chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
盆人28号
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/04/15

1件〜100件

  • 接ぎ木経過報告色々

    五葉松チャック式ビニール袋の奥に新芽が展葉してきました丸印で囲った後ろ枝は懐芽もなく間延びしていました二本の枝別れ付近に接いであります昨年春にヤフオクで入手した種木です商品説明の10枚ほどの写真の中のこの立ち上がりの景色が目に留まりましたここを正面として改作すればそれなりの盆栽になるだろうと!長老の黒松丸印はコケ順のない樹幹部を切り取った痕ですその横に後枝用として接ぎました袋の中で展葉して伸びてい...

  • アオサギ

    【捕る】...

  • アオサギ

    【テイクオフ】...

  • アオサギ

    【飛翔】先日アップしたクチバシが折れたアオサギは残念ながら見つける事が出来ませんでした致命傷になったようですネ...

  • 野鳥

    【降り立つ】【飛び立つ】【ゲット!】今日は大潮、いつものフィールドへ久しぶりの撮影行見慣れない獲物を咥えているのか?とピントを合わせると下のクチバシが折れ曲がっていますいつも一番近くまで来てくれる個体ですまだ幼鳥なのか婚姻色もなく背中の羽の色も冴えません全力で獲物を捕る姿が魅力的で他のアオサギとは区別していましたその全力での捕食行為が災いしたのか?水面下の大きな石にでもクチバシをぶつけて折れてしま...

  • アオサギ

    【舞い降りる】...

  • アオサギ

    【舞い降りる】...

  • アオサギ

    【飛翔】【舞い降りる】ノートリミング秘密基地設置完了干潮前にセッティングして日傘の下に腰かけ絶好の撮影ポイントに鳥達が来るまで一時間以上待たなくてはイケマセン左側に見える干潟が見えなくなるまでが撮影時間です自然が相手なので待つ以外ないのです! (;´д`)トホホ基地内部の写真・三脚に「ジンバル雲台」をセット 上下左右自由に動かして野鳥を追い掛けます・カメラの左側に「ドットサイト」を設置 レンズの焦点とドッ...

  • シラサギ

    【捕食】...

  • シラサギ

    【ゲット】...

  • アオサギ

    【飛影】...

  • シラサギ

    【翼】...

  • アオサギ

    「捕食」...

  • 白鷺

    「休息」...

  • アオサギ

    「捕食」「飛翔」...

  • 寄せ植え樹形構想色々

    強い曲の付いた挿し木3年生程の苗を5~6年前に寄せた樹です右下枝を整姿すればほぼ完成域で枝葉の充実を待ち秋には本鉢に上げる予定です挿し木から十年未満でこの樹姿が出せました曲を付けた三年生苗を昨春に寄せた真柏です既に姿は出たようですあとは幹を太らせ癒着を待つのみです大野性杜松の寄せ植え二本上記の真柏達のように作りたいものです他の苗立ち上がりだけを数本縛ってあり下部は完全に癒着しています小さな芽を拾って...

  • キンズ 根上がり樹形の植え替え その2

    今回も根上がり樹形の曲を付け直しますこの構想で一番気がかりだった根が出てきました今まで「耳にタコが当たる程」言って来ましたが小品盆栽には一センチの直線部分も嫌味なのです当然 根の芸にもです!!・針金を掛ければ食い込む!・水コケで保護すれば過湿で枯れる!今までにない新しい手入れ方法を考えなければイケマセンゴム管に1.5㎜の銅線を通して根に当たる部分を保護する事にしました根を纏めながら軽く巻き付け・・・奥...

  • キンズ 根上がり樹形の植え替え

    2020年の実生で根上がり樹形用の苗です小石と陶片を敷き詰めたペットボトルに蒔いて自然な曲を付けてありました根に針金を巻いて曲を強調してありましたが食い込み初めていますこんな根上がり樹形で作れそうですが・・・矢印の一本がまだ癒着していません立ち上がりだけを強く絞って根はまとめる程度に軽く縛って・・・植え替え終了この苗も食い込んだ針金を・・・丁寧に外しましたがこの程度の曲では面白くありません反対側から強...

  • 杜松 追い込む

    挿し木10年近い本性杜松ですまだ割り箸に毛が生えた程度の太さしかありません前回登場の6年生の大野性は肥培を掛けたのでこれより太く倍以上になっていますバッサリと追い込んで右枝だけ下げておきました矢印の枝はコケ順を失くして太り過ぎ食い付きジン程度に残しました次回弄るのは当分先になりそうです未来予想図あと五年も持ち込めばこんな樹姿になります知らんけど!(笑)こんな「太らせない」「大きくしない」作り方も面白い...

  • 黒松 チョンマゲに小細工をする

    チョンマゲ黒松正面候補 A面同  B面どちら側を正面にしても作れそうな苗です先ずはノコギリで切れ目を入れ・・・名刀「菊正宗」で綺麗に削り直し・・・割り箸でチョンマゲを補強して・・・カットパスタ―松柏用を詰めて手入れ終了チョンマゲの強い樹勢でここを肉巻きさせて大きな切り戻しキズを作らない為の手入れです矢印は次回の犠牲枝候補の数本です正面が決まったら後枝になる小枝を走らせ立ち上がりの太みを得る事にします犠...

  • キンズ 寄せ直す

    この苗に・・・冬越しに失敗したこの寄せ植えを寄せ直します冬の寒さで枯れたのではなく春先の水やりの失敗です簡易温室内で鉢を密に詰め過ぎて充分に水が貰えなかったようで三鉢枯れましたこの二鉢も無残な姿で寄せ植えのカケラもありません左側の鉢から抜いてチェック・・・星印の位置に根が足りません接ぎ木構想二本の接合部の形成層を削り・・・ピッタリと合わせて防水処理をして・・・ラフィアで保護して結束バンドで絞り込み...

