chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
自由になりたい薬剤師の学習ノート http://jijineko.blog/

某薬局で管理薬剤師をしているジジネコです。 日常の業務で学んだことや、薬学生、薬剤師に役に立ちそうな記事を気が向くままに書いていこうと思います。(たまに一般の方向けにも書くつもりです) お仕事やお勉強の役にたてたら嬉しいです。

ジジネコ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/07/19

1件〜100件

  • ヒヤリ・ハット分析 腎機能障害患者へのメトホルミンの処方

    このブログでは腎機能の評価と、それに伴う薬物の適正使用について度々ふれてきました。実際に腎機能情報を用い医師薬-薬剤師の連携による薬物適正化事業は各都道府県の薬剤師会が力を入れています。ちょうど最新の公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒ

  • カロナールが入荷しない 他剤への切り替えにおける注意点

    現在ニュースでも報道されているように新型コロナウイルスによる需要急増によりカロナール®が不足しています。あゆみ製薬も限定出荷することに決定しています。カロナール細粒20%、シロップにいたっては出荷停止です。カロナール錠 200、300、50

  • サル痘について

    本日WHOがサル痘による緊急事態宣言を発表しました。日本ではまだ感染者の報告もないので、あまり実感が湧かないかもしれません。とはいえ知っておいて損はないので、今回の記事でサル痘について解説しておきたいと思います。まず初めにサル痘とは何でしょ

  • コロナ体験記

    実は現在コロナで自宅療養中です。つい昨日新規感染者数が過去最高を更新し、今後まだ増えていく可能性もあるようです。私の周りでも何人も感染者がおり、今までかかった事の無い人も人ごとでは済まされないでしょう。今回の記事で実際に感染してから、今日に

  • シスタチンCによる腎機能評価

    過去に何度か腎機能に関する記事を書いてきました。腎機能低下における薬剤の適正使用は薬剤師における最重要項目だからです。そのためもう少し腎機能に関する記事を書いて知識を深めたいと思います。今回の記事ではシスタチンCにおける腎機能評価について紹

  • 手足口病・ヘルパンギーナ

    もう夏ですね。夏になり手足口病の患者さんが多くなりました。うちの子供も昔、手足口病にかかり苦労しました。そして手足口病と似た症状の風邪にヘルパンギーナがあります。※手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜炎熱(プール熱)は夏の3大感染症といいます

  • ウィルソン病と治療薬

    先日うちの新患さんで、メルカプターゼ®カプセルを服用している方がいらっしゃいました。詳しく話を聞いてみるとウィルソン病だそうです。ウィルソン病は学生時代に勉強したことはありますが、実際に患者さんに会ったのは初めてでした。なにせ3~4万人に1

  • eGFRをもう少し詳しく 体表面積による補正・未補正

    前回の記事でeGFRから血清クレアチニン値を求め、さらにクレアチニンクリアランスを算出し、薬用量を求めた事例を紹介しました。この時に用いたeGFRは健康診断の結果であり、単位がmL/min/1.73㎡のものでした。しかしeGFRには単位がm

  • 腎機能低下患者への投薬 わずかな情報から、他の検査値を算出

    更新がかなり滞ってしまいました💦またまた、とあるスポーツの試合だったので、追い込み練習、それによる熱中症になりかけ、緊張による睡眠不足と心身がヘトヘトでブログに手が回りませんでした。ようやく試合も終わったので、また記事が書けそうです。先日病

  • 遅発性ジスキネジアの治療薬が登場 ジスバルカプセルについて

    今更ですが今年の6月1日よりジスバル®カプセルが発売されました。最近は新薬の発売ラッシュですが、このジスバル®カプセルは初の遅発性ジスキネジアの治療薬です。今までに無い治療薬ですので、是非詳しく学んで、いざ扱う時に役立ててくれればと思います

