searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

東洋の聖人カードさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

スピリチュアル、開運、占い、など全般を活動しております。 お気軽に、ご質問を頂ければと思います。 ご質問に答えるようなブログ内容を考えております。

ブログタイトル
スピリチュアルで開運★オラクルカード☆遠藤裕行のブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/toyonoseijinn-card2019/
ブログ紹介文
スピリチュア情報のブログです。 開運メッセージの受け取り方がメインテーマ。 題材は、東洋の聖人カード、タロットカード、オラクルカード、日本の神様カード。 カード以外にも、スピリチュアルについて深く考察していきます。
更新頻度(1年)

518回 / 365日(平均9.9回/週)

ブログ村参加:2019/05/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、東洋の聖人カードさんをフォローしませんか?

ハンドル名
東洋の聖人カードさん
ブログタイトル
スピリチュアルで開運★オラクルカード☆遠藤裕行のブログ
更新頻度
518回 / 365日(平均9.9回/週)
フォロー
スピリチュアルで開運★オラクルカード☆遠藤裕行のブログ

東洋の聖人カードさんの新着記事

1件〜30件

  • 社運(スピリチュアル学69)

       運勢のベースとなるのは徳と劫です。運勢の吉凶は徳と劫により決まります。 運勢に関する徳と劫ですが、これは、人の運勢に限った事ではありません。運勢のあるも…

  • 家運(スピリチュアル学68)

       人の運勢のベースは、徳と劫によるものです。 そして、人の運勢は、家の運勢に乗っかっているような感じです。この家の運勢を家運と言います。 家運が悪いと人の…

  • 泣いて馬謖を斬る(スピリチュアル学67)

       「泣いて馬謖を斬る」 この言葉の意味は、全体の規律を守るためには、たとえ愛する者であっても私情を捨て、涙をのんで処分する事。 この言葉の語源は、中国にお…

  • 決断断行(スピリチュアル学66)

       徳を積めば幸せになります。劫を積めば不幸せになります。 幸せになる為に、徳を積む事を念頭に置くことは、実りある人生設計として正しい考え方です。 しかし、…

  • 徳の法則(スピリチュアル学65)

       例えですが、10努力して10結果が出るのは、努力相応の結果と言えるでしょう。 一般的に考えれば、努力が相応に報われて良い事だと思われがちです。 しかし、…

  • 悟り(スピリチュアル学64)

      徳があればあるほど、自分の願望が叶います。        生まれながらに徳があれば、悉く、自分の願いが叶う人生になるのです。これは誠にもって羨ましい限りで…

  • バランスを取る方法(スピリチュアル学63)

       徳は幸せの素ですから、徳があればあるほど、幸せになれるわけです。 そして、徳が幸せな現象として、自分の身に起きれば、その分、徳は減っていきます。 幸せな…

  • 劫を晴らす考え方(スピリチュアル学62)

       劫を晴らし、徳を積めば、不幸の種を刈り、幸福の種を蒔く事になります。 これが幸福になるための、根源的な考え方であり、基本ベースになります。  では、劫を…

  • ベストセラーの法則(スピリチュアル学61)

       たまに、こういうサクセスストーリーを聞く事があります。突然、良いアイデアが浮かんできて、それを商品化したら、大ヒットとなった。 ビジネス系で言えば、商品…

  • 徳を積む(スピリチュアル学60)

       人を傷つけ、不幸にすると仮に、自分はその事に何とも思わなかったり、その事を忘れたりしても、自分の深層にある御魂は決して忘れません。 御魂は人を傷つけ、不…

  • 劫のメカニズム(スピリチュアル学59)

        例えば、誰かをいじめているとしましょう。相手は弱い立場で逆らえない。 嫌なことや面白くないことが自分に降りかかるとその相手をいじめて憂さを晴らす。相手…

  • 御魂の基準のために(スピリチュアル学58)

      徳(善行)と劫(悪行)には基準があります。その基準とは御魂によるものです。だから、相手に一見良かれと思った事をしても、御魂の判断では劫と認定される事もある…

  • 徳と劫の基準(スピリチュアル学57)

       究極の結論を言えば、人の幸・不幸は、徳と劫で決まります。徳とは、人を救済したり、幸せにしたりするとプラスの要素として徳が生まれます。劫とは、人を傷つけた…

  • 人生が変わる究極の占い鑑定法(スピリチュアル学56)

