searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

大全集太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
司法試験と予備試験の通算不合格回数1位
ブログURL
https://hyakkataro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
旧司法試験と予備試験の通算不合格回数22回という、大変不名誉な前人未到の記録保持者です。 破滅に向かって爆走中! 別名:百科太郎、不合格21回男 改め 不合格22回男、不合格の神の子
更新頻度(1年)

40回 / 220日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2021/02/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、大全集太郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
大全集太郎さん
ブログタイトル
司法試験と予備試験の通算不合格回数1位
更新頻度
40回 / 220日(平均1.3回/週)
フォロー
司法試験と予備試験の通算不合格回数1位

大全集太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 民法を制する者は

    最近勉強時間が確保できず、あまり勉強できていませんが、隙間時間で肢別本アプリの民法を解いています。 1日数問しか解けない日があっても、全く勉強しないよりはマシじゃないかと思うので。 改正条文も以前に比べれば、慣れてきた気がします。 歩みは遅いですが、少しずつ積み重ねていければと思います。

  • 暗黒世界

    ここは暗黒世界の一丁目。夢破れた不合格者の魂が彷徨う墓場。 未来ある初学者は立ち去れい!!

  • 毎日少しずつ勉強を継続(肢別本アプリ)

    最近勉強のモチベーションが下がってしまい、昔みたいに何時間も勉強することはなくなってしまいました。また、他にもやりたいことがあって、予備試験の勉強に時間を割けなくなってきたのもあります。 でも、予備試験の勉強自体は続けたい。1日10分でもよいので。 全く勉強しないか、少しやったかでそんなに差はないかもしれませんが、全く勉強しない日が1週間以上続くと、感覚を取り戻すのにまた時間がかかるので、あまり期間を開けないほうがよいと思っています。 そこで、電車での移動中等、ちょっとした空き時間に少しずつ勉強しています。肢別本のAndroidアプリ版をランダム設定で全問を少しずつ解いています。 ただ、現在は…

  • オバQに勝利した話

    大全集太郎と申します、お世話になります。 なぜ、こんなペンネームにしたかと言うと、何でも載っている大全集のように、世界の隅々まで知り尽くした人間になりたいという想いからです。 ですが、実際は、なにも知らない井の中の蛙です(´;ω;`) Googleで「大全集太郎」で検索すると、以前はAmazonの「藤子・F・不二雄大全集 オバケのQ太郎 コミック 全12巻完結セット」がヒットしていました。 しかし、ここ最近は一番に私のTwitterやブログがヒットするようになりました。ありがたいです。 ついに、オバQに勝利しました。ありがとう!ありがとう!

  • 【書籍レビュー】完全講義 法律実務基礎科目[民事]─司法試験予備試験過去問 解説・参考答案 大島 眞一 (著)

    大島 眞一 裁判官の完全講義 法律実務基礎科目[民事]─司法試験予備試験過去問 解説・参考答案 を読んだのでレビューします。 私は元々、大島裁判官の完全講義民事裁判実務の基礎で民事実務の勉強をしていたので、前から気になってました。 司法試験予備試験の実務基礎民事の過去問が平成23年~令和2年、+サンプル問題の解説と参考答案が掲載されています。 参考答案は、判例・実務的な見地から実戦的な内容となっています。記述もコンパクトなので、そのまま丸暗記してしまっても良さそうです(薄くて218ページしかないので、すぐ読めます)。 私は、予備校の過去問集解答や、岡口要件事実、基本書・判例等を参考に自分なりの…

  • 倒産法を勉強してみた感想

    予備試験の選択科目は、私は倒産法で行くことに決めています。 ここ最近、倒産法伊藤塾のシケタイ(試験対策講座)の倒産法第2版を読んで勉強していました。 勉強して思ったことを箇条書きします。 ・条文が多い。 ・「破産債権」「財団債権」等、用語を沢山覚えないといけない。 ・理解するには、民法、民訴、民事執行等の知識が必要になるので、その復習になるし、それらの科目が得意な人には有利。 ・民訴は「眠訴」と言われる程、退屈で眠くなる科目と言われますが、倒産法も同じくらい眠くなります。 ・破産法と民事再生法が問われるが、破産法が理解できれば民事再生法の理解は楽になる。 今年は選択科目を集中的に強化しようと思…

