searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Chiyoさんのプロフィール

住所
フランス
出身
大田区

自由文未設定

ブログタイトル
ピアノオンライン講座「ふだん塾」
ブログURL
https://tateitoyoko.blogspot.com
ブログ紹介文
「ふだん塾」の教師が、上達のヒントを書いています。音楽院教師。フランスより。
更新頻度(1年)

27回 / 31日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2020/07/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Chiyoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Chiyoさん
ブログタイトル
ピアノオンライン講座「ふだん塾」
更新頻度
27回 / 31日(平均6.1回/週)
読者になる
ピアノオンライン講座「ふだん塾」

Chiyoさんの新着記事

1件〜30件

  • いくらやっても、サマにならない

    いくら練習しても、 どんなに 細かいところを、クリアしても、 ちっともサマにならない。 そういうことが、よくあります。 レッスンに行けば、 先生は、「今、譜読みしました」という感じで、 ミスタッチばかりで、バラバラっと弾いてくださる。 そして、 すっごく感じ...

  • どんな時に、どんな曲を弾きたいか

    ピアノのレパートリーは、 ものすごく、多いです。 練習曲から、演奏会用のまで、 人生を、3回くらい生きても、 弾ききれないくらいではないか、と言われています。 (その点、チェロとか、クラリネットのは、 気の毒なほど、少ないです) ですので、 生徒さんが、新し...

  • 譜読み力アップ

    ピアノに向かっている時間の中で、 私が一番、イヤだなぁと思うのが、譜読み期間。 新しい曲を始める、という、うれしさ。 音は耳に流れるのに、手が動かない、というもどかしさ。 テキトウに、弾いてみたいけど、 きちんとやらないと、この先苦労する、という切迫感。 生徒...

  • 不完全で、いい

    動画添削のレッスンをしていますと、 たまに、 仕上がったものでないと動画で送れない、と考えてらっしゃる方もあります。 (わかります、わかります。 きちんとしたものを、送りたい、というのは、 よくわかります。 私も、そうです) そして、 そういう方には、 ...

  • テンポが、走ってしまう時

    テンポが走ってしまうので、 メトロノームを使いました、という話を たまに、ききます。 けれど、 私は、ちょっと、首をかしげてしまいます。 そうではなくて、 メトロノームを使って調べてみたら、 テンポが走ってる、ということが判明した、 のではないか、と思ってし...

  • 踏み切れない人たち

    私は、クラシックピアニストですが、 ヒップホップダンスも、やっています。 と、言うと、 びっくりされることが多いです。 それを始めたのは、 55才の時です。 けれど、 始めるまでに、何年もかかりました。 ぐだぐだ、迷っていたのです。 どこで、習おうか。 ...

  • お知らせ(連絡くださったのに返事がない方へ)

    連絡フォームの不具合のせいで、もしかすると、 いただいたご連絡が、届いていないかもしれません。 もし、ご連絡くださったのに、2〜3日たっても返事がない、という方は、 申し訳ありませんが、もう一度、 こちらのフォーム より、 お願いできますでしょうか。 そういう方が、...

  • 指そりは、いけないというが

    「指そり」は、よくない、と先生にいわれて、 そうならないよう努力します。 手のアーチ、のことも、気をつけます。 ですが、 上手に弾いている人をみると、 指がそっている! アーチも、関係なさそうでもある! と、 思ったことがあります。 たしかに、 私も、自...

  • 路面電車で通勤はじめたら、生徒さんが練習するようになった

    車をやめて、路面電車で通勤するようになったら、 生徒さんたちが、どんどん勉強するようになった、 という、ナゾな話です。 べつに、 それまで、勉強しなかったというわけではないのです。 それが、 なんとなく、イキイキと、 自主的に勉強するようになった、とか、 暗譜...

  • 指が、くっつきすぎてネチネチした音

    タッチがすっきりしないで、 ネチネチとした感じのレガートになってしまう場合。 みなさん、指に注目します。 もちろん、指でピアノを弾くのですが、 もう少し視野を広げて、 体全体のバランスをよくするのも、いいことだと思います。 ネチネチするのは、 弾いたあとの、指...

  • お知らせ(お問い合わせについて)

    このたび、問い合わせフォームから、連絡が届かない、 という不具合が見つかりました。 さっそく、修理いたしました。 これまでに、連絡をされたのに、返事が来ない、という方は、 ゴメンナサイ! お手数ですが、もういちど、 こちらのフォーム から、 ご連絡していただけたら、...

  • ペダルは、ボンドと考える方法

    ペダルの使い方が、よくわからなくなってしまった場合。 ペダルは、 譜面に書いてあるとおりに、きちんとやっても、 うまくいかないことがあります。 お料理の、塩かげんのように、 ほんのちょっとの差で、 お料理が、ひき立ったり、 からすぎて、台無しになったりすること...

  • きのうできたのに、できなくなる場合

    やっとできるようになった部分や、 速いテンポで弾けたところや、 トリルが、 次の日できなくなる時があります。 私はそういう時、 あせりまくります。 口惜しいので、ますますリピートして、 そのうち、ますますテンポもあがって、 ますます、できなくなるので、 腕や...

