プロフィールPROFILE

sudach1さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あいさんぎ散歩
ブログURL
https://sudach1.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
愛知、三重、岐阜の3県を「あいさんぎ」と呼びます。風景やお祭りの様子をデジタルカメラで捉え、あいさんぎの魅力を少しでも発信できたらと思います。
更新頻度(1年)

56回 / 145日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/30

sudach1さんのプロフィール
読者になる

sudach1さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 44,186位 45,005位 38,423位 38,489位 38,423位 38,399位 38,405位 978,611サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 10 30/週
PVポイント 0 30 140 140 120 20 10 460/週
写真ブログ 1,285位 1,306位 1,081位 1,086位 1,089位 1,093位 1,100位 32,906サイト
風景写真 124位 127位 103位 103位 102位 101位 101位 3,187サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 56,369位 57,805位 57,753位 63,959位 63,718位 63,833位 63,813位 978,611サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 10 30/週
PVポイント 0 30 140 140 120 20 10 460/週
写真ブログ 1,263位 1,290位 1,281位 1,506位 1,484位 1,489位 1,490位 32,906サイト
風景写真 115位 121位 113位 132位 134位 133位 136位 3,187サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 12,110位 11,492位 11,270位 11,036位 11,216位 11,240位 11,121位 978,611サイト
INポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 10 30/週
PVポイント 0 30 140 140 120 20 10 460/週
写真ブログ 269位 257位 250位 242位 244位 249位 247位 32,906サイト
風景写真 31位 30位 30位 30位 30位 30位 31位 3,187サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sudach1さんの読者になりませんか?

ハンドル名
sudach1さん
ブログタイトル
あいさんぎ散歩
更新頻度
56回 / 145日(平均2.7回/週)
読者になる
あいさんぎ散歩

sudach1さんの新着記事

1件〜30件

  • 郡上八幡-懐かしい駅風景

    郡上八幡、2回目。今日は郡上八幡駅自体を取り上げます。【吹きガラス】郡上八幡駅待合室から眺めるホーム。窓に使われているガラスは昔ながらの吹きガラスで、微妙な揺らぎがあります。揺らぎが懐かしさを感じさせます。【1番線】改札を抜けると1番線ホーム。美濃太田方面行の電車(正確にいうと電化されていないので汽車ですが)が入ってきます。【古い行き先案内板】線路を渡る橋には、古い行き先案内板がありました。まだこの...

  • 郡上八幡-ながら

    今日は天気が良く暖かったのでバイクで郡上八幡まで行ってきました。ということで今週は郡上八幡をテーマにお届けします。【郡上八幡駅】長良川鉄道 郡上八幡駅。長良川鉄道は、岐阜県美濃加茂市の美濃太田駅から郡上市の北濃駅まで走る第三セクターの鉄道です。美濃市駅を過ぎたあたりから名前の通り長良川に付きつ離れずで北上していきます。【観光列車ながら】郡上八幡駅構内で写真を撮っていると深い赤色の列車が近づいてきま...

  • 航空祭W-新旧戦闘機

    航空祭W、4回目。今日から岐阜基地航空祭で撮影した写真をお届けします。まずは新旧戦闘機です。【ホームのファントムⅡ】岐阜基地所属のF-4EJ ファントムです。機種名のEは改良、Jは日本生産を意味します。旧ボーイング社のライセンス供与により三菱重工で生産され、1972年に初号機が導入されました。【F-15 イーグル】同じく岐阜基地所属のF-15 イーグルです。このF-15もボーイング社のライセンス供与により三菱重工で生産され、...

  • 航空祭W-帰還

    航空祭W.、3回目。今日は帰還をテーマにお届けします。【F4帰還】ブルーインパルスの演技が終了した後、神明公園のちょっと南にある小牧空港ビルのオープンデッキに移動しました。到着した頃には航空祭も終わり、他の基地から応援に来ていた飛行機が順次帰還していきました。まずは、ファントムF-4EJの帰還です。【P1-哨戒機帰還】海上自衛隊の哨戒機P-1が帰還していきます。たくさんの突起物は、レーダー用のアンテナでしょうか?...

