searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

圭さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
下弦珊珠
ブログURL
https://kagensanju.fc2.net/
ブログ紹介文
酒と読書を愛する三十路レズのつらつらのろけ ブログ引っ越し作業中
更新頻度(1年)

78回 / 364日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2020/01/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、圭さんの読者になりませんか?

ハンドル名
圭さん
ブログタイトル
下弦珊珠
更新頻度
78回 / 364日(平均1.5回/週)
読者になる
下弦珊珠

圭さんの新着記事

1件〜30件

  • ひとりマニュファクチュア

    仕事から帰って玄関の扉を開けたら、我が家が別世界になっていました。見慣れない光景に、よみがえる短篇。あれは、三浦しをん『きみはポラリス』に収載の、タイトルは何だったかしら。Aくんちのドアが同じマンションに住むBくんちのかぎで開いてしまったトラブルで管理会社に勤める主人公が残業続きになる話。いやそういう話ではないけれど、そういう場面のある話。ここは、ほんとうに我が家か?玄関にランプがさがっている。飾り...

  • 息子たちの向上心

    あたたかい空気は上にのぼる。室温が下がると、我が家の三男、猫がキャットタワーをのぼっていく。先週は、遂にタワーを登頂しました。最上段に設置された箱にこもって、丸まっています。あ「せっかくこたつにいたのに引きずり出されたから、人間不信なんだね」あ、猫の心、読み違え。なお、猫をこたつから引きずり出すのは、日々のけがのケアをするためです。嫌がらせじゃないよ。本人は嫌がってるけど。さて、タワーを持たない次...

  • てっぺんを撮る

    栃木県の玄関たるJR宇都宮駅。ちょうど去年の今頃にばりばり改装して、1階にハイカラな餃子屋ができました。名を「餃子といえば芭莉龍(ばりろん)」となむいひける。気になっているんだよね。駅なかの店舗なので、「宇都宮に来たからには餃子を食べて帰ろう」というひとたちにとって、きっと便利なお店。「ああ、ばりろんね。あそこおいしいよ」と言えるように、じぶんの舌で味わっておきたくって。だがまあしかし、こんな状況です...

  • セトウチ新婚旅行9 タイムレス

    3泊4日、瀬戸内をゆく新婚旅行記のつづきです。はじめから読む方はこちら↓セトウチ新婚旅行13日めの夕方。マスカット姿の自転車置き場の目の前に、カフェがあったので一休みしました。カフェの入り口の雰囲気は、さながら公民館。靴を脱いで上がると、底冷えしないようにしっかり敷かれたじゅうたんの奥に飾り気のないストーブが鎮座。いなかの親戚の家のようなゆるさが立ちのぼります。直島に移住してきた方のエッセイまんがを読...

  • セトウチ新婚旅行8 試される審美眼

    3泊4日、瀬戸内をゆく新婚旅行記のつづきです。はじめから読む方はこちら↓セトウチ新婚旅行13日め。昼ごはんを済ませたら、直島アートをのんびり鑑賞します。美術館がいくつかあるのは調べていたけれど、空気がのどかでほんとうに気もちがよかったので、屋外アートを歩いて観てまわりました。主に、古民家を特定のコンセプトのもと改装して、建物そのものを美術作品としたシリーズ「家プロジェクト」を。どの作品の何がどう良かっ...

  • 14日間だよ

    「14日間だよ」とささやく、シャンプーだかトリートメントだかのCM、あったよね。大昔に。年が明けて、まる2週間が経ちました。で、まだ書いていなかった、今年の目標。ちょっと気を引き締めてがんばらないといけないので、ずるいけど、14日間続いたら書き残そうとおもっていてね。続かなかったら、お蔵入りの予定だった。「目標」の定義をゆるがしている自覚はあるよ。さて2021年、わたしが心がけるのは。1 皿を洗ってから寝る...