  • 黒松 取り木の準備

    チョンマゲ黒松の足元です全体図真ん中の芽の下に曲を付け赤ライン付近に取り木を掛けてミニ黒松素材を作ります手入れ後の全体図去年の実績では八月初旬までに取り木を掛ければ年内に切り離す事が可能だと分かりましたが立ち上がりの太さがもう少し欲しいので来春取り木を掛ける事にしますそうすればこのチョンマゲももう少し太ります去年 六月にチョンマゲに取り木を掛けた素材二本です十分な太さと立ち上がりの一曲が作れました...

  • 真柏 衣替え その2 ジンを曲げる

    昨日の真柏を左横から見るラフィアで保護して・・・半田ゴテを固定しティッシュペーパーを濡らして・・・通電しました少し前方へ移動させましたが・・・それよりも矢印二か所の曲が不満です半田ゴテを固定して・・・同じように準備して再度加熱しました枝元の手前への曲付けはイマイチですが右側の曲は十分に曲がりました今日んとこはこん位にしといたるわぁ~手入れ後ジンの変化を昨日の未来予想図と比較します右側へ流れていた先...

  • 真柏 衣替え その1

    数年前に寄せ植え用に入手した五本組で出品されていた四国真柏です挿し木三年生程で太過ぎて曲げられず 思うように組み合わせることが出来ませんでしたこの為に寄せ植えを断念して放ってありましたオール杉葉でしたが本葉に回復し始めましたしかしこんな葉性ではまともな真柏は作れません立ち上がりの曲だけを生かすように昨春 糸魚川性に衣替えしてありました接ぎ木後の新芽の伸長が見られず失敗か!と思っていましたが何とか生き...

  • ソナレ 整姿

    挿し木5年程のソナレ苗ですプチ整姿後未来予想図植え替え時には少し左へ傾けて流れを出さなくてはイケマセン立ち上がりの景色左最下枝は立ち上がりを太らせる犠牲枝にします上から右から左から枝棚を充実させるにはもう少し時間が掛かりますおまけ同級生の懸崖樹形です整姿後立ち上がりの引き根懸崖鉢に少し高植えにすれば面白い景色になります知らんけど!(笑)...

  • 黒松 取り木を外す

    立ち上がりと根張り修正用にチョンマゲ黒松に取り木が掛けてありましたこれも実生挿しで作った苗ですが片根で発根していました実生挿しには根張りを作る効果はなさそうです思い通りに立ち上がりの一曲と八方根張りが得られました手前の小枝の位置が気に入りませんが未来予想図的に針金を掛けてみました根の伸びる方向を爪楊枝で修正しておきます植え替え終了ブログ用の針金はこんな苗には不要です(笑)奥にある小枝を手前へ被せて樹...

  • 真柏 整姿 その2 ジンを曲げる

    昨日の真柏の二か所の欠点立ち上がりの隙間と垂れたジンを修正しますあと十年も経てば面白い景色になりますがそれまで太りを待っている暇はありません結束バンドで絞り込みました残るのはブチャイクなジンだけですジンのアルミホイール蒸しで修正します料理名のように命名してみました(笑)ラフィアで保護して幹に触れる銅線には網戸用のゴム管で防熱処理しましたティッシュペーパーを濡らして・・・蒸気が漏れないようにアルミホイ...

  • 真柏 整姿 その1

    なんとか成らないか?と弄って遊んでいたらなんとか成りそうです因って手入れ前の写真がありません (´・_・`)スマンノォ後方の二本の枝が樹形を乱しています数年前に衣替え用に使った小枝の跡ですその不要枝を隠してパチリ未来予想図数年で枝葉は図のように充実させられますが立ち上がりにもう少し太さが得られれば一丁前の真柏盆栽としてみて貰えるのではないでしょうかジンもなんとかしなければイケマセンその2へ続く...

  • 大野性杜松 苗の手入れ

    先日に続いて2020年の挿し木苗です幹ホネのアップ徒長した先端部分を追い込みました枝元を太らせてコケ順をなくしてしまってはイケマセン前回の失敗からの反省ですこれで2020年の挿し木苗は全て手入れ終了ですメデタシメデタシ数年間 立ち上がりを太らせミニ杜松を作るための素材ですラフィアの保護によって「より短い距離」に「より細かい曲」を付ける事が可能で大きな曲では見所になるまでに長い時間が必要ですこの時期に相応の曲を付...

  • 真柏 シャリを彫って曲げる

    先日アップした真柏です後側にあった不要枝は外してありますダメ元でルーターでシャリを削って曲げる事にしました失敗したとしても食い付き程度には残せます彫刻後全体図途中で手元が狂って水みちを切ってしまったかもしれません先端に残した葉が枯れれば結果が分かります トホホこれで終わっては面白くありませんラフィアでガッチリと保護して・・・強く捻りながら曲げました上方に出ていた小枝が下向きになりましたもう少し捻りた...

  • 杜松 基本の曲付け

    2020年の大野性杜松の挿し木苗です鉢上げ時にはそれなりの曲が付けてありますが今回はそれを更に絞り込みます鉢から抜いて・・・曲を付け直して・・・用土を湿らせて根を八方に広げて植替えます上部と同様この時期のこの手入れも肝心なのです以下の苗達も同様に植え替えます手入れ前立ち上がり付近の針金が食い込んでいます針金を外してチェックラフィアで保護して曲を付けましたがイマイチです針金を足して更に絞り込みました立ち...

  • 懸崖真柏 衣替え

    非糸魚川性の懸崖真柏です(四国か紀州かは不明)鉢上のジンは根でした一昨年衣替えの接ぎ木に失敗した傷痕です2020年の挿し木苗を・・・ここへ呼び接いで衣替えする構想ですノコギリの切り込みを良く切れるナイフで広げ・・・溝幅に合わせて形成層を削り・・・スッポリと嵌め込んで・・・結束バンドで縛り・・・カットパスタ―で防水処理をして・・・衣替え手入れ終了枝の表裏が逆になってしまいました トホホ活着後に捻って元通りに...

