chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
現役英語科中高教員のブログ https://mzsmtks.com

現役の英語科中高教員です。教員の仕事、学級経営、英語授業技などを載せています。現役教員、教員(教師)志望、保護者、英語学習者などにお得な情報が書かれていますのでご覧いただければと思います。毎日更新です。

草食系高校教師
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/10/21

arrow_drop_down
  • 【中学校・高校】卒業記念品は何がいい? 〜学校から贈る生徒へのラストプレゼント〜

    今日は「【中学校・高校】卒業記念品は何がいい? 〜学校から送る生徒へのラストプレゼント〜」をお伝えします。生徒にとっては世界で1つだけの母校からのプレゼントですので、教員は思い出に残るものをあげたいものですよね。さて今日は、3回の卒業担任経験を元に、生徒に喜ばれた記念品を中心にお伝えしていこうと思います。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart52 〜一般動詞過去形を使った〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart52 〜一般動詞を使った〜」をお伝えします。この活動は主にスピーキングとライティングの2技能を伸ばす目的で作成し、「一般動詞過去形×ペア×ユーモア」を組み合わせたアウトプット重視のものです。単調な授業の中にユーモアの要素を取り入れたものとなっています。

  • 【学校教員(教師)】わいせつ教員対策新法とは? 〜旧法と新法の違いを確認しよう!〜

    今日は「【学校教員(教師)】わいせつ教員対策新法とは? 〜旧法と新法の違いを確認しよう!〜」をお伝えします。教員による児童・生徒へのわいせつ行為・性犯罪・セクハラ行為等のニュースがメディアで取り上げられる回数が多くなってきてると感じませんか?昨今、ニュースで見たり聞いたりしない日の方が残念ながら少ないかもしれません。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart51 〜Howを使った疑問文〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart51 〜Howを使った疑問文〜」をお伝えします。この活動は主にスピーキングとライティングの2技能を伸ばす目的で作成し、「How×ペア×サイコロ」と「How×クラスメイト×インタビュー」を組み合わせたアウトプット重視のものです。ぜひご活用ください。

  • 【中学校・高校】新聞の社説を利用した小論文対策のススメ 〜進路指導・入試対策〜

    今日は「【中学校・高校】新聞の社説を利用した小論文対策(トレーニング)のススメ 〜進路指導・入試対策〜」をお伝えします。いきなり生徒に「書いてみろ」と言っても書けるわけがありませんし、小論文の段落構成であるPREP法を教えただけでも書くことは非常に難しいでしょう。はじめの一歩として新聞の社説を使った練習方法です!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart50 〜後置修飾(現在分詞疑問文)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart50 〜後置修飾(現在分詞)〜」をお伝えします。この活動は主にスピーキングとライティングの2技能を伸ばす目的で作成し、「現在分詞後置修飾×ペア×インフォメーションギャップ」を合わせたアウトプット重視のものです。ご利用いただき実践していただければ嬉しいです

  • 【中学校・高校】指導力不足教員(研修措置教員)とは? 〜定義や認定方法〜

    今日は「【中学校・高校】指導力不足教員(研修措置教員)とは? 〜定義や認定方法〜」をお伝えします。指導力不足の教員に、分限免職や他職種への転任、再研修の命令など厳格な対応を取ることが明記され、前文科大臣が「着実に進める」と応じたことが教育界では多少話題になりました。ぜひこの記事をご覧いただき今後の教員生活に!

  • 【中学校・高校】授業中の活動は10分以内がベター? 〜教え込みより体験重視〜

    今日は「【中学校・高校】授業中の活動は10分以内がベター?〜教え込みより体験重視〜」をお伝えします。「言語習得のため」という視野を持ちつつ、飽きない授業を展開するためにタイトルにあるように「活動は10分まで」というフレーズを意識して英語の授業展開をお伝えしたいと思います。それではぜひご覧くださいませーー!

  • 【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞

    今日は「【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞」をお伝えします。前置詞は「単語を見て意味を覚える」→「絵と単語を見て意味を覚える」へと方法が変わってきました。参考書やインターネットの参考資料には絵やキャラクターが前置詞と共に描かれており、目で見て理解できるものがあります。

  • 【中学校・高校】学級担任ができる不登校生徒の対応 〜登校刺激はどう与える?〜

    今日は「【中学校・高校】学級担任ができる不登校生徒の対応 〜登校刺激はどう与える?〜」をお伝えします。私個人としては、「不登校が悪い」とは思いません。学校に来る来ないは自由だと思います。しかーし、学校教員としては「学校を通して気づきや学びがある日常を送って欲しい」という願いがあります。ぜひご覧くださいませ!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart49 使役動詞(help含む)

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart49 使役動詞(help含む)」をお伝えします。使役動詞を使ったアクティビティって...あまりありませんよね?今回紹介するアクティビティはライティングを中心としてアウトプット活動です。ペアやグループで発表し合うスピーキングに活動につなげることもできます。

  • 【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart2 〜三人称単数現在形(三単現)〜

    今日は「【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart2 〜三人称単数現在形(三単現)〜」をお伝えします。三人称単数現在形は三人称・単数の主語が使われている文で、現在の時制を表すときに、行動・状態をあらわす英文において動詞に“s”や"es"をつけるルールを指します。ぜひご覧くださいませ。

  • 【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart2 〜三人称単数現在形(三単現)〜

    今日は「【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart1 〜関係代名詞(主格)編〜」をお伝えします。「導入こそ授業の核」だと私はずっと思っています。しかし、その導入のアイディアを考えるのが非常に大変かつ、時間がかかるものです。この記事では、関係代名詞(主格)の導入例を2つ紹介します。ぜひご覧くださいねー!

