶ポイント。ロシア・極東連邦管区・ダルネゴルスク(第2ソビエト鉱山)産。本品は普通の水晶ポイントの外側に細かいドゥルージ水晶とさら...ドロマイト&ドゥルージー水晶

  • 蛍石仮晶青玉髄

    すごい名前ですねえ。こうやって漢字並べるとものすごくいかつい。英語風に言うとブルーカルセドニー・アフター・フローライト、もっと正確に言うなら、ブルーカルセドニー・シュードモーフ・アフター・フローライト、かな。(うざい)ルーマニア産。HappyGiftさん産。(それは産じゃないw)あちきにはほんの少しお高め。こちらの石屋さんはけっこう高級品が多い。(君の標的価格帯が低すぎるのではないかね)真上から見ると、マット。輝きがない。鉱物のくせに何もそこまでマットにならんでもいいだろうと思うくらい。しかし斜めから見ると、所々に結晶面の輝きが見える。けれど面の角度がまちまちのせいか、一斉に光りはしない。あちゃこちゃでゲリラ的に、やる気のなーい感じで光る。色はシルキーな薄水色でとても美しい。そして側面の断面を見ると、水色...蛍石仮晶青玉髄

  • グリーンファントム?

    こっそり更新。(何だよこっそりって)前に、五反田さんでものすごく美しいフックサイト・イン・クォーツのビーズが1粒3万円以上するのに腰を抜かしたことは書きました。で、これ。21粒だから60万円、ではなく、900円。(は?)ちょっとフックサイト・イン・クォーツっぽいでしょ。誰かから「はい、これフックサイト・イン・クォーツよ。1粒1万円」と言われたら、未熟なあちきは信じてしまいそう。買わないけど。(買えない、だろ)でも、もち、フックサイトではごじゃりません。じゃあ何か、と言われてもわからない。売り名は「グリーンファントム・クォーツ」。まあこの石屋さんはちょっと名前が厳格ではない傾向があるので、致し方ない。そう、天然石業界のダイ〇ーさんです。ファントム・クォーツではごじゃらん。おそらくクローライト混じり水晶。でも...グリーンファントム?

  • レインボー・スキャポライト

    また不思議な、魅力溢れる石に出会ってしまいました。(また浮気ですかw)前々からあるサイトで見かけて気になっていたのですけど、先日、アトリエ柚凪という石屋さんの1周年記念セールで半額で出ていたので、ぽち。ラッキー。レインボー・スキャポライト。ぱっと見は、アンダルサイトかアキシナイトを思わせる渋い赤茶色。ところが強めの光を当てると、その中に筋状の七色の光が妖しく輝く。角度を変えると光は変転し、万華鏡のよう。ムーンストーン/ラブラドライト系の構造色とは違う。オパールの遊色とも違う。動画はこちら。どうも、中に繊維状のインクルージョンが織り込まれていて、それが虹色に輝くらしい。繊維状インクルージョンといえば、おおむね「キャッツアイ」とか「スター」。けれどそれらは七色に変転はしない。じっくり観察すると、ある箇所はある...レインボー・スキャポライト

  • スナイプ成功

    フォッフォッフォッ。(よしなさい気持ち悪い)オジジの震える手でも、「スナイプ」ができた!スナイプというのは、超人気サイトで人気商品が出ると間髪を入れず買うことね。予告されていたり人気が高いものだったりすると、秒単位で勝敗が決まる。まあ普通もたもたしているあちきなんぞには無理なのだけれど。しかし今回は、予告を知って、待ち構えていて、あたふたと手続きをした。クレカ番号などを入れていると手遅れになるから振込にしたりして、工夫もした。(すいぶんリキ入っているね)で、憧れの石をゲット。じゃーん。(大げさだよ)一番ややこしい名前と言われる石。フォフフォフィファイト。(全然違う)すいません。フォスフォフィライト、Phosphophiliteです。アニメが何たらとかで(意味わからん)有名になって、稀産なので超人気。高い。...スナイプ成功

  • 地球で最も多い石

    クイズです。全地球で最も多い石は何でしょう。けっこう難しいクイズかもしれない。まあこれちょっとレトリックのトリックがあって、「多い」は体積比、「石」は「鉱物」「元素」ではない。まあそれでも圧倒的に「一番多い石」があって、そのことは一般にあまり知られていない。それは何でしょう。(勿体ぶるな)答えは「橄欖岩」。(あら)普通「最も多い石」というと長石あたりを思い描くけれど、実は橄欖岩。地球全体積中、なんと82.3%が橄欖岩。玄武岩は1.62%、花崗岩0.62%、金属15.4%。これで99.94%となる。余の岩石は0.06%ということになる。なんでこんなことになるのかというと、「マントル」があるから。マントルは橄欖岩からできている。だから量がめちゃめちゃ多い。「そりゃずるだぜ」「マントルって岩石と言えるのか?」と...地球で最も多い石

  • 磨き石讃

    石の美へのアプローチはいくつもあるようでして。宝石が代表するように、色と輝きを求める道。まあ非常に正統的なものかも。もう一方に、石の生成の姿を見せている母岩付き標本を愛でる道もある。玄人っぽい感じ。さらには両方を求めて、母岩付きの美結晶を、という道もある。おお贅沢。今はツイッターなんかでもこういうのが主流のような感じ。皆様、審美眼も経済力もえらくハイレベル。すごいものです。あちきはどれも好きです。どれかに絞れないからコレクションがとっ散らかって困る。いや困ってはいない。(まあカオスだね)それらに比して、「磨き石」、特に不透明なものを愛でるのは、少しマイナーっぽい感じがある。タンブルにせよ、丸玉やエッグにせよ、ビーズやカボッションにせよ。宝石派からは「キラキラしてないじゃない」と言われ、標本派からは「半人工...磨き石讃

  • 石屋さんあれこれ

    (失礼ながら敬称略)昔2ちゃんねるの書き込みで、「石を拾ってきて並べておくと売れる」というのを見たことがある。ただの石でも買う人はいる。多くの人は石というものが好きなのでしょう。天然石販売業の人・会社は世に多い。フェアとかショーとかに行くとびっくりする。もちろんただの石を拾ってきて売っているわけではない。それなりの経験や知恵があるからやっていけているわけで。しかし、基本的には誰でもできる。免許や認可がいるわけではない。ある古い人の話では、昔は「物品税」というのがあって、宝石商も商品の宝石も登録制でいちいち申告が必要だったらしい。宝石以外の天然石はどうだったのかは知らない。古物商扱いかな。まあ、今は誰でもできて、ネットを使えば匿名や片手間でもできる。コレクターがコレクションをぽちぽちと売っているケースもある...石屋さんあれこれ

  • 日本最初の石コレクターは誰か

    宗教的な意味づけを持つ石(縄文の石棒、神社のイワクラなど)やアクセサリー(勾玉など)を別にして、日本人が趣味として石を愛でたのはいつ頃からか。そんな疑問を持ってやんわりと調べてみた。どうも、日本最初の天然石コレクターは、後醍醐天皇(1288-1339)らしい。文献に残る限りでは。「異形の天皇」ね。相貌はあんまり特徴がないみたいだけど。彼は王政復古に猪突猛進する傍ら、中国文化に傾倒し、様々な文物を入手・蒐集し、時に人に惜しげもなく配っていたという。その中に多数の「石コレクション」があった。いつもたくさんの石を持ち歩いていて、隠岐に流された際には、世話になった地元民たちにも石を分け与えたという。彼ら平民たちにすれば「こんなん、うちの畑にいくらでもあるぜよ」という感じだったろうけれど。外国から買い込んで蒐集する...日本最初の石コレクターは誰か

