searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

命チャンネルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
命とは何か?〜霊的視点(洞察力)で究明しています〜
ブログURL
https://muu-rin.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
命とは何でしょうか? 自分は確かに生きているという意識があるのに、なぜ命のことが分からないのでしょうか? 人生最大の疑問を解き明かします。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/06/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、命チャンネルさんをフォローしませんか?

ハンドル名
命チャンネルさん
ブログタイトル
命とは何か?〜霊的視点(洞察力)で究明しています〜
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
命とは何か?〜霊的視点(洞察力)で究明しています〜

命チャンネルさんの新着記事

1件〜30件

  • 肉、魚介類、卵、乳製品を食べない、という効用

    肉、魚介類を食べない人のことをベジタリアンといいます。 このベジタリアンがさらに卵と牛乳やチーズなどの乳製品を食べなくなった人のことをヴィーガンと言います。 ヴィーガン食は体に悪いという人もいます。 これは意識の問題である、と私は思っています。 肉や魚を食べなければ充分な栄養が摂れないという思いがあれば、それだけで肉体がそう反応します。 例え話をします。 なぜ泥棒が捕まるのでしょうか? 泥棒は捕まろうと思って盗んでいるわけではありません。 しかし泥棒の意識には「自分を捕まえて欲しい」という潜在意識があります。 みなさんは、もし自分の家に泥棒が入って大切なものを盗まれたらどうでしょうか? 誰でも「許せない」と思うでしょう? 泥棒も同じなんですよね。 「許せない」という思いが心の中にあるのです。 自分だけは許されて、他人は全て許せない、それはどう考えても通らない道..

  • スピリチュアルヒーリングを始めます

    命チャンネル主催者の ひろあき です。 スピリチュアルヒーリングを始めます。 スピリチュアルヒーリング(霊的な治療)について説明をします。 スピリチュアルヒーリングとは、私自身の霊界の守護霊や指導霊の力を借りて、宇宙にある霊(生命)という「生きているエネルギー」をクライアント(患者)の霊体(生命)に、私の霊体を通して注ぐものです。 霊(生命エネルギー)の媒体となるヒーラーは、より洗練された生命エネルギーを通せるように、日常を過ごさねばなりません。 何故ならばヒーラーの霊性によって宇宙から取り入れられる生命エネルギーの質とか量とかが決まってくるからです。 たとえば、私は「日常こそ修行の場」であると捉えていて、二つのことに取り組んでいます。 一つは食事です。 私は肉、魚、卵、乳製品は食べません。 さらにグルテンフリーであり、カフェインレスです。 もちろんお酒も飲みま..

  • 「思った通りの自分になる」

    自分の身体なのに思った通りにならない・・ご高齢になってきますと皆さんそうおっしゃいます。 足が上がらなくなります。 手も上がらなくなります。 膝がガクガクするようになります。 多くの方が何かしらのいわゆる病気を抱えることになります。 病気・・身体の不具合です。 身体の不具合が精神をも侵します。 逆に精神的なものが身体にも出てきます。 身体と精神はお互いに連携をしているからです。 ですから身体が悪くなっても、精神まで侵されないようにしなくてはなりません。 絶対に変わらない、不屈の精神を持つ必要があるのです。 と言いますのは、どんなに健康になろうと思って生活していても、病気にはなる可能性があるからです。 それは、人間は、否、今の地上の人類は、まだまだ未完成であり、生命(いのち)として不完全だからです。 この不完全な自分という生命(いのち)を完全にしてい..

  • 今生でぜひ魂の感動を体験しましょう!

    死んだらどうなるのか? 人間は死後は霊魂になります。 なぜ人間は自ら死を選ぶのか? それは生きるのが苦しく辛いから、死んで楽になりたいと思うからです。 あるいは自分には生きる価値がないから死んでしまいたいと思うからです。 自殺というのは、自分で自分を殺すことなのです。 なぜこのような残酷なことができるのでしょうか? それは自分のことを、生命のことを肉体だと思っているからです。 生命を殺すことはできません。 何人といえども生命を殺すことはできないのです。 それは自分が死んでみれば分かります。 今までこの地上に生まれて死んでいった人は、全員が生きています。 人間は「生命を絶つ」ことができないのです。 肉体は生命ではありません。 肉体は生命の道具に過ぎません。 では生命とはなんでしょうか? 生命とは霊のことです。 目には見えない、非物質の..

