searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Holoholo アップサイクリストさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ホロホロ日誌 555blog
ブログURL
https://555blog.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ナット&カンパニー 555nat.comのブログです。アップサイクル、自転車生活、ミニマムインパクトな暮らし、自然農の野良仕事など、緑豊かな東京世田谷より。
更新頻度(1年)

3回 / 29日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2020/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Holoholo アップサイクリストさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Holoholo アップサイクリストさん
ブログタイトル
ホロホロ日誌 555blog
更新頻度
3回 / 29日(平均0.7回/週)
読者になる
ホロホロ日誌 555blog

Holoholo アップサイクリストさんの新着記事

1件〜30件

  • 注染手ぬぐいからサイクルキャップ 2020.10.8

    注染手ぬぐいから作ったサイクルキャップ 新作のサイクルキャップを白猫屋店頭に並べました。 (左上) 七つ星柄 紺色 (右上) オクラ模様 黄緑色 (左下) ピース 空色 (右下) バラ七宝 バラ色 すべて1点モノとなります。 「1点モノ」その訳は、製作者の手ぬぐいサイクルキャップクリエイタのスージー嬢自らが、サイクルキャップの材料となります「手ぬぐい」を1点1点、吟味の上、これぞと思うものを物色いたすところから始まりまして、パッと広げた「手ぬぐい」のこれぞと思う位置にサイクルキャップの型紙を配置し、その日の気分で絶妙の柄を切り取っておりますもので、たとえ同じ手ぬぐい柄を使いましても同じデザイン…

  • キンモクセイの季節にはエコフレンドリーなヘンプ(麻)100%のサイクルキャップを。

    白猫屋製ハンドメイド1点ものヘンプ100%サイクルキャップ キンモクセイが香りはじめると、ついついサイクリングに出かけてしまいそう。 そんな気持ち良い季節にはぜひ麻100%のサイクルキャップを。 通気性よし。軽量。ヘビーデューティ。 エコフレンドリーなヘンプ素材。 洗濯してもすぐ乾く。 優れモノ、便利モノのヘンプ・サイクルキャップです。 無地の多い麻の生地には珍しい「コードレーン/ヒッコリー」柄の逸品です。 昨日、白猫屋の店頭に並べました。 ⭐頭周りのサイズを指定できるセミオーダーの商品です。注文時、ご自分の頭周りのサイズを測ってご記入ください。 ハンドメイド1点限りの商品ですが、ご縁がござい…

  • 元気は週末の田んぼから

    田んぼの水抜き ほぼ毎週末、半日だけ通うところ。 横浜市と町田市の境に位置する里山。谷戸の田んぼです。 気の合う仲間と一緒の米づくりと野菜づくり。 土や里山の自然と戯れながら、黙々と向き合う野良仕事が元気の源になります。こういう場所を『パワースポット』と呼ぶんじゃないでしょうか。 先週末も足を運びました。 この日のミッションは田んぼの『水抜き』。田んぼのなかの水をすべて抜き、稲刈りの準備するためのものです。 スコップとクワで田んぼの畦(あぜ)道の3か所を崩し、水を水路に流します。 田んぼの水が徐々に抜けていく様子を、僕らは切り株に腰を下ろして少し高い場所から眺めながら、長閑に流れる午前中の時間…

  • 2004年から16年間で、使用済みフラッグ4,561枚からアップサイクル・バッグを8,536個

    2004年から、使用済みフラッグをアップサイクルバッグへリサイクル 2020年7月1日からレジ袋(プラスチックバッグ)の有料化が始まりました。 その目的はレジ袋の使用抑制を通して、資源の無駄遣いをなくし、海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化対策への取り組もうというもの。日本政府もようやく地球環境問題に重い腰を上げたのかと思いきや、レジ袋を使用禁止するわけでもなし。「レジ袋もあります。お金払ってくれたら使ってもいいよ」という、なんとも中途半端な政策でした。 「プラスチックごみ」のこと ちょっと調べてみました。 全体のプラスチックごみのなかで、レジ袋の占める割合はなんと1.7%。 2パーセントにも…

カテゴリー一覧
商用