chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
死別シングルマザーが立ち直るブログ https://atelier-aoihosi.com/?page_id=9799

2011年夫を突然亡くし、死別シングルマザーに。 子供たちは0歳と3歳。 死別して生きることと少し向き合い、楽に生きられるようになりました。 未亡人の暗いイメージを変えたいと、全国の死別シングルマザーの力を信て、毎日情報発信中。

死別シングルマザー当事者として、死別シングルマザーカウンセラーとして活動しています。 また、月1回、死別シングルマザーのランチ会とオンライン飲み会を開催。 死別シングルマザー同士共感できて、前に進むコミュニティをご用意しています。

田中 真弓
フォロー
住所
狛江市
出身
東京都
ブログ村参加

2020/03/04

1件〜100件

  • 前に進むお仏壇

    お仏壇を取っ払いました                                                     お仏壇の外枠の箱(?)を取っ払いました。 子どもたちが幼い時は寝室に置いていて、寝るときに一緒にいられるようでなんだか安心していました。 家族で部屋をそれぞれにもつようになり、仏壇はリビングへ移動。 限られたスペースに置く仏壇はなんだか窮屈でした。

  • 死別してからの行動力

    死別して、最初の頃は本当に行動する元気がありませんでした。 ずっと布団の上にいた時期もありました。 そこから、少しずつ回復し動けようになってから、それ嬉しさ故なのかもしれませんが、とにかく足を使った方が何かと良いことが舞い込んでくるというのが体感です。 今は家にいて、いくらでも情報や知識が得られる時代です。 手軽にたくさん得られますから、それも必要だと思います。

  • 死別してからの「頑張る」とは

    死別後のあなたは頑張っています!! 死別した後、とても心が苦しいのに、慣れない各種手続き、想定外の一人での子育てなどが始まります。 考えただけでも、めちゃくちゃ頑張っていますね。 それなのに、周りはプレッシャーをかけてくることもあるでしょう。 あなたしか親はいない、頑張れ等。

  • 死別後の「漠然とした不安」は何か?

    夫と結婚した時、老後までイメージした方も多いのではないでしょうか? ざっくりと、夫と結婚し、子供ができ、子育てが落ち着いたらまた二人の時間がやってきて老後を過ごすのだろうと。 いつか孫もできるかも、お父さん、お母さんだった私たちがおじいちゃん、おばあちゃんになるのかな?という、ざっくりとした道筋をイメージしたことと思います。

  • 死別してから何もかも無意味だと感じたら自分で意味づけしてみる

    大切な人を亡くすと、今までカラーだった人生がモノクロに見えるような感じがします。 感覚というものが失われて、何も面白くないし、美味しいと感じなくなることもあるでしょう。 人生が無意味なような感覚に陥ります。 そう感じる場合は、それだけ亡き旦那様との時間が色濃く幸せだったことの表れです。 だから、無意味さを感じることは自然なことであると思ってください。 そこから、徐々に味を感じたり、何かでふと笑えるようになってきますので、必ず「できた」と一旦受け止めることを忘れずに。 そのできた感覚を広げていけば、少しずつ人生の意味づけができるようになっていくでしょう。

  • いつ死別するか分からないから「今」を思いっきり楽しむススメ

    「今」という奇跡を楽しむわけ 社会に出ると友達と毎日会うことは稀になります。 家族をいればなおのこと。 相手にも生活があるし、自分にだって日々やることでいっぱいになります。 その中で予定が合い、いざ「会う」なることは、簡単なようで簡単ではないと思いませんか?

  • 夏休み、お盆の時期で、辛くなっていませんか?