  • いいものが、あたったあ

    (なんちゅうタイトルだよw)抽選に当たるなどという経験は130年生きてきて(妖怪か?)たぶん二度か三度しかない。宝くじなんか当たらないしね。(君はそもそも買わないだろw)先日、ツイッターでプレゼントキャンペーンがあって、応募しました。「フォロー&リツイート」というお手軽な方式。ごく時たまやっております。そしたら、godogstoneという石屋さんのプレゼントになんと当選してしまいました。この石屋さん、なんと、「レインボー・ラブラドライト」専門店。「ラブラドライ党」を掲げて、この石の魅力を広く伝えようとしているらしい。何度か書きましたけど、あちきもムーンストーンから導かれて、この七変化の魅力に取り憑かれているところ。このお店のことはつい先頃知ったのです。すごいじゃん、と思って注目しているのですけど、毎日更新...いいものが、あたったあ

  • ブルードロマイト

    (追記して再投稿)ブルーシェーライトのことでドロマイトという石を再認識したのだけど、セルフさんで透明度のあるブルードロマイトというのがあったのでぽちってみた。コロンビア、ボヤカ産。かすかに紫がかった淡い青、あるいは淡い藤色。中のクラックで虹色も輝く。ドロマイトは鉱物ドロマイトにしろ岩石ドロマイトにしろ、基本鉱物らしく重々しいものが多いような感じ。こういう透明なのはレアではないかしら。前も書いたけどこういう「あるかなきかの」色って、またいいものです。【追記】これはどうも「フェロアン・ドロマイトFerroanDolomite」のようです。「PiecesofEarthホシノカケラ」に同じ産地の似たものが載っていました。もちろんあちらの方がずっと高質品でしょうけど。いわく、《淡い水色がなかなかに綺麗な鉱物ですが、...ブルードロマイト

  • サンストーンわけわからん

    サンストーンという名称も、ムーンストーンと同様、わけがわからない状況になっているようで。正統なものは、赤いオリゴクレース(灰曹長石)にラメ(アベンチュレッセンス)が入ったもの。インド産。ラメはゲーサイトないしヘマタイト。けど、長石の種類が違ったり、アベンチュレッセンスの出方が違ったり、アベンチュレッセンスがなかったり、果ては色が違っていたりしてもサンストーンと呼ばれる。は?ホシノカケラ著者さんいわく、《サンストーンは特定の鉱物の名前ではなく、斜長石の中でも光り輝く「アベンチュリン効果」を持ったものを指す名称です。もっとも一般的なものは、南インド産のオリゴクレース(灰曹長石)にゲーサイトが入り込んだ写真のようなものです。近年では、オレゴンから産出する透明度が高いラブラドライト種のサンストーンや、コンゴで産出...サンストーンわけわからん

  • 生駒山産鳴石

    珍奇鉱物、珍石奇石の一つと言えるかもしれない。(なんかトレンド意識してる?)たまたまです。生駒山産鳴石。セルフクリエイションさんより。そこそこの値段。まあ天然記念物だしね。ちなみに天然記念物を売買したからといって、即違法というわけではない。指定地域の採取は禁じられていることが多いけど、周辺とか、オールドストックなら問題ない。桜石だって周辺地域採取のものが売られているしね。北投石なんかもたまに市場に出る。「鳴石は戦前ごろまで宝山寺参道で土産物として売られていた」という話もある。(はいはい弁解乙)左右約80ミリ。美しいとはちょっと言いづらい。あちきもぽちろうとして手がいささか迷った。「ゆかり」の塊に小石が混ざったみたい。「ゆかり」って三島食品登録商標で、全国シェア90%を誇るらしい。すごいね。(余計なことを)振ると...生駒山産鳴石

  • ウォーターオパール

    クリア・レインボー・ラブラドライトに惚れ込んでいるのですけど、じゃあ、やはり虹色の光を見せる透明なオパールはどうなのか、と。オパールはカミさんが好きでいくつか持っている、つか買わされたのですけど、あちきはもうひとつ趣味ではない。オパールには種類がいろいろあって奥が深いし、全体的に高い。危険だから近寄らないようにしていたのです。で、KARATZさんのサイトを見ていたら、美しそうなのが、珍しく手の届く値段で出ている。あわててぽちりました。こやつ、写真に撮るのが無理。拒否している感じ。見た目はもっとすごい。まあ、実に美しい。お安いから小さいけれど、透明で大きなクラックもない。そして「遊色」。赤橙黄緑青藍紫、全部ござる。しかも鮮やかでかっきりしている。正直、驚きました。これまで買ってきたオパールとはまた違う。やっぱり透...ウォーターオパール

  • ウォータークリア・レインボー・ラブラドライト

    なんていう名称はないんですけどね。(勝手に作るなw)でも、造語をしたのはわけがあって。ぽちぽちと、うろうろと、よれよれと(うるさい)石集めをしてきましたが、石の魅力には様々な種類がある。色とか、省略(けっこう)で、あちきが一番魅了されたのは、カラーチェンジでした。カラーチェンジというのはとてもずさんな概念でこれにも色々種類がある。既述、省略。あちきが好きなのは、「透過光・方向変色」。これを教えてくれたのがアイオライトで、中でも「丸玉」の透過光方向変色には驚嘆したのでした。そして同じく透過光変色を見せるアンダルサイト、アキシナイトなども、好きな石となりました。さらにそれを突き詰めたのが、コーネルピン。「プレオクロイック・コーネルピン」ですね。そんな名称はないけど。(また造語かよ)強い光でなくても、石の色が様々に変...ウォータークリア・レインボー・ラブラドライト

  • アメジスト再び ベラクルスとブランドバーグ

    アメジストについては前に取り上げていて、こんなことを書いてました。《もしアメジストがもっとレアな石だったら、たぶん法外な値段になって、四大宝石に並ぶ宝石になっていたでしょう。石作りの神様が、貧しき人でも石の美を楽しめるよう、アメジストをたんまりと作ってくれたんじゃないか、なんて気もするんです。》超高額品もあるけれど、涙が出るほど安いものもある。「万民の宝石」と言えるかもしれませんな。で、そのアメジストの中でも、超有名、泣く子も黙る(もうその言い回しやめいや)のが、これ。「ベラクルス・アメジスト」メキシコの名産地。もっともクリスタルワールドさんもVecStoneさんも「ベラクルスで出るものがすべて美しいわけではない」と書いている。まあそりゃそうだ。Vecさん曰く、《安山岩の空隙に出来た美しい結晶で、「ベラクルスア...アメジスト再びベラクルスとブランドバーグ

  • 緑水晶

    インクルージョンもので水晶に足をちょびっと踏み入れて、青水晶に進んだところで、別の水晶が目に止まった。いつものようにネットを彷徨っていて、名取貴石さんのサイトに行ったら、どうも気になる形と色をしたものがある。見ると「荒川鉱山産緑水晶」とある。何か妙に美しい。まあ青を買ったのだから緑もいいでしょう(何だよそれ)ということで、ぽちった。割とお安い。いや、実に美しい。芽生えて拡がったような姿もいいし、結晶先端の淡く透き通った緑がぞくぞくする。全体的には半透明なのだけれどその白もいい。写真がへたでなかなか表現できないから、数で攻める。この儚い緑は、ユークレースとかオージェライトと相通じるところがある。どうもあちきはこういうの好きらしい。名品を見慣れた人たちには何ということもなく映るかもしれないけれど、あちきにとっては、...緑水晶

  • 青水晶 番外

    と、青い水晶をめぐって右往左往していたら、原宿さんで「ブルークォーツ」と銘打たれている石を見つけた。ブラジル産とのこと。ううむ。不透明。駐車場の石と言われても違和感はない。(今時駐車場に石を敷いている所はないだろうよ)よくよく見ると青がなかなか美しく、少し透明度がある部分もあるのだけれど、まあこれを買う人はいないだろう。しかしあちきは安かったので買ってしまったのでした。(悪癖だね)何が含まれているのかは不明。基体の鉱物も果たして「水晶」と言えるかどうか。カルセドニーという感じではないけれど。まあこういうのもまた面白いものだと思うのです。***先日、浅草で石フリーマーケットというのがあったので行ってみました。大ドジの話は前に書いた。違う列には並ぶし、石の名前は忘れるし、まったくあほなお話。そしたら、CurryMi...青水晶番外