  • この世は「修行の場である」、私はそう思って生きています

    なぜ「この世」は「修行の場」なのでしょうか? 修行というと私たちはすぐに お坊さんや滝行や何かの宗教などを思い浮かべますが、そういう特殊なものではなく、私たちの毎日の生活そのものが修行である、私はそう思って生きています。 どうしたらそういう心境になれるのか、なぜそんなことをしているのか、そんなことをしてどんな意味があるのかをこれから説明したいと思います。 まず何の修行かということですが、魂の修行です。 私たちには一人一人に魂というものがあります。 魂というのは言葉でいうと、個性とか意識とか意志とか精神とか、そういう物資的ではない生命的なもの、霊的なものを指します。 魂は霊的ではありますが、霊そのものではありません。 霊というのは、生命のことです。 霊は完全です。 しかし霊から誕生した魂は不完全です。 その不完全を完全にしていく過程を、私は「修行」と呼んでいま..

  • イノチの疑問に霊的な視点で回答します

    ❶なぜ自分は生まれてきたのか? ❷何のために生きているのか? ❸死んだらどうなるのか? ❹宇宙はどうなっているのか? ❶人間は霊界にいた霊魂が肉体を持ってこの地上に生まれてきたものです。 霊魂の霊とは生命の素のことであり、生きているエネルギーです。 魂というのは個としての意識のことであり、精神は魂の道具です。 なぜ肉体が必要なのかというと、地上では自分を表現する道具として肉体が必要なのです。 ○○家に生まれたのは、自分という霊魂にとってその環境が最も修行になるからです。 ただし、家系の遺伝というのは肉体的なものだけであり、霊魂は遺伝しません。 皆さんが前世と言っているのは、個として生まれてきたあなたという魂の前世ではなく、同じ霊に属する別の魂の過去生のことです。 あなたという霊はあなたという魂だけではないということです。 守護霊と言っている魂は、あなたと同じ霊に..

  • 人間の魂(エッセイ)

    私という魂は 寄せ集めの魂である 今朝ふとそう思った たくさんの魂が 私という個性を作っている シルバーバーチが言うには 人間は何百万年も生きてきているそうである なぜ「そうである」などと言う書き方をしたかと言うと 私には全くその記憶がないからである しかし客観的に見ると 人間になるまでにそれくらいの年月は必要なのであろう と妙に納得している自分がいるのも確かである 霊は離合集散するというのが霊的な摂理であるが これは一体どういうことなのだろうか? 人間で考えた場合 霊ではなく霊魂が離合集散するという方が分かりやすい言い方だと私は思っている つまり人間は多くの魂が寄せ集められて作られた霊の集合体なのである なぜそう思うのかというと 魂というのはそういうふうにできているからである アフィニティというのがある 一つの霊の集合体にある二つの魂が この地上にほぼ..

  • みなさん、ウィルスは好きですか? 嫌いですか?

    これって変な質問ですよね。 でも私はみなさんに真面目に聞いているのです。 いかがでしょうか? 大方の人は「ウィルスなんて好きな人がいるわけないでしょう」と思うはずです。 それが正常であり、その他の人は「精神的におかしい人」というレッテルを貼られるに相違ありません。 つまり世の中から見れば、私という人間は「精神がおかしい人間」な訳です。 なぜって、ウィルスが嫌いではないからです。 では好きかというと、好きなわけでもありません。 つまり好きでも嫌いでもないのです。 かと言って、どうでも良いわけではありません。 私はウィルスを物質的視点ではなく、霊的な視点で見ているからです。 ウィルスというのは、間違いなく生きています。 生きているということは、生命が宿っているということです。 生きて動いている生命には、必ず霊魂が宿っています。 では霊魂とは何..