  • 慢性動脈閉塞症

    うち薬局の患者さんで脚を引きずって、歩くのが非常に辛そうな方がいます。その方の処方内容が以下のものです。Rp(1)バイアスピリン(100)     1錠    (般)オルメサルタンOD錠(10) 1錠 1日1回  朝食後

  • ケレンディア錠

    今年の6月よりケレンディア®錠が発売されます。2型糖尿病を合併する慢性腎臓病に有効な薬で、パンフレットには腎臓の炎症と線維化を抑制すると書いてあります。たしかに今までにない薬であり、糖尿病患者が透析になるのを減少させる可能性が高い素晴らしい

  • 神経障害性疼痛について 治療薬もおさらい

    ここ最近タリージェ®錠の使用量が増えてきました。うちの薬局の門前医院では処方していないのですが、他科処方で立て続けに処方されています。おそらく今年の3月にタリージェ®錠の適応が「末梢神経障害性疼痛」から「神経障害性疼痛」に変わったので使い易

  • ウィフガード点滴静注

    ここ最近は新薬の登場が相次いでいます。今年の5月より重症筋無力症の新たな治療薬であるウィフガード®点滴静注が発売されました。点滴なので薬局で勤務していると取り扱うことは基本的にないでしょうが、見聞を広げるためにこのような病院内で扱う薬につい

  • 非結核性抗酸菌症 治療薬について

    前回の記事で非結核性抗酸菌症について説明しました。今回の記事では治療薬と副作用・相互作用等の注意点について説明します。まず始めに結論から言ってしまうと、非結核性抗酸菌症においては確立された治療法というものが存在しません。そのため現状としては

  • 非結核性抗酸菌症

    先日読者の方から非結核性抗酸菌症についての記事のリクエストがありましたので、今回の記事で紹介したいと思います。非結核性抗酸菌症とは何なのか、その治療法、治療薬の副作用などについて書いていきます。量が多くなりそうなので、2回に分けて書きます。

  • リフヌア錠

    前回に引き続き、新薬の記事を書いていきます。2022年4月21日に杏林製薬からリフヌア®錠が発売されました。慢性咳嗽治療薬として発売が期待されていたものであり、今後使われる機会は増えるでしょう。今回はリフヌア®錠について説明します。リフヌア

  • レイボー錠

    久しぶりに新薬の記事を書きたいと思います。近日中に日本イーライリリーから新たな片頭痛治療薬レイボー®錠が発売されます(2022年4月20日に薬価収載されました)。新たな作用機序の薬として注目されています。今回の記事でレイボー®錠を紹介します

  • アデノウイルス感染症と対策

    現在アメリカやヨーロッパで原因不明の子供の急性肝炎の報告が相次いでいます(最多はイギリスの114例)。そして4月25日についに日本でも同様の症例が1例発見されました。現在までに確認されている169例中、74例でアデノウイルスが検出されていま

  • PSAが高い 前立腺癌?それとも違う病気?

    今日うちにおかかりの癌患者さんが「病院で前立腺の数値が高いと言われた」と言ってきました。いつも検査値を見せてくれるので確認したところ、PSAが3.46と少し高めでした。医師からは「もしもっと高くなったら何とかしてあげるから」と言われたそうで

  • ヒヤリ・ハット分析 ミノサイクリンとOTCの相互作用

    公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業で処方箋医薬品とOTCの相互作用の見落としによる説明違いの事例がありました。OTCは取り扱っていないと、つい疎くなってしまいます。今回の事例でOTCについても詳しくなり、

  • 糖尿病性網膜症

    先日うちに新患さんが来局されました。処方は以下の通りです。Rp(1) アドナ(30) 3錠      1日3回 毎食後 7日分目が赤かったので、もしかしてと思って話を聞いてみると糖尿病性網膜症ということでした。実際に糖尿病性網膜症の患者さん

  • シックデイにおける血糖降下剤の使い方

    以前うちで糖尿病の治療をしている患者さんが胃腸炎になりました。胃腸薬の投薬時に話を聞くと、食事があまり摂れなかったようですが、普段使っている血糖降下剤をどうするかは医師から聞いていなかったようです。こちらの判断で勝手に決めるわけにはいかなっ

  • 偽アルドステロン症は常に想定して!

