プロフィールPROFILE

darmark2さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
コラの調べに魅せられて
ブログURL
http://darmark2.livedoor.blog/
ブログ紹介文
セネガルを中心に西アフリカの最新情報をお届けします。更に、タンザニアやセネガルのレストラン・食堂、見所、ショッピングモールが満載な趙詳細マップも作成しています。また、過去に3年間生活した、スリランカも紹介しています。
更新頻度(1年)

61回 / 60日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2019/11/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、darmark2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
darmark2さん
ブログタイトル
コラの調べに魅せられて
更新頻度
61回 / 60日(平均7.1回/週)
読者になる
コラの調べに魅せられて

darmark2さんの新着記事

1件〜30件

  • コルニッシュウエストを行く|歩1(2020年1月21日)

     ◆美しい風景、モニュメントそして広告塔◆ 前大統領のアブドゥライ・ワッド氏の功績の一つに、道路を整備したことがある。 美しい海外線沿いを走るコルニッシュウエストもその一つだ。緩やかなカーブを描く2車線の通りからは、時間と共に色を変える大西洋を

  • アパートの周りをお散歩する(2020年1月20日)

     ◆大使館街のアパート◆ アパートは、フランクリン・ルーズベルトアベニューにある。朝は、孔雀が鳴く声が響き渡り、アパートの周りは、政府の建物や在外公館がいくつもある静かなエリアだ。 同じブロックには、チュニジア大使館、スイス大使公邸、隣のブロ

  • ダカールのとんかつ(2020年1月19日)

    ◆ダカールでとんかつを食べに行く◆ お肉が食べたい。 毎日、パンと野菜だけの食事では、週末になると、体がお肉を欲するのだ。 アパートから徒歩5分のところに、韓国料理ではあるが、なぜか、とんかつを提供しているレストランがある。 10年前にこの

  • ダカールの夕焼け(2020年1月18日)

    ◆ダルエスサラームの夕焼け◆ ダルエスサラームでは、夕陽が地平線の彼方へ沈んでいった。 この時間は、空が真っ赤に染まり、建物を照らし、街全体が金色になる。 太陽が完全に沈みしばらくすると、夜の帳がおり、そして、モスクからアザーンが響き渡る

  • 爽やかな下水の匂いに包まれる(2020年1月17日)

     ◆朝のお散歩に出かける◆ 平日の激務から解放される日曜日。まだ、陽が高くならないうちに、お散歩に出かけた。 車はほとんど通ることなく、スポーツウエアーに身を包んだ少年たちや、ウォーキングをしているお腹が出っ張ったおっさんとしか、すれちがわない

  • 最近できたようなカフェで午後のお茶を(2020年1月16日)

     ◆いつも賑わっているカフェ◆ カフェのクレミノは、大型バスが通るプラス71通りに位置し、通りを挟んで、向かいはプラネットケバブがある。 <ホームページ>https://cremino-sundae-restaurant.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral 多く

  • 新居で、初めての日曜朝を迎える(2020年1月15日)

     ◆夜明け前◆ 朦朧とした意識の中へ、アザーンが流れこむ。 目を開け、開け放たれた窓から、外を見るとまだ暗い。 それでも、鳥達の鋭い鳴き声が、四方から聞こえる。鳥たちは人間が目覚め始める前から、活動をしているようだ。 鳥たちの声や遠く

  • セネガル人ご用達の食堂(2020年1月14日)

     ◆オフィス街にある食堂◆ 歩道に置かれた看板のメニューには、ご飯とお魚、サッヤプレともう一つの3つの料理が書かれていた。 サンディリニ独立広場に近く、周囲は事務所などが多くある中の食堂は、一際異彩を発していた。 開け放たれたドアから室内を除く

  • ショッピングモール化していたカジノ・サム(2020年1月13日)

