searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

わび太さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

40代。東京在住。ワインとビールが大好きだが、結局お酒は何でも好きだったりするので、居酒屋ではホッピーと日本酒も行きます。まあアルコールが入っていれば何でもいいんですよ。基本的に気軽なお酒が好きなので、安旨ワインを探し求めています。

ブログタイトル
わび太だより。~ワインと、ビールに、あと・・散歩?~
ブログURL
https://wabita.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ワインとビールが大好物のわび太の日記です。安旨ワインとクラフトビール、東京散歩などをつづります。まったり続けようと思います。
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/08/23

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、わび太さんをフォローしませんか?

ハンドル名
わび太さん
ブログタイトル
わび太だより。~ワインと、ビールに、あと・・散歩?~
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
フォロー
わび太だより。~ワインと、ビールに、あと・・散歩?~

わび太さんの新着記事

1件〜30件

  • 素朴な味わい。ティンルーフ・セラーズ シャルドネ

    私は普段、ワインを割と街中の小売店で買うことが多く、あまりネットショップでは買いません。 と言うのも、小売店でワインを適当に「ジャケ買い」して飲むのもワインを飲む楽しみの一つだと思っています。 情報がほとんどない中で買うので予想と異なる味わいのものを買ってしまうことも多く、ネットよりも割高になることも多いのですが、選ぶ楽しみの分を払っていると思えばいいのかなと。 (そうは言っても、しょせんインポーターさんの手のひらの上で踊っているに過ぎないのですが。) そうは言いつつ、小売店で出てくるワインも偏りがあるので、時々ネット注文しています。特にセットを買って自分が普段選ばないようなものを飲んでみるの…

  • 甲州の皮エキスたっぷり。シャトーマルス 甲州 オランジュ・グリ

    最近同じことばかり言っていますが、蒸し暑いのでさっぱりしたワインを飲みたい。 先日飲んでおいしかったオレンジワインに味を占めて、日本のオレンジワインを飲んでみます。 シャトーマルス 甲州 オランジュ・グリ。 造り手は本坊(ほんぼう)酒造。1872年創業の鹿児島の焼酎メーカー。 1960年にマルス山梨ワイナリーを開設してワイン造りに乗り出し、シャトーマルスのブランドでワイン生産を続けています。ウィスキーやリキュールも造っているようです。 山梨の石和と穂坂の2つの拠点がありますが、このワインは穂坂地区で造っているようです。 さて飲みます。 色合いはオレンジですが、そこまで濃くはありません。 香りは…

  • プラスチック栓だけど上質。ロッカ・グロリオサ

    今日も蒸し暑いので、お酒はさっぱり泡で。 カクヤスのワンコインスパークリングで出ていたスプマンテを。 ロッカ・グロリオサ スプマンテ。 造り手はヴェネト州ヴェローナ近郊のカッツァーノ・ディ・トラミーニャ(Cazzano di Tramigna)という村に所在するコントリ・スプマンティ。 1959年にルチアーノ・コントリ氏がスプマンテ造りを始め、当初は家族経営でしたが今やイタリア最大級のスプマンテの造り手になっています。 開栓。 栓はコルクではなくプラスチックなのが風情を欠いておりやや残念ですが、安いのでいいでしょう。 青リンゴのような、意外としっかり厚めの芳香。 味わいも果実感がしっかり。酸味…

  • 原産地呼称の呪縛。ファレスコ エスト!エスト!!エスト!!!

    東京もまた緊急事態宣言・・。 外食はまた酒提供禁止になるようですが、私はワクチン接種を完了するまでは外でのお酒は控えているので日々の生活に特に影響はありません。 しかし心理的には重苦しいですな・・。 ワクチンが行き渡り、今回が最後になりますように。 今日はカルディで買ったエスト×3。 前に飲んだメリーニが今ひとつだったので、再挑戦。 ファレスコ エスト!エスト!!エスト!!!。 造り手はファレスコ。 原産地呼称の地、モンテフィアスコーネにコタレッラ兄弟により1979年に設立されたワイナリー。 現在もこの地でワイン造りをしているようですが、どちらかというと近郊のウンブリア州モンテッキオが本拠地の…