    行動規制のない夏休み。 ニュースでは帰省されている人たちのニュースや、夏のイベントのニュースが流れて来ますね。 お盆の時期だから、エリアによってはお盆行事で何かをしなければいけない方もいるかもしれません。自分の意思だけではなく、たくさんの方と交流しなければならないこともあるでしょう。

  • 時間の感覚

    40代になると子供達が小学生になりの手のかかり具合がぐっと減ったように記憶しています。 それと共に仕事だけではなく、学びも進めるようになりました。 私の肩書きが「死別シングルマザーであること」が前提になった、つまりは、死別を完全に受け入れた状態になったことで、人間関係がガラッと変わりました。

  • 息子の巣立ちを思う

    次男が4泊5日のツアーから帰った次の日に、長男が5泊6日のキャンプへ出発。 本日、次男が5泊6日のキャンプ出発した日に長男が帰ってきました。 このような形で2週間近く1人息子生活が続いています。 やっぱり1人いないとストレスは半分で楽です。 中2と小6男子を目の前にして、準備に追われ早く自立してくれないかと思う日々を送っていました。

  • 自分の良さや自分の特性は自分では気が付かないものです

    ついつい、自分を低く見積もったりしていませんか? 自分のコンプレックスは、死別でとても辛かったりすると、それが育ってしまう場合があります。 ネガティブな事によって自分をダメだと思ったり、逆に自分を守ろうと相手に攻撃的になって、人との関係がうまくいかずこじれまくるといったことになりかねません。 友達程近くなく、他人ほど無関心ではない、相談できる人を見つけておきましょう。 カウンセラーのような人が良いです。

  • うまくいく時、いかない時

    週末夏休みのイベントが一つ終わり、やや抜け殻状態でした。 しかし、夏休みは前半。 子供達のイベントはまだまだ続きます。 私は、今年の夏は子供のサポートする程度で、自分のお休みは子供たちとは別に組み込めばいいと決めています。

  • パパのいない夏休み

    今月のランチ会はお休みです。その代わり(?)死別シンママ夏のお泊まり会を開催しました。 海のそばに住んでいる子に、ランチ会のお店を相談したところ、夏休みだしお泊まり会をしようという話に発展し ワクっとしたので即実行。 お子様が小さくてランチ会に参加が難しい方にお声をかけさせていただき、総勢我が家を含め4組の家族で海の近くの古民家をお借りして開催しました。

  • 亡くなった人への想いを解消する方法

    亡くなったパートナーと生きていたかったと思ってたから、亡くなった後、 きっと彼は生きていたかっただろう 後悔ばかりだっただろう 成仏しただろうか? と心配ばかりしていました。

  • 腹を括って幸せになろう!

    今日からは次男と二人だけの生活になります 東京は曇り空。 嘘のように涼しくなりました。 今日から長男は5泊6日の都内キャンプです。 彼は割と天気の神様がついていて、基本的に晴れ男。 今回は暑さの中野外で寝泊まりするため、コロナ以上に熱中症が心配でした。

  • 物事の意味は一つだけではない

    今日は仕事で外回りをしています。 東京は雨で、少し暑さが和らいでいます。 自称晴れ女の私にとっては珍しい現象。 友達に雨の中出かけることを話していたら、むしろ暑さが緩んでいる時でよかったねと言われました。

  • 緩める、頑張る、のバランス

    占いで6〜7月の運気が下がると言われていた私。 6月はなんとなくダメになっていく感覚があり、7月はトラブルのオンパレードである意味諦めの境地で然るべきと過ごしました。 事前の心構えがあるとすごくありがたいですね。

  • 年代を越えて

    出勤日に合わせてトレーニングをしています。 ジムの担当の人との会話は、価値観が違いすぎて面白いと感じています。 私は見た目が色黒なので、マリンスポーツをバリバリやっているように見えるようですが(偏見・笑)本来は超インドア派。 できれば家でゴロゴロしていたいし、家でお裁縫やお菓子作りをしていれば幸せなタイプでした。

  • 世界に飛び立つ死別シングルマザー

    死別シングルマザーのJさんから、LINEが来ました。 アフリカでビジネスをやるので、今月には日本を立つと言う内容でした。 その前に会いたいと伝えたら、彼女もそのつもりで連絡をしたと言ってくれました。 会える日にちが唯一1日だけ見つかり、私たちは約2年ぶりに会うことになりました。 彼女は最初のリアルランチ会に参加してくれた方です。

