chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
shirocan
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/03/04

1件〜100件

  • 頑張りすぎに注意する

    頑張りすぎは要注意。どうしても頑張らなければならないときもあり得ますが。長期視点を忘れず、息切れには注意したいものです。

  • 計画を立てる?

    計画を立てることは大切ですが。計画倒れも意味がない。計画を立てることそれ自体には意味はない。立てるからには、計画の中身を精査したいものです。

  • 走り続けることの難しさ

    何をするのでも。休息無しに走り続けることは不可能。適度に休息を挟みながら、自分を追い込みすぎず、長期目線で進めたいものです。

  • 健康とゆとり

    健康第一。カラダのゆとりがココロのゆとりにつながり、より健康的で充実した日々を過ごせる。自分なりのゆとり創出方法を模索したいものです。

  • 行動と不安

    モノにもよりますが。新しいことにチャレンジすると、うまく行かなかったり、想定していた通りに行かないことも多い。行動には不安がつきもの。どう折り合うかがカギになりそうです。

  • 内なる声に耳を傾ける

    やりたいことがない、なりたい姿を思い描けない。よくあることですが。その答えは自分の中にある。そんなこともよく言われます。内なる声に耳を傾け、自分に正直に行動したいものです。

  • 専門家を目指すのか?

    ゼネラリストかスペシャリストか。終身雇用や年功序列の崩壊、個の技量がより重視される現代においては、どちらを選ぶべきなのか。自身の特性も考えつつ選択したいものです。

  • 両極端を知る

    自分に合う形や塩梅はなかなか見つからないもの。もっとも、両極端を知ることでその塩梅は何となく見えてくることも多い。まずは徹底してやり込み、自分にとってちょうどよい塩梅を見つけたいものです。

  • 焦りは禁物

    新しいことに挑戦し、何らかの成果を上げたい場合、焦りはやはり禁物です。焦るあまり自分のペースを乱したり目標を見失っては元も子もない。長い目で見たいものです。

  • 知っていること、知らないこと

    食わず嫌いなのか。勉強をせず、知ろうとせず、何となく距離を置き、新しいことやモノに飛びつかないままでいることも多い。重い腰を上げて一歩踏み出してみたいものです。

  • 自分ができることに集中する

    自分ができることに集中する。自身がコントロールできることに集中する。難しいことですが。人生をより豊かにし、平穏に生きるためには、必要な要素なのかもしれません。

  • いまできることをコツコツ淡々と

    コツコツ淡々と。いまできることをやり続けるしか、成長のためにできることはありません。周りの目を気にせず、自分のペースで。自分のなりたい姿に少しでも近づくために進んでいきたいものです。

  • 居心地の良さ

    日々のストレスを減らし、自分らしく主体的に生きていくためには、自身にとって居心地の良い環境をつくることは欠かせません。環境づくりにも、主体性が求められそうです。

  • 安定と、手放すこと

    個人で動いていると、はじめのうちは不安定。波に乗ってくれば、安定してくる。もっとも、ここからが難しく。安定をいかに手放すか。ここがカギになりそうです。

  • 積極的な休息

    世の中的なカレンダーで動いていない個人事業主やフリーランスの場合。休み方はとても重要ですよね。積極的な休息は、業務の効率化、持続可能性のために不可欠かもしれません。

  • 価値観

    社会の一員として生きていくためには、合わせること、時に自分を捨てることも必要かもしれませんが。自分が価値あると思うもの、自身の価値観は大切に守りたいものです。

  • ブログ 思考の整理

    忙しない毎日のなかでは。思考の整理、自分と向き合う時間は不可欠です。自分と向き合い自分と対話する。そんな時間を積極的につくりたいものです。

  • 学校で習うこと、習わないこと

    学校で習うことはごくわずか。社会に出ても、学びは続きます。その時の自分が学びたいことに集中し、よき学びを繰り返していきたいものです。

  • 小さな一歩の積み重ね

    小さな一歩の積み重ね。これが大切なのは言うまでもありません。気づいたら思いがけず遠くまで行けていた。そんな体験をしたいものです。

  • 継続と思考停止

    成果を上げるためには一定期間の継続が不可欠ですが。思考停止状態での継続は、意味がない。考え行動し、また考え行動する。思考行動の短距離走を繰り返したいものです。

  • 他人のため、自分のため

    他人のために頑張る、働く。これだけでは真に長続きはしなさそうです。自分を思いやり自分を大切に、時に我儘に。自分のためという部分も忘れないことが大切なのかもしれません。

