chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Translish
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/07/17

1件〜100件

  • He made it back safe and sound の文型について

    今回は He made it back safe and sound の文型が気になってしまったので自分なりに考えてみたいと思います。 今回はカテゴリーとしてはコラムなんだね? 実は普通に「解説記事」としてご紹介するつもりで書き始めたら本当に文型が分からなくて。それで「解説」じゃなくてがんばって「考察」する記事にしようと思ったのでコラムのカテゴリーに入れたのよ。 目次 He made it back safe and sound の意味 make it back safe and sound He made it back safe and sound の文型 He made it back …

  • I goofed + up/off [使える?!英語フレーズ]

    今回は I goofed + up/off という表現をご紹介します。goof は「(馬鹿げた/恥ずかしい)失敗をする」という意味。形容詞は goofy で「馬鹿な/滑稽な」という意味を表します。 ねえねえ、「+」っていうのはどういうこと? あっ、これは I goofed だけでも成立するし、up と off がつくパターンもあるよってこと。 目次 I goofed の意味 I goofed up の意味 I goofed off の意味 あとがき I goofed の意味 I goofed は訳すと「(馬鹿げた/恥ずかしい)失敗をしてしまった」ですが、感覚的には「やっちゃった」という感じで、…

  • Cake(ケーキ)にまつわる英語表現集

    eat a cake というと「ケーキをホールで食べる」ことに。この他この記事では a piece of cake, take the cake, icing on the cake など cake にまつわる面白い表現もご紹介します!

  • been there, done that [使える?!英語フレーズ]

    been there, done that は相手が話す内容についてすでにやったことがあってもうあまり興味がないというときに使われる言葉。ニュアンス的には「ああ、それ知ってる」とか「それもうやったたことある」というような感じでしょうか。 Been there, done that とこれ単体で使われるフレーズですが、もともとはおそらく I have been there and done that =「そこには行ったことがあるし、それもやったことがある」ということだったのではないかと思います。 使われるシーンとしてはこんな感じです。 I bought lottery tickets. Mayb…

  • for the first time in~の意味と応用[使える?!英語フレーズ]

    今回のテーマは for the first time in ~。~の部分には 10 years とか 3 months といった一定の期間が入って「~ぶりに」という意味になります。in のところに since が入った for the first time since ~という言い方もあり、~の部分に 2010 や Mayなど特定の時期(日付)や since we first met のように起点となる時点が入ります。さらに応用として time 以外の単語が入った the first ~ in ~ というような言い方もあります。 目次 for the first time in/since ~…

  • only a child と an only child + the only child の意味と違いを考える [使える?!英語フレーズ]

    今回のテーマは only a child と an only child。意味はどちらかが「まだ子供」でもう一方が「一人っ子」。この違いはもちろん only から来ているのですが、本質は only の”位置”ではなく”品詞”にあります。 さらに an only child と the only child の違いについても解説します。 目次 only a child と an only child の意味 only a child と an only child の違いの本質 an only child と the only child の違い まとめ あとがき only a child と …

  • after all の「結局」以外の意味とは? [使える?!英語フレーズ]

    after all の意味を「結局」だけだと思っていると思わぬ落とし穴が。Don't get angry at her. After all, she is only a child. の After all は「結局」ではなく...

  • no sooner A than B はなぜAが過去完了形でBが過去形なのか?

    no sooner A than B は「AするやいなやBする」という意味で as soon as よりも文語的な表現です。この no sooner A than B の最大問題は過去の場合になぜAが過去完了形になりBが過去形になるのか(例:I no sooner got home than it began to rain)ということ。この記事では次の順序でこの問題について考えます。 解決順序1. no sooner ~ than の”同時性”2. sooner ~ than であれば当然?!3. 否定語が入っても時制は不変 ほほう、これを僕が解説すると? いや、いつも通り僕がします^^ 目…

  • let alone と much less の意味と使い方

    let alone と much less は主に否定文(または否定的な語を含む文)に続いて「~はなおさらだ(ましてや~だ)」という意味を表し、両者はほぼ Interchangeable(互換性あり)ですが、一部例外があります。 久しぶりに来たね、「ちゃんとした英語ブログですよ」アピール出だし。 いやいや、いつも「ちゃんとした英語ブログ」だから^^ 目次 例文で確認しよう 否定文 + let alone/much less ばかりとは限らない まとめ あとがき 例文で確認しよう 例文で冒頭の説明の意味するところを確認してみましょう。 1. My leg hurts and I can't wa…

