searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

idoholicさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
44歳からの陶芸家
ブログURL
https://encounter.hatenadiary.com
ブログ紹介文
40代半ばからの陶芸家への挑戦にいたった、これまでと現在とこれから。 きっかけは茶道。その後陶芸にも興味が出て来て。。。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、idoholicさんの読者になりませんか?

ハンドル名
idoholicさん
ブログタイトル
44歳からの陶芸家
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
44歳からの陶芸家

idoholicさんの新着記事

1件〜30件

  • 「茶器名物図彙」〜和楽翁 合点ゆかす〜

    「茶器名物図彙」全三冊。(図彙はズイと読み、絵図入りで解説した現代でいう図鑑のようなものです。)数年前からずっと探していたところ、昨年出物があり念願かなって北海道で購入したのですが、修行期間中は本を読む余裕もなく全く読めていませんでした(笑) 最近になりやっと仕事の合間などに少しずつ読み進めているのですがこれがまた面白い!あ、、面白いと言っても小説ようなものではなくあくまで図鑑なので、著者の草間直方さんが古今東西の茶道・道具・茶碗から職人・茶会記までありとあらゆるものを解説している中で、著者の所見というか”ひと言感想”みたいなものがたまに有り、そこから江戸時代に生きた草間直方さん自身の茶道や道…

  • 「組み立て三昧」

    自宅・アトリエの引越しと整理も中旬には大体終わり、残りの整理を行いながら通常業務を再開しています!! 今回は昨年の1年限定の北海道への引越しと違い、家具や什器などもある程度ちゃんと揃えたのですが、ほとんど組み立て品を購入してしまったため自宅・アトリエで多分20数点の家具を組み立てました〜(涙) 組み立てが多いことは用意の段階でわかっていたので電動ドライバーを用意しておいて本当に良かった!! 組み立て家具も一つ二つをたまに組み立てるのは楽しいのですが。。。梱包されていたダンボールも山積みです(笑) IKEAの家具はめちゃくちゃ重い〜 スノコまで全部組み立てです〜 組み立ても後半になってくると、組…

  • 「陶芸家は棚が命」

    アトリエの窯場の倉庫を移設し、そこに新しく作っていた棚が完成しました!! 作品を大量に乾燥させるので、とにかく「丈夫に〜、丈夫に〜」と言っていたら柱も100mmもある立派な柱で構造も本当にしっかり。立派すぎてまるで3段ベットのよう!工務店の方曰く、本当に3人寝ても大丈夫ですよ!!との事なので徹夜の時はここで寝ます(笑) 設計段階では真ん中にもう一本柱を通すつもりだったのですが、無くても強度は全く心配なさそうなので、真ん中に柱を通すのはやめ広々させて色々と融通がきくようにしました。下から作品を積み上げていくと、どうしても上のスペースがデットスペースになってしまうので、そこには自分でホームセンター…

  • スペース作りの夏

    関東に帰り一年ぶりのまとわり付くような熱気の中、汗をかきかき(笑)色々な作業と並行してアトリエの収納スペース作りに勤しんでいます。 窯場の現在大きめの倉庫が2つあるスペースに新たに乾燥棚を設置する計画をしており、まずは色々な道具が満杯に詰まった倉庫の整理&解体&移動を行うことに! ちなみに移動先はアトリエの外の壁際。 今まではコンクリートで組んで作ったベンチがありました。あまり使うスペースではなかったので乱雑な物置に。。。 倉庫の解体は初めてだったのですが、解体してみると作りというか構造の工夫の仕方に感心しました。雨が入ってこないように天井には接合部やネジ止めの箇所などもなく防水構造が徹底して…

  • 海と高原のアトリエ 〜準備編〜 スタート!!

