searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

pokopokoさんのプロフィール

住所
横浜市
出身
横浜市

スポーツを見るためだけに全国を毎週のように飛び回り、スポーツで盛り上がる人たちを見ては満足しているアラサー会社員。「郷に入りては郷に従え」がモットー。

ブログタイトル
スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜
ブログURL
https://sportskansen.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
野球、サッカー、バスケが開催される全国のスタジアムやアリーナを観戦客目線から紹介します。毎週金曜日18時更新予定。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/stadienn
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2020/07/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、pokopokoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
pokopokoさん
ブログタイトル
スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
スタ辞苑〜全国スタジアム観戦記〜

pokopokoさんの新着記事

1件〜30件

  • 青山学院記念館(Tリーグver.)~ラリー速すぎ~

    青山学院記念館は、1964年完成、東京都渋谷区にある青山学院大学の敷地内にあるアリーナ。 以前Bリーグのサンロッカーズ渋谷戦について記事を作成したが、卓球のTリーグを観戦したので改めて記事を作成したい。 Tリーグは2018年に開幕した、日本の卓球リーグ。プロっぽくはあるが、とりあえず今はプロアマ混合ということになっている。両国国技館で5000人以上を動員し、大々的に行われた開幕戦は記憶に新しい。

  • 東京オリンピック記念連続シリーズ第3回~世界のオリンピックスタジアム~【コラムその44】

    前回はこれまでのオリンピック開会式の歴史をご紹介してきました。 sportskansen.hatenablog.jp しかし、オリンピックの開会式はどこで行われるのか…? もちろん、スタジアムです! というわけで、今回はこのブログのタイトルにもなっている、オリンピックスタジアムについてご紹介していきたいと思います。 もちろん全てをご紹介することはできませんので、個人的に面白いと思ったものをピックアップしていきます。 各国が世界に誇るスタジアムの数々をご覧ください。 1.オリンピックスタジアムについて 2.パナシナイコスタジアム(1896、1906アテネオリンピック) 3.ロサンゼルス・メモリア…

  • さいたまスーパーアリーナ~新たなるバスケの聖地へ~

    さいたまスーパーアリーナは、2000年開業、埼玉県さいたま市にある多目的アリーナ。国内では最大級を誇る。 スポーツ、音楽問わずさまざまな大イベントが行われてきた、いわば文化の発信基地である。 特に格闘技については、毎年のように大晦日興行が行われ聖地と称されることもあるようだ。 また音楽についても、特にアイドルとは縁が深く、AKB48、モーニング娘。、などのメンバーの卒業を見守ってきた。もちろん嵐やSMAPもライブをやっている。

  • 東京オリンピック記念連続シリーズ第2回~オリンピック開会式の歴史~【コラムその43】

    7月23日、いよいよ東京オリンピックが開幕となります! 1年越しでの開催ですねえ…しみじみ。まあ、1年たっても相変わらず課題が山積ではありますが。 sportskansen.hatenablog.jp 去年こんな記事を書いたのも今は昔。 さて、オリンピックの幕開けと言えば華々しい開会式です! 各国の威信をかけた演出、選手入場、そして聖火の点灯など、世界中が注目する一大イベントです! そこで今回は、これまでのオリンピック開会式を追っていきましょう。 1.1936ベルリンオリンピック 2.1964東京オリンピック 3.1984ロサンゼルスオリンピック 4.1992バルセロナオリンピック 5.199…

  • 国立競技場~オリンピックスタジアム~

    国立競技場(オリンピックスタジアム)は、2019年開場、東京都新宿区にある競技場。2020東京オリンピック・パラリンピックの大会中のみオリンピックスタジアムの呼称が使われる。 元々ここには国立霞ヶ丘陸上競技場(以下旧国立競技場とする)が存在し、1964年の東京オリンピック会場として使われた。 もっというと、1924年の時点で明治神宮外苑競技場という日本最初の大規模スタジアムがあったので、まさしく日本スポーツの聖地とも言える場所である。

