searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ちょぷさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アテ ア~マニャン
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/waka46006
ブログ紹介文
日々の事をさらっと書き連ねています。
ブログ村参加
2020/09/01
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ちょぷさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ちょぷさん
ブログタイトル
アテ ア~マニャン
フォロー
アテ ア~マニャン

ちょぷさんの新着記事

1件〜30件

  • スリランカ料理を指で食べてみた

    スリランカ料理を食べに行った。今まではフォークを使って食事をしていた。今日は右手の親指、人差し指、中指で食べてみた。スリランカ人と思しき人達が上手に食べているのを見てやってみたくなった。これを指で捏ねて混ぜ合わせつつ口元へ運ぶ。インディカ米なのでパラパラして纏まらない。指でもフォークでも美味しさは変わらない気がする。ただ、自分の指のほうが衛生面は安心に思われる。道中の紅葉。ようやく千葉も綺麗に紅葉する季節になった。スリランカ料理を指で食べてみた

  • 夢を買う

    年末ジャンボ宝くじを買った。今年は1等、前後合わせて10億円だ。10億!ということで、連番3枚購入した。無駄のない購入方法だ。人生100年というが、まあ後30年生きるとして、ひと月280万の生活費になる。毎日ほぼ10万、何に使ったら良いのだろうか。後50年生きるとしたら、ひと月170万だ。病気になったとしても、高額療養費制度で限度額以上は払わなくて良いし。がん保険も入っているし。有事があっても使い切るのは難しい。車の免許を返納した後のタクシー代の心配がないのは良いことだ。してみると、私の夢はこれからの生活費と免許返納後のタクシー代の心配のない毎日ということか。確かに夢だ。夢を買う

  • 霰粒腫摘出

    昨日、左瞼の霰粒腫を摘出した。途中で麻酔が効かなくなってきたのか、痛いこと、痛いこと。最後、縫っている時は一針、一針がチクチクと・・・。涙がポロポロ溢れてしまった。手術時間1時間。結局、外側の皮膚も内側の粘膜も切開した。1週間後に抜糸だ。霰粒腫摘出

  • 大多喜城周辺散策

    家族が久しぶりに自転車で走りに行かない。そこで一緒に大多喜城まで行ってみた。駐車場の脇に散策コース入り口があったので散策してみた。登りあり、下りあり。なかなか楽しい。道すがら落ちている枝を拾い両手に持ってストックがわりにしたら、楽に歩ける。歩くこと2時間弱。戻ったところで昼にした。鹿なんばん蕎麦。胡麻油味のピリ辛そばだった。南蛮って、こういう味だったろうか?ああ、アジの南蛮漬けはそういえばピリ辛酢醤油だった。大多喜城周辺散策

  • 霰粒腫

    11月5日に帰宅途中の電車の中でタオルで目を擦ったら、やたらと痛かった。帰宅して鏡で見ると瞼の内側が赤い。ものもらいか?薬剤師に相談し市販の抗菌目薬を購入した。その目薬を使い続けて1週間。改善しない。しこりも出来た。そうか、アイボンで洗眼すれば治りが早いだろう。そして目薬とアイボン二刀流でさらに1週間。瞼の内側も赤いし、しこりも赤い。まずい気がする。眼科に行くと霰粒腫と診断された。薬局に行き2週間前からの経緯を伝えると、市販薬を1週間使って改善されなければ病院に行ってくれと言われた。そうか。判断は1週間か。冬になると霰粒腫。すっかり私の恒例行事になってしまった。霰粒腫

  • ちょーの毛引、一段落

    今まで長寿郎はチマチマと腹と肩の羽を引き抜いていた。鶴の恩返しよろしく、毟った羽根で反物を織るわけでもなく、ただただ毟っていた。腹なんてスッテンテンで、夏は涼しくていいが冬は間違いなく腹を下すという状態だった。それがちょー自身も冬到来を感じたのだろうか。毟っている場合では無い事に気づいたようだ。ようやく腹も肩もふさふさの綺麗な状態に戻った。相変わらずカゴの鳥。ちょーの毛引、一段落