    先日うちの薬局でツムラ六君子湯を長期間使っている患者さんの薬がモサプリド®錠に処方変更されました。患者さんにお話を聞いたところ、主治医から「長期間漢方を使っているので、一旦別の薬に変えよう」とのことでした。患者さんは胃腸の調子が悪くなったり

  • ベタニスで動悸がしたため情報提供した事例

    昨日とあるスポーツの大会に出場していました。試合の度に練習がキツくなったり、コンディション作りでなかなかブログに時間をさけませんでした💦ようやく今日からまた再開できます。今回は先週私が対応した事例を紹介して、薬と病気の両方を一度に学べたらと

  • 2022年度調剤報酬改定 オンライン服薬指導について

    3月も中盤になりました。そろそろ調剤報酬改定の記事を終えようと思います。様々な資料が各薬局に送付されていると思うので、細かいところまで全部網羅する必要はないと思っています(例えば湿布が1回70枚上限が63枚になるなど)。当ブログでは大きな改

  • ヒヤリ・ハット分析 エスワンタイホウ配合OD錠の用量変更

    久しく公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の事例を見ていませんでした。ようやく目を通せるようになって確認をしたところ、しっかり確認しないと見落としてしまうような事例がありました。その事例は抗がん剤の事例なの

  • 2022年度調剤報酬改定 リフィル処方箋

    まだまだ調剤報酬改定の資料を読み漁っている最中ですが、早めに記事を書かないと4月になってしまいそうです💦そのため他の記事も書きたかったですが、調剤報酬に関する記事を優先することにしました。今回の改定で最も大きな内容としてはリフィル処方箋が導

  • パキロビッドパックをしっかり予習

    しばらく調剤報酬に関する記事ばかり書いていました。このブログは本来は薬剤師、薬学生、その他医療従事者の方に役立つ情報発信をするためのものなので、一旦調剤報酬の記事から本来の趣旨に沿った内容に戻りたいと思います。ちょうど先日2月10日に新たな

  • 2022年調剤報酬改定 薬剤調整料・調剤管理料・服用歴管理指導料の新設 ③服薬管理指導料について

    薬剤調整料、調剤管理料、服薬管理指導料の新設についての最後の記事になります。今回は服薬管理指導料についての説明です。前回、前々回の記事で説明したように、服薬管理指導料は主に投薬後の対人業務に対する報酬となります。それでは服薬管理指導料を詳し

  • 2022年調剤報酬改定 薬剤調整料・調剤管理料・服用歴管理指導料の新設 ②調剤管理料について

    前回の記事で調剤料と薬学管理料が薬剤調整料、調剤管理料、服薬管理指導料に変更になる旨を書きました。今回の記事では調剤管理料について書いていきます。調剤管理料は調剤料の対人業務要素と、薬学管理料の主に投薬前に行う対人業務が合わさった内容になり

  • 2022年調剤報酬改定 薬剤調整料・調剤管理料・服用歴管理指導料の新設 ①薬剤調整料について

    前回の記事に引き続き、調剤報酬改定についてです。今回の改定でかなり変わる箇所として、調剤料と薬剤服用歴管理指導料が変更になります。これをじっくり理解しましょう。まずは現在の制度を確認します。調剤報酬は「調剤技術料」+「薬学管理料」+「薬剤料

  • 2022年度調剤報酬改定 地域体制支援加算について

    前回に引き続き調剤報酬改定の記事です。今回は地域体制支援加算について書きます。まずは現在の地域体制支援加算について確認しておきましょう。地域体制支援加算は調剤基本料に対する加算であり、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している保険薬局におい