  • 時間

    人はいつ死ぬかわからず、時間は有限。当たり前すぎて意識できないことも多い。「そこ」に意識を向けることで、何をすべきかがクリアになるのかもしれません。

  • 集中できる環境

    集中して作業をしたい、勉強をしたい。意志の力のみに頼るのではなく、自分にとってベターないしベストな環境に移動することが大切ですよね。環境づくり。意識したいものです。

  • 考えるよりも、まずは手を動かす

    賢い人ほど考えることを重視し、なかなか動き出せない。そんなことも多そうです。動きながら考えることで、より良い結果や成果が生まれることもありそうです。

  • 得意分野で勝負する

    得意分野で勝負する。誰にでも得意不得意はあり、無理に不得意分野で勝負する必要はありません。得意分野を増やすことも重要ですが、いまある得意に着目し、自分の土俵で戦いたいものです。

  • 副業の可能性

    副業をやることには、メリットデメリットの双方があり得ますが。やはりメリットも多い。自身の適性を判断しつつも、副業を通じて人生の選択肢を広げていきたいものです。

  • 自己肯定感を高める

    自己肯定感が高い人の方が、うまく行きやすい。これは真でないでしょうか。小さな成功体験を積み上げ、自分自身に自信という栄養を与えていきたいものです。

  • やめることを決める

    忙しい日々の中で、新しいことを始めることは想像以上に大変です。新しいことを始める前提として、何かを捨てることが必要です。何を捨てるか、まずは考えたいものです。

  • 努力する場所

    同じ努力をするのであれば、成果や結果が出やすい場所で努力すべき。自分の適性や時代の流れ、環境を見ながら。勝負できそうなところで勝負したいものです。

  • 繰り返し

    理解のスピードは人それぞれ。繰り返し、繰り返し。とにかく繰り返すことで、理解のスピードの遅れを取り戻しつつ、同時に理解のスピードを上げることができますね。

  • 1つのことを極める?

    1つのことを極める。やり切る。結果はともあれ、やり切ったという経験は次への糧になります。好きなこと、興味のあることがあれば、まずはコミットしてみたいものです。

  • 好きなことを仕事にする?

    好きなことを仕事にすると大変。そんなことも聞きますが。好きだからこそ熱中でき、成果も出しやすい。であれば、好きを仕事にすることに一定の合理性はありそうです。

  • 続けることと、やめること

    続けることとやめること。相反する概念ですが。何かを続けるためには、何かを捨てることが前提として必要です。捨てることも怠らず、続けるべきことに注力していきたいものです。

  • 自分軸

    自分軸を持っている人は強い。一朝一夕に出来上がるものではありませんが。さまざま体験や経験を通じて培われるもの。自分軸を明確にし、それに沿って動いていきたいものです。

  • 自己投資

    自己投資。さまざまな意味合いで使われ、方法もさまざまですが。自分への投資は効率がよく、自身を大きく成長させることができます。何に、自分という資本を投資するか。真剣に考えたいものです。

  • ゲーム感覚で、成長する

    ゲーム感覚で成長する。これが理想です。他人と較べるもよし。昨日の自分と較べるもよし。楽しみながら、成長していきたいものです。

  • 理解のスピード

    何かを学ぶ際の理解のスピードは、個々で異なります。時に、理解が進まず嫌になることもありますが。自分の理解スピードをよく理解し、自分のペースで進めることが大切ですね。

  • 手放すこと

    新しいことを始める場合。問題となりうるのは、時間や余白がないこと。まずは現状をしっかりと把握し、無駄なものを省く、積極的に手放す。何かに挑戦する第一歩は捨てることなのかもしれません。

  • 壁やハードルの乗り越え方

    転んで初めて起き上がり方がわかるように。多くの壁やハードルに出くわす、そしてそれを越えようと試みる。越え方のコツをつかむには、複数回の試みが不可欠ですね。

  • 安定と挑戦

    安定と挑戦。相反する概念のようにも思われますが。安定があってこそ挑戦できる。安定を基礎に、その上に挑戦を積み上げる。そんな形態もありですね。

  • 競争をしないこと

    競争。競い争うことで、より成長するという面もありますが。心の平穏や心地よさ、幸福度を上げるという視点では、競争は逆効果。競争をあえてしないという選択肢も有りですね。