  • イチジク収穫ing、現在進行形

    我が家のイチジクがまだ収穫できる。もう11月だというのに。流石に最盛期の甘さとはいかないが。だが、しかし良く頑張っていて十分生食できる。甘さがなくなったら、野菜としてサラダにするか、生ハム・イチジクとして頂こう。イチジク収穫ing、現在進行形

  • 自動車保険、更新

    自動車保険の更新のお知らせが保険会社から届いた。更新は来年の1月だからまだ2ヶ月もあるではないか。そう思って毎年放ったらかして、年明け早々に大慌てで更新していた。大胆な年は前日に更新した。しかし、今年の私はちょっと違う。早々に車の走行距離を確認し、クレジットカードを手元に置いて、本日更新。おおお!やればできるじゃないか。・・・むしろ、今まで何故意味もなくギリギリまで引っ張っていたのか。今やらなくても良いことはついつい先送りしちゃうのが世の常人の常、私の常。自動車保険、更新

  • フィッシュ&チップス

    以前からCostcoでずっと気になっていたフィッシュ&チップスをとうとう購入した。何しろ魚が3切れ入っている。食べ切れるかどうか・・・。今夜は基本仕様で頂き、残った分は明日フィッシュバーガーにすれば良いだろう。レンジでチンした後、魚焼きグリルで表面をパリッと焼いた。食べてみると表面パリッ!のつもりが「バリバリ」になっていた。そこで2切れ目は先ず軽く魚焼きグリルで焼いて、レンジで2分チンした。すると揚げたての食感になったではないか。では3切れ目はレンジだけでやってみるか。これはベチャベチャしてガッカリな仕上がりだ。結論。魚焼きグリルで軽く焼いてからのレンチンだ。・・・気づけばすっかり食べきっていた。フィッシュ&チップス

  • 静岡の夕暮れ

    静岡に住む妹から写真が送られてきた。駿府城のお堀雪を被った富士山何だか旅行気分だ。毎日富士山を眺めながら暮らせるというのはなんと贅沢なことだろう。静岡の夕暮れ

  • チキン・コットゥ

    贔屓にしていたセイロン料理屋が休業して久しい。いつ営業を再開するのかと心待ちにしている。心待ちにしながらも、市内にスリランカ食材を扱う店を発見したので行ってみた。入ってみると食材だけではなく食事の提供もしている。テーブルにはちゃんとアクリル板の仕切りもある。そこで、チキン・コットゥと、サモサ、春巻き、じゃがいもの何とか、ココナッツの何とかを持ち帰りで注文した。出来立てのホカホカが異国の香りを放って、車の中が良い匂いだ。家でビールと共に頂いた。おおお!この味。どれもこれも、やたらめったら辛いが旨い!口から火を吹く程辛いので、食後にチーズを食べた。舌に膜を作って辛さから舌を保護するためだ。市内に新たな店舗を発見できて良かった。チキン・コットゥ

  • フォレスト アドベンチャー

    天気が良かったので筑波山へ紅葉を見に出かけた。駐車場に車を停めて目を上げると「フォレストアドベンチャー」の看板が。「アスレチックみたいなものだよ、行ってみる?」との家族の問いに拒む理由があるだろうか?一応、家族が電話をしてみると幸いなことに空きがあった。カラビナを付けた固定具と、プーリーを付けた固定具で落下しないようにロープに身体を固定して、上空にある遊具で運動をするという施設だった。総勢10名で距離をとり、感染対策のためマスク、手袋着用で久々に運動をした。私にとっては秋の大運動会だ。普段まったく使わない筋肉を使った。明日、いや、明後日あたり筋肉痛になりそうだ。フォレストアドベンチャー

  • みかん収穫

    我が家のみかんを収穫した。まだ青々とした実は地面につきそうだったので収穫。これから追熟するだろうか。農薬は一切使っていないので、酸っぱ過ぎたらジャムにするつもりだ。みかん収穫