  • 禁酒明けにパンチのある赤ワイン。カマセーラ ロッソ アパッシメント。

    人間ドック前に一週間の軽い禁酒。 ちょっと禁酒したくらいでは肝臓の数値はほとんど変わらないようなのですが、何となく心の持ちようとして。 そして健診を終えて、禁酒明け。 がっつり濃厚な赤を飲みたいなと、開けたワインは。 カマセーラ ロッソ アパッシメント。 ドンキで購入。 ポップで「お買い得」とかなり煽っていました。 イタリア、プーリア州のワインですが、造り手は北部トレンティーノ州をベースにしており、イタリア各地でワインを造っている醸造家集団、プロヴィンコ。 さて開栓。 キャップシールはワックスキャップになっています。 収穫したブドウを陰干しして造るアパッシメント。 開栓し、グラスに注ぐと、漂う…

  • 梅雨どきにさっぱりしたスパークリング。コント・ド・シャンベリ

    梅雨真っ盛りのなかカクヤスをパトロールすると、550円のスパークリングの見慣れないラベル。 早速購入。 コント・ド・シャンベリ ムスー・ブリュット。 名前はいかにも仏ワインっぽい響きですが、原産国名はスペインになっています。 生産者はラベルには明記されていませんが、ネットで調べてみるとスペインのワイン大手、フェリックス・ソリス。 シャンベリというのはマドリッドの地区名で(そういう意味ではスペイン語風に「チャンベリ」としたほうが正しいのかな)、フランスとスペインの歴史的つながりに関係する地区なので、この名を採用したとのこと。 ナポレオンがスペインに侵攻したときに、マドリッドのこの地に基地をおき、…

  • デビルとの再会。カッシェロ・デル・ディアブロ レッド・ブレンド

    東京も緊急事態宣言解除。 居酒屋で飲めないことに「我慢の限界だ!」と叫ぶ声も聞こえますが、私は家で飲むことにすっかり慣れてしまいました。 私は例えば野菜スティックとか、素材そのままの割とシンプルな料理が好きなので、あえて外で食べなくても家で十分楽しめるということに気づいてしまったんですよね。 という訳で、感染再拡大も気になるので、ワクチン2回目終わるまでは家飲み継続です。 平穏な世の中になればまた心持ちも代わるのかも知れませんが。 さて、本日も家飲みのワインを探しに酒屋を放浪。 ワイン棚の隅で、デビルマークのカッシェロ・デル・ディアブロが。 まだ飲んでいないラベルがあったので手に取ります。 か…

  • スーパートスカーナだが。モンテ・アンティコ

    カクヤスで「ポケットマネーで買えるスーパートスカーナ」とあおり文句があり、思わず購入。 モンテ・アンティコ。 モンテ・アンティコは、1972年から続くミラノのネゴシアンであるニール&マリア・エンプソンが手がけるスーパートスカーナのブランド。 イタリア語で「古い山」を意味します。 ボトル詰めのクレジットは「C.Santa Lucia」となっていて、この地のワイナリーであるカステラーニ(Castellani)も絡んでいるのかな。 ネットを見てもコスパ良との評価が高いスーパートスカーナ。 さて開栓。 しっかりとしたスミレ香が漂います。 味わいは、酸味はしっかりしていますが、肝心の果実感がちょっと弱い…

  • ノスタルジーにはひたれないけど。シャトーメルシャン 岩崎甲州

    蒸し暑くなって来たので本日のワインは、さっぱり軽い甲州を。 ふるさと納税の返礼品でいただいたものを飲みます。 シャトーメルシャン 岩崎甲州。 シャトーメルシャンのテロワールシリーズ。 シャトーメルシャンの源流であり、日本初の民間ワイン製造業者である「大日本山梨葡萄酒会社(祝村葡萄酒会社)」、その中心人物でフランス留学をした土屋龍憲と高野正誠の生家が栽培しているブドウを使ったワイン。 ちなみに祝村というのは上岩崎、下岩崎、藤井の三つの村が合併して1875年に誕生しましたが(その後勝沼町→甲州市へ)、「祝(いわい)」は「岩」と「井」を取った合成地名です。 (以下参考まで。) wabita.hate…