  • The jury is (still) out [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介する表現は The jury is (still) out. jury というのは「陪審」(グループとしての陪審で、陪審員は a jury member 又は a juror)のことですから、The jury is (still) out というのは「陪審は(まだ)外」ということになります。問題はこの「陪審は(まだ)外」の表す”意味”ですが... (注:The jury is (still) out の (still) がない The jury is out のパターンもあるためカッコに入れています) 陪審が外にいるということはすなわち「評決は(まだ)出ていない」ということです。これ…

  • the + 形容詞/分詞=名詞のポイントを解説

    the + 形容詞/分詞 =名詞について解説します。 ポイントは次の3つ。 ○ the + 形容詞/分詞が表す名詞の種類○ the + 形容詞/分詞が表す名詞は単数扱いか複数扱いか○ the + 普通名詞との違い ではそれぞれ詳しくみていくことにしましょう。 目次 the + 形容詞/分詞=名詞って? the + 形容詞/分詞が表す名詞の種類 the + 形容詞/分詞が表す名詞は単数扱いか複数扱いか the + 普通名詞との違い まとめ あとがき the + 形容詞/分詞=名詞って? the + 形容詞/分詞 = 名詞というのは形容詞/分詞に the がつくことで名詞の役割をすることを表してい…

  • fail の「失敗する」以外の意味とは? [使える?!英語フレーズ]

    fail といえばまず思い浮かぶのは「失敗する」という意味じゃないかと思います。I tried but failed(頑張ったけど失敗した)というのが典型的な fail の使い方ですよね。 しかし、今回ご紹介する You have failed me for the last time(スターウォーズ エピソードVのダースベイダーのセリフ)という場合の fail の意味はちょっと違います 。 目次 fail の意味 You have failed me for the last time の意味 あとがき fail の意味 いきなり答えからいってしまうと You have failed me …

  • Just in case [使える?!英語フレーズ]

    今回は Just in case のご紹介。 このフレーズの意味は、 Just in case = 念のため 使い方はこんな感じです。 I'll take an umbrella just in case.念のため傘持っていこうっと。 文法的には in case of/in case that の of/that 以下を省略した形だと思います。 in case of/in case that も「~するといけないから/~に備えて=念のため」という意味です(in the case of は「~の場合は」)。 I'll take an umbrella in case of rain.I'll t…

  • It never rains but it pours - never ... but SV の意味とは?

    今回は It never rains but it pours の never ... but SV という用法に焦点を当ててみます。 but には「しかし」や「~を除いて」などの意味がありますが、この場合の but はまた別の意味です。ではさっそくこの never ... but SV の謎解きと参りましょう! never ... but SV の意味 never ... but SV をもう少し分かりやすくするためにちょっと要素を足してみます。 S1 never V1 but S2 V2 意味はこうなります。 S1 never V1 but S2 V2 = S2がV2することなしにS1はV…

  • may の過去形は might じゃない?!

    今回のテーマは may の過去形。 いやいや、may の過去形は might じゃないの? 辞書にはそう載っているけど、それは”形”の話で「~したかもしれない」という意味を表すのはmight ではなく別の表現方法なんだ。 目次 might の意味 may の過去形 「~したかもしれない」(過去の推量) 「~してもよかった」(過去の許可) まとめ あとがき might の意味 might は may の婉曲表現(少し遠まわしな言い方)で may と同じく、 might = 「~かもしれない」(推量)、「~してもよい」(許可) という意味を表します。 It might rain tomorrow.…

  • not quite [使える?!英語フレーズ]

    今回のテーマは not quite。I don't quite understand... のように文の中で使う場合と Not quite とだけ言う場合の2通りをご紹介します! では not quite の前にまず quite の意味を確認しておきましょう。 quite の意味 quite は”強調”を表現する単語で副詞としては「まったく」や「かなりの/とても」という意味を持っています。 I quite agree.(まったく同感です)The house is quite big.(その家はかなり大きい)I know it quite well.(それについてはとてもよく知っている) また、…

  • We are toast [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介するのは We are toast という表現。 「ワレワレ ハ トースト デアル」。 うん、違うね^^ 目次 We are toast の意味 その他 toast にまつわるetc. 不可算名詞としての toast 可算名詞としての toast まとめ あとがき We are toast の意味 We are toast の意味は「僕たちはもうおしまいだ」です。 こんがり焼かれたトーストはもう後は食べられるしかない的なことかなぁ、なんて勝手に想像しています。 似た意味の表現として、 We are done for. We are doomed. があります。 doom は「悪い運命…

  • He came back safe and sound の文型を探ってみよう! [使える?!英語フレーズ]

    今回は come back safe and sound というフレーズをご紹介します。 come back / safe and sound と2つのパーツからなり、もちろんどちらも個別で使えますが今回のメインテーマは「come back safe and sound の文型を探ろう」ということでまとめてのご紹介となります。 目次 come back safe and sound の意味 He came back safe and sound の文型 safely and soundly ではいけないの? あとがき come back safe and sound の意味 come back…