  • 僕は死後月に行きたい

    みんな、月に行きたいと思ってるかい。 それはナンセンスだと思う。 なぜって、月にはロケットで行くものじゃあない、僕はそう思ってる。 人間には絶対に必要なものがある。 光、空気、飲食、住居、運動、そのほかにも衣服、睡眠、排泄など様々なものが必要なのだ。 こんなに必要なものがいっぱいある中で、なんで宇宙船に乗って月に行きたがるのかな。 こんな大変な思いをしなくても行くことはできる。 どうやって行くかって? それは死後の楽しみだよ。 みんな人生には死後があることは知ってるよね。 死後には色々な天体に行くことができるんだ。 でもね、条件がある。 それはね、霊性・霊格を向上させなければならない。 そうしなければ他の天体に行くことができない仕組みになっている。 誰が決めたかって? それはもちろん神様だよ。 神様って何かって? 神様とはね、宇..

  • 統合失調症はどうすれば治るのか〜霊的視点で見る〜

    統合失調症を治すことはできるのでしょうか? もし治せるとすれば、どうすれば良いのでしょうか? 統合失調症と診断された方は、大変に辛い思いをされていると思います。 そしてご本人だけではなく、ご家族の方も大変辛い思いをされていると思います。 統合失調症というのは、昔精神分裂病と言われていました。 要するにジキル博士とハイド氏のように二重人格になってしまう人のことです。 その主な原因は、他の霊魂による憑依です。 憑依というのは精神が他の霊魂に占有されてしまうことです。 精神というのは魂の道具なのですが、自分という魂を意識できるようになるまでは、魂はほぼ寝ているような状態です。 統合失調症は有病率約1%ですので、日本では100万人いることになります。 決して珍しい病気ではなく、ましてやそれよりも軽症である鬱(ウツ)などはほとんどの人が体験をしているのではないでし..

  • 飛べないチョウチョ

    「ああ、そろそろ死ぬ時期が近いかも知れない」私はそう思った。 私はアオムシである。 多分人間からは嫌われているだろうと思う。 なんと言っても見た目が悪い、それに歩くのも遅い。 第一私は地を這って生きる二次元の世界に住んでいる。 何といってもレタスは美味しい。 ところが人間は我々が食べないように農薬とかいうものを撒いている。 全く困ったものだ。 もしレタスを購入してアオムシが居たら、そのレタスは農薬が少ないという証だから喜んで欲しい。 そしてもし見つけたアオムシが生きていたら、草むらに逃がしてあげて欲しい。 なぜって私たちも人間と同じ生命だから。 さて、私はだいぶ年老いてきた。 冬が近くなってきて何だか身体が動かなくなってきた。 それにやけに眠い。 そろそろ寝るとしよう・・・ あーあ、よく寝たなァ。 なんだこの殻は、なんで私はこんな殻の中にいる..

  • みんな修行に来ている

    地球に生まれた生き物は みんな修行に来ている なんの修行かというと 魂の修行だ 動物も鳥も魚も虫も みんな人間と同じ魂がある 捕まえようとすると逃げる それは魂があるからだ 人間だって捕まえようとすれば逃げるだろう 捕まって料理されるのは誰だって嫌だよ 魂は進化する宿命にある 進化と言っても肉体じゃあないよ 生命的に、つまり霊的に進化することを義務付けられているんだ 霊的な視点で見ると 生命というエネルギーがあるから魂は活動できる 魂は誕生した時は 本当に小さく未熟なんだ それがだんだん大きくなって やがて人間になる だから本当は他の生命に対して 人間には責任があるんだよ それに気づくには もう少し人間が進化する必要があるんだ 霊的にね 生命エネルギーの完全性を 魂がどれくらい表現できるようになるかが大事なんだよ そのバロメーターを霊性と..

