searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

しょうこちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
dポイント投資の攻略ブログ
ブログURL
https://dp-invest.hateblo.jp/
ブログ紹介文
dポイント投資をはじめとした様々なポイント投資の攻略法や投資予想。その他、ポイントをお得に貯める、使う方法を紹介しています。
更新頻度(1年)

556回 / 315日(平均12.4回/週)

ブログ村参加:2020/01/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しょうこちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しょうこちゃんさん
ブログタイトル
dポイント投資の攻略ブログ
更新頻度
556回 / 315日(平均12.4回/週)
読者になる
dポイント投資の攻略ブログ

しょうこちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • AmazonでPaidy10%還元キャンペーン!ブラックフライデー&サイバーマンデー期間中に6000P還元

    Amazonプライム会員限定でPaidy翌月払いでお買い物するたび、合計金額から最大10%ポイント還元キャンペーンがプライム会員向けに実施されています。 10%還元は嬉しいですが、Paidyというよくわからない決済方法で支払ってよいものか心配に思う方もいらっしゃるかもしれません。 というわけで、Paidy翌月払いというサービスについての紹介とキャンペーン活用の注意点を紹介していきます。

  • Amazonブラックフライデー&サイバーマンデーの同時セール!必要な準備ややっぱりd払いがオトク

    Amazonで11月27日9時(金)~12月1日(月)までの間「ブラックフライデー&サイバーマンデー」のセールが実施されます。 去年はバラバラの時期に行われたセールですが、今回は一連のセールとして実施されるようです。セールの内容は基本的にはタイムセールが中心となりますが、ポイントUPキャンペーンやMusic Unlimiedに関するセールなども実施されるようです。 他にもアマギフに関するキャンペーンもあるのでブラックフライデー&サイバーマンデーに合わせて上手く攻略していきましょう。 合わせて今回のセールも、d払いとの相性がバツグンに良いです。Amazonの場合、ドコモ料金との合算しか利用できな…

  • セゾンパールがQUICPayで常時3%還元の高還元率カード。永久不滅ポイントがモリモリ貯まる

    決済において新しいメインカードになりそうなクレジットカードが登場しました。 セゾンパール(セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード)は ApplePay連携のQUICPayで常時3%還元 さらにキャンペーンで+2%還元 還元されるのは使い道豊富な永久不滅ポイント ということで、発行するしかないやん。というレベルのカードです。年会費1,100円(税込み)ですが、初年度無料で、前年に1円以上の決済があれば翌年も無料の実質年会費無料です。 この還元率ならスマホ決済でのメインクラスになりそうですから、年会費は気にしなくても大丈夫でしょう。 通常カードと、ナンバーレスのデジタルカードの二種類があ…

  • セントラル短資FXの口座開設&取引で一撃27000ポイント還元の安全な攻略法

    ポイ活なんて細々やってられないよ、という方におすすめなポイ活はやはり金融の一撃案件です。特にFX系は大型の還元案件が出てくることもあります。 最近は一昔前と比べると条件が厳しすぎて「やる価値無し」の案件も増えていますが、時々はメチャクチャ高ポイントで条件が緩い案件も出てきています。そういう案件は確実にゲットしていきたいところです。 今回の紹介はFXの老舗「セントラル短資」です。こちらライフメディア経由なら27000ポイント還元です。取引条件(指定条件)も緩めなのでぜひぜひ活用していきましょう。

  • d払いとKyash Cardの紐づけOK!ポイント3重取りが可能な活用法と注意点

    ブランドプリペイドカードのKyash Cardが3Dセキュアに対応し、セキュリティを強化しました。この強化を受けて、我らがドコモのスマホ決済サービスの「d払い」のお支払方法としてKyash Cardが選べるようになりました。 d払いにKyash Cardを設定することによりポイントの3重取り、4重取りが可能になります。d払いのキャンペーン系との併用ができない点に注意は必要ですが、場面場面によってはかなり有効になりそうです。

  • 米国株(個別株)に1000円で投資ができるOne Tap Buyの評価とメリット、デメリット

    米国株への投資はコストの低いインデックスファンドやETF、それにポイント運用を活用した疑似投資などで数年前と比較してかなり投資しやすくなってきています。 一方で、そうしたインデックス投資(株価指数)ではなく、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)やテスラ、zoom、モルデナなどの個別株に投資をしたいという場合は少しハードルが上がります。 そんな米国株投資、まとまった資金で始めるならマネックス証券がおすすめですが、米国株投資は初めて&小額から始めたいという方におすすめなのがOne Tap Buy(ワンタップバイ)です。 >>One Tap Buy公式ホームペー…