  • 【中学校・高校】英語授業で使える洋楽③ 〜文法項目別(現在完了形・使役動詞・間接疑問文)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使える洋楽② 〜文法項目別(未来進行形・関係代名詞・不定詞など)〜」をお伝えします。「授業で洋楽を使ってみようかな」と思う英語科の先生は多くいると思いますが「何を使っていいかわかない」や「目的の文法を使った洋楽を探すのがしんどい」という理由であきらめたことはないでしょうか。

  • 【中学校・高校】現役教員が考える集団生活のルールを教える上で大切なこと 〜学級経営技〜

    今日は「【中学校・高校】現役教員が考える集団生活のルールを教える上で大切なこと 〜学級経営技〜」です。個人で勉強ができる今、「学校は勉強する場所」という明確な立ち位置ではなく、「集団生活を学ぶ場」という側面が色濃く出てきているのではないでしょうか。「集団生活」に焦点を当てて大事な考え方やルールをお伝えしていきます。

  • 【中学校・高校】上手い授業・良い授業をするために 〜普通の教員が取り組んできたこと〜

    今日は「【中学校・高校】上手い授業・良い授業をするために 〜普通の教員が取り組んできたこと〜」です。私は「他の先生のすごいなあと思う部分を吸収したら最強じゃね?」と2年目くらいに思ってから多くの授業を見学、マネて自分のものにしてきました。「授業をうまく行いたい!」「生徒にもっとわかりやすく教えたい!」そんなあなたへ!

  • 【中学校・高校】私立学校教職員の実態 〜職員室内派閥と校内政治はある?〜

    今日は「【中学校・高校】私立学校教職員の実態 〜職員室内派閥と校内政治はある?〜」をお伝えします。「私立の教職員ってどんな感じなんですか?」や「私立は派閥があるんですか?」と多くの質問をいただきます。あくまでも、私が経験した3校のみの話となりますので、ご理解の上でお読みいただければと思います。ご利用ください。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart48 比較(最上級)ロジックゲーム

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart48 比較(最上級)ロジックゲーム」をお伝えします。グループワークは、出来杉くんだけが活躍して終わってしまうことがありますが、今回の活動はグループ全員が参加しなければ終わらない活動になります。英語が苦手な生徒でも参加できるものを目指して作成しました。

  • 【高校】倫理の授業スライド(パワーポイント)誰がニーチェか選手権 〜アクティビティあり〜

    今回は実存主義の中でも「ニーチェ」に関する内容です。大喜利要素を取り入れながら、ニーチェ思想を活用する授業になります。本授業では、「知的探究心を満たす」「思想の日常への活用」の両者を大切にしています。思想が生まれた時代背景を捉え、思想を理解した上で活用し、教員の支援がなくても、日常へ活用していくことを目指します。

  • 【中学校・高校】英語科教員(教師)必読必携(オススメの本)5選 〜スキルアップ〜

    今日は「【中学校・高校】英語科教員(教師)必読必携(オススメの本)5選 〜スキルアップ〜」をお伝えします。どの教科の教員も生徒の「わからない」を「わかる」にするために、教材研究をし自己研鑽をしています。過去の経験だけに頼るのではなく、日々アップデートし、時代に順応する柔軟性が必要だと思います。ぜひご覧くださいませ!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart47 伝達ゲーム 無料ダウンロード

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart47 伝達ゲーム 無料ダウンロード」をお伝えします。英語で伝えられた喜びや楽しさがトリガーとなって、英語学習に意欲的になってくれればと思います。英語レク・長期休み明け・隙間時間・テスト返却後の時間などにご活用いただければと思います。是非ご活用ください!

  • 【中学校・高校】現役中高教員が教える 英語を勉強する理由 〜生徒に伝える〜

    今日は「【中学校・高校】現役中高教員が教える 英語を勉強する理由 〜生徒に伝える〜」をお伝えします。この記事をご覧の英語科教員のみなさん、生徒に「英語を勉強する理由」をしっかりと伝えられているでしょうか。伝えられるかどうか生徒の英語学習のモチベーションが大幅に変わってくると思います。是非是非ご利用くださいませー!

  • 【中学校・高校】英語プレゼンテーションで使える表現例〜導入・展開・まとめ〜 無料ワークシート

    今日は「【中学校・高校】英語プレゼンテーションで使える表現例 〜導入・展開・まとめ〜」をお伝えします。新学習指導要領移行に伴い、英語の指導目標が従来の「英語4技能」から「英語4技能5領域」へと変更となりました。英語4技能5領域のスピーキング技能にある「話すこと〔発表〕」で使える表現をまとめたプリントをご紹介します。

  • 【中学校・高校】学力差に対応した授業展開(学力指導) 〜一斉授業での取り組み〜

    今日は「【中学校・高校】学力差に対応した授業展開(学力指導) 〜一斉授業での取り組み〜」をお伝えします。クラスには「勉強が得意な生徒と得意ではない生徒」が必ずいます。教員は学力格差を埋めるため、そして学力の底上げを図るために頭を悩ませています。これまで取り組んできた授業内・授業外にできる学力差を埋める方法を伝えます。

  • 【高校】倫理の授業スライド(パワーポイント)〜マズローの5段階欲求・アイデンティティ〜

    今日は社会系教師がもっとも嫌がる科目「倫理」の教材(スライド)を提供していきます。 「倫理を教えるの苦手で、いい授業アイデアが思いつかないな。」「少しラクしたいな。」こんな人の参考になれば嬉しいです。青年期に大切なこと・防衛機制が働くメカニズム・そこまで掘り下げる!? ユングの無意識論、是非ご覧ください!