  • 杜松 整姿 その3  

    昨日までと同級生の苗ですが今回は整姿をせず足元だけを残します手入れ前追い込み後枝元が太ったように見え コケ順が無くなっています役枝後側の小枝二本を切り取り取って修正しますまだ姿を出す段階の素材ではありませんがブログ用のサービスショットとして針金を掛けて輪郭線をだしてみました現樹高は5㎝でチビデブ素材の一丁上がりです二本目 手入れ前追い込み後この素材は役枝まで太らせてしまいコケ順が無くなってしまいまし...

  • 杜松 整姿 その2

    昨日と同級生の大野性杜松ですサイズを決めて追い込んでシャリを嚙んでいた左最下枝にはラフィアを巻いて保護しましたプチ整姿終了樹冠部が棒立ちで面白くありません結束バンドで絞り込んで左への流れを強調しました樹高 鉢縁より 8㎝挿し木用に切り取った七本の小枝この小枝達も5~6年手入れを続ければ連日投稿の素材と同じようなミニ杜松が作れます知らんけど!(笑)...

  • 杜松 整姿 その1

    挿し木6年生程の大野性杜松ですミニ盆栽を作るには十分な太さです幹ホネも出来たのでそろそろ本格的に整姿しても良さそうです先ずは作りたいサイズに追い込んで・・・左枝をプチ整姿して・・・右枝下後方に覗かせる小枝(左)と後枝(中央)も整姿して・・・右枝と樹冠部を整えて整姿終了樹高(鉢縁より) 9㎝鉢横へ隠した下枝はもう少し伸ばして太らせます今 ジンにしては貧相なジンになってしまいます盆栽はアワテナイ!アワテ...

  • 群雀 取り木を外す

    百均のザルに・・・鉢ごと入れて取り木を掛けてありました取り木位置まではまだまだ届きません植え付け前に枝を透かして針金を掛けて・・・取り木終了花さえ咲けば良しの樹種でそれほど樹形に拘る必要はありませんが辻 憲昌鉢貫入の木瓜式鉢ですが正面左側上部に貫入が入っていません価値的にはB級品ですね トホホ落款は「乃」一文字が多いようですがこの鉢には「憲窯」「乃」のダブル落款ですPS選定時の小枝を挿してあった苗です枝先...

  • 真柏 植え替え

    Before右側の役枝を全てジンに改作しましたAfter樹高 11㎝  外縁切足釘彫り正方中華的高級駄鉢 11×6㎝もう一回り小さな朱泥鉢に植え替えたいのですが「ない袖は振れない」のです(´・_・`)トホホ ...

  • 真柏 素材の樹形構想

    こんな何ともならないような真柏を弄って遊んでいたら何とかなりそうです(笑)不要部分をティッシュペーパーで隠してカッシャ~ン ピカッこれなら個性的な幹ホネを持った樹が作れそうですこの樹の最大の欠点です真柏盆栽にとっては一センチの直線もイヤミなのですジン用にシャリを彫ってありますがまだイマイチです食い付き程度に残すか曲げられるように細く削って半田ゴテで曲げるかもう少し考えてみますミーの名前を無暗に出さな...

  • 真柏 薪樹形構想

    ジンに三年生程の苗を埋め込んだ狸作りの真柏です捨てるにはモッタイナイと遊んでみましたがジンの立ち上がりが腐ってきましたジンを外し植え付け角度を検討して再出発させます途中図立ち上がりを右に倒して幹模様を強調しましたがまだ面白くありません差し枝を途中から下げ 半懸崖樹形にしてみました樹冠部下に後枝がなく幹模様がスッカスカですがまだ爪楊枝に毛の生えた程度の太さしかなく接ぎ木を掛ける事も出来ません将来的に...

  • 黒松 取り木を外す

    立ち上がり付近が面白くなくて昨年8月に取り木が掛けてありました発根は確認していましたが冬季保護が面倒なのでこの時期まで待ちました取り木効果で立ち上がりに太みが得られました シメシメこれ位の植え付け角度で作ります以下の二本も同時期に取り木を掛けてありました取り木外し後同取り木外し後立ち上がりの直近に小枝がありこの一本から十分なコケ順を持った模様木が作れます全て実生挿しで作ってきた苗ですが根張りについては...

  • 山モミジ 鉢上げ

    2020年秋の採り播き苗です何故だか黒松が二本生えています根上がり懸崖樹形を目指して曲を付けておきました立ち上がりの直近に新芽が吹いて欲しいものですがダメなら接ぐつもりです山モミジの用土を落として・・・僅かな曲のある苗を揃えて・・・模様木構想で左、右流れの4本と・・・根上がり懸崖構想と・・・アルミ板に穴を開けて寄せました一鉢で作った苗と・・・後日作った苗をカゴに纏めましたこの苗達は全て衣替え用の素材で...

  • 黒松 植え替え

    駄鉢で4年程肥培を掛けてありました後側には強い根張りがあり長方鉢には入りません丸鉢を準備して・・・根鉢を整理して・・・植え替え終了樹格から主木にはなりませんが右流れ真柏の受けとしては使えそうです...

  • 盆友の真柏 改作

    預かった時の樹姿個性的な立ち上がりを強調する為にチェック改作後の樹姿右からの強風に逆らいながらも成長した樹形です後方に流れた天ジンが後側に隠れましたが今回改作した樹芯部も針金が効いたら天ジンに改作した方がより厳しい樹形になります知らんけど!(笑)悪質にバナーを押す輩達に対抗するため盆栽の過去記事を削除する時にこの記事まで削除してしまいました未だに注目記事の9位にランキングされており見て居られない読者...