  • ハピタスでdポイント交換10%増量キャンペーン!15%増量と併用すれば25%増量だけど……

    ポイントサイトの「ハピタス」がdポイントの15%増量(2020年)のキャンペーンと合わせる形で、独自の10%増量キャンペーンを実施します。 moppy:独自に3%上乗せ ライフメディア:PeX交換2%増量と組み合わせが可能 他のポイントサイトでも上記のようにうわのせがありますが、10%増量となるとかなり大きいですね。ただし、実際のところ条件が少しキツメなので、利用するかどうかはよさげな案件次第ってところになりそうです。 少し複雑なので説明していきます。 >>ハピタスの会員登録はこちらからできます

  • dポイント5周年記念キャンペーン!12月1日より「あり5とう祭り」スタート

    ドコモポイントがdポイントに変わって5周年ということで、dポイントスーパーチャンンス あり5とう祭(ありごとうまつり)が2020年12月1日~2021年1月11日まで開催されます。 dポイントカード提示&d払いで1回600円(税別)以上のお買い物をするともれなく500P(期間・用途限定ポイント)をプレゼント dポイントカード提示、またはd払い(5店舗以上)をすると抽選でdポイントや5周年ポインコグッズをプレゼント とりあえず、(2)の方は抽選なのでおいておくとしても(1)の方は簡単作業で500Pもらえる感じなので、こちらはマストで取り組みましょう。 ちなみに、d払いは初めてという方も参加可能で…

  • SBIネオモバイル証券「ひとかぶIPO」のメリット、デメリット

    Tポイント投資でも活用しているSBIネオモバイル証券がIPO投資もかのうになります。その名も「ひとかぶIPO」。文字通り1株単位でIPOに申込・投資できるサービスです。 IPO投資というのはまだ公開(上場)していない会社が新規に上場するときに、株式の一部を投資家に配分をして、取引開始に備えることです。 一般の投資家が上場前にその株を持つことで、上場初日にその株が売りに出されるなどして流動性を確保する(売買注文を活発化させる)ことが目的です。 その取引開始前にその株の配分を受けることをIPO投資といいます。 IPO投資が人気なのは、配分時の価格(公募価格といいます)と、実際に最初に市場(証券取引…

  • 11月に調理家電(特に電子レンジ、炊飯器)を買うならエディオンでdポイントカード×QUOカードPayが最強

    調理家電の購入を検討しているなら、今はエディオンでdポイントカード×QUOカードPayの組み合わせがおすすめです。 キャンペーン期間:2020年11月30日まで dポイントカード提示で+30倍(15%還元) dポイントカードのクーポン利用でお得 (抽選)10万円まで全額ポイント還元 決済はQuoカードPay。増量キャンペーンで20%増量使用 この組み合わせで行きましょう。ちなみに、クーポンの対象となっているのはエアコンや電子レンジ、炊飯器などです。

  • 楽天モバイルがZERO宣言、契約手数料無料&月額料金も1年無料で1年間完全無料でお試し可能で8000P貰える

    楽天モバイルはRakuten UN-LIMIT Vを契約する際の事務手数料3300円(税込)を完全無料化、MNP手数料も2020年11月4日から無料化しました。 現在実施中の月額料金2,980円が1年間無料になるキャンペーンも併用することができるので、「契約」→「1年間無料」→「必要なら転出」という流れが完全無料でできてしまいます(もちろん、気に入ったのならそのまま継続利用もOK)。 楽天モバイルは自社エリアでは無制限、auローミングエリアは月額5GBまで無料で利用できます。音声通話に関しては「Rakuten Link」アプリを利用すれば無料です。 当初はAndroid版のみでしたが、現在はi…

  • 楽天RSS(リアルタイムスプレッドシート)を活用して保有銘柄を管理する方法

    前回、ネオモバの銘柄管理をマネーフォワードを利用すると便利ですよ。という記事を書きましたがさらにそれを応用していこうというのが今回の記事です。 マネーフォワードの記事はこちら。 dp-invest.hateblo.jp 楽天RSSとは「楽天リアルタイムスプレッドシート」というサービスです。こちら楽天証券に口座があれば無料で使えます。 何かというとエクセルを利用して銘柄情報をスプレッドシート(エクセル)上でリアルタイムに管理できるというツールです。 面倒臭そうと思われるかもしれませんが、たいそうな知識は必要ありません。手順通りにやればだれでも利用できます。特に個別株投資をしている人は便利です。 …

  • LINE証券のナイトセール開催!決算銘柄を終値で購入可能。PTSでチャンス銘柄を探そう

    2020年11月からLINE証券で新しいタイムセールがスタートします!その名もナイトセール。これは決算発表銘柄が当日の終値で買えるというサービスです。 これまでのように、当日の終値から少し安く買えるルールから、当日の終値で購入できるという仕組みになっています。 何のメリットがある?と思われるかもしれませんが、決算発表後なので、発表内容によっては株価が大きく上昇することもあります。 その上昇を狙っていくというセールになります。少し難しいのはこれまでのように、とりあえず割引率にそって買えばいいという仕組みから、銘柄選定が重要になるという点でしょうか。 個人的にはかなり面白くなったように思います。私…

