searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

keizencpaさんのプロフィール

住所
中国
出身
香港

自由文未設定

ブログタイトル
Kaizen(啓源会計事務所)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaizencpa
ブログ紹介文
啓源は2002年に香港で設立し、支社が中国北京、上海、深セン、台湾、シンガポール及びニューヨークにあり、全世界の会社設立、税務申告、監査・保証、合併買収、知的財産権、ビザなどのサービスを提供します
更新頻度(1年)

256回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2020/06/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、keizencpaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
keizencpaさん
ブログタイトル
Kaizen(啓源会計事務所)
更新頻度
256回 / 365日(平均4.9回/週)
フォロー
Kaizen(啓源会計事務所)

keizencpaさんの新着記事

1件〜30件

  • 台湾有限責任会社設立を解説

    非中国大陸住民、又は中国大陸以外の地域で設立された会社は台湾において有限会社設立登記を申請する場合、一般的に全ての設立登記手続きを完了する時間は約4~6週間です。 設立手続き1代理人授権書の認証 外国の個人又は会社は台湾会社の設立登記を申請する際、台湾居住者(代理人)に手続き代行を委任しなければなりません。代理人授権書は台北駐香港経済文化弁事処に認証されなければなりません。 2投審会の審査批准 台湾経済部投資審議委員会に外国人投資許可(FIA)を申請します。 3資本金査定(験資報告書) 投資者(株主)が出資した後、台湾の公認会計士によって資本金査定は行われる必要があります。 4会社口座の開設 投資者は会社設立登記申請が台湾の関係部門により批准された後、準備口座(中国語:籌備戸)を開設する必要があります。会社が正...台湾有限責任会社設立を解説

  • 北京駐在員事務所の駐在期限延長手続き

    一般的に、外国会社北京駐在員事務所の駐在期限延長申請の全ての登記手続きを完了する時間は、約3~4週間です。 駐在期限延長申請手続き(1)延期登記書類一式の作成(2)登記証の変更申請(3)税務登記の変更(4)銀行基本口座登記情報の変更 必要書類 外国会社の北京駐在員事務所の駐在期限延長申請手続きに以下の書類が必要です。(1) 外国会社の認証済の設立証明書類の原本(2) 駐在員事務所の登記証及び代表証の原本(3) 銀行口座開設許可証の原本(4) 機構信用コード証の原本(5) 北京駐在員事務所の公印(6) 登記機関が臨時に要求するその他の書類と情報 備考:銀行における変更登記を行う際に、首席代表の身分証明書類の原本が銀行に照合される必要がありますが、一部の銀行は首席代表が自ら銀行に出向き変更登記を行うことを要求する可...北京駐在員事務所の駐在期限延長手続き

  • 北京駐在員事務所の名称変更手続き

    一般的に、外国会社の北京駐在員事務所の名称変更登記の全ての手続きを完了する時間は、約4~6週間です。 名称変更登記の手続きは以下の通りです。(1)変更登記書類一式の作成(2)登記証及び代表証の変更申請(3)新印鑑の作成(4)税務登記の変更(5)銀行基本口座登記情報の変更 必要書類外国会社の北京駐在員事務所の名称変更登記手続きに以下の書類が必要です。(1)外国会社の認証済の設立証明書類の原本(2)認証済の銀行資本信用証明書の原本(3)駐在員事務所の登記証と代表証の原本(4)銀行口座開設許可証の原本(5)機構信用コード証の原本(6)北京駐在員事務所の公印、財務印、首席代表印(7)登記機関が臨時に要求するその他の書類と情報 備考:銀行における変更登記を行う際に、首席代表の身分証明書類の原本が銀行に照合される必要があり...北京駐在員事務所の名称変更手続き

  • 北京駐在員事務所の登録住所変更の手続き

    一般的に、外国会社の北京駐在員事務所の登録住所変更登記の全ての手続きを完了する時間は、約3~4週間です。 北京駐在員事務所の登録住所を変更する手続きは以下の通りです。(1)変更登記書類一式の作成(2)登記証及び代表証の変更申請(3)税務登記の変更(4)銀行基本口座登記情報の変更 登録住所変更手続きを行う過程で、北京市市場監督管理局は北京駐在員事務所のオフィスに対する現地審査を要求する可能性があります。 必要書類外国会社の北京駐在員事務所の登録住所変更登記手続きに以下の書類が必要です。(1)新オフィスの賃貸借契約書と賃貸借契約登記届出証明書の原本(2)駐在員事務所の登記証と代表証の原本(3)銀行口座開設許可証の原本(4)機構信用コード証の原本(5)北京駐在員事務所の公印(6)登記機関が臨時に要求するその他の書類と...北京駐在員事務所の登録住所変更の手続き