  • 予備試験短答追加合格通知&論文受験票キターー!?【逆転】

    本日、法務省から封筒が届きました。 ついに、予備試験短答試験の追加合格通知&論文受験票が来たのかと思って、わくわくしながら開封しました。 「令和3年5月16日に実施された令和3年司法試験予備試験短答式試験の結果について,先日,当ホームページ上で公表いたしましたが,得点の表記の一部に誤りがありましたので,訂正いたします。 また,受験者の方々に送付済みの成績通知書における科目別得点の表記につきましても,商法の得点と民事訴訟法の得点が逆に表記されている誤りがありましたので,追って正しく表記された成績通知書を送付させていただきます。 なお,この度の訂正により,短答式試験の合否結果が変更されるものではあ…

  • 【予備試験短答追加合格】最後まで諦めない!

    私は最後まで諦めない! 予備試験短答試験の追加合格発表を待っています。論文試験受けさせて下さい。 信じていれば必ず報われる! まあ、毎日遊び倒していて、論文の勉強していないから、仮に追加合格が来ても、論文書けないですけどね・・・。

  • 予備試験短答 追加合格!

    「予備試験短答試験の追加合格キターーー!!」という夢を見ました。 今でも時々、追加合格ないかなーって、法務省のページを見てしまいます。 諦めが悪いですね(´;ω;`) 国家資格での追加合格の前例って、調べるとあることはあります。しかし、司法試験(予備試験)では、私の知る限りなかったと思います。 皆さんご存知の通り、今回の短答試験は、特に憲法で解答が割れました。 辰巳が一番、法務省発表に近く、伊藤塾・LEC・資格スクエアは大きく外していました。 昔は、「法務省の解答は間違っている」と声明を発表する強気な予備校もありましたが、最近の予備校は反骨心がなくなりましたね・・・。 基本書や判例集を見ながら…

  • だから私は、倒産法。【予備試験論文選択科目】

    だから私は、Xperia。iPhoneと二台持ち! 予備試験論文、選択科目。私は倒産法を選択します。 【倒産法を選ぶ理由】 ・民法・民訴・民事執行法・会社法と相乗効果がある。 ・量が多いため、努力と成果が比例する。 ・合格後に実務で確実に役立つ。 ・昔、ビジ法を受験したときに倒産法を勉強したので、少し知識がある(結局、ビジ法は準1級しか取れていませんが)。 ・倒産法の趣旨規範ハンドブックや、えんしゅう本(旧版)をざっと読んだことがある。 ・2020年の伊藤塾の特別奨学生で、倒産法の基礎マスターを受講している(講義でシケタイを使用した)。 →既にそこそこ知識がある。 ・ここ最近、司法試験論文倒産…

  • 2022年予備試験はボーナスステージ?

    既に皆さん御存知の通り、2022年から論文科目で選択科目が導入されることが決定しています。 思いつくことを箇条書きします。 ・選択科目の初年度は、簡単なボーナス問題が出る。 ・選択科目の負担が大きく、新規参入者にとって不利かも。ベテラン有利。 ・2021年の短答不合格者であっても、今、選択科目の勉強を始めれば、圧倒的アドバンテージを得ることができる。年内は選択科目一本槍でよし。 ・選択科目をどれにしようか迷う人が多い中、すぐに科目を決めて勉強始めれば圧倒的に有利。 実務で役に立つのは倒産法・労働法→範囲が狭くて試験対策てきに有利な国際私法→刑法に似ていて勉強しやすいのは経済法→知的財産法が面白…

  • いくら勉強しても、合格に手が届かず転がり落ちてしまう。

    シーシュポスの神話 「 神を欺いたことで、シーシュポスは神々の怒りを買ってしまい、大きな岩を山頂に押して運ぶという罰を受けた。彼は神々の言い付け通りに岩を運ぶのだが、山頂に運び終えたその瞬間に岩は転がり落ちてしまう。同じ動作を何度繰り返しても、結局は同じ結果にしかならないのだった。カミュはここで、人は皆いずれは死んで全ては水泡に帰す事を承知しているにも拘わらず、それでも生き続ける人間の姿を、そして人類全体の運命を描き出した。」 (Wikipedia/シーシュポスの神話 より引用) もう何十年も前の話、私が高校生の頃、図書館で、アルベール・カミュの「 シーシュポスの神話 」を借りて読んでいました…