  • 媚薬効果もあるとかないとか

    仕事から帰って、寝るまでのひととき。ふたりばらばらにこたつに突き刺さって、あきらさんは音ゲー、わたしはtwitterをスクロール。と、あきらさんが言いました。「コーヒー、飲む?」あら、いいね。淹れていただけるの?一瞬、目が泳いだあきらさん、きっぱりと言いました。「じゃんけんだ!」「勝った方が、コーヒーを淹れるんだよ。だいすきなひとに、あったかくておいしいコーヒーを提供する権利を手に入れる」勝ったら栄誉。...

  • もはや覗きの罪悪感

    昼休み、あきらさんからのLINE。「馬鹿野郎だな」お、どうしたどうした。アプリを開いて連投をたどってみると、洗濯を忘れたのだそうな。今日はあきらさんの仕事が休みなので、頼んでおいたのでした。忘れてしまった自省と自虐が「馬鹿野郎」だなんて、あきらさん、じぶんに厳しすぎるよ。LINEには続きがありました。「読み耽ってしまった」洗濯を忘れた理由を教えてくれるのね。なにを読んでいたの?「手塚治虫」手塚治虫じゃ仕方...

  • 雪は降る想い心に

    雪が降りました。幸い、積もりませんでした。朝起きたら、寝起きの乾燥肌ていどに白いものがぱさぱさと地面に張りついていて、ただそれだけ。自転車通勤にも支障なし。でも。寒いもんは寒い!経費節減のため、定時を過ぎると暖房が切れる我が社。残業中、どんどん縮まるわたしの膀胱。トイレに立つついでにケータイを見ると、あきらさんからLINEが届いていました。寒いです。猫はこたつから出て来ません。うさぎは寒さに固まってま...

  • セトウチ新婚旅行7 島へ

    3泊4日、瀬戸内をゆく新婚旅行記のつづきです。このブログを読むひとの多くないことは承知しつつ、2年前の旅行の話だと断っておきましょ。ああ新型コロナね、世界的に大変だったよね。と言えるようになるのは、何年後かな。はじめから読む方はこちら↓セトウチ新婚旅行12泊めが明けて、岡山駅前のホテルとは、ここでさよなら。宇野に向かいます。めあては、宇野港発のフェリー。She's got a ticket to ride...瀬戸内海に浮かぶ島、...

  • セトウチ新婚旅行6 記憶がとろけている

    栃木県のコロナ感染拡大がなかなかハイペースになって参りました。人口10万人あたりの新規陽性者数は、直近1週間で、大都会の東京都と神奈川県に次ぐ全国3位。「あきらと出歩く」カテゴリの記事は、しばらく書かないだろうなあ。と、おもっていたけれど、例によって例のごとく、ありましたわよ。未完の旅行記が。思い出しながら続きを書こうっと。実に2年前のことだけど。  はじめから読む方はこちら↓セトウチ新婚旅行1...

  • 運転の巧拙はセンスの問題なのか問題

    自動車免許の更新に行ってきました。 かつて「あきらさんを飲み会に送迎できるようになる」ことを目標にしたこともあったけれど、今はただの強力な身分証。そう言えば、わたしの免許証の写真、なんでいつも、もっこもこに厚着なんだろう? などと阿呆な疑問を抱きながら自転車をこぎ、あたりまえじゃろが誕生日が12月なんだから! と叫んで帰宅しました。さむさむ。今日の最低気温はマイナス9℃。生活の場は、こたつを中心とし...

  • お揃いね貴女達

    先だって「あずさ2号」の替え歌を作っていたせいでしょう、彼女の頭のなかでは、今日もあのメロディが鳴っているようです。今日の昼休みには、こんなLINEが。私にとって定時は今も眩しいひとつの幻想な、ん、です~♪ああ、6時ちょうどの定時のベルで~♪私は私は今日もまた♪か、え、れま~せん~♪読点で区切ってあるところが、また。なお、本日あきらさんのお仕事はお休み。そう、定時が幻想なのはわたしだよ! ごめんね、こんな時...

  • 姉妹のように

    テレビっ子のあきらさん、正月特番をいくつか録画して、空いている時間にたらたら流し見しています。 そのなかに、フジテレビの「突然ですが占ってもいいですか?」なる番組があって。ちらりと画面を見たら、阿佐ヶ谷姉妹が占われていました。阿佐ヶ谷姉妹!えりこさんとみほさん!好き。百合すぎて、好き。のほほんふたり暮らしなエッセイ本は未読だけれど、そのうち読もうと、AMAZ○Nに積ん読しているの。おもわず、わたしも...