  • 2022年度調剤報酬改定 調剤基本料について

    薬局勤務の方には2年に1回の大変な時期が迫ってきました。調剤報酬改定です。毎回沢山覚え直さなくてはならないので、苦労しますね。徐々に情報が入ってきましたので、今回から改定内容について1つ1つ丁寧に解説していきます。今回は調剤基本料の変更点を

  • 抗がん剤における嘔吐の治療薬

    うちに来る患者さんのお薬手帳を確認すると、意外に抗がん剤を使っている人がいます。うちは癌センターの門前ではないので、あまり抗がん剤の処方箋を持ってくる人はいません。そのため患者さんのお薬手帳をしっかりみて、最近の抗がん剤事情を学ばないといけ

  • トランサミン散が入ってこない 錠剤で代用

    現在トラネキサム酸製剤の在庫不足がずっと続いており、特にトランサミン®散の在庫はどこの卸でも欠品しており、入荷しません。うちの薬局でもトランサミン®散の在庫が底をつきそうになり、流石にまずくなってきました。トラネキサム酸製剤は代替薬が存在し

  • ヒヤリ・ハット分析 心筋梗塞の既往歴患者にトリプタン系薬物が処方

    公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の事例でいい事例がありました。薬歴に患者既往歴がキチンと記録されていて、それにより事故を未然に防げた事例です。もし見落としていたら大きな事故になっていたかもしれません。今

  • 緊急避妊薬 作用機序から使い方まで詳しく

    昨年の10月に薬局で厚生労働省の検討会で、医師の処方箋なしに薬局での緊急避妊薬の販売についての議論が始まりました。現在は薬局で調剤する場合は医師の処方箋により、研修を受けた薬剤師が対応しなくてはなりません。しかし今後処方箋なしに販売可能にな

  • コララン錠

    ※以前に書いた記事が消えてしまったので再アップします。既に読んだ方はご了承ください先日うちの薬局にコララン®錠の投与制限が解除されたとのお知らせが届きました。うちでは扱ったことがなかった薬なので、この機会にコララン®錠について勉強しました。

  • 新たな取り組み

    皆さまにお知らせがあります。この度もう一つのサブブログを立ち上げました。学んで行動して人生EASY MODE!あくまでメインブログはこのブログですが、薬剤師の勉強以外にも投資を行ったり、FPや証券外務員、簿記等の勉強もしていたので、これらの

  • モルヌピラビル(ラゲブリオカプセル) 作用機序から取り扱いまで

    遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。年明け早々資格試験の受験で忙しかったのですが、ようやく記事を書けるようになりました💦私のブログの読者の方は薬剤師が多いですが、皆さまの薬局ではラゲブリオ®登録センターに登録をしたでしょうか?

  • 今年もお疲れ様でした

    このブログを始めて2度目の年越しになります。何とか続けられてホッとしています。方針は当初から変わらず、薬剤師、薬学生、その他医療従事者に少しでも役立つ様な記事を、気の向くままに書いています。一貫して薬や医療以外の記事は書いていないので、その

  • 腰痛の原因 すべり症、ヘルニア、脊柱管狭窄症の違い ③脊柱管狭窄症について

    前回、前々回の記事に続き、最後に脊柱管狭窄症の紹介です。長かった腰痛シリーズもこれで終わりなのでお付き合いください。まず脊椎は椎骨が重なって出来ているのは何度もお伝えしました。この椎骨の構造をもう少し詳しく見てみましょう。すべり症の記事で椎

  • 腰痛の原因 すべり症、ヘルニア、脊柱管狭窄症の違い ②ヘルニアについて

    前回の記事の続きです。今回はヘルニアについて説明します。まずはヘルニアという言葉について確認しましょう。ヘルニアとは体の組織が本来の場所からはみ出した状態を指します。腸が鼠径部(脚の付け根)の筋膜からはみ出した鼠径ヘルニア(脱腸)、臍部(へ

