searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

withfamilyさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

フォロー

ブログリーダー」を活用して、withfamilyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
withfamilyさん
ブログタイトル
五十歳からの通信大学体験記
フォロー
五十歳からの通信大学体験記

withfamilyさんの新着記事

1件〜30件

  • 単修、書けました:中国近世史

    書けました。 範囲が決まっている科目って、いいなぁ。 レポート2とかぶる内容だから余裕をかましていたけど、一応指定テキストの該当箇所を何度か読んで、簡単にノートにまとめ、ポイントとなりそうな年をさっくりと覚えて試験対策は終了。 そんなに勉強しないけど、だけど他のこともできず中途半端な時間だった。 帰りがけに、図書館で対外関係史の資料を取ってきた。 行きに電車に乗っていると、長男から電話。 「熱さまし、どこ?」 金曜日から熱を出している長男、抗生物質を飲んで熱は下がったかのように見えたが、また上がってきたらしい。 金曜日に次男の学校で配られたコロナの抗原検査では陰性。 でも陰性でもPCR検査で陽…

  • 東洋美術史、不許可だった:2022年冬スク

    西洋史概説(スペイン史)は許可でました。 1日みっちりスクーリング、と思っていたので、予定、狂うなぁ。 半日のスクーリングのため、仕事も入れられないし。 前回の冬スクで2単位とった東洋美術史、単位取得までたどり着くのだろうか・・・。これはリポに真剣に取り組まないといけないだろうか・・・。書ける気がしないのだけど。 まあ、ともかく。スペイン史は楽しみだ。 明後日は中国近世史の単修。 レポート書いた時代が出題範囲なので、余裕かましているのだけど、大丈夫だろうか?? 単修が終わったら、『阿・吽』を大人買いするんだ。 対外関係史のレポート用の資料もそろそろ読もう。 秋スクと並行してレポートを作成して、…

  • 中間レポ、提出:日本史概説(メディスク)

    本日、学習サイトにアップ。 昨日ようやく予約していた本を取りにいけたんだけど、今からその内容を盛り込むとレポートの内容が崩れてしまうので、パラパラと読んでおしまい。 11月単修の勉強もしなくちゃね。中国近世史を受ける予定。 長男の英検の二次試験と被っているため、次男をどうしよう・・・。英検につき合わせるしかないか・・・。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 【展覧会】最澄と天台宗のすべて

    すごく混んでた・・・。混んでる展覧会、入り口で引き返したくなる私。 関連図書が少なかったのが残念。色々、仕入れようと思っていたのに。 『へうげもの』が読み終わったら、『阿・吽』を大人買いするぞ!仏様がたくさんいらしていたけど、やはり平安時代の仏様はどれも美しい。貴族制は害もあるけど、実もあり。 アムステルダムの街も美しかったしな。富はやはり重要。しかし、日本の展覧会はもう少し安くならないのかな? 高いし混んでるしで、正直、本の方がいいかー、となってしまうのは否めない・・・。『阿・吽』の美しいクリアファイルを買えて嬉しかったのではあるけど・・・。 にほんブログ村

  • 【展覧会】小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

    横たわった兵士に日の丸の国旗が掛けられている『國之楯』を見たくて行ってきました。 この絵は一目見れば、何も言葉はいらないと思います。 初めは兵士の体には桜の花びらが降り積もる構図だったそう。それを秋聲は後日、黒く塗りつぶしたそうです。 陸軍がこの絵の受け取りを拒否した、とは初めて知りました。 京都・詩仙堂の三十六詩仙画の修復は秋聲が行ったそう。 『國之楯』の絵葉書はなかった・・・。残念。 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 | 東京ステーションギャラリー にほんブログ村 にほんブログ村

  • メディスク中間レポート、書きあがった:日本史概説

    地元の図書館が閉まっていてどうなるかと思ったけど。 なんとか資料を集め、書き上げた。 これでやっと『へうげもの』の続きが読める。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • レポート1 A-で合格:東洋史特講(中国近世史)

