searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

京大生ガイさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
京大少年
ブログURL
https://kyodaisyonen.com/
ブログ紹介文
京大生が受験勉強のことを中心に発信しているブログです。大学受験ではどんな問題集を使うべきなのか?、はたまた京大生の普段の生活はどんな感じなのかなど、現役京大生ならではの記事を書いてます。
更新頻度(1年)

5回 / 7日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2020/02/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、京大生ガイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
京大生ガイさん
ブログタイトル
京大少年
更新頻度
5回 / 7日(平均5.0回/週)
読者になる
京大少年

京大生ガイさんの新着記事

1件〜30件

  • 【徹底比較】東大と京大の違いを入試と学生の雰囲気から見てみる。

    京大生ガイです 東大と京大はともに有名な大学ですが入試問題や学風は大きく違います 今回は東大と京大の違いを見てみたいと思います 東大と京大の入試問題の違い 日本の大学でトップ2と言われる東大と京大でも、入試問題の毛色は全然違います 東大は、制限時間内に多くの問題をテキパキ解く処理能力の高さを計る問題 京大は、時間をかけて難問をいかに深く考えるかを計る問題 が出題されます 東大はもともと官僚など国家のための人材を養成する目的で作られた大学なので、入試でも情報処理能力が必要となります 京大は研究をするための大学なので、するどい観察力と深い考察力が必要とされます 例えば英語の問題を比較すると、東大の問題は要約、空欄補充、リスニング、自由英作文、長文読解などあらゆるジャンルで大量に出題されます この膨大な量を時間配分を気にしながら素早く解いていくのが東大入試です 一方京大はというと、長らく和文英訳と英文和訳の2種類だけの問題しか出題されませんでした 現在は少し問題の種類も増えましたが、じっくり考える力を問う点ではあまり変化していないです 文章の内容は難解で読み解くのにかなりの思考力を必要とします こういう風に東大は処理能力を、京大は思考力を試される問題が出題されます また東大は基本に忠実な王道の問題ばかりを出題しますが、京大はエッジの効いた新しい切り口の問題を出題します そのため東大の対策をしている人は基礎力がついてるため他大学の問題を解ける人が多いですが、京大に特化した勉強をしている人には他大学の問題が解けない人もいます ただ、裏を返せば一般的な模試で点数が取れていない人でも京大の問題が解けるということもありうるということです 僕はそのパターンで他大学の問題はあまり解けなかったですが、なぜか京大の問題は解けました 東大、京大の問題は似て非なるものです 【京大生の時間割】工学部工業化学科1回生の時間割を大公開します。授業の感想も!<前期編> 東大と京大の学生の違い 東大と京大の学生は雰囲気が少し違っています 東大生は真面目で静かな人が多い印象です 京大生はパワフルで変わった人が多い印象です

  • 【受験生必見】京大工学部の学科の特徴と忙しさの違いをイメージだけで解説します!