  • 【中学校・高校】ディクトグロスを取り入れた授業実践例 〜英語授業(中学1年生)〜

    今日は「【中学校・高校】ディクトグロスを取り入れた授業実践例 〜英語授業(中学1年生)〜」をお伝えします。中学校1年生で行った理由は、中学校1年生は小学校で教科化となった外国語のカリキュラムで2年間学習し、リスニングとスピーキングの能力が以前に比べて非常に高いことから、音声を元に本文理解へと繋げられると思ったからです。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart46 〜関係代名詞・can〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart46 〜関係代名詞・can〜」をお伝えします。使用文法項目は関係代名詞とcanですが、正直のところ知らなくても生徒はこの活動をすることができます。

  • 【中学校・高校】アニメで英語の文法導入① 〜未来形(will/be going to)〜

    今日は「【中学校・高校】アニメで英語の文法導入 〜未来形(will/be going to)〜」をお伝えします。私が使う動画はスヌーピー(PEANUTS)です。授業教室に常設のモニターなどがあるのでもう一歩踏み込んだ方法で導入を行いたいと思い数年前からアニメや動画を使った授業展開をしています。ぜひご覧ください!

  • 【高校】高2の科目選択は超重要 〜生徒に失敗させないために学級担任ができること〜

    今日は「【高校】高2の科目選択は超重要 〜生徒に失敗させないために学級担任ができること〜」をお伝えします。生徒にとっては重要なことですので、生徒が他の先生方と話をする機会を作った方がいいと強く思います。担任は信頼を得られるチャンスです。高2で担任であるなら高3でも担任であることが多いでしょう。下調べしか勝たんです。

  • 【高校】高校3年生の三者面談(進路面談)での学級担任の仕事 〜事前にトラブルを防ぐ〜

    今日は「【高校】高校3年生の三者面談(進路面談)での学級担任の仕事 〜事前にトラブルを防ぐ〜」をお伝えします。高校3年生の進路決定は人生の分岐点です。人生の岐路に立たされた高校生と深く関わることができる高3の学級担任の仕事はとてもやりがいがあります。今日は「三者面談」に焦点を当て、学級担任がすることをお伝えします。

  • 【高校】観点別評価(英語科)〜具体的な評価対象とパフォーマンステストの評価基準〜

    今日は「【中学校・高校】観点別評価(英語科)〜具体的な評価対象とパフォーマンステストの評価基準〜」をお伝えします。2022年度から高校においても観点別評価が導入され、現場の先生方は悪戦苦闘しているのではないでしょうか。今日は英語科の具体的な評価方法を観点別にお伝えしていきます。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】英語授業のウォームアップネタPart2 〜導入こそ授業の核〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業のウォームアップネタPart2 〜導入こそ授業の核〜」をお伝えします。これまでに英語を使ったアクティビティを紹介してきましたが、今回は授業の冒頭5分〜10分程度できるウォームアップネタをお伝えします。ほとんど準備しなくても可能な活動ばかりです。ぜひご活用ください。

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】動名詞(中学校・高校)

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】現在完了形(中学校・高校)」をお伝えします。現在完了形は、中学校2年生・3年生(教科書による)で学習する英文法で生徒が最も難しいと感じる項目の1つです。「have+pp」を作るだけで3つの用法(経験・継続・完了)があるという点に苦手意識を持つ生徒が非常に多いです。

  • 【中学校・高校】SNSトラブル(生徒指導問題)の対応方法 〜初期対応から解決まで〜

    今日は「【中学校・高校】SNSトラブル(生徒指導問題)の対応方法 〜初期対応から解決まで〜」をお伝えします。「SNS問題」と言っても、SNS内で生徒同士が直接起こすものだけでなく、SNSが発端で起こる間接的なものも含みます。SNS問題の中で圧倒的に多いのが冷やかしからかいなどの「いじめ」に繋がるものです。

  • 保護中: 専用

    使役動詞ダウンロード

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart45〜動名詞ビンゴゲーム〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart45〜動名詞ビンゴゲーム〜」をお伝えします。「動名詞」は準動詞の1つで、生徒が最も混乱する単元の1つです。今回紹介するアクティビティは動詞の目的語になる「動名詞」を使った「動名詞×インタビュー×ビンゴ」を掛け合わせたアウトプット中心の活動になります。

  • 【中学校・高校】この話はタブー!生徒との会話で避けた方が良い内容5選 〜失敗例あり〜

    今日は「【中学校・高校】生徒とコミュニケーションを取る上で気をつけること〜内容・距離感〜」をお伝えします。生徒と1対1で会話する時や授業中やホームルームで生徒全体に話をする時など、様々な場面で生徒とコミュニケーションを取る機会があると思います。無意識にタブーを避けていると思いますが、改めて確認していきたいと思います。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart44〜SVOC(call)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart44 〜SVOC(call)〜」をお伝えしました。さて、今回紹介するアクティビティはSVOCのファーストステップとしてお使いいただける「SVOC×オリジナルキャラクター×ペア」を合わせたアウトプット中心の活動になります。ぜひご活用ください!

