searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

カミオモトさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
エイガジェル
ブログURL
https://eigagel.hatenablog.com/
ブログ紹介文
見た映画・好きな映画について紹介してます。
更新頻度(1年)

11回 / 15日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2020/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カミオモトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カミオモトさん
ブログタイトル
エイガジェル
更新頻度
11回 / 15日(平均5.1回/週)
読者になる
エイガジェル

カミオモトさんの新着記事

1件〜30件

  • 【ネタバレあり】『新感染 ファイナル・エクスプレス』のあらすじと感想。身を守るためなら差別も迫害だってする。

    (出典:https://www.youtube.com/watch?v=k3829dsZyzY) 『新感染 ファイナル・エクスプレス』見ました。ゾンビ映画なんですけれども、感染疑惑のある人間を罵る、安全な部屋から締め出して見殺しにするなど、非常にタイムリーな映画です。 あらすじ 主人公のソグは敏腕ファンド・マネージャー(投資家からお金をもらって運用する人)。 10歳程の娘がいますが、仕事が忙しく歌の発表会にも行けません。娘の相手は実母に任せっきり。別れた妻に会いに行きたいという娘を連れて久々に二人で出かけます。 発車した新幹線の窓から、ゾンビに襲われている人間を目撃する娘スアン。二人の乗る新幹…

  • 『嵐』っていいよね。アイドルってすごいね、という話。

    www.youtube.com 国民的アイドル『嵐』の活動休止まで一年を切りました。 活動休止の記者会見で見せたチームワークがすごかった。その姿に打ち抜かれた方も多いのではないでしょうか。筆者はその口です。 チームのまとめ役・頭脳である櫻井君とニノの表情が印象的でした。 嵐の魅力は何といってもチームワーク。それぞれがかけがえなく嵐というエンターテイメントを担っています。 5人の印象 一生懸命チームをまとめ、己のクオリティを上げていく櫻井君。 一番の頭脳派、変化球でみんなを楽しませてくれるニノ。 パフォーマンスの屋台骨、嵐の人気を底から押し上げた大野君。 チームの鋭さを和らげる人、実は一番芯の強…

  • 『ドクター・スリープ』の感想とあらすじ。みんな大好きオーバールックホテル。こわくないよ【ネタバレあり】

    出典:https://www.youtube.com/watch?v=EVQQ-BLSqLQ 『ドクター・スリープ』面白かったです! シャイニング大好きっ子としては、オーバールックホテルが出てくるだけで嬉しい。 双子ちゃんやバーテンも出てきます! あらすじ 幼い頃の事件で父親を亡くしたダニー・トランス。(前作『シャイニング』) オーバールックホテルの料理長であったゴースト・ハロランの助けを借りて超常現象に対抗する術を得ていたが、大人になった彼は父と同じアルコール中毒で苦しんでいた。 母親を亡くした彼はニューハンプシャー州の小さな町フレージャーに流れ着く。その町で新たな友人と職に出会い、彼はアル…

  • テラスハウス33話【 Half Blue 】感想

    ついに一人二役を始めた山里さん 徳井さんがいなくなってから空気が偏りがちでしたが、ゲストの永野芽郁ちゃんのおかげで盛り上がっていました。 芽郁ちゃんはトパスが好きということで驚く一同。 徳井さんがいたらこういう意見を出してくれてたかもしれないな~と山ちゃんが徳井さん役をやり始めてて笑いました。 退職代行会社の社長が登場 www.youtube.com ここですかね。 20~30社の競合が存在し、ブランディング戦略が「パイオニアであること」という退職代行会社。なかなか大変そうです。 テラスハウスに出ることで知名度は爆上がりでしょう。 さらに競合を増やすことになるのか、好感度&信用爆上がりで大成功…

  • テラスハウスが好きという話

    こんばんは、カミオモトです。 2月18日午前0時、明日はテラスハウスの配信日ですね! テラスハウス大好きなので、今日はつらつらと歴代の好きシーンを挙げていきたいと思います。 ちなみに筆者はシェリー派&りさこ派です。笑 大志のことはテラハが生んだ悲しきモンスター、春花のことは普通にいい子だなーと思っています。 テラハの一番好きなところは、シーズン終盤に本気の修羅場が起きるところですね。 あれはなんでなんでしょうね。 修羅場が起きたから終わらざるを得ないのか、もう少しで終わると思ったら気が緩んでもめるのか。 分からないけど好きです。 では、テラハで好きなシーンを挙げていきます! ① イン・スタ・グ…