    京大生ガイです 今回は僕が所属する京大工学部の学科の違いを忙しさの観点から書きたいと思います 同じ学科といえども忙しさは全然違うもので、入ってから後悔しないようにあらかじめ調べておきましょう 京大工学部の6学科 京大工学部には6つ学科があります それは、物理工学科、電気電子工学科、地球工学科、建築学科、情報学科、工業化学科です この6学科は人数も勉強内容も忙しさもバラバラです 入ってから他の学科に移ることは極めて難しいので、受験生の方はしっかり調べてから学科を選んで下さい 各学科の特徴と印象 物理工学科 通称物工(ぶっこう)。 物理工学科は人数の多い学科で、用意されているコースも多い学科です やってる内容は機械やエネルギー、材料など幅広く、イメージだけで言うなら一番工学部っぽい学科だと思います 男女比は男ばっかりなので、女の子目当てで入るような学科ではないです 就職にはめっぽう強く、物理工学と電気電子の学生は工学部の中でも売り手市場のツートップです 電気電子工学科 通称電電(でんでん)。 電気電子工学科はその名の通り電気系統全般を扱う学科で、IT関係も触れるので情報学科ともかぶる部分もあります 例のごとく男ばっかりなので、そのあたりもきっちりかんがえて選びましょう 学生はTHE理系の人が多い印象があります 就職も物工と同様に強く、日本の一流電子機器メーカーや金融なんかにも行く人が多いらしいです 地球工学科 通称地球工。 建設関係の中でも規模の大きいインフラ(橋、道路、河川など)の方を主に扱う学科です 全ての授業を英語で行う国際コースが設置されているのも大きな特徴です 建築落ちが多く在籍するためか工学部にしては女子率が高く、学科全体の1,2割を占めます 就職ではゼネコンやプラント、公務員が多いらしいです 工学部の中では入りやすい学科なので雰囲気は最も一般人に近い印象です 【本音】京大地球工国際コースの授業の感想を書きます 建築学科 住居やマンションなど建設でも建物の方を扱い、構造やデザインについて勉強する学科です 工学部唯一のおしゃれに関わる学科なので、女子率が高く、地球工と工化の女子率が高くなるのも建築落ちの女子が第二志望で出願しているからだと考えられます クラスが少ないので学科内で仲良くやってる印象があります

  • 【新京大1回生向け】京大の第二外国語の選び方を難易度と特徴から紹介します!

    京大生ガイです 京大に合格してすぐに決めないといけないのが何を隠そう第二外国語です ギリギリになってしんどい言語を選択するのを防ぐためにも早いうちから調べておきましょう 京大で履修できる第二外国語 京大は比較的履修できる第二外国語が多い大学です 開講されてる言語は、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、ロシア語、イタリア語、アラビア語、朝鮮語の8つです このうちドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語は開講されている授業数が多いので同じクラスの子と受けることになりますが、ロシア語、イタリア語、アラビア語、朝鮮語は授業数が少ないので学部ごちゃまぜで受けます 工学部でクラスが男ばっかりの学科なんかは、第二外国語まで男ばっかりになるとテンションが下がるので、その辺も考慮した方がいいでしょう ちなみに第二外国語のことを京大生は二外(ニガイ)と呼ぶので今後そう表記します 第二外国語の再履修制度について 大学の授業ではもちろん単位を落としてしまうこともあるわけで、そんな時にもう一度授業を受けて単位取得を目指せる制度が再履修制度です 二外を選ぶ時には再履修がしやすいかどうかも大きなポイントになります 以降で書く言語別の説明でも再履修情報も書いているのでチェックしておいて下さい 各言語の評判 フランス語 通称フラ語。 中国語、ドイツ語と並ぶ履修する人の多い言語で、中国語、スペイン語とともに楽単と言われてます 文法が難しいらしく、人数が多いことも相まってサボって単位を落とす人が多い印象です 再履修はしやすく、他の言語を落とした人で再履修クラスでフランス語に乗り換える人もちらほら見られます ちなみに女子率は高めです ドイツ語 履修する人数は多いですが、男子率が高いらしいです これもまた文法が難しいと聞きます 再履修はゆるいらしいので泥沼にハマることはない模様です 中国語 通称チャイ語。 男女関係なく多くの人がとる言語で多分一番人数が多いんじゃないかと思います 発音が難しいらしいですが、単位を取るのは簡単と聞きます ただ、一人だけきつい先生がいるらしく、その先生に当たると単位取得は怪しくなるらしいです スペイン語 通称スペ語。 僕が履修していた言語で、しっかりやればまず間違いなく単位が取れる授業です