  • ブルーインパルス

    航空祭W、2回目。今日は、愛知県の小牧基地航空祭で披露されたブルーインパルスの演技を紹介します。【デルタ・ダーティ・ローパス】デルタ・ダーティ・ローパスの演技。逆光なので機体は黒くなってしまいますが、スモークが印象的になります。【グランドクロス】わずかな高低差をつけ飛行するグランドクロス。後ろから見ると違った趣があります。【SAKURU】6機が同時に円を描き始め、最終的に6つの円さくらを描きます。この演技は...

  • 航空祭りW

    2週間ぶりのブログ更新です。航空自衛隊主催の航空際が小牧基地、岐阜基地と2日続けて開催されました。今週は、航空祭をテーマにお届けします。【RF-4E】昭和を代表する戦闘機といえばファントム(F-4)ですが、ファントムを偵察機専用に改造したのがレコンファントム(RF-4E)です。レコンファントムは、茨城県百道基地の偵察部隊501飛行隊に所属しています。【アレスティング・フック】飛行中に車輪を出して、飛行展示するRF-4E...

  • 鉄砲隊

    愛知県美濃加茂市で開かれた「おん祭りMINOKAMO秋の陣2019」の3回目、鉄砲隊をお届けします。【鉄砲隊】実際の行列には鉄砲隊はいなったのですが、姫道中には鉄砲隊が随行します。【火縄】姫道中は、太田宿の中山道を東から西へ1kmほど練り歩きます。出発点と終点を含め、4回ほど火縄銃の演舞が行われます。写真は、火縄銃を発砲させるための火縄です。火縄は、木綿で特殊な編み方をされており、均一に燃えて、燃えるのも遅いの...

  • 姫四人

    岐阜県美濃加茂市で開かれたおん祭 MINOKAMO 秋の陣、姫道中2回目です。和宮以外のお姫様を紹介します。【八代将軍吉宗の正室 真宮】八代将軍吉宗が紀伊藩主だった頃の正室 真宮。真宮は、理子女王の幼称です。【十二代将軍家慶の正室 楽宮】十二代将軍家慶の正室 楽宮。楽宮は、喬子女王の幼称で、10歳の時に下向します。喬子女王は、第十五代将軍慶喜の伯母にあたります。【十代将軍家治の正室 五十姫】10代将軍家治の正室 ...

  • 姫道中

    今週は、岐阜県美濃加茂市の「おん祭りMINOKAMO2019秋の陣 太田宿中山道まつり」の様子をお届けします。【姫道中】多くの姫様が江戸時代に通ったことから、中山道は「姫街道」と呼ばれています。おん祭りMINOKAMO秋の陣では、徳川家の5人の姫様の煌びやかな行列の様子を再現します。【徳川第14代将軍家茂の正室「和宮」】5人の姫様の先頭は、第14代将軍家茂に嫁いだ和宮です。【沿道の人々にこたえる】沿道の人々にこたえる。【...

  • 流線形と技術革新

    週が変わりましたが、引き続き愛知県長久手市にあるトヨタ博物館、第5回目。流線型と技術革新をお届けします。【流線形デザイン】1930年代、アメリカを中心に製品のデザインは、流線型(ストリームライン)が最先端のデザインになっていました。自動車も例外でなく、クライスラーとデソートが発表したエアロフロートは、斬新な流線型で、エンジンを前輪車軸上に置き重量配分を変えるなど画期的なメカニズムも採用していました。【...

  • ナショナル・カラー

    愛知県長久手市にあるトヨタ博物館、第4回目。ナショナル・カラーをテーマにお届けします。【ブリティッシュグリーン】1890年頃に始まった自動車レース(最初は、ガソリンエンジン車ではなく蒸気自動車)は、1900年に国際レース「ゴードン・ベネット・カップ」が開かれました。このレースでは、国別にナショナルカラーが決められ、参加する車はナショナルカラーに塗られました。イギリスに割り当てられたのは、ブリティッシュグリ...

  • 大衆化と高級化

    愛知県長久手市にあるトヨタ博物館、3回目です。今日は、大衆化と高級化をテーマにお届けします。【大衆化の先駆け】大量生産システムによるコストダウン、運転を簡単にするメカニズムにより自動車の大衆化を果たしたフォードTモデル。1908年に生産が始まり、1928年までに1,500万台が生産されました。【高級化の兆し】1921年から生産されたエセックスのコーチ。ホロ型が主流だった頃にセダン型の自動車です。後ろに見えるのは1927...