  • 青水晶③ トロレアイト・イン・クォーツ

    トロレアイト。Trolleite。Al4(PO4)3(OH)3、アルミの含水リン酸塩。あら、オージェライト(Al2(PO4)(OH)3)、ヴァリサイト(AlPO4・2H2O)と近いね。どこかで「ラズライト・イン・クォーツの特殊種をトロレアイトと呼ぶ」という記述を見たことがあるけど、それは間違いで、ちゃんと単体の鉱物。淡緑、無色、ブルーグリーン、インクルージョンでは濃い青。とmindatにはある。何でこんなに色が変わるのかは不明。オージェライトはライトグリーン、ヴァリサイトはいろいろあるけど主に緑。ううむ。名前は北欧の妖精「トロール」(troll、trold)に由来すると思いきや、全然違う。1868年にスウェーデンで発見され、化学者兼司法長官のハンス・ガブリエル・トローレ・ヴァハトマイスター(1871年没)にちな...青水晶③トロレアイト・イン・クォーツ

  • 青水晶② ラズライト・イン・クォーツ

    Lazulite。一番ややこしい名前の石。同じラズライトでもLazuriteというのがあって、全然違う石。同じ青だけどRのラズライトはソーダライト・グループで、ラピスラズリの構成鉱物。和名は青金石。こっちのLラスライトは、それ自体グループ名になっている。MgAl2(PO4)2(OH)2。マグネシウムとアルミニウムのリン酸塩鉱物。アルミのリン酸塩にはいろいろあるけど、後述。和名は天藍石。けどね、この和名も藍方石(アウイン)、天青石(セレスタイン)とまじゃりっぽくて、覚えにくい。LラズライトもRラズライトもあまり売っていない。ややこしくて石屋さんが嫌がっているのだろう。(そんなことあるかよ)あるいは売る時に和名で売らなければいけないのでダサく思われるのが嫌なのかもしれない。(ねえよ)見た目もけっこう似てるし、いっそ...青水晶②ラズライト・イン・クォーツ

  • 青水晶① デュモルチエライト・イン・クォーツ

    色のついた水晶というのはいろいろありまして。紫:アメジスト黒:モリオン黄:シトリン、レモンクォーツ茶:煙水晶赤:タンジェリーナ、ヘマタイト/レピドクロサイト/カコクセナイト入りなど色がついてなきゃ面白くない、というのか、色がついてるのもまた面白い、というのか、色がついてるのは別物、というのか、まあいろいろな意見があるでしょう。けど、緑と青というのは、あまりない。天然石で緑や青というのはけっこう多いのに、水晶が遠慮したのか。(しねーよw)緑ではフックサイト入りというのがあるけど、レア。高い。一回五反田さんで12ミリくらいのビーズを見たことがある。惚れ惚れするほど美しかったのだけど、1粒で3万円以上。は?の世界。入り立てで一際高かったらしい。クローライト入りで薄緑に染まっているものもある。けどだいたい中に濃い緑の結...青水晶①デュモルチエライト・イン・クォーツ

  • 反射光+透過光

    この前アイオライトサンストーンで、ラメをきらきらさせつつ、アイオライトの青い透過光も見るというのをやったけど、うむ、これはなかなかいいアイディアだと思ったのです。(好きだねえw)で、別の石をやってみた。アメジスト丸玉。すでに通常反射光と「下から照明」透過光については既述。反射光だと、中のクラックに虹がきらきらと輝く。透過光だと不思議な藤色が発散する。どちらもいいけど、反射光+透過光で見るとどうなるだろうと思ってやってみた。写真だとうまく出ないのだけど、クラックの虹のきらめきもあり、透過光の藤色発散もあり、通常光の紫もあり、と、実に欲張りな姿になりました。ぱちぱち。(拍手は余計だ)反射光+透過光

  • お塩のお話(付・ナトリウム鉱物、蒸発岩)

    「なぜ海水はしょっぱいの?46億年前にさかのぼると分かる理由」という記事がネットに出ていたので覗いてみた。新聞記事なのでいろいろツッコミ所はあるけど、ちょっと好奇心が刺激された。《現在の海の塩分濃度は平均3・4%。内訳は、塩化ナトリウム78%▽塩化マグネシウム9・6%▽硫酸マグネシウム6%――などだ。大河が流れ込むオホーツク海では3・09%と薄まる。反対に、アラビア半島とアフリカ大陸の砂漠地帯に挟まれ、水は蒸発するものの川の流入がない紅海は3・88%と高い。ただ、海水の成分の構成比は、どこでもほぼ一緒なのだという。》《「塩分は川などから流入する一方で、生物の体に取り込まれて沈殿し、プレートの境界内に引きずり込まれていくものもある。海水中に流れ込む量と離脱する量が釣り合っているので、海の成分は変わっていない」》お...お塩のお話(付・ナトリウム鉱物、蒸発岩)

  • 天草石でした

    前記事の石、ツイッターで聞いたら石屋さんからご返信がありました。名前は天草石。《熊本県天草下島(しもしま)の西海岸で、陶磁器製造用の原料として、17世紀末以来採掘されている陶石。日本でもっとも良質のものといわれ、天草陶石ともよばれる。石英を主体とし、絹雲母(きぬうんも)やカオリンを伴う白色、緻密(ちみつ)な岩石で、白亜系に貫入したガラス質流紋岩が熱水変質作用を受けて陶石化したもの。》「日本大百科全書」販売元はGemsR+さんで、そこで研磨制作したオリジナル商品だそうです。飾り台付きでおしゃれ。なんか古い中国の山水画のようで、とても面白い石です。天草石でした

  • 忘れた

    浅草石フリマに行ってきました。フリマというのは初めて。何たら会館に入ってエレベーターに乗って、人の流れに乗って並びました。「おいこれじゃ入場に1時間掛かるぜ、石フリマってこんなに人気があるのかよ」もうやめようかと思いつつ、30分ほど並んで、ふと気が付いて前の人に、「これ、何の行列ですか」と聞くと(あほか)「アクアリウム・フェアです」唖然。階が違うではないか。(ごくろーさんw)やれやれ。やり直し。上の階に行ったらすんなり入れた。まあそこそこの人出。お目当ての一つは、HALさんという人のブースで、この人、ツイッターでコレクションを上げているのだけど、どれもすごい。特にエピドートの美しいクラスターを見た時は唖然としたのでした。あちきのツイッターでリツイートしてますのでご覧ください。出だしが大チョンボだったのでよれよれ...忘れた

  • アイオライトまたまた

    アイオライトをめぐってはいろいろと迷走してきました。「方向変色」では、「丸玉」に辿り着いて、「これぞ究極のカラーチェンジ」と感激しました。回転台が来てからは、普通のアイオライトの方向変色も楽しんでおります。(好きだねえw)で、それで終わりかと思っていたのですけど。(君もしつこいねえ)これは「アイオライト・サンストーン」。この頃いろいろな所で見ます。この名称に関しては疑義があるのですけど、まあそれは書いたので。要するに「アベンチュリン・アイオライト」ないしは「ラメ入り」アイオライトですね。サンストーンつまり長石の成分が入っているわけではない。「要するに、サンストーンのアイオライト版でしょ。地の色が赤でなく濃紺になっただけ」と思っていて、まあ値段もそこそこするので買わずにいました。うちにも一応アイ・サン(その略はな...アイオライトまたまた

  • スウェディッシュ・ブルー

    ガラス。といってもちょっと奇妙なガラス。人工の「ガラス製品」でもないし、自然の火山性ガラスでもない。製鉄の際に生じる残滓。鉱滓・スラグ・金屎(かなくそ)。そこから「発掘」されたもの。夕星庵さんより。えらく安かった。「発掘」の経緯はだいたい次のようなもの。「スウェディッシュブルー・ジュウェルリー」より。スウェーデン中央部のベルグスラーゲン(Bergslagen)では、13世紀から19世紀中葉まで近世的な手法による製鉄が大規模に行われてきた。1873年には646の鉱床で82万3000トンの鉄鉱石が生産されたという。1960年代にある金細工師がその近世的精錬遺構から青い石を発見し、ジュエリーを制作、「Bergslaggsten」という名で人気となった。その後、「発掘」はさらに進み、2006年にストックホルムの鉱物業者...スウェディッシュ・ブルー