  • サッカーと関係ないが良ワイン。イニエスタ テンプラニーリョ 15.0

    今日もドンキで適当にワインを見つくろいます。 ラベルがベルベット仕様になっている面白そうなワインがあったので購入。 セニョリオ・デ・イニエスタ テンプラニーリョ。 前にサッカーのイニエスタ選手が造っているワインを飲みましたが、こちらはサッカーとは関係なく、イニエスタという村で造っているワイン。 ただイニエスタ選手のワインと同じ地域なのは、イニエスタというのがこの地域に多い名字なのか? 造り手は「イニエスタ農業者組合」とクレジットされています。 カスティーリャ・ラ・マンチャ州にありますが、地理的にはヴァレンシア近郊。ウティエル=レケナの近くです。 抜栓してすぐ飲みましたが、かなりカッタカタ。 安…

  • チーズにあらず。ラ・ピウマ ペコリーノ

    成城石井で、ラ・ピウマのモンテプルチャーノ・ダブルッツォとともに、ペコリーノというのがあったので買ってみます。 羊の乳から作られるペコリーノチーズの名はよく聞きますが、ペコリーノワインとは? 調べてみると、ペコリーノはアブルッツォ州や北隣のマルケ州などで造られている土着品種。 名前の由来に羊が関係しているのは確かなようですが、諸説あり、チーズ自体との関連性はなさそうです。 ラ・ピウマ ペコリーノ。 造り手はもちろん前回同様MGMモンド・デル・ヴィーノ。 テッレ・ディ・キエティは、アブルッツォ州キエティ周辺の原産地呼称(IGT)。 赤だとサンジョヴェーゼ、白はこのペコリーノを中心に造っています。…

  • サイゼを想う。ラ・ピウマ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ

    成城石井。 普段はあまり使わないのですが、休日の散歩帰りに立ち寄りました。 ワインコーナーをしばし眺めますが、今ひとつ惹かれるワインがなかったので、テーブルワインの定番っぽいものを何本か購入。 おうちで開栓。 ラ・ピウマ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ。 造り手はMGMモンド・デル・ヴィーノ。 1991年に3人の醸造家によりエミリア・ロマーニャ州フォルリに設立された比較的新しいワイナリー。3人の名前の頭文字がMとGとM。 2010年代に急成長し、イタリア各地でワインを造っています。 ボトル名のラ・ピウマはイタリア語で「羽根」の意。 味わうと、モンプルらしいまろやかなタンニン。 良い意味で、サ…

  • バルバレスコとして飲むか、安旨ワインとして飲むか。リヴァータ バルバレスコ

    仕事帰り、時間があったので密な電車を避けてブラブラ散歩。 日が落ちてきて涼しい時間帯を神宮外苑、新国立へ。 五輪どうなるんですかね・・。 気持ちよくウォーキングを終え、スーパーに立ち寄ると、安いバルバレスコが置いてありました。試しに買ってみます。 リヴァータ バルバレスコ。 造り手のクレジットがボトルに明記されていないのですが、バルバレスコ近くにあるカーサ・ヴィニコラ・モランド(Casa Vinicola Morando)という19世紀末から続く造り手。 さっそく開けてみます。 香りは、スミレのようなフローラル感がありますが、華やかというよりも落ち着いていて重たさを感じます。ベリー感もまずまず…

  • ドンキの500円カヴァ。カステルフィーノ ブリュット

    梅雨入りが迫る週末。 帰宅前にドンキで買い物をしていると、ワンコインのカヴァがあったのでノータイムで買い物カゴへ。 カステルフィーノ ブリュット。 生産者はスペインのワイン大手ガルシア・カリオンのクレジットですが、住所がバルセロナ近郊のヴィラノヴァ・イ・ラ・ジェルトル(Vilanova i la Geltru)となっています。 この地に所在するのはグループ企業のハウメ・セラなので、結局ハウメ・セラが造っているということですかね。 最近安カヴァを飲もうとするとハウメ・セラに当たります。 この前も飲んだばっかり。 安いのしか飲んだことがないので正当な評価が出来ないのですが、印象に残りにくいものが多…