  • 予備試験短答試験の結果 その②

    私の公式の最終結果です。 160点。 私は、憲法のNo.1の問題を1にしていましたが、公式は2が正解だったため、2点届きませんでした。 全ての予備校が逆の解答にしている問題が原因で落ちてしまうのは納得いかないな(´;ω;`) でも、他の簡単な問題を落としまくったので、実力不足と納得はしています。 昨日の記事投稿で989アクセスもありました。短答試験を受験された皆様も結果は様々ですが、いろんな思いで、検索して閲覧していただいたのだと思います。 合格された方は論文頑張って下さい。 残念ながら不合格だった方は、気分転換に1か月くらいは何か他ジャンルの新しいことにチャレンジするのもいいと思います。で、…

  • 短答不合格2時間後に勉強をする男

    法務省発表の解答を見ながら、問題冊子に赤ペンで正誤を書き込みながら復習した。冷静に考えたらなんで間違えたか謎な簡単な問題が多い。 試験中に時間余ったから、見直して解答を訂正した問題が結構あるが、元の解答の方が合ってるのも沢山あった。 どうかしてた・・・。 普段お酒はほぼ飲みませんが、今日は缶チューハイ飲んで悪酔いしてます。 「酔っていても短答の復習くらいはできるんだな」みつお はー(ため息)。

  • 予備試験短答試験の結果

    番号ありませんでした。短答不合格でフィニッシュです。最悪の結末・・・。 辰巳の自動採点で、最終162点だったので、いけたと思ったのですが。 茫然自失で、もう何書いてよいか分からないです。論文受けたかった・・・。実務基礎を死ぬほど勉強したのに。 しばらく、予備試験からは離れて、別のことに専念しようと思います。 読んで下さってありがとうございました。

  • 予備試験論文受けさせて下さい!

    どうも、大全集太郎です。 短答後、論文の勉強してます。短答試験の帰りの電車から、論文試験の勉強を始めました。切り替えが大事ですね。 今回のテーマは、「論文過去問の近年のやつをマスターする」です。 ・新司法試験の過去問 ・予備試験の過去問 ・実務基礎の口述過去問 これらを重点的にやります。余裕があれば、旧司法試験の平成16年~22年くらいはやるかもです(既に十分に反復しているので、やる必要ないかもですが、ここ最近の予備試験はこの辺りから再出題されることも多かったので、念の為)。 パソコン(Evernote)で答案構成・論証を整理してます。反復するたびに、論証の精度・正確性が向上していくので、理解…

  • 短答自己採点が乱高下

    こんばんは。大全集太郎です。 各予備校の解答速報がコロコロ変わり、その都度、点数が下がっていくので、精神的に辛いです(´;ω;`) もう予備校なんか無視。直前答練も受けません。 ひたすら、司法試験と予備試験論文の過去問を新しいのから遡って潰してます。解答例読みながら、ここはもっとこう書いたほうがいいとか考えながら、パソコンで論証書いたりもしています。 今は信じて、コツコツ論文の勉強しようと思います。 もし、短答試験落ちたら、気分転換に、どこか遠くへ旅にでも出ようかしら…。

  • 令和3年 予備試験短答、受験した。

    予備試験短答試験受けられた皆様、お疲れ様でございました。 私も、無事受験できました。 私は、一喜一憂する時間が勿体ないので、今まで、自己採点は合格発表直前までせずに、論文に集中する主義でした。しかし、今回は、ブログのネタにするため、予備校速報で自己採点してみました。 【自己採点結果】 辰巳:法律科目140点。 伊藤: 法律科目136点+教養27点、合計163点。 受けた直後は自信あったのですが、自己採点したら、ボーダー前後でした・・・。 いつもそうです、何年勉強しても、ボーダー前後。法律科目全然伸びません。教養に救われる形でしょうか。 【辰巳と伊藤で割れている問題】 ・憲法 第4問、第8問、第…

