searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あっさんおっさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
大福だんごお菓子な毎日
ブログURL
https://mainichi-mochidango.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
東北主に岩手の餅だんごを紹介しています。地方にある和菓子はとても特徴があり地域ながらの味わいがあります。できるだけ毎日和菓子を紹介します。
更新頻度(1年)

339回 / 365日(平均6.5回/週)

ブログ村参加:2020/04/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あっさんおっさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あっさんおっさんさん
ブログタイトル
大福だんごお菓子な毎日
更新頻度
339回 / 365日(平均6.5回/週)
フォロー
大福だんごお菓子な毎日

あっさんおっさんさんの新着記事

1件〜30件

  • お菓子教室資料づくり

    水無月をつくろう! 某所でのお菓子教室は今月末で4回目になります。 これまで『みたらしだんご』『かしわ餅』『葛切り』をつくってきました。粉屋/菓子屋のセガレではありますが、生地を機械で捏ねたり、包餡機からまんじゅうを出したりした経験はあるものの、実際に最初から最後まで手作業でお菓子を作ったのはわずかです。遊び程度の菓子作り、学習会で簡単なお菓子をつくりをしたのも数年前まで…。すっかり腕は錆びているところか、元々素人と玄人の間くらいの腕しかないと思っています。お菓子教室をするようになり、自宅のキッチンで色々思いだしながら練習しているのです。おかげさんで随分カンは戻り、昔より上手に作れるようにりま…

  • 関口屋さま:焼酎糖

    この味に目覚めた幼児期の想い出 関口屋さまの焼酎糖。子どもに食べさせると酔っぱらいます。勿論車の運転も出来ません。盛岡駄菓子の老舗関口屋さんの魅惑の逸品『焼酎糖』は子どもの頃憧れのお菓子でした。お酒なので子どもには食べさせてくれませんので、大人が食べているのを見る度に憧れが肥大し続けます。他の盛岡駄菓子が食卓の上に常備しているのに、焼酎糖だけは手が届かない見つからないところに隠されています。 しかし...1ヶ所だけ盲点があります。それは仏壇のお供え物、お供え物を勝手に食べると罰が当たると言われていたので中々手が出せませんでしたが、ある日仏壇のご先祖様に手を合わせて『1個だけください』と言って食…

  • 松田屋さま:どら焼き

    ふっくら・しっとり…いい感じ! 松田屋さんのどら焼きです。きれいなきつね色の焼き色は品の良さを感じます。二つに割った断面の生地はキメ細かい気泡が並んでいます。生地からふんわり卵の香り、食欲がそそられます。餡は柔らかく粒が感じられる程よい甘さで『すぅ~っと』喉の奥へと流れていく感じです。 松田屋さんのどら焼きは余り日持ちをさせていません。美味しく作ってなるべく早く食べてもらいたいお気持ちだと思うのです。何代も続く盛岡の老舗松田屋さん。建物の雰囲気、ご主人様と奥様のお人柄、何を食べても『おおぉ~』と感じるお菓子の素晴らしさ。いつ行ってもステキなお店です。 ☝ふわんふわんの生地です ☝キメ細かい生地…

  • 関口屋さま:盛岡駄菓子詰め合わせ

    関口屋さまオールスター 関口屋さんは盛岡を代表する『盛岡駄菓子』の老舗です。これまで、おだんごや、黒糖饅頭、お茶もち等々をブログにてご紹介させて頂いており、どれもトップグレードの美味しさの逸品ばかりです。 盛岡駄菓子詰め合わせは、盛岡駄菓子初心者の方にお勧め、少しずつ入っていますので自分のお気に入りを見つけるには最高です。この詰め合わせには『焼酎糖』は入っていません。お酒という事と、中に液体が入っているので壊れやすいからでしょうか? この詰め合わせと焼酎糖、更に朝一番でお団子やお茶もちを買うと関口屋さんの凄さが手に取るようにわかります。 ☝一袋に11種類の盛岡駄菓子が入っています。 一つずつ紹…