  • 経験値

    経験値を上げる。経験を積むことで、コツを掴んだり、上達しやすくなったりしますが。むやみに行動を繰り返すだけでは意味がない。理解し納得し行動する。その結果初めて意味のある経験が蓄えられる。

  • 自分にしかできないこと

    自分にしかできないこと、自分だからこそできること。これを突き詰めることが大切ですよね。周りと違うことを恐れず、周りとの違いに目を向け、自分がやるべきことに集中したいものです。

  • 完璧を目指さない

    完璧を目指す。聞こえはとても良いですが。新しいことを始める場合、壁やハードルは避けられません。うまく行っている、うまくやっている人を参考にしながらも。自分のペースでコツコツと進めて行きたいですね。

  • 学ぶ対象を、いかに選択するか

    社会人、大人の学び直しが、少し前から流行っていますが。何を学べばよいのか、悩む場合も多い。将来性や、自己の興味関心に基づき、都度選択していきたいものです。

  • 自己実現 ゆとり

    やりたいことがある、なりたい姿がある、しかし、時間やゆとりがない。自己実現をするためには、まずは時間やゆとりが不可欠。無駄なモノ、コトを積極的に排除し、まずは日々の生活にスキマを創りたいものです。

  • コツを掴む

    コツを掴むと何ごともスムーズに進むようになりますが。コツを掴むまでが大変。はじめから質にこだわるのではなく、はじめから質を追求することは諦め量で勝負することが必要なのかもしれません。

  • 他人との比較に意味はあるのか

    他人との比較。生きている以上避けられなかったり、それが重荷になることもある。そもそも他人との比較に意味はあるのか。考えてみる価値はありそうです。

  • 自分の頭でよく考える

    面倒で疲れることもありますが。自分の頭でよく考える。1つの物事を多角的に見ようとし考えてみる。この積み重ねでより納得感のある、主体的な生き方が可能になるのかもしれません。

  • モチベーション 選択

    なりたい姿を明確にイメージしコツコツ努力することも有りですが。他方、なりたくない姿にならないように努力するという方向性もあり得ます。モチベーション維持のために、うまく使い分けていきたいものです。

  • 動きながら、考える

    慎重なタイプの人ほど。頭でっかちになり動けないことも多い。入念な準備や用意周到さはもちろん大切な観点ですが。他方でまず動いてみること、動き出してみること。この意識を持つこともまた、重要そうです。

  • 知っているだけでは意味がない

    勉強をし新しいことを知る。とても意味がありポジティブなことですが。知っているだけでは意味がない。知ったうえで、やってみる。これをどれだけ繰り返せるかですね。

  • 試行錯誤

    自分なりのやり方を見つけた人は強い。見つかるまでの道のりは、試行錯誤の連続。長く険しい道かもしれませんが。その過程で身に付けたものの価値はとても高いですね。

  • 自己流の追求

    学ぶことの本質は、真似ること。学びは、真似から入るのですが。真似をした先に、自分のやり方を確立すること。これが大切ですね。

  • 複数の領域で力を発揮する

    1つのことを極めることも1つの美学。逆に複数の領域に首を突っ込み、さまざまな領域で力を発揮しようとすることも、また1つの選択。置かれた環境や興味関心に従って、自身に最適な環境を創り出したいものです。

  • 過程を楽しむ

    過程を楽しめれば、必然的に継続することができます。成果や結果が目に見えるまでには時間を要します。短期ではなく長期の目線で、コツコツと継続したいものですね。

  • まずは、やり込んでみる

    質と量の話ですが。まずは極端にやり込んでみる、ひたすらコミットしてみる。それにより、自分にちょうど良い塩梅が見つかってきますね。

  • 挑戦と挫折

    挑戦をすればするほど。失敗したり挫折する回数は増えます。失敗や挫折を回避したければ、挑戦しなければよい。そうも考えられますが。

  • 考える訓練

    考える力。何をするのでも基礎として大切ですね。考えることも練習、訓練。湧き水のように溢れてくる情報に踊らされることなく、自分自身の頭で考え行動したいものです。

  • 学習の習慣化

    結局のところ、習慣化できると強い。一念発起し可能な限り全速力で走ることもよいですが。息切れするのは時間の問題。であれば、長期的に考え、まずは習慣化することを目標にしたいですね。

