searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

fudousan-manさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
本音で語る不動産やさん
ブログURL
https://fudousan-how2.com/
ブログ紹介文
不動産のこと、不動産投資のこと・・・不動産に関するあなたに有益だと思える情報を出し惜しみなく発信していきます。
更新頻度(1年)

364回 / 344日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2019/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fudousan-manさんの読者になりませんか?

ハンドル名
fudousan-manさん
ブログタイトル
本音で語る不動産やさん
更新頻度
364回 / 344日(平均7.4回/週)
読者になる
本音で語る不動産やさん

fudousan-manさんの新着記事

1件〜30件

  • 大東建託の実態

    東証一部上場会社に名を連ね、アパート建設業として日本最大の賃貸管理物件数を誇る『大東建託』の凄さと恐ろしさを記事にさせて頂きます。 まず、同社の収益構造としましては、『アパートマンション建設』で大部分の売上利益を上げている企業になります。

  • 調停・裁判って誰にでもできますよ!

    昨年より、身内の財産争いについて相談を受けておりました。 内容は以下の通りです。 1、三兄弟の真ん中(次男)がお亡くなりになりました。 2、長男と一番下の長女が『次男の財産』について調停中です。 3、財産は、現金で約1,000万円、土地建物

  • 給付金詐欺の実態

    最近では、新型コロナ対策ウイルスのよる政府経済支援の一つとして、『持続化給付金』の不正申請が目立ち、世間を賑わせています。 持続化給付金は、法人(中小企業)は、最大で200万円、個人事業主・フリーランスは最大で100万円、国の申請期間に一定

  • 物件清掃の大切さ

    本日は、物件清掃の大切さについて記載をさせて頂きます。 秋になったとはいえ、やはり作業をするにはとても暑いですよね。 勤めている会社の管理物件(その会社に管理委託契約を任されている物件)の清掃を経験したことがある方にはご理解頂けると思います

  • 不動産営業一年生へ(繁忙期って知ってる?)

    不動産業に従事する一年生の皆さん、『繁忙期(はんぼうき)』って知っていますか? なんとなく聞いたことがある言葉だと思います。 簡単に言うと、『とても稼げる時期で、忙しい時期』という事です。 【補足説明】➤商売が繁盛(はんじょう)する忙しい時

  • 不動産営業一年生(研修編)

    本日は、不動産営業に従事する皆様へメンタルケアのお話をさせて頂きます。 初めて不動産業界に飛び込んだ皆様は、様々なストレスを感じる事になると思います。 賃貸営業の一年生は、『こんなにたくさんの物件の場所や名前、間取りや家賃など覚える事が多す

  • 不動産営業一年生へ(学習編)

    今回は、2度目の「不動産業に初めて従事する1年生」に向けて、■実務の秘策■とも言える「仕事の基礎」を書かせて頂きます。 まず、不動産営業マンとして「心構え」を踏まえ結論から順にお伝え致します。 ①不動産業者は交渉が下手でも、駆け引きができな

  • 月極駐車場 競争が激化

    月極駐車場の運営(経営)は、簡単そうで難しい部分もあります。 最近の傾向としましては、『不景気により不動産投資の融資が厳しい』ため、マンション建設が落ち込んできます。 よって、地主さんは、マンション建設などの不動産投資ではなく、『投資のお金

  • 時間軸をおろそかにしない!

    最近、『優れている』と思う人と、『仕事が出来ない』と思う人の差が分かりやすくなってきていると感じます。 この原因は何か、というのは多すぎて分かりません。 そこで、優れているかどうかの『共通点』を探ってみたいと思います。 つい最近ですが、自分

  • 令和2年10月 不景気突入

    新しい『菅内閣』が発足し、半月が過ぎました。 今月からの経済状況は、 『分かりやすく不景気』に突入したと言えるでしょう。 昨年までの、分かりやすい指標との比較で言えば、 子供の『6人に1人』は、貧困層という数値でした。 今年は、『5人に1人

  • 意外な『不動産屋』のイメージ

    皆さんは不動産屋や不動産業者にどんなイメージをお持ちでしょうか? 不動産に関わっている人なら、あまり気にしない事だと思います。 しかし、不動産に関りがない人にとっては、『怖いイメージ』を持たれている人も少なからずいるようです。 おそらく、昔

  • 不動産営業1年生の準備

    不動産会社に勤める『1年生』にとって、『どんな物』を準備すればいいのだろう、と疑問を持つ人も多いですね。 それでは早速、『準備』について見ていきましょう! まず、当たり前に『手帳』と『ボールペン』を準備しましょう! 「えっ??今の時代に手帳

  • 新たに『お金を稼ぐ』

    会社員に自営業に派遣(契約)社員、働く立場は、人それぞれですが、これからは、『自分の収益源』を見直し改善する必要があるという人は、とても多いと思います。 まず、『今の仕事が後どれくらい必要とされるか』を考えてみましょう。 自分が顧客だったら

  • レオパレス21 ソフトバンクグループの傘下

    9月30日、東証一部上場企業である【レオパレス21(不動産業)】が、第三者割当による増資を決定し、増資の買受先はソフトバンクグループ傘下のファンドである、『Fortress Investment Group LLC』となります。 金額にして

  • 『10秒間の贅沢』

    朝は7時15分ころに起床する。 会社には、8時30分までに出社する。 上司からいつものように、『今日の予定は?』と聞かれ、成約につながる接客があるかどうかを確認される。 夜の19時を過ぎると、上司に『明日の予定は?』 こんな毎日を10年以上

