searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

mii_yooさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
review....
ブログURL
https://gongyoo.hatenablog.com
ブログ紹介文
韓国ドラマと韓国映画の感想を基本的にネタバレ無しで書いていきます。
更新頻度(1年)

2回 / 177日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/12/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、mii_yooさんの読者になりませんか?

ハンドル名
mii_yooさん
ブログタイトル
review....
更新頻度
2回 / 177日(平均0.1回/週)
読者になる
review....

mii_yooさんの新着記事

1件〜30件

  • 馬医/韓国ドラマの感想

    ◆2019年10月から12月にかけて視聴 韓国ドラマ「馬医」を観た感想です。 <あらすじ> 運命のいたずら、儚く切ない恋物語、数奇な運命のもと、馬の医者になった男はすべての尊い命に向き合うために生涯を捧げた。困難にぶつかりながらも全力で乗り越え、馬の医者から王の主治医にまでなった実在の人物、ペク・クァンヒョンの波乱に満ちた生涯を描く。 時は17世紀―朝鮮王朝時代。共に医学の道を志し、身分を超えた友情で結ばれた三人の若者がいた。カン・ドジュン(チョン・ノミン)、イ・ミョンファン(ソン・チャンミン)、チャン・インジュ(ユソン)。互いに腕を磨き夢に向かって歩んでいた三人。しかし、ある時、朝廷内の陰謀…

  • キム・マンドク~美しき伝説の商人/韓国ドラマの感想

    ◆2019年4月視聴 韓国ドラマ「キム・マンドク~美しき伝説の商人」を観た感想です。 実在した人物キム・マンドク <あらすじ> 18世紀末の朝鮮王朝時代。漢陽の養成所で育ったホンは、いつかは大商人になって養成所の仲間たちと世界を渡り歩くことを夢見ていた。市場の大房カン・ゲマンのわなにはまり漢陽を追われたホンは済州にたどり着き、教坊行首ミョヒャンの養女になる。 (U-NEXT公式ページより引用) 正祖(朝鮮王朝22代王イ・サン)の時代に実在したと言われる、主人公のホン(後のキム・マンドク)を演じるのはイ・ミヨンさん。タイトルに「美しき」とあり確かにお綺麗なんですけど.......どうしても気にな…

  • シンイー信義ー/韓国ドラマの感想

    ◆2019年6月視聴 韓国ドラマ「シンイー信義ー」を観た感想です。 <あらすじ> 西暦1351年、高麗時代。新しく即位した若き王、恭愍王(リュ・ドックァン)一行は、チェ・ヨン(イ・ミンホ)率いる近衛隊に護衛され元から帰国。途中、刺客に襲われ王妃が負傷する。あらゆる病を治す伝説の“神医(シンイ)”でなければ命は救えないというチャン侍医の判断を聞き、チェ・ヨンは神医を求めて天界へ繋がる “天の穴”に入り込む。ヨンが辿り着いたのは、2012年のソウル…。そこで、ひょんなことから整形外科医のユ・ウンス(キム・ヒソン)に出会う。彼女を神医と勘違いしたヨンは、高麗へと強引に連れて行く。訳もわからぬまま王妃…

  • 鄭道伝(チョン・ドジョン)/韓国ドラマの感想

    ◆2019年5月頃視聴 韓国ドラマ「鄭道伝(チョン・ドジョン)」を観た感想です。 鄭道伝はいかにして李成桂を王に導いたのか <あらすじ> 時は高麗王朝末期 恭愍(コンミン)王の時代、亡くなった、王妃・魯国大長公主の霊堂の建設と恭愍王の心の病により、高麗は没落の一途をたどっていた。最高教育機関・成均館で下級官職に就いていたチョン・ドジョン(チョ・ジェヒョン)は高麗の未来の為に、王に民心を察して国を統治するよう上訴しようとするが、王が読む前に貴族階級の権力者イ・イニム(パク・ヨンギュ)に阻まれてしまう。その後もドジョンは同志のチョン・モンジュ(イム・ホ)ら成均館儒生と共に、イニムら腐った権門勢家を…

  • ある素敵な日/韓国ドラマの感想

    ◆2019年4月視聴 韓国ドラマ「ある素敵な日」を観た感想です。 幼い頃に生き別れた兄妹 <あらすじ> 父親の再婚で、ある日突然ゴン(コン・ユ)の妹になったかわいいハヌル(ソン・ユリ)。彼女と一緒に過ごした日々は人生の中で一番楽しく、素敵な日々だったが、両親の事故で幼い兄妹は離れ離れになってしまう。ゴンは父親の運転手をしていた男に連れられてオーストラリアへ。一方、ハヌルはお金持ちの養女として過ごしていたが、兄が迎えに来ることをずっと待っていた…。オーストラリアでゴンが家族として過ごしてきたヒョジュ(イ・ヨニ)は、心臓が悪く、すぐに手術をしないと長く生きられないと言われていた。そんな時、ヒョジュ…