  • ブルーシェーライト

    先日、また夕星庵さんの更新を見ていたら、聞いたことのない石があった。ブルーシェーライト。青が入った縞模様の石。お店の説明では「トルコ産の美しいブルーの模様が魅力的なストーンです。ドロマイト・カルサイトが混じっています。茶色の部分はシーライトです」とある。シーライトないしシェーライトは灰重石。聞いたことはあるけど見たことはない。美しそうで面白そうで、何より安かったのでぽちった。すごく期待していたわけではなかったけれど、実際見てみたら、なかなかいい。いや、かなりいい。大きさは一辺2センチほど。しかし「ブルーシェーライト」という名前なのに、シェーライトは茶色?はて。英語版のETSYというサイトにはもう少し詳しい説明があった。《「ラピスレース・オニキス」「ラピスレース・マーブル」とも呼ばれ、トルコ産の美しく、非常にまれ...ブルーシェーライト

  • アポフィライト

    Apophyllite。魚眼石。KCa4Si8O20(F,OH)・8H2O。洋名は「apo=離れる」「phyllon=葉」から。加熱すると薄く割れるらしい。和名はてかてかの光から。けどねえ、あまりいい語感ではない。「行く春や鳥啼き魚の目は涙」という有名だけどよく意味のわからん句があって、それを思い出す。少しきもい。よく売られている。特に緑のものは人気が高い。そして値段も高い。あちきも最初は、緑のを買った。高いから小さい結晶。淡い緑がきれいで、表面の輝きもいい。まあそれでいいかと思っていたのだけど、前にも書いたように、その後五反田さんで透明なチビ結晶クラスターが安く売られていたので買った。このきらきらは、結晶表面が真っ平らではなくて微妙な高低があるから起こるみたい。フィロ珪酸塩で雲母と同派閥。その面状結合のせいか...アポフィライト

  • ソーダライト

    ソーダライトというのは、めんどい。単独の鉱物名であると同時にグループ名でもある。こういうのやめてほしい。(文句多いぞw)ソーダライト(Sodalite方ソーダ石、方曹達石)Na8(Al6Si6O24)Cl2。アルミノ・テクトケイ酸塩で準長石。立体派ね。カイヤナイトの塩漬け。(違うっつの)で、その同族に・ラズライトR(Lazurite青金石)(Na,Ca)8(AlSiO4)6(SO4,S,Cl)2・アウイン(Hauyne藍方石)(Na,Ca)4-8Al6Si6(O,S)24(SO4,Cl)1-2・ノゼアン(Nosean黝方石)Na8Al6Si6O24(SO4)があって、これらがまじゃるとラピスラズリができる。さらにちょっと異色の仲間に・ハックマナイトNa8Al6Si6O24(Cl2,S)・トゥグトゥップアイトNa...ソーダライト

  • インクルージョン・クォーツ

    インクルージョン・クォーツというジャンルがあります。けっこう人気っぽい。水晶が別鉱物を内包していて、色や模様が出る。時にはきんきらきんの針や「マリモ」のような姿が散らばっていたり。ルチル、ブルッカイト、カコクセナイト、ヘマタイト、パイライト、リモナイト、ゲーサイト、クローライト、デュモルチエライト、エピドート、トルマリン、スティーブナイト、バイオタイト、シナバー、ホランダイト、リチウム、サルファー、アンフィボール、フックサイト、アホーアイト、油、水……あげれば切りがない。つか、何でもありみたい。クォーツインクォーツとかね。何じゃいそれは。オーラライト23なんていうのは、アメジストの中に23種の鉱物が含まれていて、何かパワーがあるとか言われている。その23が何なのかはあまり書いていない。香港では人気らしい。ニュー...インクルージョン・クォーツ

  • シャーレンブレンド

    長年憧れ続けてきた(嘘つきなさい君は新米だろ)あの石を、先日ついに手に入れました。シャーレンブレンド。Schalenblende。コーヒーではありません。(わかってるよ、つかつまらん)原語はドイツ語だから「シャーレンブレンデ」が正しいかな。(うざいw)実に不思議な模様を見せる石。まあ有名な石だけあって、高かった。ほんとはもっと高いのだけど、エヌズミネラルさんがまたまた30%オフセールをおやりになっていたので、それでも高いけど、えいっと飛び降りた。(それじゃ意味通じん)いけませんねえ、エヌさん、石好きの財布を苦しめる。(ずいぶん恩恵を受けたんでしょ)開けてびっくり。すごい模様。金属質の輝き。重い。そして臭い。臭いんですよ。ものすごく。自然硫黄の時、「臭う石なんてあるか?」と書いたけど、これも臭う。もっと臭う。鉄錆...シャーレンブレンド

  • 純白

    セルフクリエイションさんで「山サンゴ」を買った。前から気になっていたもの。包みを開けたら、「うおっ」と声が出た。結晶の形、そして何よりその純白。けっこう大きい。8センチくらいある。しばらく陶然と見入った。アラゴナイト。カルサイトと同質異形。前に書いた。和名は霰石だけどアラレちゃんとは呼べない。「山サンゴ」というのはその姿からのあだ名。って、サンゴはこんなに輝かんだろうよ。***白い石というのはまあある。「透明」を「白」と表現するのことがよくあるけど、透明は別。あちきのケースの中では、氷晶石、アイスクリスタル、スコレス沸石、アポフィライト、ムーンストーン、くらいかな。どれも「半透明」、白濁して白い。ムーンストーン以外は色がないけど、半透明の白は独特の味わいがある。けどこのアラゴン君はそういうものとは違う。真っ白白...純白

  • パープライト(パーピュライト)

    紫の石というのは案外少ないという話は前に書きました。何せアメジストという巨大軍団がいるせいで、他の石はあまり脚光を浴びない。まあスギライトとかチャロアイトとかありますけど。パープライトは、名前そのものが紫。けれど、どうも一般的な「美しい」とは少しずれる。まるで古い岩壁みたい。あちこちにひびが入って、壊れそうにも見える。そしてその色が濃い紫。「おお、美しい」とはならないのだけれど、不思議な魅力がある。長い時間の造化の姿といった趣。産出も少ないし、見目麗しいというわけでもないので、ネットにはあまり情報がないみたい。ちょっとまとめておくと、パープライトは、Purpuriteで、正しくは「パーピュライト」。purpliteではないのね。語義は紫ということだそうだけれど。そのまま読むとプルプリッテだ。(そのまま読むなw)...パープライト(パーピュライト)

  • レア? ②ローディザイト

    その後、五反田のクリワさんに行ったら、小袋に入った米粒のような石がある。ローディザイト。ごくかすかに色がついているけど、何色と言い難い。何じゃいこれは。初めて聞く名前だし、もちろん見たこともない。これも面白くて安いから買った。説明にはこうある。《ローディザイト(Rhodizite)/ローデイズ石(K,Cs)Al4Be4[B11BeO24]、硼酸塩ベリリウムとセシウムを含む。等角六四面体結晶の大変珍しい鉱物。産地:Antsogombato,Antsirabe,Madagascarガラス光沢の強い光輝を持つ。硬度:8近年、パワーストーンとして人気急上昇中微細な結晶はロシアのウラルでも見つかっているが、このように確認可能な結晶はマダガスカルのみ。》mindatによると、名前はギリシャ語の「rhodizein」、バラ色...レア?②ローディザイト

  • レア? ①ル……石

    ネットをあちゃこちゃ巡っていると、いわゆるレアストーンの類はけっこう目にする。エヌズミネラル、VecStoneClub、ミネラルストリートといった石屋さんなんかは、「へえ、こんなんあるんかい」(なぜ関西弁になる?)と唖然とする石がいっぱいある。まあ、だいたいは高いし、それに見合った美しさがあるかというと戸惑うところもあるし、で、見るだけになるけれど。実際の石屋さんでは、「この石でこんなのがあるんだ」という驚きはよくあるけれど、初めて名前を聞くというのは、そう多くはない。で、この前、立川のクリスタルワールドさんに寄ったら、ルで始まる聞いたことも見たこともない石があった。店長さんに聞いたらネットで調べてくれたけど、あまり詳しい情報はない。扱っているのはそことVecさんだけ。クリワ本店のホームページの説明では《Cu2...レア?①ル……石

