searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kondoh-blgさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
近藤昇の仕事は自分で創れ!
ブログURL
https://ameblo.jp/kondoh-blg
ブログ紹介文
株式会社ブレインワークスの代表取締役 近藤昇が中小企業の経営のお助けマンとして、メディアビジネスや新興国ビジネスなどの情報をお届けします。
更新頻度(1年)

400回 / 365日(平均7.7回/週)

ブログ村参加:2020/07/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、kondoh-blgさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kondoh-blgさん
ブログタイトル
近藤昇の仕事は自分で創れ!
更新頻度
400回 / 365日(平均7.7回/週)
フォロー
近藤昇の仕事は自分で創れ!

kondoh-blgさんの新着記事

1件〜30件

  • 順調に壁に当たっていますか?と自問自答してみる

      人生は年輪のごとく。多くの先達が人生を年輪に例える。森林にある大木の樹齢を聞いて驚くことがある。樹齢1000年。とてつもない時間だ。  だから、多くの日本…

  • 外部メモリーを上手に使えば脳の負担は軽くなる

      記憶より記録。私が長年仕事で実践している仕事の基本である。それと同時に、私の推奨する会社運営の仕組みの根幹の考え方でもある。最近、オンラインツールで新たな…

  • 発信者の意図を考えることが情報感度を磨く

      情報と人間との付き合いは、かなかな厄介で大変な時代だ。そもそも、人間が情報を生み出していると言っても過言ではないが、現代は、自らが生み出した情報に振り回さ…

  • 常に例外を考える思考訓練が欠かせない時代

      人間は思い込む動物である。どんな聡明でキレキレの現役の人でも思い込みに支配される。いままでも、何度も私自身が陥ったこともある。今の常識は未来の非常識という…

  • 過去のしがらみを引きずる時代の生き方

      最近、ずっと考えていることがある。それは、人と人のつながりの記録のことである。私は仕事柄、ITを長年使ってきたし、それをビジネスの源泉にしてきた結果がある…

  • 社会の目からデータの目へ変わる期待感

      人の目や社会の目が気にならない人は、いるだろうか?自分は他人からどう見られているだろうかと、沢山の人が気にして悩んでいる。特に思春期はそうだと思う。一方、…

  • なぜ、アフリカの子供たちは無邪気に純粋に思うのだろうか?