  • 昼間から呑む/韓国映画の感想

    ◆2019年9月視聴 ◇監督:ノ・ヨンソク◇2009年制作◇2011年 日本上映 韓国映画「昼間から呑む」を観た感想です。 韓国の人は酒が強い ◇韓国映画感想◇#昼間から呑む昼間からとありますが作中では昼夜問わずとにかく呑む。ひたすら呑む。主人公の青年は恐ろしい程に運が悪く、その場面々々には必ずお酒があるのです。お酒は勿論の事ノンアル、ソフトドリンク何でもいいので何か飲みながら観るのがおすすめ。 pic.twitter.com/xIVM7n7Wya— MII_YOO (@___Gongyoo) 2019年10月4日 とことんついてない青年の酒呑み珍道中。 酒と泪と男と女 ゆる〜いロードムービー…

  • シグナル/韓国ドラマの感想

    ◆2019年1月視視聴 韓国ドラマ「シグナル」を観た感想です。 現在と過去と未来が複雑に入り乱れる 面白いとの噂を耳にして是非とも観たいと思っていたドラマ。GYAO!の一挙配信で観ました。私が↓のtweetで「トランシーバー」と書いているのは実は「無線機」ですヽ('ㅅ';)ノ ◆韓ドラ感想◆#シグナル過去と交信できる古いトランシーバー。タイムトラベル的な要素もあるけど勿論それだけでは終わらないミステリー?賛否両論あるラスト私は好きです。とにかく練りに練られたであろう脚本は流石。個人的ツボは「オムライス」 #イ・ジェフン pic.twitter.com/gg14Qp1ydG— MII_YOO (…

  • 運命のように君を愛してる/韓国ドラマの感想

    ◆2019年1月視聴 韓国ドラマ「運命のように君を愛してる」を観た感想です。 まるで少女漫画なストーリー <あらすじ> チャンイン化学のCEOであるイ・ゴン(チャン・ヒョク)は、短命の家系のため周囲から常に結婚と跡継ぎを急かされていた。彼には美しい恋人セラ(ワン・ジウォン)がいたが、彼女は世界的なプリマになる夢を諦められず、愛する人との結婚に踏み切れずにいる。一方、平凡な会社員のミヨン(チャン・ナラ)は、優しすぎるあまりにいつも損ばかりしている。付いたあだ名は"付箋"、必要だが大切ではない存在という意味だ。そんな全く別々の人生を送るゴンとミヨンだったが、ゴンを陥れようとするある策略によって、一…

  • ファン・ジニ/韓国ドラマの感想

    ◆2019年2月視聴 韓国ドラマ「ファン・ジニ」を観た感想です。 妓生(キーセン)の娘は妓生にしかなれない <あらすじ> 両班(ヤンバン)の父と、妓生(キーセン)の母の間に生まれた少女チニ。妓生の娘は、芸妓として生きることを運命づけられていた時代に、母は娘に自分と道を歩ませたくないと幼い頃から娘を寺に預けた。しかしチニは天性の舞踊の才能を開花させ、母の反対を押し切って自ら妓生の世界へと足を踏み入れる。厳しい師匠との確執、ライバルの妓生との競い合い、そして、チニに思いを寄せる男たちとの悲恋····。苦しみの中でチニは真の芸の道を究めていく····。 (BS-TBS公式サイトより引用) ※韓国語で…

  • 太陽を抱く月/韓国ドラマの感想

    ◆2018年12月視聴 韓国ドラマ「太陽を抱く月」を観た感想です。 朝鮮王朝時代の架空の設定です <あらすじ> 朝鮮王朝架空の王、成祖が国を統治する時代。王の世嗣である世子のイ・フォン(李・喧)は、弘文館大提学の娘ホ・ヨヌ(許・煙雨)と出会う。お互いに惹かれ合う2人だったが、王の祖母である大妃は自身の甥の娘であるユン・ボギョンを世子嬪にする為、星宿庁の国巫チャン・ノギョンにヨヌを殺すように命じる。 8年後、王になったフォンは宮中に渦巻く陰謀に対し孤独に戦っていた。ヨヌを亡くしてからボギョンが王妃になっていたが、心を通わせておらず原因不明の体調不良に襲われるフォン。 そんな時、ヨヌに瓜二つの巫女…

