searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

でげさんのプロフィール

住所
宮城県
出身
宮城県

始めまして、でげと申します。この度ブログ村に登録させていただきました。 現在、ブログ内容は僕がプレイしてきたレトロゲームの紹介が主ですが、今後は好きなアニメや漫画なども紹介していきたいと思っています。 最近、ブログを始める上でドット絵の練習を始めました。僕が描いた拙い絵のキャラクター達を、良ければ見てやってください。 それでは、よろしくお願いいたします。

ブログタイトル
でげのゲームブログ
ブログURL
https://dege.blog
ブログ紹介文
現在は主にファミコンゲームの紹介を行っています。下手くそですがドット絵を描いており、ブログ内のゲームイラストはすべて自作しています。
更新頻度(1年)

12回 / 23日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2020/10/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、でげさんの読者になりませんか?

ハンドル名
でげさん
ブログタイトル
でげのゲームブログ
更新頻度
12回 / 23日(平均3.7回/週)
読者になる
でげのゲームブログ

でげさんの新着記事

1件〜30件

  • ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント 初心者攻略解説 その2

     ここでは管理人がアプリゲーム「ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント」をある程度プレイし、悩んできた上でこうした方がいいよと思うような解説をしていければと思っております。 今回は、管理人が考えたウィッチのレベル上げに効率的なステージはどこか、スコアアタックでスコアを伸ばすにはどうしたらいいか、あとは哨戒任務について少し話させていただこうかと思います。 1、ウィッチのレベル上げに効率的なステー

  • ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント 初心者攻略解説 その1

     ここでは管理人がアプリゲーム「ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント」をある程度プレイし、悩んできた上でこうした方がいいよと思うような解説をしていければと思っております。 管理人の主観での考え方がほとんどなので上級者の方が見て「そこは違うだろ!」と思われるところがありましたらすみません。 上記の通り、中~上級者の方々はもはやこの記事を見てもなんら役に立たないかと思いますので、そこのところはど

  • アプリゲーム「ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント」プレイ感想

     2020年10月13日に、新作アプリゲーム「ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロント」がリリースされました。ウィッチーズファンの方々は今までずっと首を長くしてこの日を待たれていたのではないですかね。もうすでにプレイされた方はいらっしゃるでしょうか? かくいう僕も例に漏れず、リリース初日にさっそくダウンロードして遊ばせていただいております。 この記事では「ワールドウィッチーズ ユナイテッドフロン

  • アニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第2話 感想

     この記事はアニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第2話を見た管理人の感想です。 この記事はネタバレを含みますので、まだアニメを視聴されていない方、これから見る予定の方はブラウザの戻るを押して見ないようにしてください。 ネタバレが問題ない方だけ読むようにお願いします。 突如出現した人類の敵「ネウロイ」に対抗するべく世界各国が連合軍を組んだ。 ただし、彼らに対抗できるのは特殊

  • 「ワイワイワールド」ファミコンゲーム紹介第17回目

     ※ 最初にお伝えしておきますが、今回は画像が多めです。読み込みが重かったらすみません……。 コナミの人気キャラ達が集結して悪の軍団と戦うゲームです。 コナミオールスターというか、こういった人気ゲームのキャラクターが一堂に会するクロスオーバー作品のゲームが当時は無かったと思うので、かなり先進的な試みな感じがします。 それに、ひとつのゲームでたくさんのキャラクターが操作できるというのは、それだけでも

  • 「算数3年 けいさんゲーム」ファミコンゲーム紹介第16回目

     このゲームを知っている人は少ないのではないでしょうか? 最近では、携帯機なんかで勉強できるゲームと言いますか、英単語を使ったゲームだったり脳トレできるゲームなんかが流行ったりしましたよね。 このゲームはファミコンで遊びながら算数の計算問題を解いていくゲームになります。昔から、ゲームと勉強を両立出来ないかと考える人達がたくさんいた、という事なんですかね。 ゲームとして面白いかと言われたらつまらない

  • アニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」第1話 感想

     2020年10月7日に放送されたアニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」 皆様ご覧になられたでしょうか。 僕は、久しぶりに動く501の面々を見られてとても満足でした。 この記事はネタバレを含みますので、まだアニメを視聴されていない方、これから見る予定の方はブラウザの戻るを押して見ないようにしてください。 問題ない方だけ読むようにお願いいたします。 突如出現した人類の敵「ネウ

  • 「がんばれゴエモン からくり道中」ファミコンゲーム紹介第15回目

    ファミコンソフト「がんばれゴエモンからくり道中」の紹介記事です。

  • 「ボンバーマン2」 ファミコンゲーム紹介第14回目

     完成されたゲームシステムというのは、何年経っても愛されるゲームとなるのは必然なのでしょう。 このボンバーマンシリーズは、今現在(2020年)まで続いている素晴らしいゲームです。その初期のタイトルですが、対戦機能が追加されています。 対戦ゲームとしての金字塔となっているボンバーマンシリーズ。その魅力に取りつかれた方はたくさんいらっしゃるでしょう。 カセット表面です。この絵の通り、3人対戦可能のゲー

