chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
近藤昇の仕事は自分で創れ! https://ameblo.jp/kondoh-blg

株式会社ブレインワークスの代表取締役 近藤昇が中小企業の経営のお助けマンとして、メディアビジネスや新興国ビジネスなどの情報をお届けします。

kondoh-blg
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/07/05

1件〜100件

  • ITの進化が早すぎて使いこなせない現実

       世の中に、ITほど進化の早いものはないと、最近つくづく思う。もちろん、40年近くIT業界に関わっていると、最近になって急に驚いている訳ではないが、それに…

  • 赤ちゃんもゼロ歳、その親もゼロ歳

       “赤ちゃんはゼロ歳、その親もゼロ歳。”もう30年以上の前であるが、私の子供が誕生した時に、友人夫婦が教えてくれた言葉だ。もうすっかり、その頃の子育ての感…

  • 徳島県人が控え目な理由

      最近、徳島を訪れることが多くなった。私の実家があるのが、実家に帰っている訳ではなく、仕事の関係で、行く機会が急に増えている。メインは、地域活性化に関する活…

  • 運動不足を気にしている毎日

      日本国内にずっといる。もうそろそろ、2年半になる。しかも、私の場合は、神戸が住まいで、少なくとも今の日本では都会の部類だ。こんな便利な場所に入ると、ふと気…

  • コンサルタントかペースメーカーか?

      ペースメーカーと聞いて何を連想するだろうか?殆どの人は、医療機器だろう。実は、私たちの会社では、ペースメーカーという商標を保有している。簡単に説明すると、…

  • 初心忘るべからずはとっても新鮮

       最近、とっても新鮮に感じたことがあった。それは、“初心忘るべからず”。子供の頃から馴染んでいる言葉である。考えてみたら、折に触れて、口にしてきたと思う。…

  • 最近の若者と接していて想うこと

       自分が若者だった頃のことは時々思い出す。だんだんと、そういう時の記憶や考えていた事は薄れているが、最近の若者と接していて想う事はそれなりにある。きっと、…

  • にわかIT専門家が激増中の日本

      今やITは日常会話になったと言える。大衆化されたと言うか、私たちの生活に欠かせないと言うか、どこかでITを意識した生活や仕事をする人が激増の時だと思う。I…

  • 世のため人のため自分のために生きる

       世のため人のため、という誰でもが知っている言葉がある。私も子供の頃から聞きなれてきた。そして、野口英世とかナイチンゲールとか、そういう存在を、学校の先生…

  • 都会の街中の雑草を眺めていて想う事

       自然と言えば、皆さんはどういうイメージを持っているだろうか?育った環境や生活している環境、あるいは、個人的な感性や好みも影響するとは思う。とは言え、人間…

  • 知的好奇心を抑えられない日々

       「知的好奇心の塊ですよね。近藤さんは」10年近く前、この知人の依頼で、新興国のビジネスについて講演した時のことである。知人にこんなふうに言われたのが、い…

  • 本創りにおいて読者対象をどう考えるか?

