searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Mr.Tさんのプロフィール

住所
関東地方
出身
東北地方

自由文未設定

ブログタイトル
Mr.Tの薬ドラ
ブログURL
https://www.mr-t-drg-pharmacist.online/
ブログ紹介文
某ドラッグストアの管理薬剤師、Mr.Tが主に薬やドラッグストアの仕事術などを執筆しているブログです。身近な疑問から、薬剤師たちが悩む深い疑問まで幅広く扱っていこうと思います。たまに愚痴ります。口は悪いです。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/Mr_T0303p
更新頻度(1年)

160回 / 222日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2021/02/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Mr.Tさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Mr.Tさん
ブログタイトル
Mr.Tの薬ドラ
更新頻度
160回 / 222日(平均5.0回/週)
フォロー
Mr.Tの薬ドラ

Mr.Tさんの新着記事

1件〜30件

  • 【お薬手帳・紛失】 お薬手帳をなくした時の対処法・なくさないための対策について徹底解説

    この記事ではお薬手帳をなくした時の対処法となくさないための対策について説明します。薬局への問い合わせで「お薬手帳をなくしてしまった」という問い合わせはよくあります。お薬手帳をなくしてしまった時にどうすればいいのか、なくさないためにはどのような対策を取ればいいのかを説明します。

  • 酢酸亜鉛の配合比率? 『亜鉛華軟膏』と『亜鉛華単軟膏』の違いについて徹底解説

    この記事では亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏の違いについて説明します。亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏は名前が似ていて注意して見ないと過誤する可能性が高いです。新人はよく間違えます。 「単」がついているかいないかの違いですが、有効成分の量や基剤が違うので少し用途も変わってきます。しっかりと成分と使い分けを理解することが重要です。

  • ドラッグストア薬剤師の教育プログラムの現状と課題について徹底解説

    ドラッグストア薬剤師の教育プログラムの現状と課題についてです。新卒や中途で社員として入社してきた薬剤師はほぼ全員「教育」を受けます。ドラッグストアだと調剤薬局の有無や月の処方箋枚数によって働き方が異なるのにもかかわらず、基本は現場任せで適した教育がなされているかどうか疑問です。

  • 【自賠責・薬局】自賠責の処方箋の受付・レセプトの対応方法について徹底解説

    自賠責の処方箋の受付・レセプトの対応についての記事です。自賠責の処方箋は病院がどのような形で出すかで違ってきますが、自由診療なので基本は保険番号や公費番号が空欄の自費処方箋の形で発行されると思います。自費処方箋は自賠責、労災、保険証忘れの一時的な自費、本当の自費など、様々な形に化ける可能性があるので判断が大変です。

  • 【ミドリン点眼の違い】 ミドリンMとミドリンPの違いについて徹底解説

    ミドリンMとミドリンPの違いについての記事です。ミドリンの点眼にはミドリンMとミドリンPの2種類が存在します。名前は同じミドリンですが、入っている成分や適応はもちろん違い、それぞれ特徴があります。ミドリンMとミドリンPで何が違うのでしょうか? この記事ではミドリンMとミドリンPの違いについて説明します。

  • 【棚卸】単純だけど難しい… 調剤・ドラッグストアの棚卸について徹底解説

    ドラッグストアの棚卸についての記事です。ドラッグストアでは棚卸というお仕事があります。棚卸とは、簡単に言うと店にある商品の数をすべて数え、在庫金額を確定させる仕事です。調剤の医薬品の棚卸とドラッグストアの店舗の棚卸のどちらとも行います。棚卸は会社の資産や損益を把握する上で重要な仕事です。

  • ドラッグストアに転職・入社を考えている人必見! ドラッグストアの仕事内容について徹底解説

    ドラッグストアの仕事内容についての記事です。 担当や役職によっても仕事内容は違いますが、ドラッグストアでは様々な仕事があります。薬剤師は薬を、化粧品担当だったら化粧品を担当するのは当たり前なのですが、その他の仕事もしなければなりません。この記事ではドラッグストアの基本的な仕事内容について説明します。

  • 【ドラッグストアの職種】ドラッグストアではどんな職種の人が働いている?

