searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

こころふさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こころふ日記~公認心理師が子育てや心理学のことなどを語るブログ~
ブログURL
https://kokorofu.com
ブログ紹介文
2児の父であり、育休中の公認心理師です。 子育てや依存症のことなどを書いています。 よろしくお願いします。
更新頻度(1年)

22回 / 88日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2020/11/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こころふさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こころふさん
ブログタイトル
こころふ日記~公認心理師が子育てや心理学のことなどを語るブログ~
更新頻度
22回 / 88日(平均1.8回/週)
読者になる
こころふ日記~公認心理師が子育てや心理学のことなどを語るブログ~

こころふさんの新着記事

1件〜30件

  • 子育て×ゲーミフィケーション④|登園しぶりへの対応

    こんにちは。 2児の父で、育休中のこころふです。 何度か書きましたが、長女(4歳になりました)が絶賛登園しぶり中です。 kokorofu.com kokorofu.com かなり強めの拒否だったため、親側も真剣に向き合わねばと思い、あれこれ考えた結果、ここでもゲーミフィケーションの考え方が活かせるのではないかと思い至りました。 結論から言うと、きれいさっぱり解決とまではいきませんが、一定の成果が出ていると感じています。 今回は、娘の登園しぶりへの対応にゲーミフィケーションを活用した例を紹介したいと思います。 子どもの登校しぶりや登園しぶりに悩んでいる方にとっては、参考になるのではないかと思うの…

  • 専業主夫への逆風?/遺族年金の男女格差問題

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 今回はタイトルどおり、遺族年金の話となります。 いろいろあって、最近遺族年金について調べていたところ、驚くべき事実を知ったので書いてみたいと思いました。 私が長期で育休をとったことにより、我が家の家計はだいぶ苦しくなりました。 なにせ基本的に私の収入が0になってしまったので(;´∀`) このため、家計の支出(主に保険)を徹底的に見直すことになりました。手始めに、あまりよい評判を聞かない学資保険は解約しました。 kokorofu.com 次に、私と妻の生命保険も見直すことになり、できるだけ安い、掛け捨ての生命保険を選ぶことにしました。 ここで…

  • 義理の両親との関わりで思うこと

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 今回は、義理の両親と関わるなかで思うことを、主夫目線で書かせていただきます。 我が家は、妻の実家に(ちょっと頑張れば)歩いても行けるくらいの距離にあります。 結婚して新居をかまえるとき、妻と相談して決めたのです。 義理の両親からの支援を受けやすく、かつ立地もわるくなかったからです。 実際、子育てが始まってからというもの、子どもを預かってもらったり、おかずを届けてもらったりと、何かと協力してくださり、とても助かっているところです。 そう、とても助かっている、ありがたいことなのですが、 私目線で見ると、やはり義理の両親ということで、気を遣ったり…

  • 子育て×ゲーミフィケーション③|即時フィードバックとフィードバックの可視化

    こんにちは。 2児の父で、育休中のこころふです。 最近、子育てにゲームの要素を活かせるのではないかと考え、試行錯誤しています。 このような考え方をゲーミフィケーションといいますが、ビジネス分野で使われることが多い言葉です。私が調べた限り、ゲーミフィケーションを扱った書籍の多くは、ビジネス関連のものでした。 でも、要は人の行動のモチベーションアップに役立てるための発想なので、育児においても十分活用できると考えています。 さて、今回は「即時フィードバック」と「フィードバックの可視化」について書いてみたいと思います。 即時フィードバックとは? 即時フィードバックとは、ある行動に対して、すぐに何らかの…

  • 娘が「アナと雪の女王」から学んだこと

    明けましておめでとうございます! 2児の父で、育休中のこころふです。 今年もよろしくお願いします。 昨年10月に本ブログを始め、最初のころはほぼ毎日更新していたのですが、途中からブログに時間を割くことが難しくなり、今では週に1~2回の更新になってしまいました。 そこはやや反省点なのですが、ブログを書くのは楽しいので、マイペースに継続していきたいと思っています。 さて、今回はちょっとしたエピソードについて書いてみたいと思います。 ここ最近、長女のぴよ子(年少)が『アナと雪の女王』(2ではなく、無印のほうです)にハマっていて、ほぼ毎日DVDを観ています。 あまりに繰り返し観ているので、さすがに大ま…

  • 子育て×ゲーミフィケーション②|ポイントとバッジを活用したモチベーションアップ作戦

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 前回、「ゲーミフィケーション」という考え方を子育てに活かせるんじゃないか、ということを書かせてもらいました。 kokorofu.com 「ゲーミフィケーション」とは、ゲームの要素をビジネスや教育など他の分野に応用する考え方のことです。 ゲーミフィケーションには様々な要素があります。 どんな要素があるか、論者によってさまざまなのですが、 例えば、『ウォートン・スクール ゲーミフィケーション集中講義』(著:ケビン・ワーバック、ダン・ハンター、監訳:三ツ松新、訳:渡部典子)という本によれば、具体的な構成要素(コンポーネント)は以下のとおりです。 …

  • 子育て×ゲーミフィケーション①|ゲーミフィケーションってなに?