  • 腰痛の原因 すべり症、ヘルニア、脊柱管狭窄症の違い ①すべり症について

    どの薬局でも患者さんの大半は高齢の方なので腰痛を患っている人が多いですね。投薬時に話を聞くと「すべり症があって~」「昔からヘルニアで~」「脊柱管狭窄症なの~」などと言われることが多くあります。部下の薬剤師にこれらの違いが分かるか聞いてみたら

  • SGLT2阻害薬の慢性腎臓病、1型糖尿病への使用

    前回の記事の最後の方に、フォシーガ®錠が1型糖尿病、慢性腎臓病に適応を持っていることを書きました。前回の記事では書ききれなかったので、SGLT2阻害薬が1型糖尿病と慢性腎臓病に効果をしめす理由を考察したいと思います。まず1型糖尿病についてお

  • ジャディアンス錠 慢性心不全での使用について

    11月25日にジャディアンス®錠が慢性心不全の治療にも用いられるようになりました。これを機に新規に採用したり、在庫を増やす薬局も増えてくるかもしれません。またその他のSGLT2阻害薬も追随してくるかもしれません。今回はSGLT2阻害薬と慢性

  • フィコンパ錠

    昨日いつもおかかりの患者さんに、今度他でもらっている薬をうちの薬局でもらいたいので、用意してほしいと依頼を受けました。事前に教えてくれるのはこちらとしては大変ありがたいことです。お薬手帳をみせてもらうとフィコンパ®錠を服用していました。今回

  • サービス付き高齢者向け住宅について

    先日仕事でサービス付き高齢者向け住宅を訪問してきました。一般型と介護型の両方を見てみました。今後在宅患者訪問薬剤管理指導や、居宅療養管理指導の増加が見込まれるなかで、サービス付き高齢者向け住宅に訪問するケースも出てくると思います。それに伴っ

  • サムスカを今一度おさらい

    先日久しぶりに実家に行き親の様子を見てきました。母が心不全であり状態はどうか気になっていたので、服用中の薬も確認してきました。服用中の薬の中にサムスカ®OD錠(15)がありました。心不全にはよい効果を発揮しますが、副作用や日常の注意も多い薬

  • 医療費控除を詳しく解説

    会社勤めの方はもう年末調整は終わっていると思います。サラリーマンのほとんどが年末調整だけで確定申告は必要ない人が多いと思いますが、一部の人は医療費控除やふるさと納税による確定申告で節税をする人もいると思います。今回はいつもと趣旨を変えて確定

  • 前立腺肥大症で頻尿の患者さんに八味地黄丸が処方された事例

    当薬局におかかりの患者さんで前立腺肥大症の方がいます。処方されているのはシロドシン(4)でした。しかし夜間頻尿で1~2時間おきにトイレに起きる状態であり、睡眠不足で悩まれていました。その後以下のように処方変更されました。Rp(1)(般)シロ

  • ロナプリーブの特例承認

    11月4日に厚生労働省はロナプリーブ®点滴静注の効能効果、用法用量について一部変更を特例承認することを決定しました。これによりロナプリーブ®の適応や使い方の幅が広がることになります。今回はロナプリーブ®が特例承認によりどう変わるかを見ていき

  • ベタヒスチンが半夏白朮天麻湯に変更された経緯について

    当薬局におかかりの患者さんでめまいが出たため薬が処方された方がいました。内容は以下の通りです。Rp(1)(般)ベタヒスチンメシル酸塩錠(6) 3錠        1日3回  毎食後  7日分しかし1週間服用しても良くならなかったみたいで、本

  • ヒヤリ・ハット分析 補正カルシウム濃度で高カルシウム血症を発見

    公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の事例を読み返している中で、非常に優れた事例がありました。私もハッとさせられる内容だったので、この事例を共有し、検査値をより深く知っていただければと思います。【事例の内容

  • ヒヤリ・ハット分析 検査前にエクメット配合錠HDの中止を医師に提案

    公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の事例で非常に興味深いものがありました。これは薬局と患者が気軽に話し合える関係性が築けていて、なおかつ薬剤師が服用中の薬との相互作用に気づいて報告したが、実際には不適切だ

  • 骨軟化症

    ※以前に書いた記事が消えてしまったので再アップします。既に読んだ方はご了承ください。久しぶりに疾患の解説をしたいと思います。当ブログではなるべく幅広い知識を得るために活用してほしいので、あまり目立たない疾患を選ぶことにしました。今回は骨軟化

  • ボナロン(35)からプラリア皮下注への切り替え 余っている薬はどうする?