  • 真柏 整姿

    挿し木13年程の真柏です整姿後裏面ここの幹芸も捨て難い植え付け角度を変えなければイケマセンこの真柏はどちらを正面にしても使えますあなたならどっち側を正面にしますか?...

  • 赤松 新たな樹形構想

    昨秋 黒松の寄せ植えとしてヤフオクで入手していましたが葉性と新芽をチェックすると赤松のようです掛かっている針金を・・・全て外して・・・幹の隙間が出来ないように・・・結束バンドで絞り込みましたスッポリと抜いて・・・根鉢を整理して・・・輪郭線を切り揃えて植替え終了真柏、キンズ、唐楓、山モミジ、石化檜等を挿し木や実生からこんな構想で作っています一本の幹では作り得ない景色になります知らんけど!(笑)PS本日よ...

  • 盆友の真柏 初めての整姿 その3

    人為操作可能なインポイントには興味がないと再投稿時より表明して来ましたが度重なる悪意ある操作によって間もなく「ベストテン入り」しそうな勢いです連日の記事にはインポイントバナーを張っていませんが10日以上前の記事にアクセスしてまで押し続けているのです一人はPC回線、スマホ回線を使い20ポイントを付け一人は10ポイントと連日カウント計上しているようですあと数日で計210ポイントとなってしまいますこれでインポイン...

  • キンズ 発芽

    去年の11月初旬に採り播きしたキンズが発芽してきましたペットボトル内には陶片と小石を敷き詰めて根に自然な曲を付け根上がり懸崖樹形を目指しています左側だけのペットボトルに網を被せて上部にも針金では付け得ない自然な曲を付けます真上から被せてはイケマセン手前側から奥へ向けて被せて成長点を網目に入れない為です右側はもう暫く待ってから被せます今被せてしまっては網目に新芽の成長点が入り込んでしまいます被せた方も...

  • 盆友の真柏 初めての整姿 その2

    正面この樹の正面はここ以外ありませんがその他の難点が多過ぎる素材です裏面樹芯用の枝が右下で一回転して立ち上がり正面側へ伸びています真柏といえどもこんな曲は使えませんどんな樹形構想で曲を付けたのか意図不明です星印に回し接ぎを掛けて改作しますノコギリで切り込みを入れ名刀「菊正宗」で綺麗に削り直し・・・溝幅に合わせて小枝の形成層を出して・・・スッポリと嵌め込んで結束バンドで固定してこの後カットパスターで...

  • 盆友の真柏 初めての整姿 その1

    整姿前整姿後将来的に右最下枝は不要か!...

  • 真柏 衣替え構想

    居候の真柏です輪郭線を整えてみました白紙委任状付きで預かっているものの糸魚川性ではないので興味も湧かず当初の樹姿どおりに維持して来ました最下枝を持ち上げてみましたが棒立ちと芸のない最下枝の景色では面白くありません幹の両側に生き道を持った板幹状態ですがこっち側は超個性的なジンと曲がイマイチで面白くありません僅かに奥行が感じられます幹味を生かすべく傾けて植替えました未来予想図樹冠部と各役枝に糸魚川真柏...

  • 真柏 挿し木最古参樹の植え替え

    挿し木30年以上経った真柏です立ち上がりからの水吸いに合わせてシャリを彫り直し(矢印)後側の小枝もジンに改作して従来のシャリも広げておきました正面からは見え難い位置ですがこうして覗き込むと立ち上がりからの幹の流れが面白くなります以前の樹姿「春嘉」さんの三十郎の記念鉢に入っていました山秋の鉢からスッポリと抜いて・・・底根を処理して・・・窪みに用土を乗せスプレーで固定して・・・以前の鉢にそのまま植え替え...

  • 杉葉の出ない真柏 種木構想

    20年程前に樹冠部下の役枝を取り木したものですその後の樹形構想が失敗だったようで真面な樹にはなりませんでした樹の最上部のジンになっている小枝を180°移動させて幹上部に呼び接ぎを掛けて樹高を短縮させこの樹の全ての枝葉が作ってあり・・・二番目の役枝を取り木したのが今日の主題の樹ですこの時点で枝元はジンとなっています正山さんの鉢に入っていましたが我が家から卒業しました鉢は「山秋」の太鼓胴鋲打丸鉢です新品入手...

  • 真柏 寄せ植えの改作

    数年前に寄せた樹です双幹苗(左)に三本寄せてあります構想どおりにならなかったので放ったありました樹幹部のアップスッカスカで面白くありませんこの空間を埋めるには数十年掛かってしまいます2020年の挿し木苗を持って来ました以前の記事で「一本立ち出来ない!何ともならない!」と分けてあった苗達です前面の根張りに埋め込み用の溝(白)を掘り・・・二本の苗を仮に寄せてチェック左右の少し薄い茶色が苗の根です後方にも二...

  • 真柏 苗の選別

    昨日もアサイチの8時前にチェックすると既に二人が押していますこのまま行くと今後一週間でインポイントが140になります人為的操作可能なイン優先システムは欺瞞だ!との私の持論を決定的に証明してくれました  アリガト ネ恣意的に一週間以上も押し続けた事によりインポイント優先制度が根底から崩れた事を理解する能力も無さそうですでは本題です2020年の挿し木苗を二篭持って来ました約五十本ありますが使えそうな苗と寄せ植え用...

  • 真柏 寄せ植えの樹形構想

    インポイントの欺瞞を暴く昨日も8時30分前と10時前後に古いブログにアクセスして押した二人がいます二人はいつもこの時間帯で押していますがこの時間は普通なら通勤時間なり勤務時間帯です私と同じように暇を持て余したクソジジイかも知れませんね(笑)以降は前日のコピペです既に読まれた方はお手数をお掛けしますが「本題」ですからお入り下さい賢明な読者諸兄は既にお気づきの事と思いますが七日以降の記事にはバナーを張ってあ...