      アフリカに行って、子どもたちと接した時のピュアな感覚は、いつまでも心に残っている。私はこの数年で、10回近くアフリカを訪れた。現地法人があるルワンダが一番…

  • 現代人の最大の悩みは時間の使い方かも

      いつからだろうか、時間のことを毎日気にするようになったのは。私は、少なくとも学生時代、時間は無限にあるように感じていたし、時間に追われて何かすることはあま…

  • 人にはブランクは付き物だが復活するときの心構え

     人生も60年近くになると、何かとブランクを体験する。実は、私は、先日2年ぶりにゴルフをした。もともと、健康のためでもあり趣味でもあり、また、皆さんご存知のよ…

  • 情報は人間が処理してはいけない時代になるかも

      情報過多は今や日常会話かもしれない。生活者はともかく、ビジネスをしていると何らかで情報を扱うのが今や当たり前になった。情報はどこかで誰かが作り出す。昔は、…

  • ファーストペンギンにはレールは見えないのかも

      最近、私の周辺でホットなキーワードがある。それは、ファーストペンギンである。 まずは、Weblio辞書から引用してみる。「ファーストペンギン」とは、集団で…

  • “果報は寝て待て”は有名な言葉だが実践できるとなお良い

      悩みは人間だけが持っている特性らしい。私は断言できる程の根拠がある訳ではないが、きっとそうだと思う。人間以外の動物が悩むことがあるかもしれないが、私自身が…

  • 情報は共有するのではなく醸成する時代へ

      情報を制する者はビジネスを制する。この言い回しが当たり前だと思っていた時代があった。20世紀の終わりから21世紀にかけて、IT化がビジネス社会を変えつつあ…

  • 私の専門はエトセトラ

      今の歳になって自分の仕事人生を振り返ることが多くなった。40年近く働いてきたので、流石に働く人生の判分は過ぎている。思い起こせば40歳になった時、40歳が…

  • モノづくりの仕事が主役になるために必要なこと

      今の日本でも物々交換という習慣はある。都会ではほとんど成立しない行為だと思うが、田舎にいけば、今でも物々交換はご近所同士で行われる。農家の人が漁師と物々交…

  • 批判するも批判されるも人間には色々なことがある

      人に批判されて嫌な気分にならない人いないと思う。しかし、経営者や科学者、政治家など、批判を受け止めて、対応しないといけないという印象が強い職業や役割も世の…

  • 人間は自分の特性や性格にあった失敗をする

      世の中に失敗経験のない人はいない。人間だけとは限らないだろうが、特に人間は失敗を経験し、それ克服を糧にして成長する。また、アグレッシブな人は、失敗は挑戦に…

  • 定例ミーティングより臨時ミーティングがはるかに重要

      ビジネスにはミーティング(以下MTGと表記)は欠かせない。私も、働きだしてからこの方、MTGというものに何回出席しただろうか?社会人新人の頃には、右も左も…

  • 習慣化できるかどうかは仕事人生を左右するか

      私は農家で生まれた。だから、私の労働観は何年たっても、両親の姿であり農業というモノづくりの仕事が原点にある。子供時代の体験といえば、毎日やんちゃして過ごし…

  • 良いものが売れるのではなく売れるものが良いものである時代

      今、日本も子供の時に商売を学ぼうという動きがブームになりつつある。米国などでは、どうやってお金を稼ぐかを子供の時に学ぶのが当たり前である。例えば、目の前に…

  • 最近学生との会話が増えて想うこと

      世代間ギャップはいつの時代にも話題になる。今、日本人の平均年齢が48.36歳(2020年)で、私は58歳なので、人生の後半であるのは間違いない。世代をゼネ…

  • 直接の面会にこだわりすぎるは会社の衰退を招く

      人に会うのが楽になった今、ビジネスのスタイルは変化の真っただ中である。そもそも、ビジネスにおいて人と会う目的は何かを考えてみる。 対外的な人との接点という…

  • 書くことによる表現が重要視される時代へ

      表現者が一気に増えた。特に、SNSやネット専用チャンネルでの動画配信やライブ配信が顕著だ。スマホを使ってさっと検索するだけで、幾らでもこういう表現者を見つ…

  • 情報に対して飢餓になる事も時には必要

      一つの健康法として、断食というのがある。人間の体は、遺伝子的に、断食を経験するととても健康的なメカニズムが働くようだ。これは、最近読んだLIFE SPAN…

  • ビジネスの交渉は得意ですか不得意ですか?

      ビジネスに交渉は付き物だ。よく使われる別の表現では、ネゴがある。英語でNegotiation。交渉力がビジネスパーソンの重要なスキルの一つであるのは間違い…

  • セルフサービスが増えれば社会は健全になる

      セルフサービスと言えば料金が安いのが定番だ。顧客として誰かにサービスしてもらう以上、その対価を支払うのは常識だ。日本にはチップ制はないが、その分、人による…

  • 偶然を楽しめた方が人生はより充実する?

      偶然を自分の人生に肯定的に受け入れられるだろうか?皆さんはいかがでしょうか? 偶然とは反対の意味で連想しそうなのが、計画的ということではと思う。計画を無視…

  • 私にとってのベトナムは故郷を想うようなもの

      すでにベトナムは1年を越えて行っていない。一方で、毎月、ベトナム人とオンラインでMTGや対談などを行っている。つくづく、便利な時代だと思う。去年の3月のビ…

  • 社長はチャットを使わないほうが良いと思う理由

      この数年で一気に定着したITツールがチャットだ。私なりに定義すると、基本的にはビジネスで使うコミュニケーションツールである。いわゆるプロジェクトでのコミュ…

  • 部分最適と全体最適は永遠に両立しないのか?

      企業経営の現場で、どこの会社にも見受けられるのが、部分最適と全体最適の問題である。大きな企業や組織などでよくいわれるセクショナリズムは典型で有名な話である…

カテゴリー一覧
商用