  • あなたの能力(独学パワー)

    独学の人はすごい、といつも思います。 お見受けするに、 ともかく情報を得ようと、とてもアクティブ。 弾きたいという気持ちが、 とても大きいのです。 これは、 もう、人工頭脳がいくら発達しても、 「弾きたい気持ち」を 作り出すことは、できないのではないか、と思...

  • スピードを、出したい

    いったん、譜読みはできあがって、 ゆっくりテンポでなら、弾けるようになりました。 これから、 もっとテンポをあげていきたい、 でも、 速く弾くと、くずれる。 どうしたらいいのでしょう。 ゆっくりめの曲でしたら、 少しずつあげていくと、 いいかもしれません。...

  • どの曲を弾くか

    練習するにも、 試験で弾くにも、 コンサートでご披露するにも、 「曲えらび」、というのは、 なかなか奥が深い、と思います。 私は、大きくわけて、 2種類ある、と思っています。 1)その人の長所をいかして、聴きばえのするもの 2)その人の苦手な部分をのばすも...

  • 両手のバランスをねらう(その2)

    先日、 両手のバランスをねらう練習法 を、書きました。 それに、追加です。 きのう、レッスンをしていて、 思い出しました。 もっと、ベーシックな方法。 1)もし、左手が強すぎる、と思うのだったら、 わざと 、もっとオーバーに、左手をうるさく弾いてみる。 ...

  • メトロノーム速度の、なぞ

    楽譜のはじめに、 Allegro とか、Lento と、 速度について、書いてあります。 それは、人によって、どう解釈するか、 かわってきますが、 そこが、おもしろいところです。 一方、 メトロノーム速度が、書いてある場合。 さあ、どうするか。 ある...

  • 「片方完璧片方めちゃ式」(両手のバランスをねらう)

    なにごとも、バランスです、というのは、 頭ではわかっても、 では、どうすればいいのか、 よくわからないときがあります。 左手が強すぎ、とか、 弱起が強すぎ、とか。 もう片方の手を、弱くしようと思っても、 両手とも、弱くなってしまう。 左右ちがうことをするの...

  • うまくなりたいけど、練習する気がおこらない時

    どちらかというと、 私は、強迫的に練習をしていたので、 練習する気があるかどうか、なんて、 あまり気にしていなかった、というのが、 本音です。 それでも、そういうことは、 心の底では、 しばしば、おこっていたようなのです。 それに気づいてから、 どんなふうに...

  • 「好き嫌い」は、どんどん

    「食べものの、好き嫌いをしちゃ、いけません」という しつけを、私は受けてきました。 それから、 「どんな人とも、 好き嫌いをいわずに、つき合いましょう」とか。 でも、 ピアノを弾くようになって、 思うことがあります。 音楽に関しては、 好き嫌いは、どんどん...

  • ツェルニーと、フランス人

    フランスで、 ハノンや、ツェルニーを練習してる人は、 ほとんど、見かけません。 日本では、 ネットやツイーッターで見たかぎりでは、 けっこう、みなさん、 使っているので、ちょっぴり、びっくり。 ひと昔(30年くらい)前は、 ハノンや、イジドールフィリップの楽...

  • いい痛みと、まずい痛み(手首)

    熱心な生徒さんを見てますと、 たまに、痛みが生じています。 まず、 それは、 熱烈に練習してるからで、 よろこばしいことです。 ただ、 いい痛みと、 まずい痛みがある、と思いますので、 ここに、書いておきます。 ☆いい痛みは、 *筋肉が疲れた痛み...

  • 異文化なのに、ピアノを弾きたい人たち

    日本で教育を受けた私は、 いろいろな偶然がかさなって、 フランスに渡り、 40年近く、フランスの音楽学校で、 ピアノを教えています。 もともと、 父が、クラシック音楽好き。 ですから、 ピアノを選んだくれたのは、父です。 私、では、ありませんが、 その後、...

  • 両手で弾くのが、ダメな場合

    片手ずつ弾く時は、ちゃんと弾けるのに、 両手を合わせてみると、ぐちゃぐちゃになる、 という苦情を、よく、ききます。 私のやり方を、書きます。 みなさんも、試してみてください。 1)もう一度、片手練習を、します。 早く、両手で弾きたい、という気持ちは、 わ...

  • 独学ピアノの人は、すごい

    ネットや、ツイートで、 ピアノを独学で習ってる方を、見ました。 それが、 けっこうたくさん、おられる。 その、すごさに、 私は、感激します。 すごさ、というのは、 まず、 「弾きたい」という気持ち。 私は、音楽学校で毎日教えていますが、 なにが、一番...

  • うまく弾けてた曲が、ヘンテコになる場合

    たまに、 もう、上手に弾けていた曲が、 弾けば、弾くほど、ヘンテコになることがあります。 そういう時は、 ちょっと、やばい感じがしますが、 あわてず、 1) テンポを、ゆっくりめにして、ひく。 2) もう一度、片手練習をする。 ちょっと、 めんどくさ...

  • 通信講座を、はじめます

    これから、 通信講座を、はじめます。 スマートフォンと、ピアノがあれば、 世界のどこからでも、 できます。 小きざみの、余った時間で、 できます。 私は、 フランスの地方都市に住んでいる、 ピアノ教師です。 フランス音楽学校で、レッスンすること、 ...

カテゴリー一覧
商用