    昨年から1年間にわたり続いた「北の国へ 〜修行編〜」の完結から約3週間。 今回からブログのデザインもリニューアルして、いよいよ本編「海と高原のアトリエ 〜準備編〜」をスタートします!! 実家の両親が70代ということもあり北海道から帰って10日余の自主隔離期間を設け、現在横浜と伊豆を往復しながら準備をしています。 趣味として陶芸をしていたアトリエをプロの仕事場にするには、色々な備品や物を置いたり作品を乾燥させたりする棚が圧倒的に足りません。(特に棚!!) アトリエは地下階。 最初はちゃんと準備を整えてからのスタートと考えていたのですが、全ての準備を終えてからとなると、稼動出来るのが一体いつになる…

  • 守破離の離 北の国へ 〜修行編〜 完

    6月でお世話になっていた橋本さんの工房でのアシスタント業務も終了し、無事に1年間の陶芸修行生活を終えることが出来ました。 最近自分でもこのブログを読み返しこの1年間を振り返ってみると、あっという間だったような、、とても長かったような、、、と、時間の感覚が今まで経験したことのない濃淡があるように思えます。 色々な出来事を思い返して書いてゆくととめどなくなってしまうので、あえてこの1年を漢字一文字で表すとすると、現代とはいえ修行はやはり「忍」の一文字。 昨年の秋頃、いつものように2階で梱包作業をしていると、フト橋本さんが読み上げてくれた一文をよく思い出します。 苦しいこともあるだろう。 云い度いこ…

  • 「卒業展無事終了しました!!」

    21日(日曜日)まで開催していた卒業展、無事終了し昨日最後の発送も終わりました。会期中は本当に多くの方にご覧頂きまして、70数点あった作品も初日完売のものも多く、最終日にはおかげさまで全て完売致しました。 そして終わってみての率直な感想は、「完売致しました」というよりも「完売させて頂きました」です。 この歳でいきなり勝手に陶芸家を志し、右往左往の七転八倒に対して応援や評価を頂ける事の有難さ。私のこのような勝手な行動を見守り応援してくださる方々へのお返しは、作家として成長し、その方々の期待を超える価値を提供し続けるしかないのだと、改めて思いを固めた卒業展でした。 この場をお借りして、ご訪問いただ…

  • ”encounter” 開店中! 6/21(日曜日)に会期終了です。

    今週の月曜日10時からオープンした卒業展のWebShop "encounter"も残すところあと3日の会期となりました。 おかげさまで70点以上あった作品も初日から大変多くのご注文を頂き、残り10数点のみとなり、ご注文頂いた皆様にはありがたい気持ちでいっぱいになると共に、今回頂いたこのご期待と数少ないチャンスを今後とも自分なりの精一杯の回答をし続けていかなけらばならないと一層気が引き締まる思いです。このような経験をさせて頂きまして本当にありがとうございました。 とと、、まだ卒業展が終わってないのにシメのご挨拶のように。。。(笑) 現在までの卒業展の途中経過の様子を少しご報告させて頂きますと、特…

  • 明日10時WEBSHOPオープンです

    高見澤匠 WEBSHOP「encounter」https://encounter.base.ec いよいよ明日にせまってきました卒業展。もう準備は万全と思いきや、、、WEBSHOPの準備真っ最中です(汗) まだまだ作業はかかりそうですが、ブログの方には先行して何枚か作品の写真を まずは「お皿」。4〜5ヶ月は大皿ばかり作っていた気がします(笑)今回の卒展に出品するのは9寸・7寸・6寸です。 お皿つながりで板皿も。アシスタント業務はタタラ仕事が多かったので、その経験を活かして挑戦してみました。 「ごはん茶碗」こちらは修行に来る前は茶碗を作ることが多かったのですが、修行に来てからは作る機会が余りなく…