    こんにちは。 2児の父であり、育休中の公認心理師こころふです。 子育てをしている方なら誰でも、子どもに対して「もっと自分から行動してほしいなぁ」と思ったことがあると思います。 食事、着替え、手洗い、歯みがき、片付け、などなど、いったい一日何回やるべきことを指示する必要があることか・・・ もちろん我が家も例外ではなく、「あれやりなさい」「これやりなさい」の連続で、イライラすることもしばしば。 以前も書きましたが、我が家では「トークンエコノミー法」という手法を取り入れています。 kokorofu.com kokorofu.com トークンエコノミーでは、何か目標とする行動(ターゲット行動)を設定し…

  • 育休取得をきっかけに、思い切って学資保険を解約してみたという話

    こんにちは。 2時の父で、育休中のこころふです。 最近お金のことを勉強しています。 これまで、お金のことなど一切勉強してきませんでした。 いわゆるマネーリテラシーも、ちょっと恥ずかしいレベルで不足していました。 ですが、育休をとったことをきっかけに、少しずつお金のことを勉強してきました。 その一環として、つい先日家計を圧迫していた保険を解約しました。 本ブログの趣旨とはやや離れますが、子育てにも関係してくることなので、書いてみたいと思います。 なぜお金のことを考えるようになったか 私が育休をとることになり、家計が苦しくなりました。 多くの場合、女性でも男性でも、育休期間中は育児給付金が出ます。…

  • バタバタする登園前に役立つおすすめアプリ|あさとけい

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 今回は、登園前のバタバタをちょっとだけ解消できる、おススメのアプリを紹介したいと思います。 使うようになったきっかけ 娘が本格的に幼稚園に通い始めたのが今年の6月頃。 登園の準備の大変さを思い知りました。 ご飯を食べさせる、服を着替えさせる、荷物の準備をする、洗濯物を干す、食器を片づける(場合によってはほったらかし)、日によっては弁当を用意する・・・ 数え出したらきりがありませんね。 しかも2人分・・・。 それに加えてこのご時世、子どもの体温を測って、健康票に記入しなければいけません。 一回でうまく測れないと時間とられるし、マスクの用意も地…

  • はじめての二者面談

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 先日、はじめて幼稚園の二者面談なるものを受けてきました。 けっこう緊張しました。 本当は妻と2人で臨みたいくらいだったのですが、妻が平日に休みをとるのは難しいので、私一人で行ってきました。 クラス担任の先生2人が応対してくださいました。 とりあえず最近の登園しぶりを心配していることを話しましたが、やはり園では楽しく過ごせているとのことで、一安心。 一緒にいて居心地のよい友達もいる様子。 引き続き、娘の気持ちに寄り添いながらも、じっくり励まして登園させてあげようと思いました。 先生方から言われたのは、娘が困ったとき、先生たちにヘルプを出せない…

  • 登園しぶりの波、再来!

    こんにちは。 2児の父であり、育休中のこころふです。 以前、登園しぶりに関する記事を書きました。↓ ↓ ↓ kokorofu.com そのとき絶賛登園しぶり中だったわが娘も、しばらくすると笑顔で登園できるようになり、私も安心していました。 しかし、ここにきて、またも登園しぶりの波がきてしまいました。 それも、大型の波です。 振り返ってみると、入園直後に第一波。まぁこれは誰しもが通る道。 慣れた後、10月上旬に第二波。 その後仲の良い友達ができ、好きな先生もでき、今度こそ安定したかと思いきや、 大型の第三波です。コロナみたいですね。 先週は1日登園、1日休園、あとは半日登園でした。 話を聞いてみ…

  • シリーズ依存症⑯ 個別支援の必要性

    こんにちは、こころふです。 このシリーズも長くなってきました。 絞りだせばまだ書けるかもしれませんが、正直ちょっとしんどくなってきたので、いったんこれで区切りにしようかと思います。 さて、今回は「個別支援」の必要性について書いてみたいと思います。 参考文献を最初にあげておきます。 『本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向き合い方 一人ひとりにあわせた支援で平穏な暮らしを取り戻す』(明石書店)です。 www.amazon.co.jp 著者は、中村努さん(NPO法人ワンデーポート理事)、高澤和彦さん(浦和まはろ相談室)、稲村厚さん(司法書士)、編集は認定NPO法人のワンデーポートです。 タ…

  • シリーズ依存症⑮ ダルクって何?