  • パブロフの猫

    我が家の三男、猫は、拾った子。正確な年齢はわからないのだけれど、獣医先生には「2014以前生まれじゃないかな」と言われていますが。「意外と、もっと年がいってるかもしれない」とは、あきらさんのことば。季節の変わり目にカリカリを吐いてしまうことがちょこちょこあったので、胃腸があまり強くないのかな、なんて。エイズウイルスを抱え込んでいる子でもあるから、必ずしも年齢によるものだとは言えないけどね。ともかく、お...

  • この胸○っぱいの愛を

    昼休み、あきらさんからのLINE。手で顔を覆い、照れている猫のスタンプに続けて、写真が送られてきました。タンクトップの肩紐からこぼれ落ちる、白い肌。こんもりとまるい隆起。てっぺんは、つやつやした紅色。お、おっぱいだー!!!おっぱいが送られてきたー!!!でも、彼女は自撮りエロ写真を送って悦に入るタイプではないし、あきらさんにしては胸が小さすぎ。考えられることはただひとつ。あきらさん、アカウント乗っ取られ...

  • 2号さんはいないはず

    トイレの電気と換気扇。お風呂の電気と換気扇。スイッチが分かれている物件は、すこし家賃が上がる気がする。我が家のは分かれていないので、電気をつければ、換気扇も自動的にオン。話し声やテレビの音は、もうまったく聞き取れなくなります。 だけれども。かすかに届く旋律。あきらさんが、居間でなにか歌っている気がする。気になるのでトイレを飛び出し、ねえねえ、いま、なにか歌ってた?ちらりと横目のあきらさん、ふい...

  • 同性結婚式と「新郎新婦」

    なんぞ人気のテレビドラマの新春スペシャル放送で「学生時代に女性が好きだった女性」が登場したり、夫婦別姓が選べる社会に向けた議論の話題が出たり、したんですって?わたしはドラマを見ていないけど、twitterで意見や感想を見かけました。そんな本日。我々カップルが結婚式を挙げた式場から、年賀状が届きました。で。宛名がね。あき田 あきら 様    圭   様っていう、連名になっていたのです。わたしの苗字どこいっ...

  • 初夢のサルトル

    初夢は、正月2日の夜にみる夢。という説があることは知っているのですけれど、新年最初にみた夢の内容が、いやひどかった。※汚いので閲覧注意!  ...

  • 初日の出は見なかった

    あけましておめでとうございます、圭です。ここ数年は元日にあきらさんの実家へ年始のごあいさつに伺って、家族の食事会に参加するのが常でした。でも、今年はコロナがあるからね。食事会の予定はなくなり、ふたりで寝正月。お節  お雑煮…の写真は撮ったけど、ほかほかの湯気で、だめだこりゃ。角餅を焼いて沈めた具だくさんのお雑煮を、あきらさんに作ってもらいました。 そうだそうだ、年越しそばの写真も貼ろう...

  • 定期報告2020年末

    年度のはじめに1年を振り返るより年の終わりに1年を振り返るほうが気もちが乗るんじゃないかしら?ということに思い至ったのは、今年の4月のことでした。さっそく今年はそうしましょ、大みそかに回想録。 ...

  • 実感のないカウントダウン

    仕事、納めました。朝。仕事に行きたくない行きたくないとわたしが騒ぎ立てていると。「ほら、圭さんが帰宅を楽しみに働けるように、スコン焼いておいてあげるから」あきらさんから天の声。え、ほんと、すごい!わたしが駄々をこねている間に、あなたは生地をこねてくれると言うの?「スコンの生地はこねません。硬くなっちゃうよ」そういうところ、そういうところだよ、あきらさん。好き。で、帰宅後。林望先生が言うところの「オ...