  • 「クレーム」を claim と訳すと complain される件 [使える?!英語フレーズ]

    いわゆる「カタカナ英語」というのは結構厄介なものでそのまま使うと全然違う意味だった、なんてことも。 そして今回ご紹介する「クレーム」もその一つ。「クレーム」≠ claim なんです。 じゃあ、claim の本当の意味は何? claim の意味と例文 claim に「クレーム」という意味はなく本当の意味は、 claim = 自説を述べる(主張する)、(当然の権利として)要求する、自分のものだという、(命などを)奪う カッコだらけ?! そうなのよ。ただの「主張する」や「要求する」、「奪う」では誤解を生むかもしれないから。 例文でニュアンスを確認しましょう。 Mike claims that he …

  • peach と lemon [使える?!英語フレーズ]

    今回は peach とa peach of a (something)という表現をご紹介します。

  • play it safe [使える?!英語フレーズ]

    大きな利益が得られない代わりに大きなリスクもない。そんな慎重派の僕。 う~ん、慎重派はいいんだけど、ババ抜きなんでともかく一枚引いてもらわないと^^ というわけで今回も始まりました。 今回のテーマは play it safe。 意味は、 play it safe = 安全策をとる、無難にやる、念のため です。 He always plays it safe and doesn't take risks.(彼はいつも安全策をとって、リスクはとらない)The traffic is heavy, so we should play it safe and allow an extra thirty …

  • unique ≠ ユニーク というお話

    僕はユニークゼブラくん。ここで今日のジョーク!「犬寝る kennel、でも実は猫も寝る kennel」 ....正直「ユニーク」かと言われると微妙だけど、大丈夫。ゼブラくんは「unique」だから! さて、今回は unique という単語について。 実は unique に「面白い(ユニーク)」という意味はありません。 本当の意味は、 unique = 唯一(無二)の/独特な/特有の/固有の 最初の「唯一の」というのが基本的な意味で、そこから日本語の「独特」「特有」や「固有の」のようなニュアンスでも解釈されます。 His courage is what makes him unique.(彼の度…

  • not a big fan of ~ [使える?!英語フレーズ]

    I'm not a big fan of veggies. あなた...草食動物.... というわけで今回は not a big fan of というフレーズのご紹介。 このフレーズを使うと「好きではない/苦手」をやんわり表現することができます。 意味 意味はずばり、 not a big fan of ~ = あまり好き/得意じゃない/苦手だ 日本語でも「嫌いだな」というよりも「あんまり得意な方ではないな」と良い概念を否定する方がちょっと”やんわり”とした表現になるのと同じ様な感じです。 「オブラートに包む」っていうやつだね。 Exactly! ちょこっとメモbig の代わりに huge を使…

  • You have what it takes to be ~の意味とは? [使える?!英語フレーズ]

    海賊王にオレはなる! いや~、どうだろう? びよ~んって伸びるの鼻の下だけだし。 So, basically you mean I don't have what it takes to be a pirate king, huh? というわけで海賊王の方は手足が伸びたかと思えば堅くなったり、湯気が出たり、何やら怪しげな力で他人を失神させたりできる人に任せておくとして^^ 今回は You have what it takes to be ~という言い回しをご紹介。 意味 意味はずばり、 You have what it takes to be ~ =~になるのに必要なもの(素質、能力、器など)…

  • last thing / person の意味とは?

    Strawberry is the last thing I want to eat ってどんな意味か分かるかい? Strawberry はイチゴだから...えっと、「イチゴは最後に食べたい」だね。お主、マンモスイチゴを最後のお楽しみにとっておくタイプだな? とっておくタイプではあるけど、文の意味は全然違うんだな、これが(でも、ナイストライ!) では、別の例文で意味と使い方をみていきましょう! 1. This is the last thing I want to do.2. He is the last person to do such a thing. 1番をそのまま訳すと、 「これは私…

  • fight-or-flight response [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介するのは fight-or-flight response 。 いや、もうこれただの「専門用語」なんじゃないかと。 あっ、今回はこの用語というよりはこれの絶妙な訳をご紹介したくて。 ウィキペディアには fight-or-flight response は「戦うか逃げるか反応」として掲載されていました。 今回は別の訳である「闘争か逃走か」の方をご紹介したい、という趣旨でして。 英語と日本語は違う言語です。 いや、それは知ってる。 だよね^^ 違うので韻を踏んだ表現だったり、シャレだったりをそのまま表現するのはほぼ無理といっても過言ではありません。 それがこの fight-or-flig…

  • pins and needles [使える?!英語フレーズ]