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 以前、依存症支援に携わっていたことがあり、最近は依存症のことをシリーズで書いています。 今回は、薬物依存のリハビリ施設である「ダルク」について説明したいと思います。 ダルクとは? ダルク(DARC)は、Drug Addiction Rehabilitation Centerの略で、薬物依存者の回復と社会復帰支援を目的とした民間のリハビリ施設です。 薬物依存等の依存問題を抱える人が、施設に入所し、仲間同士で助け合いながら回復を目指します。 スタッフは依存症からの回復者であり、入所者にとっては「先行く仲間」でもあるわけです。 医療機関や相談機関への通所によ…

  • シリーズ依存症⑭ 底つき体験とは?

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 今回も依存症領域でよく出てくるキーワードについて解説します。 テーマは「底つき」です。 「底つき」とは? 依存症は否認の病ともいわれるように、本人がなかなか自身の問題に向き合うことができないといわれています。 そこで、伝統的にいわれてきたのが、「依存症者が回復するには、もっと痛い目をみないとダメだ」「もっと底をつかないとダメだ」ということです。 治療者は、依存症を抱える本人が自分から何とかしようとするまで放っておいたり、家族に本人を突き放させたりし、本人が心底困るタイミングを待つという対応が主流な時代がありました。 突き放された本人は、途方に暮れ、人生…

  • シリーズ依存症⑬ 共依存とイネイブリング

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 依存問題に関心があり、ここまで書いてきました。 今まで、これほど集中的にひとつの分野について書くということがなかったのですが、なるべく体系的にバランスよく書こうとするのがこれほど大変だとは・・・ 本を出すような人ってやっぱりすごいんだなぁと思います。 今回は、「共依存」「イネイブリング」といったキーワードについての解説をしてみたいと思います。 どちらも、依存症分野では、よく見聞きする言葉なので、簡単に説明します。 共依存とは? 「共依存」は、ある人との関係に過度に執着してしまうことを表した言葉で、「関係性の依存」ともいわれます。 アルコール依存症の現場…

  • シリーズ依存症⑫ 香川県のゲーム規制条例の問題点

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 最近、ゲーム依存についての記事を書きました。これです↓↓ その中でもちょっとだけ触れましたが、香川県でいわゆる「ゲーム規制条例」がつくられ、話題となりました。今回はそのことについて、深堀りしてみます。 この条例は、2022年に発行予定のWHOがつくるICD(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の最新版に、Gaming disorder(ゲーム障害、ゲーム症)という精神障害が収載されることが決まったことを受けて、つくられたものです。 私も関心があったため、いろいろな人の意見を見聞きしてきましたが、その中でどのような点が批判されているのか、その問題点につい…

  • シリーズ依存症⑪  リストカット・自傷

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 このシリーズは、最初からある程度どんなテーマを書くか決めてから始めました。 書くテーマが決まってるのだからサラサラと書けるかと思っていたのですが、書けば書くほど自分がよく分かっていない部分が浮き彫りに・・・。参考文献を熟読することになり、全くラクではありませんでした( ;∀;) でも自分自身の勉強にもなるので、もう少しだけ続けます! よろしければお付き合いください(^^) 今回はリストカット、もしくはもっと広く「自傷」についてです。 自傷は、依存というカテゴリーに含めてよいのか迷いましたが、行動嗜癖(アディクション)の一種ととらえる考え方があります。 …

  • シリーズ依存症⑩ 認知行動療法とSMARPP

    こんにちは。 最近チョコレート依存ぎみのこころふです。 「これはカカオ成分の割合が高いチョコだから大丈夫!」などと自分を正当化しながら、食べまくっております。 チョコレートの依存性、あなどりがたし・・・ といったところで、今回は認知行動療法とSMARPPについて書いてみます。 どちらも耳なじみがない方も多いと思いますので、順を追って説明します。 認知行動療法とは? いわゆる心理療法と呼ばれる手法には、数えきれないくらい多くの種類があります。 精神分析、クライエント中心療法、行動療法、遊戯療法、内観療法、森田療法・・・etc その中にあって、エビデンス(科学的根拠)が高く、効果が実証されているの…

  • シリーズ依存症⑨ 家族支援って何をするの?