        本を創る立場になると、気になる事が沢山出てくる。本当に自分の読んでもらえる読者がいるのだろうか?こんなこと書いて、批判を浴びないか?売れなかったらどう…

  • 何事も“ほどほど”が丁度よい

      ほどほど、たまたま、ぼちぼち、そこそこ、まあまあ、だいたい・・・。会話していて、結構、こういう曖昧な言葉の納得感が高まる時がある。私は、自分の人生も他人の…

  • 本の本を制作しています

      本と出合わなかった人生だったとしたら、私はどうなっていたのだろうか。最近、良く考えるようになった。とくにコロナ禍になって、本との関りがとても密に深くなった…

  • 再び、徳島とベトナムをつなぎます

      先日、徳島で久しぶりにセミナーをした。キーダ地域連携セミナーとして行ったものだが、テーマは”変化適応を軸に考える―未来志向経営について―”。少人数のセミナ…

  • 我慢の限界と表現の仕方を考える

       世の中には実に温厚な方がいる。いつもニコニコ、笑顔を絶やさない。私はこういう方に出くわすと、とても真似ができないと思っているし、率直に凄いなと思う。とこ…

  • 多文化共生のつぎに来るものは・・・

       私は宇宙人です。こんなことを言う人は、冗談好きな人以外まずいない。では、私は地球人です。は、どうだろうか。一昔前、と言っても10年ぐらい前だったら、ちょ…

  • 改めて在宅勤務がどうなっていくかを考える

      先日、NTTが全社員在宅勤務のニュースが流れた。私の周りでも結構話題だ。もともと、コロナ禍の中、在宅勤務を積極的に推進してきた企業も少なからずあったが、こ…

  • 久しぶりにパスポートを眺めてみた

      もう2年以上、パスポートを使っていない。コロナ禍で、海外に行くことがなくなったからであるが、ここまで、パスポートを気にしなくなったのは、いつぐらいからだろ…

  • 人に仕事を頼むのはやっぱり難しい

       仕事のやり方は、色々とあるが、一人でするか複数でするかによって、全く違う。一人でする仕事の典型なものに、画家や作家などが思い浮かぶ。基本的に、誰かと一緒…

  • 都会の街中のスケートボードで思うこと

      最近、ちょっと気にしていることがある。自社のオフィスへ歩く途中にも、時々見かける張り紙がある。“スケートボードは禁止です。見つけたら、警察に通報します。”…

  • メンテナンスが充実している日本

      何事もそうだが、その環境に慣れてしまうと、そのありがたみや、自分たちが如何に恵まれているかを忘れてしまう事が多々ある。ある意味、人間は慣れるということが平…

  • 日本のサービスはやっぱり凄いですね

       久しぶりにJAFのお世話になった。JAF会員になってすでに40年ぐらいになる。小雨の降る有料道路を走っていて、突然、軽めのバースト音。急に、車の走行に支…

  • SDGSについて改めて考えてみた

      酷暑の日々が続く中、今週の火曜日、KOCOAでハチドリ倶楽部のセミナーを開催した。ハチドリ倶楽部は一般社団法人SDGsソーシャルデザイン協会が運営している…

  • 時間を決めて話しする訓練はとても重要

      人前で話しすることが苦手な人は結構多い。私もその一人だった。20代の記憶では、とにかく3分間スピーチがいやでいやで仕方なかった。世の中、働いたり活動してい…

  • ブルーでもレッドもないオーシャンはどこに?

      ブルー・オーシャン、レッド・オーシャン。登場頻度、そこそこのビジネス用語である。単純に考えれば、ある会社の事業領域として、ブルー・オーシャンかレッド・オー…

  • 最近神戸の評判が良いと感じる訳

       最近、私の周りでは神戸の話題が多い。簡単に言えば、仕事中心のお付き合いの中で、多くの方に神戸にお越しいただくようになった。このブログで何度か書いてきたが…

  • 起業家を輩出したい人達と支援する人達

       先日の日経新聞に、起業家の借り入れ保障を廃止する方向の記事を見かけた。当然、背景には、一向に期待通りに増えてこない起業家の数を何とかしたい人達の思惑が見…

  • ビジネス教育と社会勉強のギャップ

      今、何らかで働いている人で、仕事するための教育を全く受けたことがない人は少ないだろう。例えば、社会人になれば、新入社員教育がある。大企業やエクセレントな会…

  • 今どきのアイデアの活かし方

       アイデアを生み出して仕事をする。実は、これは私が約30年前に創業した時の願望だった。当社の名前はブレインワークスだが、最初は、アイデアという名前を使う考…

  • 何年ぶりですね、をどう考えるか?