    イギリスの国民保健サービス(NHS)のホームページ(Long-term effects of coronavirus (long COVID) - NHS)でいわゆるLong COVIDに関する記事が出ていて読んでみたのですが... そういえば医薬翻訳者だったよね。 うん、一応ね^^ このページにLong COVIDの症状として次の症状があがっています(以下、抜粋)。 ● extreme tiredness (fatigue) → 極度の倦怠感(疲労) ● shortness of breath → 息切れ ● chest pain or tightness → 胸痛又は胸部絞扼感 ● pro…

  • This is an absolute steal [使える?!英語フレーズ]

    This is a very nice vase, isn't it? I bought this at a flea market. Oh, yes? How much was it? 5000 yen. Seriously!This is an absolute steal. さて、この場合の steal の意味は何でしょうか?ちょっと類推してみてください。 正解はこちら! 「掘り出し物」 // steal は「盗む」という動詞、そこから派生した名詞の「盗み」や「盗品」という意味ですが、実際に今回のような文脈で「掘り出し物」という意味でも使われていました。 では最後に日本語訳です。 ゼブラ…

  • Mind the gap - 定冠詞 the の威力 [使える?!英語フレーズ]

    今回は Mind the gap というフレーズのご紹介。 それもうやったよ。まさかのネタ切れ?!それをシレっと出してくるとはお主もヤキが回ったな! いや、前回はリスニングに関するコラムの中でちょこっと紹介しただけだし、今回は定冠詞の the についてもう少し踏み込んでいこうかなと^^ というわけで問題の(?)コラムはこちらからお読みいただけます。 では本題に入っていきましょう! 意味 Mind the gap の mind は「~に気をつける」、gap は「隙間」です。 そして Mind the gap の意味は 「電車とホームの間が広く空いていますのでご注意ください」 です。 ちょっと、ま…

  • 形容詞 + though/as SV の文法と解釈 [英文解釈の部屋]

    ダーウィンの”On the origin of species ”から英文解釈の問題を出題しています。今回のテーマは「形容詞 + though/as SV の文法と解釈」。かなりの難問です。

  • The bottom line is ... [使える?!英語フレーズ]

    The bottom line is practice makes perfect. And what bottom line are you talking about? Of course, in learning English. This is an English learners' blog after all. とこんな感じで使うのが今回ご紹介する The bottom line is... です。 ゴリ(僕):要は習うより慣れろってことさ。ゼブラくん:で、何の「要は」の話?ゴリ(僕):もちろん英語学習さ。なんだかんだいってこのブログ、英語学習者のためのブログだし。 // 語源と…

  • This is a good pencil to write に誤りがあれば正せ [文法問題]

    「誤りがあれば正せ」の第2弾です。 「正せ」って偉そうすぎ! ごめんなさい。ブログタイトルって字数制限とかいろいろあって^^ タイトルにある文をもう一度見てみます。 This is a good pencil to write. 実は前回に引き続き今回もテーマは前置詞です。 目次 正解 解説 この場合の write は自動詞 with =「~を使って」 from 以外でも 1番 2番 まとめ あとがき 正解 いきなり正解からいってしまいましょう。 正解は、 This is a good pencil to write → This is a good pencil to write with …

  • Which language is the book written?の誤りを正せ [文法問題]

    タイトルにある文をもう一度見てみます。 Which language is the book written? 「その本はどの言語で書かれていますか?」うん、合ってるね。 実はその訳の「で」の部分がないんだよね。 というわけで今回のテーマは「疑問詞/関係代名詞と前置詞が離れているパターン」。 目次 正解 解説 前置詞は前か後ろか 関係代名詞と前置詞の組み合わせ 特殊なパターン あとがき 正解 次の文を見てください。 The book is written in English. この文の English の部分を聞く質問がタイトルの疑問文です。 ですから English → Which lan…

  • 「仲間はずれはどれ?」を英語で何という?[使える?!英語フレーズ]

    Can you figure out which does not belong among these pieces of cutlery? Let me see.... None of them belong to me! Well, my question is not that.... ゴリ(私):この4つのカトラリーうちの仲間はずれはどれだ?ゼブラくん:えっと....どれも僕のじゃない!ゴリ(私):うん、質問はそうじゃないんだけど.... // というわけで今回のテーマ「仲間はずれはどれ?」を英語でいうと、 Which does not belong? です! Which does …

  • those who, all that を使った英作文 [できる!英作文 上級編]

    今回は whose と of which の制限用法、非制限用法をテーマにした英作文に挑戦します。あまり見かけることのない形かもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

  • business を含む表現3選 [使える?!英語フレーズ]

    business という単語を含む get down to business, back in business,, mean business の3つの表現をご紹介します。businessは直接「ビジネス」を指すというよりは...