  • WEBSHOP ”encounter" プレオープン

    いよいよ卒業展まで一週間となりました!! 先週末に最後の窯出しを行い、準備していた作品100数点全てを焼き上げることが出来ました。メールやインスタなどでご心配くださった皆様本当ありがとうございました! 残念ながら最終調整に間に合わなかったものや焼き上がりに納得出来ないものも20〜30%あり、出品点数は70〜80点となりそうですが、今週最後の仕上げや砥石がけ、写真撮影を行い順次WEBSHOPの開設準備をしていきます。 卒業展の会場となるWEBSHOP「encounter」にはまだ作品は掲載できておらず、実店舗ならば外観と商品棚だけ。。。のような感じですが(笑)プレオープンということでURLを掲載…

  • 大詰め

    卒業展までいよいよ2週間を切り、作品の最終調整段階に入っています。 え!!まだ調整なんてやってるの!? それがごもっともな感想なのかも知れません。 実は先週、待望の第一弾の本焼きしたものが上がって来たのですが、自分のイメージした出来上がりの基準にあまりにも達していなかったのでほぼ出品不可としました。 しかし「納得いくものが出来るまで!!」と言っていてはいつまでたっても果てしなく、また自分でもいつ発表の機会を設けて良いかわからなくなります。 その意味ではこのように期間が定められた発表に対して臨むことは、今後プロとして活動していくのに必須の条件となるので最後の最後で大変良い機会を得たと思っています…

  • 「Webショップ名決定しました!」

    6/15(月)~6/21(日)に開催を予定している卒業展でオープンするWebショップの名前を決めました!! 名前はencounter:(エンカウンター)です。 英語の訳としては「出会い・遭遇」という意味で、思わず巡りあう偶然の出会いという意味を含んで使われます。 でも僕のイメージする日本語としては「邂逅」(かいこう)。口語表現ではあまり使いませんが、この「邂逅」という言葉の持つニュアンスがとても気に入っています。 英語と同じく予期せぬ『偶然』の出会いという意味と、こちらは日本語独自の会うべくして会うという『必然』のニュアンスを両方含み、そして現在・未来との出会いだけではなく現在の自分を形作って…

  • 「細リムの理由 と 寸と号」

    以前よく作っていた簡単ティラミス 先日インスタの方にですが無性にケーキが作りたくなった。。。という投稿をし、ケーキが作れないのでケーキ皿を作ろう!!(笑)とのことで早速ケーキ皿作りに取り掛かっています。 リム皿(フチ付きのお皿)ですが、、、特徴はちょっと細リム! というのも僕もリム皿の形が好きで陶芸をする前から何点か購入したものを使用していたのですが、リムの幅が結構広くてお皿のサイズのわりに料理が意外と乗らないっ!モリモリな量にしてしまうのが悪いのもあるのですが(笑) お皿の大きさ ー リム幅 ー 余白 ー 料理の量 =と逆算していくとやはりお皿のサイズのわりに料理の量が少なくなってしまうとい…

  • 最終課題(だったはずの)土鍋

    卒業展という大きな最終課題が出現したため最終課題ではなくなってしまいましたが、急須作りの後に本来最終課題だった土鍋作りを行なっていました。 作り方は大皿作りや再生する粘土を入れる大鉢と途中までほぼ同じで慣れていた事もあり、使う土の多さで少し苦戦したものの作製は比較的にスムーズに! またいつものように断面を(笑) 鍋料理が好きな僕は冬だけでなくオールシーズンとてもよく使う調理器具なので、課題ではまた基本的な形状を作製しましたが、独立後は本体の形から取手・蓋と色々と試行錯誤しながら自分の土鍋を作り込んで行きたいと思います。 -------------------------------------…

  • 急須の作り方 番外編 色々な形状を

    今までずっと基本の下ぶくれ形状を作っていた急須作り。下ぶくれが一応一通りできるようになったので、最近は下ぶくれ形状以外のもの作っていました。 少し背の高いポットのような形や 逆三角形のもの もっと小さくして中国茶用に良いかな〜とか まん丸!(笑) 下ぶくれじゃなくて上ぶくれ!? 急須にはお湯のみも必要ということで、お湯のみの試作も! 現在急須をはじめ、色々な物を卒業展に向けて試作しています。課題で制作しているものだけではなく、今後は卒業展に向け制作しているものも時折UPして行きたいと思いますので、よろしくお願いします!! ------------------------------------…