       最近、何年振りかの人に再会する機会が増えて来た。私から、久しぶりに連絡することもあれば、相手から連絡いただくこともある。特に、SNSの世界だと、何年ぶり…

  • シニアライフが何よりも優先される国へ

       去る6月27日。神戸にあるKOCCA(KOBEグローバル共創活動センターの略称、ココアと読む)で開催されたリンフィット主催のフォーラムは、とても意義のあ…

  • 賛否両論を色々と考えてみた

      SNSで賛否両論。最近、よく目にするフレーズである。私は、どうもこの表現に懐疑的だ。何かのニュースや誰かの投稿に賛否両論という使い方が一般的だと思う。賛否…

  • 若い頃の仕事力はどんなものかを考えてみる

       働きだしてからそろそろ、40年になる。正確には、22歳の時からなので、いまで38年目になったところだ。私が就職した時はまだ、高度経済成長期の中にあった。…

  • ダメな理由を言うのはタイミングがある

      こんなタイトルで書きだすと、私の周囲にいる人達に怒られそうだ。私は自他ともに認める“アグレッシブ”な性分だ。長年のビジネスパートナーが、誰かに私を紹介して…

  • いいねを押せばいいねが増える?

      "いいね"と言えば、Facebook。"スキ"と言えば、Note。どのSNSの投稿も、反応ボタンが付いていて、投稿に対してのこちらのアクションができる。考…

  • 果たして自分とそっくりな人はいるのだろうか?

       自分とそっくりな人は、いるのだろうか?こんなことを時々考える。どんな時に考えるかと言うと、とことん、自分てどういう人間?どういうタイプ?何がしたいの?こ…

  • 競争と共創のバランスを考える

     最近、共創という言葉を使う企業や人が増えてきたことを実感する。私もこの共創はとても好きな言葉で、創業時に“共創の匠”という言葉を商標申請して、いまでも保有し…

  • オープン過ぎると言えないこと

       “本音トーク”とか、"ぶっちゃけ話”とか、"ここだけの話”とか。こんなにフレーズを聞くと、耳を傾けたくなるし、興味津々となるのが人間の性だろう。もちろん…

  • サービス業はムラが大敵

      サービス業は第三次産業である。だから、ものづくりではない。感覚的には、人が人に対して、対価を得て行うサービスを提供する仕事であると考える。日本はモノづくり…

  • 人間はどうして新しいものを欲しがるのか?

       人間が新しいものを欲しがるから、新製品が登場するのか?新製品が生まれるから、新しいものを欲しくなるのか?どちらも正しいような気がするが、今の日本は、とに…

  • パットもドライバーも同じ一打

       ゴルフは実に不思議なスポーツの一つだろう。メンタル的な要素が強いとか、自然環境の中でするが故のドラマであるとか、競技時間が結構長いであるとか、特徴のある…

  • DX社会、営業の新規開拓の方法は二極化する

       営業の新規開拓は、中小企業にとっても大企業にとっても企業経営の生命線だ。もちろん、既存顧客をフォローするルート営業が主軸の会社もある。しかしながら、今の…

  • 何でもかんでも調査が先の日本は大丈夫か?

       何事もやってみないと分からない。私の信条の一つである。なにも、ビジネスの新規事業のことだけを言っているのではない。人生そのものがやってみないと分からない…

  • 誰にでもできる仕事をいかに作るか?

      仕事は限りなく効率化できることが理想だ。私もすでに40年近く仕事をしてきたが、未だに永遠のテーマの一つである。仮に自分一人でする仕事を考えた場合でも、いく…

  • 自分のレッテルは誰が貼る?

       自分がどう思われたいか?世の中には、全く気にしない人もいるかもしれないが、私は、かつて出会ったことがない。一見、人のことはまったくお構いなし、自分がどう…

  • 最近、短期出張の新たな価値が分かってきた

       この1年、私の短期出張は劇的に増えた。コロナ禍前は、海外や東京に少なくとも数日単位でまとめて滞在していたが、今は、一泊2日の出張が私の定番のパターンにな…

  • 頼んだり頼まれたりの人間関係

      仕事柄、私は何かを頼まれることは多い。もちろん、ビジネスで考えたら、仕事の依頼ということになる。ただ、私の経営のやり方もあるが、仕事に直接つながらなくても…

  • 断られる勇気と経験

       "嫌われる勇気"という本が流行っている。発刊は、2013年だが、根強く売れているような感じだ。このタイトル、多くの人の機微に触れる事だろう。なぜなら、人…

  • 結果に一喜一憂しない境地とは?