  • 久しぶりに本物を見た【ゴーン・ガール】

    こんばんは、カミオモトです。 呪怨系のホラーは怖くて見れないのですが、それでも怖い映画が好きです。 非日常的なドキドキ、緊張感とあり得ない事態にドン引きする感覚をときどき身体が求めます。 最近ではアリ・アスター監督のミッドサマーがヤバそうだなと目を付けているんですが、グロテスクなのもやや苦手です。ちょうどいいホラーは中々ない。 今回紹介する『ゴーン・ガール』は、お化けは一切出てこないですが、登場人物のヤバさがホラーじみています。 映画の余韻は『シャイニング』に似ていましたね。 『シャイニング』が好きな方には超おすすめの映画です。 余談ですが、筆者はコンビニまで車で30分弱という日本の端っこに住…

  • 【名作】癒されるファンタジー映画5選【非日常】

    こんにちは、カミオモトです。 今回は癒されるファンタジー映画5作品を紹介したいと思います。 ファンタジー・SFが大好きなのでおすすめがあれば教えてください。 順不同です。 ホビット 思いがけない冒険 2012年に制作されたホビット三部作の第一作目、ファンタジーの殿堂入り作品『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚になります。 ドラマ『シャーロック』のジョン・ワトソン役で人気を博したマーティン・フリーマンが主演をされています。 平和と食、家をこよなく愛するホビットが、ドワーフの故郷を取り戻す旅に出かけます。 君すばしっこいからついてきなよ、と誘われるも「冒険なんてとんでもない」と断るホビット。 ドワ…

  • 【名作】ホビット 思いがけない冒険【ファンタジー映画】

    こんばんは、カミオモトです。 今回は名作ファンタジー『ホビット 思いがけない冒険』を紹介していきたいと思います。 最初は癒されるファンタジー映画10選という記事を書こうとしたんですが、今作について話したいことが多くて記事を分けました。 次の記事くらいで『~映画10選』やりたいと思います。 ホビット 思いがけない冒険 2012年公開のファンタジー映画の金字塔です。 金字塔といえば今作の後日譚にあたる『ロード・オブ・ザ・リング』三部作ですが、筆者はとにかく映画『ホビット 思いがけない冒険』が大好きです。 原題は『The Hobbit: An Unexpected Journey』ですが、 expe…

  • 【第92回アカデミー賞】Hair Love【短編アニメ賞】

    第92回アカデミー賞授賞式で個人的に盛り上がったところを挙げます。 ポン・ジュノ監督の監督賞、スピーチ ホアキン・フェニックスの主演男優賞 レネー・ゼルヴィガーの主演女優賞 ブリー・ラーソン、シガニー・ウィーバー、ガル・ガドットのプレゼンター登場 スピルバーグ監督のプレゼンター登場 不覚にもブラピの助演男優賞受賞シーンは見逃しました。 トム・ハンクスが『ワンスアポンアタイムインハリウッド』でのブラピの半裸をジョークにしてたのは聞けたのでよかったです。 ファイトクラブネタといいブラッド・ピットは愛されていますね。 あと主演女優賞発表後のスカーレット・ヨハンソンの顔がすごくよかった。 すごく採りた…

  • 【第92回アカデミー賞】映画の歴史が変わった日【パラサイト 半地下の家族】

    第92回アカデミー賞授賞式が終わりました。 『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞を受賞し、ハリウッドで作られていない映画でも作品賞を採れることが証明されました。 世界中の映画監督が喜ぶと同時にものすごく悔しがっているのではないでしょうか。 中継に出ていた白石監督、目の奥が燃えていたように思います。 ハリウッドの外で映画を作っている人達が一度は夢見たことをポン・ジュノ監督が叶えましたからね! 日本からアカデミー賞を狙うとすれば外国語映画賞しかないと思ってました。 今日までは。 ハリウッドの外で映画を作っている人達にとって今日はまさにブレイクスルーの日。 壁がぶち破…