  • only to の意味と使い方と注意点と

    only to は「結果」を表すことで有名ですが、そうならず「目的」を表すパターンもあります。また、only to という並びがあっても「結果」でも「目的」でもない場合もあります。この記事ではこれらについて解説します!

  • speak up の2つの意味と別の言い方 [使える?!英語フレーズ]

    今回は speak up のご紹介です。 前に見たことがある eat up や drink up から考えると...「しゃべり尽くす」かな? Nice try!でも、speak up の up は eat up や drink up の up とは違う意味を表しているんだ。 *前置詞 up についてはこちらの記事で詳しく解説していますのよろしければ合わせてお読みください。 englishluke.com speak up の2つの意味 up の基本の意味は「上へ」。 そして何を「上へ」するかというとそれは「声」。 そこから意味は、 speak up = 声を上げる さらにこれが”物理的な意味”…

  • sound like a broken record [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介するのは sound like a broken record というフレーズ。意味は...日本語と同じです!

  • in one's wheelhouse [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介するのは in one's wheelhouse というフレーズ。wheelhouse は「操舵室」という意味。

  • think on one's feet [使える?!英語フレーズ]

    今回は think on one's feet というフレーズをご紹介します。 「足の上で考える」? Nice try! But completely wrong^^ このフレーズを読み解くためにまずは on one's feet からみていきます。 on one's feet on one's feet は on が「~の上に」、feet が foot の複数形で「足」ですから文字通り解釈すると「立って(いる状態)」を表します。 多くのイディオムがそうであるように、この元の意味(物理的意味)から比喩的意味が派生してきます。 その一つが「元気になって」。 寝ている状態を健康を損ねている状態、立…

  • whose/of which, what/that which [できる!英作文 中級編]

    今回は whose と of which の制限用法、非制限用法をテーマにした英作文に挑戦します。あまり見かけることのない形かもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

  • no ifs ands or buts [使える?!英語フレーズ]

    no ifs ands or buts は「言い訳」や「反論」するときに出てくる"if(もしも)"、”and(それと)"、”but(でも)"という強力メンバーを組み合わせた言葉。2通りの使い方ができます。

  • more often than not [使える?!英語フレーズ]

    more often than not は「たいてい」とか「しばしば」というような意味です。なぜこのような意味になるのかは 1. than not の後に省略されたもの、2. more ~ than の意味という2点から考えることができます。

  • turn the tables, on/under the table [使える?!英語フレーズ]

    under the table, on the table, turn the tables の table はただの「テーブル」ではありません。「あの」テーブルなのです。

  • get the hang/knack of it [使える?!英語フレーズ]

    get the hang of it は「コツを掴む」や「(やり方などに)慣れる」を意味するフレーズです。it の位置に他の名詞や名詞句を入れることもできます。

  • outlive one's usefulness [使える?!英語フレーズ]

    outlive one's usefulness というフレーズをご紹介します。outlive というちょっと見慣れない単語が入っていますが、この単語自体を知らなくても接頭辞 out-の意味を知っていれば推測できるかも。

  • outlive one's usefulness [使える?!英語フレーズ]

    outlive one's usefulness というフレーズのご紹介。outlive というちょっと見慣れない単語が入っていますが、この単語自体を知らなくても接頭辞 out-の意味を知っていれば推測できるかも。

  • make the best of と make the most of の意味の違いと覚え方

    make the best of と make the most of って「確か少し違う意味だったんだけど、どっちがどっちだっけ?」となりがちですよね。この記事ではこの2つのフレーズの意味とちょっとした覚え方のコツをご紹介します。

  • behind the wheel [使える?!英語フレーズ]

    behind the wheel の wheel は車輪ではなく”ハンドル”で、全体では「運転して」という意味に。この記事では behind the wheel の例文と別バージョンもご紹介しています。

  • I couldn't agree more [使える?!英語フレーズ]

    I couldn't agree more は「まったくその通り(ハゲドウ)」という意味。仮定法 + 比較級の否定という間違いやすい要素が2つも入っているために難しいと感じるかもしれませんが、安心してください。解説してますよ!

  • there を使った英作文 [できる!英作文 中級編]

    there を使った英作文に挑戦してもらいます。there は There is/are ~(~があります)の形で使うことが多いですが、今回の出題はこれの応用編。腕に覚えのある方でも苦戦するかもしれません。

  • sell like hotcakes [使える?!英語フレーズ]

    sell like hotcakes = 「ホットケーキのように売れる」とは一体どういう意味でしょう?実はこれ、fly off the shelves と言い換えることもできるのですが、その答えは本文で。

  • これがないと生きていけないものは?を英語でいってみよう [できる!英作文 中級編]

    今回は「これがないと生きていけないものは?」を関係代名詞を使った英語にしてもらいます。英訳例と解説付きです!