  • 【京大生の時間割】工学部工業化学科1回生の時間割を大公開します。授業の感想も!<前期編>

    京大生ガイです 高校生の人は大学生がどんな授業を受けているのか漠然としか分かってないことが多いと思います そこで僕が前期に受けた授業とその時間割を公開します 高校生の進路の参考に是非読んでみて下さい 工業化学科1回生前期の時間割 これが僕が前期に受けた授業の時間割です 大学生の時間割は数ある授業の中から自分に必要な授業をピックアップして時間割を組みます 京大は割と自由に時間割が組める大学ですが、工業化学科は最初から組み込まれている授業が多く、上の中だと微分積分、英語リーディング、情報基礎演習、線形代数、工業化学概論、基礎物理化学、基礎有機化学Ⅰ、自然現象と数学、物理学基礎論A、英語ライティングリスニングAがそれです スペイン語も第2外国語として選択すると自動で組み込まれました この中で工業化学科の管轄の授業は工業化学概論だけで、他の授業は国際高等教育院という組織が管轄です 京大の履修の仕組み 京大の授業は内容によって群に分かれてます 学部ごとに取らないといけない単位数が決められていて、工業化学科なら人文社会科学群16単位、自然科学群28単位以上となってます 学生はコース配属や卒業に必要な単位数を確認して、それまでに計画的に履修していくことになります 工学部は初めからある程度取るべき授業が決まってるので自由度は低いですが、人社群なんかは完全フリーなので人によって取る授業はバラバラです 京大の成績評価の仕組み 京大の授業は60/100以上あると単位認定されます 60点以上で単位認定されると点数に応じてABCDの評価がつき、その得点をもとにGPAと呼ばれる数値がはじき出され、その得点でコース配属や留学の可否が決まります ペーパーテストや平常点、レポート点などの内訳は各授業の担当の先生によってバラバラで、履修科目を選ぶ際にはそのあたりも加味する必要があります 前期の授業の感想 以降で各授業の説明と感想を書いていきます 月曜2限 東洋史Ⅰ 人社群の授業で、中国の歴史書編纂の歴史をさらっていく授業です 歴史書編纂の過程を史記から解説していく授業なので、高校で世界史を習ってない人はしんどいと思います 僕は世界史をとっていて中国史が好きだったので面白かったですが、中国史にアレルギーのある人はやめといた方がいいと思います テストは確か論述問題が数問出てたはず

  • 【本音】京大地球工国際コースの授業の感想を書きます

    この記事では国際コースの授業の感想を書いていきます 国際コースについて詳しく書いた記事を読んでない方はこちらもどうぞ 京大地球工国際コースにいた僕が内情を話します 月曜1限 木曜1限 Exercise in Infrastructure design 国際コースの先生が自分の専門分野について話してその内容をグループでまとめてプレゼンするリレー講義です プレゼンをするのは2週に1回ですが、グループで考えをまとめる(もちろん英語で)のがなかなかキツくて国際コースをしんどくさせる要因の授業です 月曜3限 Linear Algebra with exercise 線形代数(高校でやったベクトルの発展版、行列)の英語版の授業です 先生はフランス人でフランスなまりの英語で板書も超汚いのでこの授業は出席しても全然理解できなかったです 月曜4限 Scientific English ⅠA (Reading and writing) 英語の文章を読む授業で、中国人の先生が同じ説明を何回もするので単純に面白くないです 単位は楽勝で取れますが、つまらなさすぎてしんどい授業です 火曜2限 Calculus と Linear Algebraの演習 英語版微積と英語版線形代数の演習を隔週でやる授業です 火曜3限 Mathematical description of natural phenomena 自然現象と数学という授業の英語版です 自然現象と数学の授業は微分方程式を少しかじったり、偏微分やマクローリン展開に少し触れるだけの中途半端な授業なので、英語版のこの授業も中途半端です そして担当教員がScientific English ⅠAと同じ先生なので例のごとくめちゃくちゃつまらない授業です ちなみに単位を取るのは簡単です 火曜4限 Practice of basic informatics 情報基礎演習の英語版です 確か論文を書くソフトをいじってた気がします 担当の先生がペルー人で喋りが早すぎて聞き取れない上になんかムカつく態度だったのを覚えてます もともと分からないITの説明を英語でやってるわけなのでかなりしんどいです 僕は個人的にこの授業が大嫌いでした 水曜2限 Calculus with exercise 微分積分の英語版です