  • ハードボイルド・シスターフッド『プラダを着た悪魔』

    2006年アメリカ公開映画『プラダを着た悪魔』見ました~。 『プリティ・プリンセス』でブレイクしたアン・ハサウェイの知名度&支持度を底上げした名作です。 ジャーナリスト志望のファッションに興味がない主人公がファッションの極地である雑誌「ランウェイ」のアシスタントに就職。鬼編集長に無理難題を吹っ掛けられながらも根性とラッキーで次第に周囲からの信頼を得ていく。 鬼の女編集長にアン・ハサウェイが認められていくさまは懐かしの夢小説のようで、王道のシンデレラ・ストーリ―はいつの時代も心が望んでいるものなのだと感じました。 数ある王道・シンデレラストーリーのなかで本作の知名度が異様に高く、そして傑作と呼び…

  • ゼメキス監督が描く彼の世界【マーウェン】感想

    ロバート・ゼメキス監督、映画『マーウェン』感想です~。 ものすごく骨太にひとりぼっちの芸術家の世界が描かれた作品です。

  • リトル・ミス・サンシャイン

    リトル・ミス・サンシャインを見ました。 タイトルが作品の可愛くておもしろくて切ない感じを見事に表わしているような映画です。2019年1月23日現在Huluにあるのでぜひ見てみてください。 監督・脚本・俳優 監督がジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファレスさん。監督デビュー作。 脚本のマイケル・アーントもなんとこの映画が初脚本。 この作品で力量を評価された彼はなんとあのトイ・ストーリー3の脚本も担当されています。この作品を受けての彼への評価はすごいですね。 主人公のオリーヴちゃんは1996年生まれの現在23歳。アビゲイル・ブレスリン。大人になってる。ゾンビランドの妹ちゃんでもある。 お兄ちゃんも…

  • 夢のラ・ラ・ランド、血のセッション

    ともに脚本・監督 デイミアン・チャゼル の作品について話してみたいと思います。 『ラ・ラ・ランド』鑑賞後、原因不明の体調不良に襲われた身としては監督のファーストネームから悪魔の子ダミアンをフラッシュ・バックしてしまいます。 これを読んでくださる何人かの方には分かると思うんですが、デイミアン・チャゼル監督、性格が悪い。すごく新種の、すごい悪い、説明しにくい意地悪しないでくれよと言いたくなるような意地悪を『ラ・ラ・ランド』から感じました。 内容は世界レベルだけど、意地悪の質は小学生の女の子が嫌いな女の子に本人には確実に分かるような何かをして、された女の子が第三者に訴えても『気のせいじゃない?』と言…

  • これは誰の物語なのか【ジョーカー】

    2019年製作『ジョーカー』見ました~。 監督はトッド・フィリップス、主演はホアキン・フェニックス。トッド・フィリップスはハングオーバーの監督をされている方です。ホアキン・フェニックスはリヴァー・フェニックスの弟さんですね。 リヴァー・フェニックスは映画『スタンド・バイ・ミー』で主人公の親友クリス・チェンバーズを演じています。名作&名演なのでお時間ある方はぜひ見てみてください~。 ホアキン自身は『her/世界でひとつの彼女』で主演をされています。今作と顔が全然違うので見比べて初めてほんとだ...となるレベルです。 『ジョーカー』はバットマンのヴィラン誕生譚になります。 ストーリー 舞台は198…

  • 被害と赦し【2人のローマ教皇】

    2019年Netflix製作『2人のローマ教皇』見ました! 監督はフェルナンド・メイレレス。主演は我らがアンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライス! 監督・主演 フェルナンド監督は「ナイロビの蜂」や「シティ・オブ・ゴッド」を撮られている方です。 アンソニー・ホプキンスは我らが凶悪犯「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクター博士役の俳優さんです。ドラマ「ハンニバル」の秘宝マッツ・ミケルセンではなく初老のガタイのいい博士のほうです。 ハンニバル・レクター博士は人肉食の殺人鬼です。無礼者を食べ、その腸をまろびだしレイアウトします。映画界において人肉食のシンボルのようなキャラクター。映画史上5本の指に入…

カテゴリー一覧
商用