    ドラッグストアの職種についてです。ドラッグストアはどのようなところで、何を売っていて、どのような人たちが働いているか知っているでしょうか?最近のドラッグストア業界は薬の販売だけでなく様々な「モノ」を売っていて、薬剤師や登録販売者以外にも様々な職種の人が働いています。この記事ではドラッグストアの職種について説明します。

  • スマホの使い過ぎはバカになる? スマホとの付き合い方を考えるためのおすすめ本を紹介

    スマホの使い過ぎについて書かれている本の紹介です。今や生活の一部、体の一部と言っていいほど浸透しているスマホ。人類の生活を激変させてしまった素晴らしいスマホですが、冷静に考えてみるとスマホの使い過ぎについて考えたことがあるでしょうか。この記事ではスマホの使い過ぎの影響についてまとめられている本を紹介します。

  • 「時間がない!」を卒業! 時間を作り出すためのおすすめ本を紹介

    時間の作り方についての記事です。「時間がない!」と思っている人はたくさんいるでしょう。1日の時間は平等で、1日は24時間です。自分より忙しいはずなのに、お金を稼いで余暇を楽しんでいる人もいることは事実です。時間は平等ですが、時間の使い方は人によって違います。この記事では時間の作り方についてのおすすめ本を紹介します。

  • オルメテックとメトグルコ・フオイパンの一包化不可の理由を徹底解説

    オルメテックとメトグルコ・フオイパンの一包化不可についてです。オルメテックとメトグルコ、オルメテックとフオイパンの組み合わせで一包化すると変色します。添付文書にも一包化不可と記載があります。なぜ一包化不可なのでしょうか。この記事ではオルメテックとメトグルコ・フオイパンの一包化について説明します。

  • クラバモックスとオーグメンチンはなぜ成分が同じなのに用法が違う?

    クラバモックスとオーグメンチンの違いついてです。これら2つの薬には同じ成分が含まれています。どちらも主成分はアモキシシリンというペニシリン系の抗生物質で、クラブラン酸という成分がプラスされています。成分が同じなのになぜ2種類も存在しているのでしょうか?この記事ではクラバモックスとオーグメンチンの違いについて説明します。

  • リバスタッチ・イクセロンパッチは切ったり、一度に2枚使ってはいけない?

    リバスタッチ・イクセロンパッチについての記事です。リバスタッチパッチには規格が4種類あります。4.5mg/9mg/13.5mg/18mg。症状によって規格が違ってくるので、増量・減量したときにどうしても残薬が生じてしまうことがあります。リバスタッチパッチは半分に切ったり、一度に2枚使ってもいいのでしょうか?

  • 酸化マグネシウムは本当に安全? 酸化マグネシウムと併用注意の医薬品をまとめてみた

    酸化マグネシウムと併用注意の医薬品についてです。酸化マグネシウムは制酸剤や緩下剤として使われる薬です。便秘に対しては第一選択薬として使われることが多く、幅広い年代で安全に使うことができるとされていますが、添付文書を見ると「併用注意」の薬がたくさん挙げられています。安全と言われている薬ですが本当にそうなのでしょうか。

  • ニゾラールローションをシャンプーに混入? 抗真菌剤入りシャンプーについて調べてみた

    この記事では抗真菌剤入りシャンプーについて説明します。ニゾラールローションをシャンプーに入れて治療するという処方箋を経験したことがあるでしょうか?海外ではニゾラールシャンプーというものが販売されており、ニゾラールをシャンプーに混ぜることは特に問題ありません。疾患や症状によって使用方法も違ってきます。

  • 薬局でのスポーツ振興はどうすればいい? 学校でケガをした子どもの処方箋の対応について徹底解説

    この記事ではスポーツ振興について説明します。子どもの処方箋は地域によって違いますが、基本的にはこども医療が使えます。年齢基準、患者さんの住所と調剤する薬局の住所の市町村が同じであればほとんどの場合、こども医療は使えますが、これらの基準を満たしているのに使えない場合があるのです。その一つにスポーツ振興があります。

  • ピロリ菌の三次除菌は自費診療? ピロリ菌の除菌療法について調べてみた

    ピロリ菌の除菌療法についての記事です。ピロリ菌の三次除菌を聞いたことがあるでしょうか?ピロリ菌の除菌療法は二次除菌までは保険適応ですが、三次療法からは自費診療になります。三次療法はまだ確立されていないため、使う薬は様々です。今回はピロリ菌の除菌療法について調べてみました。

  • 【OTC・鼻炎薬成分一覧】病院と同じ成分の薬は? 市販の鼻炎薬の成分をまとめてみた

    代表的なOTCの鼻炎薬の成分を一覧にしてみました。OTCの内服の鼻炎薬は第一世代と第二世代に分かれます。病院と同じ成分のものも販売されています。第一世代の方が効き目が早くて効果が強いですが、眠気の副作用が出やすいです。逆に第二世代の方が効果が穏やかで眠気などの副作用が出にくいのが大きな違いです。

  • 正露丸が虫歯に効く? 正露丸の虫歯に対する効能について徹底解説

    この記事では正露丸の虫歯に対する効能について説明します。正露丸は一般の人にもラッパのマークでお馴染みで、お腹のトラブルに使われる薬です。正露丸は下痢や食あたりに使われることは誰でも知っていると思いますが、「むし歯痛」の効能もあるということを知っている人はどれぐらいいるでしょうか?