  • フォスフォシデライトの原石を磨く

    フォッフォッフォッ(やめなさい)前にブレスレットについては書きました。ほんとに初めて見た時は衝撃的でした。前の写真はちょっと赤っぽく写ってるので取り直し。まあこの色はあちきの技術では再現できないのだけど。で、あまり出回ってないし、タンブルや原石もその時は探せなかったしで、「人工物」ではないかと疑ったものでした。その後、五反田さんで、原石を売っているのを見つけ、購入。ほお、人工物ではなかったのね、と一安心したのでした。ところがこの原石、なんというか、ぱさぱさで粉っぽい。粉が飛んで喘息になりそうなくらい。色はいいのだけど。なんか見るたびに少しもやもやしていた。で、ある日、一大決心。「磨こう」。けっこうでかい石で、飛び出しているところがある。そこをぽこっと割って、失敗した時の予備の「ミニ標本」にした。まず、粗い紙やす...フォスフォシデライトの原石を磨く

  • 地上で最も古い物 アカスタ片麻岩

    ようやく。アカスタ片麻岩。AcastaGneiss。前にヌーマイトのところでも書きましたけど、今見つかっている岩石で最も古いとされているもの。ヌーマイトは30億年前、アカスタ片麻岩は39.6億年前の花崗岩が36億年前に変成した片麻岩。《1989年、アメリカの地質学者によって、カナダの北西部アカスタ地方に存在する片麻岩の年代が測定され、約39億6200万年(誤差は300万年以内)という年代が報告されました。》出典はこちら。《アカスタ片麻岩体は、カナダのイエローナイフからおよそ300kmほど北に行った、アカスタ川という川に沿った地質体です。》出典はこちら。現地写真はこちら。前探した時は、高いものが1点だけだったのでやめていたのだけど、先日、久しぶりに東京サイエンスさんのサイトを見たら、「ありゃ、あるじゃん」。高くな...地上で最も古い物アカスタ片麻岩

  • 変な外国語和名の石

    雨で寒いからお出かけもできないでしょうから。(余計なお世話だ)デューイ石のことを調べていて、「ジュウウエイ石」というのが出てきて少し唖然としましたけど、以前、腰を抜かした英語和名があります。「シャッツク石」。は?なんか方言か何かか?(うむ、ありそうだな)「は、しゃっつく、しゃっつく」ってお囃子みたい。「お山は晴天」と続けたい。(手踊りするなw)Shattuckite、シャタッカイトのことなんですけど、Shattuckを「シャッツク」と書くか?「エピディディマイト」を「エピジジム石」というのは、古い文部省方式でティやディをチ、ヂと書くべしとした影響なのでしょう。ぢゃったら(おいw)デュモルチ石はジュモルチ石か?トゥもそうですな。で、ツグツパイトとなる。これ、もうちょっとどうにかならんかったんか?ちょっとねえ。まあ...変な外国語和名の石

  • デューイ石 Deweylite デュウェイ石 デュエイ石 ジュウエイ石

    (タイトルなげーよ)記事も長くなります。(いつもだろw)日曜だし皆さん暇でしょ?(君と一緒にするな)いつものごとく、石屋さんのサイトを巡っていて、エヌズミネラルさんのサイトに来たら、美しいライトブルーの石に目を引かれた。名前は「デューイ石」とある。「これは蛍光の色だろうなあ。しかし聞いたこともない石だな」と商品ページへ行った。更新したてでも珍しい石はすぐに売れてしまうのだけれど、幸いまだある。やはり水色は蛍光の色。けれど通常の色も薄い緑でなかなかいい。結晶の形もそこそこ整っている。そして値段がとても安い。奇妙で安いものを見つけると買ってしまうという悪癖が出て、ぽちっとしてしまいました。で、「ところで、デューイ石って何だ?」となった。(調べないで買ったのかよw)エヌズさんの商品説明にはこうある。《デューイ石1(蛍...デューイ石Deweyliteデュウェイ石デュエイ石ジュウエイ石

  • 200日だそうで

    ひょっと見たらブログ開設から200日と。へえ。書いた記事は……151だとお?4日に3個?多すぎじゃね?(ほんとよくしゃべるねw)相当暇だろ。(誰に言ってるw)今日は4月1日だけど、あちきは嘘をつけない人間なので(という嘘をつくやつが多いw)面白いことは書けない。まあ書いてもしょうがないし。けっこう遮二無二進んできまして、そろそろ「欲しい石」というのはなくなってきたような。ネットで見る石屋さんも増えなくなってきたし。少し詰まらなくはあるけれど、まあこれからが醍醐味なのかもしれないななどとも思ったりもして。貧石としては2000円前後のものをメインターゲットにしてきたのですけど、これからはあれこれ手を出すのはやめてもう少し高価格のものを狙おうか、などとも。といいつつ、ちょっと面白そうなものがあったらぽちっとしてしまう...200日だそうで

  • おまけ

    「0円のもので記事を書く」の続きじゃ。(居直ったなw)ネットで石を買うと、「おまけ」を付けてくれる石屋さんがけっこうある。これ案外、嬉しい。フローライト八面体とか、シトリンビーズの根付けとか、持っていない十勝石やカラートルマリンの小片とか。持っている石でも意外な色や姿のものとか。時にはムーンストーンとかパイロープのカボッションとか、「いいのかしら」と思えるようなものもある。嬉しくてありがたい。そのおまけで、感激した一つが、これ。シリマナイト。前にも書いたけど、カイヤナイト三姉妹の末妹なので、いいのがないかと探していた。お手頃値段で透明なアクセサリ用の奇妙なルースと原石は手に入れたけれど、どうも腑に落ちない感じがあった。ネットに透明な結晶やスター入りのカボッションがあるけれど、お値段と魅力が噛み合わない。まあ仕方...おまけ

  • 屈折率・分散度・複屈折[おべんきょノート]

    宝石には縁がないあちきにはあまり関係ない話なのだけれど、それでも石の輝きを愛でる際には多少問題になるらしいことに、屈折率とか、分散度とか、複屈折というものがある。けっこうめんどくさそう。けど、まったく知らないというのも面白くない。大まかなところをまとめてみる。***まず屈折率。まあ誰でも知っている概念ですね。石が入ってくる光をどのくらい曲げるかというやつ。どうもこれが高いと輝きも違ってくるらしい。「入ってくる光を内側に集める」からなのでしょう。単純な図をかくとこうなる。一般的な状態では、光はいろいろな方向からやって来る。かなり斜めに入ってくる光もあるわけで、それをすかっと透過させてしまうのではなく、石の中に集める。つまり光の量が多くなる。で、宝石ではそれをカットの面であれこれ反射させて輝きを作る。物事にはプラス...屈折率・分散度・複屈折[おべんきょノート]

  • オクタヘドロン・フローライト

    (なんかこのところ変なタイトルつけるのにはまってないか?)かっこいいですね。オクタヘドロン。単に八面体のことだけど。正多面体には正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の五種類がある。つか、五種類しかない。プラトン立体などと呼ばれて神聖視される。なんでだろうとか、なんでその数字なのだろうとかは、数学や神秘学などでいろいろと話があるようだけど、ほっておく。(まあそれがよかろう)正八面体は、ピラミッドを二つ底辺で貼り合わせた格好。ダイヤモンドやスピネルにはしばしば見られる。マグネタイト、パイライトなど、ほかにもたくさんあるらしい。等軸晶系のものが多いとのこと。フローライトの八面体はあちこちで見る。フローライトがそう結晶したのではなくて、劈開面でうまく割ったもの。なんでもアメリカだかに名人がいるらしい。カ...オクタヘドロン・フローライト