  • 【中学校・高校】教員の悩み第1位とは? 〜仕事を円滑に進めるために〜

    今日は「【中学校・高校】教員の悩み第1位とは? 〜仕事を円滑に進めるために〜」をお伝えします。「生徒との関係がうまく築けない」「授業がうまくいかない」「生徒指導がうまくいかない」など先生方は少なからず悩みを持っていると思います。今日は統計を元に、教員が抱える悩み第1位についてお伝えします。それではご覧ください!

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】文法項目別全授業スライドと全アクティビティ

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】文法項目別全授業スライドと全アクティビティ」をお伝えします。こちらのページは、現在(2022年6月5日)までに作成した授業用の文法別スライドとアクティビティを全て載せた特設ページになります。現在完了形、仮定法、受動態、make OC、代名詞、分詞などがあります。

  • 【高校】就職希望生徒の進路指導 〜具体的な指導方法とスケジュール〜

    今日は「【高校】就職希望者の進路指導 〜具体的な指導方法とスケジュール〜」をお伝えします。生徒にとっては高校卒業後すぐに社会に飛び込むわけですから、不安だと思います。履歴書や面接の練習も大切ですが、私たち教員が挨拶、言葉遣いやマナーなど必要最低限のソーシャルスキルをつけて卒業させたいですよね。是非ご覧ください!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart43〜SVO that(ask,tell)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart42 〜make O C(形容詞)〜」をお伝えします。今回お伝えするmake O C(形容詞)は英語の文型(語順)の中ではSVOC第5文型です。今回はCに入るのが形容詞ですが、英語学習の先を見据えて考えると不定詞・分詞・関係代名詞などが入ります。

  • 【中学校・高校】私立学校が生き残るためにするべき5つのこと 〜生徒募集を成功させる〜

    今日は「【中学校・高校】私立学校が生き残るためにするべき5つのこと 〜生徒募集を成功させる〜」をお伝えします。今は私立高校だけでなく、専門学校・短期大学・私立大学など、生徒募集に苦戦している学校が多くあります。どの学校もあらゆる手を使って生徒募集していることでしょう。ぜひご覧くださいねー!

  • 【中学校・高校】教科担当者(授業担当者)ができる時短技 〜時間は最小限に効果は最大限に〜

    今日は「中学校・高校】教科担当者(授業担当者)ができる時短技 〜時間は最小限に効果は最大限に〜」をお伝えします。授業・学級担任・分掌・部活・職員の校内委員会等、教員の仕事は多様化・複雑化し、それにより多忙化になっているのが現状です。今日は、教科(科目)担任ができる細かい時短技をお伝えします。ぜひご覧くださいねー!

  • 【教員(教師)向け】QOLを高めてくれるサブスクサービス5選 〜豊かな人生を送ろう!〜

    今日は「【教員(教師)向け】QOLを高めてくれるサブスクサービス5選 〜豊かな人生を送ろう!〜」をお伝えします。マンネリした毎日にさようならするためにもこのようなサブスクサービスを利用するのはいかがでしょうか。私はこれらを利用したことで少し人生が楽しくなりました。笑 ぜひご覧くださいませ!

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】現在完了形(中学校・高校)

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】現在完了形(中学校・高校)」をお伝えします。現在完了形は、中学校2年生・3年生(教科書による)で学習する英文法で生徒が最も難しいと感じる項目の1つです。「have+pp」を作るだけで3つの用法(経験・継続・完了)があるという点に苦手意識を持つ生徒が非常に多いです。

  • 【中学校・高校】自教科・他教科の先生の授業見学のススメ 〜授業技を盗もう〜

    今日は「【中学校・高校】自教科・他教科の先生の授業見学のススメ ~授業技を盗もう~」をお伝えします。私は新任の頃によく「授業はたくさん見てもらって、見せてもらったほうがいい」と言われてきました。その言葉もあり、授業をたくさん見てもらい、またその倍以上授業見学に行きました。ぜひご覧くださいませ!

  • 【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart1 〜関係代名詞(主格)編〜

    今日は「【中学校・高校】文法項目別授業導入アイディアPart1 〜関係代名詞(主格)編〜」をお伝えします。「導入こそ授業の核」だと私はずっと思っています。しかし、その導入のアイディアを考えるのが非常に大変かつ、時間がかかるものです。この記事では、関係代名詞(主格)の導入例を2つ紹介します。ぜひご覧くださいねー!

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】文法項目別全授業スライド特設ページ

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】中学・高校1年生で教える〜日本語と英語の違い〜」をお伝えします。「果たして英語が得意な生徒と不得意な生徒の違いは何なのか」と考えた時に、日本語と英語の違いをしっかり理解しているかどうかが得意不得意の分かれ道なのではないかと思いました。ぜひご活用ください!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart42 〜make O C(形容詞)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart42 〜make O C(形容詞)〜」をお伝えします。今回お伝えするmake O C(形容詞)は英語の文型(語順)の中ではSVOC第5文型です。今回はCに入るのが形容詞ですが、英語学習の先を見据えて考えると不定詞・分詞・関係代名詞などが入ります。

  • 【中学校・高校】特別支援(配慮)が必要な生徒の対応方法 〜通常学級在籍生徒〜

    今日は「【中学校・高校】特別支援(配慮)が必要な生徒の対応方法 〜通常学級在籍生徒〜」をお伝えします。みなさんの中学校や高校にも特別配慮(支援)が必要な通常学級に在籍している生徒がいると思います。学級担任・学年・学校として、その生徒をサポートし、学校生活に支障がないようにする必要があります。ぜひご覧ください。

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】中学・高校1年生で教える日本語と英語の違い

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】中学・高校1年生で教える〜日本語と英語の違い〜」をお伝えします。「果たして英語が得意な生徒と不得意な生徒の違いは何なのか」と考えた時に、日本語と英語の違いをしっかり理解しているかどうかが得意不得意の分かれ道なのではないかと思いました。ぜひご活用ください!