  • That's rich, coming from you [使える?!英語フレーズ]

    That's rich, coming from you の rich は「お金持ち」ではなく口語で「とてもおかしい」という意味なのですが、それがどんな「おかしさ」なのかがこのフレーズのニュアンスを解くカギです。この記事でそのカギを見つけることができます! I want to become rich! いや、だから、今回の rich は「お金持ち」じゃないっていったでしょ^^ さっそくですがその「おかしさ」は「自分のことを棚に上げて、他人を責める」という「おさしさ」。 なのでこのフレーズの意味は、 That's rich, coming from you = いやいや、君に言われたくはない (…

  • Hats off to A for B [使える?!英語フレーズ]

    Hats off to A for B という表現はもうそのまま「脱帽」を表します。このままでももちろん使えますが、省略しない形もあります。

  • 前置詞 through を基本イメージで攻略

    英語においてとても重要な前置詞。そんな前置詞の中から through を取り上げて基本イメージから句動詞への応用につなげます。

  • curry favor with の意味とは?[使える?!英語フレーズ]

    curry favor with という表現をご存じですか?この表現、実はカレーとは全く関係がございません!元は currycomb(毛すきぐしをかける)だったそうです。

  • slip through one's fingers [使える?!英語フレーズ]

    今回は slip through one's fingers という表現のご紹介。 slip は「すべる」、through は「~を通って」、one's figures は「指」でこれを合わせると「指を通ってすべる」。 指を通ってすべる?うん、わけわかんない。 このように直訳するとちょっと???となるこの表現も一つのイメージを思い浮かべるとストンと腑に落ちると思います。 そのイメージとは? では想像してみてください。あなたは今、海岸にいます。砂を手ですくって。指の力を抜くと砂が指の間からこぼれ落ちていきます。 この様子がまさに slip through your fingers です! という…

  • No wonder ~ [使える?!英語フレーズ]

    No wonder ~ は「そりゃそうだ」というような当然のことに対する納得を表す表現です。この表現の便利なところはずばり No wonder の前に何もつけずこのまま使えること。

  • 関係代名詞の制限用法-非制限用法とは?

    関係代名詞と関係副詞には制限用法と非制限用法という2つの用法があり,それぞれ違った働きをします。 また,書くとき,読むとき(発音するとき)もちょっとした違いがあります。

  • add up [使える?!英語フレーズ]

    今回は add up という phrasal verb(句動詞)のご紹介。自動詞、他動詞どちらの意味でも「足していく」のですが、単純な計算だけでない意味もあります。

  • gravitate toward(s) [使える?!英語フレーズ]

    gravitate toward(s) の意味は gravitation=引力から想像できそうですが、使い方が少し直感から外れる気がしています。その理由は gravitate が受動態ではなく、能動態だから。「引き付ける」のではなく...

  • sooner rather than later [使える?!英語フレーズ]

    sooner rather than later は「できるだけ早く」に違いなのですが、では as soon as possible と同じかといえばちょっとニュアンスが違います。この記事ではこの違いの他 soonとの違いも解説します!

  • 本当は怖い?!had better の意味

    had better は「~した方がよい」と訳されることが多いのですが、実はすごく強い表現です。この記事では should との違いにも触れながら had better の本当の意味を解説します!

  • What brings you here? [使える?!英語フレーズ]

    What brings you here?を素直に直訳すると「何があなたをここに運んできたのですか?」となりますが、この文の意図は「ここに来た理由を訊ねること」にあります。

  • Show me what you've got![使える?!英語フレーズ]

    Show me what you've got は「お前の力を見せてみろ」という意味。what you've got の部分の文法的な解説もあります!

  • not just for show [使える?!英語フレーズ]

    not just for show は「伊達じゃない」「見かけ倒しじゃない」という意味。この記事では just と show に注目します!

  • I figured as much [使える?!英語フレーズ]

    動詞としての figure には「計算する」という意味以外にも「~と判断する(~だと考える)」という意味があります。as much は「同程度」を表します。

  • challenge someone to a duel/fight/match [使える?!英語フレーズ]

    challenge には「(誰かに)挑む」という意味があります。一方、「何か新しいことに挑戦する」というような場合には try を使います。

  • feel out of place [使える?!英語フレーズ]

    今回ご紹介するのは feel out of place というフレーズ。 out of place は「場所から外れて」という意味。 それに feel がついて feel out of place =「場所から外れたと感じる」→「場違いな気がする」 という意味になります。 out of place は「場所から外れて」といいましたが、そのまま物理的な意味でも使われます。 My shoulder popped out of place!(肩がポンって外れちゃった!)The bolt is out of place.(ボルトが外れてる) これに feel がついて派生的な意味として「場違いな気がす…

  • Go bananas「バナナになる」とは? [使える?!英語フレーズ]

    Go bananas の Go は Go wild とか Go broke の Go の用法で「~になる」を表します。さて「バナナになる」とは一体?