  • ラベルは今ひとつだが中身はおいしいヴァン・ムスー。サン・メラン

    緊急事態宣言も再延長の気配濃厚・・・。 ま、初めからそうなるんじゃないかと思ってましたが。 今日も蒸し暑い。 本日のワインも爽快にスパークリング。 サン・メラン。 カクヤスの2本3300円セットで買ったもの。 ブルゴーニュでは珍しくソーヴィニョン・ブランを使った、リーズナブルな白の産地として知られるサン・ブリ(Saint-Bris-le-Vineux)のムスー・ド・カリテ。 造り手は、バイィ・ラピエール(Bailly Lapiere)。この地の430のワイン農家が集まり、クレマン・ド・ブルゴーニュを生産している生産者組合です。 「メトッド・トラディショネル(Methode Traditionn…

  • IPAのようなオレンジワイン。アランサット

    蒸し暑くなってきました。 今年は記録的に梅雨入りが早いようで、東京も雨模様が多くなってきました。 年々、春の気持ちの良い時季が短くなっている気がします。残念。 蒸し暑いので爽やかなワインを。 選んだのはカクヤスで購入したオレンジワイン。初めて飲んでみます。 アランサット。 イタリアのスロベニア国境にほど近いフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ので造られたワイン。造り手はボルゴ・サヴァイアンという小さなワイナリー。 地図で見るとスロベニア国境から直線で3kmほどしか離れていません。 オレンジワインは、元々ジョージア(最近はグルジアと言わなくなったのですね)で長年造られていたワイン。このワイナリーの…

  • たこ焼きと。ハウメ・セラ カヴァ

    せっかくのGWも、緊急事態宣言で外出もはばかられるので、今日は家族でたこ焼きパーティー。 たこ焼きを発明した人は天才ですね。球状で熱がじっくり伝わるので、よっぽどのことがない限り失敗しません。焼きすぎてもそれなりに食べられるし。 たこ焼きには何となく泡を合わせるのが定番になっています。 今回はカクヤスで厳選ワイン2本3300円で選んだ、カヴァ、ハウメ・セラ。 どっかで見た名前だなと思っていたら、かつてここの500円ワンコインスパークリングを飲んだことがありました。 ハウメ・セラはバルセロナ近郊、ヴィラノヴァ・イ・ラ・ジェルトル(Vilanova i la Geltru)の造り手。起源自体は古い…

  • 焼肉のあとに。イーランズ ソーヴィニョン・ブラン

    GW、外出自粛とは言え全くイベントがないのもつらい。 やはり家族で外食の一つでもしてみたい。 換気が利いていて比較的安全と最近注目されている焼肉へ。 密を避けるために16時と早めの夕食。 当然、お酒はありません。 ビールなしに焼肉をつつくのはいつ以来だろう。 記憶にありませんな。 しかし、肉に集中できてこれはこれでいいかも。 いつもよりおなかいっぱい食べることが出来て、クッパもいただきました。 とは言え、やはり飲み足りない。 焼肉のあとは家でさっぱり白ワインを。 ピーター・イーランズ ソーヴィニョン・ブラン 。 カクヤスの厳選ワイン2本3300円で購入。 造り手はニュージーランド、マールボロの…

  • 自然でリッチな味わい。ヘス シャーテイル・ランチス シャルドネ

    GWはどこにも行かずに我慢大会。 異論はあってもルールには従う派なので耐えしのぎます。 しかし、やることがないので早い時間から飲み始めることに。 今日のワインはこれ。 ヘス シャーテイル・ランチス シャルドネ。 ヘスはナパのワイナリーですが、このワインはサンフランシスコを挟んで反対側、モントレー郡のシャーテイル・クリーク・ヴィンヤードで造っており、値段も手頃。 ヘス自体は1986年創設と割と新しめのマウントヴィーダーに本拠地があるワイナリーで、ライオンマークで有名。 開栓。 樽の利いているワインを想像していましたが、樽感がありません。 香りは柑橘は弱く、トロピカルな感じ。 樽感がない分トロピカ…