  • 土日のこと&禁煙外来

    机の引越しに絡め禁煙してみよう 30年間使っていたディスクから別な場所へ移動した。机だけの荷物なら大したことはないが、背後には両扉のラックが3つ並んでいる。土曜日一日で片付ける予定が日曜日の昼過ぎまでかかってしまった。 捨てたビニールに入れた不要物が20袋。。。いつか使うかもしれないという資料は結局使わないものだという事が良くわかった。 古い書類の日付やその時の役職、自分が作った企画書などが次々出てくる。『クスッ』と笑いたくなるようなものや、今考えても面白い資料が出てくるとそのたびに手が止まってしまう。自宅へ持ち帰った書類は段ボールで15箱。思い出にとっておこう。 むかしは紙中心、今はデジタル…

  • 竹芳さま:かき氷黒みつときな粉

    かき氷の中に『和』の宇宙が広がる。 黒みつの自然豊かなコクのあるうま味、きな粉の香ばしさ、白玉のツルツルふわふわ…そして餡のスッキリした切れ味…。涼しげなかき氷の中に素敵な『和』の宇宙がひろがりました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 昨日の盛岡は今年初の30℃でした。暑くてたまりません...。 そうだ!竹芳さんでかき氷を食べようとお邪魔しました。 『黒みつときな粉』本格和菓子屋さんが日頃原料としているスペシャルグレードの黒みつ&きな粉…絶対にホームランです。注文すると『今から白玉を茹でるので少々お待ちください』流石です。作り置きではない白玉が入ってくるとは、絶対にふわ…

  • 関口屋菓子舗さま:黒糖まんじゅう

    想い出がよみがえる味 いつも行くたびに楽しくなる関口屋さん。黒糖まんじゅうを頂きました。艶やかな小麦生地に練り込まれた黒糖の風味がとても味わい深いです。こし餡もくちどけが良くサラサラしています。ひと口食べると何故か心が休まるのです。生まれ育った岩手の更に田舎町。色んなシチュエーションでお饅頭を食べました。褒められた時、叱られた時…。同じお饅頭でも色んな味がしました。関口屋さんの黒糖まんじゅうを一口…、物心ついた頃の楽しい事や悲しい事が様々思いだされます。タイムマシーンのようなお饅頭でした。 ☝鞄に入れているうちに潰れてしまいましたが美味しさに変わりはありません。 懐かしい紙袋のネジネジ お饅頭…

  • フルールきくやさま:銘菓三代杉

    パッケージは和菓子中身は洋菓子 フルールきくやさんで、どら焼きと一緒に購入したのが『三代杉』。パッケージはど真ん中の『和菓子調』ですが、中身は洋風の味がする小麦生地の中にチョコクリームがサンドされていました。しっとりふわふわの生地は歯茎で噛み切れます。チョコレートケーキをメダル状にしたような感じ、ご挨拶のお土産にちょうどよさげです。 ☝パッケージは和菓子・中身は洋菓子なのです。 黄金に輝く中尊寺金色堂 パッケージに書かれている建物は『中尊寺・金色堂』です。2011年に世界遺産登録されました。平泉にはかつて栄華を誇った奥州藤原氏の文化がありました。金色堂はその象徴です。金色堂は初代清衡が極楽浄土…

  • フルールきくや:どら焼き

    いい感じの食感です 素晴らしい青空が広がった土曜日、朝からバタバタです。お昼ごはんを食べるチャンスを失ってしまいました。そういえばフルールきくやさまのどら焼きが鞄の中に入っていたはず…。ブログにて紹介しようと思っていたので先ずは撮影…、某道の駅にて机の上に紙を敷きパシャリ…。色んなどら焼きを食べてきましたが、結構好きなジャンルにはいります。ふわりとしながらしっかりした生地がとても好感が持てます。あんこもいい感じの甘さで、25℃くらいまで気温が上がった日でも全然体が受け付けてくれます。無糖の炭酸水と一緒に食べて空腹を満たしました。 ☝焼き色が良い感じです。 洋菓子専門店としても人気です。 盛岡市…

  • 今日はお休み:明後日はグルージャスペシャルだんごだ!