  • やりたいことと、やりたくないこと

    誰しもが、自身のやりたいことに集中し、やりたくないことは可能な限り避けたいものですが。それは理想論と納得し、動かない人も多い。少しでも動いてみる。この積み重ねにより状況を変えられるのかもしれません。

  • 複業

    副業から始めつつも。リスクヘッジという観点からは、複業の段階へ行ける方が望ましい。やりたいことが複数あり、同時並行が得意な人であれば、複業を目指すのもありですね。

  • できるようになったことに目を向ける

    継続の秘訣の1つに、自分を褒めることがあると考えます。できるようにならない、上達しないという事実に目が向きがちですが。できるようになったことを少し大げさにでも捉え自分を褒めること。これが大切かもしれません。

  • 近道やノウハウ

    ノウハウを知り、より近道を探そうとすることは悪くはありませんが。効率の良いやり方や方法を知っても、自分のモノとできなければやはり意味がない。知見よりも実戦経験がモノを言いますね。

  • 困難を分割する

    何かに挑戦すると、困難にぶつかることは日常茶飯事ですが。真正面からぶつかると返り討ちにされることも多いです。困難は分割する。細かく分けて1つ1つクリアしていきたいものです。

  • 細切れの時間をどう使うか

    仕事でも勉強でも。細切れの時間を有効活用できる人は強い。1日24時間をどう使うかというマクロ的視点もさることながら。よりミクロな細切れ時間の使い方も真剣に検討したいものです。

  • 現状維持との付き合い方

    現状維持。使われる場面により、よい場合もあまりよくない場合もありますが。自身を客観的に分析し、向かいたい方向を明確にすることで、現状維持との向き合い方も自ずと決まりそうです。

  • 他者との違いを意識する

    周りと比べ、自分は何が違うのか、どこが異なるのか。これを意識することで、自分のやるべきこと、勝負すべき場所が見えてきますね。

  • 休息…

    休息の方法は人それぞれですが。やはり、休息は不可欠。オンとオフとを分けない、ワークアズライフのような考え方もありますが。積極的な休息は、人生に欠かせなさそうですね。

  • 先延ばし…

    小さなチャレンジや挑戦をする場合。先延ばしはあまり良い結果を生みません。何かを始めるのに最適なタイミングは無く。先延ばしにしないことが大切なのかもしれません。

  • 学ぶ姿勢、貪欲さ

    学ぶのに遅すぎることはなく。学ぼうという姿勢や貪欲さがあれば、何からでも学ぶことができますね。環境や外部の何かを言い訳せず、貪欲に学ぶ姿勢を保っていきたいものです。

  • 主体性 モノの見方

    1つのものごとを複数の視点から見ようと努めることで視野は広がります。主体性、能動性を持つことで幸福度は高まる。であれば、先入観を可能な限り排除し自分の頭で考え決断することを繰り返したいものです。

  • 経験を活かす < 経験は活きる

    自らの経験を活かそうとする姿勢はとても大切ですが。さまざまな経験をすることで、自然とそれらの経験が活きる。そんなことも多そうです。まずは経験を積み重ねていきたいものです。

  • 完璧に仕上げる?

    完璧に仕上げようと試みる。その姿勢自体は価値がありますが。完璧を求めることは、時にスピード感の欠如につながることもあり得ます。完璧さをどこまで求めるか。考える必要がありそうです。

  • 仕組化

    自分1人の力では限界がある。活動範囲はどうしても制限されます。仕組化を上手にして、少しずつ自分の作業量を減らし、効率化を図りたいものです。

  • 自分がコントロールできることに集中する

    何でも自分の思い通りにしようとする考え自体がそもそも間違っているのかもしれませんが。自分でコントロールできないことも多い。そうした事象に振り回されず、心穏やかに過ごしたいものです。

  • 行動と不安

    行動と不安。不安は行動によりある程度払しょくできると考えますが、他方で、行動すればするほど不安になる。そんなこともありそうです。不安との向き合い方を工夫したいものです。

  • 変化を恐れず、変化を楽しむ

    安定。聞こえは良いですが。安定している、安定していると思っている状態が、不安定。そうしたケースも考えられます。変化を恐れず楽しみ。自分にとって心地よい状況を創りたいものです。