       結果に一喜一憂しない人は世の中にいるのだろうか?私は子供の頃、極端なあがり症だった。だから、人前で何かするようなことになると、心臓がのどから飛び出るぐら…

  • 地道な仕事は好きですか?

       今でも思い出す仕事がある。それは、学生時代のアルバイトだ。私は、農家生まれ農家育ち。親父からしたら、子供の私を労働力としてもカウントしていたのは間違いな…

  • 本のつくり方を知りたい人のために・・・

      世の中で、本を書いてみたいと思う人がどれぐらいいるだろうか・・。そして、実際、本を書いて出版に至る人の数は?私は、何年か前、こういうことを大雑把に計算して…

  • 仕事の遊び心

      仕事の遊び心。自分で言うのもなんだが、結構ある方だと思っている。もっとも、こういう類の話を、ビジネスで関わっている人とはめったにしない。理由を考えてみたら…

  • 事業承継にAI君を使う理由

      先日、介護サービスを営む社長と、思わぬところで意気投合した。それは、AIを使った事業承継だ。そして私は我が意を得た。自慢話ではない。私ぐらいの年齢になると…

  • 最近本をあまり読んでいない・・・

      最近は、本がなかなか読めない。一方で、読みたい本がどんどん、積まれていく。あの有名な“つんどく”状態が続いている。自分で言うのもなんだが、本を読むことにあ…

  • 連続ブログ投稿を丸2年達成して想うこと

      長いと言えば長い。済んだことだからあっという間とも言える。コロナ禍の真っ最中、本当に色々あった。我ながら、その間の記録という意味でも意味があると思う。今日…

  • はっきり言えないことの仕事のロス

       私ぐらいの年齢になると、生まれ持った性格はつくづく変わらないと自覚が出来てくる。もっとも、個人差があるだろうし、そもそも、自分の生まれ持った性格は未だに…

  • 体が軽い日とそうでない日

      朝起きて、今日は体が軽いと感じる瞬間がある。一気に気分が乗ってくる。起きてすぐにわかるものではないが、朝のルーチンであるストレッチや軽めの筋トレをしていた…

  • やる気スイッチをオンにするコツ

      人間、やる気になるかどうかはとても重要だ。仮に、同じ仕事、同じ活動をしても、やる気満々でするのと、いやいやするのとでは結果はまったく違う事も多い。そもそも…

  • ファーストペンギンとセカンドペンギンの違い

       どうも私の周りには、へそ曲がりな人が多いようだ。まあ、いきなり、こういう表現を使うとその方々にお叱りを受けそうだが。実は、本音は皆さん、嫌いではない表現…

  • 大きなハードルの超え方

       先日、久しぶりにテレビを観た。それは、「BMW日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の決勝。日本のメジャー大会だ。2時間ほどの観戦が実にスリリングだった…

  • ネットで叩かれる人が増えた?

       最近、気になることがある。それは、ネットで叩かれる人のことだ。実際は、ネットの情報発信の場に私が触れる機会が増えたから、そう思うのもある。ネットで叩かれ…

  • 事業計画をどう考えるか?

       仕事で何らかの計画書を書いたことがある人は、働く人の中でどれぐらいいるだろうか?真っ先に頭に浮かぶのが、プロジェクトの計画だろうか。計画には、他にも色々…

  • 人が集まると何が起こるか

       やっぱり、直接が良いよね。リアルじゃないとダメだよね。街のあちこち、ビジネスの現場で、こういう会話で充満している。4月あたりから、コロナ禍以前とまではい…

  • デジタル人材が不足しているって本当?

