chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
YNWC的な多摩暮らし https://blog.goo.ne.jp/unimaru

横浜から多摩へお引っ越し。ブログを新設しました。 多摩の自然のこと、引越しのこと、日々の暮らしのことなど更新していきます。よろしくお願いします。

うにまる
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/03/07

1件〜100件

  • 立春です〜ブログ休止・移転のお知らせ〜

    ーーーーーーーーーーーーーーメインブログをこちらに変更します→YNWC的な日常ーーーーーーーーーーーーーー北多摩の町で、早咲きの菜の花を見かけるようになりました。立春です!!いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。さて、この「YNWC的な多摩暮らし」は元々あった「YNWC的な日常」から昨年春の引っ越しにより派生したブログです。そのメインブログが開設12年目を迎えるにあたり、今年(二十四節気では立春が始まり)はこれまで書き溜めた記事を一度整理する1年にしたいと考えました。→ご挨拶(YNWC的な日常)そのため、こちらのブログは本日より1年間、休止とさせていただきます。1年後には北多摩生活のまとめブログ(一応北多摩暮らしは2年間の予定)として復活の予定です。今年はこれまでの記事の焼き直しがメインとなります...立春です〜ブログ休止・移転のお知らせ〜

  • 府中市郷土の森博物館に行ってきました

    節分です!鬼は外〜!福は内〜!ヒイラギ飾ってみましたよ!!さて、日曜日に訪れた府中市郷土の森博物館のお話。今回は博物館の概要をお伝えしたいと思います。まずはアクセスですが、分倍河原駅または府中駅からバスが出ているようです。→こちらを参照私はうにまる号で府中駅の少し先から、まっすぐに遊歩道と自転車道が伸びています。グーグル先生によると4.6km自転車で19分。入館料300円。敷地内には歴史から科学までさまざまな分野が学べる展示が揃った総合博物館となっております。府中市、お金持ち〜!!こちらはプラネタリウム。休日は5作品の上映があり、各45分(600円)。私が見たのはこちらオーロラのおまけ付き♪ちなみに最近のアンケートってQRコードから送信するやつが増えていますね。非接触という点でもこのご時世いいかなと…。コロナ対...府中市郷土の森博物館に行ってきました

  • 旬の味を楽しむ〜蕗味噌・白菜・夏蜜柑〜

    北多摩の直売所立派な農家さん。日曜日に立ち寄ると、お目当てのものがありました!!ふきのとう1パック150円。本当は自分で摘みたいけれど、このあたりで生えている場所がまだ見つけられず…。ふふふ。めちゃめちゃいい香りです。作り方はこちら→ほろ苦い春の味(ynwc的な日常)というわけで、この日の夕飯はこうなりました↓魚不足を反省して、タラのムニエルを作ったのですが、小麦がダマになりました(^^;;そしてタラは2切れ入っていた(1人だとそこがネックなんですよねぇ)ので、翌日は初の一人鍋!片手鍋ごと食べるという大胆さ(笑)上からではよくわかりませんが、一応、鱈と白菜とネギと豆腐が入っています。白菜がとろっとろで甘々♪薬味に以前青唐辛子を刻んで作った辛子味噌を加えました。ピリッとして体が温まりましたぁ。コンパクトな北多摩ル...旬の味を楽しむ〜蕗味噌・白菜・夏蜜柑〜

  • 満開のロウバイ

    昨日出かけてきた府中市郷土の森博物館。梅林の一角ではロウバイの花が満開を迎えていました♪蝋梅(ロウバイ)は字から想像すると、「蝋のような梅」。肉厚で、かつ光に透ける花びらは確かに蝋細工のように美しいかなと…。また一説には旧暦の蝋月(師走ー12月の異名)に咲くからとも言われているようです。花の少ない時期に咲き始める黄色に透ける美しい花。香りも良く、春の訪れを予感させてくれます。たくさん咲いていれば尚更です。この梅林には、ソシンロウバイとマンゲツロウバイという園品種2種が植えられているそうです。原種の蝋梅は花弁も細く小さめで、中央部が赤かなっています。これは、梅林で撮影したものなので、先祖返りした園芸種かもしれません(ごめんなさい。よくわかりません)。この赤色が入らないのが素心蝋梅(ソシンロウバイ)。そして、中央部...満開のロウバイ

  • 鶏が卵を温め始める頃、梅を見に行く

    本日より大寒も末候。→ 鶏始乳(ynwc的な日常)いよいよ、本候で冬も終わり、暦の上ではまもなく節分。そして春です。そんな日曜、空にはハロ!!一瞬で消えてしまいましたけど…本日は府中市郷土の森博物館というところへ来ています。北多摩へ来てからまもなく1年。来よう、来ようと思いつつ、なかなか足が運べなかったこちらの博物館。来てみたら素晴らしく良いところでした!!森と博物館と建物園とプラネタリウムが一緒になった複合施設。中でも広大な面積を占めるのが「梅林」。昨日から梅祭りが始まったようです(→3月6日まで)。まだまだ、咲き始めですが、咲き始めだからこその美しさ。どの花もつやつやでした♪そしていい香り…!!それにしても、毎度思うのは梅の花って撮り方が難しい…。撮ろうと思うと枝が被るんですよね(^^;;全体的にはこれから...鶏が卵を温め始める頃、梅を見に行く

  • ヒヤシンス咲く!

    2週間ぶりに横浜の自宅へ。マイガーデンの話たちは姉のおかげで枯れることなくちゃんと咲いてた♪そしてリビングクリスマスに作ったヒヤシンスコンテナおや、なにやらピンク色!!!咲いてましたー♪松ぼっくりの間でちょこんと開いたヒヤシンス。少し水不足なのかな?春待つ窓辺。前に世界のクリスマス展で見たフィンランドをイメージした飾り付け。長く暗い冬を過ごさねばならない人々は、クリスマスから春までの間自分の家にヒヤシンスを飾ったり、友人に球根やプレゼントしたりするそうです。横浜ではすでに戸外でも球根開花!ミニスイセンの可愛らしい黄色!!職場の通路にもチューリップの球根が目を伸ばし始めました。1がつも残りわずか。間もなく節分。そして暦の上では春がやってきます!さすがにもう片付けないと(笑)↓玄関を開けたら、12月末に買ってきた切...ヒヤシンス咲く!

  • 100年に一度?リュウゼツランの開花情報届く!

    2013年@ペルーどどーん。こんばんは。リュウゼツランという植物をご存知でしょうか。正確にはリュウゼツラン科の植物。上の写真はマチュピチュのインカトレイル(この後高山病でリタイアしたわけですが⤵︎)で見たリュウゼツランの一種。漢字で書くと竜舌蘭。竜の舌が尖っているのかは謎ですが、とても鋭い葉先を持った多肉植物です。蘭と言っても、いわゆるランの仲間ではありません現地では、生活に役立つ植物でもあります。@ペルーこのリュウゼツランの繊維はデンタルフロスとして使われているとのこと。繊維が強いのがこの科の特徴なのか、アフリカに自生するサイザルアサもリュウゼツランの仲間だそうです。2013年@タンザニアロープになったり、籠を編んだり…。そして私でも知っている有名なお酒、「テキーラ」はリュウゼツラン科の一種、アガベ・アスール...100年に一度?リュウゼツランの開花情報届く!

  • 沢の水が凍る頃、ハクチョウに会いに行く!

    1日遅れになりましたが(しかももうすぐさらに日付が変わります)、昨日から七十二候が大寒次候に切り替わりました。→ 水沢腹堅(ynwc的な日常)ふきのとうが芽を出し始める季節(前候)なのに、寒さはピーク。この寒さに負けずに春への準備を進めているのって、ほんとすごいなぁ…。さて先日、「冬の使者」なんて呼ばれるハクチョウを見てきました。シベリアからやって来るハクチョウにとってはこんな寒さはなんてことないのかなぁ。首を伸ばして優雅に空を飛んでいました。ずっと昔、北海道(だったかなぁ?)で見たオオハクチョウ。日本に渡ってくるハクチョウは主にオオハクチョウとコハクチョウ(たまにアメリカコハクチョウが混じることも)。この2種(3種)はサイズや、嘴の黄色の部分の形や大きさで区別できます。ちなみにオオハクチョウは体長140cm(...沢の水が凍る頃、ハクチョウに会いに行く!

  • 逢魔時〜乾燥注意報発令中〜

    本日も夜の更新となってしまいました。ヤナギの木が植えられている空き地。日暮れ時のなんとも言えない異界感。人の判別がつきにくくなるこの時間帯のことを逢魔時(おうまがとき)とか、彼誰時(かわたれどき)、誰そ彼時(たそかれどき)→黄昏時なんて呼ぶようです。たしかに魔に出会ってしまいそうな、妖しい美しさを感じます。こちらは朝。写真だけでは、朝と夕の区別はつけられないらしいです。ですからこの時間帯も同じような呼び名で呼ばれることがありますが、これから明るくなっていく朝は、どちらかと言うと明るいイメージが強いですね。東京は今日で11日目となる「乾燥注意報」が発令中。空は澄んで美しいですが、お肌や喉には厳しいですね。こんな時こそ、簡単に作れる自家製化粧水が大活躍。ハンドクリームを塗る前に、まずは水分を補給することで、効果が抜...逢魔時〜乾燥注意報発令中〜

  • カルシウムの補給〜簡単手作りおやつ〜

    不意に小魚を食べたくなり…。おやつを作ることにしました。北多摩に来てから、魚をほとんど食べていなかった反動かな?煮干しを乾煎りして、酒とみりんと砂糖と醤油を煮詰めて、甘辛ダレを作り、ナッツと胡麻と一緒に絡めれば完成!できたやつ買ってくるよりお得だし、甘味もちょっと控えられますお酒はあまり飲まないから、おつまみじゃなくて、お茶請け。写真はとりそこねましたが、煮干しをオリーブオイルでカラカラになるまで煎ったものに胡麻を加えて、塩で味を整えたものも美味!!バリバリ食べられます。そういえば、以前出汁を取るのに余った煮干しの頭を細かくしたふりかけを使ったこともありました。この時は麺つゆと砂糖を絡ませたんだっけ。小魚は骨粗鬆症対策にも良さそうですよね。お試しあれ!【今朝のおうちごはん】・豚汁(すいとん入り)※大根・にんじん...カルシウムの補給〜簡単手作りおやつ〜

  • 大寒の頃の北多摩散歩〜樹木ウォッチング〜

    今日もいい天気!土曜日です!!おはようございま〜す!今日はこれから、仕事兼、自主研修の時間ですが、昨日の朝は、久しぶりに野川公園へ行ってきました。平日に遊んで土日は仕事という日々が、あと1年ちょっと続く予定。さて、大寒の公園。よく晴れていたこともあり、空気がなんとなく優しい感じ。葉や花、実など昨シーズンの名残はほとんど消えた森では、新たに巡る命の輪が、静かに目覚めの準備を始めているように見えました。ふくらんできたガマズミの冬芽。ひょろんと伸びてきた真っ赤な冬芽は誰のものかな?ツヤツヤの鱗片が、その中の葉芽をしっかりと守っています。木の枝にしがみついたままの木の実たちは、すっかり乾き、色褪せていました。ムラサキシキブガマズミマユミヘクソカズラヘクソカズラは木の実ではなく、草の実ですね。中に種子はあるのかな?それと...大寒の頃の北多摩散歩〜樹木ウォッチング〜

  • 小さな天使たちとお出かけ

    今年初の三ツ池散歩。友人とその子どもたちと一緒にお出かけ。小さな子どもって、ほんと天使♪一緒に鳥を見たり、葉っぱを探したり…。双眼鏡に何が映っているのかは、不明ですが、とりあえず楽しそうに眺めてくれていたのでオッケー。なんと、カワセミも登場!天使は幸運も呼び込んでくれるのです。スマホのみ↑双眼鏡×スマホ↓これは、なかなか熟練の域に達してきました←いつもの自画自賛(笑)かなり長い時間、じっとしていてくれたので、天使たちも青い鳥を確認!!カラスも間近にやってきました我々はお昼ご飯中。食べ物を狙ってやってきたと思われます。天使たちはよろこんでいたけれど、ちゃっとヒヤヒヤ。何事もなくてよかった。間近でみると、嘴の鋭さはかなりの迫力。手すりに付いている綿毛を見つけて、海(池)に落ちないようにと救助中!!なんて、かわいいん...小さな天使たちとお出かけ