  • 年齢と肉体と魂

    皆さんは今身体のどこかに違和感をお持ちでしょうか? もしそうでしたら、それは結果である、ということです。 なんの結果かと言いますと、自分の人生の結果です。 私は今の前の10年間が大事であると思っています。 ということは今の10年間は次の10年間の礎になるということです。 人生50歳まではある程度無茶をしても、それが学びとなります。 しかし50歳、特に55歳を過ぎたら、肉体はかなり疲れてきていると思って下さい。 私は50台は60歳からの為に、60台は70歳からの為に、70台は80歳からの為に、80台は90歳からの為に、90台は100歳からの為に、そして100台は110歳からの為に生きるべきであると思っています。 そしてもっと言うならば、この地上の人生は次に生きる世界をよりよく生きるための場所にすべきである、そう思っています。 逆にいうと、次があると思えなければ、..

  • 生命、いのちと食物アレルギー

    蕎麦(そば)アレルギーというのがあります。 食物アレルギーというのは、生命、いのちにとって良くない食べ物や飲み物のことです。 食べる蕎麦は通常小麦を混ぜて作ります。 この小麦にはグルテンという良くくっついて膨らむ成分が入っています。 古代小麦にはグルテンはほとんど含まれていませんでしたが、人間が改良を重ねてグルテンという成分を多く含む小麦に改良しました。 日常で食べるパンは良くくっついて良く膨らむ強力粉などを使います。 その方が美味しいし良く売れるからです。 この良くくっついて良く膨らむ成分が胃や腸などの消化器官に対して良くない働きをするのです。 考えてみれば、良くくっついて良く膨らむものが、繊細な消化器官にとって良いはずがありません。 生まれたばかりの赤ちゃんというのは、生命、いのちという非物質体が肉体という物質体を持ったばかりの状態です。 従って赤ちゃんは大..

  • 神とは何か?

    神とは、すべての生命、いのちあるものが自分であるという意識を持っている生命、いのちのことです。 私たち人類の意識はまだ、人は人、自分は自分です。 自分と人とがなぜ同じ生命、いのちであるのかが理解できないのです。 人間がそうなのですから、動物は尚更自分と同じ生命、いのちであるなどとは思えないわけです。 鳥も同じです。 あのカラスと自分が同じ生命、いのちだなどとどうして思えるのでしょう。 魚も自分と同じです。 そして虫たちも自分と同じ生命、いのちなのです。 植物も自分と同じ生命、いのちが宿っています。 だから生きていられるのです。 私は植物しか食べませんが、それでも生きている生命、いのちを頂いているのです。 物質的な視点で人間を見ていたのでは、とても自分と人が同じだなどとは思えないでしょう。 生命の視点、いのちの視点、霊的な視点という見えないものを見る洞..

  • 霊性の向上の難しさ

    今の私は虫が殺せません。 たとえばレタスの中に小さな虫を見つけることがあります。 スーパーのレタスには虫が居ませんが、農家直売所の野菜には時々虫が居ます。 よく居るのは黒くて小さな虫です。 見つけると外の草むらに放してあげます。 虫は可愛い、そう思うようになりました。 昔よく家の中に出たゴキブリやムカデはここ2、3年見かけなくなりました。 どうやら虫たちは私の魂の成長に合わせて出現するようです。 生命は繋がっている、霊として一つである、という摂理を実感しています。 肉を食べなくなったのは健康のためではありません。 動物を食べることに違和感を覚えたからです。 ペットを膝に乗せて、同じ四つ足の動物の肉を食べていることがおかしいと思い始めたからです。 それでも最初は、ひき肉入りのコロッケなどは「まあ、このくらいは良いか」と思い食べていました。 やがて魚が食べ..

  • 最善を尽くせば、誰かが応援してくれます!

    「最善を尽くす」とはどういうことでしょうか? 果たして私たちは日々最善を尽くして生きているでしょうか? 例えば家庭では両親のお世話や子供の世話をしなければなりません。 結婚をすれば両親は増えます。 子供も生まれます。 そこに仕事が入ってきます。 とても結婚相手の両親まで面倒を見ることができません。 そんなゆとりが無いのです。 なぜ無いのかというと、自分のことで精一杯だからです。 通常はさらにここに遊びや趣味やリラックスする時間が入ってきます。 これは自分のために使う時間です。 最善を尽くすというのは、自分と他人を分け隔てしないことである、私はそう思っています。 イエスが言っている「自分がして欲しいことを他人にしてあげる」ということだと思います。 他人というのは、自分という霊魂以外の者すべての人のことで、家族も入っています。 家族というのは最小..