    気づいたら開始1か月経過 & とりあえずの目標としていた30記事作成を達成していました! 書くのは好きなんでいいんですが、ブログの設定とかカスタマイズとかいまだに「???」でよくわかりません・・・。少しずつやってきたいです。 さて、前回は依存症から回復するための自助グループについて書きました。 ただ、そもそも当事者本人が依存症であることを認めないというのが、依存症者の特徴の1つです。(「否認の病」なんて言われます) なので、自助グループなどの資源にたどりつくまでがなかなか難しいという課題があります。 そこで重要になってくるのが、家族支援です。 私自身も、依存問題を抱える本人より、家族への支援に…

  • シリーズ依存症⑧ 自助グループについて

    公認心理師のこころふです。 以前、依存症支援に携わっていた経験があることから、依存症について書いています。 今回のテーマは「自助グループ」です。 これまでの記事でも何度かふれてきていますが、あらためてどういったものかについて書いてみたいと思います。 自助グループとは? 相互援助グループともいわれますが、ここでは自助グループで統一して書きます。 文字通り、助け合うためのグループです。 例えばAA(アルコホーリクス・アノニマス)であれば、アルコール依存を抱える当事者たちが集まるグループで、参加者同士で助け合い、酒をやめ続けることを目標とします。 自助グループは、依存症からの回復にとって非常に重要な…

  • シリーズ依存症⑦ クレプトマニア~万引きをやめられない精神疾患~

    こんばんは。 公認心理師のこころふです。 前回、前々回と、ギャンブル障害、ゲーム障害と行動嗜癖の話を書きました。 今回は、その流れで、クレプトマニア(窃盗症)について書きたいと思います。 元マラソン選手の逮捕。なぜ? 2年ほど前、元マラソン選手の原裕美子さんが、菓子3点、合計382円を万引きし、逮捕されました。 原さんは、決して買うお金がなかったわけではありません。 なのに、なぜ? その後原さんは自身がクレプトマニアであることを告白し、話題となりました。 このときにクレプトマニアという言葉を知ったという方も少なくないと思います。 クレプトマニアとは? クレプトマニアの日本語訳は「窃盗症」です。…

  • シリーズ依存症⑥ ゲーム依存について考えてみた。

    こんにちは。 公認心理師のこころふです。 これまで、さまざまな依存症について書いてきましたが、今回はゲーム依存について書きたいと思います。 WHOも認めたゲーム依存 2019年の5月、WHOが発行するICDの最新版(ICD-11)に、Gaming disorder(「ゲーム障害」「ゲーム症」と訳される)が収載されることが決まりました。 各種メディアで取り上げられ、さまざまな意見がとびかっています。 これと関連し、香川県で、通称「ゲーム規制条例」が施行されたことも話題を呼びました。 ゲーム依存って何? 簡単に言えば、ゲームにはまりすぎて、やめようとしてもやめられず、日常生活に支障をきたしてしまう…

  • シリーズ依存症⑤ ギャンブル依存のウソ・ホント

    公認心理師のこころふです。 不慮の事故でPCが壊れたので、すぐさま新しいPCを購入。 以前のPCは壊れる前から異様に重かったので、新しいPC(性能も前よりいいらしい)のスピードに驚きを隠せません。 たぶん100倍くらい速い!(体感) 快適!! テンションも上がったところで、今回はギャンブル依存について書きたいと思います。 なお、これまでに書いた依存症関連の記事はこちらです。 kokorofu.com kokorofu.com kokorofu.com kokorofu.com ギャンブル依存とは? そもそもギャンブルとは?という話からになりますが、 日本では、競馬、競艇、競輪、オートレース、法…

  • シリーズ依存症④ ~薬物依存って何? 処方薬、市販薬への依存って?~

    こんにちは、公認心理師のこころふです。 依存問題や子育てのことなどいろいろと書いています。 今回は薬物依存について書きたいと思います。 薬物依存の理解に少しでも役に立てたら幸いです。 薬物依存とは? 薬物依存は、薬物をやめたくてもやめられず、生活に支障が出てしまう状態です。 一口に薬物と言っても、その対象はさまざまです。 ヘロイン、コカイン、覚せい剤、大麻、危険ドラッグ、処方薬、市販薬…etc 薬物のもつ依存性+その人の抱えるメンタルの課題(孤独感、生きづらさ)により、やめられなくなると言われています。 しばしば、あたかも薬物の作用だけが原因であるかのように説明されることもありますが、それでは…