  • 蕗の花咲く頃の木々の様子

    本日より大寒。寒さもついにそこに到達。→款冬華(ynwc的な日常)前向きに捉えれば、ここを乗り切ればだんだん暖かくなってくるということ。木々の冬芽も動き始めてきたようです。直売所にも枝物。梅、蝋梅、ネコヤナギ…どれも1本50円。50円なのに、この手厚さ。ありがとうございます!!梅とネコヤナギをお買い上げ。梅の蕾は霜で少し傷んでいるようだから、ちゃんと咲くかは疑問だけれど…野趣溢れてて良いではないですか。蝋梅は12月末に買ったものが長く楽しめましたが、そろそろおしまい。枝物が合わせて150円。去年の3月にいただいたアレンジに入っていたドラセナが健在。そして、野菜の切れ端から伸びてきた葉っぱたち。これから蕾や葉芽が膨らんでくるのが楽しみです。さて、こちらはセンダンの木。葉の落ちた枝に生成色の丸い実が目立っています。...蕗の花咲く頃の木々の様子

  • 真冬の森カフェ

    少し間が空きましたが、元気にやっております。さて、1/14に出かけた今年初の早朝北多摩散歩。真っ白な富士山もくっきりな朝。寒いけれどコーヒー持参!!極寒の森で飲むコーヒー。これはこれでいいじゃないか…とりあえず防寒も完璧。なりふり構わず、暖かさ重視。何枚きてるんだろう(^^;;これだけ着込めば真冬の森も怖くない!!朝日が昇ってきたばかり、冷たく、張り詰めた空気が満たす森の中。コーヒーの湯気がなんとも気持ちを和ませてくれます。年末年始、人と会う機会が多く、とても楽しく充実した時間を過ごしたわけですが、やっぱりわたしはこういう一人の時間がとても好きです。枝と枝を飛び交う小鳥たちをぼんやりと目で追いながら、だんだんと頭の中が空っぽになって、体から力が抜けて、気がつくと心が膨らんでくる感じ。シングルライフが長いから一人...真冬の森カフェ

  • 雉が鳴く頃の北多摩散歩

    小寒も末候。→雉始鳴(ynwc的な日常)小正月を迎え、今年最初の北多摩公園詣。徒歩で行ける駅前の公園にはすでに行きましたが、自転車を使っては初めて。雪が降ったり、横浜に帰ったりと、なかなかいつものルーティンで動けなかったのですが、ようやく日常が戻ってきた感じ。まずは山頂(80m)のお社にご挨拶。今年もよろしくお願いします!!それにしても寒い、寒い。そんな寒い森にも生き物の気配がちらほら。分かりますか↑真ん中あたりにありますよ。木の枝に卵を産むのはハラビロカマキリ。お母さんが作ってくれた、空気の層がたっぷりのウェハースのような卵鞘。その中でたくさんの命が春の訪れを待っています。手すりのくぼみにすっぽりとハマって寒さを凌ぐフユシャクの成虫。よく見るとふわふわの毛で覆われています。敵が少ない冬を狙って繁殖する数少ない...雉が鳴く頃の北多摩散歩

  • 真冬の空を見上げる

    寒いけれど、一点の曇りもない冷たく澄んだ空。ここ数日、そんな空を見上げることが多いです。上の写真は一昨日の夕方茜色の夕焼け。葉を落とした木々のシルエットがくっきり。空にはお月様だんだんと満ちて、18日には今年最初の満月を迎えます。そして、昨日の朝。曇り空が晴れていく瞬間の彩雲♪今年初めての虹色♪いいことあるかな?寒い日が続きます。気になるのは日本海側の異例の豪雪。どうか皆様安全にお過ごしください。【昨夜のおうちごはん】・ザ・インスタントラーメンせめて野菜はたくさん入れてみました(^^;;今日もいい日になりますように!真冬の空を見上げる

  • コケリウム順調〜ズボラでもできる室内グリーン〜

    ※今日は曇りなのでこれは昨日の朝焼けおはようございます。寒い朝が続きます。毎朝布団から出るのが一仕事(笑)寒い北多摩ルームを癒してくれるグリーンたち。11月に鳩ノ巣渓谷の道ばたからいただいてきたコケたちは順調に生育中♪→ズボラでもできる部屋のグリーン化計画左側は12/10に撮影。右側は1/11に撮影、ほんと、ズボラでも大丈夫。たまに霧吹きで水をかけるくらいですが、寒い冬でも成長しているようす。新たなシダ類(?)の発生も確認。瓶の左下にこれまではなかった葉が見えます。並べてみると、観察力の乏しいわたしにも違いが見えてくるのでありがたい。ちなみに普段わたしが使っている編集アプリはこちらです。→MOLDIV無料版でも多様な使い方ができるので愛用してます。無料なので、広告がうるさいのはいたしかたなし(^^;;動画はiP...コケリウム順調〜ズボラでもできる室内グリーン〜

  • 和の設〜横浜山手新春の装飾展〜

    成人の日、友人とのランチで訪れた横浜山手エリア。せっかくだからと洋館に立ち寄ってみたところ、「新春の装飾展」が行われていました。このエリアはかつての外国人居留地。今ももその面影が残る異国情緒あふれ地域。7つの西洋館は一般公開され、季節ごとにイベントが開催されています。6月の「花と器のハーモニー展」、そして12月の「世界のクリスマス展」は、とても大規模な装飾展ですが、実はこうして、時々ひっそりと(?)行われる短期の装飾展があります。これまで見たのはお正月やひな祭り、端午の節句、ハロウィンなどに合わせた飾り付け。ひょっとしたら他にもあるのかもしれません。お正月はなんといっても和の設。絢爛豪華!! しかも洋館の雰囲気と相まった和洋折衷が醸し出すなんとも言えない空間。ゴージャスなものももちろん素敵ですが、和ならではのシ...和の設〜横浜山手新春の装飾展〜

  • 鏡開き〜お正月の飾りを片付ける〜

    今日は1月11日。神棚に備えていた鏡餅を片付ける日です。鏡開きってやつですね。というわけで、鏡餅を食べることに。小豆粥は本来か正月である15日に食べるのが正しいのですが、15日は時間がなさそうなので、合体したないました( ̄▽ ̄)年神様のパワーがうつっているとされる鏡餅。飾って、片付けて、食べるまでの一連の流れがしきたりというわけです。ちなみに我が家の小豆粥は、塩味で、そこに好みで砂糖をかけていただきます。ご飯に砂糖をかけるとか、ちょっとびっくりですがこれって一般的な食べ方なのでしょうか?そうそう、お餅よりも目立っていた北多摩産の「だいだい」は、子どもの頃にやっていたみたいにお湯で割って、蜂蜜を入れてホットドリンクにしました。最近は飾り用のプラスチックのもので代用していたから、久々の「だいだいドリンク」♪お餅を食...鏡開き〜お正月の飾りを片付ける〜

  • 地下水が温かくなり始める頃のあれこれ

    今日から七十二候は「水泉動」。→小寒次候(ynwc的な日常)全くそんな気配はないですけどね( ̄▽ ̄)先日も雪が積もったばかりですし…。北多摩ルームは寒くて寒くて、これから迎える大寒を前に暖房器具を増やすか否か、迷いに迷っております。雪はあっという間にとけたわけですが、雪によって風景が一変するさまもおもしろいものです。さて、そんなこんなで寒い今日この頃。なかなかいつもの公園にも出かけられず…北多摩ルームから徒歩圏の最近のあれこれをとりとめもなく…センダンの実ツルフジ???カシワバアジサイの芽キンカン葉牡丹バラ〜ハクモクレン三連休もおしまい。明日ももいい日になりますように!地下水が温かくなり始める頃のあれこれ

  • 真冬の森の生き物たち

    おはようこざいます。今日も早朝より自然観察教室のお仕事。冬は夜明けが遅い(>_<)実は冬至より少しずれて、今がいちばん日の出が遅く、東京で6:51頃です。いちばん早いのは6月頃で4:25。なんと2時間半近くも変わります。さて、正月ハイキングで出会った真冬の森の動植物たち。冬枯れの森で目立つのはやはり赤い実。中でもヤブコウジはとても数多くありました。マンリョウ、センリョウに合わせて「十両(ジュウリョウ)」なんて呼ばれることもあります。同じ赤い実でも、ツルリンドウはすでにしわしわ。このあと何度も霜にあたり、凍ったらり、溶けたり…。もっとしわしわになりそう。落ちずに残ったスズメウリの実は、中の種子がすっかり透けて見えていました。こんなに寒い森の中で、すでに咲き始めているかの早い花もありました。↑キランソウです。別名「...真冬の森の生き物たち

  • 垂り雪〜しずりゆき〜

    想定外の積雪から一夜明けた昨日。外は白銀の夜明け。白銀というには少し雪が足りない?ワクワクして眠れなかったというより、外気温が氷点下5度まで下がった朝。暖房器具がエアコン1台という北多摩ルームはめちゃめちゃ寒い。布団てやつは、床に近い分ベッドより寒いのかも。凍りついたような北多摩の街。雪だるまだけが嬉しそう。日が昇ったので、活動開始。北多摩の雪景色に会いに行きます。凍った道路を慎重に進みます。時々、木や電線から雪がサラサラと落ちてきます。その様子がなんとも美しく…絵になるなぁ。北多摩の雪景色。そして、キラキラ、さらさら降ってくる雪!!あまりに美しいので調べてみると「垂り雪(しずりゆき)」という呼び名があるようです。美しく雪が落ちていく様子はこちらの動画でどうぞ↓実際はもっと美しかったのですが、iPhoneの性能...垂り雪〜しずりゆき〜

  • 23区に大雪警報〜雪

    昨日は4年ぶりに23区に大雪警報が発令されたとのこと。ちょうどその頃新宿駅前で撮影。北多摩はさぞ降っているのだろうと家路を急ぐと、警報が発令されたのは首都圏近郊、23区だけだったようで…。仕事も始まり大混雑の中央線に揺られるうちにだんだんと雪は小降りに。それでも今シーズン初の積雪。これは楽しまなきゃ(≧∀≦)ということで、ささやかな雪景色を如何に壮大に撮影するか選手権(参加者1人)の開幕(笑)20分の道のりを1時間余りかけて帰宅しました(^^;;でもね、はしゃいでいる大人はわたしだけではないようで…。真っ暗な公園で雪だるまを使って撮影している方もいらっしゃいました。親近感〜♡歩道にも雪だるま!小さかったですけどね!!…というわけで、わたしも室内雪遊び。外は寒いですからね。雪を持ち帰り玄関で作成〜。3年前に石川県...23区に大雪警報〜雪

  • 正月料理のリメイク

    お正月のために作った(作ってもらった)お煮しめ。我が家はバラバラに煮る派。今年は順調に食べ進み、ほとんど余ることがなかったのですが、わたしが苦手なにんじんだけは、5日目にして、まだだいぶ残っていました。ごぼうや里いもも残っていれば、甘めの豚汁風にしてもいいかなぁ、なんて思っていたのですが、にんじんだけなので和風ポタージュにしてみました。【材料】・汁をよく切ったお煮しめの人参・キャベツ・コンソメ・味噌・牛乳・乾燥パセリ分量は適当というか、自分の舌を信じて味付け(笑)これが思っていた以上に美味しくできて大満足。すごいぞ、わたし!!!乾燥パセリはレンチンして作っておくと保存がきいて、何かと便利。そしてお正月の残り物ランチ。ちなみにお煮しめの煮汁でお雑煮も作ってみたのですが、ちょっと甘すぎでした。すき焼き風煮とかならよ...正月料理のリメイク

  • セリが育つ頃〜今年の目標を考える〜

    おはようございます。昨日は今年の干支にちなみ、虎丸山に登って、虎丸神社にお参りしてきました。本日より小寒。→芹乃栄(ynwc的な日常)山梨県都留市にある裏山といってもいいくらいの小さな山です。周辺には山並みが続き、この山を通って様々な山にアクセスできるハイキングコースがあるようです。我々(学生時代の仲間3人)は虎丸から能岳を通り、八重山を巡る周遊コース(コースタイム2時間半)を歩きました。山頂からは富士山が見えて気持ちの良いハイキング!さて、そろそろ今年の目標でも考えようかな。このところ運気低迷。昨年末に善光寺で「凶」を引き当てたことに続き、初参りとなった高尾山の薬王院でも再びの「凶」。これまた、身も蓋もない内容に打ちひしがれています。確かに己を見直さなければいけない時期なのかも…昨年はなんだかんだ、体の不調が...セリが育つ頃〜今年の目標を考える〜