  • 肉主霊従から霊主肉従へ!! 本当の生命進化論

    生命と肉体、その間にあるのが精神です。 自分という意識は、精神の中にあります。 そして精神には、生命的な意識と肉体的な意識との両方があります。 生命も肉体もどちらも自分なのですが、みなさんはどちらも同じくらいに意識できますでしょうか。 おそらく肉体は意識できるけど生命はよくわからないというのがみなさんの精神の立ち位置だと思います。 実は、自分という生命を意識できるようになる、これが今のみなさんに課せられた宿題なのです。 シルバーバーチ風に言いますと、肉主霊従から霊主肉従へと自分の精神を変えていくことなのです。 肉主霊従と霊主肉従は180度違います。 シルバーバーチは生命と肉体、どちらも疎(おろそ)かにするなと言っています。 私は魂の琴線に触れてから今年でちょうど10年になります。 魂の琴線に触れるというのは、大きな悲しみや病気などで魂が追い詰められて自分では..

  • 生老病死という四苦を無くす生き方

    私たちの通常の意識は「自分と人は別」という意識です。 それは私たち地上の人類の意識の進化の程度がまだそこにあるからです。 進化にはこのように意識の進化と肉体の進化があり、またその両方共に人類全体としての進化があり、またそれぞれ個別の進化があります。 しかし全てに共通しているのは、生命(いのち)という法則の枠内で営まれているということです。 大きな視点で見れば、宇宙というすべての空間は、この生命の法則で統治されています。 もちろん地球も例外ではありません。 そして宇宙にあるすべての天体には生命が住んでいます。 宇宙の生命は、私たち地球の人間から見たら宇宙人です。 すべての天体には宇宙人が住んでいます。 ただこの宇宙人という言い方は正しい言い方ではありません。 もし天体に住んでいる生命が宇宙人ならば、私たち地球の人間も宇宙人になるからです。 では正しい呼び方は..

  • 今の日本には審神者(サニワ)がいません

    審神者(サニワ)とは、一人一人に影響を与えている背後にいる霊魂を正確に霊的にジャッジする人のことです。 他界した霊魂の影響を受けていない人は一人もいません。 誰でも必ず他界した霊魂の影響を受けています。 その答えは、人間は霊であり、宇宙は霊界だからです。 霊能者も同じです。 霊能者にも必ず影響を与えている霊魂が背後にいます。 自分では「高い霊界の高級霊と繋がっている」と思っている人でも、実は地上近くにいる浮遊霊であることが多いのです。 高い霊界とつながる場合には、背後には必ずどっしりとした守護霊や指導霊がいるものです。 宙に浮いている浮遊霊は、高級霊とは繋がっていません。 浮遊霊は高級霊とは繋がっていませんが、高級霊的な知識は持っています。 そこが厄介なところです。 まるで高級霊かのように思ってしまう霊能者が多いのです。 どんなに優秀な霊能者でも..

  • 人生の2つの偏差値

    魂は霊から誕生します。 つまり、自分という魂の親は霊なのです。 親という言い方が正しいかどうかは別として、霊と魂というのはそういう関係であるということです。 人間には一人一人に別々の魂というものがあります。 その親は霊という「完全なる生きているエネルギー」なのです。 この「完全なる生きているエネルギー」のことを生命と言います。 つまり自分という魂の親は生命ということです。 もちろん自分も生命です。 違いは親である霊は完全であるが、子である魂は不完全である、ということです。 これが霊と魂の関係です。 すべての魂にとって、親は霊という生命なのです。 否、生命という霊なのです。 ここから導き出せるのは、すべての魂は兄弟姉妹であるということです。 何故ならば、親である霊は同じだからです。 この親である霊のことを、人は「神」と言っているのです。 今お話し..