  • 短答直前、詰め込み②

    短答直前対策、こんなことやってます。参考になりますでしょうか。 ・ 刑訴細かい知識復習 簡易公判手続・即決裁判手続・略式手続の異同等 ・ 商法総則・商行為の改正部分見直し(民法改正絡み、運送営業等)。 ・ 最新の判例百選・重判 掲載の追加判例 復習(憲法のみ) ・民法条文素読み(特に改正絡み) 時間無いので箇条書きです。すいません。

  • 短答直前、詰め込み

    就職活動していたので、全然勉強できていません。 とりあえずこんなことしてました。 行政・民訴・刑訴:細かい条文を、肢別本アプリで確認。 会社法:令和元年改正の研究、平成26年改正の復習 憲法:時間無いので、芦部で統治を復習のみ。 刑法:時間無いので、趣旨・規範本復習のみ。 教養:令和2年・元年の過去問ざっと見てイメトレのみ。

  • 何年勉強しても、勉強やり切った感じがしない。

    4月26日に受験票が到着しました。 予備試験短答試験まで、2週間切ったと思うと基が引き締まります。 勉強の方は、肢別本アプリの出来なかった問題・気になる問題の復習が終わりました。 最高裁のサイトで、近年の重要判例の確認もしました。 何年も勉強しているのに、勉強をやり切った感が全くしません。「俺はこれだけ勉強したんだ。十分やった。絶対大丈夫」という心境に、全く近づけません。 初心者同然、勉強不足・準備不足のまま、本番に突入します。 何年も勉強しているのだから、積み重なっていくのかと思うのですが、そうではないみたいです。 昔、合格者が、「司法試験は、エスカレーターを逆走するようなもの。全力で走んな…

  • なんだかんだ肢別本アプリ

    予備試験の短答試験まで、あと1か月を切りました。 今年は論文の勉強に力を入れて、短答対策はしないでおこうと思ったのですが、やはり不安なので、短答の問題演習をやることにしました。 教材は辰巳の肢別本アプリの旧版を使います。 バージョンは、買い換える余裕がなくて旧版です。民法の令和1年版と、商法、行政法、民訴、刑訴の平成30年版となります。憲法と刑法は時間がないのでパス! 商法と民訴は改正に対応していないので、改正部分は気づいたら調べて訂正しながらやります。 私は短答試験は、いつも合格点ギリギリかちょい上くらいしか点数が取れません。試験後に予備校の解答速報で採点して、青ざめて、結果発表まで悶々とす…

  • 受験歴21回にして初めて塾長の講義を受けた

    受験歴21回の私と、伊藤塾との関わり。 思いつく限り羅列すると、 ・まだ何も知らない状態で司法試験に興味を持ったときに、塾長が書いた受験ガイド的な本を読んだ。 ・基礎マスタの無料ガイダンスに参加して、塾長の実物を見た(デカイ!)。 ・塾長の基本六法の薄い入門書を読んだ。 ・シケタイ憲法(初版?)を読んだ。 ・予備試験試験対策問題集(民事実務、刑事実務、憲法、民法)を読んだ。 ・まぐれで予備試験論文500位になったとき、特待生でコンプリート論文答練等を80%OFFで受験した。 これくらいです。受験歴長い割には、思ったより、接点ないかも。 そんな私が、今更ですが、初めて塾長の基礎マスター講義を受け…

  • 【就職楽勝】さまよえる司法浪人

    こんばんは、大全集太郎です。 何年も受験勉強している司法浪人は、世間知らずの法律馬鹿だから、潰しが効かないし、履歴書の空白期間があるから就職は難しいという噂がありますね。 しょせん噂です。 何十年も法律の勉強してきたのだから、いろんな物事を調べて、吸収する能力に長けている。また、勉強を続ける我慢強さもあります。 ですから、あらゆる業界から引っ張りだこです。実は! 私は、長年、警備員のアルバイト等で生計を立てる、いわゆるフリーターです。かなりのオッサンになってきてます(年齢はご想像におまかせします)。 でも、そろそろ永遠のフリーターは恥ずかしいので、最後のチャンスとばかり、正社員の仕事に多数応募…