       今回は、人生が変わる究極の占い鑑定法を伝授致しましょう。  占い鑑定の所要時間は、通常は30分から1時間ぐらいでしょうか。 では、この30分から1時間ぐ…

  • 神界に近道なし(スピリチュアル学55)

      自分の御魂(内の神)と外の神が、合体する事が究極の人の目的です。 しかし、残念ながら自我が芽生え、エデンの園から追放されて以来、内の神と外の神はどんどん離…

  • 神人合一の道(スピリチュアル学54)

        外の神と内の神(御魂)が合体するのは、簡単な事ではありません。 内の神である、人の境地、霊層が神界でなければ、外の神と合一は出来ません。 従って、神社…

  • 内の神と外の神(スピリチュアル学53)

       身の内の神であり、内の神である御魂と神社等の外の神とが合一し、一体となる事が究極の目的です。 この状態とは、御魂が本当に愛する人と、常に一緒にいるような…

  • 神人合一(スピリチュアル学52)

        人は神の分魂である御魂を宿しています。神の部分を宿しているとも言えますし、身の内に神がいるとも言えます。 自分の中に神がいるのなら、神社等の外に向かっ…

  • 御魂の本質(スピリチュアル学51)

      我々人間は、神の分魂である御魂を宿しています。この御魂を成長さす事が、人生の主たる目的です。 人が努力して、絵を描けるようになった。歌を唄えるようになった…

  • 奇魂(スピリチュアル学50)

       御魂は、一霊四魂と言って、荒魂、和魂、幸魂、奇魂の4つから形成しています。 その中の奇魂は、小さな可愛い少年、少女のような姿をしています。 顔はその人で…

  • 御魂の法則(スピリチュアル学49)

      厳密に言えば、神は人を護っているというのではなく、神の分魂である御魂を神は護っています。 だから、人から御魂が離れると神も離れます。 御魂が離れるか、御魂…

  • 御魂の法則(スピリチュアル学49)

      厳密に言えば、神は人を護っているというのではなく、神の分魂である御魂を神は護っています。 だから、人から御魂が離れると神も離れます。 御魂が離れるか、御魂…

  • 御魂(スピリチュアル学48)

       人は、誰もが神の分魂である御魂を頭部に宿しています。この御魂が人の主人公になります。 御魂を成長させることが、人生の本義で、御魂中心の人生こそが正しいの…

  • 一霊四魂(スピリチュアル学47)

      人には御魂があります。 この御魂は、一霊四魂と言われ、一つの霊が四つの魂をコントロールしています。 この四つの魂について説明しましょう。 ・荒魂(あらみた…

  • 神界とは(スピリチュアル学46)

       仮に、地獄界の下層に堕ちても、日々、精進努力し研鑽し徳を積めば、いつの日か、天界の上層に登りつめる事が出来ます。そして、その上がいよいよ神界。 果たして…

  • 反本地垂迹説(スピリチュアル学45)

       前回までの仏教の世界観は、仏、菩薩は日本の神々の真の姿(本地)で、八百万の神は仏、菩薩が仮の姿(垂迹)、すなわち権現となって日本の地に現われたと唱える、…

  • 仏界(スピリチュアル学44)

       仏教の世界観では、仏様のいる仏界を最高位として、欲界、色界、無色界の三界があります。 前回は、一番下の欲界を説明致しました。今回は、その上の色界からです…

  • 仏教の世界観(スピリチュアル学43)

       仏教の世界観では、仏様のいる仏界を最高位として、その下に欲界、色界、無色界があり、この3つを総称して三界と言います。 三界の中で下にある欲界は、淫欲と食…

  • 神界に行く方法(スピリチュアル学42)

       地獄に堕ちる人は、天地の法則に反し、天国に行く人は、天地の法則に叶ったという事です。決して、ここがゴールではありません。どちらもプロセスに過ぎません。 …

  • 天国はどこ?(スピリチュアル学41)

      霊界は人の想念の世界。想念は刻々と変化してきます。それ故、霊界の様相も刻々と絶えず変化してきます。 昔と今の地獄の様相は大分違ってきます。今の時代に怠りの…

カテゴリー一覧
商用