  • シルバーゴースト

    愛知県長久手市にあるトヨタ博物館の2回目です。【シルバーゴースト】トヨタ博物館自動車館は、1890年から始まる自動車の歴史をいくつかのテーマに分け、自動車が展示されています。1910年代は、黎明期を終えた自動車が急速に進化していく時代です。そんな時代を代表する自動車のひとつが「ロールスロイス 40/50HP シルバーゴースト」です。シルバーゴーストの名称は、幽霊のように静かでスムーズな走行性と塗色から付けられたもの...

  • トヨタ自動車の始まり

    2週間近くあいてしまいました。今週は、愛知県長久手市にあるトヨタ博物館を取り上げます。【トヨダAA型】トヨダAA型は、豊田自動織機自動車部(後のトヨタ自動車)が1936年10月に販売開始した初の乗用車です。トヨタ博物館の自動車館に入ってすぐのところに展示されおり、トヨタ自動車が始まったシンボルとして展示されています。1937年1月にトヨタ自動車工業として豊田自動織機から分離独立したため、トヨダAA型ではなくトヨタAA...

  • かしも明治座・灯

    中津川市にある「かしも明治座」、3回目。本日は、灯を取り上げます。【いざり灯】昔の歌舞伎舞台の照明はろうそくでした。かしも明治座では、舞台や花道に和紙の風よけのついたろうそくを模した照明が設置されています。【UFO】舞台に上がって上を見上げるとこんなものが取り付けられていました。写真の現像時に露光を下げ、UFOのように仕上げてみました。今時のLED照明です。【舞台照明】「ベタ明かり」という舞台上に明かりの濃...

  • かしも明治座・幕

    中津川市にある「かしも明治座」の2回目です。今日は、「幕」をテーマにお届けします。【娘引幕】かしも明治座の引幕は、娘引幕と呼ばれています。かしも明治座を建設した時に出資した家の屋号と娘さんの名前が書かれているためですが、100年経った今でも色艶やかです。左側の中ほどに「桒原玉まえ」とあるのですが、中京女子大学(現在の至学館大学)を創立した内木玉枝さんとのことです。【幕引き】案内してくれた人が引幕を開け...

  • かしも明治座

    9/29(日)の天気予報は曇りだったのですが、雲はあるものの良い天気でした。所用で中津川市の付知に行ったついでに「かしも明治座」を見学してきました。今週は、中津川市にある芝居小屋「かしも明治座」を取り上げます。【かしも明治座】山の麓にたたずむ「かしも明治座」。Lightroomのポジプリント調フィルターを適用し、空の青さを強調してみました。【明治座正面】2017年10月に大修理を終えた「かしも明治座」の建物は綺麗です...

  • ノリタケの森 西洋風庭園

    名古屋・ノリタケの森 3回目です。今日は、ノリタケの森に整備された庭園の様子をお届けします。【庭園全景】赤レンガ造りの建物の前には庭園が広がります。芝生の中に入ってもいいようで、ビーチテントを持ち込んでくつろいでいる人もいました。【噴水】成り行きで撮った噴水の写真です。シャッタースピードを調整して、止まっているように見せるか、糸のように見せるかしたほうが良かったのでしょうか?これくらいの流量だとど...

  • 赤レンガ造りの建物に接近

    名古屋 ノリタケの森の2回目です。今日は、赤レンガの建物に近づいたから見えた風景をお届けします。【窓枠から】窓枠の隙間にたまった土から生える草。ひょっとすると草ではなく、なんかの木かも。ちょっとしたすき間に生える植物のことをスキマ植物と呼ぶようです。【レンガの隙間から】この写真はノリタケの森の初日、1枚目の写真の一部を切り取ったものです。隙間からたくさんの草が生えています。【腐った扉】さび止めの塗料...

  • 名古屋・ノリタケの森

    先週の土日(9/14,15)は、写真を撮りに出かけられなかったので、本当に久し振りのブログ更新です。今週は、名古屋にある「ノリタケの森」をテーマにお届けします。【赤煉瓦の建物】この赤レンガ造りの建物は、明治37年(1904年)に建てられた日本陶器合名会社の工場です。建てられてから100年以上が経過していて、レンガにひび割れがあったり、草が生えたりと年月を感じさせる佇まいです。曇り空だったので、建物だけを切り取った...