    初めて章立てして書いてみましたが「読みやすい」と評価頂きました。 章立てした方がこちらも書きやすいので、以降はこの書き方でいこう。 いくつか「この出来事にもっと言及するように」という指摘を頂きました。 これらを言及すると文字数オーバーしちゃうんだけど・・・言及が足りないよりもいいのかな? にほんブログ村 にほんブログ村

  • 資料予約した図書館が閉館、からの挽回:日本史概説 中間レポート

    金曜日の仕事帰りに資料を引き取ってこようと思ったら、 今週は蔵書点検で閉館でした・・・。1週間も無駄になってしまう・・・。 その間に、せめてレポートの自分なりのテーマ(課題で何を聞かれているのか)を整理しようと、講義内容などを整理。 秋スクで受講している「対外関係史」でも言及されたトピックなので、そちらの資料も確認。 中国側ではなく日本側からの資料でも参考になると気づき、仕事がお休みの今日、開館している地元のもう一つの図書館で参考になりそうな本をいくつか借りてきた。 やっぱり期日があるスクーリングのレポートは、あせる。 でも期日があっておしりに火が点くことも必要。 仕事や子供の学校説明会など予…

  • 中間レポ、お題、出た~:日本史概説(後期メディア)

    なんか、簡単に書けるような、書き出したら実は書けないような、微妙なお題......。 いや、微妙と感じている時点できっと苦戦する......。 地元図書館で関連図書を予約するも、お題についての記載がどこまであるかわからない。 というか、お題そのものの図書がすべて貸出中だったんだけど、もしや同じ受講生かしら?? スクのレポートは期日があるし、書き出すまでは心が落ち着かない。 と言いながら、テトリスやって現実逃避。 歴史を勉強するためには漢文を読めないとやばいのでは?と思い、下記買って見ました。 精講 漢文 (ちくま学芸文庫) 作者:前野直彬 筑摩書房 Amazon 参考図書を見るまで落ち着かない…

  • またまた参考文献で迷子・・・:対外関係史(レポートの方)

    秋スクと並行して、残り2単位のレポートにも取り掛かろうと教科書を読み始めたけど・・・。 また教科書と相性が悪くて読み進められず・・・。 何か他の参考文献をまずは読もう。 ピン!とくる参考文献に辿り着くまでが大変。 あと、レポート課題に対しての自分なりの「テーマ」を見つけるのも、大変。 独学で参考文献を探して、読んで、理解して、レポート書く・・・通教生(→私)って、エライ、と思えてきた笑。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 中国近世史、レポ2で参考にした本

    農村における郷紳の役割が理解できた。 二十世紀中国の革命と農村 (世界史リブレット) 作者:田原 史起 山川出版社 Amazon 銀経済の地域社会への影響が理解できた。 東アジアの「近世」 (世界史リブレット) 作者:岸本 美緒 山川出版社 Amazon 銀本位制への理解。秤を持ち歩いて商売したんだよー。 越境する貨幣 (シリーズ歴史学の現在) 青木書店 Amazon マネーとは?という本質に迫る。だから難しかったでござるよ・・・。 日本史に学ぶマネーの論理 作者:飯田 泰之 PHP研究所 Amazon にほんブログ村 にほんブログ村

  • 内容が微妙に被ってる~:日本史概説(後期メディスク)、対外関係史(秋スク)

    まあ、シラバス見れば、そんな予感はしたんですが・・・。 でも日本史概説、自由民権運動のレポートは辛いので、スクで単位取りたい。 前期のメディスク(ロシア近世史)も繰り返し聞いたら、すごく知識が定着したので、メディスクの威力は分かってる。 10月に入り、無事に4年生に進級しました。 1年前、単位の取り方も分からなくて、法政・通教の方のブログを読んだりして、こんな複雑なこと、私にできるのだろうか? とおののいておりましたが、今では学習のてびきで調べることもめっきり減りました。 レポート出した後、何度も学習Webを覗いて今か今かと結果が待っていた頃が懐かしい。今では現物が戻ってきて、結果を知る始末。…