  • sleep vs fall asleep vs go to bed の違いと使い分け

    sleep vs fall asleep vs go to bed はどれも「寝る」ですが、使い分けが必要です。その使い分けのためのキーワードは「継続」「変化」「床につく」。

  • so much for ~ の2つの意味と使い方 [使える?!英語フレーズ]

    So much for ~には「~はこれくらいにしておいて」という意味もありますが、「ちぇ、なんだよ(失敗じゃないか/役に立たないじゃないか)」 というニュアンスでも使われます。

  • up to ~の主な6つの用法 [使える?!英語フレーズ]

    up to ~は「~まで」という基準点(時点)を表すというのが一般的ですが、この他にも意味があります。この記事では「~まで」を含めて大きく分けて4つの主な用法について解説します!

  • You catch on quick [使える?!英語フレーズ]

    You catch on quick の意味は「飲み込みが早いな」。この記事では別の意味を含めた catch on の解説、You catch on quick の言い換えに加え、おまけとして文法的な考察もしています。

  • Off the mark -的外れ

    off the mark は「的外れ」や「見当違い」を表すフレーズです。 この記事ではこの意味になる理由と off the mark の強調、否定などを含む比較的よく見られる言い回しをご紹介します! off the mark の mark は「標的」という意味。 off は 「接触の on」の逆で接触していないことを表す前置詞です。 この off と the mark を合わせて”標的から外れて”ということから、 off the mark = 「的外れ」/「見当違い」 となります。 Your guess is off the mark.(あなたの推測は的外れ)They are off the …

  • I'm on it -「それの上に乗っている」のではなく...

    I'm on it を理解するカギは前置詞 on にあり! いわゆる「接触の on」で it に接触しているということは....

  • What / Whatever happened to の意味と使い方とは?

    What/Whatever happened to ~?は「~に何があったのか」という意味ですが、もう少し広いニュアンスで使うことができます。What happened to good manners などが一例ですが、これはどんなニュアンスになるでしょう?

  • some, others, the other, one, ones, another の意味と使い分け [できる!英作文 入門編]

    some, others, the other, one, ones, another の使い分けに自身がある方もそうでない方もちょっとこの記事の5問を解いて実力試しをしていきませんか? 貴方のチャレンジをお待ちしています!

  • 不定冠詞 a のちょっと変わった4つの用法:a Mr. Sato 他

    この記事では不定冠詞 ”a” の次の4つのちょっと変わった使い方をご紹介します。 ☆ There was a call from a Mr. Sato. ☆ I want to be an Edison. ☆ He is an Uzumaki. ☆ It's a Sony.

  • 無生物主語をテーマとした並べ替え問題に挑戦! [できる!英作文 入門編]

    Traffic noise prevented me from going to sleep のような無生物主語をテーマとした英作文に挑戦てみませんか? 問題文は5問。すべて並べ替え問題です。もちろん解答と解説付きです!

  • 単数か複数かそれが問題だ [できる!英作文 入門編]

    「単数か複数かそれが問題だ」とはかのシェークスピアのハムレットの有名な一節である。 はいそこ、ウソつかないよ。 ごめんさない^-^ シェークスピアはともかく単数か複数かは結構悩む問題ではないでしょうか? 今回は単数・複数に特化した問題を5問ご用意しました。 目次 今回の問題 解説 問1 問2 問3 問4 問5 まとめ 今回の問題 次の日本語に合うようにカッコを埋めて英語を完成させてください。 1. それに特別な装置(equipment)はいらない。 You ( ) ( ) ( ) ( ) for that. 解答:You don't need special equipment for tha…

  • 電話の英語-Hello =「もしもし」を超えて [できる!英作文 入門編]

    電話で使う英語を問題にしました。全部で5問です。 電話という日常のシーンなのですが意外にどういう表現をしたらいいのかちゃんとは知らないという方も多いと思います。知識の確認や力試しにぜひチャレンジしてみてください。もちろん解答と解説付き! 目次 今回の問題 解説 問1 問2 問3 問4 問5 まとめ 今回の問題 今回のテーマは電話です。 次の日本語に合うようにカッコを埋めて英語を完成させてください。 1. もしもし、ルークですが。 Hello, ( ) ( ) Luke ( ). 解答:Hello, this is Luke speaking. // 2. ○○さんをお願いします。 May ( …

  • do + 前置詞特集-穴埋め問題 [できる!英作文 入門編]

    この記事では do + 前置詞のイディオム5つを出題しています。解答とともに解説もありますので腕試しにトライしてみてください!