  • キャンパーの青い空

    先日33歳になったわたくしに、彼女からのプレゼントは。  これはふたりぶんのケーキプレゼントはこっちハンモックでした。「圭さんが特にハンモックを欲しがっていたわけではないって、知ってたけど、これを使ってきゃっきゃする圭さんを見たかった」と言ってもらって、つまり、わたしへのプレゼントではあるけれど、わたしが使うとあなたも嬉しいやつね?ふたりで幸せになれるのね?なんて嬉しい発想。というわけで、華...

  • 手が冷たいひとは

    寝るときはだいたい同じ時間にふとんに入るのだけれど、その日は、あきらさんが先でした。後からわたしが入ってみると、おやおや、なんでこんなに手が冷たいの!?先にふとんをあっためてくれたら、そのぶんあきらさんから熱が奪われてしまったの?さあさあ、わたしの手で覆ってあげるね。ほら、熱いくらいでしょう、わたしの手。どうです、どうです。大騒ぎするわたしに、あきらさんは吶々と。「あたしは、心があったかいからね」...

  • 飛ばないでイスタンブール

    海外旅行になど、とても行けないね。来年、あきらさんとふたり韓国旅行を計画していましたが、中止しました。代わりというわけではないけれど。「圭さん、トルコに行かない?」と、誘っていただきましたのが、こちら。高橋由佳利さんのオンライントークイベント。高橋由佳利さんと言えば、エッセイまんが『トルコで私も考えた』シリーズの作者。最新刊の発売を記念して、無観客のオンラインイベントが開催されたのでした。チケット...

  • 骨になっても愛す百合

    元気なときに読むと生命エネルギーを持ち逃げされるけれど 元気がないときに読むとむしろ栄養になる作品。ってのが、あります。今日は、そんなまんがをひとつ。平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』巷の評判を見ると、そもそも好き嫌いが激しく分かれる作品のようだけど、わたしは好き。 そしてこの作品を好きなひとのなかにはばかやろううううこれは百合じゃねええええと殴り込んでくるひともいるだろうけれど、ごめん...

  • 防波堤が高い

    今日、こたつを出しました。ふたり暮らしを始めてから、12月まで、こたつなしでもち堪えたことがあったかしら。 今年は7月がやたら寒くって、夏が後ろ倒しになって、冬が来るのも遅くって、凍えだしたのは、なんと、年末の足音が聞こえるこの時期。凍えていることに気づいてから大慌ててで、とりあえず、とりあえずこたつを出しました。せめてもの対症療法。ロキソニンって、痛む前に飲んだほうが効きがいいんでしょう? あ...

  • ふたりの綿婚式

    あきらさんと結婚式を挙げてから、2年が経ちました。記念日の当日は帰りが遅くなってしまって、どたばたとコンビニの小さなケーキを買い、かろうじてお祝い。ま、まだ当日だよね? 当人たちはそんなザマだったけれど、結婚式に出てくれた方から「2周年だね」とメッセージをいただいて、うふふ、そうなんです。覚えていてくれて、ありがとう!さて。お祝いらしいごはんは、本日、ばっちりビストロランチをかましてきました。か...

  • ここはすなおにありがとう?

    大きなくしゃみをしたら、となりで寝ていたあきらさんが、目を覚まして一言。「夢の中で、圭さんがあたしにオムライスを作ってくれたんだけど」「食べそこねたー」そして、ふとんに潜っていく彼女。待って。それって、わたしがくしゃみで起こしたから?わあああ、ごめん、ごめんよう。お詫びに、今日はわたしがオムライスを作ろうか?「あたしのPMS細胞が暴れる! マック! ラーメン! 餃子!」オムライス、お呼びでなかった。いや...

  • 我が家の勝利宣言

    テレビを賑わす米大統領選挙。興味はもちろんあるのだけれど、我々には、もっと卑近な選挙があるのだ。すなわち栃木県知事選挙。じゃなくて。うちでいちばんかわいいのは誰だ?候補者の近影。 なんだっけ、これ…?そうだ、うさぎだ。なでてもらおうと、ケージの隙間から鼻づらをガンガン突き出すうさぎだ。つやつやの黒い目に、白くかがやく口吻と腹毛。見よ、口もとの完璧なY字!オラオラが止まらない自己中な彼だけれど、と...

カテゴリー一覧
商用