    雨にて体調が極めて不調 ずっと強い雨が降り続いている今日の岩手花巻です。 天気が悪いと首と肩の調子が頗る悪くて頭まで痛くなってしまいます。 今日は天気も気持ちも体調もどんよりです。 とても幸せな気持ちで書けないので今日は休みます。 では良い週末を! 日曜日盛岡市のいわぎんスタジアムで17:00からグルージャ盛岡対藤枝MYFCとの試合があります。せっかくのナイター開催なので晴れるといいですね。 写真のお団子はスタジアムコンコース内で販売しているグルージャチームカラーをイメージしたグルージャ団子です。 盛岡市肴町の素敵な喫茶店カフェ&デリカ ピエロさまがホームスタジアム限定で作り販売しています。と…

  • ふるさとやさま:冷やししるこ

    スッキリサッパリ最高です! ふるさとやさまのtwitterをみたら『冷やししるこ』はじまりました!と出ていました。盛岡での用事を済ませ真直ぐお店へ、水曜日の14:00というのにお客様が途切れず入っています。購入後すぐに駐車場で食べました。沢山の小豆まさに『小豆まみれ』です。 サッパリ切れ味の良い甘さ、食べ応えのあるお餅が4個も入っていました。秒殺で食べきってしまうほど夢中になってしまいました。 ☝食べ応えのあるお餅とスッキリ小豆しるこです ふるさとやさん 盛岡市天昌寺にある餅だんご専門店です。スタッフはオール女性のせいか、お店の雰囲気がとてもいいです。何度かお邪魔するとしっかり顔を覚えていてく…

  • 葛きりのレシピ

    折角なのでレシピ公開 先月の某日某所にて葛きりを作るワークショップを行ってきました。 何度かチャレンジすると、専門店同等の美味しさが楽しめます。 道具は一般家庭のキッチンにあるもの、または100円ショップで手に入るキッチン用品で簡単にできるのでご興味のある方はどうぞお試し下さい。 【材料】1人前 ・本葛粉18g ・水 54CC ---------- ・黒糖 100g ・水 300CC 【調理器具】 ・ステンレスバット13.5×18.5×2㎝(溶かした葛粉を流して加熱する) ・ステンレスバット又はボウル(上のバットが入る大きさ・冷却用) ・トング(加熱用のバットをしっかりつかむことができるもの)…

  • 展勝地レストハウス:よもぎ餅

    一粒で三度楽しめる! 展勝地レストハウスさまの、季節限定新商品『よもぎ餅』は、なんと!地元産の天然よもぎを使用している。農家のご婦人の皆さんが山に入って採集したもの。 自社工場で岩手産のモチ米をつき、茹でたてのヨモギを入れています。きれいな緑と深いヨモギの香り、とても清々しい香りがします。餡は勿論自社工場で炊いた粒餡。 このよもぎ餅には、黒みつときな粉がついてくる。ふたくちぐらいよもぎ餅を味わったあと、きな粉と黒みつで味変!一粒で3度楽しめる素敵なよもぎ餅は、季節限定で、食べられるのは今のうちだけです。 ☝よもぎの色がとても鮮やかです! 開発が活発な展勝地 時々お邪魔する展勝地さま。今年の春か…

  • 作ってみた:本葛水羊羹と葛きり

    真夜中のお菓子づくり 今年56歳になるオジサンが作ったお菓子なんて美味しそうじゃないけれど…、手元に素敵な本葛があったので水ようかんを作ってみた。あんこは冷凍庫に岩手県産小豆を使ったこし餡があったのでそれを使った。寒天と違い葛を使った事で、プルプル感の中にふわふわした食感があった。 本葛は福岡県秋月の廣久葛本舗製、十代続く老舗です。鹿児島県産で葛堀りをしているというから純国産品です。値段は高いけど価値は十分あります。腕が上がった気持ちになりました。色んな本葛を試してみたけど、ここの本葛が一番だと思います。 ☝これから粗熱を取って冷やします。 4時間黒みつを煮る もう一品、葛切りです。葛切りその…

  • 翁本舗:盛岡の女(ひと)

    懐かしいCMがよみがえる 翁本舗さまの代表的なお菓子『盛岡の女(ひと)』です。さっくりきつね色焼き上げた小麦生地の中にこし餡が包まれています。僕が小学校くらいの頃ローカル局にてコマーシャルをしていました。何となくCMが耳に残っていて懐かしいです。 二つに切ってじっくり断面を観察してみました。食べ応えのあるしっかりとした食感の中に、ほんのり感じる卵とバターの風味を感じました。素朴で昔ながらの伝統の風味!小さい頃はコレが食べたくて親にねだったものです。いつまでも食べていたい『盛岡の女(ひと)』なのです。 ☝近年のふわふわ系ではありませんが、その分味わいが深いです。 石川啄木の歌と、かすりを来た盛岡…