  • 真柏 新寄せ植え構想

    インポイントの欺瞞を暴く賢明な読者諸兄は既にお気づきの事と思いますが七日以降の記事にはバナーを張ってありせんでしたしかし相も変わらず嫌がらせのバナーを押すバカが居るのですバナーが張ってある七日以前の古い記事にアクセスしてまでですそこまでやるであろうことを予測してバナーは消しませんでしたまんまと私の戦術にハマったのです消すとすれば今までに投稿した記事のバナーを全て消さなければなりません毎日が日曜日の...

  • 真柏 衣替え構想の苗木

    非糸魚川性の苗を寄せてありましたこんな苗に水をやり続けても大した樹にならず価値が上がる可能性も皆無です数年前に小枝を捨てても良かったのですが挿して寄せれば記事が数本書けるんじゃねぇ!と無駄な水やりを続けてきました今年山モミジを寄せて立ち上がりを太らせ舞姫に衣替えした記事をアップしましたが あれと同じ衣替え構想です糸魚川真柏に衣替えしますただし即という訳にはいきませんまだ幹が癒着していませんから!未...

  • 真柏苗 整姿

    大した曲もない2020年の挿し木苗を寄せてありました鉢上げ時の曲はこれだけあれば充分で以後の手入れで駄木を脱出させられます手入れ終了同級生の苗に・・・幹なりに針金をかけ・・・盆栽の基本的な樹姿に成形終了この時点ではそれぞれの幹の癒着を促すように立ち上がりに強く掛けるだけで良いのですが分かりやすいように輪郭線を整えてみました癒着後に幹芸をより面白くするシャリを彫ればあと3~4年もすればミニ真柏の完成域です...

  • キンズ ヤケた幹の補修 その2

    こんな素材は諦めて捨てても良いのですがどうなるか分りもしないこんな手入れが楽しいのです(笑)手入れの邪魔になる上部の二本の小枝を移動させ・・・ルーターで溝を掘りましたが・・・ドリルの先端が直ぐに目詰まりしてしまいます仮止めしてチェック入口、出口の形成層を綺麗に削り直して・・・結束バンドで固定丸幹ではないので思い通りの位置を絞り込めません トホホカットパスタ―で保護して手入れ終了カットパスタ―程に盛り上が...

  • キンズ ヤケた幹の補修構想 その1

    一見問題の無さそうなキンズの素材ですが・・・幹のアップ幹模様の主要部にヤケが入ってしまいました裏面上部より去年の薪梢にヤケの外周に合わせた曲が付けてありましたヤケた幹に溝を掘って左右の形成層を合わせて小枝を埋め込みここを補修する構想です数本接いでキズを塞ぎたいのですが今回はこの一本だけを接ぎます去年の実生苗を抜いて接ぐにはチョット時期が早いのですこの素材には・・・去年 根の欲しい位置に三本の根が接...

  • 真柏寄せ植え 樹形構想

    曲が付けてあった2018年の挿し木苗を2021年春に寄せたものです役枝候補は既に充分あり困る事はありません結束バンドで要所を絞ってありましたが・・・立ち上がりの足元がスッカスカですこの隙間を埋めるために3本の十分に曲の付いた苗木を寄せます鉢からスッポリと抜いて・・・結束バンドを外し・・・この苗を・・・右下の根張り用と幹骨用に寄せます裏面から今回寄せた三本の苗と立ち上がり癒着用にラフィアで保護して結束バンド...

  • マユミ苗 植え替え

    我が家のマユミを全て集めて来ました主に挿し木5年生程のマユミ軍団です「ミニ盆栽」になりそうな苗の植え付け角度を検討します正面位置の変更やカメラアングルを変えればもっと良い正面が見つかるかも知れませんが!この苗の欠点を修正します上部の間延びがイケマセンラフィアで保護してアルミ線を掛け・・・この立ち上がり位置を正面と仮定して欠点が分かりますか?右端樹冠部が立ち上がりの前へ出過ぎていますこれでは将来必ず...

  • 真柏 完成域の樹の改作構想

    インポイントバナーを押す目的での閲覧を禁止します昨日 上記のように書いあってもバナーを押した馬鹿者を三人炙り出しましたここ数日間順調に下がり続けていた順位が一気に上がっています今朝の時点で13位ですこの近くのインポイント順位者にはご迷惑をお掛けしていますがインポイントなんて所詮はこの程度の馬鹿者達によってどうにでもなる無意味なシステムなのです今までは普通の閲覧者には見つからないであろう隠しバナーとし...

  • 黒松、赤松の植え替え

    実生挿しから作ってきた黒松です一丁前にも壹興さんの鉢に入っています壱興朱泥外縁隅入雲脚長方鉢   95㎜×78㎜×40mm立ち上がり上部を一回転捻ってあり幹肌もそれなりに荒れて来ました確かな記録も記憶もありませんが20年以上経っている筈です盆栽園で素材を入手したものです赤松のこんな樹形は展示会には使い難いものです詳細は書きませんがベテランの皆さんならウンウンと頷いて頂けると思いますこれも壹興さんの鉢です壱興紫...

  • 青葛藤 鉢上げ その2

    長老と山採り直後にこの鉢へ根伏せした苗達です昨日花壇から鉢上げした苗と同じ時間が経過していますが全然成長した気配も感じられません使えそうな素材もありますが他は何ともなりません トホホツルが爪楊枝に毛の生えた程度の太さの苗だけを選んで・・・・ラフィアだけで縛って曲を付けて・・・前日掘った花壇の隅に・・・根に更に曲が付くように押さえ込んで・・・根鉢を崩した時に出た残土を被せますここで根だけを太らせるため...