  • 農村にどうやって銀は来たのさ?:中国近代史、レポート2

    農村についてのレポート2、なんとか書けたけど、銀経済の農村への浸透がもやっとして理解できていない。 本にはさらっと「税の銀納を認めた」と書いてあるけど、その銀、どこから来たのさ?? 副業?? 銀で納めるの、農民はハッピーだったの?? どうなの?? そんな疑問が、『海と帝国 明清時代』(上田信、講談社)でちょっと晴れた。 レポートは書けたけど、貨幣についてもうちょっと本を読もう。 レポートは直さないけど! 次のレポート提出期間に出したいから! 銀、銀、と検索していたせいなのか、YouTubeのおすすめに下記出てたのよ。 今日はほとんど、これ見て過ごしました。 www.youtube.com ほん…

  • 中高年クライシスに陥ってますが、進級はできた

    イギリスから帰国してもなかなか浮上しない、この気分。 中高年クライシスである自覚、あります。 仕事を辞めて自分の収入が減った、自分の能力の限界がはっきりわかった、自分の人生の成果(子供含まず)もわかってきた・・・という中年の危機。 おまけにコロナで行動に制限が入るし。太って痩せないし・・・。 嗚呼。すべてにモヤモヤする・・・。 そんな低空飛行中ですが、無事、4年生に進級できました。 これからが長そう・・・。ちゃんと卒論、書けるかな。 でも、勉強したいことがたくさんあるので、卒業は急ぎません。 来年度の学費も振り込んで、っと。 今は中国近世史の農村についてのレポートに取り組んでます。 農村と銀の…

  • レポートやっと書き上げた(ただし課題1だけ(*_*)):中国近世史

    参考文献がまだ読み込めてないから~とダラダラ言い訳する自分に嫌気がさし、取り組みました。 二日ほどで書き上げた。 ただし、課題1のみ。課題2はまだ主題すら見つけられていない。 これから教科書をもう一度読みます。. 今回はじめて段落にそれぞれタイトルをふって書いてみました。こうした方が書きやすい。ただ評価がどうされるかはわかりません。 倭寇についてのレポートでしたが、「この人、どんな人だったんだろう?」と想像が膨らむ人物が何人かいました。 まず、朱紈という明朝の官僚。清廉潔白な人物との評。 浙江巡撫に任ぜられ(巡撫って言い得て妙の役職ですね)、その期待に見事応えて倭寇をバシバシ取り締まるのですが…

  • 小西行長と沈維敬:中国近世史

    秀吉の朝鮮出兵。その和平交渉における、この二人の共謀って、すごい。 とてもうまく行くとは思えない共謀だけど、とにかくすごい。 国と民族、言葉を超えて、どんな風に共謀することになったのだろうか。 色々と想像がかきたてられる。 今読んでる本。レポートの準備はなかなか進まないよ・・・。 中国文明の歴史〈8〉明帝国と倭寇 (中公文庫) 中央公論新社 Amazon にほんブログ村 にほんブログ村

  • 【愚痴ります】2021年の夏は本当に忘れがたい夏になる

    通教に関係ないのですが、どこかで愚痴りたいので、ここで愚痴ります。 私は心配性でほっとくと保険にたくさん入っちゃうようなタイプです。 だから、このコロナの流行は本当に精神に、くる。 この三年で自分の生活と人間関係がガラリと変わって(退職&イギリス行き)、その変化に適応できていないところにコロナ直撃。 築いてきた様々な関係が生活の変化によって切れて、コロナのソーシャル・ディスタンスでその関係が戻せない。 巣ごもり生活は苦ではないけど、精神的な巣ごもりは、しんどい。 皮肉ではなくて、感染拡大とオリンピックのニュースが同時に飛び交うこの夏は、本当に忘れがたい夏になることでしょう。。。

  • 夏スクとれてないけど、頑張ってレポ取り組んでます:東洋史特講(中国近世史)