  • アイオライト・イリュミネイティッド

    (またまた変てこなタイトルつけちゃって)「下から照明」で遊んでいるのですけど、「本命」をやっていなかったのに気付いて。アイオライト。あちきの好きな石の一つです。丸玉の「驚異のカラーチェンジ」は前に書きました。けど、ほかのアイオライトも、透過光で美しく変身する。アイオライトというのは、単純な反射光だけだと、ぱっとしない。石好きでない人が見たら「なんかきたねえ石だな」と言われかねない。こんな感じですね。ところが、透過光では全然違う姿になる。特に強い光だと。5つ同時だと露出が合わないですな。肉眼だと全部きれいに見えるのだけど。一つ一つ写すと。しかも、少し石を動かせば色合いが変わる。見る方向でも変わる。ちょっと有機体みたいな模様になる。これが赤だったら気持ち悪いだろうけど、深い菫色なので、遠い彼方の星雲の模様を思わせる...アイオライト・イリュミネイティッド

  • プレオクロイック・コーネルピン

    なんて言うとかっこいい。プレオクロイズムというのは英語の鉱物専門用語で「多色性」のこと。ポリクロミックとどう違うのかは知らない。専門用語のほうがかっこいいから使ったまで。(かっこつけてどうする)前にも書きましたけど、コーネルピンという石、すごいです。方向によってころころと色が変わる。特に透過光ですごい。といっても、すべてのコーネルピンが多色性を持つわけではない。普通は、無色ないし薄緑の透明。これは夕星庵さんで買ったとてもお安い非多色性コーネルピン。これもまた美しい。で、その魔術的な美しさに魅せられて、もうひとつ、大きめの原石を買った。同じくKARATZさんから。前のが0.66カラット、今度のは1.140カラット。だいぶでかい。っても小さいけど。貧石的には高かったのだけど、おまけでカイヤナイトとアパタイトのミニル...プレオクロイック・コーネルピン

  • きらきらくるくる

    (何だよこのタイトル)久しぶりにクリスタルワールド五反田TOC店さん(きちんと名前を書くのは久しぶりじゃないか?)に寄った。ここも9月までで御徒町に移転。この広い倉庫のような店で、何かとんでもないものが隠れているのではないかと「宝探し」をするのは、とても楽しい時間なのでちょっと残念。まあ御徒町も2階構成になるので広くなるらしいけど。で、宝探しをしていたら、アポフィライト(魚眼石)のクラスターが何と600円で売っていた。色はない。アポフィライトというと、グリーンのものが人気もあって高い。無色じゃ水晶と変わらんではないかなどと思っていたけれど、実際見るときらきらと美しい。そういえばうちには結晶自慢のやつがあまりいなかったなと思って、買うことにした。二つのクラスターがくっついたような形で、片方は大きな結晶単体が乗っか...きらきらくるくる

  • 至妙の光=色

    5つの「下から照明」が楽しくて、いろいろ遊んでおります。眺めても眺めても飽きない。まあ、これが一番美しいラインナップかな。ハニーカルサイト、アメジスト、ゴールデンカルサイト、プレナイト、ディープブルーフローライト。少し派手な顔ぶれ。シトリン、モルガナイト、パイロクスマンジャイト、グリーンカルサイト、ブルーアラゴナイト。パイロの凄みがすごい。派手は疲れるので静かなブルー系を。中国産フローライト、アフガナイト、ディープブルーフローライト、ブルーアパタイト、ブルーアラゴナイト。やっぱ写真じゃ写らないなあ。人間の眼の露出調整機能というのはすごいのですな。しかし、こうやって眺めていると、「ああ、光は色で、色は光なんだな」と思う。(何を言っているのかね?)あちきらが通常見ている事物は、反射光。色はあるけれど、光としてははな...至妙の光=色

  • 丸玉透過光

    ハニーカルサイトの常夜灯を楽しんでおったら(なんか古臭い言い回しだな)カミさんが照明台座をもう一つ買ってくれと言う。机の上にオレンジカルサイトを「下から照明」で飾りたいとのこと。Theさん(おいw)で見たら、5個入りで2750円のまとめ売りがあった。1個売りの半額以下。5個買ってどうする、と思ったけど、これで照らしたいものはいくつもある。ええい、と買った。あわててダイソーへ行ってUSB/ACアダプタ300円を3個買ったのは内緒だ。(書いたら内緒じゃないって)はい、計6個の丸玉「下から照明」オンパレードです。なんかひとつ丸くないのが混じってるけど。左上から、オレンジカルサイト、ローズクォーツ、ディープブルーフローライト、下、アメジスト、ゴールデンカルサイト、プレナイト。写真じゃうまく写らないけど、どれもすごい。特...丸玉透過光

  • カルサイト常夜灯

    ふっふっふっ。(気持ち悪いな)昨日上げた「人工蝕像ハニーカルサイト」。これを「下から照明台座」に乗せてみた。いいですよお。浸蝕で出た溝模様がアクセントになって、実に味わいがある。これを常夜灯にしています。うーむ、おしゃれ。(自分で言うな)***しかしちょっと奇妙に思うことがありまして。あちきはこういう「透過光」というのがとても好きなんですねえ。アイオライトにしろアンダルサイトにしろアキシナイトにしろ、強めの光で美しく光り、かつ「方向変色」するのはもう大好きでして。アンデシンなんかも方向変色はないけど、透過光変色がドラマチックでいいです。けどねえ。TheStoneofWakouさんで売っているこの「下から照明台座」、あまり見たことがない。石屋さんのディスプレイでも、ツイッターなんかの写真でも。これ、もっと流行って...カルサイト常夜灯

  • てらてらカルサイト

    カルサイトというのは、表現が悪いけれど凡庸な石。どこにでもある。けれど、色が多彩だったり、結晶が変だったりして、面白いところもある。そしてだいたい安い。(まあそれが何よりだね)石集めを始めた頃、いろいろな石の色を見たいと思って、色つきカルサイトをいくつか買った。最初は例のどでかいやつ。何とも形容しがたいけれど、けっこう好き。イエローカルサイトはカミさんの趣味。コバルトカルサイトは少しばかりレアで高め。色が面白い。既述だけど、結晶が変な形のやつ。蛍光もするし「テネブレッセンス」も見せる。***で、五反田さんの棚の一番下に少し埃まみれになって、レッドカルサイトというのがあったので、こりゃ珍しいと思って買ってみた。うーむ。色が暗い。そして一番の問題は、表面がやけにてらてらしている。カミさんがそれを見て「円谷プロ」とあ...てらてらカルサイト

  • 大穴

    原宿のコスモスペースさんには、小さい磨き石の廉価版コーナーがある。500円とか。ピーターサイトを200円でゲットした話は前に書いた。鉱物に興味を持ち始めた子供たちのためのものなんだろうけど、ジジイが買ってはいけないということはない。すまん。そこに「大穴」と書かれた一角がある。別に競馬で一攫千金を狙うために買うものではない。石に紐を通せるような大きな穴が開いているということ。それもお安い。種類もけっこうある。「最近は手間賃も上がってきて、穴を開けるのも高いんですよ」と店員の媼お姉さまはおっしゃった。日本では穴を開けるだけでも500円じゃすまないだろう。穴あきタンブルというのは、普通は「A管」と言うペンダントトップ用の金具の足を差し込めるような小さな穴が開いているものだけれど、これは大きい。革紐やしっかりと編まれた...大穴

  • セルサイト(白鉛鉱)

    おかしいだろ、これ。(何だよいきなり)セルサイト。白鉛鉱。PbCO3。クリワ御徒町さんでころっと安く売っていたので買った。(ころっとって何だよ)見栄えのする鉱物ではない。色がないし。普通の人は買わないかも。(まあ君は普通じゃないことは確かだろうけど)けど、すごい。まず、重い。うーむ、鉛。さすが。で、ファイバークロスで拭いたら、ぴっかぴかのきっらきら。カミさんはこのままペンダントトップにしたいと言い出すほど。ネットでちょくちょく見たことはあるけど、ネットの写真だとやはりぱっとしない。普通の(略)けど、おかしい、これ。(しつこいな)鉛だよ、鉛。それが透き通ってる。(前にも似たようなこと書いてたな)鉛って鉛色だよ。(当たり前だ)鈍色。「にびいろ」ね。「どんしょく」ではないのよ。(知ってるよ)重たい銀色。それが透き通る...セルサイト(白鉛鉱)