  • 【中学校・高校】教員の着任挨拶文例集(着任式・入学式・学年集会等) 〜職員・生徒・保護者へ〜

    今日は「【中学校・高校】教員の着任挨拶文例集(着任式・入学式・学年集会) 〜職員・生徒・保護者向け挨拶〜」をお伝えします。新任の先生、異動や転職をした先生は、着任式、入学式や学年集会等で挨拶をする機会がたくさんあるでしょう。「何を話せばいいんだろう」「失敗したくない」と思うでしょう。ぜひご覧くださいませ!

  • 【中学校・高校】生徒一人の成長がクラス全体の成長へと変わる? 〜学級経営技〜

    今日は「【中学校・高校】生徒一人の成長がクラス全体の成長へ 〜学級経営技〜」をお伝えします。学級経営は知恵の輪のようなものなのでいろんな角度からいろんなアプローチしてみましょう!何をきっかけに輪が外れて解放されるかわかりませんよ!トライアンドエラーの精神でいきましょう!ぜひご覧くださいねー!

  • 【中学校・高校】座席表(席替え)作成エクセル(Excel)ファイル 〜学級経営で活用〜

    今日は「【中学校・高校】座席表作成エクセル(Excel)ファイル 〜学級経営で活用できる〜」をお伝えします。座席表を簡単に作成できるエクセルファイルを無料でダウンロードすることができます。今回はくじ引きで座席を変更するパターンです。少しでも先生方の仕事の時短につながればとても嬉しいです。それではぜひご活用くださいねー!

  • 【中学校・高校】教員になる時は何も買う必要がない? 〜もらえるもの・貸してもらえるもの〜

    今日は「【中学校・高校】教員になる時には何も買わなくていい? 〜もらえるもの・貸してもらえるもの〜」をお伝えします。実は学校でもらえるものや貸してもらえるものがあることをご存知でしょうか?基本的に業務で使うものは無料で貰える(使える)ようになっています。したがって、何か購入するのは入職してからでいいんですよ!!

  • 【中学校・高校】教職員間の信頼関係を築くためにするべき4つのこと 〜円滑に仕事を進める〜

    今日は「【中学校・高校】教職員間の信頼関係を築くためにするべき4つのこと 〜円滑に仕事を進める〜」をお伝えします。「信頼を築くは一生、壊すは一瞬」という言葉があるように、信頼関係を築くには長い時間がかかりますし、難しいです。しかし、信頼関係を築くこと=仕事を円滑に進めることにつながります。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】実際にいるやばい教師 〜モンスターティーチャーとは?〜

    今日は「【中学校・高校】実際にいるやばい教師 〜モンスターティーチャーとは?〜」をお伝えします。学校・教室内という閉鎖的な空間で教員が権力を振りかざし、度を越した行動をとる教員です。生徒にとって不利益になるのが1番怖いですよね。さらに、大人や教師に対する歪んだイメージを持って社会に出ないようにしないといけないです。

  • 【中学校・高校】進路指導はいつから? 〜1年生の4月から実施するのがベスト〜

    今日は「【中学校・高校】進路指導はいつから? 〜1年生の4月から実施するのがベスト〜」をお伝えします。進路活動は個人戦ではなく団体戦です。切磋琢磨できる仲間を作ることが合格するためには必ず必要になり、そのきっかけを与える(仕掛けを作る)のは教員ではないでしょうか。ぜひ最後までご覧くださいませー!

  • 【中学校・高校】英語授業の音読指導について 〜生徒に伝えるべき3つのこと〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業の音読指導について 〜生徒に伝えるべき3つのこと〜」をお伝えします。英語力は一朝一夕でつけられるものではありません。ローマは一日にして成らずです。それを生徒に伝え、適切な音読の方法を知ったり、成長を実感させたりしていくと英語力は身につくとは言いませんが、モチベーションは上がります。

  • 【中学校・高校】英語科教員(教師)の仕事効率化(時短)裏技7選 〜目指せ定時退勤〜

    今日は「【中学校・高校】英語科教員(教師)の仕事効率化(時短)裏技7選 〜目指せ定時退勤〜」をお伝えします。仕事もプライベートも充実した人生を送るためには、仕事の効率化は必要不可欠です。職員室でカタカタする時間を減らして、生徒とワチャワチャする時間を確保しましょう。ぜひご覧くださいませ!

  • 【大学生・転職者向け】私立中学校・高校の教員採用試験に合格する方法 〜具体的な対策とは?〜

    今日は【大学生・転職者向け】私立中学校・高校の教員採用試験を突破する方法 〜具体的な対策とは?〜をお伝えします。英語科主任として教員採用試験に携わった経験もあり、学科試験作成や面接試験官を担当してきました。受験側と採用側を経験したからこそ知っていることを含めて、採用試験を突破する方法をお伝えします。ご覧ください!

  • 【中学校・高校】教員採用試験合格後から着任するまでにするべき5つのこと 〜新卒・転職者向け〜

    今日は「【中学校・高校】教員採用試験合格後から着任までにするべき5つのこと 〜新卒・転職者向け」をお伝えします。4月までのワクワクした時間の中で、「こんな準備した方がいいよー!」ということをお伝えできればと思います。10年教員を経験して、私の失敗経験を踏まえてお話しできればと思います。ぜひご覧くださいねー!