  • バルトレックスの長期投与? 性器ヘルペスの再発抑制の適応について調べてみた

    性器ヘルペスの再発抑制に伴うバルトレックスの長期投与についての記事です。バルトレックスは単純疱疹や帯状疱疹によく使われます。通常の治療では5~7日間程度の服用で終了ですが、長期で出されることがあります。性器ヘルペスの再発抑制で長期で出されることがあり、服用中も用法・用量が変わってきます。

  • 【尿・便の色が変わる薬一覧】 アスベリンで尿の色が赤色に? 尿・便の色が変わる薬をまとめてみた

    尿・便の色が変わる薬についてです。風邪の処方でよく出るアスベリンは、代謝物の色が赤色で尿が赤くなります。この事実を知っていないと患者さんは排尿した時に驚いてしまいます。代謝物や薬の成分の色による尿の変色は特に問題ありません。この記事では尿・便の色が変わる薬をまとめました。

  • 抗生物質で低血糖? ピボキシル基を有する抗生物質について徹底解説

    ピボキシル基を有する抗生物質についての記事です。ピボキシル基を持つ抗生物質は主に第3世代のセフェム系や経口カルバペネム系の抗菌薬に多いのですが、このピボキシルを有していることで低カルニチン血症や低血糖をおこすことがあります。この記事ではその原因となるピボキシル基について説明します。

  • ホクナリンテープのジェネリックは別物? ホクナリンテープとツロブテロールテープの違いについて

    ホクナリンテープとツロブテロールテープの違いについてです。GEは値段が安いですが、先発品とまったく一緒でありません。主成分は一緒ですが、添加物や製造方法が違ってくるため、先発品とまったく一緒ではないのです。この記事ではホクナリンテープとツロブテロールテープの違いについて説明します。

  • 坐剤の方が早く効く? アンヒバ坐剤小児用とカロナール錠/細粒の違いを徹底解説

    アンヒバ坐剤小児用とカロナール錠/細粒の比較です。子どもの処方でよくアンヒバ坐剤が出されます。坐剤はお尻から入れることによって直腸から直接吸収され、肝臓を経由しないで全身に分布する為早く効きます。しかし、すべての薬が坐剤の方が早く効くとは限りません。その一つにアセトアミノフェン製剤があります。

  • 手術前の目薬は保険請求できない? 眼科周術期の無菌化療法と保険請求の関係について

    この記事では眼科周術期の無菌化療法と保険請求の関係について説明します。検査薬や手術前に使う薬は薬剤料しか請求できず、その他の管理料、技術料などは一切保険請求できません。 眼科では白内障などの手術前後に抗生物質や炎症止めの目薬を処方することがあります。これらの薬も手術前なので保険請求できないのでしょうか?

  • 自分の才能は何? ストレングス・ファインダーで自分の長所を知ろう!

    ストレングス・ファインダーについての記事です。ストレングス・ファインダーとは簡単に言うと性格診断みたいなもので、質問に答えるだけで自分の性格、長所や短所を示してくれる者です。2017年に「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」という本が出版され、大人気なのでMr.Tもやってみました。

  • 【一包化不可一覧】吸湿性? 遮光? 一包化不可の薬を一覧にしてまとめてみた

    一包化不可の薬について一覧にしてまとめました。吸湿性や光により成分が分解してしまうなどの理由で一包化できない薬があります。一包化は患者さんにとって便利なものです。飲み忘れや飲み間違いなどを防ぐことができ、コンプライアンスの向上につながります。しかし、一包化の可否をその場ですぐに判断することは難しいです。

  • 【警察留置・処方箋】警察が薬局に処方箋を持ってきた時の対応方法について徹底解説

    警察留置の処方箋の対応方法についてです。留置場に勾留(拘留)されている人の処方箋を警察官が薬局に持ってくることがあります。そこまで頻度は高くなく、薬局の近くに警察署がある地域でないと滅多にお目にかかれないと思います。滅多に来ないからこそ処方箋が来ると焦ります。流れだけでも覚えておきましょう。

  • 【薬剤師・調剤事務必見】各薬局に1冊! 保険・レセプト業務に使えるおすすめ本を紹介

    レセプト業務に使えるおすすめ本についての記事です。レセプト業務は調剤事務はもちろん、一人薬剤師の店舗だと薬剤師も理解していないといけません。レセプト業務は大学では一切習わないので完全な独学です。調剤事務は特に資格を持っていなくてもできるので、知識ゼロから始める人も多いです。保険・レセプト業務に使える本を紹介します。

  • 【ニキビ】 炎症なのにステロイドを塗ってはダメ? ニキビとステロイドの関係について徹底解説

    ニキビとステロイドの関係について説明します。ニキビ治療薬は、医療用、OTC(市販薬)共にステロイドは配合されていません。皮膚に炎症が起こったときにステロイドが使われることが多いのにも関わらず、何故ニキビの治療薬にステロイドは入っていないのでしょうか。ニキビにステロイドを塗るとどうなるのかを説明します。

カテゴリー一覧
商用