  • 京大地球工国際コースにいた僕が内情を話します

    京大生ガイです このブログを見ている人は、京大工学部に出願して、国際コースの案内が届いた人でしょうか? 僕は現役の時に国際コースの存在をホームページで知り、地球工を第一志望にして、合格後予定通り入ったんですが、見事に英語での授業についていけず、仮面浪人を決意しました そんな元国際コースで現在工業化学科1回生の僕が国際コースって実際どうなの?!と疑問を感じる受験生向けに内情を話します 僕が仮面浪人した理由<前編> 国際コースとは 京大工学部は6つの学科があってそのうちの地球工学科のコースの一つです International Course Programの略で内部ではicpと呼ばれてます 地球工学科の中でも国際コース以外にもコースがあって、土木、資源、環境の3つがあります 土木は建設関係の分野(水理学、土質力学、構造力学、都市計画)を主にやるコースで将来は院を出た人はゼネコンとかプラントエンジニアの道に行く人が多い感じですね。学部だけの人は公務員になる人が多いらしいです 資源は石油なりガスなりエネルギーに関することをやるコースです。将来の道は正直あんまり詳しくないですが石油会社とかに行くみたいな噂は聞いたことがあります 環境は公衆衛生とかそんな感じなので「水道施設がどうのこうの」みたいなことをやるらしいです。当然公務員になる率は高くなります じゃあ国際コースは何をしているんだというと、土木コースの授業内容を全て英語で行ってます ペーパーテストの代わりにプレゼンで成績を評価したりと、土木コースと違うこともたくさんありますが、受けてる学問分野は土木コースと同じものです 日本語コースの人は3年に上がる時にコース分けされますが、国際コースは合格発表後すぐにコース配属されるのでそれ以降は土木の勉強しかできません 裏を返せば成績が悪くて行きたかった土木コースに行けないみたいなことはないということです 国際コースとか土木コースでやってる授業の名前は上にあげた京大生になるともらえる履修要覧に全て載ってて、これを京大生になってから見て初めて授業内容を知りました こういうのを受験生時代に見たかったなあと思ったんですが、実は工学部の履修要覧はネットで見れます URLはこの記事の一番下に載せておきます

  • 【大学受験】現役京大生厳選の化学勉強法|理論を基盤に有機で得点ダッシュ

    京大生ブロガーのガイです 今回は化学の勉強法について書きます 僕は受験生時代、割と化学が得意でしたがそれは勉強法と化学のポイントを調べ、点数を伸ばすための勘所を押さえたからに他なりません 化学は勉強量に比例して成績が伸びるコツコツ型の科目なので努力が報われやすいので頑張ってください 化学の勉強をやる上で知っておくべきこと 理論・無機・有機の3分野でやることが違う まず化学という科目は3つの分野(理論・無機・有機)に分かれているという特徴があります 物理なら分野が違っても勉強の仕方は大体一緒です しかし、化学は暗記量やパズル要素のアリナシなどが分野によって全然違います よって、それぞれの分野は違う勉強の仕方で進めていかないといけないわけです その上勉強を進めていく順番もあって、理論→無機→有機の順でやらないと現象が理解できないという厄介な一面もあります ただ、冒頭でも書いた通りコツコツやっていけば順調に点数も伸びてくれるので我慢です! 暗記が必要 化学は理科のくせに暗記しなきゃいけない局面がちょいちょいあります 例えば理論化学なら周期表やイオン化傾向、有機なら化合物の慣用名、無機はめっちゃたくさんあります この辺が多くの人が化学を嫌う要因だと思いますが、最低限の知識は暗記するしかないです 無機の暗記量を極力減らす方法は下で書いてるので参考にどうぞ! 計算力で正当の精度が変わる 化学は数値計算が他の理科に比べて多い科目です 文字式は少なく、有効数字まで考えながら答えを出さないといけないので、計算力がないと案外点数を落とすものです 普段の勉強でいつも計算をするのは面倒なので電卓を使えばいいですが、時々時間を測って正確に答えを合わせにいく練習はした方が良いです 理想の勉強スケジュール 化学の勉強は理論、無機、有機の順に進めていきます ここでは僕が自分の受験生時代を振り返って、化学の勉強がこれぐらいの進度で進めればかなり化学に余裕が出る理想のスケジュールを考えました 【高2半ば】理論終了 高2の真ん中ぐらいで高校化学の基礎である理論を終わらせることができると良いペースです 理論でトレーニングしたモル計算と平衡の考えは今後も使うので重要です 【高2春休み】無機終了