  • 高尾山口で流星群★〃

    昨日は夕方から高尾山へ。5〜6年前から学生時代の同期メンバーと新年の山歩きをしています。去年のお正月はそんな状況でもなかったので、今年は1年ぶりの再会。まずはムササビを見ようと山頂近くで待機してみたのですが、残念ながらムササビは見ること叶わず…こんな感じに滑空する姿を見たかったんですけれど…。残念。ムササビは空飛ぶ座布団とも呼ばれていて、ここ高尾山は有名な観察ポイントの一つ。ケーブルカーの駅前にも像が置かれています。しかしながら、寒い中待った労力は美しい夜景と夜のひっそりとしたお寺の雰囲気にむくわれました。学生時代の仲間ですからね。会えばたちまち、あの頃に戻り、道中笑いの絶えないこと…(笑)夕飯を食べて、おしゃべりして…。日付けが変わる前に就寝。そして今朝5時既に灯がついた高尾山口駅を横目にケーブルカー駅付近の...高尾山口で流星群★〃

  • 穏やかな三ヶ日〜お正月のあれこれ〜

    ※明日1/4の日の出前、しぶんぎ座流星群が見頃を迎えます!新月ですので絶好の観測チャンスですよー!!!青空に大きな虎が駆け抜ける姿を、目撃したのは昨年の大晦日。例年になく暮れの仕事を頑張れた我が家。珍しくもワインなどを嗜みながら紅白を見ました。この冬は庭のセンリョウが豊作だったことに加え、ご近所の花屋さんが閉店間際の半額セールをしてれたおかげで、部屋の中はグリーンがいっぱい。自己満足に浸っていたところ、古いしめ縄やお札を神社に納め忘れていたことにはたと気がつき…(^^;;大晦日の22時。完全防備で神社へ向かう怪しい人影…(笑)まだ人が並び始める前のひっそりとした神社。これはこれで良いものを見たな…。お札としめ縄はここへ↓これでスッキリと新年を迎えられました。翌朝は初日の出太陽の光って本当に偉大。新年最初の朝日を...穏やかな三ヶ日〜お正月のあれこれ〜

  • 北多摩暮らしランキング2021

    すっかり年も明けてしまいました。YNWC的な日常では恒例となっている「ブログ記事ランキング」。今年は「北多摩暮らしランキング2021」として、昨年を振り返ってみようと思います。昨年アップした記事は347(北多摩暮らしに移行してからは256)。これらの記事を振り返り、勝手にランキングしちゃうっていうのが毎年恒例の企画です。自分自身の振り返りと備忘録としてのものですが、もし気になる記事があれば読んでいただけると幸いです(全ての記事にリンクが貼ってあります)。それではどうぞ(*´︶`*)/第10位(3月28日)部屋を借りるって結構大変※写真はイメージです(笑)昨年のいちばんの出来事(というか人生においても上位にランキング)といえば、新天地での仕事に就いて、北多摩に部屋を借りたことなのですが、とりあえずはその部屋に落ち...北多摩暮らしランキング2021

  • 雪の下で麦が目を出す頃〜新しい年がやってきた〜

    明けましておめでとうございます。今年は快晴の元旦。→雪下出麦(冬至末候)横浜の自宅からほど近い川辺も人で賑わっていました。実際の日の出より少し遅れて、鉄橋から朝日が顔を出すと、示し合わせたように鳩の群れが通り過ぎて行きました。なんてナイスな演出!!!よろしければ元旦のお日さまパワーを浴びてください↓さて、1年の振り返りも終わらぬままに新年を迎えてしまったわけですが、珍しく昨夜はワインなど飲みながらゆっくり紅白を見るという、例年バタバタな我が家では考えられない平和な年越しとなりました。ワインを飲むなんてならないことをしようとして、おつまみは美味しそうに作れたものの、誤って蕎麦まで作ってしまい、飲み始めてから蕎麦は〆だと気が付きました(笑)なまはむにカマンベール、そして北多摩の金柑ジャム。これなかなかイケてましたー...雪の下で麦が目を出す頃〜新しい年がやってきた〜

  • あっという間に大晦日

    大晦日の朝は北多摩ルームで迎えました。一昨日は突貫作業で大掃除したため睡眠時間3時間。その後夢の国を満喫したので、久々にパワーポイントが0になりした(^^;;今日も大掃除の続きですが、北多摩ルームのこの子たちが気になって、一時帰宅。初夏にいただいた改良メダカの楊貴妃です。初めの頃何匹か天に召されましたが、その後夏になって繁殖し、一部は職場へ連れて行き、10匹手元に残っています。冬もベランダでいいかなと思っていたのですが、北多摩は寒い!!しかも寒波もやってくるしで、中に入れて正解。北多摩ルームは窓が多いので日が出ている昼間は暖房いらず。メダカたちの食欲も再び旺盛になってきました。直売所で買ってきたロウバイの蕾も留守中にすっかり開いてました3日前は1厘ほころびかけているもの以外、全部つぼみだったんですよ。もっとも日...あっという間に大晦日

  • 年神さまを招く準備

    昨日は外回りと玄関を掃除し、家の中の窓を拭きました。年末ですからね。早く掃除を済ませてお正月の準備をせねば…。作業はなんでも準備が大切と、最近ようやく気づきました。準備をバッチリしてしまえばあとはスムーズ♪今年はかなり段取り良くできたので満足。一通り掃除を終えて、花の準備まずは庭のセンリョウを切りました。いい感じ!!センリョウは今年花が咲いた枝には来年は花が咲かないとのこと。剪定兼ねて気兼ねなく切れます。↑来年はこの子たちが咲いてくれるのかな?今年は豊作なのか、鳥たちの餌が豊富なのか…。防鳥ネットが足りなかったところもあるのに、まだほとんど残っています。。お正月を過ぎたらネットは外してやろうと思いますが、鳥たちは食べにきてくれるかしら?とりあえず玄関から居間までの動線は綺麗になったので、神社へお札をいただきに行...年神さまを招く準備

  • 北多摩で日帰りカフェ旅〜厳選カフェ3店〜

    月曜日、前職の友人と久しぶりに再会。北多摩でランチからのカフェ巡り。初めに訪れたのは国立駅から徒歩10分ほどにあるカフェおきもとさん。昭和初期に建てられた洋館を維持管理するために始めたというカフェレストラン。庭に設けられたテラス席も素敵ですが、さすがに寒いのでこの日は2階席。ベルでオーダーチリンチリン…岐阜から届いた鹿肉を使ったボロネーゼと鶏レバームースのカナッペ。スープとサラダがついて1800円。少しお高めの設定ですが、この洋館を後世に残すための一助になると思えば惜しくない。部屋の入り口に飾られたスワッグやリースも素敵♪ランチ後は中央線で一つお隣の西国分寺へ移動。武蔵国分寺公園を横切り、武蔵国分寺の跡地などをのんびり見ながら国分寺駅を目指します。国分寺薬師堂の仁王門。「あ」と「うん」の口の形の仁王様達。その仁...北多摩で日帰りカフェ旅〜厳選カフェ3店〜

  • 氷の華が咲く〜シモバシラ〜

    氷点下3度の北多摩の公園自転車のハンドルを握る手が、手袋をしてるのにジワジワしてきます。ようやく登ってきたお日さま。目指すはシモバシラの小群落。落ち葉に霜がついている!!これは、期待できるかな?目指すシモバシラは霜柱ではく、植物のシモバシラ。霜柱も綺麗ですが、シモバシラにつく氷柱は自然が作る芸術作品!ありましたーっ(≧∇≦)すでに枯れたシモバシラ(シソ科)の根本に氷の花が咲いています。毛細管現象で吸い上げられた水が、脆くなった茎の亀裂から染み出してたから氷の柱!!!いろんな形に凍ります。友人が撮影した日の出前のシモバシラ↓日の出後、わたしが撮影したシモバシラ。おそらく同じシモバシラです↓さ、咲いてる〜!!!!本当に花が咲くみたいに開きました♪この美しい氷の芸術を地面に這いつくばるようにして、撮影していると背後の...氷の華が咲く〜シモバシラ〜

  • トナカイが角をおとす頃のガーデニング事情

    寒いです。今朝の北多摩は戸外の気温は氷点下3度。日本全国凍りついています。皆様ご自愛ください。さて、暮れも押し迫って参りましたが、横浜の小さなマイガーデンは荒れています。このところ手入れしてなかったからなぁ…。元気なのはマンリョウとセンリョウ。特にセンリョウは裏庭で広範囲にわたって豊作。防鳥ネットをかけたところとかけていないところがあるのですが、とりあえず鳥にも食べられていません。お正月が過ぎたらネットを外して鳥たちに振る舞おうと思っています。種まきしてくれるし。カシワバアジサイは絶賛紅葉中間もなく落葉かな。冬はどうしても花が少なくなりがちです。緑しかないじゃん(笑)クリスマス飾りの撤去はぴよよんさん(姉)にお願いしてきたのですが、ちゃんと外してくれてるかなぁ…。明日の夜から横浜に帰宅する予定なので、帰ったら大...トナカイが角をおとす頃のガーデニング事情

  • 金柑ジャムとヨーグルト

    少し前に、直売所で買ってきた金柑(左隅)がかなりパンチのある味(要するに酸っぱすぎ>_<)でしたので、ジャムにすることにしました。輪切りにするのがちょっと面倒ではありますが、わたしは甘露煮よりもジャム派。種を取り除きながら、地道に輪切り。TVerでバラエティ流しながらもくもくと…。台所もリビングも寝室も、全てワンフロアな北多摩ルーム。狭い方が快適に暮らせるのかなと思う今日この頃。いつのまにか、出来るだけ可愛い断面を目指していたり…これを鍋に入れ、砂糖と水を少々。水入れすぎたら蒸発させればいいかなぁ…、くらいに適当にやってます。砂糖は金柑の80%くらい?あとは皮が柔らかくなるまで煮るだけ。1時間くらいかかって、途中で水を足しました(^^;;金柑の皮は生でも食べられるくらいなので、茹でこぼしする手間がないのが素晴ら...金柑ジャムとヨーグルト

  • 世界のクリスマス2021

    本日はクリスマス。昨日は横浜山手西洋館恒例の「世界のクリスマス」を見に行ってきました。このイベントは西洋館ごとに国を決め、その国に因んだクリスマスの装飾を行うというもの。取り上げる国は毎年変わります。去年はコロナの影響でひっそりと縮小開催でしたが、今年はずいぶんと復活。ただし、見学は10分程度を目安ということで館内での写真撮影はどこも禁止。一部外から撮れる飾りもありましたが、やっぱり残念。今年も素敵な飾りがいっぱいあったんです。記録しておきたかったなぁ。チェコの藍染のテーブルセンターとか、繊細なアイシングクッキーとか…豪華なリボンをふんだんに使ったリースとか…今年はテーマ国に「日本」も含まれていて、バタークリームのケーキがあったり、紙で作った長靴に入ったお菓子があったり…館内の飾りはもちろん、港周辺の庭園は冬だ...世界のクリスマス2021

  • クリスマスカクタス咲く〜今夜はクリスマスイブ〜

    職場の窓辺でシャコバサボテンが満開間近。葉っぱがシャコ(寿司のネタになるやつ)に似ていることから。とても綺麗な花なのに、なんとなく生臭いイメージを持ってしまいます(^^;;そんな影響もあってかないのか、海外で呼ばれている「クリスマスカクタス」なんていう呼び名も使われているようです。「クリスマスの頃に咲くサボテン」という意味ですが、呼び名が変わると印象も変わってくる気がするのはわたしだけ?写真や絵画などアート作品もタイトルによって、見る印象が変わってきますよね。名前って、大切!!このシャコバサボテンは前任の方が育てたらしたもので、それを引き継いだのですが、見事に咲いてくれて嬉しいです。とても丈夫で、こんなケースの中に入れられた葉っぱの先にも花芽がついています。何年もこの状態なのかもしれませんが、それでも生きてる!...クリスマスカクタス咲く〜今夜はクリスマスイブ〜