  • 北京駐在員事務所の首席代表の変更手続き

     一般的に、外国会社の中国北京駐在員事務所の首席代表変更登記の全ての手続きを完了する時間は、約3~4週間です。 北京駐在員事務所の首席代表を変更する手続きは以下の通りです。(1)変更登記書類一式の作成(2)登記証及び代表証の変更申請(3)新任首席代表印の作成(4)税務登記の変更(5)銀行基本口座登記情報の変更 必要書類 外国会社の北京駐在員事務所の首席代表変更登記手続きに以下の書類が必要です。(1)認証済の外国会社署名権者が署名した首席代表の委任状及び解任状、及び首席代表の身分証明書類(2)新任首席代表の履歴書(3)新任首席代表の証明写真3枚(パスポート規格、背景白)(4)外事サービス機構が発行した派遣レター(新任首席代表は中国人の場合)(5)駐在員事務所の登記証と代表証の原本(6)銀行口座開設許可証(7)機構...北京駐在員事務所の首席代表の変更手続き

  • 韓国商標登録制度を解説

    官庁:韓国知的財産局(KIPO)加盟した国際条約:パリ條約、商標法条約、マドプロ、商標法シンガポール条約 権利付与の原則:先願主義を採用していることです。韓国は《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。未登録商標について、必ず韓国の「不正競争防止法」の「広く知られている」又は「消費者が誤解を与えられる」の条件に合ってから、不正競争を理由として訴訟を起こすことができる。保護を与えられる商標の種類:韓国では出願できる商標は、文字商標、図形商標、立体的形状からなる商標、色商標、これらが結合された商標と非伝統的商標、例えば、動き商標、ホログラム商標色商標がある。更に、団体商標、証明標章と業務標章も韓国で保護を与えられる。商標登...韓国商標登録制度を解説

  • マカオ商標登録制度の説明

    官庁:マカオ特別行政区知的財産庁 加盟した国際条約:なし 権利付与の原則:先願主義を採用していることです。マカオは「工業所有権法」に基づく登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。未登録商標について、マカオは6ヶ月未満使用した未登録商標又は「著名商標」のみ保護を与える。商標権者は法定期間内、優先権を主張でき、他人の登録出願を異議申立を提出する権利があるが、商標侵害訴訟を起こす権利がない。 保護を与えられる商標の種類:マカオでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、これらが結合された商標と音商標がある。更に、証明標章、団体商標と連合商標もマカオで保護を与えられる。 商標登録出願の書類:1.出願者の氏名、住所と国籍/会社の登録国; 2.登録す...マカオ商標登録制度の説明

  • ドイツ商標登録制度の説明

    官庁:ドイツ特許商標局(DPMA)加盟した国際条約:パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約、商標法シンガポール条約 権利付与の原則:先願主義を採用していることで、ドイツは《商標法》に基づいて登録商標及び未登録商標(商業名称)に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。未登録商標は、ドイツの特定販売市場で公衆に十分な度合いの認知を得たら、新たな同一又は紛らわしい類似の商標及び商業名称を保護を与えられる。先例によって、公衆の認知のデータについて、意見調査にて証明されなければならない。 保護を与えられる商標の種類:ドイツでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、立体的形状からなる商標、配色商標、これらが結合された商標と非伝統的商標、例えば、匂...ドイツ商標登録制度の説明

  • フランス商標登録制度の説明

    官庁:フランス国立産業財産庁(INPI) 加盟した国際条約:パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約、商標法シンガポール条約 権利付与の原則:先願主義を採用していることで、フランスは《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。未登録商標は他人に悪意をもって先取りされ、消費者が誤解を与えたら、その悪意ある出願/登録に異議申立/取消を提出する権利があるが、商標侵害訴訟を起こす権利がない。 保護を与えられる商標の種類:フランスでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、配色商標、とこれらが結合された商標と非伝統的商標、例えば、匂い商標、声明商標、色商標と立体的形状からなる商標がある。更に、団体証明標章もフランスで保護を...フランス商標登録制度の説明