  • 【大学受験】現役京大生厳選の物理勉強法|イメージ力とパターン演習が鍵

    物理はイメージが湧かなかったらウンともスンとも分からない科目です しかし、イメージできれば急激に点数が伸びていくコスパ最強の科目でもあります 僕は受験生時代、物理が得意で本番でも合格に貢献してくれたので、そのノウハウを公開します! 物理の勉強で気をつけるべきこと 基本をスキップするべからず 物理という科目は基礎がおぼつかないまま問題を解こうとしても全く歯が立たない恐ろしい科目です しかしそれは、最初に根本的なところを理解すれば後はスムーズに問題が解けるようになることを意味します 物理は化学や生物に比べて極端に暗記することが少ない科目です その分、理解にかかる時間が長く、特に最初の概念を理解するのに最も時間がかかります ここを飛ばしても問題は解けない上に、ここさえクリアすれば後は問題をパターンに落とし込んで解いていくだけなのでじっくり基本に向き合いましょう 単位を常に意識せよ 物理の問題の答えは単位付きで出てきます 単位は数字に意味を乗っけるためのもので、単位を見れば使う数字の組み合わせ方が分かります 例えばm/sなら単位時間あたりに進む距離の意味で、距離を時間で割ったものです 単位が分かるだけで骨格が分かり、答えにグッと近づきます 自由に単位変換ができるようになると、数式もすぐに立てやすくなりますし、数式の意味も分かるようになります 特に便利なのが答えを確認する時です 単位が違っていれば答えも絶対違うので瞬時に確認できます 単位に気をつけることは予想以上に重要です 数式は言葉です 「数式は言葉です」 東進の先生がCMで言ってるこの言葉は、物理ができるようになると共感すると思います 物理はイメージだけでは分からない現象を数式に落とし込んで考える学問です 数式は現象そのものを表しており、答えは必ず数式から導けます 数式には意味があるので勉強の際には毎度意味を考えるくせをつけましょう 数式で表現できるドラマチックさが物理の勉強の醍醐味です レベル1 概念イメージ理解段階 おすすめ参考書 まずは概念をじっくり理解していくことです 現象をイメージしやすいのが物理のエッセンスです

  • 【大学受験】現役京大生厳選の英語勉強法|受験得点安定化戦略の肝

    現役京大生のガイです。 さて、今回は英語の勉強法ですが、みなさんの英語への力の入れ方はどのくらいでしょうか? 受験は総合点で勝負なのでぶっちゃけ1科目ぐらいコケても受かります ただ、英語が得意になれば一気に点数が安定します 英語は数学と並んで膨大な勉強時間を必要としますが、最も安定して得点できる科目です この記事では受験レベルの英語なら軽く合格点を取れるようになる勉強法を紹介します 英語という科目の特徴 一朝一夕には伸びない 英語は積み重ねの科目なのですぐには伸びません 英単語を覚えて、文法を頭に叩き込んだだけでは読解問題もできないですし、英作文もままならない状態です ただ1度伸びてしまえばあとは学力を維持すれば安定して点が取れるようになります 配点上、英語はできるようになると取れる点がぐんっと上がるお得な科目です 読解と英作文が配点のほとんど 英語の出題は読解と英作文がほとんどを占めます もちろん、センターや私立大学の問題は文法問題など出ますが、大半は読解、英作です 実際に英語を使う場面は読み、書き、話す、聞くの4つで、聞くと話すは力を測りにくいからです そのため、単語オタクになったり、文法に凝ったりすると無駄な努力になります あくまでも単語や文法は読解や英作文の下地であることを念頭におきましょう 満点は取れない、絶対に 英語で満点を取るのはまず不可能です これは仕組み上そうなっていて読解の記述問題と英作文を学生が完璧に解答するなんてできないです まずこのことを受け入れてから英語の勉強は始まります 和訳で分からない単語が出てきたら文脈と文法から推測して解答欄を埋めて、多少の減点やむなしとする姿勢が大切です 完璧に解答しようと意味不明な日本語を書くよりも、多少減点されてもわかりやすい解答を書いて堅く得点することが大切です 英作文も同じです。完璧な英訳はできないので「訳す」というより「伝える」方に重心を乗せて解答を書きましょう レベル1 基礎準備段階 (単語、文法) 単語と文法をやらなきゃ始まらない まずは英語の基礎中の基礎、単語と文法を叩き込みましょう この2つが頭に入ってないと、1.問題が解けない、2