    Twitterのタイムラインに流れてくる、夏スクのつぶやき。 楽しそう。 でも子供の夏休み中のリアルタイム配信は、絶対にすべて出席できないだろうから、夏スクは諦めました。 10月週末スクも昼間なので諦めてます。 楽しそうなタイムラインにいいね!しながら、地味に東洋史特講のレポ準備してます。 明の時代です。 下記の本がとても面白く、まずは下巻から読み始め、あまりに面白いので上巻も図書館で借りてきたら、下巻ほど面白く感じなかった・・・。 モンゴル時代の末期の政治の混乱が、中国の皇帝としての世襲とモンゴルの習慣であるクリルタイがせめぎ合っていたため、という説明が今まで感じていたモヤモヤというかすっき…

  • 前期メディスク、ロシア近代史、Bでした:西洋史概説

    7/20が過ぎたので学習Webを覗いたところ、評価Bがついてました。 Bか・・・・。中間レポの評価が足を引っ張ったか??(←単修に対する根拠のない自信笑) 単位取れたから良しとしよう!! レジュメも見にくいし、授業も細かい政治史だし、受けながらどうかと思ったけど、試験合格を目標に勉強すると不思議と興味深く学べました。 やっぱり試験というプレッシャーは効果大、ですね。 秋スク、10月週末スク、後期メディアの申し込みがそろそろ始まります。 二つくらい、受けようと思っています。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 再提出レポート②、こちらもA-でした:東洋史概説

    隋の果たした役割について、大運河で書いたレポート、結構がんばったと思ったんですよ。 でもね、「前回は唐が書かれていたのに、今回はありませんでした。残念です」とコメントがあって、がっくり・・・。 難しいなーーーー。 いやもうこれが私の限界でした。とりあえず合格したからよしとしよう。 これで東洋史概説は単位取れました。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 再提出レポート、A-でした:東洋史概説

    付箋が貼られていたから、てっきり不合格かと・・・。よかった。 もう一つの大運河のレポートはまだ結果が出ていない。 中国史、面白かったなぁ。すっかりはまってしまった。 サイトにアップされた「法政通信」を見ると、後期メディスクの日本史概説、面白そう。 やっぱり、期日が決められてガリガリ勉強する利点ってある。 自由民権運動はやめて、後期メディスクで日本史概説取ろうかな。 で、東洋史特講で明代やろうかな。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 資料が読み込めない、って毎回書いているね・・・:日本史概説

    日本史概説の二つ目のレポート、自由民権運動について、資料を読み始めましたが、なかなか資料を読み込めず・・・ って毎回、課題を始めたばかりの時に書いている(*_*) 始めたばかりの時は、いつも辛いんだな・・・。 ロシア史だって乗り越えたではないか。時間が解決するぞ、がんばれー。 そんな状態なのに、Udemyのオンライン講座も申し込んでしまった。 こちらは期限がないから、時間を見つけてちょこちょこやろう。 統計学の講座です。数字がまったく読めない人なので。 他、仕事が始まったらすっかり遠のいてしまっている英語の勉強も時間を取りたい。 英語の勉強はBBCのサイトを読んだり、NHKラジオを聞いたり。 …

  • さよなら、ロシア史! 単修、何とか書けたぞ~:西洋史概説(メディスク)

    二回目の単位修得試験、行ってまいりました。 ロシア近現代史、中間レポより前の範囲は出ないだろうと予測し、主にアレクサンドル二世の「上からの改革」以降に的を絞ってまとめました。 当日の向かう電車の中で、大臣評議会と国家評議会がごっちゃになったり、出る改札を間違えてプチパニックになったり・・・。 でも、なんとか答案、書けました! 一部答えられなかった箇所があるからいい点数は無理かもしれないけど、合格は・・・なんとかなる、はず。 あれだけ分かりにくいと感じていた講義ですが、何度も繰り返し講義を聞くうちに理解が深まりました。 もうロシアの政治史をこんなにがっつり勉強することもないであろう・・・。 メデ…