  • 夏枯草の芽が出る頃の北多摩散歩

    冬至の初候は「乃東生」乃東とはどうやら夏枯草(ウツボグサ)のことらしい。なぜ、あえて(地味な)ウツボグサなのかなって思うのですが、この候は夏至の「乃東枯」と対になっていので、通常は冬に枯れるのに、冬に芽を出し、夏に枯れるウツボグサが選ばれたのかもしれないです。でも、未だウツボグサの発芽を見たことがありません。webで調べてみると、種まきの季節は2月頃とも書かれているので、本当にこの季節に芽を出しているのかも謎です。さて、そんな冬至の初候の北多摩。森の中の赤も、随分と少なくなってきました。そんな中、目立っていたのが常緑樹の赤い実たち。マンリョウクロガネモチクロガネモチの「モチ」お餅じゃなくてモチノキ科の「モチ」。直売所で買ってきたこちらもモチノキ科↓ヤバネヒイラギモチやっぱりお餅を連想してしまいます(笑)でもモチ...夏枯草の芽が出る頃の北多摩散歩

  • 北多摩ルームで迎える冬至

    本日は1年でいちばん日が短い「冬至」。→乃東生(ynwc的な日常)太陽の力がいちばん弱まる日として、マイナス思考で捉えることもあれば、今がどん底でこれからどんどんパワーが満ちてくるとプラス思考で捉えることもできます。冬至の日の出・日の入りは「再生の日の出・日の入り」とも考えられ、礼拝する習慣もあるそうです。今日は日の出も日の入りも綺麗に見えた北多摩。せっかくなので冬至らしいことあれこれ。まずは柚子湯!お風呂の扉を開けると爽やかな柚子の香り。ちなみに北多摩ルームの風呂釜はとっても小さい(笑)柚子湯は体を温め、風邪をひかない体を作ってくれるそうですが…わたしは肌は弱い方なので、予想通り、ちょっとピリピリ(^^;;わかっていたけれど、せっかくなので…(笑)あとでタネを取り出して、柚子種チンキを作る予定。→ようこそハー...北多摩ルームで迎える冬至

  • 明日は柚子湯の日〜柚子ジャム完成〜

    北多摩ルームに程近い直売所。袋にたっぷりと詰められた柚子が、なんと100円!!買うしかないでしょっ。だって明日は冬至。柚子湯の日です。とりあえず新聞紙で袋を作って(これ覚えておくとなにかと便利)、テーブルに並べてみました。→役立ちます!100均の瓶と新聞紙(ynwc的な多摩暮らし)いい香り〜明日は湯船に浮かべようと思います!!そして、本柚子もゲット。よく洗っあと、ピーラーで皮を剥き、千切りに。これを、3回ほど茹でこぼして、苦味を抜いておきます。鍋に果汁を絞り、種を避けてから内袋をもぎ取ってそれも鍋へ。種もお茶パックなどに入れてから鍋へ。そこに茹でこぼした皮を加え80%ほどの砂糖を加えます。お水を少し足してコトコトと8分ほど。タネを取り出した後は、好みの硬さになるまで煮詰めます。柚子の種はペクチンが多いので、水っ...明日は柚子湯の日〜柚子ジャム完成〜

  • サケが群がる頃の北多摩ローズカフェ

    3日ぶりの投稿です。この週末、遊び疲れて更新が滞っていました。なお、こちらの記事はアップしたつもりができていなくて、時期がずれています。すみません(^^;;12/17より大雪末候。→鱖魚群(ynwc的な日常)久しぶりに国分寺駅前にあるローズカフェへ行ってきました。真冬なのにまだ咲いていましたよ♪個人宅なのに、手入れがいいなぁ〜バラ以外、セージの仲間も何種類かありました。さすがにテラス席は寒いので、室内に戻ってカフェタイム。部屋の中にもバラ♪庭を眺めながらのんびりタイム。わ、わ、わ。かわいいデコレーションがほどこされて、ケーキセットが到着。かわいい〜。アップルパイとイングリッシュローズティーのセット(800円)ゆっくりとした時間を楽しんでいると、だんだんと日が傾いてきました。テラスに出て撮影タイム!バラと富士山と...サケが群がる頃の北多摩ローズカフェ

  • 八ヶ岳南麓自然体験ツアー〈無計画に歩く編〉

    さてさて、少し間が空きましたが、清里2日目は温泉スタート!!そして、ホテルの散策路をお散歩。散策路にはセルフガイドツアーができる看板が各所に設置されていて、なかなか気の利いたサービス♪クリとかタラの芽とか、今は季節じゃない美味しいものを眺め、どんぐりやツチグリ?を発見し…霜柱をザクザク踏みながら鳥の声に耳を傾けたりしましたよ。途中の湧水にはわさびらしきものが生えていて、かじって確かめたりもしてみました(笑)お腹が空いてきた証拠?足早にホテルに戻り朝食!デザートまでしっかりと食べ、チェックアウトタイムギリギリになってようやく出発まずは甲斐大泉駅を目指して歩き出したのですが、途中トラップが多すぎ。並べられたリースに引き寄せられるように近づくと、そこはドライフラワーとアレンジメントの専門店。うわぁ〜見るもの全てに大興...八ヶ岳南麓自然体験ツアー〈無計画に歩く編〉

  • 八ヶ岳南麓自然体験ツアー〈天体観測編〉

    ★本日ふたご座流星群極大です!→文末に詳細あります。今回お世話になりました「ロイヤルホテル八ヶ岳」こんな広いお部屋で朝食もついて、なんと7500円!!そして、なんといってもこのホテルには天体観測ドームがついているのですっ!!す、すごい!!八ヶ岳南麓は晴天率がとても高く、空気も澄んでいるため、星空観察には最高の場所。そんなわけで、毎晩、星空観察会が開かれていらのです♪天体ドームのある屋上へ行くと2名の天体ガイドさんがいらっしゃり、望遠鏡で月や木星を見せていただけたり、今見えている星を解説していただけたり…というわけで、口径28cmの大型望遠鏡から覗いた月とすばる。大迫力!!木星は明るすぎて、うまく写真が撮れませんでしたが、縞模様まで綺麗に見えて感激!!!月齢5.6ということで、満点の星空を体感するには条件が揃って...八ヶ岳南麓自然体験ツアー〈天体観測編〉

  • 熊が冬眠する頃の自然観察

    本日より大雪次候。→熊蟄穴(ynwc的な日常)すっかり忘れておりました(^^;;自然観察教室のお仕事帰りのカフェにて思い出しましたー(^^;;そして、このところ北多摩を歩いていないっ!!!!!しまったーーーーーっ。というわけで、これからが本番の冬芽と葉痕を紹介。八ヶ岳南麓で見つけた可愛い妖精たち♪きっと北多摩にも可愛い妖精がたくさんいるはず。写真のイメージよりずっと小さいんで見逃しがちなんですけどね。まずは紫陽花の枝をよーく見てみてください。きっと妖精に出会えますよ(о´∀`о)おまけ。シュウメイギクの綿毛。これも八ヶ岳南麓で見つけたのですが、この辺りにもたくさんあるはずですよね。シュウメイギクがこんな綿毛をつけるなんて知らなかったぁ…。ものすごくふわふわ。こちらも探してみてください!!【今日の夜ご飯】オムライ...熊が冬眠する頃の自然観察

  • 八ヶ岳南麓自然観察ツアー

    10(金)、11(土)と1泊して八ヶ岳南麓でのんびりと自然観察を楽しんできました。何回かに分けてその様子をアップしたいと思います。スタートは中央線小淵沢駅。駅舎が新しくなっていてびっくり。北多摩を6時に出発して、各駅停車で3時間。途中、甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳、富士山なんかが見えてきてワクワクしているうちに到着。お迎えのバスに乗り換え、向かった先は清泉寮。富士山ど〜んっ。やはりここからの風景は最高!なってったって日本の高い山ベスト3が1度に視界に入ってきますから!!おまけに虹色①富士山(3776m)②北岳(3193m)と間ノ岳(3190m)③↑ちゃんと撮ったつもりが③はトリミングしてうっかり消してしまったようです(^^;;そして、この素晴らしい景色を眺めながら食べるのは…ジャーン。清泉寮の売店「ジャージーハット」のソ...八ヶ岳南麓自然観察ツアー

  • ズボラもできる部屋のグリーン化計画

    昨夜は月と木星のコラボ。火曜日は同じ位置に金星、水曜日は土星が出ていたようです。雨とか曇りで見えなかったのが残念。なお、14日(火)は双子座流星の極大です。さてさて、コケリウム。その後順調です。→森歩きのお土産〜コケリウムに挑戦〜「ynwc的な多摩暮らし〜もっとも順調なものとそうでないものがあるけれど…こちらの容器には、余ったコケをごちゃごちゃと入れていたのですが、枯れてきたものもあり、見栄えが悪くなりした。コケによって生育環境が様々なので淘汰されてるんでしょうね。ズボラなわたしはコケに合わせる努力はせず、生き残ったものを愛でます(笑)枯らしちゃったコケの皆さん、ごめんなさい。そんなわけで綺麗なコケたちを植え替え(詰め替え?)てみました。瓶はダイソーで入手してきました。これは蓋がなくて100円。こちらは蓋付きで...ズボラもできる部屋のグリーン化計画

  • 手軽に始める部屋のグリーン計画

    北多摩ルームのミニキッチン最近、直売所に花が置かれていないことも多いのですが、そんな時に役立ってくれるのが野菜!ニンジンとか、大根とか、ネギとかの切れ端を水につけておくと、葉が伸びてきます。新鮮なものでないと葉が出てもすぐに腐ってしまうこともありますが…(^^;;直売所で買ってきた野菜たちは好調です。これ、食べることも可能なので、料理のアクセントにも使えます。緑が入ると美味しそうに見える!!野菜の水栽培は眺めて、食べて一石二鳥。それから、いただいたアレンジメントも再利用。↓バラとシダガーベラリンドウ+ツルウメモドキのリーストルコギキョウとカスミソウプラストウモロコシの皮で作った花部屋に植物があると、なんだかホッとできますよね。枯れてしまってもいい感じだし、野菜の再利用だって悪くない。アレンジメントに入っていたド...手軽に始める部屋のグリーン計画

  • しましまを作る〜地層の話〜

    今、仕事で地層について学んでいます。上の写真は埼玉県西部にある小鹿野町の路頭。3年前に撮影。ここすごいんです。高さ100.m、幅400mにわたって、ばっちりと地層が観察できるうえ、化石まで見つかります。→地中に埋まるロマン〜化石の話〜(ynwc的な日常)地面のしましまがどうやってできたのか?その謎を探るためのモデル実験をしてみました。これ、クラフトで使われるカラーサンドというやつを使っているのですが、色の違いがはっきりと出て分かりやすい!!しかも今や動画が気軽に撮影、編集できるから、何度も確認できてとっても便利。すごい時代になったなぁと思います。本当はお客様と実際の川や地層を見に行きたいのだけれど、時間的にとても無理。少しでも身近に感じてほしくて、これの登場です。→奥多摩のお土産(ynwc的な北多摩暮らし)生き...しましまを作る〜地層の話〜

  • 万物が閉塞する頃の北多摩の木々

    本日より大雪初候。→閉塞成冬(ynwc的な日常)通勤路のケヤキ。全て落葉する前に先週末に一気に剪定されました。この風景だけでも冬を感じます。職場の木々もすっかり葉を落とし、残りわずかマルバノキ↓↓↓コナラ↓↓↓実は最近北多摩のまちをあまり歩いていません(^^;;緊急事態宣言が解除されて2ヶ月。日の出も遅くなり、朝の散歩ができなくなり、土日は自然観察教室の仕事が入ることも増え、横浜と北多摩を行き来しているとなかなか…なんて言い訳してますが、寒くて出不精になっているだけだったり(^^;;季節は冬本番。しかも今朝は雲も多かった(>_<)万物が引きこもる頃らしいですが、そんなの跳ね除けて、期間限定の北多摩ライフを楽しまないと!!シダーローズも今頃がシーズンだろうし…→早起きは三文の徳(ynwc的な日常)行けるかな?行け...万物が閉塞する頃の北多摩の木々

  • 自然を見る力〜研修会の覚書〜

    昨日は自然観察の研修会なるものに参加。駅前の広場から公園へ。日頃は素通りしてしまうような場所でも、よく見てみるといろいろとおもしろい!!コンクリートを持ち上げる根の力。普段見えないものが見える瞬間。いったい土の中はどうなっているの?一つが気になりだすと、次々に疑問が沸いてくる。何も植えられていないように見えるコンクリートのコンテナ。もしもこんな場所を年間通して観察したら?時間と空間。きっと面白い発見があるに違いない。小さな空間を棲み分ける植物たち。こちらのコンテナと、あちらのコンテナでは、生えている種類に違いがあることも発見!生えてくる植物で、土の産地が分かることもあるらしい∑(゚Д゚)そしてつながる、「草本の世界」と「木本の世界」!!!どこにでもあるものをどう見るか?意識にあがらないものは、たとえ存在していて...自然を見る力〜研修会の覚書〜