  • 【大学受験】現役京大生厳選の数学勉強法|効率化を徹底した攻略法

    数学を勉強するときに意識すること ここでは数学を勉強するときに意識しておくべき大事なことを書きます 数学に必要なのは論理、イメージ、計算力 数学の問題を解くのに必要な要素は何でしょうか? ズバリ論理、イメージ、計算力です 論理は数学の骨格となるもので、論理的に考える力が無ければ問題は解けないです イメージは問題を解くときに思ってもいなかった効果を発揮するもので、時々感覚だけで答えにたどり着くことがあるのでイメージは大切です 論理が骨格なら計算力は筋肉のようなもので、答えを出す正確さやスピードの多くは計算力にかかっていると言っても過言ではないです 論理とイメージは受験数学の両輪で、どちらが欠けてもダメです 基本解法パターンは暗記せよ ひらめきが得点につながる数学とはいえある程度のパターンはあります そのため基本の解法のパターン暗記をすることでひらめきに頼らずに問題が解けるようになります 中にはパターン暗記しなくてもひらめきだけで問題が解けてしまう天才タイプの人がいるかも知れません ただ、ほとんどの人は凡人です 現に勉強法を調べてこの記事を読んでる時点で凡人だと言えるでしょう ただ天才じゃなくても悲観することはないです 解法パターンをコツコツ覚えていけば、不安定なひらめきに頼らずに安定して得点できるので大丈夫です パターンを覚えれば確実に応用問題が解けるようになっていきます 実際僕がそうやって京大に合格できたので!! 計算力は意外に重要 数学の勉強をする時に意外に重要なのが計算力です 計算力を鍛えると解答の精度が上がります これがどういう効果があるのかと言うと数学のやる気が削がれずに済むということです 答えが出て「やったー解けた!」と思っても最後の値が間違っていたらどうですか? どこで間違っていたかを調べるのに時間がかかって、問題を解いたり他の解法を考える時間が奪われる上にストレスになるでしょう 計算力があればバシッと答えが合うようになってサクサク問題が解けるので、正答率の向上だけでなく、副産物として数学の問題を解くモチベーションUPが期待できます ただ計算力はすぐにはつかないので地道にコツコツトレーニングする必要があります 「分かる」と「できる」は違う 数学の勉強を進めていくとぶち当たる壁があります

  • 【厳選】AbemaTVおすすめ番組 ネットだからできる隠れたニッチ番組

    AbemaTVを見る人の多くは恋愛リアリティーショーか乃木坂、ジェネレーションズなどを見ていると思います。それもいいんですがネットだからこそできる隠れたニッチ番組が見れるのがAbemaの魅力です。というわけでAbemaで見れる知る人ぞ知るマニアックな番組を紹介します

  • 【総決算】京大生ガイの2019年ベストバイー大学生が買うべき5商品

    2019年で買って良かったなと思うものを紹介します。特に大学生には参考になると思います。紹介する商品はBIANCHI ROMA-4、超極暖ヒートテック、全録レコーダー、Kindle Paperwhite、濃いめのレモンサワーの素です。

カテゴリー一覧
商用