  • 再読『隋の煬帝』:東洋史概説

    東洋史概説では隋の大運河についてレポートをまとめた。 大運河に絞った資料が意外となく、そのためいくつもの資料を読んで拾い集めることになったけれど、知らなかった事実を知ることができ、とても有意義だった。 レポートは再提出になり、コメントで「もっと煬帝について触れるように」とあったので、『隋の煬帝』(宮崎市定)を再読した。 最初に読んだ時はとにかく大運河について知りたかったので、さーっと流して読んだのだが、今回、中国史の知識がある程度身に着いた時点で読んでみると非常に面白く、引き込まれて読みふけった。 物語調なところが、柳田国男説では隋の大運河についてレポートをまとめた。 大運河に絞った資料が意外…

  • 再提出2のレポート、投函:東洋史概説

    本日、6/5に投函。 ちょっと字数オーバーだけど、どうかな。 東洋史概説は単修受かってるから、気楽でいい。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • まったく受かる気がしない:メディスク・西洋史概説(ロシア近代史)

    中間レポはc+でした。 結構、頑張ったつもりだったのだが。読み返すと、設題の問いに答え切れていない気もする。 そして優秀レポートが、素晴らしかったなぁ。先生のレジュメよりもよく理解できた笑。 6月に単位修得試験を受けるけど、学友さんに情報もらった過去問で対策しているのだけど・・・・苦戦。 授業の内容のように政治史を網羅した参考文献も見つからず、同じ参考文献を何度も読んで、混乱してる。 後期はスクーリングは取るのやめようかなぁ・・・。 ともかく、はやく試験終われ~~。 ロシア史は、もうお腹いっぱい。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 市ヶ谷情報センター利用ユーザーIDの更新

    ポリタスTV、って知ってます? ジャーナリストの津田大介さんのYouTubeチャンネルです。毎月、月末に時事対談が企画され、深澤真紀さんのお話がほんと、面白いんです。他の方との時事放談も面白いですが、私は女性なのでやはり深澤さんの指摘にはカクカクカクと頷くことが多いです。 体調が悪いとおっしゃっていたけど、そんなこと微塵も感じさせないお話でした。夜中の一時までかかって視聴しました。 で、深澤さんが絶賛していた朝日新聞の論壇時評を読もうと、市ヶ谷情報センターにアクセスしたらパスワードエラーで入れず、え??と確認したところ、入学して申し込んだのは半期分のみで、この4月から改めて申し込む必要があるよ…

  • 再提出レポート、ひとつ投函:東洋史概説

    本日、再提出の東洋史概説のレポートをひとつ仕上げて、投函。 先生のコメントを読んで、「ああ、そういう意図のレポートなのか」と理解できた私。 レポートを仕上げるのは本当に時間もかかるし、大変だけど、とても勉強になる。 今回のレポート課題、私は明の特徴というか方向が今一つよくわからない。 それまでの王朝と比べると、とても反動的な王朝に感じるから。 なぜ、そうなったのか? が腑に落ちなくて、レポートを書いていてもその疑問に引っ張られる。 次は明を扱った科目(東洋史特講の中国近代史)を取ろうか。 いや、メディスクの単位修得試験が先だな。 にほんブログ村 にほんブログ村

  • こういう本が読みたいの:『中国化する日本』与那覇 潤

    大学受験のための勉強を求めているわけじゃなく、こうした新しい解釈に触れたい。 それが私が歴史を学ぶ理由。 今まで視野不良だった眺めが、思いもしない見かたで腑に落ちる。 タイトルは中国化というより宋王朝などにした方が広く読まれたのでは? 再提出のレポートにはあまり参考にならなかったけど、大変面白かったです。 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史 (文春文庫) 作者:與那覇 潤 発売日: 2014/04/10 メディア: 文庫 にほんブログ村 にほんブログ村

  • ニコライ、いい加減にしなさい:メディスク(西洋史概説)

    ノートを作りながら、もう、この一言しかない・・・。 いい加減に、時代を見ろ、と言いたい。君の頑迷さが、どれだけ時を足踏みさせているか・・・。 私も不毛な事柄を延々とノートにまとめなければならないではないか・・・。 それにしても、講義のレジュメだけでは試験対策できないな。 レジュメ、分かりにくいよぅ。 なにかいい参考文献はないだろうか・・・。 にほんブログ村 にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用