  • 英語らしい自動詞の使い方 [できる!英作文 入門編]

    ”英語らしい”というのは「日本語の感覚とは違うな」という意味で直訳すると間違える可能性のあるものです。この記事ではそういう自動詞5つを問題にしてみました。

  • 5文型の英作問題を解いてみよう! [できる!英作文 入門編]

    この記事では needless to say などの慣用表現を含む英作文に挑戦してもらいます。大事な表現ばかりですので知識に漏れがないかのチェック用としてもご活用ください!

  • Needles to say などの to 不定詞の慣用表現 [できる!英作文 中級編]

    この記事では needless to say などの慣用表現を含む英作文に挑戦してもらいます。大事な表現ばかりですので知識に漏れがないかのチェック用としてもご活用ください!

  • get, become, go, turn はそれぞれ何がどう「なる」のか?

    get, become, go, turn はすべて「なる」という意味を持っていますが、少しずつ使うシーンが異なります。 会話では get を使うことが多いですが、その他もそれぞれ適したシーンがあるので、適材適所で使えるように確認しておきましょう!

  • 実例で学ぶ until の使い方-by との違い [英文解釈の部屋]

    until と by はとても混同しやすい前置詞です。On the Origin of Species(種の起源)の1文を実例に until の使い方を学びます。この文は if の挿入節、仮定法の would、so as to などの項目も入っていてなかなか歯ごたえがあります。

  • sound like と look like 「~のようだ」の違いと使い方

    sound like も look like も「~のようだ」と訳せますが、その印象の受け方が異なります。また、この like の使い方が Time flies like an arrow のような「前置詞」の用法だけではないのもポイントです。like のつかないパターンもご紹介します! ああ、ビックリした!普通の英語ブログかと見まがう記事の書き出し。 いやいや、普通の英語ブログだし^^ 目次 1. sound like と look like の意味の共通点と違い 2. as if のような like 3. like を使わないパターン 4. sound like、look like で英作…

  • 否定+比較級=最上級と句動詞の関係代名詞を含む英文解釈の問題

    今回の「英文解釈の部屋」は前置詞+関係代名詞、比較級を使った最上級表現を含むちょっと骨のあるセンテンスを訳します!

  • find out、figure out、turn out の違いが「わかる」かな?

    find out、figure out、turn out は「わかる」ですが、どのように「わかる」かが異なりますが、その違いがわかりますか? この記事ではこの違いを詳しく解説します!

  • To be or to become, that is the question

    Be と Become はともに「なる」と訳されますが、どちらを使っても同じなのかというとそうでもありません。この2つの単語の意味は異なります。そのキーワードは「状態」と「変化」。

  • alas と voila -使うシーンを考えてみた

    alas と voila はともに間投詞です。なかなか使うことはないとは思いますが、もし使うならこんなシーンというのをご紹介します。

  • find vs. find out ー 「見つける」のか「突き止める」のか

    find と find out は「見つける対象」が異なります。 この記事を読んでその違いを「見つけて」みませんか?

  • It ~ that 構文を含む文の英文解釈

    今回の「英文解釈の部屋」は It ~ that 構文を含むセンテンスに取り組みます。また、occur to me、possibly の各意味の考え方、過去完了(大過去)など文中の 要点についても解説します。

  • 疑似関係代名詞 as を含む英文解釈と解説

    今回は疑似関係代名詞の as が含まれる文の英文解釈をします。 その中で関連する as is often the case with についても解説します!

  • have/get + 目的語 + 過去分詞 の基本的な使い方から使い分けまで

    ともに「使役」として使われる have/get + 目的語 + 過去分詞。 この記事では基本的な使い方をご紹介し、注意すべき違いと使い分けについて解説します!

  • green with envy -うらやましさで「緑」

    今回は green with envy というフレーズのご紹介。 いったいどういう意味なのでしょうか? それを解くカギは信号と青汁にあった?! さてゼブラくん、信号で止まれは赤ですが、進めは何色でしょう? 引っ掛け問題か何か?だって「青」に決まってるじゃん。 日本語で進めは「青」なのですが、英語では blue ではなく green 。 Cross the street when the light is green(信号が青のときに渡ってね) 緑色といえば日本の青信号もよく見ると緑ですし、青汁って緑ですよね^^ これらの日本語から逆算(?)すると、green with envyはenvy →う…

ブログリーダー」を活用して、Translishさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Translishさん
ブログタイトル
ルーちゃんの英語教室
フォロー
ルーちゃんの英語教室

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用