  • 人生を霊的な視点(視野)で見る

    私たちは生きているのに「いのち」のことがわかりません。 なぜ生まれて、なぜ死ぬのか、一体生命とは何なのかを何も知らずに生きているのです。 知らなければ何をしても許されると言いますが、本当に知らなければ許されるのでしょうか。 もし本当にそうならば生きる苦しみも、老いる苦しみも、病気の苦しみも、死の苦しみもないはずです。 なぜ人間にはこのような苦しみがあるのでしょうか。 この苦しみは果たして無くすことはできるのでしょうか。 人間には「生老病死」という苦しみがあります。 その原因は実は私たち自身が作り上げているのです。 その結果として生老病死という苦が起きるのです。 もしそうならば、いくら結果をなくそうと思っても、原因が無くならない限り結果も無くなりません。 モグラ叩きと同じで、いくら叩いても出てくるのです。 「生老病死」という苦難には必ず原因があります。 そ..

  • 心霊治療(スピリチュアル・ヒーリング)について

    「人間は自分で自分を治すことができる」私はそう思っていますし、それがスピリチュアル・ヒーリングができる前提条件ではないかと思っています。 サイキック・ヒーリングまでの目的は「病気を治すこと」です。 しかしスピリチュアル・ヒーリングの目的は違います。 病気を治すことではありません。 スピリチュアル・ヒーリングの目的は「魂の開発」にあります。 魂の開発のサポートをすることです。 魂の開発をするのはスピリチュアル・ヒーラーではなく、ヒーリングを受ける本人です。 そうなるようにヒーラーはヒーリングをすることになります。 病気が治るに越したことはありません。 しかしそれよりも大事なのは、魂が開発されて自らの霊性に気づくことなのです。 ヒーラー自身がそういう価値観になっていないと、スピリチュアル・ヒーリングはできません。 皆さんは自分の霊性に気づいていらっしゃいますか..

  • 新型コロナ ③インフルエンザはなぜ消えたのか?

    2020年12月4日の厚生労働省の発表によりますと、11月最終週の1週間のインフルエンザの新規感染者数は全国で46名でした。 2019年の同週は27393名でしたから何と約1/600に減少したことになります。 インフルエンザは毎年9月から4月にかけて発症します。 ですから厚生労働省も毎年同時期に定点観測をして数値を集計してきたわけです。 ではなぜインフルエンザウィルスは急速に減少したのでしょうか? そもそもインフルエンザウィルスというのは何者なのでしょうか? 物的視点では科学的な解明を待たねばなりませんが、霊的視点•視野では霊的な洞察力で解明することができます。 霊的な視点•視野というのは、生命的な、いのちから見た見方です。 ウィルスというのはウィルスという生命、つまりウィルスという霊魂がウィルスという肉体を着ている状態、それを顕微鏡で見て私たちはウィルスと言っ..

  • 「魂の目覚め」と「霊性の向上」

    人間は若い時に「命」のことや「死」を考える時があります。 それは当然です、「なぜ自分は生きているのだろう」「死んだらどうなるのだろう」と考えるのは人間だからできることなのです。 苦しい時や悲しい時に「自分で自分の命を断つ」という思いがフッと心に浮かぶことがあります。 しかし、これは肉体的な視点・視野でのモノの見方であり、いのちの方からの見方ではありません。 いのちのことを生命と言い、いのち側から見た言葉で生命のことを「霊」と言います。 大事なのは、霊は死なないということです。 霊というのは、いのちのことです。 いのちは死ぬことができない、というのが正しいモノの見方なのです。 ただ「いのち」というとどうしても肉体的な視点・視野のモノの見方になりますので、生命的な視点・視野である「霊」という言葉を使わせていただきます。 いのち=生命=霊、であるということは覚えてお..

  • エッセイ❷ 人間は全員が霊能者であるということ

    あなたも、あなたも、そしてあなたも••人間は誰もが霊能者としての資質を持っている。 その理由は、「人間は霊だから」である。 しかし、聞くと「霊は嫌い」という人が多い。 日本には昔から霊の話はあった。 能や狂言には霊魂の話が沢山ある。 人は「自分が霊である」のに、「自分が霊である」ということになぜ気づかないのだろうか? それは肉体という物質を着ているからである。 「自分は霊である」ということに気づかせてくれるのは、霊的な能力が出てきた時である。 霊的な能力は、五感の延長線上の能力として出てくる。 一番多いのは、霊界の誰かが見えるようになることである。 亡くなった身内の人や薄い青色の絹の衣を着た人を見ることがある。 次に多いのは、ここに居ない誰かの声が聞こえることである。 それは人の話し声だったり、お経だったりする。 匂うというのもそうである。 私の..