  • 2020年!dポイント増量キャンペーン今年は15%増量、ノーリスクでお金が増やせる

    例年実施中のdポイントへのポイント交換増量キャンペーンが、今年も実施です。 今年は無いのでは……という不安もありましたが、増量レートが20%→15%へと多少下がりましたが、無事に実施されます。 他社ポイントをdポイントに交換すると15%増量されます。dポイントは実質的に日興フロッギーで現金化もできることを考えると、お金が増える錬金術になります。 キャンペーン期間は2020年11月6日~2021年1月6日まで、増量交換となる対象や期間にバラつきがありますので、上手く活用しましょう。

  • 証券口座開設時に配当金の受領方式が変更されてしまう問題点と解決策

    ネオモバ×楽天銀行の「配当金受け取りプログラム」を利用したポイ活投資をしている人は、配当金の振込先を「楽天銀行(登録配当金受領口座方式)」としている必要があります。 ただ、最近の証券会社(特にスマホ取引の証券会社)の場合、配当金の受け取り方法が「株式数比例配分方式」しか選べないようになっていることが多いです。 そのままだと口座開設をすると配当金の受け取り方法が「株式数比例配分方式」に切り替わり配当金はそれぞれの株を保有する証券会社で受け取る方式となってしまいます。 つまり、楽天銀行で配当金が受け取れなくなってしまい、配当金受け取りプログラムが使えなくなるわけです。そんな時どうしたらいいのか?を…

  • 後出し最終回:2020年11月4日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが使えなくなります。 本日が最後…

  • 2020年11月2日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが使えなくなります。 明日は祝日…

  • 2020年11月d払いお買い物ラリー継続!今月は2店舗買い回りで+30%(新規は+50%)

    d払いでのショッピングを複数店舗「買い回り」することでポイント還元を受けることができる、d払いお買い物ラリーは11月も実施されます。 今回は既存のd払いユーザーは2店舗買い回りで+30%還元、一方でd払いは初めてという方は同じ2店舗買い回りで+50%還元と還元率に差があります。 買い回りの対象店舗はスーパーやドラッグストアなどが対象。コンビニは対象外ですが2店舗でよいので達成は容易だと思います。 今月は特に、d払いは初めてという方がお得です。ちなみい、d払いを初めてという方は、街のお店とネット決済でそれぞれ初回利用で1000円分のポイント還元があるキャンペーンも併用できます。 d払いお買い物ラ…

  • 2020年10月30日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが使えなくなります。実質的には1…

  • <2020年版>期間・用途限定dポイントの使い方、お得な消費方法を考えよう

    dポイントは通常ポイントとは別に「期間・用途限定ポイント」というdポイントが用意されています。こちらは、通常ポイントよりも制約のあるポイントでポイント交換などには利用することができません。 期限も設定してあるため、サクッと消費する必要があるわけですが、今回はそんな期間・用途限定dポイントの使い方を紹介します。 (追記)2020年3月24日より、dポイント(期間・用途限定ポイント)はSMBC日興証券を通じてポイント投資ができるようになりました。

  • 2020年10月29日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが使えなくなります。実質的には1…

  • 2020年10月28日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが使えなくなります。実質的には1…

  • StockPoint for CONNECTで株主になろうキャンペーン2が開催中!抽選で株が当たる

    ポイント運用のStockPoint for CONNECTで「株主になろうキャンペーン2」が開催されます。 期間:2020年10月26日~12月10日まで 毎日1回の抽選チャンスがあり、当選すると株式相当分のポイントやPontaポイントなどが当たります。1日1回のチャンスなので全部参加すればで44回のチャンスという事になります。 当選した場合はネット証券のCONNECTに口座開設をする必要があったりするのですが、口座開設は12月28日までにすればOKです。 アプリインストールすればOKと参加条件は緩いのでチャレンジだけしておいて、大きく当選したら口座を作るみたいな感じで良いと思います。

  • 2020年10月27日14時前の永久不滅ポイント運用の追加、引出判断

    残り僅かの期間ではありますが、永久不滅ポイント運用について後出し終了までは14時前の数字状況を発信していきたいと思います。 永久不滅ポイント運用はdポイント投資の後出し運用と同じように、14時までに追加・引出をすれば当日早朝の米国ETF価格で投資ができます。ただし、ポートフォリオのうち日本株分は日本市場で運用されているので国内株分はdポイント投資のテーマ日経と同じように当日15時価格で買付という事になります。 後出しの感は旧dポイント投資より弱いですが、それでも多少は有利であることは変わりないです。 ただ、こちらの永久不滅ポイント運用も2020年11月5日より売買サイクル変更(改悪)で後出しが…