  • 確かにスモーキー。ウェストエンド ブラック・シラーズ

    3回目の緊急事態宣言で不要不急の外出自粛が呼びかけられています。 今回は何となく緊張感が薄い気がしますが、一応外出を控えろと言われているので、ワインも近場のコンビニで調達します。 ポンタポイントがかなり貯まっていたので、ローソンに寄ってみました。 普段ローソンはあまり行かないのですが、成城石井やヴィノスやまざきと提携して置いているワインなど、ちょっと気の利いたデイリーワインもあります。 その中で「スモーキー」という売り文句に誘われて、ヴィノスやまざきのワインを1本購入。 ウェストエンド ザ・ブラック・シラーズ。 造り手は、イタリアからの移民であるドメニコ・カラブリア氏が1945年に設立して3代…

  • 初夏の陽気にぴったり。モンセニョール

    ドンキで買い物をしていると、在庫一掃で割引販売されているワインが。 何だろう、と思って見てみると、ヴィーニョ・ヴェルデ。 ドンキでヴィーニョ・ヴェルデが置いてあるとは。油断がなりませんな。 早速購入。 モンセニョール。 突き抜けた名前が潔くていいですね。 ヴィーニョ・ヴェルデはポルトガル語で直訳だと「緑のワイン」になりますが、「若いワイン」と言った意味合い。日本語の「青年」と同じような感覚でしょう。 ポルトガルのミーニョ地方特産の微発泡ワイン。 造り手はキンタ・ダ・リシャ。 前に飲んだヴィーニョ・ヴェルデと同じ造り手。 この地方のリシャという村に所在する、1986年創業のワイナリー。 ヴィンテ…

  • 敬遠していたが。シリウス ルージュ

    カクヤスでワンコインばかり飲んでいても何なので、「厳選ワインよりどり2本3300円(税込)」という、お勧めの中から2本選べるセットの中から適当に選んで買ってみました。 単品だと1700円~2000円クラスのものがラインナップされています。 造り手、産地もかなりバラエティに富んでいてどれを買おうか悩むのも楽しいです。 こういうの他の酒屋やスーパーでもやればもっと購買意欲が増すと思うのですが。 そのうちの1本。 シリウス ルージュ。 造り手はボルドーのメゾン・シシェル。 代名詞的にシャトーパルメの所有者として語られる造り手です。 シシェル家は代々続くネゴシアンの一族で、創業は1856年ドイツにて。…

  • 闘いは続く。ボルゲシア オーガニック スプマンテ

    東京に3回目の緊急事態宣言発令。つかの間の解放感から緊張の日々に逆戻り。 いつまで続くんでしょうか。 近くの人がコロナに感染した、という声が聞こえてきて、第4波はこれまでと段違いに手強そうです。 近くのカクヤスへ。 カクヤスさんも、飲食店への卸しが減って大変なんだろうな。 支援金も回ってこないのだろうし。 ・・・色々な思いに駆られながら棚を眺めると、また新手のワンコインスパークリング。この闘いも終わりが見えない。 買ってみました。 ボルゲシア ビオ キュヴェ ブリュット。 裏ラベルには輸入者が付けた「ボルゲシア オーガニック スプマンテ」という分かりやすい品名が表記されています。 オーガニック…

  • 八重桜を眺めながら。マクウィリアムズ ハンウッド・エステイト シャルドネ

    今年のソメイヨシノは散るのが早かった気がします。 去年が長持ちしただけかもしれませんが。 代わって八重桜と新緑の登場となりました。 八重桜はソメイヨシノに比べると地味な存在ですが、ソメイヨシノはすぐ散ってしまってさみしさが残るので、この季節、八重桜という脇役がいてよかったなといつも思います。桜から新緑へのバトンをうまくつないでいる気がします。 新緑の季節なので、今日も白ワインの気分に。 また分かりやすい味わいのものを選択。 マクウィリアムズ ハンウッド・エステイト シャルドネ。 マクウィリアムズは名前で分かるとおりアイルランド移民により1877年に創業された、6世代続くワイナリー。 ニュー・サ…

  • 最強?? ヌヴィアナ テンプラニーリョ/カベルネ・ソーヴィニョン

    コンビニやスーパーに行くと、なんとなくワイン棚を見るのがクセになっています。 花粉症の薬を買いにスギ薬局に入ったときに買い物ついでに食料品コーナーを見てみると、お酒コーナーがありました。 ドラッグストアではどんなワインが置いてあるのだろう。 眺めていると、カヴァで有名なコドーニュの造っているワインというのがあったので試しに購入。 ヌヴィアナ テンプラニーリョ/カベルネ・ソーヴィニョン。 造り手表記はヌヴィアナ。ヌヴィアナ(Nuviana)はNuvis(New=新しい)、 Vino(Wine=ワイン)、 Vida(Life=生活)の造語で「新しいワイン生活」ということらしい。何か「Vida」の「…

