searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

むらき_まるとんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自部屋の音楽
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/malton07/
ブログ紹介文
東大大学院で心理学を学んだ「むらき_まるとん」が、幅広く音楽について発信していきます。人間椅子・エレファントカシマシの投稿が多め。音楽の聴き方についても考察しています。
更新頻度(1年)

8回 / 9日(平均6.2回/週)

ブログ村参加:2020/03/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、むらき_まるとんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
むらき_まるとんさん
ブログタイトル
自部屋の音楽
更新頻度
8回 / 9日(平均6.2回/週)
読者になる
自部屋の音楽

むらき_まるとんさんの新着記事

1件〜30件

  • ついに今年復活記念!マニア心をくすぐる聖飢魔Ⅱのダミアン浜田陛下作曲大教典のすすめ

    出典:聖飢魔Ⅱ公式WEBサイトついに聖飢魔Ⅱが地球デビュー35年を記念して、期間限定再集結をすることがアナウンスされた。僕自身は本活動中は生まれる前~小学生であったため、一度もミサには行っていない。2010年および2015年の期間限定再集結のミサには参加すること

  • 「無観客ライブ」について② - 「無観客ライブ」は誰を、そして何を救うのか?

    「無観客ライブ」なる言葉は、平常時のライブが行われている時の配信番組であれば使われない表現だ。わざわざ「無観客ライブ」と言うからには、それ自体での収益はそこまで期待しておらず、アーティストの宣伝になるためのものとしての配信番組とは異なるニュアンスを持って

  • 「無観客ライブ」について① - 「帰ってきた人間椅子倶楽部vol.9」の振り返り

    この投稿をInstagramで見る #人間椅子倶楽部 生配信ありがとうございました!またライブハウスで会いましょう! #ningenisu #youtubelive #生配信お疲れ様でした #高円寺showboat #無観客ライブ生配信 #人間椅子 NINGEN ISU/人間椅子(@ningen_isu)がシェ

  • 活動31年目の人間椅子、初の海外進出への道のりとなぜ今海外進出できたのか?

    出典:Barks - 人間椅子、初の海外ワンマンツアー完遂「異国の地で大合唱が起こるなんて」人間椅子の快進撃は止まらない。今年で活動31年目であり、それだけ休止もなく続いていることだけでも凄いことだが、ここ10年ぐらいの間ずっと右肩上がりの状態であることは本当に

  • 解散、そして再結成したジャパハリネット。「RE:BEST」発売記念「無観客だよ!全員集合!」のYouTubeライブ配信を見て感じたこと。

    ・ジャパハリネットについて出典:ジャパハリネット 20周年Memorial yearプロジェクトジャパハリネットは1999年に松山大学のバンドサークルのメンバーを中心に結成。インディーズ時代より四国地方で人気があり、2004年の「哀愁交差点」でメジャーデビュー。インディー

  • ライブ盤は好き?嫌い?どちらの人にもおすすめしたいライブ盤(南佳孝『All My Best』)

    皆さんはライブ盤を聴くのが好きだろうか?それともあまり聴かないだろうか?ライブ盤を聴くかどうか、で2つの派に分かれるように思う。ちなみに僕はライブ盤はあまり聴かない派の人だ。その一番の理由は、どうしても演奏の揺れのようなものが気になってしまうからだ

  • 異色のハードロックバンド「GHOST」のアルバム4枚レビュー

    本日紹介したいのはスウェーデンのハードロックバンド、「GHOST」である。かなり個性的な見た目だが、音楽はハードロック。いや、ハードロックに収まらない様々なジャンルをサタニックなハードロックとして昇華している珍しいバンドで、大変に気に入っている。まずはGHOS

  • 音楽ブログを書く際に意識したいこと

    ブログを再開してから2週間が経った。Twitterを通じて読みに来てくださる方、ありがとうございます。ぜひ今後ともお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。↓ 筆者とこのブログの紹介についてはこちらをお読みいただきたい。さて記事を書く以上、アクセス数は

  • 筆者「むらき_まるとん」とブログ「自部屋の音楽」について

    今回は、・ブログの筆者はどういう人なのか。・このブログは何を発信していくのか。の2点について、しっかりと自己紹介をする記事としたい。・筆者「むらき_まるとん」について既に以前の記事でも、少し書いているが、1988年(昭和63年)生まれの男性である。音

  • 「名盤」とは結局どんなアルバムを言うのか?

    以前より音楽のアルバムにこだわった記事を書いている。アルバムのレビュー等では頻繁に「名盤」という言葉が使われる。いったいこの名盤と呼ばれるアルバムはどんなアルバムを指しているのか、とふと思った。なぜそれが気になるのかと言うと、レビューに「名盤」と

  • ブログ名「自部屋の音楽」の由来と僕にとってのエレファントカシマシ

    「自部屋」とはあまり聞きなれない言い回しである。しかしあるバンドのファンであれば、すぐにこれのことだ、というのがわかる。そう、エレファントカシマシの歌詞の中にその一節は出てくる。その曲とは1989年の3作目『浮世の夢』に収録されている『「序曲」夢のちま

  • 意外と名作揃いの演歌コンセプトアルバム紹介

    以前の記事で、僕がアルバムを単位として音楽を聴くことにこだわっていることは述べた。特にアルバム単位で聴くことを前提にしたアルバムを、コンセプトアルバムと言ったりする。一貫したテーマの曲が並んでいたり、組曲になっていたり、いろいろな形態があるが、

  • 【2020.3.20更新】人間椅子のギター耳コピのススメ

    この記事はギター歴・檀家歴ともに約20年の筆者むらき_まるとんが、これまでギターを耳コピしてきた人間椅子の楽曲について、・耳コピの難易度・耳コピおすすめ度・耳コピした感想などをまとめたものである。人間椅子の楽曲は実にリフもソロも練られている。

  • 2020年のおすすめアルバム(LUCIFER - LUCIFER III)

    とても良いアルバムが届いた。「LUCIFER」と言うバンドの新作である。「まるでショッキングブルーがブラックサバスの曲を演奏しているようだ。」僕はこのアルバムを聴いて真っ先にそう思った。とても素晴らしい内容で、70年代ハードロックファン、サ

  • 私たちが今突きつけられていること

    とてもスピリチュアルなものを含んだ話になる。私たちが今このタイミングで突きつけられていることは何か。それは私たちがそれぞれ持っている心の本性は何かと言うことだと思う。今の状況がどうして起こったのかはわからない。ただこの状況を受けて、あなたが怒っている

カテゴリー一覧
商用