  • 無名の持ち場

    靖国神社・夜桜能(2017) オリンピックも正式に延期が決まり、首都圏の様相も急速に旗色が変わりつつある印象の先週。日常の生活の下地に今までに経験した事のないストレスが横たわっている様な生活が当面続きそうです。 首都圏を離れ北海道で毎日、自宅→コンビニ→工房の繰り返しで街にも全く出ないという、この年代としては特殊な生活サイクルになっていると思われる今、ネットを通して都心部の光景を見ても友人や知人達がどの様な雰囲気で過ごしているか肌感覚でわからずにもどかしい思いが募ります。 今日は近所のコンビニに食材と飲料を買いにだけ出たのですが、今日は今まで見た事がない高校生のような年齢の女性の店員さんが一人…

  • 急須の作り方 4 組み立て編(後編)

    「卒業展開催」の記事が一度間に入っていまいましたが、今回は前回の急須の作り方の組み立て編の後編です。 前回の組み立て編の前編の記事はこちら↓ encounter.hatenadiary.com 前回は本体に茶漉しのパーツを付けたところまででしたので、今回はその続きからです。 【注ぎ口のカットと本体への取り付け】 【本体と取手の取り付け】 【注ぎ口のカットと本体への取り付け】 あらかじめ轆轤で挽いておいた注ぎ口を本体にどのような角度と位置で取り付けるかを確認し、そのカットする部分をまっすぐに切ります。 カットした断面が厚いので、指で断面の端を軽くつまんで少し薄くします。 本体に貼り付ける場所を針…

  • 「卒業展開催決定」

    修行内容は修行に来る前から、今までの先代アシスタントさんブログ等で入念に確認していて、現在の課題である「急須」の次が最終課題の「土鍋」で修行課題終了と思っていたのですが、今までの歴代アシスタントさんに見た事がなかった隠れ最終ミッションが発生!! その真の最終にして最難のミッションは、、 「卒業展を行いその作品をWEB販売する事」。。。 と、先生のご提案でアシスタント業務終了し卒業する6月に「WEB卒業展」を行い作品を販売させて頂く事になりました。販売時期は6/15(月)~6/21(日)の約1週間の期間限定販売を予定しており、これから自分のWEBショップを開設してそちらで販売させていただく予定で…

  • 急須の作り方 3 組み立て編(前編)

    現在の課題「急須作り」まだまだ続いています。今回は基本の下膨れ形状の急須の一通りのパーツが出来たので組み立て方を! ちなみに前回の記事はこちら↓ encounter.hatenadiary.com 【 茶漉し作り 】 【 茶漉しとボディーの接着 】 【 茶漉し作り 】 まずは茶漉しを作ります。3mmにタタラで伸ばした粘土を丸くカットし、剣山をその上に軽く置き茶漉しの穴を開けるガイドを粘土に付けます。 裏面には軽く片栗粉をつけ、穴をあける治具にくっ付かないようにします。 素焼きしてある治具に粘土を乗せ、剣山でつけたガイドに沿ってポンスで穴をあけていきます。 とっーーーても地味な作業ですが(笑)一…

  • 清風匝地有何極

    今日2月17日は僕が陶芸家になりたいと思う大きなきっかけをつくってくださった茶道の先生の一周忌。約10年前から陶芸はもとより茶道の事も何も知らなかった当時の僕に最後まで本当に色々な事を教えてくださいました。 本当に茶道が好きで好きで、いつでも社中の誰よりも先生が一番熱があり、日々の勉強と探究心にいつも先生のご年齢を忘れてしまうほどにエネルギッシュであり、そのようなご生活を長年続けてこられたので、茶道はもちろん書、和歌、雅楽から茶陶、香、着物、刺繍等々、古今東西の有職故実の類を全てご存知ではないかと思ってしまうほどの圧倒的な知識と経験の深さをお持ちであるにも関わらず、知識と経験に劣る僕たち弟子に…