  • 逆賊-民の英雄ホン・ギルドン/韓国ドラマの感想

    ◆2019年3月から5月にかけて視聴 韓国ドラマ「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン」を観た感想です。 <あらすじ> 朝鮮第九代王・成宗の時代。奴婢アモゲの子として生まれたギルドンには、ある特殊な力が備わっていた。それが不吉な運命を招くと考える父は、息子を守るために奴婢の身分から脱出しようとするが…。そんな中、娘を出産後に亡くなった妻の無念を晴らすべく仇討ちを決意したアモゲ。だが、彼が主人を殺めたところをギルドンが目撃してしまう。12年後、全国を旅する行商人となったギルドンは、妓生のコンファこと後のノクスとその付き人ガリョンと運命の出会いを果たす。間もなく朝廷では第10代王・燕山君が即位。やがてギル…

  • 花郎(ファラン)/韓国ドラマの感想

    ◆2019年1月から2月にかけて視聴 韓国ドラマ「花郎」を観た感想です。 ずいぶんと昔むかしのお話です <あらすじ> 今から1500年前の新羅時代。賤民の村で暮らすムミョン(パク・ソジュン)は、生き別れた家族を捜したいという親友のマンムン(イ・グァンス)と共に都に潜入する。ところが、二人は禁軍に追われて深手を負い、マンムンは命を落とす。ムミョンはマンムンの本名"ソヌ"を名乗り、彼の妹であるアロ(Ara)を守るために生きようと決意する。一方、新羅第24代王の真興(チヌン)王 (パク・ヒョンシク)は、摂政の母・只召(チソ)太后の命令で世間に顔を明かすことなく生きている。不眠に悩む真興王は、街で語り…

  • 七日の王妃/韓国ドラマの感想

    ◆2018年12月から2019年1月にかけて視聴 韓国ドラマ「七日の王妃」を観た感想です。 わずか七日で廃位された悲劇の王妃 <あらすじ> 田舎で育ち街に憧れるチェギョンは、両親に内緒でひとり上京し、ヨクと最悪な出会いをする。言い合いの末、ケンカ別れをした2人だったが、なんと後日、婚姻相手として紹介され再会。始めは反発していたものの、共に過ごすうちに心を通わせていく。一方、燕山君は物怖じしないチェギョンに興味を持ち、淡い恋心を抱き始める。そんな中、ヨクとチェギョンはある事件を起こし、大激怒した燕山君は、結婚の約束をした2人を引き離してしまう。ヨクとチェギョンの初恋と、燕山君の秘めた愛が絡みあう…

  • 三銃士/韓国ドラマの感想

    ◆2018年11月視聴 韓国ドラマ「三銃士」を観た感想です。 原作はあの名作です <あらすじ> 使臣団の一員として清を訪問中だったパク・ジウォンは、紫禁城の書庫で”パク・ダルヒャン回顧録”という一冊の古い本を見つける。物語は、100年前に書かれたというこの本に興味を持ったパク・ジウォンによる回想という形で進められる。この本の主人公パク・ダルヒャン(ジョン・ヨンファ)は、勇猛果敢で強い信念を持っているが、田舎者で我が強くプライドが高い点がたまにきず。恋愛でも猪突猛進、初恋の相手ユンソ(ソ・ヒョンジン)に一途。ユンソとの将来を考え、ダルヒャンは、父からは金の代わりに遠い親戚の戸曹判書(ホジョパンソ…

  • みんなキムチ/韓国ドラマの感想

    ◆2016年から2017 年にかけて視聴 韓国ドラマ「みんなキムチ」を観た感想です。 <あらすじ> ハウン(キム・ジヨン)は弁護士の夫・ドンジュン(ウォン・ギジュン)と、娘のダユルと幸せに暮らす平凡な主婦。ある日ハウンはドンジュンの忘れ物を届ける途中、テギョン(キム・ホジン)が育てた野菜を傷つけてしまい口論になる。急いでいたハウンはその場を立ち去るのだが、テギョンが向かいの家の住人であることが発覚し…。一方、テガングループの一人娘・ヒョンジ(チャ・ヒョンジョン)は、大学の先輩であるドンジュンに協議離婚を依頼する。夫の暴力に悩まされていたヒョンジは次第に優しいドンジュンに惹かれていく。ヒョンジの…

  • blogを見に来てくださった皆様へ

    はじめまして。mii_yooと申します。 なんとなーく観始めた韓国ドラマにすっかりハマってしまい、自分用memoも兼ねてblogを書いてみる事にしました。ごくたまにですが韓国映画も観るようになったので、そちらの感想も書く予定です。 今は第3次韓流ブームだそうですね。私の韓流の思い出を(…というほどでもないけれど)記憶を辿りつつ振り返ってみます。 *第1次ブーム(2004年頃) かの有名な「冬のソナタ」が流行った頃ですね。当時は全くと言っていいほど韓流に興味がありませんでした。テレビでヨン様が来日した時の映像や韓流にハマる女性陣の様子を観て「すごい人気なんだなー、へー(棒)」ぐらいにしか思ってい…

カテゴリー一覧
商用