  • 関口屋さま:あんこだんごと醤油だんご

    真夜中のお楽しみ 午前中まだ早い時間に関口屋さんを訪ねた。醤油だんごもあんこだんごも、早くいかないと売切れている可能性が高い。 関口屋さまと言えば『焼酎糖』をはじめとする『盛岡駄菓子』ですが、おだんごやお茶もちのファンも駄菓子同様にたくさんいらっしゃいます。自宅へ持ち帰り晩酌にて良い気分になった。 真夜中…『はて…??何か忘れているな…』『そうだおだんごがあったんだ…』甘味は別腹だ...と自分に言い聞かせ、急いでパックを開きまず醤油だんごを頬張る。砂糖を使用していないお団子、時間経過と共に違う豊かな食感に代わる。まだまだ柔らかく逆に醬油がしっかり染みてとても美味しかった。あんこだんごは餡の砂糖…

  • 翁本舗さま:黒砂糖まんじゅう

    美味しくてミネラルタップリ! 季節の変わり目で体力が消耗されます。食欲も湧かない今日この頃…。 翁本舗さまの黒砂糖まんじゅうを食べてエネルギーチャージです。滑らかなさっぱりしたこし餡はくちどけがとても素晴らしいです。生地もしっとりしていてお茶要らずといった感じです。ふんわり香る小麦と黒糖の風味。あと味もスッキリしていてサラサラと喉の奥へ流れて行きます。 ☝綺麗なこし餡と、いい感じのふんわり生地です。 黒糖パワー 黒糖には、砂糖の主成分であるショ糖以外にも、ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄など)が豊富に含まれています。 また、ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2…

  • 母ちゃんハウスだあすこ:醬油だんご

    材料は醬油とお米だけ JA花巻が運営する産直『だあすこ』にて醤油だんごを買ってきた。お米と醬油だけのシンプルなだんご。地元産米を使用したお団子はムキムキした歯ごたえで良い食感です。醤油をだんごを混ぜてお米の粘りがトロミとなり艶となります。産直は品切れが早いです。夕方訪ねました。もう品切れか…?と思いながら売り場へ向かったら運よく残っていました。翌日には固くなる生地に砂糖を使わないお団子、ひと串だけ食べて、残りは夕食のご飯代わりにしました。 美味しかったです。 ☝ツヤツヤのおだんごです 大きな産直です 花巻市内にある『だあすこ』既に20年目を迎える産直です。だあすこの由来は宮沢賢治の童話に出てく…

  • 六花亭さま:マルセイバターケーキ

    生協のおかげだね~と母親 マルセイバターケーキというお菓子です。マルセイバターサンドの姉妹品でしょうか?しっとりスポンジ生地がふっくらしていて甘さも絶妙です。 六花亭さんとは長い付き合いになります。近年は交流が少なくなりましたが、昔は同じ食品団体で活動をさせて頂いておりました。今もモノづくりの考えの根底は共通です。六花亭さんのお菓子、30年くらい前は生協で購入する事は出来ませんでしたが、近ごろ時々共同購入で入手できます。昨年今年とコロナの影響で出かける機会が減りました。地元に歩いて行けるお店はコンビニだけ…、毎週の生協がライフラインです。 会社と自宅の往復、出かけるのは病院くらい…。生協のチラ…

  • 盛岡タイムス掲載:竹芳さま『黒もち』

    大徳寺納豆がポイント! 昨日、地元紙『盛岡タイムス』にて竹芳さまの『黒もち』をご紹介させて頂きました。黒もちは竹芳さま人気№2のお菓子です。大徳寺納豆を原料としたお菓子は、少し酸味がありあと味がさっぱりしています。大徳寺といえば『一休さん』で有名な京都のお寺です。初めて大徳寺納豆に出会ったのは随分前ですが、あの独特の酸味が癖になったのはお酒を飲む様になってから。盛岡では中々手に入りません。 竹芳さんの店頭でこのお菓子を見つけたのは昨年の春のこと、それ以来定期的に購入して食べています。最近では大徳寺納豆そのものより、黒もちのほうが好きになったような気がします。 ☝きな粉が塗された中身は黒いお餅が…