  • シリーズ依存症③ ~アルコール依存という病気~

    こんばんは。 今日娘にパソコンを踏まれて壊されてしまったこころふです。 ただただ悲しい…。 気をとりなおして…今回はアルコール依存について書いてみます。(スマホで) 最近はアルコール依存症の認知度というか、理解が少し進んできた気もしますが、まだまだ「だらしない」「意志が弱い」というイメージはあると思います。 アルコール依存が疑われる芸能人の酒での失敗に対して、コメンテーターが「甘い」とか「意志が弱い」とか言ったりしてるのを耳にすると…。 そういう問題じゃないんですけどね。 アルコール依存の特徴 アルコール依存は、酒をやめたくてもやめられず、生活に支障が出てしまっている状態を指します。 よくある…

  • シリーズ依存症② ~そもそも依存症って何? どんな依存があるの?~

    こんばんは。 公認心理師のこころふです。 依存症シリーズ2回目ということで、今回は「そもそも依存症って何?」「どんな依存があるの?」というテーマで書きたいと思います。 むしろこちらが先の方がよかったかもですね(笑) 依存症とは? 「依存症」についてとても簡単に言うなら、 「ある物事をやめたくてもやめられず、日常生活に支障が出てしまう状態」のことです。 いくつか例を出します。 お酒を毎晩たくさん飲み、二日酔いで仕事に行けないこともしばしば。やめなきゃいけないと頭では分かっているのにやめられない。 →アルコール依存 一度だけのつもりで手を出した「覚せい剤」。いつも「これで最後にしよう」と思うのに、…

  • シリーズ依存症① ~人はなぜ依存症になるのか? 回復のために必要なのは?~

    こんばんは。 2児の父であり、現在育休中のこころふです。 これまで子育ての話が中心でしたが、そろそろ別のテーマをと思い、 今回は「依存症」に関する記事を書くことにしました。 なぜかというと、私自身が以前、依存症支援に携わっていたからです。 その中で、依存問題の奥深さ、支援するやりがい、そして当事者さんたちとの交流に、いろいろな面で心を動かされてきました。なので、思い入れがあるテーマです。 今でこそ、依存症支援にガッツリ関わるということはありませんが、いつかはまた関わらせてもらいたいという気持ちもあります。 まぁこのへんは個人的な話なので、さっさと本題に入りましょう。 ご興味のある方はぜひお読み…

  • おすすめの知育玩具|わが家で子どもがハマったおもちゃ、絵本、DVDの紹介

    こんにちは。 2児の父であり、長期育休中のこころふです。 突然ですが、子どもにどんなおもちゃを買ってあげるか考えるとき、ワクワクしませんか? 「これ買ってあげたらどんなふうに遊ぶんだろうな~?」って想像をめぐらせるのって楽しいですよね。 で、親とすると、おもちゃで楽しんで遊んでくれたらそれで十分嬉しいんですが、できればおもちゃを通じて何かを学んだり身につけたりしてくれたらいいな~なんて、欲が出たりもします。 実際、世の中にはさまざまな「知育玩具」なるものがありますよね。 どこからが知育で、どこからがそうでないのかはわかりませんが、たしかに「学べそうだな」と感じるおもちゃはたくさんあります。 今…

  • 子どものやる気を伸ばすほめ方|能力ではなく努力をほめよう!

    こんばんは。 2児の父であり、長期育休中の公認心理師こころふです。 今興味があることは、「子育てにどう心理学を活かすか」ということで、このブログでもそういった内容の記事をよく書いています。 子どもをほめるということ さて、子育てでよく出てくる話題の一つとして、「子どもをほめる」というのがありますよね。 誰でも一度はその手の話題を聞いたことがあると思います。 「子どもはほめて育てるべし」「〇〇なほめ方がいい」「ほめて子どもの自己肯定感を高めましょう」などなど。 例外として、最近流行りのアドラー心理学では「ほめてはいけない」と言われているようですが、大方の意見としては「ほめる子育て」は推奨されてい…

  • リトミックって何?効果はあるの? 

    こんばんは。 2児の父であり、長期育休中の主夫こころふです。 突然ですが、みなさん「リトミック」は知っていますか? おそらく多くの方が、幼稚園・保育園、小学校の音楽の授業などで経験したことがあるのではないかと思います。ピアノの音楽などに合わせながら、体を動かすあの活動です。 私も小学生のころ、音楽でリトミックを体験した記憶があり、個人的には楽しく好きな時間でした。 ただ、あらためて「リトミックって何?」と聞かれると、それこそ 「音楽に合わせて体を動かすあれだよ」ぐらいにしか答えられません。 多くの方がそうなのではないでしょうか? わが家では、以前から子どもを地域のリトミックに通わせています。 …

カテゴリー一覧
商用