  • とある不動産や(ヤクザの親分)

    『宝町(たからまち)』は、人間の欲が色濃く反映されている町だ。 昔の宝町は、戦争に負けたこの国の掃き溜めのような町だった。 若い女性は米兵に侵され、男は奴隷のように働かされる。 中には、外国に人身売買された人も多い。 そんな掃き溜めの町を、

  • とある不動産や(Aの兄・続編)

    Aの兄は、とても神経質で真面目な性格だ。 小学校や中学時代にいじめをしていた奴らを止めようとしたり、それでもいじめが治らない人間には、精神的に追い詰めていた。 いじめっ子が朝学校につくと、『上履き』がない。いじめっ子が教室に入り、自分の机の

  • レオパレス21 債務超過100億円超え

    9月30日に東証一部上場企業である『レオパレス21』の決算発表がある。 各新聞社に報道機関は、『レオパレス21債務超過100億円超え』という見出しで公表する見込みだ。 レオパレス21は、2年前の『違法建築問題』により業績が急激に悪化した。

  • 『カランコロン』二話完結(終)

    サラリーマンAは、ママから手渡された手紙を読む。万が一、失礼があってはいけないと思い、静かに読んだ。 (手紙の内容)ともみちゃん、お母さんはとても強くて、とても立派なお母さんだった。今はとても辛いと思う。今は苦しいと思う。でも、必ずともみち

  • 『カランコロン』二話完結(始)

    サラリーマンになって、もう20年も経つ。 関東に関西に九州と各地を転々と転勤してきた。 若い頃は『情熱』と『やる気』に満ち溢れていたが、年を重ねるごとに気づかされる現実。 『正しさ、真面目さ』なんてのは、ほとんど通用しない現実を経験し、どこ

  • とある不動産や(Aの兄)

    Aの兄は、とても優しい。 まだ兄が6歳の頃にAは生まれた。 兄は初めての弟に感激し、弟を何よりも可愛がっていた。 『橋村商店』から家族が出ていく事になってから、兄も家族と過ごす時間が無くなっていった。 ただ、兄は既に中学生となっていたせいか

  • とある不動産や(タケル君)

    Aとタケル君はとても仲良しになる。 Aが、タケル君の父親(竹下)と不穏な出来事が後でも、タケル君はAと仲良くする。 のちに二人は中学生となり、Aとタケル君は上級生に絡まれ、Aは殴られるタケル君を助けようと、初めての「暴力」を使い、「自分の狂

  • とある不動産や(番外編弐)

    父親が、妻の連帯保証人になった金額は『5,000万円』だった。なのに、銀行は父親に『1億』を請求してきた。 (銀行員:竹下)『お兄さんが失踪しました。借金もとても膨れ上がっていて、もう上限いっぱいの1億円を超えました。法に基づいて、私達はこ

  • とある不動産屋(番外編)

    Aの父親は『橋村商店』という魚屋を営んでいる。母親は、橋村商店の若奥さんとして、父親を手伝っている。 Aが3歳の頃の話だ。父親はとてもまじめで、不器用。どちらかというと『職人気質』の人間だ。母親は、近所では有名な美人で、愛嬌も良く、とても人

  • 『とある不動産や』(全話)

    『とある不動産や』は、私の頭の中でだけ存在していた『妄想』の物語です。 中々、現実化は難しいかもしれないですが、いつか、『大好きな『映画』を作ってみたい』という夢を少しでも近づけるために、勝手に「脚本的な物語」を書きました。 もう1作、どう

  • とある不動産や(終わりの16話)

    Aがソファに座り、自分の命の終わりを待っている頃、外の世界では、Aの立ち回りにより、Aの狙い通りに物事がまとまっていく。 Aは、ヤクザ事務所に乗り込む前に、警察署に、『狐』が今までしてきたこと、身内のヤクザ5人を刺し殺したこと、 そして、今

  • とある不動産や(赤い涙の15話)

    狐との最終決着が目的のAは、事務所の前で目を閉じた。 これから、自分の人生が終わるかもしれないという現実と、ここで狐をやらないと、おじさんや●●子や少女の命が危ないという責任感。そして、自分の中にくすぶる『スリルと死』を感じることで生を感じ

  • とある不動産や(愛の14話)

    Aは久しぶりの地元に戻って来た。どことなく懐かしく感じる。 早速、Aは『イカツイおじさん』の元へ向かい、再会する。 久しぶりに見るAの姿、顔つきで、何かトラブルが起きている事を、イカツイおじさんは察知する。 イカツイおじさんは、昔Aと初めて

  • とある不動産や(魔の13話)

    ヤクザは素人には引き下がれない。引き下がる気持ちも全くない。 Aも同じだ。Aは、どことなく自分の死を待ち望んでいる。 (Aの心)『所詮この世は暇つぶし。悪人だらけの世の中で、ただただ楽しく時間を潰すだけの毎日。』 ヤクザは部屋の中に6人もい

  • とある不動産屋(静寂の12話)

    Aは、『宝町』に根付いた『地上げ屋』だ。 Aはひょんなことから『シングルマザーの母親とその娘』の依頼を受けることにした。Aは、まさか『イカツイおじさん』とその二人が知り合いであることは知る由もない。 Aは、早速二人が住んでいるアパートを見に

カテゴリー一覧
商用