  • 周りを大切に思うように自分を思う

    暑い日が続きますね。今日から次男は子供ツアーに参加。 しばし、長男と二人で過ごします。 これから入れ替わり立ち替わりで子供たちがお泊まり行事が目白押し。 今年は見事に1日もかぶる事なく、どちらかが家にいるので、独身生活はありませんが、それはそれで、何か学びがあるのだろうと思っています。

  • 共感できるって良いことだ

    リアルランチ会 リアル会は、やりとりの軽快さが違います。 死別シングルマザーのランチ会というと、皆さんどんな印象を持たれるでしょうか? この会はめちゃくちゃ笑顔になれます。

  • 自分を大切にできないと

    相手のことを思いやるとか、相手を尊重すると、本当に人間関係が楽になります。 まずは自分自身を尊重できるかが大事です。 やっぱり相手ばかり尊重すると、何となく自分自身が目の前の人に嫉妬します。 自分の気持ちが足りないから、相手を思いやる行為が見返りを求める可能性が高くなります。 だから、やっぱり自分を満たすことを優先させましょう。 自分に余裕が出始めた時に、相手を思いやるような視野が広がります。

  • 死別の苦しさは美しい思い出だけとはいかない

    大切な人が亡くなった場合とても苦しくなります。 それは大好きだったからと言う思慕の思いだけではありません。 諸々の事後処理にも追われます。 その目まぐるしさと虚しさで苦しくなる場合もあります

  • 手放すとは一体何?

    とにかく楽になりたい! 私はとにかく楽になりたくて、当時本を読み漁りました。 たくさんの本には何かを手放すと何かが入ってくると書いてありました。 死別当初の私はその「手放す」って一体なんだろう?と本気で悩んでいました。 その「手放す」とは一体何で、一体どうしたら手放せて、新しいものが入ってくのだろう?と、その意味を必死で模索していました。

  • 自分を取り戻すには、応援してくれる人を見つけること

    夏休みに入り、仕事といつもの何倍もの食事の用意、無駄な子供との喧嘩(笑)に追われています。 気がつけば、夫のことも考える暇もなく、仏壇の水が蒸発して少なくなっていました。 コロナにかかったことで、いつもの生活スタイルが完全に崩れました。 ほんの数日間寝ていただけなのに、こんなにも簡単にペースが乱れるのだと驚いています。

  • 自分がしたことは返ってくる

    今の行いは、過去か未来の鏡 今の自分の出来事は、過去に自分がした事が返ってきている、もしくは未来の自分に返ってくることであると、潜在意識の勉強で習ったばかり。 今の出来事を嘆いたり、悲しんだり、文句を言うべきことではなくて、魂の学びだと腑に落ちたところ。

  • 死別後に、自分の思うような自分になっていない時

    死別直後は本当に辛いですよね。 人生が変わってしまうし、何をどうしていいのかもわかりません。 ただ、苦しい、ただ、辛い。 先のことなんて考えていられない日々を送っていることでしょう。

  • 子供たちと良いチーム

    コロナで10日間私は何もできませんでした。判断も鈍りました。 自分の思うようにならなかった10日間。 いつもなら無理なら無理とはっきり断れるし、自分は自分なのだと、いい意味で諦められる人間でした。

  • お金、好きですか?

    親の金銭感覚はどうだったかを考える私は、金銭的に厳しい家庭で育った父と、どちらかというとお金に裕福な家庭で育った母という相反する金銭感覚の元で育ちました。父はいつもお金には無限ではないと悲観的なことを言っていましたが、母はなんとかなると思っ

  • head outではなくてfoot out

    1」0日間のコロナ療養期間を終えて、晴れて自由の身になりました。 心なしか、公共施設等の大きな階段でちょっとふらっとしてしまいました。 あっという間にいろいろと衰えてしまっている感じか否めません。 何の制約もなく、自由に出歩けることがありがたいと痛感しています。

  • 自分を大切にする夏休みが始まった!