  • インド商標登録制度の説明

    官庁:インド特許意匠及び商標管理局(CGPDTM) 加盟した国際条約:パリ條約、マドプロ権利付与の原則:先願主義と先使用主義とが併存することをいう折衷主義を採用していることです。インドは「商標法」に基づいて登録商標に保護を与える。同時に「詐称通用」に基づいて使い続ける未登録商標に保護を与える。もし未登録商標は他人に使われたら、コモン・ローに基づいて模倣訴訟を起こすことができる。この場合は、模倣された商標に知名度又はのれんがあること、消費者が誤解を与えたり混乱させたりすること、企業の信用を損害することも証明する必要がある。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができ、手続きも易くなる。 保護を与えられる商標の種類:インドでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、色商標、...インド商標登録制度の説明

  • イタリア商標登録制度の説明

    官庁:イタリア特許商標局(UIBM) 加盟した国際条約:パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法シンガポール条約、商標法条約権利付与の原則:先願主義を採用していることで、イタリアは「商標法」に基づいて登録商標及び未登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。未登録商標について、消費者が誤解を与える可能性がある場合に、後から出願する同一又は類似している商品/役務の同一又は類似商標の登録に挑戦する権利がある。 保護を与えられる商標の種類:イタリアでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、形状商標、配色商標、これらが結合された商標と非伝統的商標、例えば、匂い商標、声明商標、色商標、ホログラム商標と動き商標がある。更に、団体商標もイタリアで保...イタリア商標登録制度の説明

  • スペイン商標登録制度の説明

    官庁:スペイン特許商標局(OEPM)加盟した国際条約:パリ條約、マドリッド(標章)、マドプロ、商標法条約 権利付与の原則:先願主義を採用していることで、スペインは《商標法》に基づいて登録商標に保護を与える。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができる。 未登録著名商標について、後から出願する同一又は類似商標に異議申立を提出でき、登録した同一又は類似商標に無効審判を請求でき、未登録商標が許可なしに使われたら、民事訴訟を請求できる。保護を与えられる商標の種類:スペインでは出願できる商標は、文字商標、図形商標、立体的形状からなる商標、配色商標、音商標とこれらが結合された商標がある。更に、団体商標と証明標章もスペインで保護を与えられる。 商標登録出願の書類:1.出願者の氏名...スペイン商標登録制度の説明

  • 英国の商標登録制度

    官庁:英国知的財産局(UKIPO) 加盟した国際条約:パリ條約、マドプロ、商標法条約 権利付与の原則:先願主義と先使用主義とが併存することをいう折衷主義を採用していることです。英国は《商標法》に基づいて登録商標及び未登録商標にも保護を付与する。だが、未登録商標は主にコモン・ローに保護を与えるが、継続して使用する必要がある。 もし未登録商標は他人に使われたら、コモン・ローに基づいて模倣訴訟を起こすことができる。この場合は、模倣された商標に知名度又はのれんがあること、消費者が誤解を与えたり混乱させたりすること、企業の信用を損害することも証明する必要がある。もし登録商標が許可なしに他人に使われたら、商標権者は直接に商標侵害訴訟を起こすことができ、手続きも易くなる。 保護を与えられる商標の種類:英国では出願できる商標は...英国の商標登録制度

  • 欧州連合の商標登録

    欧州連合は《EC理事会規則第40/94号》に基づく商標の権利付与を所掌する。欧州連合で商標登録したら、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン等28国に保護を与えます。パリ条約の加盟国、TRIPSの加盟国、欧州共同体と相互承認の国または欧州連合加盟国で提出した商標は、最初の出願日から6ヶ月以内、欧州連合の商標出願する際に、優先権を主張することができます。その出願の商品または役務が必ず最初の出願と一致となります。商標登録は、出願日から10年間有効であり、有効期限までに10年間更新することができます。 欧州連合の商標登録のかかる時間願書を提出から登録証を受領までは 6-8ヶ月かかります。 商標調査登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めしま...欧州連合の商標登録

  • パラグアイの商標登録を解説

    パラグアイは「商標についての第1.294/1998号法」に基づく商標の権利付与を所掌し、パリ条約の加盟国です。権利付与の原則は先願主義を採用していることです。商標登録は、登録日から10年間有効であり、有効期限までに10年間更新することができます。 商標登録の流れStep1:商標調査(1)調査依頼は強制的ではありません。 (2)商標調査の範囲はパラグアイ知的財産局のデータベースの限りです。 (3)商標調査約15日かかります。Step2:願書作成Step3:登録証受領 パラグアイの商標登録出願の書類(1)サインされかつ公証された委任状(2)商標出願の願書(3)登録する商標の文字/画像(jpgファイル)(4)商業/法人登記事項証明書謄本、履歴事項全部証明書、と身分証明書(出願人の名前と住所を表す証明)。(5)優先権証...パラグアイの商標登録を解説