  • 冬将軍 vs 鍋奉行

    北海道では今月に入り冬将軍が本気を出して来ました!!ならばこちらは鍋奉行!!(笑)休日にはなるべく自炊比率を増やし熱々の鍋で体の芯から温まるようにしています。 今回は北海道の鮭と実家から送られて来た美味しいお餅に冷蔵庫にあった野菜を入れた石狩鍋ですが、せっかく北海道にいるので今度はラム肉のオイルフォンデュを考えてみようかとか、常夜鍋のバリエーションを作ってみようかとかとか。。。鍋料理のバリエーションを考えていると自然と新しい土鍋も作ってみたくなりますね〜。 現在取り組んでいる「急須」の課題が終わるといよいよ最終課題の「土鍋」。その頃にはこの寒さも緩んでいそうですが(笑)僕は他の人ではなくまず実…

  • ミッション3 急須作り2 ふた編

    今年に入ってから取り組んでいる第三の課題「急須作り」。 自分の形やデザインはまず最初は置いて、基本の下膨れ形状の急須作りを続けています。最初に取り組み始めたボディー作りと共に、ふたや注ぎ口も作り出しました。一気に組み立てまで行くのでは無く、今回の課題はひたすら個々の部位の数をこなしています。先生曰く一気に組み立てまで行くよりも、ある程度までは個々に数を作った方が上達が早いとのこと。まるで茶道の割稽古のようです。 フタはまず小皿を作る感覚で形を挽き、形が出来たら後の削りで削る部分が少なくなるように皿の下の土を絞り切り離します。 最終的には全体との組み合わせのバランスによって形状を決定すると思いま…

  • 修行中のノート術 〜完結編〜 ペーパーレスへ Noteshelf 2 実践編

    修行中のノート術(ペーパーレスへ)という事で、前編・中編とやってきましたが、今回は僕が使用している実践例をいくつかご紹介して完結編としたいと思います。 ちなみに前編・中編はこちら↓ まずは基本の仕事上のメモ。気になった事や覚えておく事などを簡単な図などと一緒に書いて記録。紙のノートと全く同じ使い方ができます。 現在、自習の政策課題となっている急須作りのポイントや注意点なども 実際にろくろで挽いたものを写真に撮り、それを元にサッとメモをとり それらを後で課題や反省点をまとめてノートに 簡単なアイデアスケッチなども 先ほど「紙のノートと全く同じ使い方ができます。」と書き、ここまでだとじゃあ紙のまま…

  • 修行中のノート術 ペーパーレスへ 〜中編〜(機能編)

    前回、修行中のノート術(ペーパーレスへ)という事で使用しているハードとソフトの紹介をさせていただきました。 encounter.hatenadiary.com 今回は続きという事で、電子ノート(Noteshelf 2)の機能などをご紹介していきたいと思います。 基本構成 ペンの種類 描画サポート OCRによるテキスト化 音声メモ PDF書き出し 基本構成 まずは「カテゴリー」として大分類が出来、僕の場合現在は「マイノート」・「仕事」・「読書ノート」を作っています。使い慣れたPCの感覚でいうとこちらが「フォルダ」になる感じでしょうか。 そしてカテゴリーの「仕事」の中を例に解説すると、その中に小分…

  • 修行中のノート術 ペーパーレスへ 〜前編〜

    突然ですが、みなさんは日常のメモやノートをどのようにとっているでしょうか? 紙!紙ッ!メモ帳やスケジュール帳に書いてる!という方や大きなカレンダーに予定を書き込んでる方、最近では携帯のメモ帳やスケジュール帳に書かれている方も多いかと思います。 僕も昨年の4〜5月位までは紙と携帯の併用で、日常のメモやノート、スケジュールを記録していました。 ノート・資料・プリントアウトした表などなど、もうすでに大量です。。。 しかし、札幌での陶芸修行が決まり、その後陶芸家としてやっていくにあたり、今までの大量の陶芸資料などを整理していて、今後もこのペースでますます増えたら管理が。。。そして管理よりも、色々な分野…

  • 新ミッション 急須を作成せよ!!