    ◆懐かしのあの場所へ◆ 10年前の滞在で、一番初めにショッピングをしたカジノは、メディナにあるカジノ・サム。当時は、天井から雨漏りが発生しており、なんとなくうらぶれた雰囲気があった。 10年前のカジノサム。 ◆やればできるもんだ◆ 今も、

  • 1,000円の高級チェブジェンを食べる(2020年1月12日)

     ◆警告が体内でこだまする◆ セネガル人にも観光客にも大人気のChez Louchaの隣にあるが、なぜか、あまり流行っているようには見えない。 多くのお店が閉まる日曜日であるが、このレストラン、Chez Ndioufa Terrasseは営業をしている。写真に写っている看板

  • やられた!(2020年1月11日)

     ◆ドアに穴がぁ・・・◆ 出勤前に、キッチンの扉を見て、ふっと気が付いた。 なぜ、扉にファーストフードの広告が貼ってあるのであろうかと。 恐る恐る広告を撫でてみると、指がドアにめり込んだ。 広告を少し剥がしてみると、穴があり、どうやら、前

  • 小さい教会をみっけ(2020年1月10日)

    ◆プロテスタントの教会も存在する◆ 休日の朝、ケルメル市場の近くにあるスーパーマーケット・カジノへ行く途中、かわいらしい教会に出会った。 場所は、カルノ通りとディウッフ通りが交わるところで、独立広場に近い。 この教会の宗派はプロテスタントであ

  • 料理はよいのだが・・・(2020年1月9日)

     ◆外観から判断をしてはいけない◆ 外観からは、その奥深くにあるものの素晴らしさは、わからないことがある。 お店の入口を潜ると、ウエイトレスに呼び止められ、お皿にサモサ、お肉、揚げ物及びサラダを盛ってもらい、それらと一緒に奥へ案内された。 

  • 海が見えるお部屋(2020年1月8日)

     ◆結構、充実している共用部分◆ 発電機が設置されており、10年前と比較して、安定して電力が供給されているとはいえ、特に雨季には停電が発生するため、この設備は必要である。 ただし、エレベーター、廊下、階段及びポンプなどの共用部分しかカバーしていな

  • お部屋が決まりました(2020年1月7日)

     ◆閑静なエリアにあるアパート◆ ダカールでの生活の拠点は、スーパーや食堂やバス停があり、タクシーが容易につかまる、何かと便利なプラトと決めていた。 最近は、アルマディに住む人も増えたが、個人的にはごちゃごちゃしているが、セネガル人の生活が感じ

  • 伝説のチェブジェン屋さん(2020年1月6日)

     ◆10年前のチェブジェンは今◆ 10年前、お昼時になると営業を始め、夕方になると早々と店じまいをするチェブジェン屋さんがあった。 ようやく、セネガルに慣れ、心に余裕ができた頃、このチェブジェン屋さんが懐かしく思い出され、久しぶりに覗いてみたくなっ

  • 初めて、ダカールの映画館で映画を観ました。(2020年1月5日)

     ◆市内に映画館があるとの情報を得る◆ シープラザに映画館ができたのは知っていたが、ダカール市内中心部にも映画館があるとは、まさか思ってもみなかった。 場所は、ダカール鉄道駅を北へ700メートルすすみ、国立大劇場隣。 広い敷地内に、建物が2棟あ

  • お酒が飲める中級食堂(2020年1月4日)

     ◆現地食堂が固まってあるエリア◆ ムッス・デイオップ通りには中級の現地食堂が固まっているエリアがある。 その中の食堂で、日曜日でも営業をしているル・ザウリ・レストラン・イボリアンで昼食をすることにした。 このレストランは、奥まったところに

  • 2020年元旦のダカール(2020年1月3日)

    ◆初日の出を見ようと試みるが・・・◆ けたたましい携帯電話からの目覚まし音で目が覚める。今の時刻は、昨夜にセットした6時半であろう。 昨夜は深夜2時頃まで起きていたためか、まだ眠い。しかも、昨日はカーボベルデからダカールに深夜に到着し、3時間しか寝