       デジタル庁が設立された。そして、デジタル人材が不足していると言う。メディアでは、100万人近くが不足しているとした試算が載っていた。唐突に出てきた感じが…

  • 中小企業はアナログが当たり前

       この20年ぐらい、中小企業は受難の時代だ。もともと、中小はかつての高度経済成長時代の原動力と言われながらも、その立場は様々な面で弱かった。特に、元請け下…

  • 自分のプロフィールの書き換えで想ったこと

      先日、拙著の発刊にあたり、著者紹介のプロフィールを書き直した。その内容が以下である。近藤 昇株式会社ブレインワークス代表取締役。1962年徳島県生まれ。神…

  • 昔の自分、今の自分、未来の自分

      マイセルフ。長渕剛さんの結構昔の歌だ。もう10数年前のこと、元社員とカラオケに行った時、退社した元アシスタントの彼女が熱唱していた。とてもさっぱりした凛と…

  • アワーファームでの収穫祭は格別

      先日の土曜日、待ちに待った収穫祭を行った。朝の7時前に現地入り。早速、2時間後のスタートに向けて各々の準備を始めた。私は、野菜炒めの準備をした。誰から言わ…

  • おじさん達の昔の話

       こういうのを昔自慢と言うのだろうか?最近、おじさん達の昔の話を聴くのが楽しい。おじさん達のご年齢は、皆さん、70歳を超えている。先日もひょんなことから、…

  • 社会課題を解決するとはどういうことか?

       最近、社会課題というキーワードが目立つようになった。ビジネスの社会は言うまでもなく、一般の生活者の間でも社会課題を意識している人は増えてきた。また、必然…

  • そもそも社員教育は何のためにするのか?

       最近、ずっと考えていることがある。それは、今の社会人とは何かである。そもそも、昔は、社会人=会社人=働く人という印象を持っていた人が多いと思う。私も、学…

  • ベトナム活動が活発化しつつある楽しみ

      越日国交樹立50周年。来年2023年は両国にとって節目の年である。これは、ベトナムから見たら、戦後50年という事になる。私は、小学校の頃、ベトナム戦争の様…

  • セルフ文殊の知恵を勧めるわけ

       最近、仕事でよく使うようになった言葉がある。3人寄れば文殊の知恵。子供の頃から知っている言葉だが、改めてネットで調べてみた。デジタル大辞林から引用する。…

  • 久しぶりにネクタイをしてみて想うこと

      季節はすっかりクールビスになった。いつの頃からだろうか、この季節に世間がネクタイをしなくなったのは。確か、今東京都知事の小池氏が始めたように記憶している。…

  • オンラインでのダラダラ会議はナンセンス

       なかなか、オンライン会議は難しい。私は、この形式を活用し始めてから15年は過ぎた。新興国ベトナムに毎月半分近く滞在していたので、日本の社員との社内MTG…

  • 他人も変わらないし自分も変わらない

       人は変わる。人間は人生の中で実に様々な体験をし、人間づきあいを通じて変わる。人間は成長するのが自然体だ。ところが、他人を変えようとすると、当たり前の話だ…

  • パンかごはんは結構大きな私のテーマ

      日本人が米を食べる量が減り続けている。人口が減ってきている背景はあるものの、最大の要因はパンを食べる人が増えてきたからであると思う。 農林水産省によると、…

  • 一人で仕事する力はありますか?