  • 辰砂と天狗

    シナバー。HgS。硫化水銀。あちきの持っているのは、とても地味地味のもの。まあしかし、これでいいんです。たぶん空海を始めとする密教徒・修験者が掘り出していたのもこういうものでしょうから。水銀というと、水俣病の衝撃があったせいか、ものすごい毒物というイメージがある。確かに有機水銀は毒性が強いけれど、無機のほうは水溶性がないのでそれほどでもないらしい。むしろ古代では薬という側面もあって、中国では「朱砂・丹砂」と呼ばれ、「不老長寿」の秘薬ともされた。殺菌作用のほか、催眠・鎮静作用もあるらしいが、近代医学では薬としては認められていない。日本仏教の一部には「即身仏」という、衆生済度を願って自ら食を断ち、土の中で死した後、ミイラになる「行」があった。羽黒山は有名。その際にも屍が腐らないように水銀を少しずつ摂取したという。こ...辰砂と天狗

  • はじめての水晶

    昔々、石集めを始めるずっと前に「山入り(ファントム)水晶」を買ったことは前に書きましたけど、それは別にして。はじめての水晶!「アイスクリスタル」。ヒマラヤ産。いわゆる「蝕像」水晶。アイスクリスタルはちょっとほしいなと思っていたのだけど、けっこうな値段。たまたま夕星庵さんのアウトレットで超安値だったのを見つけて、ぽちっと。TheStoneofWakouさんの解説より一部引用。こちらでもお安く出てますね。《この水晶は熱水などにより侵蝕を受けたのちに、またカルサイトなど他の鉱物に水晶の成長が阻害され、その鉱物が熱水や酸などによって溶け去ったのちに、地殻変動や気候変動などによって氷河に埋もれた水晶です。この水晶は氷河が後退することによって、以前は一年中氷河で覆われていた非常に標高の高いところで発見されました。》氷河から...はじめての水晶

  • スケルタル・フローライト

    どうも人類滅亡か暗黒時代到来かといった兆しがあちこちに見えているようですけど。(煽るなw)まあ無力な貧老としては、好きな石でも握りしめていささかじたばたしながら世を去るのを待つのみといったところでしょうかね。(いささかじたばたするなw)それまでは淡々といつものように日々を過ごすのがよろしいかと。***ゴシェナイトで骸晶の美しさを知ったので、セルフさんで小ぶりの「スケルタル・フローライト」を安く売っていたので買ってみた。がたがたでところどころに空洞がある。たくさんの結晶面がひしめいていて、色も淡く透き通っているので、なかなか美しい。フローライトだけに少し軽いけれど。前にも書いたけど、骸晶というのは、熱水中の成分濃度の変化などで急激な結晶成長が起こり、面の部分より稜の部分が発達するために、表面が凸凹になったり空洞が...スケルタル・フローライト

  • この色何色?

    先日御徒町のクリスタルワールドさんに行った時の話。前に五反田で買ったコールマナイトとほぼ同じ石があった。で、これ、あちきには大問題の石で。というのも、これをあちきは「紫」だと見ていた。ところがカミさんは茶色だと言う。えええええ?となった。で、御徒町のスタッフの人に「これ、何色ですか」と聞いてみた。答えは「茶色」。二人とも。一人は「これが紫に見えるんですか?」と怪訝な顔。そんな顔しなくてもいいだろう。おお、ショック。あちきは内心カミさんの青色感受性が低いのではと疑っていたのだけど、問題はこちらだったか。前にツィッターで上げて「何色に見えますか」と尋ねたことがあるんですけど、誰も反応してくれなかった(T_T)。(懐かしいねこの顔文字)同じ感じで、このヴェスヴィアナイト。あちきにはやはり紫ないしは濃い葡萄色に見える。...この色何色?

  • 無色透明 ゴシェナイト

    無色透明の石というのは、多いような多くないような。水晶。ダイヤモンド。まあこの2つで石市場の大半を占めるのではないかという疑いもある。いくつかの鉱物は、純粋な結晶になると無色透明になるけれど、不純物によって着色していて、それが石の売りになっていたりもする。ゾイサイトなんかは青いとひっぱりだこなのに、無色透明だと見向きもされない。(されないことはないだろうよ)無色透明を売りにしている石は、水晶とダイヤモンドを除けば、フェナカイト(フェナス石Be2SiO4)ダンビュライト(ダンブリー石CaB2(SiO4)2)ペタライト(葉長石LiAlSi4O10、準長石)ゴシェナイト(無色の緑柱石[ベリル]Be3Al2Si6O18)アデュラリア、サニディンなどの長石アイスランドスパー(カルサイト)セレナイト(石膏)まあトパーズやフ...無色透明ゴシェナイト

  • ラブラドライトさざれ石

    お散歩のついでに原宿のコスモスペースさんに寄った。(そっちが目当てなんじゃないの?)で、あれこれ見ていたら、見慣れない色のさざれ石があった。けっこう透明度があって、パープルグレイの色がなかなか美しい。ラブラドライトと書いてある。そんなんあったっけ、と頭が少し混乱した。ラブラドライトというと、まあ普通は不透明で、一面が磨かれていて、そこにいろいろな色のシラーが輝くやつを思い描く。これね。ところがこれはけっこう透明。色も濃くない。で、ちらちらと青いラブラドレッセンスが光る。つか、これ、ムーンストーンじゃね?いや、ラブラドライト版ムーンストーンというと、七色の光を見せる「レインボームーンストーン」が多い。けど、これは七色にはならない。青。まあ、呼称などどうでもいいという考え方もあるけれど、どうも気になる。一般のラブラ...ラブラドライトさざれ石

  • ハーライト

    ハーライトでごじゃる。というのは少し嘘。クリスタルワールドさんで売っている「入浴用岩塩」です。一緒にお風呂に入る。溶けてなくなるけど。お塩。なめるとしょっぱい。地面から出てくる石のような塊を岩塩と呼ぶ。鉱物名がちゃんとあって、ハーライト(Halite)。NaClって当たり前か。ロックソルトとも。まあこれもハーライトと言えば言える。安価だから入浴用にしてしまうだけで。ヒマラヤ産とのこと。黒は硫黄入りで温泉の匂いがし、ちょっと溶けにくい。ピンクは無臭で溶けやすい。けっこう大きくて、写真のピンクは45グラム、黒は73グラム。約800グラムで900円。グラム1.125円。ひとかけ50グラムとして56.25円。入浴剤は安いものがたくさんあるけれど、バスソルトならこのくらいが普通でしょう。とにかく掘り出して割ったまんまなの...ハーライト

  • 御徒町

    「水石展」というのが上野の都美術館であったので、行ってみた。水石とは、日本伝統の岩石鑑賞の「道」。床の間に掛軸と一緒に飾るあれ。磨くことはあまりなく、ただお盆に敷いた砂の上にどーんと自然石が置いてある。それで自然の景色やその他諸々を思い描く。平安時代の「州浜」(箱庭)や禅寺の作庭などの影響もあるかもしれない。こんなの。下記協会のサイトから拝借。「日本水石協会」という社団法人があって、その主催。協会の説明にはこうある。《水石(すいせき)とは、山水景石の総称です。水石は、一石のなかから大宇宙を感得する物で、趣味の中でもっとも奥を極めたものといわれます。また、水石と盆栽は車の両輪ともいわれています。自然芸術趣味の極致といわれる水石は、日本的美意識の神髄です。水石の観賞は、大自然に心あそばせ、すぐれた山水景石や姿石、紋...御徒町

  • トゥグトゥップ石(ツグツパイト)