  • 去年の今日:おだんご処あかねやさま『やき塩の大福』

    去年の今日… 去年の今頃は来年はコロナは終息していると思っていました。岩手県は確か7月末頃まで感染者はいませんでした。あれから一年経ち終息するどころかあまり好ましくない状況です。そんな環境なので今までのようにお菓子を探して県内を巡るのが難しい感じです。何か予定があってその行き返りでお店に立ち寄る程度です。昔のブログを読み返し、おかしなところを書き直しているところです。 ちょうど去年の今日は、盛岡市青山町にある『あかねや』さんを訪ねていました。看板猫ちゃんがいるお店です。このお店で食べた『やき塩の大福』枝豆と塩、砂糖のバランスがとても良かったです。美味しいお菓子以上に女将さんの優しさに触れて返っ…

  • 一六タルト:柚子

    柚子の風味がいいです 昨日に続き一六タルトの柚子味です。愛媛県産柚子使用と記載されています。柚子の香りと独特の苦みが良いですね!柚子が美味しいと思ったのは、大人になってからだと思います。昔は苦味が苦手でした。今はあの苦味が長所だと思うのです。ふわっとしたキメ細かいしっとり生地がふわふわ、こし餡の甘さと柚子の酸味が口から鼻にスッと抜けていきます。個人的にはアイスコーヒーにあるような気がして、あさイチでコンビニコーヒーを買って食べました。やはりいい感じです。 ☝あんこもしっとり系でした。 6つの拘り ホームページには6つの拘りが書かれていました。この柚子味が基本の一六タルトのようです。1.愛媛県の…

  • 一六タルト:甘夏みかん

    岩手で四国の名菓が食べられる幸せ 一六タルトという名前は全国的に知られています。でも…食べた事はありません。盛岡の川徳デパートの地下には全国のお菓子を扱うコーナーがあり、季節ごとに珍しい遠方のお菓子が並びます。今日は一六タルト季節限定『甘夏みかん』と愛媛県柚子を使用したものの2種類購入しました。 初めて食べるタルト、興味津々で食べました。ふわふわのスポンジ生地と白あんに練り込んだ甘夏の香りが広がります。ゆっくりひと口ずつ食べると、舌の上に甘夏の果皮と柚子の果皮を感じます。とても素敵なアクセントでした。岩手から1,000㌔以上離れている四国地方、岩手に居ながら岩手と同じ値段で地方の名菓が食べられ…

  • 翁本舗さま:盛岡のお菓子

    葡萄飴・からめ餅・豆銀糖・あけがらす 何日か投稿を休んでいましたが…気になって仕方がありません。 少し前に購入した翁本舗さまの葡萄飴・からめ餅・豆銀糖・あけがらす。岩手を代表する伝統銘菓、以前にも紹介させて頂いていますが、なんか食べたくなって買い置きしていましたのでご紹介いたします。 夕方くらいになると年齢の所為か血糖値が下がりフラフラしてきます。市販の飴玉でも良いのですが、それらは後味が悪くあまり得意ではありません。ひと口サイズのお菓子、どれも盛岡を代表する銘菓です。拘りの原料、素材の調和にて美味を生み出すこれらお菓子。翁本舗さま以外でも作られていて、お店ごとに素敵な特徴があります。フラフラ…

  • 肴町喫茶ピエロさん:今川焼(回転焼き)

    今川焼の魅力は重量感 今川焼の魅力は何と言ってもズッシリ重量感です。ホカホカの餡としっかりした小麦生地の焼き具合と相まって、一口食べると目元が緩みます。朝10時半、焼き立てを食べて感動です。ここは何度もお邪魔している盛岡市肴町の喫茶軽食ピエロさん。店頭から見える焼き台が魅力です。連休最終日、これだけでゴールデンウイークを満喫した気持ちになりました。 ☝焼き立ては最高のご馳走です。 床屋さんが混んでいたので... ゴールデンウイークはほぼ引き籠り本を読んでいる生活。5月5日の朝、鏡を見ると随分髪の毛が伸びて居たので床屋さんへ行く事にした。いつも通っているところも時々通っているところも混んでいて待…