  • 中国の商標登録を解説

    商標調査登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのままで申請するか、変更又は調整をしてから申請します。 商標登録出願商標調査が終わってから、出願人が自分で又は商標代理人を任命して、登録出願を申請できます。中国では、会社・個人事業主・外国の会社・外国の自然人での出願を受諾しますが、中国の自然人は受諾しません。申請書類は以下の通りです:(1)作成された商標登録願;(2)登録を受けようとする商標;(3)法人又は個人の証明書類(法人の方は履歴事項全部証明書;個人の方はパスポート);(4)委任状(商標代理人を任命する場合);(5)優先権主張書類、3ヶ月以内...中国の商標登録を解説

  • 香港の商標登録

    商標調査登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのままで申請するか、変更又は調整をしてから申請します。さらに、香港商標庁は公式商標調査のサービスがあり、無料調査よりもっと精密だそうです。 商標登録出願商標調査が終わってから、出願人が自分で又は商標代理人を任命して、登録出願を申請できます。申請書類は以下の通りです:(1)作成された商標登録願;(2)登録を受けようとする商標;(3)優先権主張書類、3ヶ月以内に提出しなければならない(優先権主張する場合) 審査願書を提出されてから、方式審査と実体審査を行われます。「方式審査」とは申込書の必要な部分が入力...香港の商標登録

  • シンガポール商標登録の流れ

    商標調査登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのままで申請するか、変更又は調整をしてから申請します。 商標登録出願商標調査が終わってから、出願人が自分で又は商標代理人を任命して、登録出願を申請できます。申請書類は以下の通りです:(1)作成された商標登録願;(2)登録を受けようとする商標;(3)優先権主張書類、3ヶ月以内に提出しなければならない(優先権主張する場合)審査願書を提出されてから、方式審査と実体審査を行われます。「方式審査」とは申込書の必要な部分が入力されているか、正しく記入されている、必要な情報がすべて提供されているか確認するものです...シンガポール商標登録の流れ

  • 台湾商標登録の流れ

    商標調査登録出願を申請する前、同一又は類似している商標が他人に登録されるか、申請されるか確認するため、商標調査を行うことをお勧めします。拒絶されるリスクを最小化して、登録の成功率を向上させます。調査結果に基づいて、そのまま申請するか、変更又は調整をしてから申請します。 商標登録出願商標調査が終わってから、出願人が自分で又は商標代理人を任命して、登録出願を申請できます。申請書類は以下の通りです:(1) 作成された商標登録願;(2)登録を受けようとする商標;(3)委任状(商標代理人を任命する場合);(4)優先権主張書類、3ヶ月以内に提出しなければならない(優先権主張する場合) 審査願書を提出されてから、方式審査と実体審査を行われます。「方式審査」とは申込書の必要な部分が入力されているか、正しく記入されている、必要な...台湾商標登録の流れ

  • 国際分類 - 第11-2020 - 各区分の代表的な商品・役務

    各区分の代表的な商品・役務は下記通りです。ご参考ください。 区分代表的な商品・役務第1類工業用、科学用、写真用、農業用、園芸用及び林業用の化学品;未加工人造樹脂、未加工プラスチック;消火剤及び防火剤;焼戻し剤及びはんだ付け剤;獣皮用なめし剤;工業用接着剤;パテ及びその他のペースト状充填剤;堆肥、肥料;工業用及び科学用の生物学的製剤.第2類ペイント、ワニス、ラッカー;防錆剤・防錆油・防錆グリース及び木材保存剤;着色剤、染料;印刷用、マーキング用、版用インキ;天然樹脂(未加工のもの);塗装用、装飾用、印刷用及び美術用の金属箔及び金属粉.第3類化粧品、せっけん類及び歯磨き(医療用のものを除く。);歯磨き(医療用のものを除く。);香料、薫料及び香水類、精油;洗濯用漂白剤その他の洗濯用剤;洗浄剤(煙突用化学洗浄剤を除く。...国際分類-第11-2020-各区分の代表的な商品・役務