  • 東京オリンピック記念連続シリーズ第1回~東京オリンピックの歴史~【コラムその42】

    いよいよ東京オリンピック開幕が7月23日に迫ってまいりました!祭りじゃ祭りじゃー! …といいつつ、世間的には盛り上がってませんがねえ… ともかく、スポーツを題材にしているこのブログとしてはこのオリンピックを無視するわけにはいきません! というわけでこのブログでは東京オリンピック閉幕となる8月8日まで、ひたすらオリンピックに関連した記事を上げ続けます! 初回となる今回は、その名も東京オリンピックの歴史について!なんてストレートなテーマなんだ…。 栄光と挫折に満ちた東京オリンピックの歴史をご覧ください。 1.1940東京オリンピック 2.1964東京オリンピック 3.2020東京オリンピック 4.…

  • 横須賀スタジアム~DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA~

    横須賀スタジアムは、1949年開場、神奈川県横須賀市にある横浜DeNAベイスターズの2軍本拠地。 実は1978年に開場した横浜スタジアムよりもよっぽど歴史が長かったりする。 ベイスターズの2軍は、かつて湘南シーレックスという名称であった。横須賀は湘南なのか? ロゴ、マスコット、球団歌などベイスターズとは異なるものを使用しており、ユニフォームはなんとなくシアトルマリナーズに似ていたりした。 地元のスポンサーを募るなど地域密着を進め独立採算を目指してきたが、1軍のようにお客さんが入るわけでもなく、2010年に10年間の短い歴史を終えた。

  • 静岡グルメ+小観光旅~静岡横断~【遠征記その6】

    今回は清水エスパルス&ジュビロ磐田の試合観戦のために静岡県を訪れた時の遠征記を紹介します。天候が比較的穏やかな静岡とはいえ、真夏でしたのでなかなか観光するのも大変な旅でした^^; とはいえ非常に幅広い静岡グルメをいろいろ楽しむことができました。また静岡の風光明媚な景色も楽しむことができたと思います。

  • 大田区総合体育館(Vリーグver.)~アタックNo.1~

    大田区総合体育館は、2012年竣工、東京都大田区にあるアリーナ。 2008年にあったアリーナを取り壊して作り直した、比較的新しいアリーナだ。 様々なスポーツが行われており、格闘技ではプロレスやボクシングの世界戦といった主要な大会が開催されている。最近では地上波でも放送された大晦日の世界タイトルマッチが行われた。 Bリーグのアースフレンズ東京Zと東京サンレーヴス、Wリーグの東京羽田ヴィッキーズのホームアリーナでもある。

  • Vリーグのイマとミライ~日本バレーボールの希望~【コラムその41】

    いよいよ東京オリンピック開幕まで1カ月を切ってきました! 自国での開催とあって、日本選手もより一層気合が入っていることと思います。 そんな中、メダルが期待される競技の一つとしてバレーボールがあります。 1964年の東京オリンピックでは、日本女子バレーボールチームは東洋の魔女と恐れられ、見事金メダルを獲得しました。 以来、男女合わせて金メダル3個、銀メダル3個、銅メダル3個を獲得。日本のお家芸とも言える競技でした。 近年ではメダルにはなかなか手が届いていませんでしたが、2012年のロンドンオリンピックでは28年ぶりに女子チームが銅メダルを獲得しました。 そんな復活が期待される日本バレーボールの中…

  • 横浜武道館(横浜ビー・コルセアーズver.)~武道館でバスケ?~

    横浜武道館は、2020年竣工、神奈川県横浜市にある武道館。 かつてこの隣には、横浜文化体育館という体育館があった。1964年東京オリンピックのバレーボール競技をはじめ、大相撲やプロレス、そして成人式など横浜市民に愛される体育館であった。 しかし老朽化が激しくなってきたこともあり、2020年をもって横浜文化体育館は閉館。代わりに2024年、横浜ユナイテッドアリーナという施設を作ることになった。

  • スタ辞苑1周年記念!~コラムを振り返る~【コラムその40後編】

    前回はスタジアム・アリーナ紹介の記事を見ながらこの一年を振り返っていきました。 sportskansen.hatenablog.jp 今回はこのブログのもう一つの柱であるコラムの記事を振り返っていきたいと思います。 もともと、このブログではスタジアム・アリーナ紹介だけでやっていくつもりでした。しかしそれだと週に1回しか更新できないですし、ちょっと楽しみが薄れちゃうんですよね。 ということで途中からコラムを書くことにしたのです。といっても私もスポーツに関しては素人ですから、自分なりにいろいろ調べて、自分なりにいろいろ考えたことを記事にすることにしました。 世の中にあふれているテーマを題材にしても…