  • 青葛藤 鉢上げ

    ここ掘れ! ワンワン!花壇の隅に三年前に長老と山取りした青葛藤を根伏せして肥培してあり上部は年末に刈り取ってありました細かった根にラフィアだけを巻いて曲付けしてあったものと思われます自然な曲が付いていますがまだイマイチです根を折らないように畳み込んで根芸を増やし・・・ラフィアで緩く縛りましたが・・・矢印の切り痕がイケマセン綺麗に削ってカットパスタ―で保護この苗の・・・下側にあった細根ですラフィアで保...

  • 盆友の真柏 整姿 Ⅲ

    この真柏も「美芸」のクギ彫り鉢に入れて返してありました残念ながら裏面にカケがありますこれさえなければそれなりの価値がある鉢なのに!トホホ鉢映りの参考程度にして欲しいとの考えからですジンの直線部分がイケマセン真柏の盆栽にはジンといえども一センチの直線も嫌味なのです先日と同じように「アルミホイール蒸し」の準備です安全第一として銅線を二重に巻きました詳細は前回紹介済みなので省略しますジンの付け根にもう一捻...

  • 盆友の真柏 整姿 Ⅱ

    整姿前のチェックジャストサイズの泥珠の鉢に入れて返してありました朱泥の鉢に入れて返したかったのですが合うサイズがありませんでしたない袖は振れないのです トホホ写真のように左の最下枝と前枝を外して立ち上がりの幹芸をスッキリ見せたいものです左枝と前枝にシャリを入れ左下のジンに繋がるように幹にもシャリを彫りましたその左下のジンですがこのままでは面白くありません半田ゴテで熱して基部を移動させましたが先端部分...

  • 盆友の真柏  整姿 Ⅰ

    岡崎「春風会」さんの去年最後の勉強会へ遊びに行き帰りに盆友の真柏を数本預かって来ました 2021/3 に整姿して返してあった樹です全く手入れが行き届いていません!輪郭線が乱れ シャリが水垢で汚れて水やり時の強い水圧で表土が飛び散ってしまっています先ずは汚れたシャリをブラシで洗い数本の針金を足して輪郭線を整えて石灰硫黄合剤の原液を塗って化粧終了化粧用の細粒赤玉土に富士砂を混ぜて表土も化粧再度 輪郭線を整えて・...

  • 老爺柿 植え替え

    五年程前に根伏せで作った素材で数年以内には実成が見られそうです近隣の老爺柿愛好会の即売品でとても盆栽とは言えないような樹姿でしたが僅かに出た立ち上がり下の曲を見つけて用土下には面白い景色があるだろう!と賭けたのですたったのワンコインでした! 賭けたにしてはショボ過ぎますが(笑)英明さんの素焼き鉢をまわしして・・・「まわしをした」からと言っても相撲を取る訳ではありませんでしたネ以前にも書いたので省略し...

  • 黒松 接ぎ木その2

    立ち上がりの一曲を強調させるためにザルの縁から絞り込んでありましたこの小枝で作るには幹に芸もなく 遠すぎて面白くありませんこんな立ち上がり角度で作る事にして一曲目の直近の星印に接ぎ木をかけます徒長枝先端の芽を接ぎます高接ぎは同じ木の枝を継がなくてはイケマセン遠い将来の幹荒れを合わせる為に!尚 根の直近に接ぐ場合は  幹の荒れ、葉性共に優れた接ぎ穂を選ぶべきですチャック付きビニール袋の角を切って継ぐ穂...

  • 黒松 接ぎ木

    実生四年程の苗木で矢印の小枝を樹芯にしてミニ黒松を作る構想ですこの枝は右に返してここに一曲作りますこの枝の上部にも二本の樹芯候補の小枝がありますが丸印の幹模様がイケマセンこんなコケ順のないまま作っては将来必ず嫌味になります裏面残念ながら星印に後枝がありませんがないものは作れば良いのです徒長枝中間部の枝を切り取って・・・インシュロックで固定して接ぎ木終了カットパスタ―で防水処理後その上に念の為ペース...

  • 真柏 呼び接ぎ その2

    この真柏も杉葉だらけで葉性も良くないので接いで改作したいと勉強会へ・・・葉性の良さそうな去年の挿し木を抜いて・・・こんな樹形構想で接ぎます少し左へ傾けて立ち上がりの流れを強調しますノコギリで切れ目を入れ よく切れるナイフで側面の形成層を綺麗に削り直します溝のサイズに合わせて小枝の形成層を削りますピッタリと嵌め込み・・・防水処理終了左側は将来はジンになる小枝ですがこのまま太らせては曲も芸もないバカジ...

  • 真柏 二本を呼び接ぐ

    二月二十日の岡崎春風会の勉強会に呼び接いで改作したいと持って来られた真柏です赤矢印の小枝を樹芯部に立て替えて改作もアリかと思ったのですが・・・チョッキン・・・杉葉だらけですが葉性も良くないとの事です不要な枝を外してチェックすると星印に二本接げば何とかなりそうです棚を探すとこの苗が使えそうで・・・手前の小枝を樹芯部に接いで 奥の小枝を左最下枝用に接ぎます幹に4mm程の溝を彫って・・・接ぐ小枝の幅を調整...

  • 唐楓 根接ぎ二本

    去年の春に三本の根を継いでありました呼び接ぎで樹冠部の小枝を継ごうと思っていた最適な位置に新芽が吹いて来ましたこれは盆栽の神様の思し召しに違いありません!三本の実生苗を準備して通し接ぎ終了出口側の三本(星印)カットパスターで防水処理後にペースト状の癒合剤を塗って完全防水植え替え終了チビのくせに座のシッカリした盆栽が作れそうな「効き目の匂い」がしています シメシメ樹冠部の枝が呼び接いであった素材ですが右...