  • 勉強って、楽しい

    やらされる勉強ほどつまらないものはありませんが。学ぶ対象を自ら選び、主体的に学ぶことはとても楽しい。学ぶことを通じて、さらに学ぶ楽しさを実感したいものです。

  • モノの見方

    長所と短所は裏表なように。同じ物事、対象も、見方を変えればどちらにも転ぶ。そんなことも多そうです。行き詰まったら見る位置を変えてみる。大切なことかもしれません。

  • モチベーション

    モチベーションの上げ方、維持方法はさまざま。自身の内側からふつふつと湧き上がる人もいれば、外部の何かに頼る必要のある人もいます。自分にとって最適な環境を創りたいものです。

  • 選択の自由

    何事においても、選択の自由があるに越したことはありませんが。時に、無意識に選択肢を狭めてしまっている。そんなこともありそうです。客観的に自身を分析する。時に、必要かもしれません。

  • 未来の想像、創造

    未来を想像し、創造する。なりたい姿を明確にできているか。それに近づくための方策がしっかりと練られているか。随時確認する必要がありますね。

  • 主体性

    やらされるよりも、自分からやっている方が、伸びもはやいですよね。はじめは主体的に取り組んでいてもいつしか受動的になっている。そんなときは要注意ですね。

  • 時間の有限性

    当たり前の話ではありますが。時間は有限。後でやればよいと言って、できなくなる、チャンスを逸する。そんなことも多いですね。時間の有限性。意識したいものです。

  • 将来性 コミット

    将来性のある領域に時間や労力を費やす。費用対効果の観点からは確かに正しいのかもしれませんが。興味があるのか、本当にやりたいことなのか。考える必要はありそうです。

  • 動きながら考える

    時に立ち止まることも大切ですが。動きながら考える。まずは動き出してみる。この方法の方が融通が利き、成果も出やすそうです。

  • 頭の健康、心の健康

    健康第一。体を休めるとともに、頭、心の健康も大切ですね。健康維持の方法は人それぞれ。うまく休み、自身に活力を与えたいものです。

  • 1つのことを極める?

    1つのことを極める。やり切る。結果はともあれ、やり切ったという経験は次への糧になります。好きなこと、興味のあることがあれば、まずはコミットしてみたいものです。

  • 焦る必要は、ない

    チャレンジや挑戦をする際。焦る必要はないと考えます。ある程度のゆとり、余裕を持ちながら進めること。長期で見ると成果が出やすそうです。

  • 好き勝手に生きる

    泣いても笑っても、一度きりの自分の人生。好き勝手に生きて良いはずです。好きなことで生き、他方、嫌いなことで死なない。これが大切かもしれません。

  • 遠回りなようで近道?

    まずは量をやること、やってみること。これが推奨されることもありますが。量をこなすと時間がかかる。遠回りとわかっている道をあえて進む。考える必要がありますね。

  • 自分のいる環境

    自分の周りにいる人の平均が自分自身。こんなことも言われますが。人は良くも悪くも周りの環境に左右されがち。積極的に環境を変えることで、自分自身を変化させることも可能かもしれません。

  • 柔軟性

    軸を持ちつつも、柔軟性のある人は強い。常に学び続け、自身を成長させることができます。意固地にならず、何からでも学べるという姿勢を持ちたいものです。

  • 正しさとは

    物事すべてについて疑いの目をもってかかる必要はありませんが。一歩引いて物事を見る、自分の頭で考え分析する。考える力が養われ、自走力がつきそうです。

  • 好きなことを仕事にする?

    好きなことを仕事にすると大変。そんなことも聞きますが。好きだからこそ熱中でき、成果も出しやすい。であれば、好きを仕事にすることに一定の合理性はありそうです。

  • 減らすこと、捨てること

    まずは、何を減らし捨てるかを考える。新しいことに取り組む際の準備はそこからですね。ゆとりや余裕を創り、継続できる環境を整えたいものです。

  • 学びたいことを、学ぶ

    人生100年時代。学び始めるのに、遅い早いはありません。子どもの頃、嫌で嫌で仕方のなかった勉強が大人になって楽しいものとなる。そんなこともありますね。

  • 本業は捨てずに

    本業は捨てずにまずは小さく始める。副業成功の可能性を高める1つの手法と考えます。小さく始め、小さな成功体験を積み重ねていきたいものです。

  • 試行錯誤に意味はあるのか

    ラクな道を進みたいのが本望かもしれませんが。試行錯誤にも、また価値がある。自分の頭で考え考え抜き困難を乗り越え成長する。これもまた面白そうです。

ブログリーダー」を活用して、shirocanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
shirocanさん
ブログタイトル
とある複業家の日記
フォロー
とある複業家の日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用