  • ビジネスに友好的な州―ワイオミング州

    ワイオミング州(StateofWyoming)は、アメリカの西部にある内陸の州です。ワイオミング州は、面積では米国の中で第10位であり、人口密度の低い州の中で第2位です。当該州は友好的なビジネス環境のおかげで、投資者に好かれます。ワイオミング州は法人所得税も、個人所得税または総収入税もありません。ワイオミング州では、州の売上税の税率は5%だけであり、平均的な地方税の税率は0.42%であり、合計で5.42%の税率は米国の各州と比較してとても低いです。 ワイオミング州では法人税を納付する必要がありませんが、以下の税金を適正に申告する必要があります。 1.連邦所得税 内国歳入庁(IRS)の規定に基づき、全ての会社は納付すべき税額があるかどうかにかかわらず、暦年の課税期間を採用している場合、毎年3月15日(LLC)また...ビジネスに友好的な州―ワイオミング州

  • 米国の法人所得税がない州―オハイオ州

    オハイオ州(StateofOhio)は、アメリカ中西部の北東にあります。オハイオ州は、人口では米国の中で第7位であり、人口密度の高い州の中で第10位です。製造業は当該州の最も大きい産業です。当該州の製造業はプラスチック・ゴム・金属製品、電気設備及び電気の生産分野において全国トップの地位を占めています。オハイオ州はまた、スティール、自動車及びトラックの主たるメーカーです。 オハイオ州は友好的なビジネス環境を作っています。オハイオ州は企業実体に対して法人所得税を徴収しなく、且つその税収の仕組みがとても簡単です。コントロール可能な低い運営コスト、発達な人材市場、及び恵まれた地理的条件はますます多くの外国投資者を引き付けています。 オハイオ州では法人税を納付する必要がありませんが、以下の税金を適正に申告する必要がありま...米国の法人所得税がない州―オハイオ州

  • 米国の所得税がない州―テキサス州

    テキサス州は投資者に他の州にはない競争優位性を提供しています。テキサス州は米国で個人所得税を課さない7つの州の1つであり、かつ法人所得税を課しません。この独特な税収の仕組みは現地企業が利潤を保有し、さらなる発展と拡大を促進するのに役に立ちます。 1.フランチャイズ税(FranchiseTax) テキサス州の企業は州法人所得税を納付する必要がありませんが、フランチャイズ税を納付する必要があります。テキサス州で設立されたすべての会社は、毎年テキサス州政府にフランチャイズ税報告書(FranchiseTaxReport)を提出し、かつフランチャイズ税を支払わなければなりません。年収が118万ドルを下回った企業はフランチャイズ税を支払う必要がありませんが、フランチャイズ税報告書を申告することが義務付けられます。テキサス州...米国の所得税がない州―テキサス州

  • 米国の所得税がない州―ワシントン州

    ワシントン州は米国の北西部にあります。当該州の最も大きい産業は航空宇宙、農業及び食品製造、クリーンテクノロジー、情報通信技術と林産品です。ワシントン州は投資者にとても友好的な商業環境を提供しています。ボーイング(Boeing)、マイクロソフト(Microsoft)、アマゾン(Amazon)及びコストコ(Costco)などの有名な大手企業は全てワシントン州にあります。 ワシントン州は投資者に他の州にはない競争優位性を提供しています。ワシントンは米国の個人所得税を課さない7つの州の1つであり、かつ法人所得税またはフランチャイズ税を課しません。このような税収の仕組みは、企業が利潤を保有することで更なる発展と拡大を促進するのに役に立ちます。 1.事業・職業税(BusinessandOccupationTax,B&O税)...米国の所得税がない州―ワシントン州

  • 米国贈与税

    贈与税(GiftTax)は、贈与者から受贈者への永久的な財産譲渡に適用されます。有形または無形の財産(金銭を含み)、財産の使用権、または財産から収入を得た権利を与え、かつ同等以上の価値のリターンを期待しない場合、贈与は発生します。ある物の売価がそのすべての価値を下回った場合、あるいはローンが無利息又は利息が減らされた場合、贈与は発生する可能性があります。贈与者は通常、贈与税を支払う必要があります。 一般的に、いかなる贈与に対しても納税する必要があります。但し、例外もあります。通常、以下の贈与に対しては贈与税を納める必要がありません。 (1)暦年の年度免除額を超えない贈与部分(将来の利益に係る贈与を除く)(2)他人のために教育機構又は医療機関に直接支払う学費又は医療費(3)配偶者に贈与する部分(配偶者が米国市民の...米国贈与税