  • auPAYふるさと納税がオトク。Pontaポイント交換増量キャンペーンでポイ活的投資としても利用価値大

    そろそろ年末。ふるさと納税の季節がやってきました。ふるさと納税寄付サイトのキャンペーン等を上手に使ってお得な寄付をしたいものですね! そんな寄付案件で今お得なのがauPAYふるさと納税です。 その、オトクの源泉はポイ活ユーザーだからこそ活用できる「ポイント増量キャンペーン」です。ポイント増量(交換)については「ポイ活で貯めるべきポイントの種類と選び方」でも超重要と指摘したように、ポインと活用のキモといえる部分です。 10月末までPontaポイントをauPAYマーケット限定ポイントに交換すると、初めての方は100%増量、その他の方は50%増量となります。 当然、増量したポイントでふるさと納税でき…

  • ポイント運用で本当に怖い権利落ち(配当落ち・分配落ち)と対策

    dポイント投資やStockPointなどのポイント運用は、基本的に対象となる指数や株価にポイント数が連動するように作られています。株価(投信の場合は基準価額)の変動に合わせてポイント数も増減する仕組みとなっているわけです。 実際に株や投資信託を保有するわけではないという点に注意が必要になります。 その影響がモロに出てくるのが権利落ちです。 今回はポイント運用で本当に怖い権利落ち(配当落ち・分配落ち)について紹介したいと思います。

  • 後出し終了後のd新生dポイント投資の攻略法!ポイント運用の強みをうまく利用しよう

    dポイント投資のいわゆる半後出しが封鎖されました。 これによって、ポイントの追加や引出を先読みして運用することができなくなります。投資タイミング的には普通の投資信託への投資とほぼ同じようになります。 dポイント投資は、ポイントのまま運用することもできますし、日興フロッギーを通じて株式やETFに投資をすることもできます。 dポイントを使って投資・運用をするとなると、貯めこんだdポイントを「ポイント運用」するべきか、それとも「投資(株・ETF)」にするべきか悩む位ところですよね。 今回は、これまで貯めこんだポイントをお買い物等で消費するのではなく、資産運用(ポイ活投資)をする前提で、どう投資に活用…

  • 2020年10月23日13時前のポイント投資の追加・引出判断。明日のポイント投資を予想

    dポイント投資や永久不滅ポイント運用はポイント追加と計算・反映の仕組み上、早朝~お昼の14時までの相場変動分を、ちょっとだけ先読みできる投資になっています。 でも、長年続けた後出し投資も今日で終わりです。 2019年6月24日から始まった現行の半後出し、2020年10月23日の変更までのトータルで232.62%という高利回り運用ができました。 dポイント投資を引退はしませんが、運用規模や方針は変えていく方針です。この辺りは本日か土日に更新したいと思います。 一緒にdポイント投資を楽しんでくれた読者の方やツイッターで絡んでくださった皆様にも感謝を!ありがとうございました。 twitter(@sh…

  • 2020年10月22日 18時前のdポイント投資コースのスイッチ判断と今日の結果

    こちらの記事では本日17時のdポイント投資ならびに永久不滅ポイント運用の最終的な変動率の計算と、18時前(17時50分)までに可能なコースチェンジについて考察していきます。 dポイント投資のコースチェンジを活用することでマイナス幅の大きい日は「バランスコースにスイッチ」することでリスクを抑えることができるようになります。上手に活用していきましょう。 → dポイント投資公式ホームページ 目次 そもそもdポイント投資って何?という方は「これからdポイント投資を始める人向け dポイント投資の基本と投資法」を先にご一読ください。 目次 前回の答え合わせ:17時変動の結果発表 18時前のdポイント投資の…

  • 2020年10月22日14時前のポイント投資の追加・引出判断。明日のポイント投資を予想

    dポイント投資や永久不滅ポイント運用はポイント追加と計算・反映の仕組み上、早朝~お昼の14時までの相場変動分を、ちょっとだけ先読みできる投資になっています。 さながら、お昼ごろに早朝の時間までタイムマシーンで戻って、投資するかをもう一度決めることができるようなイメージです。 また、セゾン系のポイントの「永久不滅ポイント」を利用した「永久不滅ポイント運用」も似たようなイメージで運用できます。 <改悪のお知らせ>なお、こうしたタイムマシーン運用はdポイント投資は10月24日、永久不滅ポイント運用は11月4日に終了する予定です。それ以降はあえて運用する旨みは小さいです。 twitter(@showc…

カテゴリー一覧
商用