  • 【中学校・高校】オールイングリッシュ授業を導入するコツ5選 〜10年経験者が教える〜

    今日は「【中学校・高校】オールイングリッシュ授業を導入するコツ5選 〜10年経験者が教える〜」をお伝えします。今日は高校普通科で10年(うち2年間英語コースで授業経験あり)、中学校で3年(中等教育学校で3年勤務)オールイングリッシュ授業を行ってきた私が、コツをお伝えします。ぜひご覧くださいませー!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart41 〜後置修飾全般〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart41 〜後置修飾全般〜」をお伝えします。日本語にはない「後置修飾」は、生徒が英語学習の中で最も苦手としている分野の1つです。この活動は主にリーディングやリスニングの2技能を伸ばす目的で作成し、「後置修飾×ペア×クイックアンドレスポンス」を合わせたものです。

  • 【中学校・高校】キャリア教育ネタPart2 〜擬似社会人体験 アプリ開発〜

    今日は「【中学校・高校】キャリア教育ネタPart2 〜擬似社会人体験 アプリ開発〜」をお伝えします。私はこの活動を約5年前に高校2年生を対象に行い、「協働」をテーマに行ったものになります。キャリア教育のみならず、総合的な学習や探求学習、ロングホームでも使えるネタだと思いますので是非ご活用していただければと思います。

  • 【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞

    今日は「【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart2 前置詞」をお伝えします。前置詞は「単語を見て意味を覚える」→「絵と単語を見て意味を覚える」へと方法が変わってきました。参考書やインターネットの参考資料には絵やキャラクターが前置詞と共に描かれており、目で見て理解できるものがあります。

  • 【中学校・高校】TED-Edを英語の授業で活用しよう! 〜ICTを活用した授業〜

    今日は「【中学校・高校】TED-Edを英語の授業で活用しよう! 〜ICTを活用した授業〜」をお伝えします。1人1台電子端末の活用や教室の大型プロジェクターやモニターの常設が当たり前になってきました。興味深い動画コンテンツを使っての授業展開はいかがでしょうか。英語長文に多い伝記や社会問題を深掘りすることができます。

  • 【中学校・高校】TED-Edを英語の授業で活用しよう! 〜ICTを活用した授業〜

    今日は「【中学校・高校】TED-Edを英語の授業で活用しよう! 〜ICTを活用した授業〜」をお伝えします。1人1台電子端末の活用や教室の大型プロジェクターやモニターの常設が当たり前になってきました。興味深い動画コンテンツを使っての授業展開はいかがでしょうか。英語長文に多い伝記や社会問題を深掘りすることができます。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart40 〜Youtuberになろう〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart40 〜Youtuberになろう〜」をお伝えします。「現在形×ICT端末×Youtube」を合わせたアウトプット重視のものです。発表方法は革新的なものになっています。生徒の興味のあるYouTubeを使うことで、授業の意欲・関心は爆上がりしますよ。

  • 【中学校・高校】教員(教師)の立ち振る舞い 〜生徒からの見られ方〜

    今日は「【中学校・高校】教員(教師)の立ち振る舞い 〜生徒からの見られ方〜」をお伝えします。生徒は教員の一挙手一投足を見ています。話し方・立ち方・座り方等全てを見ています。ついつい片足立ちをしてしまったり、パーソナルスペースを意識せずに話してしまったりするとそれが直接生徒から見たその先生の評価につながってしまいます。

  • 【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart1 ウォームアップ

    今日は「【中学校・高校】Jamboardを使った英語授業のアクティビティPart1」をお伝えします。今日は1人1台端末があるからこそ実現できる、Google Jamboardを使ったアクティビティをお伝えします。中2以降で、ある程度単語力が身についてきた後にできるウォームアップアクティビティをお伝えします。

  • 【中学校・高校】受験や検定対策に使える英語のEメール文問題集 〜LINE風問題あり〜

    今日は「【中学校・高校】受験や検定対策に使える英語のEメール文問題集 〜LINE風問題あり〜」をお伝えします。2021年実施の東京都の公立高校入試では、大問3にEメール文が出題されました。2021年実施の大学入学共通テストでは、LINEのようなSNSの画面に出てくる英文を読んで答える問題が第1問で出題されました。

  • 【中学校・高校】英語リーディング授業の進め方例 〜文法と読解のバランスを大切に〜

    今日は「【中学校・高校】英語リーディング授業の進め方例 〜文法と読解のバランスを大切に〜」をお伝えします。学習する単語数が増え、授業内容が大幅に増えました。そして、入試の出題傾向も変化がありました。今日は「本文の内容を確認して文法を教える」の中にどのような方法があるのかを一緒に見ていけたらと思います。ぜひご覧ください。

  • 【中学校・高校】最後のホームルーム 〜生徒に送る卒業担任の最後のスピーチ例〜

    今日は「【中学校・高校】最後のホームルーム 〜生徒に送る卒業担任の最後のスピーチ例〜」をお伝えします。クラスの生徒全員に確実に届く言葉なんかありません。誰か1人に刺さり、将来どこかのタイミングで「高校の担任、あんなこと言ってたなあ」と前を向く原動力になればそれだけでいいのです。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】受験や検定対策に使える英語の情報読み取り問題集 〜情報スキャン〜