  • クリスマスツリー点灯

    我が家にクリスマスツリーがやってきました。前々からぴよよんさん(姉)が欲しがっていた大きなクリスマスツリー。ジャーン!!!どうやら、思っていたよりもずっと小さかったらしく、ぴよよんさんは意気消沈(^^;;十分なサイズだと思うのですが、一体どんなツリーを想定していたのか…∑(゚Д゚)前にアラスカのゲストハウスで見たこんなやつかな?でも、うち一般家庭だし…ここ、日本だし…来年はさらに大きなものに買い替えたいらしいです(笑)180cmサイズの買い手募集中↓さて、意気消沈するぴよよんさんは無視して、せっかくツリーがやってきたので、先週の飾りをさらにバージョンアップ。→クリスマスの準備始めました!(ynwc的な多摩暮らし)まず、窓辺に下げていたドライフラワーを手直ししてしてリボンをつけてみました。静岡から届いたユーカリ(...クリスマスツリー点灯

  • 都内でイチョウ巡り

    イチョウの黄葉もそろそろおしまい。昨日は午後から都内のイチョウの名所を2ヶ所梯子してきました。まずは神宮外苑。この円錐に整えられたイチョウがつくる並木は圧巻。緑色の葉がある一方、すでに散り始めてだいぶスカスカしかし遠目にはいい感じです!週末ははかなりの人出になりそうです。尖ってますよねー神宮外苑ならではっていう感じ。両脇に2列ずつ、146本のイチョウが配置されているとのこと。地面に伸びる木の影もいい感じ。もう少しすると一面の黄色い絨毯になるのかな?イチョウの木は古木になってくると、幹の途中から「乳(ちち)」と呼ばれる気根を生やすことがあります。↑左下「ちち」が写っています。この地にイチョウ並木が誕生したのは大正12年とのことらしいので、植え付けてから100年近くはたっているってことなのかな?さて、もう1ヶ所は東...都内でイチョウ巡り

  • 寒い夜を吹っ飛ばす?〜フットバスのススメ〜

    寒くなってきたので、暖かそうなスリッパを購入。ぴよよんさん(姉)の分と私の分。師走に入り、いよいよ冬本番という感じ。今週の初めは、寒気にやられてちょっと弱っていましたが、早めの睡眠と足湯のおかげで元気回復。↑なんだかよくわからない写真になってしまいましたが、グレーのストールの下にはバケツ(?)があり、その中にお湯を入れて足を浸けています。フットバスです。お湯は、温水に熱湯を足して用意しています。そしてその中、みかんの皮を干したもの(排水溝用のゴミネットに入れてます)と、アロマオイルを数滴。みかんの皮を干したものは「陳皮」と呼ばれ、風呂に入れれば冷えの改善と、リラックス効果が高まります。また、お茶などに混ぜれば加えて痰を鎮め、胃腸を調整してくれる効能も。作り方は簡単で、みかんの皮を剥いたら、捨てずに干すだけ。こん...寒い夜を吹っ飛ばす?〜フットバスのススメ〜

  • 柑橘類が色づく頃の横浜散歩

    本日より小雪も末候。→橘始黄(ynwc的な日常)北多摩の直売所には柚子や金柑が並んでいます。今日は12月になると見頃を迎える、ふるさと横浜のイチョウ並木のが紹介。海に近いエリアは横浜の中でも温暖で、黄葉の時期がかなり遅め。写真は先週末のもので、まだ緑も多かったので、今週末あたり見頃かなぁ。関内の横浜スタジアムから横浜港へとまっすぐ続く「日本大通り」。ここが、横浜で有名な県庁前のイチョウ並木です。夜はライトアップもされますが、去年今年は自粛モードの縮小版。日が傾き始める頃の輝きがわたしのお気に入り。そのあとカフェでコーヒーでも飲んで、夜景を眺めるなんてのも良いのですが、この日は残念ながらその時間はなく…でも、「ザ・横浜」的な空気を十分堪能。観光用の水陸両用バス「スカイダック横浜」にもあえました。このバス、この後横...柑橘類が色づく頃の横浜散歩

  • クリスマスの準備始めました

    12月になりました。街はすっかりクリスマスモード。先週末から我が家も飾り付けを始めました。まずはこちらのコニファーを剪定。その小枝を使って飾りを作っていきますよー。去年は高値過ぎて手に入れられなかったヒムロスギも、今年は350円でゲット!まずは下準備のため、使う長さに合わせて枝をカット!たくさんパーツができました。細かいものも、けっこう役に立つので捨てるところはけっこう少ないです。こんな感じ×3くらいは片付けましたけど…。作業するときにゴミを入れるトレーを用意したり、紙を敷いておいたりすると、片付けがスムーズです。その手間を惜しまないことが大切。なぜか粘土ケースがあったので、それをアルミホイルで覆い、受け皿にしました。これがちょうど良い大きさでgoodでした♪ケースに合わせて切ったオアシス(100均にて購入)に...クリスマスの準備始めました

  • きのこのこのこ

    秋から初冬にかけて、ずいぶんたくさんのきのこを見かけました。きのこって身近だけれど、よくわからない存在。そもそも本体は菌糸体であって、よく見るこの形は、花というか実のようなものだっていうし…本体(菌糸体)↓よく見る形(子実体)↓コガネタケコガネタケこれなんて、ふっくら膨らんだ球体の中に胞子がびっしり!!!3億個くらいあるらしいです。雨粒が当たると上の穴から胞子が飛び出します。つついて遊ぶ(実験?)↓ミカンをむいたようなこちらも同じように帽子を飛ばします↓ツチグリこちらの球体はきのこの赤ちゃん(幼菌)↓スッポンタケというきのこです。からの部分に付いている深緑色のグレバという粘液は、腐敗臭を放ってハエなどを呼び寄せます。幼菌を割った時の白いのは柄の部分、その周りの深緑色の部分が傘とグレバ。さいごの1枚はすでに虫によ...きのこのこのこ

  • 手作りかりんジャムと映画「川の流れに」

    寒い、寒い…。放射冷却で気温が0度まで下がった朝。たっぷりお湯を沸かして、朝からスープ拉麺(笑)最近、寒いときには中華味の野菜スープに鍋用煮込みラーメンを入れたものがお気に入り♪そて、ここ数年、この季節には「かりんジャム」を作るのが定番になってきていたのですが、今年はカリンが手に入らず…。と思っていたら、直売所で発見!1つ50円ならいいかなと、2つ買って帰ることに。カリンは硬いので皮を剥いて、切るのが大変。イメージ的にはカボチャの硬いやつを切る感じです。皮はピーラーで剥くと楽ですが、厚めに剥いた方が良いので、すこし中身も削る感じで!皮の近くが入ると渋くなることが多いです。ひたひたの水と6割くらいの砂糖(種類も量も適当)を入れて、1時間くらいクツクツと煮ます。いつのまにか赤くなってくるので不思議。これをブレンダー...手作りかりんジャムと映画「川の流れに」

  • 奥多摩のお土産

    勤労感謝の日に満喫した奥多摩紅葉ウォーキング!お土産もバッチリ手に入れてきました。まずは美しい色とりどりの葉っぱたち。洗って、乾かして、傷んだものを取り除くと、やっぱりカエデの類が残ります。なかなかいい感じのやつが拾えました♪続いては、モミの枝と見せかけて、ツンツンと痛いカヤの枝。本当はモミの枝があればよかったのだけれど、きっと遠目にはモミに見えるに違いない…。見える?これでクリスマススワッグを作ろうかなと思っています。最後は小さめの石灰岩。これはお仕事用です。でも洗っていて気づいたのですが…石灰岩じゃないやつも結構混ざってる???75個必要なんですが、足りるのか?しまったー。もう1回拾いに行く感じでしょうかね(笑)奥多摩は四万十帯〜秩父帯の古い地層を観察できる場所で、多摩川の河原では大概どこでも石灰岩を拾うこ...奥多摩のお土産

  • 北風が葉を落とす頃の北多摩散歩

    青空が広がる晴れの日も日陰に入ると寒さがしみる季節になりました。七十二候、今日から小雪次候です。→朔風払葉(ynwc的な日常)日に日に色が濃くなる職場のコナラが全てはを落とす日も間近。カラフルでポップな感じの葉っぱはマルバノキ。葉があ落ちる寸前に花を咲かせるという不思議な木。マンサクの花弁を短くしたような花です。別名ベニマンサク。背中合わせに一つずつ花をつけるようです。葉を落とす頃に咲いて、どうやって種子を作るのかと思ったら、種子が熟すのはなんと1年先の秋!!!!!時間をかけてゆっくりと実らせる作戦のようです。真昼の日差しにキラキラと輝くのはフヨウの実。ノギク(種名は未確認)もそろそろおしまい。北多摩の冬はどんなかなぁ…。寒そうですが楽しみです!【今朝のおうちごはん】まだこれから(笑)今日もいい日になりますよう...北風が葉を落とす頃の北多摩散歩

  • ついに鑑賞!ダイアモンド富士!

    ダイアモンド富士なるものを探し求め、このところご近所の公園をウロウロしていたのですが…よく考えたら職場の仕事部屋から、最近は富士山が綺麗に見えているではないですか!!ひょっとしたら、ここからでも見られちゃうのかなぁー?見られました(≧∇≦)なぁ〜んだ、わざわざ探しに出かけなくても、手の届くところに幸せはあったのね。…というのは、メーテルリンクの「青い鳥」というお話でしたっけ?念のためにミラーレスを抱えて出勤してよかったぁ。ドンピシャなタイミングだったようです!!2021年11月25日@北多摩電線があるのがなんとも日常的な感じです。芸術作品を目指すわけではないので、これはこれでお気に入りの写真。スマホでは無理だけれど、ミラーレスならもうちょっと綺麗に撮れたかもしれません。これを機に少しずつ練習してみてもいいかな…...ついに鑑賞!ダイアモンド富士!

  • ミラーボール富士とダイアモンド雲

    奥多摩へ遊びに行った勤労感謝の日の夕暮れ。先日見ることができなかった「ダイアモンド富士」にリベンジ。結果はタイトルからも明白です(^^;;空はとても澄んでいたのですが、富士山の4合目付近から山頂にかけて、べったりと雲(T_T)雰囲気的には左肩あたりに沈んでいるようなんですよね。裾野がしっかり見えているだけに残念。とはいえ、こんな光の筋も美しい!雲に沈む瞬間、太陽がピカリ。「ダイアモンド富士」ならぬ「ダイアモンド雲」?動画を確認したところ、富士山を中心に天空に巨大なミラーボールの影が見えていました(笑)これはこれで、なかなか見られるものじゃないかもしれないですね♪温泉をあきらめて、見に行ってよかったぁ。この日もたくさんの人が夕日を眺めにきていましたが、前回のように三脚についたものすごいカメラの一団は姿を消していま...ミラーボール富士とダイアモンド雲

  • 絶景!紅葉の鳩ノ巣渓谷〜古里から白丸へ歩き方ガイド付き〜

    ここは、多摩川上流にある鳩ノ巣渓谷。渓谷を一望できる吊り橋。雲仙橋の名の通り、下から見上げると空中に浮かぶ回廊のよう。そして端から下を見下ろせば、そこには素晴らしい絶景。東京でこんな素晴らしい絶景が見られるなんて!!3週間ほど前に同じ場所を訪れた時も素晴らしかった風景ですが、木々の輝きでさらに美しく変貌を遂げていました。→奥多摩散歩【前編】(ynwc的な多摩暮らし)→奥多摩散歩【後編】(ynwc的な多摩暮らし)もう前を見ても、上を見ても、後ろを見ても、至る所が美しく染まっていましたよ(≧∀≦)舞い落ちた葉が地面に散らばる様子もまた雅!!雅なんですが、これを見て「こぼれイクラ丼」を想像してしまった食いしん坊な脳内回路(^^;;岩の上も輝く落ち葉で染め上がっていました。この道を進むと、白丸ダムへ。そしてエメラルドグ...絶景!紅葉の鳩ノ巣渓谷〜古里から白丸へ歩き方ガイド付き〜