  • 日本人男性の平均寿命を父がクリア

    父が誕生日を迎え、平均寿命をクリアした。父が平均かあ。視力、聴力、足腰は衰えてきているが、胃腸は若いもんにはまだまだ負けない。むしろ優っているような。人生100年。にわかに他人事ではなくなった気がした。日本人男性の平均寿命を父がクリア

  • ささやかな幸せ

    昨日、家族が自転車で走っていたらツクツクボーシが鳴いているのに遭遇した。10月下旬だというのに、寒い中元気に鳴いて飛んでいった。私はというと、夕方のウォーキングで清々しい夕焼けを目にすることができた。庭には蜜柑がタワワだし。イチジクも細々と収穫できる、もう甘くはないが。新米と芋煮と秋鮭の夕餉。鳥たちは元気に騒いでいる。小さな発見や穏やかな休日にすっかり満足している。こんな毎日なら、将来年金が少なくても心豊かな満ち足りた毎日が過ごせそうだ。ささやかな幸せ

  • 蜜柑が鈴鳴り

    久しぶりに庭を見た。すると蜜柑の実が鈴鳴りになっているではないか!まだ収穫するには酸っぱそうだ。鳥に食べられることなく蜜柑狩りができるだろうか。こちらとしては鳥と分け合う用意はあるのだが。鳥は半分残しておいてくれるだろうか。蜜柑が鈴鳴り

  • 紅葉にはちょっと早かった

    今回の湯治は、紅葉を楽しむにはちょっと早かった。1割にも満たない。だが、鳥たちにとっては寒過ぎず安心して過ごせる気温だった。ちょーは相変わらずカゴの鳥。紅葉にはちょっと早かった

  • 北温泉

    今回の旅行で日帰りで北温泉に行ってきた。春先に一回下見をした時に、この温泉は水着が必要だということに気がついた。そこで今回は水着を持参した。家族が「午前中に温泉って勿体無いな」と言った。「そう思うなら尚更午前中に入ろう。皆もそんな考えだとしたら誰もいないだろう」と午前中に北温泉へ。案の定、誰もいない。貸切状態だ。縦横無尽に泳ぎたい放題。驚いたことにコケだか藻だか、植物が壁面に生えている。そんな植物もあるんだなあ。途中、観光客が見学に来たが、こちらは水着着用。普通の屋外プールの感覚だ。外湯から内湯へ移り、北温泉をすっかり堪能した。プール横の内湯は拷問か?という程熱かった。が、宿の最上階の内湯はぬる湯でいつまでも入っていられる温度だった。こんこんと湯が湧き出て、これぞ秘湯という温泉だ。北温泉

  • 二泊三日の湯治へ

    久しぶりに温泉地へ出かけた。家族と鳥たちと両親と、フルセットで。コロナになってから初めてのフルセットの旅行だ。家族と二人旅は何度かしたが。宿は三密を避けたひっそりとした宿で、食事は部屋食。両親にとっては1年半ぶりの遠出なので中日は宿でゆっくりと過ごしてもらった。紅葉にはまだ早かったが、温泉でのんびりと骨休めができた。宿で出会ったご夫婦は毎月二泊三日でもう10年通い続けているという話だった。我々は毎月とはいかないが、春と秋の滞在を毎年続けていければなあと思う。二泊三日の湯治へ

  • おからのお好み焼きもどき

    おからが手に入った。そこでお好み焼きもどきを作ってみた。おから300g豆乳700cc長芋半分天かす一掴み干しエビ一袋おばんざいの素一袋紅生姜は家族が好まないので今回は入れないことにした。天かすと干しエビ以外をバイタミックスでガーした。ガーしたものをフライパンに入れて干しエビ、天かすを散らし蓋をして蒸し焼き。ひっくり返してさらに蒸し焼き。お好み焼きの予定がもんじゃのような仕上がりに。小麦粉は入れなかったが山芋パワーで固まった。皿に取り、家族は麺つゆ、私はポン酢で味付け。なかなかイケる。おばんざいの素をもう一袋入れても良いようだ。ハッと気づいた時には食べ終わっていた。写真を撮るというのが習慣になっていないようだ。おからのお好み焼きもどき