    子供達の夏休みが始まりました。 これから3食ご飯作りが始まると思うと、本当に給食とはありがたいです。 昨年はコロナで子供達のキャンプの予定が全て無くなりました。 予定が狂い、かなりしんどい夏だったことを覚えています。 今年は、私がコロナに感染して夏休みがスタートです。

  • 自分のもやもやすらわからないとき

    自分が何にもやもやしているか、よくわからなくなります。 なんだかすっきりしないから、自分に色々と自問自答してみます。 でも、やっぱりなんだかはっきりしません。 いつも自分の中に、バランスをとって相反するものが混在する場合もあります。

  • 全てに感謝できれば楽になる

    潜在意識の勉強をしています。 何をするのかというと、自分の問題を解決する作業をひたすらします。 だから、問題が起これば起こるほど、自分の気づきになります。 その気づきから、どんどん自分の潜在意識を変えていくので、目の前の現れた現象全てが感謝になります。

  • 悩みを複雑にさせているのは?

    今の自分の悩みはなんだろう? 悩みとは尽きないものですね。 一つ片付いたと思えばまた次に出てきます。 次から次へと出てきますね。 ただ、自分は生きている限り時とともに、経験値が上がります

  • 新しい価値観

    死別をすることで、今までの価値観が全部壊れてしまいます。 結婚という幸せって? 家族という幸せって? 母親という幸せって? 女としての幸せって? まるごとすべて変わります。

  • 自己評価が下がるとややこしくなる

    申し訳ないと言う気持ち コロナになった週は、なぜか予定がてんこ盛り。 熱でぼんやりしながらも、とにかくスケジュールの組み直しをしました。 自分がコロナにかかってしまったという罪悪感から、全ての人に申し訳ないような気持ちになりました。 手伝ってもらうことも「申し訳ない」と言う感覚が先行してしまいます。 ありがとうより、ごめんなさいと言う気持ちになり、手伝ってもらうことがしんどくなりました。

  • コロナになって、食べることを考えてみた

    コロナになって、しばらく喉が強烈に痛くて食事は喉を通りませんでした。 コロナになって5日の食事を簡単に記載します。

  • 息子の14歳の誕生日

    出かけられない誕生日 今日は長男の14歳の誕生日でした。 やっと解熱した私は、久しぶりに心地よい平熱での朝を迎え、完全に寝坊。 バタバタしすぎて「誕生日おめでとう」の一言を伝え忘れるという失態。 友達にも会えない誕生日にしてしまい、息子には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。 解熱して、やっと冷静に色々なことが見えてきた証拠でもありますが、友達といる方が楽しい長男にはなかなかの試練を与えてしまいました。

  • コロナになって考えた

    コロナ陽性になりました 7月11日久しぶりに高熱が出ました。 朝、大量の汗をかき、目覚めた私は「今日なんて暑い日なんだ」と思いました。 実際はそうではなく、自分が高熱を出していたからでした。

  • 死別シングルマザーと子供の成長

    もうすぐ長男の誕生日 母が長男の誕生日お祝いしようと声をかけてくれ、レストランでお祝いしてきました。 長男の好きな神戸屋キッチンで、彼はメインを2つとパンを山のように平らげて満足そうでした。成長期の14歳になります。 ここのところ、長男は理解を超える行動を取り続け、腹の立つことばかりでした。 しかしながら、お誕生日は彼が生まれた日を思い出します。 何より「おめでとう」とみんなに言われると、彼もとても素直に喜び、久しぶりに私も素直に長男が可愛いと思えた時間になりました。