    ツクツクボーシと度々いじってきましたけど。Tugtupite。ツグツパイトとかタグタパイトとか、ひどい場合にはツグツバイトとか書かれます。んんもお。(何だよそれ)名前の由来はグリーンランドの地名から。トナカイを意味するグリーンランド語tugtupを冠した岬付近で1960年に発見された。tuをタと読むのは英語じゃないんだからおかしい。ツと書くのも古くさい。トゥグトゥップ石、トゥグトゥップアイト、トナカイ石あたりが原名に忠実でしょう。いずれにせよ、ジジムとかツクツというのは、やめてほしい。あちきは断乎反対します。(組成はNa4BeAlSi4O12Cl。ハックマナイトNa8Al6Si6O24(Cl2,S)と同じくソーダライトNa4Al3(SiO4)3Clの一種ですね。ハックちゃんが硫黄入りなのに対して、トゥグちゃんは...トゥグトゥップ石(ツグツパイト)

  • ストーンヘンジの石

    と言っても、ストーンヘンジを削って持ってきたわけではない。ストーンヘンジの石と同じ石ということ。プレセリー・ブルーストーン。クリスタルワールド立川店さんで。お安かった。小さいけど。渋いブルーグレイが味わいある。紫っぽい色も見える。写真は少し赤が強く写っているみたい。添付の説明を引用させていただく。《米国の有名ヒーラー提唱の石「プレセリブルーストーン」5,000年前に作られたストーンヘンジに使われている石。「粗粒玄武岩」という岩石で、灰長石、普通輝石、それに少量の黄鉄鉱を含み、ウェールズのプレセリー丘陵からのみ産出します。ストーンヘンジでは、内部のサークルストーンに使われています。この石を産出するプレセリー丘陵は多くの聖なる泉が点在するヒーリングスポットとして人気があります。》ストーンヘンジというと、以前は天体観...ストーンヘンジの石

  • ムーンストーンはカボッションがお薦め

    どうもムーンストーンのプチ沼にはまったみたいで。(今っぽい表現じゃん)ムーンストーンと名が付くものをいくつか買ったのですけど、その範囲で感じたことをちょっと。まだ経験も少ないので不確かですけど。①カボッションあるいはラウンドのほうがアデュラレッセンスがはっきりと出る②透明度が高いほうが深い部分まで光が届き美しさも増す③細長いカボッションのほうが光の面積が多い④面カットだと無色の面が出る①は、普通の凸レンズを考えていただければわかりやすいかと。いろんな所からの光が下の方に集まるわけですね。で、輝きも強くなる。②透明だと深い所の層に光が届いて、・レンズの集光効果が強まって反射光が強くなる・光や視点の角度によるブレが大きくなる(光が揺れる)・拡大や歪みが生じる・右目と左目で光の姿が異なる・複数の層の反射が加味される?...ムーンストーンはカボッションがお薦め

  • ペリステライト版ムーンストーンなど

    同じムーンストーンの中に、「ペリステライト」版がある。今売られているブルームーンストーンは大概これだという説もある。真偽は定かでない。これは前にも載せた、ペリステライトとおぼしき原石。詳細な鑑定はしていないとのこと。全体はいかにも長石らしい感じ。ちょこっとだけ、青いシラーが見られる。で、これは「ペリステライト・ムーンストーン」のカボッション。夕星庵さんより。お店の説明では、レアものとある。ペリステライト版ムーンストーンが多量に流布しているという説に従うと、「これほど透明度の高いものはレア」ということなのでしょうね。確かに透明で、青いゆらゆらの光が出る。青白くはない。美しい。見た限り、カリ長石(オーソクレース、サニディン)の正統ムーンストーンと変わりはないように思える。これなら、「ムーンストーン」でいいか、という...ペリステライト版ムーンストーンなど

  • ラブラドライト版ムーンストーン

    前のムーンストーンの記事で「カリ長石(オーソクレース主体)のムーンストーンが真正」と書いたけれど、間違いというわけではないけれど、どうも、「ラブラドライト・ムーンストーン」や「ペリステライト・ムーンストーン」も、なかなかのもののようで。つか、今売られているものはむしろそちらが主体らしい、とのことで。パーフェクト・ストーンさんでけっこうお安く売っていた、「ピンクシラームーンストーン(ラブラドライト)」。スリランカ産。ちょっと写真が汚いので小さめに。ピンクがレアとの売りだったけど、青や緑などいろいろな色が揺らめく。見ていて飽きない、実に素晴らしい石です。光源を動かしていくと、オーロラのような光のドラマが生まれる。動画はこちら。またツィッターをYouTube代わりにしています。(言われる前に言ったなw)これは夕星庵さ...ラブラドライト版ムーンストーン

  • 石の名前

    現在、国際鉱物学会で認定されている鉱物は4700くらい。だとか。多いねえ、と思ったけど、蟻は世界で1万種以上、蝶は1万7000、トンボは5000、蛙は(もういい)それらに較べれば多くはない。多くはないけれど多い。(どっちだよ)それに名前を付けるのはけっこう大変。おまけに、組成の比率が違うと別の名前を付ける。長石の名前なんぞは細かすぎて開いた口がふさがらない。結晶構造が違っても別の名前。同質異形というやつね。カルサイト・アラゴナイトとか、カイヤナイト三姉妹とか、ルチル三兄弟とか。まあ、しょうがない。ガイアの作りたもうた作品は多彩です。名前が増えるのは致し方ない。学会でも、あまりに増えすぎた名前を整理しようという作業はされているようで、例えばハイパースシーン、ブロンザイトというのはエンスタタイト(頑火輝石)に併呑さ...石の名前

  • 「弁当箱」型結晶

    ネットを見ていたら、ちょっとびっくりのことがあったので、予定外投稿。前にうちのフローライト「岩男」君の「弁当箱」型結晶について書いたことがあります。こんなん。何でこんな奇妙な結晶「らしきもの」があるのかと不思議に思っていたのですけど。これとそっくりなものをcutestoneさんのサイトで見つけました。中国ヤオガンシャン産のブルー×グリーンフローライト。ちょっと部分をキャプチャさせてもらいました。商品説明には「一部の結晶内部が身がつまっているような独特の見た目をしているのが特徴です」とあります。うちの岩男君の「グリーンピース入り炊き込みご飯の弁当箱」と似てますねえ。なんでこんなものが、と思っていたのですけど、この前、「骸晶」って何じゃい、と探っていたら、結晶は中心より稜の部分が急速に発達することがあるという解説が...「弁当箱」型結晶

  • 悪魔の石?

    変な名前の石トップ10に入るでしょう。デビル石。デビルとかサタンとかデーモンとかは、まあ、悪魔ですね。言語や宗教や地域によっていろいろ名前が変わる。あれこれ説明を付けたりするけれど、つまるところ悪い霊的存在ということ。その本性は何かとか、どうして存在するかとか、どういう属性を持つかとか、面倒くさい理屈がたくさんあるけれど、実は正体不明。神と同じ。(おいw)でもまあ、いるんですけどね。(何だよその断定は)そんな石があるわけがない。国際名ではDevilline、デヴィリン。19世紀フランスの化学者でアルミニウムの鉱業的精錬法を確立したアンリ・エティエンヌ・サント=クレール・ドゥヴィーユ(Sainte-ClaireDeville)から来たもの。フランス語では-illeは「ユ」だったり「ル」だったりする。deは英語のo...悪魔の石?

  • シアノトリカイト および銅の二次鉱物

    これはシアノトリカブトという恐ろしい毒物(こらこら)やり直し。これはシアノトリカイトという銅の二次鉱物。シアノは「青い」の意味で、青酸=シアンとは関係ありません。トリカイトは毛髪の意味。青髪石ですな。棘のような結晶になるからで、和名は青針銅鉱。こちらのほうが的確・正確。Cu4Al2SO4(OH)12・2H2O。表面はなくなってしまっているけれど、隙間によく見るとものすごく細かいとげとげの結晶がある。ルーペサイズというやつですな。老眼にはきつい。わりかしレアな鉱物で、夕星庵さんという石屋さんから。チンクエチェントのフレスコの色。などとすかして言ってみる。チンクエチェントは15世紀の意味のイタリア語。初期ルネッサンスの美の新生時代を指す。フレスコは石膏に色づけした壁画。フレスコは運べないので現地で見るしかない。日本...シアノトリカイトおよび銅の二次鉱物

ブログリーダー」を活用して、貧石山人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
貧石山人さん
ブログタイトル
貧乏石好き
フォロー
貧乏石好き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用