    今日は「【中学校・高校】受験や検定対策に使える英語の情報読み取り問題集 〜情報スキャン〜」をお伝えします。情報を読み取って答える問題は高校や大学受験はもちろんのこと、TOEICなどの検定試験で出題されています。必要な情報だけを読み取って答える問題の練習が必要になってきました。ぜひご活用いただければ嬉しいです。

  • 【中学校・高校】Colloquial English 〜英語の口語表現を使った探究学習〜

    今日は「【中学校・高校】Colloquial English 〜英語の口語表現を使った探究学習〜」をお伝えします。日本の中学校や高校で取り入れている教員は少ないかもしれません。私はこの授業を広めたいと思い、学校の独自科目として作っていただき、選択科目として3年間授業を担当していました。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart39 〜How many?〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart39 〜How many?〜」をお伝えします。今回紹介するアクティビティは「How many×ビンゴゲーム×クイズ」を合わせたリーディング・リスニング・ライティングの3技能を使ったアクティビティです。王道のビンゴゲームにクイズの要素を足したものです。

  • 【中学校・高校】英語授業でのディクテーション練習 〜アニメは最高の教材〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業でのディクテーション練習 〜アニメは最高の教材〜」をお伝えします。今日は、4技能5領域の中の「聞く」に焦点を当てていきたいと思います。そして、「聞く」の練習方法が様々ある中で、少し変わった「ディクテーション」の方法をお伝えできればと思います。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】授業中に行う英単語小テストの種類 〜1番効果的な試験とは?〜

    今日は「【中学校・高校】授業中に行う英単語小テストの種類 〜1番効果的な試験とは?〜」をお伝えします。「どのような方法でやるのがいいの?」や「どのくらいの頻度で行えばいいの?」と考えたことはありませんか?私はこれまでに様々な方式、そしていくつかの頻度で単語の小テストを行ってきました。それではご覧ください!

  • 【中学校・高校】受験対策に使える英語の会話文問題集 〜3パターンの問題対応〜

    今日は「【中学校・高校】受験対策に使える英語の会話文問題集 〜3パターンの問題対応〜」をお伝えしました。今回は、主に高校入試の受験対策ができるようになっています。また、高1や高2(学校のレベルによる)でも扱えるような内容になっていますのでぜひご活用ください!意外と大変なのが、レベルにあった問題を探すことなんですよね

  • 【中学校・高校】キャリア教育ネタPart1 〜SDGsや英語も学べられる実践例あり〜

    今日は「【中学校・高校】キャリア教育ネタPart1 〜SDGsを絡められる実践例あり〜 」をお伝えしました。キャリア教育のみならず、総合的な学習や探求学習、ロングホームでも使えるネタです。この活動では、キャリア教育はもちろんのこと、国際理解教育や金融教育を学ぶことができるようにしました。ぜひご覧ください。

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】~ed(過去分詞)の用法 〜長文読解を教える〜

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】~ed(過去分詞)の用法 〜長文読解を教える〜」をお伝えします。今回は準動詞の中でも「過去分詞」に焦点を当て、さらに「過去分詞」が使われている「受動態・現在完了・分詞・補語・分詞構文」の5つの使い分けを見ていきましょう。ぜひご活用ください!

  • 【中学校・高校】教科書を使った、英語×探求の授業アイディア 〜問題解決能力を育成したい〜

    今日は「【高校】教科書を使った、英語×探求の授業アイディア 〜問題解決能力を育成したい〜」をお伝えします。国が高校に探求学習を推進している側面やSDGsの絡みもあり、国語科、社会科や理数科だけでなく、他教科でも探求学習を取り入れる流れになっているのが現状です。それでは新しく取り入れられるぜひご覧ください!

  • 【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】~ingの用法 〜長文読解を教える〜

    今日は「【パワーポイント(キーノート)で授業(英語)】~ingの用法 〜長文読解を教える〜」をお伝えします。今回は準動詞の中でも「動名詞と現在分詞」に焦点を当て、さらに「~ing」が使われている「進行形と分詞構文」の4つの使い分けを見ていきましょう。今回は「~ingの見分け方のワークシート」も用意しています。

  • 【中学校・高校】アクティブノート? 〜インプットをアウトプットに変える生徒のノート作成〜

    今日は「【中学校・高校】アクティブノート? 〜インプットをアウトプットに変える生徒のノート作成ネタ〜」をお伝えします。平常点に加点するためにも回収する先生は一定数いると思います。板書を書いているかどうかを確認するためや宿題をしているかを確認するためだけではもったいないのです。生徒の個性が出るものになっています。

  • 【中学校・高校】SHR・授業中の話(雑談)ネタを増やす 〜多忙でも見つけられるアイディア〜

    今日は「【中学校・高校】SHR・授業中の話(雑談)ネタ 〜多忙でも見つけられるアイディア〜」をお伝えします。スキマ時間で話ネタや知識を増やすことができる素晴らしいサービスをご紹介します。通勤の10分・SHRまでの10分・運動中の10分を有効活用するのはいかがでしょうか。ぜひともご覧くださいませ!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart38 〜I wish(仮定法)〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart38 〜I wish(仮定法)〜」をお伝えします。このアクティビティは「仮定法×カルタ×心理」を合わせた中学生と高校生を対象としたものです。5年ほど前に作った活動で、とても盛り上がったものです。I wishを使ったアクティビティは非常に少ないです。