  • 死別の辛さは、助けを求めることが大事です

    今まさに情報は瞬時に飛び交い、映像がリアルに飛び込んで来ます。 救護をしている様子など、こちらから情報を探しに行かなくても目に飛び込んでくる場合もあるでしょう。 身近な人の死を経験している場合、そういう現場に立ち会った方もいるかもしれません。 フラッシュバックをして、苦しくなったかたもいるかもしれません。 そんな時はひとりで頑張らないで。 だれかに「苦しい」と伝える人がいますか? 思い当たらない場合、一人でも胸の内を伝えられる人を見つけておくことは大事だと思います。

  • 長男、次男〜特別支援級について思うこと〜

    子供達の成長とともに、色々と関係性が変わってきています。 5年前の記事ですので、長男4年生、次男2年生の頃です。 その頃長男は「しっかり者」で、次男は「甘えん坊」という関係性だったんだなと思いました。 子供の記録をつけていると面白いですね。 今ではすっかり関係性が変わっています。

  • 素敵なアイコンを作ってもらいました

    ブログを引っ越しして、アイコンどうしよう?と考えていました。 自分の写真を出すことに迷いがあり、イラストがいいなぁとぼんやりと考えていました。 そんな時に、FBでつながっている後輩が、イラストを挙げていて、うまいなぁなんて感心していたことを思い出し、頼んでしまえ!と思い立ち連絡をしました。 連絡をもらって、写真を提出し、あっという間にラフ画を送ってくれました。 そこからここまできれいにしてもらい、あっという間に完成。 プロはあっという間に仕上げてくれます!

  • 死別して間もないのに幸せと感じたら

    もし、死別して間もない時に幸せを感じたらどう思いますか? 抵抗があるでしょうか? あんなに悲しい思いをして、辛いはずなのに、私何かおかしいのかしら? それはきっと自分の思い込みです。 きっと自分が「死別をしたら、せめて喪が明ける1年間は悲しんでいなければいけない」という、死別前の生活で刷り込まれた思い込みでしかないと思います。

  • 死別した後の気候と判断力の影響

    移りゆく季節で、暑ければ体力は奪われますし、湿度が高ければ息をしているだけで不快と感じます。 だから、いつもの同じ判断をしているようで、ちょっとしたことでかっとしたり、何気ない言葉に不快感を感じやすい。 それくらい五感のアンテナは色々なことをキャッチすると心得ておきましょう。

  • レポート・法律相談に行ってきた!〜婚姻関係終了届け編

    婚姻関係終了届けについて私は、婚姻関係終了届を手元に置いたまま10年過ぎました。市役所の窓口に取りに行ったときに、出すのは簡単だけれど、一度法律相談を受けてからにしてはどうですか?と言われたからです。傷ついた言葉をかけられた勢いで、それを取

  • 私のスピリチュアル体験  

    今日のカウンセリング講座の内容はスピリチュアル体験について。 私は夫を亡くすまで、スピリチュアルとは無縁でした。 大切な人の死を経験する事で、私は生きるとか、死ぬとか、心とか魂とか、人は死んだらどうなるのかということを模索してきました。 今日はその集大成のような日になりました。

  • 【レポート】自立支援員さんとの相談の仕方

    母子父子自立支援員に話を聞いて来ました 家族を亡くすと、必ず行くところが自治体の窓口。 そこでどんな人に出会うかは、正直運次第。 大きく傷つく人もいるでしょうし、とても救われた人もいるでしょう。

  • 夫の死の真相〜スピリチュアルをどう捉えるか

    夫が天に還った話昨日、力あるヒーラさんにお願いして夫の魂が天に還りました。10年と約8ヶ月、夫はいわゆる「成仏」してなかったということがわかりました。苦しくて辛い、彼の死後の世界から、私は彼を開放することができました。それもこれも、多くのご

  • パートナーを亡くした人同士で交流をしよう

    7月のコミュニティは7月30日(土)に開催します。 占いお茶会とオンライン飲み会を開催します。 皆様にご参加いただけば嬉しいです!