  • 唐楓 呼び接ぎと植替え

    一見 問題ないように見えますが・・・後枝が一切ありませんないものは作れば良いのです両方を鉢から抜いて根張りの高さをチェック上からノコギリで切れ目を入れてナイフで綺麗に広げ・・・小枝の形成層を削いで太さを調整します雑木はそのまま嵌め込めばいいのですが溝を広げて調整するよりも小枝を削った方が楽なのです(笑)面一になるように嵌め込んで・・・木片で小枝を保護して結束バンドで締め付けますカットパスタ―の上にトッ...

  • 寄せ植え山モミジ リカバリー

    去年の実生苗です実際には一昨年秋に採り播きしたものです実生、挿し木が発芽、発根しただけで満足して喜んでいる愛好家も多いのではないでしょうか!最低でも立ち上がりに一曲付けておくべきです初期の手入れを怠って駄木街道をまっしぐらに驀進させてはイケマセン床柱でも作るつもりならそれでも良いが(笑)2019年に5~6本寄せた苗ですが2本枯れてしまいましたこの隙間を苗で埋めます実生苗から適切な2本を選んでラフィアを丁寧...

  • 唐楓 植え替えと・・・

    今年の植え替えはこの唐楓から始めます鉢から抜いて確認すると矢印の部分に根がありませんよくよくチェックするとこの部分が枯れています実生苗を通し接いで根張りを矯正します穴を開ける角度を間違えたので赤矢印の直根は使えなくなり白矢印の二本を使う事になります使う分だけザルに適当に配合して軽く振って微塵を抜きます雑木と松柏では配合する砂を違えており作り溜めておく訳にはいかず更には再度微塵を抜かなければならず二...

  • ヤフオク真柏 呼び接ぎ構想の変更

    休止前に投稿した真柏の宿題を片付けてブログ再開の記事とします出品者の樹形構想がイマイチで応札が増えず思った以上に安く落ちた真柏です表裏変更して整姿しましたが間延びしてしまった枝ばかりです枝奥に新芽を吹かせ それが充実するのを待つか役枝数本の枝元に接ぎ木を掛けて追い込むか悩みましたが幹に小枝を呼び接いで全てを追い込んだ方が早い!と判断しましたこれで樹高は三分の一程追い込めます知らんけど!(笑)白星付近...

  • 盆栽用土の準備

    花芽の膨らみかけた雪柳が・・・朝からの強い風に吹かれて揺れています真冬には毎日交換しなければいけなかったメジロ用のみかんも近頃は数日間持つようになりました新しい餌場を見つけたのかもしれませんねもう一方の餌場に来てくれたメジロ絶えず周囲を警戒しながら可愛いく食べていますが近くの梅林公園が満開になる頃には一切姿を見せてくれなくなり寂しくなります来週から植え替えを始めるつもりで用土の準備を始めました鉢底...

  • 盆友の真柏 ジン、シャリ構想その2

    前回の構想のように幹と右枝にシャリを彫りましただらしなく垂れ下がっていた右最下枝をナットを二個接着した「特製ボルト式拡張調整器」で上部へ押し上げておきました既製品で隙間を広げるような物を探したがなくない物は自分で作るしかありませんターンバックルの両端がかぎ状のフックではなくて回転可能な台座が付いていれば押し広げられるのですが彫ったシャリをアップで急いで石灰硫黄合剤の原液を塗ってはイケマセン枯れる可...

  • 真柏 呼び接ぎ構想

    出品者の樹形構想が甘く他に応札者もなく安過ぎる値段で落札した真柏ですこの立ち上がりの景色で完成させれば十倍近く価値が上がるかも知れません貴方の棚場にも一本や二本あるかも?一度樹形構想を見直してみては如何ですか(笑) 表裏を変えて整姿してありましたが左右の役枝候補が間延びしてしまっています樹勢が強い樹冠部には追い込める芽が吹きましたがこの枝達には一切吹いておらず追い込むには時間が掛かり過ぎます接ぎ木で...

  • 野鳥

    「翼」左に逃げる三匹の魚の痕跡が見えます「捕食」野生の逞しさが感じられれます「ひかりの中で」二条の逆光が面白い景色になっています「獲ったどぉ~」大きな獲物を頭から飲み込む為に数回咥え直します落とした時すぐに拾えるように干潟まで急ぐ足元が軽やかに写っていますあり得ませんがカモに自慢げに話しかけているようです(笑)「ジャンプ」目の前の獲物を飛びながら追いかけています余りにも動き過ぎて 魚達にもバレバレで...

  • 黒松 手入れ

    チョンマゲ黒松の4年生程ですアップで周囲に五枚程度残し中心の一芽だけ残して手入れ終了棚にある十鉢程手入れしました「強きをくじき弱きを助ける事」で日陰になっていた立ち上がりの小さな芽に日光が充分に当たり樹勢を揃える事が出来ますバァ~カめ!ブログなんぞ書く暇があるなら後ろに隠した苗も手入れ致すがよい!(´・_・`)トホホご尤もです 盆栽の神様PSみさきさんのブログ「なぜ?誰か説明お願い」への答えコメント欄へは舌足ら...

  • 野鳥 カワセミ 海に飛び込む⁉

    この日の海岸線にはアオサギが居ませんでした諦めて帰り支度をしていると甲高い鳴き声を上げながら目前を飛び去り小さな堤防の端に止まりましたまさかここで飛び込むとは思わず最初の飛び込みは目視だけでした飛び込むであろう水面にピントを合わせて待っていると予想通りの場所に飛び込んでくれましたクチバシには小さな獲物を咥えています水面に突入した瞬間これも小さな獲物を咥えています数回飛び込みを繰り返した後で何処かへ...