  • さいたま市大宮公園サッカー場(NACK5スタジアム大宮)~いにしえのスタジアム~

    さいたま市大宮公園サッカー場(NACK5スタジアム大宮)は、1960年開場、埼玉県さいたま市にある大宮アルディージャのホームスタジアム。 何を隠そう、日本初のサッカー専用スタジアムである。1964年の東京オリンピックのサッカー競技でも用いられた、由緒正しきスタジアムだ。 Jリーグ最初期には、浦和レッズの準ホームとして使われていたという歴史がある。今そんなことをしたら暴動が起きそうだが、当時はアルディージャもなかったからね。

  • スタ辞苑1周年記念!~スタジアム・アリーナ紹介を振り返る~【コラムその40前編】

    2021年6月19日で、このスタ辞苑はめでたく1周年を迎えることとなりました!(∩´∀`)∩ この6月19日という日付は、昨年のプロ野球開幕に合わせて決めた日なんですよね。 コロナの影響で全くスポーツの試合がなく、渇望ののちこのブログを書き始めたのでした。 おかげさまで、今ではスポーツの試合を見に行ける喜び、そしてブログを書く喜びをかみしめられる日々です。失ってこそ気付くことがあるんだなあというのをしみじみ実感します。 そんなこんなで書き始めたこのブログでは、これまで53ものスタジアム・アリーナを紹介してきました。 今回はこのブログでの思い出と共にこの1年を振り返ってみたいと思います。 202…

  • 明治神宮第二球場~昭和の忘れ物~

    神宮第二球場は、1961年竣工、東京都新宿区にある球場。その名の通り、神宮球場のお隣にある。 神宮球場の正統派な歴史と違ってかなりヘンテコリンな運命を辿っており、単なる第二球場というだけで片付ける事はできない。

  • 分かりやすいものだけがウケる時代【雑談コーナー】

    日頃よりスタ辞苑をお読みいただきありがとうございます。 近頃ではアップデートした直後の記事だけでなく、かなり昔に書いた記事にもアクセスが来るようになり、自分で言うのもなんですが「どうやってその記事にたどり着いたんだ!?」と思うのと同時に大変ありがたく思っております。 最近では検索からのアクセスも増えてきたのでそこからいらしてるんでしょうかね? 私の意図としてはこのブログは刺さる人には刺さり刺さらない人には刺さらないと思っているので、そういう方が面白いと思う記事にどうやって飛んでもらうかは頭を悩ますところです。記事が増えれば増えるほど難しくなりますよね…。 その一方でコメントも毎度毎度大変ありが…

  • Bリーグ優勝記念!千葉ジェッツの軌跡~倒産危機から頂点へ~【コラムその39】

    Bリーグ2020-21シーズン、見事千葉ジェッツがチャンピオンに輝きました! シーズン勝率1位を誇った宇都宮ブレックスとのファイナルは記憶に残る激闘だったといえるでしょう。 2年連続ファイナルで敗れ涙をのんだ千葉ジェッツの初優勝は千葉県民にも大きな力となったのではないでしょうか。 今回はそんな千葉ジェッツの初優勝を記念しこれまでの軌跡をたどってみたいと思います。 初年度たった勝率3割台、さらに倒産の危機にまで瀕したチームは、ある1人の素人社長を軸に千葉県民を巻き込みながらBリーグナンバーワンの人気チームへと成長していくのでした。 1.倒産の危機に瀕したbjリーグ時代 2.打倒トヨタ、目指せディ…

  • 後楽園ホール(ボクシングver.)~出でよ世界チャンプ~

    後楽園ホールは、1962年開館、東京都文京区にある多目的ホール。 後楽園ホールといえば言わずと知れた格闘技の聖地。ボクシング、プロレス問わず数多くの試合が組まれている。 特にボクシングに関しては、日本国内で行われるプロボクシングの試合の実に半分が後楽園ホールで行われるというから驚きだ。 それゆえ目の肥えた格闘技ファンが集う。非常階段に書かれた選手への応援や批判のメッセージはある意味名所となっている(内容が内容だけに写真は控えておくが、調べればいくらでも画像が出てきます)。