    昨日うちの薬局で整形外科におかかりの患者さんの処方箋が持ち込まれました。処方内容は以下の通りです。Rp(1)(般)セレコキシブ錠(100)  2錠     (般)レバミピド錠(100) 2錠    1日2回 朝夕食後 60日分Rp(2)デノ

  • フランドルテープの適応外処方 膠原病患者に処方された事例

    先日社内のちょっとした勉強会で、他の薬局であった事例を聞きました。フランドルテープの適応外処方の事例です。処方理由に関しては簡単に理解できると思うのですが、詳しく患者背景を見ていく中で学びも沢山あると思います。今回はこの事例を詳しく紹介しま

  • ヒヤリ・ハット分析 ミニリンメルトOD(25)の禁忌の見落とし

    公益財団法人日本医療機能評価機構の薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業の事例を見ていたら、久しぶりに禁忌の見落としの事例がありました。中身を見ると私自身も同様の立場だったら見落としていたかもしれない事例でした。今回はこの事例を共有し、内容の

  • オラスポア小児用DS 尿路感染症の予防に使用

    先日うちの薬局に乳幼児の処方箋が持ち込まれました。処方内容は以下の通りです。Rp(1)オラスポア小児用ドライシロップ 35㎎           1日1回 就寝前 90日分抗生剤が90日分、圧倒的に少量、この2点で何らかの感染症の予防のため

  • 尿検査で異常発見 溶連菌が原因だった事例

    先日うちの薬局を以前から利用していくれている人が、お子さんの処方箋を持ってきました。処方内容は以下のものでした。Rp(1)オーグメンチン配合錠250RS 3錠     1日3回 毎食後  7日分患者は13歳の男の子です。怪我でもしたか?男子

  • レベスティブ皮下注用3.8㎎

    先日職場にレベスティブ®皮下注用3.8㎎が新発売されたとのお知らせが届きました。うちの薬局で入荷することはないのですが、たとえ扱わなくても薬剤師である以上勉強しておくことは必須です。今回はレベスティブ®について説明しておこうと思います。レベ

  • ダーブロック錠

    2021年9月よりダーブロック®錠の投薬期間制限が解除されました。これを機に今まで採用していなかった薬局でも取り扱うところが増えるかもしれません。今回はダーブロック®錠について詳しく解説してみようと思います。ダーブロック®錠の有効成分はダプ

  • 類天疱瘡

    先日私のかかりつけの患者さんが入院されました。後日退院して息子さんからお話を聞けたのですが、体中に水疱ができ、痒みも大変だったようです。退院サマリーを見せてもらったのですが、この患者さんの病名は類天疱瘡でした。聞きなれない人も多いのではない

  • 感染性腸炎 家庭内感染を防ぐために

    前回の記事で私が感染性腸炎にかかったことはお知らせしました。読者の方も同じようなことが起きないとも限りません。その際に家庭内感染を如何に防ぐかは大切だと思います。今回は感染性腸炎の家庭内感染の防止にやるべき方法を紹介したいと思います。感染症

  • 感染性腸炎

    私事ですが、月曜から酷い下痢に襲われ苦しんでいました💦下痢と腹痛以外の症状はなかったのですが、水様性の下痢が1日中幾度となく襲ってきて、結構辛い思いをしました。翌日には治ったので病院には行きませんでしたが、どうみても感染性腸炎でしょう。日曜

  • 水痘

    ※以前に書いた記事が消えてしまったので再アップします。既に読んだ方はご了承ください。以前の記事で娘に水いぼができたことを書きました。皮膚科に通って治療しているのですが、幼稚園の先生が患部を見た時に、水ぼうそうではないですよね?と心配されまし