  • 愛媛県:山田屋まんじゅう

    カワトクデパートにて… 山田屋まんじゅう、愛媛県の銘菓です。名前は聞いたことがあっても食べた事はありませんでした。なぜ名前が耳に残っていたのでしょう?町のどこか、雑誌の何かで何度も見聞きしていたのかもしれません。盛岡市にあるカワトクにて見つけた時もすんなり『あ…売っている』ていう感じでした。袋を開けて初めて見た姿はかわいくて綺麗です。半分に切ると生地の薄さに驚きました。なんと0.1ミリとの事、サラッとしたこし餡はスッキリしています。丁寧な仕事、好きな味です!。1粒20g~30gくらいでしょうか?後味が良く何個でも食べられそうです。お試しに購入した3個入、不定期で入荷する山田屋まんじゅう、今度は…

  • 水沢お菓子散歩

    文化の香りがする奥州市水沢 ブログの中で奥州市水沢にある高見だんごさん。後藤屋さん。柳屋さん。大正堂さんをご紹介させて頂いています。 月に1度のペースで用がある水沢。近隣の町と合併して奥州市になったのは平成の大合併の時。水沢のイメージは後藤新平・高野長英・斉藤實といった偉人がの出身地だったと小学校の時に教科書で学んだ程度でした。最近では大谷翔平君が出身地という事で4人目の自慢できる事が一つ増えました。齋藤實以来ですから80年位振りのスター誕生です。新幹線が止まる水沢江刺駅と東北本線水沢とは少し離れていますが、路線バスなどですぐに移動ができると思います。水沢駅周辺には観光地が沢山あり、昔ながらの…

  • 号外:いい天気です!

    ヒーターが要らない季節が来ました 4月末になってぐんぐん暖かくなってきました。芝生の緑も少しずつ緑が濃くなっています。田植えに向けて農家の皆さんも作業に励んでいます。庭に咲くお花も色鮮やかです。 日中の温度が20℃くらいになっています。これ迄が寒すぎたので20℃でも体がばて気味で少し食欲低下気味です。最近会社へ来ていただいている某会社の若い担当者さんが、高校時代あの大谷翔平を打ち砕いて甲子園へ出場したメンバーさん。甲子園でもグランドに立ちプレーしています。お昼を一緒に食べたのですが、まだまだ若くてご飯を3杯お替りしました。見ていて清々しいです。高校時代1日のノルマが一升白米を食べる事だったとか…

  • 展勝地レストハウスさま:きりせんしょ

    展勝地お餅ワールドを堪能 岩手県を代表する桜の名所展勝地はこの季節桜まつりで賑わいます。毎日お餅を搗いて店頭に並べる展勝地レストハウスさま。桜まつりの時期は北上界隈の生産者様のお菓子が並びます。綺麗に型どりされた艶やかな『きりせんしょ』を見つけました。上新粉(米粉)ともち粉醤油に胡麻に胡桃…そして三温糖。砂糖+醤油の相性は最高です。モチモチ生地をかじるたびに広がるうま味と胡麻&胡桃のアクセントが良いです。いつまでも飽きない艶々のお菓子。3つ食べきるまでアッというまでした。 ☝素朴な材料だからこそ美味しさが引き立ちます。 北上夜曲の共通パッケージ・センスGOOD! 展勝地開園100年という節目の…

  • 今日はブログお休みです

    今日はブログ休みます また明日!今週も頑張りましょう。 写真は盛岡城址公園のところです。 いろんな和菓子のブログが楽しめます 👀のぞいてってください👀 ⇩⇩ポチっとね⇩⇩ ⇩『黒豆塩大福』岩手県産ヒメノモチを自社製粉!同じく岩手産黒ひら豆を使った塩豆大福です。冷凍でお届けし、室温2時間にて食べごろになります。 ⇩『土用もち』ヒメノモチを自社製粉、ふわふわの生地に甘さ控えめのこし餡で包みました。自然解凍2時間で食べごろになります。 ⇩待望の第3巻!『アンと愛情』何となくアルバイトとして入った和菓子店、四季を通じてお菓子のこと、同僚を通じて成長していくアンちゃん。全3巻は和菓子のバイブルと言える秀…

カテゴリー一覧
商用