  • スピリチュアルヒーリングについて

    今わかってきたことがあります。 それは「病気を治すてあげたい」と思っているうちはスピリチュアルではなく、サイキックであるということです。 シルバーバーチは心霊治療には三つのパターンがあると言っています。 一つは磁気的な治療で、ヒーラーが自分の気を使うものです。 もう一つはサイキックと言われるもので、五感の延長上にある能力を使うものです。 遠隔治療などもサイキックです。 そして完全に霊的な力を使う、それがスピリチュアルヒーリングです。 病気を治してあげたい、という気持ちはとても大切なものです。 しかしこれは自分の欲なのです。 病気は治してもらうものではありません。 「シルバーバーチの霊訓第5巻」には「病気は自分で治すものである」とハッキリと書かれています。 この第5巻は今は中古本で高いものを買うしかありません。 電子書籍だけではなく、紙の書籍として手軽な価格で..

  • エッセイ❶

    明け方に「う〜っ」という大きな寝言を言って私は目が覚めた。 これが私の日常である。 なぜ大きな声で「う〜っ」と言うのかというと、それは私という霊魂が肉体に帰ってきたからである。 おそらく自分という霊が帰ってきて肉体が伸びるのだろうと思うが、仰向けに寝ながらグーっと背伸びをするような感じである そのときに「う〜っ」という声が出るのだ。 これは「おかえりなさい」ではない。 「ただいま」なのである。 私という霊魂はいつ肉体から出たのか、その時の意識ははっきりしていない。 出る時はどうやらスーッと出るようである。 そしてどこをどう浮遊してくるのか、それともすぐそこにいるのか、そこがまだよくわからない。 意識が夢として捉えていて、何かハッキリしないのである。 だからすぐに忘れてしまう。 ここがもう少しハッキリしてきたら記事として書けるようになると思う。 しか..

  • 科学者と哲学者と思想家

    科学と思想は、仮説を立てて検証するという同じことをしているのですが、この二つは似て非なるものである、ということができます。 まず、この無限の宇宙には目で見える世界と見えない世界がある、ということを知っていただきたいと思います。 「見える世界」というのはモノの世界であり、これを「物質の世界」と言います。 人間の身体も物質であるし、原子やクォークなども物質です。 これらの物質の世界の未知を明らかにしていく人のことを科学者と言い、この明らかになったものを応用するために創意工夫し、腕を磨いていくいく人のことを技術者と言います。 つまり科学や技術というのは「物質の世界」「見える世界」の話であると言うことです。 これに対して宇宙には目では「見えない世界」と言うのがあります。 見えない世界は科学では検証することができません。 なぜならば科学というのは、万人が「その通りだ」と思うこ..

  • 人間は、肉体を持った霊魂であるということ

    自分という人間は、肉体という物質を着ている霊魂という非物質なのです。 これが真理です。 自分という人間の正体です。 それをまずは知識として知ることです。 宇宙には物質の世界と非物質の世界があり、この地球という天体は物質が色濃く出ている世界です。 他の太陽や月は非物質が色濃く出ている世界です。 人間も他の生き物も、この地上にいる限りは肉体という物質を勝手に脱ぐことは出来ません。 人間は肉体の上に衣類というものを着ますが、この衣類も丁寧に洗って使えば綺麗で長持ちします。 未来の人間はヴィーガンでグルテンフリーでカフェインレスという食生活になっていきます。 そして120歳という寿命を、ほとんど病気をせずに送ることになると思います。 120歳というと60歳が折り返し点になります。 しかも後の60年間を健康に過ごすことができたら、人生設計は一変するでしょう。 と言..

カテゴリー一覧
商用