    Mission1 : 切立(キッタチ)真っ直ぐな湯のみ100個の作成 Mission2 : 30cmの大皿の作成 と今まで2つの課題を行なって来ましたが、年が明けちょうど修行期間も折り返しとなり、卒業までに課される課題4つのうちの3番目にあたる急須の作成に今週から取り掛かりました。 実際作る前に師匠から急須理論の特講。 水が出る傾きの角度はどのように決まるか? では注ぎ口をつける位置は? 注ぎ口の形状は? 水キレの良い注ぎ口とは? そもそも水キレとは? 水を入れて水キレを試したが、お茶っ葉が入ったらどうなるだろう? などなどなど、久々の新しい課題に考えることが沢山ありますが、、、萌えますなッー…

  • スカイウォーカーの年明け

    正月休み最終日は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。 ネタバレしないように僕なりに一言で感想を言うと、42歳で寿命を迎えた「SW最後瞬間の意識も絶え絶えの中の走馬灯を公開しちゃったムービー」*全然一言じゃないw 4・5・6(オリジナルトリロジー)1・2・3(プリクエルトリロジー)7・8・9(シークエルトリロジー)と作品の公開順と作品中の時系列が違うので、多少の混乱はあるものの、見た事の方ない方や比較的途中から見ている方の方がこの最終話も楽しめるかもしれません。 しかし、ほぼこのサーガと同世代同時代を生きて、続編をリアルタイムに都度心待ちにし、小学生の頃から自動ドアは基本無意識にフォ…

  • 御神籤からのcalling

    明けましておめでとうございます。 お正月は帰省せずに札幌で過ごしました。元旦は近くの白石神社へ初詣、3日には札幌に住む友人達と北海道神宮にもお詣りに行ってきました。 白石神社で引き忘れたおみくじを北海道神宮で、、、数年ぶりの「大吉」でした。 今年は表面の運勢よりも、裏面の「神の教」という文に色々と感銘を受けたので転載させて頂きます。 よいも悪いも神さままかせ、うけたおやくめをひとすじに よい事が悪くなるか、悪い事がよくなるか、行く先の事は容易に見分けのつくものではない。 されば徒らに目先の出来事をくよくよと思いわずらわず、よいも悪いも神様におまかせして、唯ひたむきに受けた務めを根かぎり精一杯は…

  • トゲアリトゲナシトゲトゲと無地刷毛目

    唐突ですがトゲアリトゲナシトゲトゲという虫をご存知でしょうか? 「ハムシ」という虫がいるのですが、トゲのある「ハムシ」が発見され「トゲハムシ」と名付けられ、「トゲトゲ」という和名(日本での通称)で呼ばれました。そしてその後、「トゲハムシ」の亜科でトゲのない新種が発見され「トゲナシトゲトゲ」と呼ばれる事になりました。そしてまたその後、、、「トゲナシトゲトゲ」の亜科で今度はトゲのある新種が発見され、トゲのある「トゲナシトゲトゲ」ということで「トゲアリトゲナシトゲトゲ」と呼ばれる事になりました。 ああああー、ややこしいっ(笑) まとめると ハムシ→トゲなし トゲハムシ→トゲあり トゲナシトゲトゲ→ト…

  • 化粧がけ4 前回:三勝一不戦敗→ 今回:全勝!!

    大皿作りと化粧がけの経過4回目です。前回は4枚中3枚無事で1枚は途中でヒビが入ってしまいました。

カテゴリー一覧
商用