  • 今あえて芦部憲法を読む

    久しぶりに、芦部憲法第7版の人権部分を読んでみました。 初学者の時から読んでいるのですが(当時、初版を買った気がする)、改めて読み直すと、初心に帰れるし、まだまだ新たな発見があったりします。 また、いろいろな教材をやって来て、頭の中がゴチャゴチャしていたのが、整理される気がしました。 ところで、私は昔から徹底的に過去問主義で、過去問をグルグル繰り返す勉強をしてきました。ですから、基本書読むだけで合格した基本書主義の人が、なぜ合格できるのか理解できませんでした。 でも、最近は、「基本書のこの記述は、あの過去問を解く時に使えるな」とか考えながら読むと、頭に入りやすいことに気づきました。 過去問を繰…

  • 刑事訴訟法の条文をお手軽に総復習

    ここ最近は「入門刑事手続法」を読んで、刑事訴訟の手続と条文の確認をしていました。 この本は問題になる条文がページの左側に配置されているので、条文を意識して勉強しやすいです。 読み進めながら、その都度、スマホの六法で条文を引くようにしていまして、条文が頭に入ってきます。条文を素読するより、この本を読みながら条文を引くほうが理解しやすいですね。 入門刑事手続法を読んでおけば、短答試験の刑訴は楽勝です。 実務基礎刑事も、条文を知っていないと解けない問題も出題されるので、条文の理解が重要ですね。

  • 民法を制する者は短答を制する

    ここ最近、改正民法条文の見直しをしていました。教材は、LECの完択(Kindle版)です。 Androidのタブレットで完択を閲覧しながら、傍らに置いたiPhoneの六法アプリで条文を引きました。 完択だけで勉強すると、いちいちページを戻ったりして面倒ですが、六法アプリで検索できるようにしておけば、ストレスなく読み進められます。 まとめの表とかも、条文一つ一つを六法アプリで引くと読みやすく、理解が深まります。 民法は条文数が多いため、条文そのまま出題されたりすることが多く、条文の勉強をしておけば、そこそこ点数に結びつくので、努力が実りやすい科目と言われています。昔から「民法をマスターする者は短…

  • 号泣しながら出願

    今年も、予備試験出願の時期になりました。前年度の試験が延期された関係で、例年よりも1ヶ月程遅いですが。 私も受験一年目の頃は、受験願書を書くとき、「とんでもない試験を受けているんだ」みたいに思って緊張して、手が震えそうになりながら、受験願書を記入したものです。何度も何度も間違いがないか確認をして、過剰なくらい心配になりながら、郵便局から封筒を発送したものです。 「やっと願書発送できた!」って叫びながら海まで走って行って、浜辺で突っ伏して号泣してました。 でも、受験期間が20年以上になった今は、なんの感慨も、緊張感もありません。願書を記入するときも、ポテチ食べながら、メモ帳に落書きするくらいの気…

  • 【長期不合格状態の反省】即効性のある勉強をすべきだった

    どうも、不合格21回男です。 今日は、私の受験期間を長引かせた、非効率な勉強法について、反省を込めて書きます。 私は長年、基本書読んで、判例集読んで、演習書読んで、なんたらかんたらやって、ようやく過去問に手を付ける。みたいな回りくどい勉強法を取ってしまってました。過去問の消化不良で本番突入みたいな。 というのも、基本書等は常に新刊がでるので、書い直して読み直さなければという、脅迫観念めいたものがあったからです。 こんな勉強をしていては、時間がいくらあっても足りません。 今年の予備試験の短答試験まで、3ヶ月を切り、論文試験まで、5ヶ月を切ってます。 たとえテストまで数ヶ月あったとしても、テストが…

  • 【ミカンの皮勉強法】論文筆力アップ特訓

    どうも、不合格世界一位です。 今日は、論文試験対策として、私がやっていたトレーニングを紹介致します。 司法試験等の論文試験は、時間内に答案構成を書いて、暗記した論証を書いて、問題文の事案を評価してあてはめを書いてと、書いて書いて書きまくることを時間内に行わなければならない過酷な試験です。 そこで、大量の文字を高速で書ける筆力が重要になります。 とにかく書き殴らないと、筆力というものは向上しません。質より量。 私のトレーニングは、こうです。 まず、家中にある、いらない紙。例えば、紙屑、広告の裏紙、お菓子の空箱等を、全部取っておきます。そして、そこにボールペンで論証等をびっしり書き込まないと捨てて…

カテゴリー一覧
商用