  • 自分の周りの人はどんな人ですか?

    先日、女性経営者の女子会に参加してきました。 お二人ともパワーがすごい! お二人とも人のために役に立つことをお仕事にされています。 そしてとてもご縁を大事にされています。

  • 死別経験は「重い」のか「軽い」のか

    夫を亡くして、私の人生は一変してしまいました。 ただ、それが「全て」最悪だったかというと、そうでもない。

  • 負けず嫌いはいいことだ

    私は、何かと戦っていました。 誰かに何かを言われたわけではないけれど、とにかく子どもたちには不憫な思いをさせたくないという想いが私の生きるモチベーションでした。

  • 愛しているまま亡くなること

    最高のバートナーだった夫夫は本当にいい奴でした。「奴」という表現をする方がすごくしっくりくる。最高の友達でもあり、夫婦でもあり、子供たちの父親でもあり、とても愛のある関係でした。気持ちが乱高下するような熱烈な恋ではなかったけれど、私はいつも

  • 父親の記憶のない次男

    次男は1歳のお誕生日の直前に父親(私の夫)を亡くしています。 父親の記憶のない次男は、今年6年生。 父を亡くして11年になりますが、さて、父親の記憶のない子供は一体どんな様子か、我が家のお話をしたいと思います。

  • 誕生日、幸せと切なさを感じる日

    幸せは、自分の中の感情です。 過去の自分と比較して、自分が不幸せかというとそうではない。 友達と比べて自分が不幸せかというとそうでもない。 誰かとの比較で幸せが決まるわけではありません。 今自分が幸せと感じたら、誰に何と言われようと幸せなんです。

  • 人生はつじつまが合っている?

    夫と選んだロールスクリーンを処分しました。 いろんなシミがついていました。 色々なところが壊れていました。 そのロールスクリーンにはたくさんの夫との思い出が、記憶されているのだと思います。

  • 自分の人生を生まれる前から決めてきた

    自分の人生が思いもよらない夫と死別という最悪な人生を、自分が生まれる前に経験すると決めてきたと言われたら、受け入れられますか? 自分は不幸のどん底にいた時にこの言葉を聞いたら、絶対に全否したでしょう。

  • 6月死別シングルマザーオンライン飲み会を開催

    今回はお墓の事なども話題に上がり、この空間ならではの時間になりました。 私も改めて自分のお墓問題(?)について、オープンにお話しさせていただきました。 どんな状況でも、自分の捉え方で事実を納得させるか、させないかを決めるのは自分次第だと落とし込むことが出来ました。

  • ランチ会の感想(夫ではなく彼を亡くしたら)

    20代でパートナー(彼)を亡くした方も参加 彼女の参加で、大好きなパートナーを亡くすというのは、少し違うようで、共感することも多いと実感しました。 大好きな人の話をするのは楽しいです。 それは夫であれ、彼であれ同じこと。

  • ランチ会開催報告

    ランチ会をしました! 6月18日銀座太平洋クラブでランチ会を開催しました。 東京銀座の一等地、ゴルフ会員さんだけが利用できるラグジュアリーな空間でのランチ会。

  • 人の言葉に振り回されない自分になろう

    そういう場を私は月一回リアルでお会いするランチ会とオンラインで遠方の人とでもお会いできる飲み会を用意しています。(今はシングルマザーに限りますが、少しずつ広げて行こうかなとも思っています。) そういう場を「傷の舐め合い」と言われたことがあります。

  • 亡くなった方にお花を手向けていますか?

    生花は私のパワーの源です。 やっぱり生きているものが家の中にあると元気をもらえます。 目に映るとホッとします。 そういう意味でも、できればお仏壇にはお花を手向けましょう。

ブログリーダー」を活用して、田中 真弓さんをフォローしませんか?

ハンドル名
田中 真弓さん
ブログタイトル
死別シングルマザーが立ち直るブログ
フォロー
死別シングルマザーが立ち直るブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用