  • 消しゴムはんこと海の思い出

    久しぶり消しゴムはんこを作成。今回は海バージョン!不器用でも、絵心なくても、なんとなく味があって、配置や配色次第で世界が広がるのが消しゴムはんこのいいところ!なんてったって、押してて楽しい♪これまで作ったはんこたち↓作り始めたきっかけはこちら→挑戦!どんぐりスタンプ(ynwc的な日常)もちろん、器用で絵心があればもっと素敵なんだろうけど…(笑)今回は海辺のスタンプを使って、むか〜し拾ったシーグラスをラッピング。わたしのビーチコーミング(貝殻などを拾うこと)の定番は三浦から鎌倉にかけての海岸なのですが、コロナ以来いってないなぁ。今年は北多摩に引っ越してきたので、さらに足が遠のいています。結構拾えるものです。冬は寒いですけどね(^^;;こんな感じでラッピングできました。小さなお客様たちへのプレゼントです。最近、流れ...消しゴムはんこと海の思い出

  • 虹が見えなくなる頃の北多摩散歩

    本日より「小雪」。雨は夜更け過ぎに雪へと変わる予定。…さすがにそれはないか(笑)でも、5年前に11月に雪が降ったことはありましたよね。→ 虹蔵不見(ynwc的な日常)今年の冬は例年より寒くなりそうとの長期予報ですが、どうなることか?さて、昨夜から雨降りですが週末の北多摩は晴れ。イチョウがことさらに美しく、散歩の途中途中で足が止まりました。散歩に出る前はちょっと面倒な気もするものなのですが、一歩外に踏み出せば、どんどんとテンションが上がっていきますね。何事も「はじめの一歩」がとっても大切。小さくてもいいから一歩踏み出すことで、世界は驚くほど違って見えるものです!!まるで山の中に来たみたいな小川の流れる一角。野川公園です。野川公園には生態園があって、北多摩ルーム周辺で見かける動植物が紹介されているので、出来るだけ月...虹が見えなくなる頃の北多摩散歩

  • 各地から観測情報!ほぼ皆既月食な夜と朝

    昨日は全国的に晴天に恵まれ、全国各地で観測できた模様!絶対無理と予想されていた北海道でも観測できたようで、やはり自然現象は起きてみるまでは何が起こるかわかりませんね。わたしは、街の上を移動する月食中の月の動画を撮影したくて、ホテルまで予約しておりました(笑)旅行気分も味わいたくて♪しかし…。ホテルの立地を調べた上で、スカイツリーの方向に月が見えるとばかり思っていたのですが…。微妙に見切れてしまう方角で、部屋の窓から月の動画を撮るつもりが、ただの夜景動画になってしまいました(^^;;スカイツリーの光がくるくる回っているだけの動画はこちら(笑)↓本当はここに月が映っていて、さらにワイプで望遠撮影した月の画像を埋め込む予定だったのですが…。せっかく晴れたのに、計画倒れー(T_T)でも日の出は見えましたよ(≧∀≦)月と...各地から観測情報!ほぼ皆既月食な夜と朝

  • 環天頂アーク出現!雪虫ふわり

    昨日は朝から眼福!!天空にはっきりと弧を描く虹色の輝き。環天頂アークと呼ばれる気象光学現象です。詳しくはこちらをどうぞ。→虹色DAY〜気象光学現象〜(ynwc的な日常)久しぶりに見られて嬉しいのですが、虹色やなみなみ雲はお天気下り坂のサイン。今夜の月食が心配です。枯葉舞う北多摩では、4、5日前から「雪虫」がふわふわと飛ぶ姿が見られます。雪虫というのはこちら蝋質の美しい白いコートをまとった小さな虫です。ふわりふわりと、まるで粉雪が舞い落ちるように飛びます。一瞬ですが動画をどうぞ↓ふわり、ふわり…寒くなり始めた初冬の頃に飛ぶため、「冬の使者」とか「雪虫」とか呼ばれているようです。形状から「綿虫」「大綿」「しろばんば」などの呼び名も。その正体はというと、実はアブラムシの羽有りタイプ。数あるアブラムシの中でも蝋状の綿を...環天頂アーク出現!雪虫ふわり

  • 北多摩で紅葉狩り〜都立殿ヶ谷戸庭園〜

    国分寺駅から徒歩2分。ほぼ駅前にある都立殿ヶ谷戸庭園へ行ってきました。急足なら一周10分かからずに歩ける小さな公園ですが、池を見下ろす高台に東屋が配置され、そこから見下ろす庭園が絶景。ちょうど紅葉が良い季節になり、平日なのに20名ほどの人出。普段なら人に会うか、会わないかという具合で、のんびりと散歩できる場所です。駅前ですし、紅葉シーズンの休日は混みそうですね。平日なので、タイマー撮影できるくらいには空いていてラッキーでした。赤一色の風景も素敵ですが、緑の中に赤や茶が混じる風景も味わい深いなと思います。帰り道はお気に入りのカフェで休憩。季節限定の甘酒が優しく染み渡ります。そしてここでも紅葉狩り。先月見頃だったスズランノキ(右手)はすっかり葉を落とし、黄色く色づいたカエデが傾き始めた午後の日に輝いていました。しっ...北多摩で紅葉狩り〜都立殿ヶ谷戸庭園〜

  • 水仙が香る頃のガーデニングと木の実の飾り

    ピリッとした朝晩の寒気にも負けず、空を見上げるヒマワリ。今日から七十二候は立冬末候→ 金盞香(ynwc的な日常)初冬とはいえ、日当たりが良い場所や手入れの行き届いた花壇ではまだ花たちが元気に咲いています。…が、最近手入れしていなかった我が家の庭はかなり悲惨な状態に(^^;;あれこれ、やることだらけなのですが、とりあえず土曜の夕暮れ、すっかり枯れていたニチニチソウを取り除き、パンジーを植えました。暗くなった庭ではそれ以上作業もできず、寂しくなってきた庭に、せめてリースを作って飾ることに。クリスマスも近くなってきたので、松ぼっくりをたっぷり入れた冬向きのリースにしてみました。まずは松ぼっくりをワイヤーで絡めながら、リースにグルグル巻きつけて、隙間を大小のシダーローズで埋めました。そのあと、どんぐりやイイギリの赤い実...水仙が香る頃のガーデニングと木の実の飾り

  • 夕空へ伸びる富士山の影

    北多摩にある富士山が見えるポイント。間もなくダイヤモンド富士が拝めるというので下見へ出かけました。快晴の空に沈む夕陽!太陽の光が弱まって、少しずつシルエットが現れる富士山。すると、稜線から空へとまっすぐに伸びる影らしきもが!?これ、富士山の影のようです!すごいっ!!!!!雲ひとつない空だったんで、こんなにもくっきりと影が見えたのかなと思います。偶然にも動画で撮っててよかったな。肉眼で見ている時は、「影なのかなぁ…?」と、確信が持てなかったのですが、動画では太陽の移動で影が動く様子もわかります。ダイヤモンド富士もビギナーズラックで拝めるといいけれど…昨日はガラガラだった(最終的には6人で夕陽鑑賞)このスペースに、ダイヤモンド富士が見られる日には100人くらいが集まるとの噂も…。本当か???帰り道。この晴天が月食や...夕空へ伸びる富士山の影

  • たいへん深い部分月食とは?

    今週金曜日、11/19に部分月食が起こります。月食というのは月が地球の影に入ることで起こる天文現象。©️国立天文台月が影に入り込む割合は「食分」と呼ばれます。その値が大きくなるほど、影の中に深く月が入り込み、1.0以上で月の全てが影に入る「皆既月食」となります。今回はその「食分」が0.978。つまり、月の直径の97.8%が、影に入り込むわけです。ほぼ皆既月食と同様の状態となり、赤銅色の月も現れます!!ちなみに食分の値が大きいことは「深い」と表現されるようで、今回のような月食は「たいへん深い部分月食」ということになるようです。「たいへん深い部分月食」の詳細です。首都圏からは16:30頃、すでにかけ始めた状態で月が昇ってきます。©️国立天文台食の最大は18:02!!19:47に終了します。前回の皆既月食は曇ってしま...たいへん深い部分月食とは?

  • 初冬の夜★魔女の手仕事★

    昼の暖かさと朝晩の冷たい空気。1日の気温差が大きな日が続いています。乾燥気味の空気にお肌もカサカサ。というわけで、ローズマリー軟膏を作ってみました。同量の白色ワセリンとローズマリーを湯煎にかけると、最初は分離していた2つの液体がだんだんと混ざり合ってきます。かき混ぜながら、くつくつと温めること1時間ほど。蒸発して全体量は半分以下に。細かい泡が消え始める頃、ようやく沼のような深緑の液体が完成します。→若返りの秘薬?ローズマリー軟膏を作る!(ynwc的な日常)それを容器へ。そのまま自然放置しておけば、適度な硬さのローズマリー軟膏の完成です。ローズマリーに含まれるウルソール酸には若返りの効果があるそうですよ。皺が気になる部分や、ささくれ、アカギレなとに塗ると良いようです。ワセリンとハーブの成分だけですから、栄養クリー...初冬の夜★魔女の手仕事★

  • 地面が凍てつく頃のイチョウ並木

    おはようございます。昨日から季節は立冬次候となりました。→地始凍(ynwc的な日常)寒さに負けず、作ったワラーチで再びお出かけ。履き始めると、楽ちんで手放せません。しかも昼間はまったく寒くなくて小春日和が続いている今日この頃。立川にある昭和記念公園へ行ってきました。今年は春のシーズンはコロナで閉園していましたが、いまは平常営業に戻りました。ようやく北多摩界隈のスポット巡りができて嬉しいです。朝から昼まで働いて、13時過ぎにお気に入りのカフェで賄いランチ(650円)。安すぎ!!!!!そして、家庭の味♪立川駅からススキを眺めながらゲートに到着したのが15時過ぎ。もう日が傾き始めた園内。立川口カナールのイチョウは間も無くピークのようでしたが、冬に剪定したようで、例年よりも葉が少なめでした。とはいえ、夕日に照らされる木...地面が凍てつく頃のイチョウ並木

  • 奥多摩散歩(後編])白丸湖〜奥多摩駅

    エメラルドグリーンが美しい白丸湖。本日は前編からの続きです。→奥多摩散策(前編)鳩の巣駅〜白丸ダム(ynwc的な多摩暮らし)白丸湖を見下ろしながら歩く道。白丸湖から数馬橋までの区間は公道ではなく、ダムの巡視炉を歩かせていただきます。落石注意の標識も多く、ちょっと緊張。岸の黄葉が美しすぎます。はらはらと舞い落ちる葉。川面を漂う葉。基本的に水辺に降りることができる場所はないのですが、1箇所だけ、水に近づける場所がありました。え?????ここって東京ですか!?絶景を独り占めです。こんなに美しい風景、一緒に映り込みたくなって1人撮影会(笑)テンション上がりきってますね。楽しすぎます!!人が来たら思い切り恥ずかしいパターンのやつですが、幸いにも人は通りませんでした♪水の中には小さな魚たちの姿かなり長居してこの風景を楽しみ...奥多摩散歩(後編])白丸湖〜奥多摩駅

  • 奥多摩散歩(前編] 鳩の巣駅〜白丸ダム

    昨日の投稿と前後しますが、ワラーチ作りをした翌日、足慣らしを兼ねて奥多摩散策。→わらじじゃないよワラーチです(ynwc的な多摩暮らし)鳩の巣駅から奥多摩駅まで、渓谷沿いの4.2kmの気持ちの良い散策路。油断していたら、駅を降りてすぐに道を間違えました(ーー;)左の道へ行けば良かったのに、右の道を進むって言う…すぐに気づけたのは良かったのですが、予定していた一つ目の橋をショートカットしてしまったようです。次に来る時には、一つ手前の古里駅から歩くのもいいなぁ。そして、スルーした橋も確認しましょう。いずれにしても、駅から少し下れば渓谷の絶景が続きます。いきなりこのサイズの岩がゴロゴロ。これは期待できます!!黄葉も始まっていて、絶好のハイキング日和!!途中ちょっとスリリングな階段もあったりして、短いコースながら楽しすぎ...奥多摩散歩(前編]鳩の巣駅〜白丸ダム