     日本人の特徴のひとつ、それはチームワークである。新興国だけでなく欧米などの先進国においても、このことは多くの人に知れ渡っている。経営やビジネスのやり方におけ…

  • 体が軽い日とそうでない日

      朝起きて、今日は体が軽いと感じる瞬間がある。一気に気分が乗ってくる。起きてすぐにわかるものではないが、朝のルーチンであるストレッチや軽めの筋トレをしていた…

  • 中小企業では何でもできた方が良いわけ

       中小企業には中小企業の仕事のやり方がある。もちろん、それは強みとなるものもあれば、弱みとなるものもある。有名なSWOT分析でもすれば、S(強み)とW(弱…

  • 自分にできなくても誰ができるかを考える

       仕事力というのは、なかなか曖昧な言葉だ。例えば、職人さんだったら、全部自分ができて初めて仕事力があると言うだろう。私の親父は、農家だったが、超こだわりが…

  • 本を創ることのもがきと醍醐味

     今、本を集中して創っている。2022年は、数冊の自著を発刊するつもりである。一冊はすでに3月に発刊した。タイトルは“新興国の人材と健全に向き合う”である。概…

  • 農業ぐらい難しい仕事は他にない

       世の中には実に多くの仕事がある。仕事はすでになくなったものもあれば、新しく生まれる仕事もある。一方で、未来永劫変わらない仕事もある。そして、仕事には難易…

  • 連想発想力を鍛える

     私が子供の頃、NHKで連想ゲームという長寿番組があった。ワクワクしながら一緒に答えを考えて楽しんでいた記憶がある。幾つかのヒントを聞きながら回答者がお題を当…

  • 仕事の仕上がりをどうするかはいつになっても難しい

      仕事は時間との闘いである。こういう状況からは、何年仕事しても、抜け出せない。経験を積んでくると、自分の得意領域については、最大パフォーマンスできる域という…

  • 失敗をしない方法があったら教えて欲しい

       失敗しない人間はいるのだろうか?今のところ、私の人生ではお目にかかったことがない。身近なところでは、私も含めてかかわりのある人たちは、どこかで何かの失敗…

  • 自主性ほどあてにならないものはない

      自主的に何かをする。活動をする。仕事をする。社会貢献をする。おおよそ人間がすることで、自主的にする行為は、清々しいし、格好も良い。そして、自然とそういう人…

  • DXが進展していくとしたら人間はどうなるのか?

       今、世間ではDXが流行っている。ここ数年、IT業界特有の用語もかなり一般化された。AIを筆頭に、5G、ビックデータ。幾つかすぐに思い浮かぶ。最近は、それ…

  • 仕事のできない人はSNSを使わないほうが良いわけ

      SNSはどれだけの人が仕事で使っているだろうか?私の感覚では、大企業の一部と超アナログ的な中小零細以外は、皆が使っているのではないかと思えるほど、浸透して…

  • 情報は共有しすぎると逆効果

       今どき、仕事を円滑にこなす際は、何らかのやり方で、仕事に必要な情報を共有する。これは、すでに日本のビジネスパーソンにとっては当たり前のことである。ところ…

  • ミイラ展に行って思う事

       自社のオフィスから歩いて3分のところに神戸市立博物館がある。最近、ときどき足を運ぶようになった。2月ごろから気になっていたミイラ展に、ようやく行った。開…

  • 人生において旬であるとはどういうことか

       旬であること。私は、仕事においてもプライベートにおいても、意識して生活している。と言いながら、長年そうしていると無意識にそういう言動になっているのかもし…

  • 忙しいを連発する人は本当にそうなのか?

        日本のビジネスパーソンは時間に追われている?忙しいからこれ以上できません、を連発する人も実際に多い?忙しいは、本当にそうなのだろうか? 私も仕事をして…

  • 営業は本当に人間力が磨かれる仕事なのか?

       営業は会社経営には欠かせない。もちろん例外はある。例えば、完全下請けの中小企業だったり、親会社から100%仕事をもらう子会社だったりすると、何もしなくて…

  • 情報感度を磨く第一歩は実名主義

      情報感度を磨く。私の20年来の口癖だ。もうすぐ、このあたりをまとめた本を出版する予定で、仕上げに入っている。今どきの情報過多の時代、どうやれば、あふれる情…

  • 大人になるという事を考えてみる

     成人が今年から18歳になった。還暦手前の私にとっては、とても遠い話に思える。私が学生時代、20歳というのは大人になる感覚があったような気がする。成人が18歳…

  • 運も実力のうちか実力も運のうちか

      最近、おもしろい本を見つけた。そのタイトルは、“実力も運のうち 能力主義は正義か?"。出版会社のタイトルの付け方としても、学びがある。なぜなら、ほとんどの…

  • 反省はプラス思考でないと出来ない

      反省はしても後悔はしない。40歳になる頃まで、私の仕事の現場での口癖だった。最近、ふと使っていないことを思い出した。もともとの意味は、こんな感じだ。何事も…

ブログリーダー」を活用して、kondoh-blgさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kondoh-blgさん
ブログタイトル
近藤昇の仕事は自分で創れ!
フォロー
近藤昇の仕事は自分で創れ!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用