  • なぜ人はスポーツを見るのか?【コラムその38】

    スポーツ観戦って不思議ですよね。 なんせ、選手たちは自分に縁もゆかりもない赤の他人です。そんな人がホームランを打とうが、ゴールを奪おうが、自分の人生には何も関係ありません。 でも、チームの応援に人生をささげているような人もいます。あるいは、まったくスポーツに関心がなく、「野球って何人でやるスポーツだっけ?」っていう人もいます。 それでも、以下のデータを見てください。テレビの歴代視聴率ランキングです。 www.videor.co.jp なんと、トップ10のうち実に7つがスポーツなのです。トップ50に広げても、20個がスポーツ関連のコンテンツです。どんなに「スポーツに興味がない」と思っていても、日…

  • 横浜文化体育館~ハマの文化発信基地~

    横浜文化体育館は、1962年竣工、神奈川県横浜市にある体育館。地元では「文体」と言われ親しまれている。 1989年に横浜アリーナが出来るまでは神奈川県最大規模の施設であったため、様々なイベントが開催されていた。代表的なところでは、 ・1964年東京オリンピックのバレーボール競技 ・プロボクシング世界タイトルマッチ ・新日、全日など各団体によるプロレス興行 ・大相撲横浜場所 ・美空ひばり、坂本九、クイーン、スティービーワンダーらスターによるコンサート ・ボリショイサーカス ・成人式

  • 北海道グルメ+小観光旅~小樽満喫!~【遠征記その5後編】

    注:本記事は新型コロナウイルス感染拡大前の情報を元にしています 今回は北海道日本ハムファイターズの試合観戦のために札幌ドームを訪れた時の遠征記を紹介します。 試合観戦の模様はこちらをどうぞ! sportskansen.hatenablog.jp 前編では バスツアーで富良野・美瑛を周り、その景色の美しさに感動しました。 sportskansen.hatenablog.jp 後編では主に小樽、そして札幌を周り、ひたすら美味しいものを食べまくってきました^^ 後編の簡単な旅程は下記のとおりです。 3日目・小樽・札幌観光+北海道グルメ 4日目・時計台観光+帰宅 まとめ それではごゆっくりどうぞ! 3…

  • 東京スタジアム(味の素スタジアム 東京ヴェルディver.)~「嫌われ者」からの脱却~

    東京スタジアム(味の素スタジアム)は、2001年開場、東京都調布市の東京ヴェルディおよびFC東京のホームスタジアムである。 以前はFC東京のホームとして取り上げたが、今回は東京ヴェルディのホームとして取り上げる。 東京ヴェルディは、言わずと知れたJリーグ初代チャンピオンチーム。1992-94までは天皇杯以外のJリーグタイトルを独占しており、創成期を代表するクラブであった。 しかし「地域密着」を標榜したJリーグの方針に真っ向から対立。 Jリーグ開幕前からチーム名から企業名を排したJリーグ各クラブに対して勝手に読売ヴェルディという呼称を用いたり、東京都内にJリーグ開催に見合うスタジアムがなくしぶしぶ川崎の等々力をホームにするなど、各方面との溝は確実に深まっていた。 Jリーグ開幕後も東京への移転をちらつかせ続け、ヴェルディを引き留めるため等々力の改修を続けていた川崎市、そして調布市からも非難の声が挙がった。

  • 東京オリンピックやるのかやらないのか問題【雑談コーナー】

    いよいよ東京オリンピックまで残り2カ月となり、いよいよ世間も盛り上がってきました! …とはならないのが実情ですよねえ。一応バッハ会長が7月頭に来日する予定みたいですが、果たしてどうなるか…。 オリンピックやるのかやらないか問題というのは、このようなスポーツのことしか書いてないブログを書いている私にとっても無視できない問題です。 オリンピックをやるべきかやらざるべきか、私の意見を申し上げますと、「どっちでもいい」というのが本音です。 …って何にも考えてないんかーいと言われそうですが、結局オリンピックをやるのかやらないのかという判断は 「医療の状況がどうなのか」 「中止、延期したときの経済的損失は…

