searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

こだまの丘農園さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こだまの丘だより
ブログURL
https://kodamanookafarm.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
野菜作りとは縁のなかった生活からの新規就農。野菜たちと季節を感じながら夫婦二人で日記を綴っていこうと思います。
更新頻度(1年)

8回 / 33日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2020/01/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こだまの丘農園さんの読者になりませんか?

ハンドル名
こだまの丘農園さん
ブログタイトル
こだまの丘だより
更新頻度
8回 / 33日(平均1.7回/週)
読者になる
こだまの丘だより

こだまの丘農園さんの新着記事

1件〜30件

  • 青色です

    サラリーマンは年末になると総務部に年末調整書類を提出しますよね。・・といはいうものの、意味が分からず、手とり足とり教えてもらっていた私。それ以外は全部、会社がやってくれました。農家は自分で確定申告をします。農家に限らず個人事業主はみなやります。・・・で、就農直後は税金の勉強も。。私の就農当時は税務署に申請すれば、1年間の税理士個人指導が受けられました。それ以外にも、分からないことがあれば税務署に📞...

  • ソラ

    ご近所にはネコを飼っているお宅が多いように思うのは気のせいかな。ただネコ好きなのかもしれないけど、穀物や蚕を食い荒らすネズミを追い払うネコを農家は昔から大事にしてきたという話も。現在、こだまの丘農園では20数か所に畑を借りていますが、それぞれの畑に縄張りを持つネコがいます。こちらは白ネコ、あちらは黒ネコ、ここは飼い猫、あそこは野良という感じで、みんな顔なじみになってます。2年前の春から我が家に住み...

  • ヘイオーツ

    昨日は節分でしたね。おとなり群馬県藤岡市鬼石町(おにし)は、鬼が投げた石が町になった言伝えがあり、鬼は町の守り神なんだそうで。節分で各地から追い出された鬼たちを歓迎するために、「福は内、鬼は内」と豆まきするそうで。暦の上では節分を過ぎれば春だけど、とおく浅間山は白い雪をかぶっています。20代の若き日、尻込みする私を「雪山いいですよ、先輩なら登れます」と中央線夜行列車に押し込んだ後輩。彼は20年ほど前...

  • 排水作業

    先日の雪からの大雨で、トンネル栽培のレタスが水浸しに。…とはいえ3日もたつのに水が引かない。この状態のままだと根が酸欠に。よくないです。写真中央下の排水口に流れるように。泥田にクワいれて排水路を作りました。このように地表面を溝などで排水するのを「明渠(めいきょ)排水」といいます。一方、水田には、地下に排水管が数本通って、地下の水を排水することができます。これを「暗渠(あんきょ)排水」といいます。暗...

  • 雪対策

    「大雪」との予報が出るたびに2014年(平成26年)の豪雪災害を思い出します。いくら短いとはいえ私の足が埋もれる積雪。3日間、ほぼ身動きがとれず停電も続きました。市内の農業ハウスのほとんどがつぶれ、当農園も、軽量鉄骨の農作業場2棟が全壊、レタストンネルもゴーヤ棚も農機具倉庫もいろんなものがつぶれました。移住直前の東日本震災の混乱に続き、就農して3年目に遭遇したこの大災害に、今度ははたして…と不安が脳裏を...

  • 葉牡丹でしょうか

    葉牡丹のようとは、さすがに言い過ぎか(^^)でも、この季節に畑に差し込む冷たい光は、こんなものまで力強く輝かせてくれます。収穫後の白菜の切り株から出た新葉。この葉自身が力強いというべきかな。両脇には収穫前の白菜。主に自家用に作っている白菜。冬の間、ひとつずつ収穫して食べてます。写真のように、あたまを縛っておくと、外葉が冬の寒さから守ってくれて、しなびた外葉をむけば、シャキシャキのきれいな白菜になる...

  • レタス

    レタス順調に育ってます。中央の新しい葉に注目してください。横に広がらず、起ち上がってきてます。まず、この葉が丸く巻き込んで、その中に次々と新しい葉ができて、レタスの玉ができてくるのですよ。レタスが丸くなりはじめる前に病気予防的な農薬散布をします。本日風もおだやか、散布日和です。そして、これが機材一式。荷台にあるのは動力噴霧機と薬液タンク。古い機械ですが大事に使ってます。丸くて黄色いのはホースガイド...

  • つぎは「ベタ」

    前々回の記事で、レタスのトンネル栽培を紹介しました。(https://kodamanookafarm.blog.fc2.com/blog-entry-224.html)こだまの丘では、11月に定植して、翌2月下旬~3月収穫の作型になります。「作型」って農家は普通に使いますが、一般には馴染みのない言葉ですよね。これ、ちゃんと説明しようとするとたいへん難しいことに、今気づきました。「作型」=「類型的な栽培パターン」と言っても、なんだかよくわかりませんね。 ①...

  • 人参を食べた犯人は?!

    只今にんじん収穫中!収穫していると人参の香りに包まれて幸せを感じます。そんな幸せの作業中、昨年までは見たことがない形状の人参が!!食われてます( ̄▽ ̄;)ばっちり食われてます(泣)ここまでしっかり食べてくれると逆に気持ちいい気もしますが〰️(^^;もぐらが人参を食べるかどうかは不明ですが、今年の人参畑にはもぐらの開けていった穴が確実に多いです…。犯人はもぐらなんでしょうか?!ちょこっと調べてみると〰️『もぐら...

  • トンネル

    春の収穫が待ち遠しいレタスです。水稲の収穫が終わった水田にすかさずレタスを植えたのが昨年11月。水稲のあとだと病気がでにくいのです。そのおかげで、すこやかに育っています。レタスの上にはビニールのトンネルを作ります。その名も「トンネル栽培」といいます。トンネル支柱には、ピアノ線と呼ぶ細い鉄の棒を使いますが、産地ごとに弓支柱や竹材などいろいろ。支柱間隔も、強風のあるなしで異なります。(当農園では約60㎝...

  • 段ボール

    こだまの丘農園では、今年も1月3日から作業スタート!はたらき方改革もどこ吹く風ですね。シーズンはじめに用意しておいた出荷用段ボールもあとわずか、あす農協から追加分を購入してきます。今年は予定通りの出荷量になりそう。ホッ。一方、こちらに積んであるのは、ゴーヤ用の段ボールです。みなさんお忘れかもしれませんが、昨夏は、長梅雨で日照も少なかったため、思ったように収量が上がりませんでした。段ボールは、まとめ...

  • ブログ再開

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。気付けば最後の記事から2年以上が経過してしまいました。その間、こだまの丘では数々の出来事がありましたが、それらも、おいおい報告しながら、再び農家としての日常を綴っていきます。さて、写真の門松ですが、数年前から娘たちが手作りしてます。かつては門松作りも、農家の冬のかせぎの一つだったそうです。娘たちのは、かせぐまでにはいきませんが年神さ...

  • 10月でも元気なオクラたち

    オクラは毎年9月末には収穫が終わっている我が家。でも今年のオクラは元気です!...

カテゴリー一覧
商用