  • 森歩きのお土産〜コケリウムに挑戦〜

    昨日、夕暮れの空には月と金星。三日月かと思ったら、4日目でした。その後、天気は崩れて今朝は久しぶりに雨。このところ遊び回りすぎて、昨日は仕事に集中。まだ明るいうちに帰宅したものの、疲れてブログの更新をサボってしまいました。書きたいこといっぱいあるのに…。さて、最近、苔やキノコ、地衣類に目が向くようになりました。花や虫の姿が見えない時でも、探せば必ず見つかります。彼らは土を作り、土壌を整える役割をしてくれています。彼らが作る土の上に植物は根を下ろし、虫が集まるのだということ。木を土に返し、長い年月をかけて岩の上にも土壌を作ります。改めてそんな風に考えると、地球ににあるすべての命が繋がっているのだとリアルに感じることができ、目に写る全てのものに意味あるのだということに心を動かされました。ホコリタケコガネタケスッポン...森歩きのお土産〜コケリウムに挑戦〜

  • 冬が始まる頃〜キノコからの黄葉とどんぐり〜

    今日は立冬。暦の上では冬が始まりました。→山茶始開(ynwc的な日常)ピリリと冷えた空気が気持ちいい朝です。冬というにはまだ暖かい陽気ですが、木々が葉を落とした森は見通しが良くなり、足元は枯れ草色に変わってきました。そんな中に光る赤や黄色を探すのが楽しい季節。久しぶりに映画鑑賞に行ってきました。それもドキュメンタリー。タイムラプスの草分けとも言われる監督の作品で、美しい映像が評判の「素晴らしき、きのこの世界」。登場する研究者の方が、きのこの幻覚作用に目をつけているところから、そっち系の要素も多い作品ですが、それも含めて見応え十分な作品でした。よろしければこちらをチェック→予告編平日だったし、がら空き。広い空間を贅沢に味わってきました。映画館が吉祥寺だったもので、せっかくですから井の頭公園へ。お腹が空いたから公園...冬が始まる頃〜キノコからの黄葉とどんぐり〜

  • 落葉舞う北多摩の公園

    北多摩はケヤキとカツラの落葉がピーク。秋らしい色合いの木々から葉がひらひらと舞い落ちる様子に、足が止まってしまいます。こちらはケヤキの落葉ケヤキの種子は、数枚の葉と一緒にくるくる回りながら落ちてきます。種子自身ではなく、葉がプロペラの役割をするって言うのは、なかなか珍しいのではないですかね。↑これが落ちてきた種子。今回偶然にも結構上手に撮影できて大満足♪さらに奥へ目を向ければ、キラキラと空を舞うたくさんの落葉。日に照らされて美しい〜。雰囲気はあまり伝わらないかもですが、こちらがカツラの落葉です↓一面の落葉。甘くていい香りのカツラの森。カサカサ音を立てて歩く心地よさ。緑から黄色へ。綺麗な葉を集めてみました。秋は採集セットが手放せません。持っててよかった!!こうしてガラクタ(お宝)が増えていく日々…(笑)明日もいい...落葉舞う北多摩の公園

  • わらじじゃないよワラーチです

    ワラーチというサンダルをご存知でしょうか?今、ランナーや山登り愛好家の間で話題となっているそうです。ワラーチ原型はメキシコ西部の山岳民族が古タイヤを再利用して靴底を作り、そこに革紐を通した「ワラチェ」というサンダル。シンプルなのに、彼らはそれを履いて日常的に100km以上走るんだとか。それが日本に上陸し、さまざまな改良版が考案され、商品化されたり、各地で手作りワークショップが開催されたりしています。わたしが参加したのは、登山靴の靴底と平紐を使った安定感のあるワラーチ、考案者の名前をとって「アサーチ」というサンダルを作るワークショップ。完全オーダーメード。作るのは自分。まずは、自分の足型をとります。自分で作ると言いましたが、難しいところは先生が手伝ってくれるので安心♪これがわたしの足型。この型に沿って、ハサミで切...わらじじゃないよワラーチです

  • 里山も満喫〜中之条ビエンナーレ〜

    市街地エリアには、山を登ったところにも会場がいくつかあるのですが、そのうちバスで行ける会場へも行ってきました。中之条ガーデンズ。広い敷地の中はテーマ毎にいくつかの区画に分かれていました。シーズン最終のバラ園背景の山並みが、都心のバラ園とは違った趣のを醸し出していました。水辺のエリアは紅葉が彩を添えて華やか。ファームエリアの赤い小屋。アメリカンカントリー風?リンゴの名産地なのでこやの横にもリンゴが植えられていました。あまりに気分がよいので、くつろいでみたり、撮影して遊んでみたり…(笑)飛んでみたけど、今回は失敗(>_<)予定ではここから徒歩30分くらいの廃校の展示会場に行く予定でしたが、時間がなくなり断念。ちょっと後悔。少しだけ歩いてみたけれど、心に沁みる風景が続いていました。次は必ず行く!!バスを待っている間、...里山も満喫〜中之条ビエンナーレ〜

  • 楓や蔦が色づく頃のアート散策♪

    昨日は久しぶりのお出かけが楽しすぎて、七十二候が切り替わったことを忘れてました(^^;;季節は霜降末候に突入です→楓蔦黄(ynwc的な日常)中之条の紅葉はもうピークを超えていましたが、まだまだ綺麗だったなぁ。落ち葉拾いの道具を持って行ったのですが、残念ながら今回は出番なしでした。こんなやつです↓100均のクリアケースに濡らした新聞紙を入れて持ち帰ると、新鮮なまま持ち帰れるので簡単なんです。いろいろ試してこの方法に行きつきました。帰宅してからよく拭いて、スキャナーで読み込んだり、雑誌等に挟んだり…。ゆっくり作業できるのが◎。詳しくはこちらの記事→紅葉狩〜落ち葉の狩り方〜(ynwc的な日常)さてさて、中之条ビエンナーレの続きのお話。ビエンナーレは中之条町の40の会場で行われているのですが、それぞれの会場が個性的です...楓や蔦が色づく頃のアート散策♪

  • 中之条ビエンナーレに行ってきました

    知人の投稿で知ったこちらのアートなイベント→中之条ビエンナーレ里山とアートの融合というコンセプト。アートに関しては全く疎い私ですが、失われつつある里山文化を守る新たな取り組みに惹かれふらふらと日帰り旅。こうした取り組みって、以前よりも増えてきていますよね。中之条町は横浜市とほぼ同じ面積なのですが、公共交通機関がほぼありません。免許のない私にとってはとても厄介なことに、会場はその中に点在しています。全く未知な場所なので、文字情報だけでは理解しきれず、今回は下見気分でとりあえず駅周辺を回ってくることにしました。家を出たときには、駅から少し離れたエリア(おそらくは中心エリア)へのシャトルバスを当てにしていたのですが、土日のみ運行ということに途中で気がつきました(^^;;まぁ、いつもこんな感じです。いいんです。楽しむ心...中之条ビエンナーレに行ってきました

  • 鑑賞期限?植物を片付けるタイミングについての考察

    ハロウィンから一夜明け、11月になりました。数日間、我が家の玄関先を楽しませてくれたカボチャたちは、役目を終えたので、今日のゴミ収集車で旅立ちます。これまでの経験で、季節ものは割り切って思い切りよく片付けることも大切と学びました。それでなくても色々と趣味のものは増えていきます。北多摩ルーム4月↓↓↓北多摩ルーム10月北多摩ルームは限定2年の特別な時間と空間。これ、引き上げる時どうするんだろう…(^^;;住み始めた時はあまり考えずに物を増やしてしまいましたが、最近ちょっと心配になってきました。まあ、ドライフラワーなどは寿命がありますから、やはり早め早めに片付けるのがよいのでしょうね。スペースが開くとまた作る楽しみも生まれるし♪センニチコウやクリサンセマムのように、それ用に栽培している花もあるのですが、最近はいただ...鑑賞期限?植物を片付けるタイミングについての考察

  • フェイジョアの実に出会う!!

    北多摩では、ケヤキの紅葉が始まりました。深みのあるいい色です。さてそんな秋も深まる頃ですが、直売所で、フェイジョアの実を発見!!これ果物なんですが、大きさとしてはこの程度。初めて見ました!!以前、三ツ池公園で花を見つけて以来、食べてみたいと思っていたフルーツ。→フェイジョアの花(ynwc的な日常)いかにも南国チックなこの花は、なんと肉厚な花びらに糖分を蓄えていて、エディブルフラワーとしても相当美味しいらしいのです。その実はというと…パイナップルやバナナ、イチゴを合わせたような芳醇な香りをもち、甘酸っぱいのだそうです。食べてみたくなりますよね。ようやく出会えました!!皮を剥くかスプーンですくって食べるとあったので両方試してみました。美味しい!!!!!言葉そのままに美味しかったです!小さいので、スプーンですくうのは...フェイジョアの実に出会う!!

  • 自分の作るジャックオーランタン〜2人だけのカボチャ彫り〜

    いよいよハロウィンが近づいてきました。昨日に続き、ジャックオーランタンのおはなし。今日は本物のカボチャで作りますよ♪我が家ではぴよよんさん(姉)の提案により10年前から、ハロウィンに合わせてカボチャを彫ると言うイベントが行われています。百聞は一見にしかずと言いますが、初めこそ「え〜、いい大人がカボチャですかぁ?」なんて、バカにしていたことが嘘のように、これが意外とハマります(笑)→カボチャ的女子会→カボチャ彫りの宴2015→今年も開催!カボチャ彫りの宴2019部屋を飾りつけ、みんなでワイワイとお菓子なんかも食べたりしながら、被り物なんかとしちゃったりして…。出来上がったジャックオーランタンに明かりを灯したときの感動!!しかし、そんなイベントも現在は開催できず…(T_T)あれ?カボチャありますけど??????カボ...自分の作るジャックオーランタン〜2人だけのカボチャ彫り〜

  • カラスウリのジャックオーランタン

    先日、直売所にカラスウリが並んでました。食べられません(笑)散歩で拾えないこともないけれど、お手軽だから買っちゃいました。もうすぐハロウィンですからね。カッターで目をくり抜いて、ジャックオーランタン風。中に種が入っていますから、これを取り出します。うわっ、リアルに怖い((((;゚Д゚)))))))なんか吐き出しちゃってます…中に小さなろうそくを入れたらこんな感じに光ると思うのですが、とりあえずライトアップ。やっぱり怖い…完成〜!!!!!カラスウリは、いわゆる雑草で、少し日陰になるようなところを好み、林や藪の草木に絡みついて育ちます。夏の夜に咲く花は、レース編みのような繊細な花弁を持っています闇夜に広がる白い花弁と良い香りでススメガを誘き寄せて受粉。その実は秋になる頃には真っ赤に色づき、その色に惹かれて集まってく...カラスウリのジャックオーランタン

  • 小雨が降る季節にはどんぐりも降る!!

    本日より霜降次候→霎時施(ynwc的な日常)ご近所を散策していたら、バラバラと屋根を打つ音が…見上げると、蔵(?)の裏に伸びるシラカシの大木。どんぐり開放発令中!!動画の中、地面にどんぐりが4回ほど落ちるのですが、分かりました?動画に収めるのは、かなり難しかったので、雰囲気だけでも伝わると良いのですが…。とにかくずーーーっとどんぐりが降り続いていました!!!公園ではユリノキが黄色く色づき、イイギリの実が赤く熟してきています。かえりみちの直売所。庭木が並ぶほっこりスペース。鈴生りのピラカンサをお買い上げ(50円)!!小菊と一緒に飾ってみました♪秋もますます深まってきました。【今朝のおうちごはん】・余り物整!具沢山な中華雑炊・煎茶みなさん、お仕事お疲れ様!明日もいい日になりますように!!小雨が降る季節にはどんぐりも降る!!