  • 2019年大晦日のダカール(2020年1月2日)

    ◆セネガルの大晦日は、普段と変わらない◆ セネガルと日本の大きな違いの一つに、大晦日がある。 日本は12月28日に仕事納め、1月4日に仕事始めが多いと思うが、セネガルでは、仕事納めの感覚がない。 そのためか、12月31日のダカールは平日であることもあ

  • 謹賀新年(2020年元旦)

    合掌 今年こそは世界が、安寧に満たされた年でありますように。2020年元旦 ダカールの自宅から

  • ガナレホテルのお部屋へようこそ(2019年12月31日)

    ※ ライブドアのブログで12月24日から不具合が発生しているようです。すべての写真をご覧になりたい方は、以下のブログを訪問してください。http://mark2dakar.blog130.fc2.com/ ◆ホテル内は意外に静か◆ ホテルにはエレベーターはない。 よって、重い荷物を

  • 再び、宿を代える(2019年12月30日)

    ※ ライブドアのブログで12月24日から不具合が発生しているようです。すべての写真をご覧になりたい方は、以下のブログを訪問してください。http://mark2dakar.blog130.fc2.com/ ◆1週間お世話になった宿をでる◆ 毎晩10時に、1階のディスコからから流れる爆音を子

  • 日曜朝は、独立広場の前のカフェでお茶を(2019年12月29日)

    ※ ライブドアのブログで12月24日から不具合が発生しているようです。すべての写真をご覧になりたい方は、以下のブログを訪問してください。http://mark2dakar.blog130.fc2.com/ ◆休日の独立広場◆ 早朝の空は、雲に覆われていたが、陽が高くなるにつれて、青空が

  • ダカールでの両替はここで(2019年12月28日)

     ◆両替はユーロ現金で◆ ダカールでは、ユーロ現金からセーファーフランへ両替するのが一般的である。 現金の持ち合わせがなくても、ATMからキャッシュイングができ、短期旅行者には問題はないが、引き出せる金額に限度がある。 よって、数か月分の家賃・

  • 安めで、居心地のよいファーストフード屋さん(2019年12月27日)

     ◆安めのハンバーガー屋さんを発見◆ タンザニアやセネガルでは、ハンバーガーは、現地飯と比較して高い。高級とまでは言えないが、庶民的とは言い難い。 そんな中でも、SouthernFried Chickenのハンバーガーセット(ポテトと飲み物付き)は2,500セーファーフ

  • ダカールのクリスマス2019(2019年12月26日)

     ◆飾られる街◆ 11月末になると、街の至る所で、クリスマス飾りがつけ始められる。 これらの飾りは、クリスマスを過ぎてもそのままで、年末年始をお祝いするためのものでもある。 こちらは、スーパーマーケットカジノ・サムの店内の様子。クリスマスツリ

  • いつになったら運用するのか、ダカール鉄道駅(2019年12年25日)

     ◆運用開始前の鉄道駅舎◆ 一つの国の首都の駅舎としては、こぢんまりとしているが、まだ新しく、趣を感じさせる建物である。 駅の前のラウンドアバウトには、武器を持ち、手を振り上げた2人組の像がある。これらは、ダルエスサラームのアスカリ像を彷彿とさせて

  • 庶民が利用する食堂で夕食を(2019年12月24日)

     ◆食堂へ行く◆ ダカールには、雰囲気が良く、美味しい料理を出すレストランが多くある。 アフリカにいながら、ストレスを受けることなくお食事ができる点はよいが、総じてお値段は高い。 一方、その土地の食事を、その土地の人々と一緒に食べるのは、そ

  • セネガルのフェアー精神(2019年12月23日)

    ◆レジでの不愉快な出来事◆ オシャンに水を買いに行った。 この日は、セネガルの祝日と言うこともあり、レジでの前では籠に商品を満載した人の列ができていた。 ただし、レジの女性が効率よく作業を行っているおかげで、待っている間、ストレスを感じるこ

カテゴリー一覧
商用