  • 蕎麦

    最近、家族が蕎麦打ちに勤しんでいる。今日も会社から帰宅すると家族が蕎麦粉を捏ね始めた。そして薄く伸ばし、シャッシャッシャと切り大きな鍋で茹で上げた。今年の年越し蕎麦をお願いしたところ、「飽きていなければ」との回答。今が9月だから、・・・。4ヶ月後は飽きているだろう。蕎麦

  • コロナワクチン、2回目接種

    昨日、ようやくコロナワクチンの2回目の接種を終えた。今日は用心して有給を取り副反応に備えた。明け方何となく身体がポカポカしてきた。おおお?多分に漏れず発熱か?解熱剤は用意してある。体温を測ってみると37.1℃。これを最後に一日中36.4℃だった。頭痛もなく、倦怠感も無い。節々は痛いが、あとは至って快調。明日もう一日大人しくしていれば大丈夫だろう。次の接種は8ヶ月後か?コロナワクチン、2回目接種

  • 今日も海水浴

    諸事情あって、6月半ばから実家暮らし。でも週末は帰宅している。今日は早めに帰宅して掃除洗濯を済まし、またまた海水浴へ!日焼けを気にするお年頃なので今日も陽射しが弱まる4時くらいに海に行った。波にもみくちゃにされながらも、楽しく海水浴ができた。帰宅してからは今日もビール片手に夕涼み。フライドポテトとスペアリブの夕食。夏休みだなあ。今日も海水浴

  • 初海水浴

    今年の初海水浴。夕方4時くらいに近所の海水浴場へ。サーファーがチラホラいるが、海水浴をしている人は殆んどいない。海水温は高く、全く抵抗なく海に入れる。サーファーとの接触事故に気をつけながら、楽しむこと小一時間。適当なところで車に戻り積んできた水で海水を流し帰宅。6時には自宅のデッキでビールを片手にのんびり夕涼み。リタイアしたらこんな毎日を送るぞ!初海水浴

  • 母、入院中

    母が手術のため入院している。父が一人になるため、私は今実家暮らしをしている。自宅ではマスク無しの生活をしているが、実家ではそうはいかない。ワクチンを打ったとは言え、高齢だ。用心に用心を重ねて過ごさねば。と言う訳で実家でも外でもマスクを付けっぱなし。肌がガサガサしてくる。高湿度の梅雨から夏にかけての季節でよかった。暑苦しいが。母、入院中

  • 昨日の夕焼けと今日の夕焼け

    昨日、電車の車窓から輝く夕焼け雲が見えた。駅に着いて撮った昨日の夕焼け今日も車窓からそこそこの夕焼け雲が見えた。昨日ほどじゃ無いなあ。と思いつつ、駅について改めて空を眺めてみるとライトで照らしたかのような夕焼け空。そういえば、そろそろ夏至。今頃が一番日中が長いのか。昨日の夕焼けと今日の夕焼け

  • 我が家の枇杷

    我が家の庭で採れた枇杷。今年は摘果して袋がけをした。その甲斐あってか、そこそこ大きく育ち、そこそこ甘くなった。常温か冷凍で保存し、冷蔵は風味が落ちるとの記載があったので常温でせっせせっせと食べ続けた。アリに食べられているものは甘かった。甘い実をよく分かっている。大したものだ。我が家の枇杷

  • 両親2回目のワクチン接種

    両親が2回目のワクチン接種をした。1回目よりも腕の痛みが弱いらしい。頭痛も倦怠感も発熱もなく絶好調。ただ、非常に眠くなり二人揃って昼寝をしていた。寝ることで身体を安静に保ち、副反応をやり過ごしたのかもしれない。何はともあれ、これで安心だ。両親2回目のワクチン接種

  • 海辺

    ぷーを連れて海辺へ行った。数回飛ばさせたが、いかんせんぷーは歩くのが大好きな鳥だ。あちこち歩き回り小枝を啄み海辺を堪能していた。こうして飛ばない鳥へと進化していくのだろう。海辺

カテゴリー一覧
商用