  • どんぐりストラップ量産中

    2週間ほど前に札幌から大量に届いたどんぐり。北アメリカ原産のレッドオーク(アカナラ)は、北海道では街路樹に使われていることもありますが、関東では公園等で稀に見かけるレア品です。こんなにたくさん、ありがとー!!この存在感!!他のどんぐりと比べて、その果皮(殻)は厚みと光沢があり、色もアカナラにふさわしい赤系!殻斗の近くに生えている細かい毛もいい味をだしたいます。この大量のどんぐりたちは、ストラップにして、お年玉企画としてお客様たちのプレゼントになる予定。まずは加熱処理して、殻斗(帽子?)をボンドで貼り付けます。大きさが微妙に違ったりして、ぴたりと合うものを探すのが、なかなか大変。殻斗(パンツ?)と堅果(本体)の相性で可愛らしさが変わってくるような気がしますので、真剣にマッチング。この後はしばらく乾燥タイム。よく乾...どんぐりストラップ量産中

  • 霜降る頃の北多摩の森〜アザミと葉っぱとルリタテハ〜

    青空が広がった日曜日。北多摩の森へ。枯れ草色の森の中、ひっそりと咲くアザミ。ほとんどは綿毛になって旅立つ準備。葉っぱの上にできた模様はハムシの仕業かイモムシの仕業か…虫食いの葉っぱが作る影!!こちらは黄色い差し色木々の葉が美しく彩られる季節。散りゆく前の最後の輝き♪光が刺せば殊更に美しい!!そんな暖かな日差しに誘われてルリタテハたちが集まってきましたその数1匹…2匹…3匹!!!気づけばスズメバチも樹液を求めて忙しなく動き回っていました。果敢に攻めるルリタテハ。それを威嚇するスズメバチ。ちょっとした攻防が展開中?↓↓↓今日はすっかり夜になっててしまいました。皆様良い夢を!!!霜降る頃の北多摩の森〜アザミと葉っぱとルリタテハ〜

  • 霜降る頃のカフェ巡り

    今朝の北多摩、驚くほど寒い夜明けでした。今日は真っ青な空が広がり、日の出の時間にはブラインドの影がくっきりと映し出されました。こんなに寒い日にはカフェでまったりしたいですね。いや。寒くなくてもまったりしてますが…(笑)コメダの季節のシロノワールがいい感じらしいので、調査に行ってきました。実は先週から何回かチャレンジしていたのですが、数量限定品なのか、なかなかお目にかかれず、昨日はついに列に並びました。珍しく並んだだけの甲斐あって…ご覧くださいこのグリーンの輝き!!ピスタチオソースに、皿にこぼれるほどのクラッシュピスタチオ!!!並んでよかった!!!これ、オススメですが、お店によって、平日限定だったり、休日限定だったり、やたらと購買意欲を煽ってきますのでご注意ください(笑)わたしなんて、やっと出会えた感動のあまり、...霜降る頃のカフェ巡り

  • 霜降る頃の直売所で小菊を買う

    本日より季節は霜降。→霜始降(ynwc的な日常)写真はイメージですが、間も無くこんな風景が見られそうな冷え込みです。先日買ってきた菊の花に癒される朝。たくさんの小菊の花。丈を低めにこんもりと飾ってみました。畑から取ってきたばかりということで、長く楽しめそうです♪菊って、仏壇の花のイメージが強いのですが、こんな風に並んでいるととってもおしゃれ。ちなみに最近は直売所をのぞくと、柿やらみかんやら、フルーツが目立ってきました。キウイを置いている店を見ることも…。小さなりんご(姫りんご?)と一緒に袋詰めされていて、暫く追熟させておく必要があるのですが、待っている間のワクワク感がいい感じ♪スーパーで買ってくるものと違い、味が濃いというか、野生味あふれるというか、全くの別物のような美味しさ!!!これからは大根や青菜の季節です...霜降る頃の直売所で小菊を買う

  • 春に向けて種まきしました!

    冷たい雨が降る朝です。ニュースによると、今日は師走の寒さなんだとか。上の写真は、以前のものです。12月の横浜。横浜は海が近いので、北多摩よりずっと暖かく、2度くらいも違います。だいぶ遅くなってしまいましたが、昨日は雨降り前に、職場のプランターに春花壇用の種を蒔きました。たねダンゴ用として販売されているミックス種とアブラナの種。※たねダンゴについてはこちらの記事に詳細あります↓塩害からの復活計画(ynwc的な日常)それから、ヒガンバナの苗を植え替え。これがヒガンバナの球根。チューリップの球根とあまり変わらない感じの球根でした。かなり強い毒があるようですが、飢饉の時には手間をかけ毒抜きをして食べたんだとか。だから、もっと大きなものを想像していました。もっともヒガンバナはどんどん球根を増やすようですから、数は取れるの...春に向けて種まきしました!

  • 水曜日は散歩とフィットネス

    今朝は二度寝してしまい、起きたらちょうど「ゴーゴーゴー」でした。何かいいことあるかなぁ?今年は9月から咲き始めていたサザンカですが、いよいよ各所で見頃を迎えています。さて、昨日は水曜日。仕事が午前中で終わる日です。緊急事態宣言中、店を閉めていた蔵のある和カフェで昼ごはん。なんとお稲荷さんと唐揚げのセットがありました。何から何まで手作りで、まるで田舎のおばあちゃんのお家でお昼ご飯を食べている気分。味噌汁が美味しい〜。そして相変わらずの驚きプライスは¥600。食べ終わって庭を眺めていると、「お茶をお持ちしますか」と声もかけていただきました。せっかくなのでコーヒーを追加注文。ずらっと並ぶコレクションの中からカップを選ばせていただきました。こんなにあると悩みますが、秋の庭にあう素朴なものを選ばせていただきました。お茶請...水曜日は散歩とフィットネス

  • 平凡だけど、どこか特別な朝〜美味しいチャイを淹れる〜

    2日前の十三夜のお月様。今更ながらの投稿ですが…(^^;;雲に隠れたり、出てきたり、真夜中まで見えていました。尾瀬に行ってきて、インプットしたものが多すぎて、整理できず、なかなかアウトプット作業に移れません(^^;;こういう感覚って、けっこうあることで、夏の間に出かけた「植物展」や旅友がコラボしていた「香り展」、「博物フェス」、「ドライフラワーの話」、「折り紙から作る箱の話」、「カラスウリの話」…、とにかくまだまだたくさんのことが頭の中で未整理のままぐるぐる回っています。なんなら、7年も前の世界一周の話なんて、書ききれないままま、どんどんと沈んでいっているし…。仕事も同じで、やりたいなぁってことがあっても、温めているうちにタイミング逃しちゃったり…やっぱり情報は鮮度が大切なんだよなぁーなんて自分の不甲斐なさに打...平凡だけど、どこか特別な朝〜美味しいチャイを淹れる〜

  • キリギリスが玄関で鳴く頃〜今日は十三夜〜

    おはようございます。今朝の窓辺には今季初の結露が見られました。北多摩は横浜よりも寒そうだなぁ。本日より寒露末候→蟋蟀在戸(ynwc的な日常)そして、本日は十三夜。栗名月です。→栗名月な十三夜(ynwc的な日常)残念ながら天気予報では夕方から曇り。明日は雨も降りそうな気配。ただ、お天気下り坂な時は虹色のチャンスでもあります。週末に出かけてきた尾瀬も天気は霧雨だったり、霧が立ち込めたり、一瞬の晴れ間が出たり、時にはかなり降ってきたりと目まぐるしい天候で、どちらかというとどんよりな2日間でしたが、最後にこんな特典が!!帰りのバスで、見え始めた虹。薄くなったり、濃くなったり。上毛高原駅では記念写真も撮れました♪今日も朝から夜まで、時々空を見上げがることにしてみます。今のところ空はクリアなんで、天気予報が外れて綺麗な月が...キリギリスが玄関で鳴く頃〜今日は十三夜〜

  • 久しぶりに尾瀬へ行ってきました

    学生時代から、何度も足を運んできた尾瀬。今回は環境教育の研修会ということで、今更ながらたくさんのことを学んできました。尾瀬はすっかり晩秋の装い。今日の夕方からは雪が舞っているそうですが、わたしはすでに北多摩です。取り急ぎ晩秋の尾瀬の様子を動画にしてみましたので、よろしければご覧ください↓明日もいい日になりますように!!久しぶりに尾瀬へ行ってきました

  • 昔懐かしの商店街と撮影隊

    私が生まれた町には昔からずーっと続く商店街があります。今は平日北多摩暮らしをしていますが、生まれてからずーっとこの商店街と過ごしてきました。夏には祭の神輿が通ったり、盆踊り大会が開かれたり、七夕には各店手作りの屋台が出たり。歳末と夏の福引は子どもにとって心ときめくイベント。100円玉の掴み取りや、新沼謙治ディナーショー(昭和のかほり)を引き当てたこともあるラッキー少女だったんですよ。まぁ、そんな商店街も今ではすっかりレトロ感が漂い、そんな効果もあってか、最近はドラマやCM、ミュージックビデオの撮影などに使われていたりします。昨日も家に帰る途中、大がかりなロケに出くわしました。先週も1日がかりでやっていたので、今回はかなり大規模!!今日は驚くことにアーケードの上に日陰を作り、さらにはライトを煌々とつけて撮影してい...昔懐かしの商店街と撮影隊

  • 朝日を見ながら太陽のことを考えた

    今朝の太陽は雲の間から登場。秋も半ばを過ぎ、最近は空を見上げることが多いです。高気圧と低気圧が入り混じる秋は、よく晴れて空が澄んでいる日もあれば、薄雲が広がる日もあり、空の観察が楽しい時期です。さて、今日は太陽の大きさのお話。といっても実際の大きさではありません。太陽直径140万km地球直径1.3万km実際の大きさでは言えば、太陽は地球の110倍くらいある大きな星です。でも実際に普段目にする太陽はそこまで大きくはありません。旅に出ると、なぜか夕日や朝日の写真が増える気がします。日常ではあまり意識していないのに、非日常では朝日や夕日を眺めるのが一つのイベントになったりするわけです。で、こんなことをして遊んだり…(笑)そして、そんな写真を眺めるうち、いつのまにか実際に見える太陽の大きさより、ずっと大きなものと認識し...朝日を見ながら太陽のことを考えた

  • 暮らしと植物〜石鹸で髪を洗う〜

    先月、石鹸作りのワークショップに参加し、お預けして帰ってきた「私の石鹸」!→魔女修行再び〜石鹸作り体験(ynwc的な多摩暮らし〜時間をかけて、固まって、中和されて、ついに完成!!自分で選んだ色と香り♪初心者なのでそれ以外、オイルの調合やハーブの選択など、肝心なところは全てお任せ。「私の」というにはまだ違和感がありますね…(^^;;でも、ナチュラルないい感じの色合いに仕上がってきたので大満足♪せっかくなので記念撮影!!間接照明などつけて、見栄えよくしてみましたよ。いがいかがでしょうか(笑)香りはうっすらとついている程度で、もう少しパンチのあるものにしてもよかったのかなぁ…。さて、この石鹸の完成を待つ間も、いただいて帰ってきた先生の石鹸を使用していました。体を洗うだけでなく、シャンプーにもなるというので1ヶ月試して...暮らしと植物〜石鹸で髪を洗う〜

  • 菊の花が咲く頃〜北多摩生活2021年度後半戦〜

    寒露も次候。それにしても寒い朝になりました。→菊花開(ynwc的な日常)職場のヒイラギモクセイもすっかり散り落ちました。こんなに寒いと「あられ」か「霜」のようにも見えてきます。ほら、似てませんか↓このときは、ビーチコーミング中にあられに遭遇したのでした。→ビーチコーミング〈あられやこんこん鎌倉編〉(ynwc的な日常)2月のお話ですけれどね。急に寒くなったとはいえ、寒さのレベルが違います。それにしても、新型コロナが問題になって以降、長い間、鎌倉へ行っていないなぁ…。感染者数も減少中なので、人混み避けてサクッと行くには今がチャンスかな?ちなみにこの週末は、環境省主催の環境教育・ESDの研修会が尾瀬であるというので、感染症対策ばっちりとして参加してこようと思います。なお、こちらの研修は他にも様々なコースがありますので...菊の花が咲く頃〜北多摩生活2021年度後半戦〜

  • 秋の紅白花合戦、その後!

    昨日は朝焼けに始まり、夕焼けに終わりました。野菊の咲く道も夕日に照らされ情緒的。さて、今朝は以前に書いたこちらの記事の続きの話→秋の紅白花合戦〜ヒガンバナとヒイラギモクセイ〜ヒガンバナはすっかり花が枯れ、葉が出てきました。10.610.11左側の葉が小さいのは、一度出てきた芽の成長点が傷んでしまった後、二番めの芽だから。1つ(i_i)ダメでも、ちゃんと2軍の選手が控えているのですね。何より、図鑑にある通り、ちゃんと花の後に葉っぱが出ることをこの目で確認できました♪この後、植え替えをしようと思うので、その時には球根も確認したいと思います。それからヒイラギモクセイのお話。以前の記事で、投稿当時はギンモクセイと書いていましたが、ヒイラギモクセイということが判明いたしました。葉のギザギザが、鋭くて一周しているのがヒイラ...秋の紅白花合戦、その後!

ブログリーダー」を活用して、うにまるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うにまるさん
ブログタイトル
YNWC的な多摩暮らし
フォロー
YNWC的な多摩暮らし

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用