  • 有刺鉄線の塀

    岐阜県八百津町 旧八百津発電所の2回目です。古い建物と有刺鉄線とで非日常的な雰囲気を作り出します。【有刺鉄線の張られた塀の向こう】あえて斜めにしました。有刺鉄線の張られた塀の向こうに放水口発電所の古い建物が廃墟感を増幅します。【蔦の這う塀】苔むした塀の上に蔦が這っています。蔦と有刺鉄線、抽象的な表現しかできませんが、それに古い建物が合わさっていい雰囲気です。【有刺鉄線の向こうに広がる世界】空を大き...

  • 旧八百津発電所

    今日(9/8)、岐阜県八百津町から恵那まで写真を撮りながらバイクで出かけてきました。途中で気づいたんですが、カメラにSDカードを入れ忘れてたんです。なんか写真を記録するのがおそいなと感じていたんですが、保存できなくて遅かったようです。今日の行った場所のストック写真を使ってブログ更新します。【古いトラス橋】岐阜県八百津町の中心街を抜け丸山ダムに向かう途中、木曽川支流である油皆洞川にこんな低いトラス橋がかか...

  • 郡上八幡 郡上踊り

    郡上八幡 最終回。郡上踊りの様子を中心にお届けします。【踊りの輪】踊りやぐらのまわりを輪になって踊る。桝形延命地蔵前の踊りの様子です。絞り優先で撮影したのですが、現像時に確認するとf16まで絞り込んでいた(?)ので、シャッタースピードが1秒になっていました。その割には踊っている人がブレてません。【○○踊り】10種類ある郡上踊りの〇〇踊りです。特徴のあるポーズであれば、ネットにアップされている郡上踊りの映像...

  • 郡上八幡 桝形地蔵まつり

    郡上八幡 5日目。本日は郡上踊り(桝形地蔵盆まつり)の様子をお届けします。【新町ネオンサイン】郡上八幡新町のメインストリート新町通りのネオンサイン。郡上踊りがモチーフの看板もついています。【いざ会場へ】郡上踊りは夜8時から始まるのですが、8時前には踊りの会場へ向かう人をあちこちで見ることができます。【桝形地蔵まつり】郡上八幡を訪問したのは8月24日、地蔵盆です。この日は桝形地蔵まつりとして桝形延命地蔵前...

  • 郡上八幡 夜を飾るもの

    郡上八幡 4回目。郡上踊りを盛り上げるしつらえをテーマにお届けします。【郡上大提灯】今回、郡上八幡を訪れたのは7月中旬から9月初めにかけて開催される郡上踊り写真に収めることでした。郡上踊りを盛り上げるしつらえとして提灯や行燈が街のあちこちに設置されています。郡上祭りの期間が始まると本町の通りには大きな提灯が飾られます。【ぼんぼり】郡上八幡一回目の記事で紹介しましたが、郡上八幡の橋にはお揃いのぼんぼり...

  • 小駄良川の流れ

    郡上八幡 3日目。今日は、郡上八幡を流れる三つ目の川 小駄良川(おだらがわ)の風景をお届けします。【洞泉寺橋】小駄良川は、郡上八幡で吉田川に合流します。合流地点付近は川岸が切り立った崖になっており、せり出すように建物が建てられています。写真は吉田川との合流地点から800mほど上流にある洞泉寺橋付近の風景です。ノイズが出ると思ってISO64000で撮影したのですが、明るいレンズでなかったので暗くなってしまい、Li...

  • 郡上八幡 宗祇水

    郡上八幡は、豊かな湧水に恵まれ、街中に水路が張り巡らされた水の町です。宗祇水は、郡上八幡を代表する湧水で、環境丁(現 環境省)が選ぶ名水百選に最初に認定されました。本日は、宗祇水にかかわる街の風景をお届けします。【宗祇水への入り口】宗祇水は小駄良川の清水橋の袂にあります。宗祇水へと続く小径への入り口には提灯が掲げられています。【石畳の小径】宗祇水へ続く小径は石畳の坂になっています。この石畳の坂を下...

  • 長者町ブループリント 小ネタ集

    長者町ブループリント 最終回ですが、関西テレビの某人気番組にあやかって「小ネタ」集で締めたいと思いまます。【忘れ傘】階段の手すりに傘の忘れ物がありました。【一輪挿し】立体的な一輪挿しと平面の一輪の花。【小人の扉】寸法線の通りなら高さ30cm, 幅6cmの小さな扉があります。扉は開いた状態です。【手跡】階段の壁の途中に手跡があったりします。【入り口全容】青焼きイメージに仕上げられた長者町横丁へ降りる階段の入...

カテゴリー一覧
商用