  • 北海道グルメ+小観光旅~日本一の観光地~【遠征記その5前編】

    注:本記事は新型コロナウイルス感染拡大前の情報を元にしています 今回は北海道日本ハムファイターズの試合観戦のために札幌ドームを訪れた時の遠征記を紹介します。 試合観戦の模様はこちらをどうぞ! sportskansen.hatenablog.jp 北海道と言えば言わずと知れた観光天国、グルメ天国でありますが、まさにそのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけられた形になりました。 今回は3泊4日と普段より長めにスケジュールを取ったので、前編と後編に分けてご紹介したいと思います。 これだけ長い予定を取ったというのに、印象としては北海道の3%くらいしか楽しめなかった気がします^^; それだけ北海道が広…

  • 北谷公園野球場~伝説の「アライバ」が生まれた球場~

    北谷公園野球場は、1995年開場、沖縄県中頭郡北谷町にある球場。外には「野球場」としか書いてない。すげーシンプル。 1996年より中日ドラゴンズの春季キャンプが行われている。 北谷町は那覇市の北東約20kmにある人口3万人弱の町。「きただに」ではなく「ちゃたん」である(難読!)。 大きな町ではないが、若者や米軍関係者に人気のアメリカンビレッジを始め多くの観光スポットがある。

  • スポーツニュースをもっと面白く!テニスツアーの仕組み【コラムその37】

    近年錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍で、日本におけるテニス熱が盛り上がってきています。 ウィンブルドンは何となく見たことあったけど他の大会はよく知らない…という人でも、大坂なおみ選手の活躍で全米オープンや全豪オープンも見てみるようになった、という人もいるのではないでしょうか? しかしスポーツニュースを見ていると、毎週のように錦織選手や大坂選手が参加した大会結果が流れてきますが、イマイチどういう大会なのか分からないままなんとなく終わる…ということがあるのではないでしょうか? 実は私もそうなのです(笑) ということで、今回はテニスツアーの仕組みを一緒に勉強していきましょう。これを読めばスポーツニュ…

  • 有明コロシアム(楽天ジャパンオープンver.)~テニスの聖地~

    有明コロシアムは、1987年開場、東京都江東区にある屋内アリーナ。 有明テニスの森公園の敷地内にあり、その名の通り日本におけるテニスの聖地とされている。昭和時代は田園コロシアムという田園調布にある施設がよく使われていたが、老朽化したため有明に移転してきた。 楽天ジャパンオープン、東レパンパシフィック、全日本選手権など国内で行われる主要大会は大体ここ。ちなみに正月にやってるとんねるずのスポーツ王のテニスもここでやっている。 東京オリンピックのテニス競技の会場でもあり、世界も注目している。

  • 松本グルメ+小観光旅~松本一周の旅~【遠征記その4】

    今回は松本山雅FCの試合観戦のために長野県松本平広域公園総合球技場(サンプロ アルウィン)を訪れた時の遠征記を紹介します。松本は「岳都」「楽都」「学都」の三つの「ガク都」として有名ですが、今回は日本アルプス、音楽ではありませんが芸術、そして開智学校とそれぞれの要素を楽しむことができました。 また私は長野県のグルメは本当に大好きなのですが、今回の旅でもいろいろな信州グルメを楽しむことができました。 全体を通して観光都市としてのポテンシャルの高さを感じました。

  • 日環アリーナ栃木~こけら落とし!!~

    日環アリーナ栃木は、2021年開場、栃木県宇都宮市にあるアリーナ。 宇都宮と言えば宇都宮ブレックス、宇都宮ブレックスと言えばブレックスアリーナ宇都宮。 一方この日環アリーナ栃木は、2022年のとちぎ国体を目的として作られたアリーナ。 収容人数もブレックスアリーナより多く、宇都宮ブレックスの試合も今後年に数試合程度は引き続き行われることになるだろう。

  • チケット争奪戦を勝つための4つの要素~キーワードは「諦め」~【コラムその36】

    さあスポーツを見に行こう、そう思ったとき、絶対に必要なものがあります。 それはチケットです。 今では基本的にどのチケットであってもネットから手軽に買えるようになりました。「あ、この試合見に行こう!」と思った5分後にはチケットを購入できます。本当に便利な世の中になりました。 あるいは、席種にこだわりがなければ当日フラッとスタジアムに行ってチケットを買うこともできます。むしろ昔はそれが主流でした。 ただ、昨今ではどのスポーツも人気になったり、あるいはコロナでの入場制限もあったりして、チケットの争奪戦はますます激しくなる傾向にあります。特に人気チームの試合や、日本一決定戦、引退試合などはよほどの準備…

カテゴリー一覧
商用