  • アミラーゼ

    先日患者さんから健康診断の結果の紙を見せられました。基本的に異常はなかったのですが、アミラーゼだけ基準値を少し超えているようで、患者さん自身はその結果を心配していました。今回は久しぶりに臨床検査値の記事にして、アミラーゼについて解説したいと

  • ツイミーグ錠を徹底解析

    機能大日本住友製薬のMRの方が薬局に情報提供に来ました。そこで2021年9月16日発売予定のツイミーグ®錠について紹介されました。非常にユニークに作用の薬であり、また糖尿病治療の選択肢が広がると思います。渡された冊子だけでは理解するには不十

  • 夏バテの対応 清暑益気湯

    暑い日が続きますね。夏バテを起こしている人もいるのではないでしょうか?夏バテを起こした場合涼しくして安静にするのが一番ですが、どうしても辛い時は薬に頼るのもありかと思います。今回は夏バテに用いられる漢方の清暑益気湯について解説します。まず夏

  • イベルメクチンについて冷静に考えてみる

    最近SNSでイベルメクチンに対する期待が高まっています。「奇跡の治療薬」とか「これでコロナは終焉を迎える」などといったキャッチフレーズが溢れているので、期待するのも無理はありません。しかし専門家の人ならこういう時こそ自分の頭で考え、冷静な判

  • 釣藤散の処方例

    先日うちの薬局で久しぶりに釣藤散が処方されました。患者さんは「頭が重くて、耳のあたりがボワーっとする」と訴えていました。この症状に釣藤散が処方されたのは適切だと思います。今回は釣藤散が処方される理由について書い悦したいと思います。まず釣藤散

  • ロナプリーブ点滴静注

    2021年7月19日に新型コロナウイルスの新たな治療薬が特例承認されました。今までの治療薬とは異なる作用のものであり、また新型コロナウイルスの治療を目的として作られた初の薬になります。ホットな話題なので今回はロナプリーブ点滴静注について説明

  • ルムジェブ注

    昨日いつもヒューマログ®注を使っている患者さんの処方変更がありました。ヒューマログ®注からルムジェブ®注に変更になりました。当薬局では初めての採用だったので、うちの従業員は誰も知っている人がいませんでした。今回はこのルムジェブ®注について解

  • RSウイルス

    最近ニュースでRSウイルスの猛威が騒がれています。去年の400倍みたいですね。薬局にもRSウイルスの子の処方箋が流れてくるかもしれません。処方箋がきても冷静に対応できるように、今回はRSウイルスについて解説します。RSウイルスはRNAウイル

  • ロケルマ懸濁用散

    2021年6月よりロケルマ®懸濁用散の投薬期間制限が解除されました。今まで取り扱いの無かった薬局もこれを機に採用するところも出てくると思います。いい機会なので今回はロケルマ®懸濁用散について解説します。ロケルマ®の有効成分はジルコニウムシク

  • 腫瘍マーカー CEA

    うちの患者さんで大腸がんを治療している人がいます。受診の度に血液検査をして経過を観察しています。様々な検査項目がありますが、この患者さんはご自身のがんの進行度の目安になるCEAを毎回自分でもチェックしています。今回はCEAについての知識を深

  • 五苓散の処方例 下痢に対して処方

    昨日かどうもおなかの調子が悪く、下痢が続いています💦仕事には行けたのですが辛かったので、外来が始まる前に門前の先生に診てもらいました。その時の症状は以下のようになります。・水様性の下痢が続く・食欲がなく、気持ち悪さがあり(嘔吐はしていない)

  • 広場恐怖症

  • 三叉神経痛

ブログリーダー」を活用して、ジジネコさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ジジネコさん
ブログタイトル
自由になりたい薬剤師の学習ノート
フォロー
自由になりたい薬剤師の学習ノート

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用