  • キンズ 冬支度

    キンズの定位置の置き場所です隣家への散水飛散防止用の波板と雨水がかからないようにハウスの半分だけにビニールが張ってありますキンズに過湿は禁物なのです簡易ビニールハウスを組み立てリハーサルとして置いてみました下段は今春 発芽した実生苗です用土にはそれなりの小細工がしてあり来春には相当数の根上がり樹形が作れます この冬は寒くなるとの長期予報が出ています一度 寒さに当ててから寒風除けのビニールを掛けますそ...

  • 八房杜松 整姿

    まだ小指以下の太さですが挿してから10年近く経っている筈でブログ初登場の樹です曲付けはしてありますが基本的な手入れを怠っていたので全ての枝が間延びしており本格的な整姿はほぼ初めてだと思います反対側こっち側で作れない事もありませんが樹冠部が反対側に被さっています右一の枝を決めます下側の枝は懐枝も少なく 間延びしてしまっていますチョッキン針金を掛け渡す程度に残して整姿しました左枝と樹芯部用の幹に掛け渡し...

  • 野鳥

    「ゲット?」クチバシに獲物らしきものが写っていますがこの先の写真をチェックしたらゲットしていませんでした本格的な秋になり 獲物の小魚達も大きくなってきました春先のように簡単には捕れないようです成功率は三~四割程度ではないでしょうか?...

  • 黒松 取り木色々

    徒長枝部分に掛けた取り木が(8/7)発根していましたチョッキン植え替え終了徒長枝部分は来年以降も走らせて立ち上がり付近の小枝で作る構想です本体のアップA案小枝を全て使う構想・キズは裏面になり目立たない・幹骨の景色は面白いものの左枝の位置が悪い・後枝候補の芽が無いB案立ち上がり直近の矢印の小枝だけで作る構想・根張りからの幹芸が面白い・十分なコケ順が得られる・役枝はこの一芽からどうにでも作れる・大きなキズ...

  • 野鳥

    「九死に一生」アオサギの捕食中に現れる翼と影がエックス状になる写真を狙っていましたモノトーン画面の中で水中から飛び出すボラが広げた翼と水中の首の間の最適な位置に写っています今回の撮影行の最高傑作の一瞬でした!これがコンマ数秒前の狙って撮った写真ですもう少し水面が穏やかだったら!と悔やまれます...

  • 野鳥

    「飛び立つ」...

  • 真柏苗 整姿

    こんな苗が出てきました他の苗達と太さを比べてみると2018年の挿し木のようです正面用の立ち上がりの景色をチェックしますここの景色が一番良さそうです立ち上がりの芸が一番広く見える位置ですここを正面にして整姿していきます左最下枝と斜め左枝候補のトンネルにアルミ線を通して整姿終了次は樹芯部と右枝を整姿します右枝を下げ樹芯部の幹を捻りながら曲を入れて将来の役枝を周囲に配ります真柏の小枝は扁平状態で出ています単...

  • 野鳥 カワセミ飛び込む

    我が家から200m程離れた小さな池でシラサギがエビを捕食していましたこのシラサギにピントを合わせていたら突然 手前の水面に何かが落ちて来ましたカワセミの飛び込みに反応して即シャッターを切りましたが写真中央左にピンボケのカワセミが写っているだけでした トホホ餌を横取りされたシラサギの表情が恨めしそうに見えるのは私だけでしょうか?アンタァ ナニ スンノ と(笑)同日 他の池で撮ったカワセミバァ~カめ!ピンボケの写...

  • 寄せ植え山モミジ 衣替え構想

    先日の苗達と同じように実生苗を4~5年前に寄せて作りました立ち上がり付近は完全に癒着していますコケ順を作り易いのが利点です立ち上がりのアップ正面からは目立たないように側面と裏面の寄せた幹を切り取った跡です来年 一年間上部の犠牲枝を走らせれば完全に巻きます知らんけど!(笑)同級生の苗ですアップで樹芯部用と右役枝用の小枝が立ち上がりの直近から出ていて樹芯用の節間は短く止まっていますこのままでも山モミジの小...

  • 野鳥

    「目と目」二つの目が「生と死の狭間」を見つめています上下に二分割された画面がそれを象徴しているのかのようです...

  • 山モミジ 寄せ植え経過報告 Ⅱ

    この苗は結束バンドで要所だけ絞り込んでありますアップで外してチェック幹部分の癒着はイマイチでこれでは使い物になりません再度ラフィアを巻いて100均の結束バンドを惜しげもなく無駄に使ってしまいましたネイティブな名古屋弁に翻訳すると「だだくさに使ってまったがね」です(笑)この苗は十分な曲が付いているので針金は不要です将来の植え付け角度構想このままでも使えそうですが滑らかな幹肌が欲しいものですラフィアを幹肌...

  • 野鳥

    「夕陽を浴びて」...

  • 山モミジ 寄せ植え経過報告 Ⅰ

    2019年の実生苗を2020年に寄せてありましたごく普通のヤワな寄せ植えではありません数本を癒着させて立ち上がりの一曲を太らせる魂胆です矢印の苗が一本枯れていますラフィアを外すと根元まで枯れていました反対側より来春早々に今年の実生苗二本をこの隙間に足して調整します葉刈りして今年の手入れは終了ですこの苗は異常なく感じていましたが樹芯候補用に曲げてあった苗が一本枯れていました写真では分かりませんが白い点線部分...

  • 野鳥

    「秋のみなも」モミジやカエデ等の紅葉する木の少ない池ですがそれでも秋の気配は感じられますここで羽ばたいてくれたなら面白い写真になりそうです否 この水面の色は波によって消えるか?次回の撮影行の課題の一つが見つかりました...

ブログリーダー」を活用して、盆人28号さんをフォローしませんか?

ハンドル名
盆人28号さん
ブログタイトル
盆栽備忘録 PartⅣ
フォロー
盆栽備忘録 PartⅣ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用