  • 「ストライクウィッチーズ」 僕の好きなアニメ作品

     タイトルの通りです。 僕はストライクウィッチーズシリーズを応援しています!! 出典:アニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」公式サイト 実は、2020年10月7日よりストライクウィッチーズシリーズ最新作となるアニメ「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」が放映されるのです! いやー待ち遠しかった……。 お嬢「唐突過ぎますわね! いきなりアニメの宣伝なんて!」

  • ドット絵雑談 ブログ用キャラクター作成編3

     今まで、このブログ用のオリジナルキャラクターを作っていこうという事で「お嬢」と「アトラ」の二人が誕生しました。 この二人のおかげでゲーム紹介記事作りがはかどっています。本当に感謝しています。 お嬢「おーっほっほっほ! アトラなんか居なくても、わたくし一人で十分にこのブログを盛り上げていけましたのに!」 アトラ「ま、まあボクはお嬢様に仕えるただの執事ですから……」 僕が初めてブログを立ち上げた当初

  • ファミコンゲーム紹介第13回目「ツインビー」

    ファミコン版「ツインビー」の紹介です。

  • 「バルーンファイト」ファミコンゲーム紹介第12回目

     ゲーム好きならば誰もが聞いたことのある有名なゲームタイトルの一つではないでしょうか。 このゲームは二人同時プレイが可能です。二人で協力してステージを進めていたかと思いきや、いつの間にか対戦ゲームになっていた。 そんな経験のある方も多いのではないでしょうか? カセット表面です。この汚さは年季が入ってますね……。 「バルーンファイト」は1985年1月22日に任天堂さんから発売されたファミコンゲームで

  • 「ランパート」ファミコンゲーム紹介第11回目

     僕の好きなファミコンゲームの一つです。 特に2人対戦モードが熱く、腕前が同程度なら盛り上がる事必至でしょう。 どんなゲームかと聞かれると、なんて伝えればいいのか、うーん……。 とにかく面白いゲームなんです!(強引) カセット表面です。タイトル文字がでかく載ってるだけのシンプルな感じです。 「RAMPART」は、元々は1990年にアタリゲームズおよびテンゲンが北米で業務用アーケードゲームとして稼働

  • 「エキサイトバイク」ファミコンゲーム紹介第10回目

     「バイクゲームと言えば?」と聞かれたらファミコン世代がまず真っ先に思い浮かぶのはこの「エキサイトバイク」ではないでしょうか。 昔から今まで、車のゲームはたくさんあったと思いますけど、バイクのゲームはその半分以下くらいじゃないでしょうか。 ファミコン初期に発売されたこのゲームは、今でも通用する面白さを秘めている、と僕は思っています。 カセット表面です。二人のライダーが思い思いの方向に向いているため

  • ドット絵雑談 ブログ用キャラクター作成編2

     自分で考えて作るオリジナルキャラクター像というのは、やはり難しいものです。 取り合えず描いてはみるものの「……なんかどっかで見た事あるなあ……」と思ってしまい、なかなか筆が進まないものです。 独特なキャラクターや造形、奇抜なもの等々、そういったオリジナリティ溢れるものを描ける人ってすごいなあ、と感じます。 お嬢「創作っていうのはね、難しいものなのですわ」 でげ「まったくその通りですね」 こうやっ

  • ドット絵雑談 ブログ用キャラクター作成編

     小さいサイズのキャラクターのドット絵を色々書いてきましたが、そろそろ大きいサイズで描かないとダメかと思い至り、このブログの看板娘である「お嬢」を今までよりも大きいサイズで描いてみたのでご紹介させていただきます。 最初にお断りしておきますが当方絵描き初心者です。お見苦しい絵ばかりなので何卒ご容赦ください。 当ブログ看板娘の「お嬢」です。よろしくお願いします。 お嬢「ごきげんよう!」 こちらの画像の

  • 「ドラえもん」ファミコンゲーム紹介第9回目

     国民的アニメのゲーム化作品です。ドラえもんと言えば誰もが知っている作品であり、そのゲーム化ともなれば、普段ゲームをしない方々も興味を引かれたと思います。 しかし蓋を開ければ難易度はそれなりに高く、クリア出来ない少年少女達に深い悲しみを植え付けたことでしょう。 僕もその一人です。 カセット表面です。全体的に白色に統一されています。だいぶ汚れが目立ちます。 カセット裏面です。でかでかと名前が書いてあ

  • 「グラディウス2」ファミコンゲーム紹介第8回目

     昔は、シューティングゲームというものはポピュラーなジャンルの一つでした。 今ではあまりシューティングゲームは発売されませんが、昔からゲームを楽しんでこられた方々ほどシューティングが好き、という人が多いのではないでしょうか。 僕もシューティングゲームは好きな一人で、そしてファミコンゲームの中でも屈指の面白さを持つ「グラディウス2」の紹介が出来ることを嬉しく思います。 カセット表面です。結構キレイに

  • 「北斗の拳2 世紀末救世主伝説」ファミコンゲーム紹介第7回目

     よく「キャラゲーは地雷率が高い」なんて言葉を聞きます。 地雷というのはクソゲーの比喩的表現で、つまりマンガ、アニメ原作のゲームは総じてつまらない作品が多いと、そういう事ですね。 特にファミコンのようなレトロゲームにおいては、その傾向を強く感じます。 つまり何が言いたいかというと、この北斗の拳2はそれに当てはまるという事なんですね……。 北斗の拳2のカセット表面です。左側のシールが破損してしまって

カテゴリー一覧
商用