  • 中国外商投資企業の増値税の優遇税制

    ソフトウェアハウスの優遇税制 増値税の一般納税者は、自ら開発・生産したソフトウェア製品を販売し、税率13%で増値税を納付した後、増値税の実際税負担の3%を超える部分に「即徴即退」を実施されます(「即徴即退」は、税務機関は税金を徴収する際に納税者が納付した税金の全額または一部を即時に納税者に還付する優遇税制という)。 増値税の一般納税者は輸入のソフトウェア製品に対して現地化を行って輸出する場合、そのフトウェア製品が増値税の「即徴即退」を適用します。現地化は、輸入のソフトウェア製品の再設計、設計改善などを指し、ソフトウェア製品の単なる中国語化を含みません。 外商投資企業の来料加工 来料加工(Processing)に従事し、他の外商投資企業または中国内資企業に加工を委託する外商投資企業は、『来料加工免税証明書』を管轄...中国外商投資企業の増値税の優遇税制

  • シンガポールの輸入管理品目に関する輸入ライセンス・許可のマニュアル(後編)

    シンガポールには、輸出入品に関して厳しい規制があります。シンガポールに輸入される各製品は、その輸入元によって区別され、異なる規則に制限されます。シンガポール企業が輸入する製品の種類を問わず、製品ごとには輸入ライセンスが必要です。他の国と同様に、シンガポールは一部の輸入品に対して特別な制度を確立します。それらの輸入品は輸入禁止品目または輸入管理品目と呼ばれます。 輸入管理品目をシンガポールに輸入する全ての企業は、輸入品によって、所轄省庁に特別なライセンス・免許を申請する必要があります。本稿では、輸入管理品目のリスト及び各輸入管理品目に必要なライセンス・許可について簡単に紹介します。 3.動物 (1)   個人用ペット 動物鳥類法(AnimalsandBirdsAct)により、動物をシンガポールへ輸入することが規制...シンガポールの輸入管理品目に関する輸入ライセンス・許可のマニュアル(後編)

  • シンガポールの輸入管理品目に関する輸入ライセンス・許可のマニュアル(前編)

    シンガポールには、輸出入品に関して厳しい規制があります。シンガポールに輸入される各製品は、その輸入元によって区別され、異なる規則に制限されます。シンガポール企業が輸入する製品の種類を問わず、製品ごとには輸入ライセンスが必要です。他の国と同様に、シンガポールは一部の輸入品に対して特別な制度を確立します。それらの輸入品は輸入禁止品目または輸入管理品目と呼ばれます。 輸入管理品目をシンガポールに輸入する全ての企業は、輸入品によって、所轄省庁に特別なライセンス・免許を申請する必要があります。本稿では、輸入管理品目のリスト及び各輸入管理品目に必要なライセンス・許可について簡単に紹介します。 1     映画、ビデオ、ゲーム、音像の記録メディアと出版物 映画-映画を輸入するにはシンガポールメディア開発庁(MDA)に承認され...シンガポールの輸入管理品目に関する輸入ライセンス・許可のマニュアル(前編)

  • 外商投資企業-経営期間中-保険

    外商投資企業は経営期間中、中国国内の保険に加入する必要がある場合、『中華人民共和国保険法』に従い、中国国内の保険会社から保険を購入する必要があります。 1.主要な保険 1.1  輸出入商品の運送保険(海運、陸運、空運) 外国の設備もしくは材料を輸入し、または国内製品を輸出する場合、運送中に責任を負う必要があります。買い手及び売り手は、貿易契約書に規定されている商品の価値によって保険を加入する必要があります。原則として、輸出入品は現地の保険に加入するほうがいいになります。 1.2  建築設置工事保険 新築または増築の建築工事(例えば、工場、ビル)または機械器具設置工事のための保険項目です。 1.3  財産保険 作業開始後、建築設備、原料、製品及び半製品は保険に加入される必要があります。 1.4  従業員の各種保険...外商投資企業-経営期間中-保険

  • 米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)の申告要求

    外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)は、外国口座及びその他のオフショア金融資産を保有している米国納税義務者による租税回避を防止するための重要な手段になります。FATCAに基づき、米国外の特定の金融資産を保有し、且つ申告すべき基準に達する特定の米国納税義務者は、Form8938(特定外国金融資産報告書)を提出することで米国内国歳入庁(IRS)に当該海外資産を申告しなければなりません。 1.特定米国納税義務者の定義 以下のいずれかに該当する場合は、FATCAに規定されている米国納税義務者に属します。 (1)特定の個人(米国市民、外国人居住者及びある外国人非居住者を含む)(2)特定の国内実体(内国会社、パートナーシップ及び信託を含む) 2.特定外国金融資産 特定外国金融資産は、外国金融口座と投資目的で保有され...米国の外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)の申告要求

カテゴリー一覧
商用