searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Akiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
あきる野市

自由文未設定

ブログタイトル
ドイツ舞姫ジャーナル
ブログURL
https://maihime.net
ブログ紹介文
ドイツで大学院を卒業し、ベルリン在住。コラム形式で、ちょっと深い考察と日常をお届け中。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2019/06/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Akiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Akiさん
ブログタイトル
ドイツ舞姫ジャーナル
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
ドイツ舞姫ジャーナル

Akiさんの新着記事

1件〜30件

  • コロナと過ごすベルリン① ー 日常が非常になるまで

    新型コロナウイルスの出現から刻々と変わるベルリン生活のレポート。その1は、ウイルスの上陸から街が静まり返るまで。

  • ドイツ化できない日本人の部分

    何年もドイツで暮らしていても、変えられない日本人らしさがある。日本での礼儀がドイツでの弱点になりうる場合とは?

  • 新たなドイツ文化・マスク

    マスクから考える日独文化比較。マスクの初心者・ドイツから現状をレポート。

  • 空気と日光を求めて

    空気にも新鮮さを求める?白い肌は羨ましがられない?天気が良いと外に出ずにはいられない、ドイツ人の行動を考察。

  • 鍵をめぐるバトル – 権利を主張する、という権利

    ある週末、思いもしなかった事態が発生。その後も続く交渉…。そこから学んだドイツ人の姿勢とは。

  • ヘアドネーションのすすめ

    あなたの髪が子ども達の未来を明るくする!日本とドイツのヘアドネーション事情の紹介と体験談。

  • ポーランド旅行記②:首都ワルシャワ

    ワルシャワで過ごした年末年始。ポーランドは旅先として本当にオススメ!親日家が多い理由も紹介。

  • ボーランド旅行記①:古都クラクフ

    ベルリンから電車でも行ける隣国、ポーランド。南部の古都クラクフで受けた印象を、ドイツと比較しながら考察。

  • ベルリン国立バレエ『ラ・バヤデール』ー 古くて新しい

    西洋が舞台ではないバレエ作品。その面白さと、ベルリン国立バレエの挑戦について考える。あらすじと見どころも紹介。

  • もしドイツで亡くなったら

    外国人としてドイツで死去した場合、誰が葬儀をしてくれるのだろう?日本との違いも加味しながら、詳しく解説。

  • ベルリンからパリに行ってみると

    ドイツの首都・ベルリン在住者が、隣国フランスの首都・パリに行ってみると…。日本との比較だけではなく、ドイツとの比較で見えてくるフランスの姿とは?

  • 「ありがとう」も「すみません」も言わない接客

    ドイツで買い物をすると、日本人であれば違和感を覚える。その理由を、実際の体験をもとに考察。

  • 名前を呼ぶ意味:日独比較

    挨拶やお礼の言葉に添えられるだけではなく、ドイツ語で話していると、文中でもよく名前を呼ばれる。その理由について、日本語との比較を手掛かりに考察する。

  • ドイツの職場・七不思議

    基本的に残業なし、有給休暇100%取得を実現させているドイツ。ある意味で真逆の労働環境で働く日本人にとって、不思議がたくさんある。

  • ドイツの職場・七不思議

    基本的に残業なし、有給休暇100%取得を実現させているドイツ。ある意味で真逆の労働環境で働く日本人にとって、不思議がたくさんある。

  • ドイツのビジネスメールの不思議

    ドイツでも、ビジネスで欠かせないメール。日本だと3回かかるやり取りが、ドイツだと2回で済んでしまう理由とは?

  • 比較文学というバザール

    ある意味で学問らしくない学問、比較文学。バザールに喩えられる所以とは何だろう?

  • 自由すぎるドイツの結婚式

    ドイツの結婚式には色々な不思議がある。招待されたら、次の日まで予定を空けておくべき理由とは?

  • 本場のバウムクーヘン食べ比べ

    日本人にとって、ドイツのお菓子といえば、バウムクーヘン。実はドイツではあまり見かけないのだが、その奥深さに迫ってみよう。ベルリンのおすすめのお店も紹介。

  • 「愛してる」は節約気味に

    愛の告白の表現には、ドイツ語・日本語・フランス語で不思議な共通点と相違点がある。英語とも対照させながら、少し掘り下げて考えてみよう。

  • 対等さの善し悪し

    お客様は神様、ではないドイツ。『対等さ』の良い面と悪い面を、日本と比較しながら考える。

  • 何でも自分で祝うドイツ

    誕生日が近づくと、ドイツ人はちょっと忙しくなる。子どもの誕生日の前も同様。日本式とドイツ式の祝い方、どちらの方が好きですか?

  • ドイツの大学生の課題:文学専攻の場合

    ドイツの大学生は本当によく勉強する。日本の大学と比べて、何がそんなに大変なのだろう?文学専攻ならではのジレンマも紹介。

  • ドイツのチョコレートの魅力

    ドイツのお土産におすすめなのは、やっぱりチョコレート。でも高いものを選ぶ必要はない。現地から注目情報をお届け。

  • 気にするポイントの日独比較

    ドイツでは、鼻をすすることは嫌がられるが、チーン!と甲高い音を立てて鼻をかむことは普通。日本とドイツで、何かを恥ずかしいと思ったり、嫌だと思ったりするポイントが異なる。様々な実際のエピソードを紹介。

  • ドイツ式外注のすすめ:介護と育児の視点から

    高齢の親がいても、小さな子どもがいても、ドイツ人は適度に息抜きできているように見える。その秘訣と、日本の状況を難しくしている文化的な理由を考える。

  • 文学とバレエの関係

    文学とバレエの切っても切れない関係とは?比較研究の可能性と、実例を易しく解説。

  • ポケモン、ドイツの辞書にあらわる

    TsunamiからEmojiまで、日本語からドイツ語に借用された言葉は意外に多い。Hokkaidoを食べるって、どういうこと?

カテゴリー一覧
商用