  • 【中学校・高校】進路(受験)指導は教職員全員で関わる? 〜進路指導の注意点〜

    今日は「【中学校・高校】進路(受験)指導は教職員全員で関わる? 〜進路指導の注意点〜」をお伝えします。「進路指導はその学年の先生が行えばいい」と思っている先生は少なくありません。それは違います。高校にとっては進路実績が学校の顔みたいなところがあります。その顔を作るのは学年だけではなく教職員全員が関わればいいのですよー

  • 【中学校・高校】2対6対2の法則を意識した学級経営 〜明日から使える技〜

    今日は「【中学校・高校】2対6対2の法則を意識した学級経営 〜明日から使える技〜」をお伝えします。「2対6対2の法則とは」「2対6対2の法則を使った学級経営」「2対6対2の法則を使った授業」「2対6対2の法則を使った生徒との関係」の4つのカテゴリーです。今回は学校現場に置き換えて考えてみました。ぜひ何かのヒントに!

  • 【中学校・高校】道徳教育(総合的な学習(探求)・LHR)ネタ 〜(映画)ペイフォワード 〜

    今日は「【中学校・高校】道徳教育(総合的な学習の時間・LHR)ネタ 〜(映画)ペイフォワード〜」をお伝えします。教育はすぐに結果が出るとは限りません。卒業した後に「あの時担任そんなこと言ってたなあ」と思ってくれれば勝負ではありませんが勝ちです。それが全員ではなくクラスの数人でも1人でも私はいいと思っています!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart37 〜現在完了形ダウトゲーム〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart37 〜現在完了形ダウトゲーム〜」をお伝えします。今回はトランプの「ダウト」を応用したものになります。このアクティビティは「現在完了形×推理」を合わせた中学生と高校生を対象に行うものとなります。お互いを知るチャンスでもある活動です。ぜひご活用ください!

  • 【中学校・高校】今話題のレクサイル(Lexile)指数とは? 〜中学・高校での活用例〜

    今日は「【中学校・高校】今話題のレクサイル(Lexile)指数とは? 〜中学・高校での活用例〜」をお伝えします。「レクサイル(Lexile)指数とは」「Amazonが導入」「学年別レクサイル指数のレベル」「勤務校での実践例」の4つのカテゴリーです。中学・高校の活用例を載せていますよ。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart36 〜受動態guessゲーム〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart36 〜受動態guess who(what) I amゲーム〜」をお伝えします。今回ご紹介するアクティビティは7年ほど前に英語ネイティヴ(カナダ人)と作成した受動態を使ったguess who(what) I amゲームです。「受動態×想像力」を合わせた活動。

  • 【中学校・高校】私立学校の入試広報とは 〜経営難の高校での取り組み〜

    今日は「【中学校・高校】私立学校の入試広報とは 〜経営難の高校での取り組み〜」をお伝えします。「入試広報部とは?」「スケジュール」「学校行事がカギ」「1番の広報は口コミ」の4つのカテゴリーです。本日は学校の仕事で数少ない、具体的な数字で結果がわかる入試広報のお仕事をお伝えします。それではぜひ見てくださいねー!

  • 【中学校・高校】3年A組ー今からみなさんは人質ですーから学ぶ生徒指導 〜第9話・最終話〜

    今日は「【中学校・高校】3年A組ー今からみなさんは人質ですー(ドラマ)から学ぶ生徒指導や学級経営 〜第9話・最終話〜」をお伝えします。最終話はとても熱い展開になっています。生徒指導する上で知っておくべき内容や教員としての考え方を学ぶことができます。ぜひご覧ください!

  • 【中学校・高校】英語の定期考査(テスト)作成の時に使える文言 〜英語の問題文〜

    今日は「【中学校・高校】英語の定期考査(テスト)作成の時に使える文言 〜英語の問題文〜」をお伝えしました。英語科のみなさん、定期考査の問題文は日本語ですか?それとも英語ですか?カテゴリー別に紹介しています。汎用性はあると思うのでコピペして使って下さい!仕事の時短につながりますように。

  • 【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart35 〜LINE風ライティング〜

    今日は「【中学校・高校】英語授業で使えるアクティビティPart35 〜LINE風ライティング〜」をお伝えしました。このアクティビティは「ライティング×タイムアタック」を合わせたアウトプットを増やす中学生と高校生を対象に行うものです。ペアかグループになってテーマに沿ってチャットしていく活動です。ぜひご覧ください!

  • 【高校】英語授業の新設科目「論理・表現」〜ライティング指導のコツ②〜(2022年度から)

    今日は「【高校】英語授業の新設科目「論理・表現」〜ライティング指導のコツ②〜(2022年度から)」をお伝えします。この記事では、プレゼンテーション、ディベート、スピーチ、作文(英作文)、面接、小論文 などで使えるPREP法を紹介しています。授業だけでなくLHRや総合的な学習の時間で学年の取り組みとしてどうぞ!

  • 【中学校・高校】リスニング能力を伸ばす「ディクトグロス」とは? 〜英語授業〜

    今日は「【中学校・高校】リスニング能力を伸ばす「ディクトグロス」とは? 〜英語授業〜」をお伝えします。ディクトグロスは生徒主体型の授業になります。この記事では、リスニングを起点とした文法や語彙、内容把握の学習もできる「ディクトグロス(dicto-gloss)学習法」をお伝えします。ぜひご覧ください!

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、草食系高校教師さんをフォローしませんか?

ハンドル名
草食系高校教師さん
ブログタイトル
現役英語科中高教員のブログ
フォロー
現役英語科中高教員のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用