  • やっぱり南アのシュナンブランはいい!KWV シュナン・ブラン

    あったかいので、わかりやすくグイグイいける白ワインを飲みたくなりました。 そんなことで本日は新大陸系。 KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン。 KWVはアフリカーンス語で「南アフリカブドウ栽培者協同組合」の略語。 1918年に南アフリカの零細ブドウ農家救済のために創設されました。1997年に株式会社に移行し、2016年にはロンドンの投資会社ヴァサリ(Vasari)グループが買収。 このボトルは2018年ヴィンテージで、創設100周年記念ラベルになっています。 さて、開栓。 香りは若干トロピカル感が漂います。 味わってみると、はじめ軽い苦みのフックがあり、その後ライムの酸味。果実感…

  • 桜の季節にはやはり日本酒。いなば鶴 強力

    桜が満開。神田川の桜を見に行きました。毎年同じような写真を撮っている気がしますが、それでもやはり撮りたくなりますよね。 昨年と同様、コロナ禍で飲食自粛になっています。 ガヤガヤせずに、落ち着いて桜を見ていられるので、これはこれでいいかもしれません。 しかし、 桜を眺めていると、やはりお酒、それも日本酒が飲みたくなります。 さっさと家に戻り、ストックの日本酒を取り出しました。 いなば鶴 純米大吟醸 強力(ごうりき)。 鳥取生まれなもので、またまた鳥取のお酒。 前も登場した、鳥取の土着米、「強力(ごうりき)」を使った日本酒。 この強力、明治から大正頃には鳥取の特産米として酒造りにも使われていたよう…

  • こっちもメルロー。シャトー・ギショ

    成城石井のボルドー3本セット。 最後の1本になりました。 シャトー・ギショ。 造り手は、ラ・ファミーユ・プティ。 1890年から続く造り手で、アントル・ドゥ・メール地区のサン・タントワーヌ・デュ・クイレ(Saint-Antoine-du-Queyret)という村に所在。この村、50人くらいしか住人がおらず、広大なブドウ畑が広がっています。 シャトー・ギショもこの村に所在し、2008年にファミーユ・プティが買い取りました。 プティ・ファミーユじゃないのか、と思ったら、プティという苗字の人でした。 さて、開栓。 香って、味わって・・・。 むむ。 これもメルロー主体か。 前情報なしで 勝手にカベソー…

  • しだれ桜とソーヴィニョンブラン シレーニ セラー・セレクション ソーヴィニョン・ブラン

    桜も咲いていよいよ春本番といった感じ。 家の近くのしだれ桜も咲いてまいりました。 人通りもそれに合わせるように多くなってきたのはコロナの状況を考えると気がかりですが、まあ暖かくなるとある程度は仕方ないですよね・・。 春っぽくなってきたので、ワインもロゼ・・ではなくさっぱり系の白で。 シレーニ セラー・セレクション ソーヴィニョンブラン。 カクヤスで2本3000円というセットがあったので購入したもの。単品だと税込1782円。 シレーニはニュージーランド北島、ホークスベイのワイナリー。 ただ、このソーヴィニョンブランは、南島のソーヴィニョンブランで有名なマールボロで造っています。 創業は1998年…

  • SBかと思ったら。シャトー・オー・ガニャン

    桜も咲き始め、暖かい日々が続きます。 今日は白だな、と思い、成城石井のボルドー3本セットの2本目。 シャトー・オー・ガニャン。 ラベルには「Mis en bouteille au chateau par MT Vins chez Scea Labbe Lalanne」とあります。 ラベ・ラランヌ(Labbé Lalanne)は、ボルドー南、グラーヴ地区にあるシャトー・ラサル(Château Lassalle)というシャトーを経営しています。 MTヴァン(MT Vins)というボルドーのネゴシアンがボルドー南、グラーヴ地域のシャトー・ラサル(Château Lassalle)と共同で造ったワイン…

カテゴリー一覧
商用