プロフィールPROFILE

あしたへの糧さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あしたへの糧
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/str_mykb
ブログ紹介文
週末のできごとを中心に書き綴ります
更新頻度(1年)

14回 / 198日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2019/05/11

読者になる

あしたへの糧さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,762サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,967サイト
キャンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,130サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,303サイト
沢登り・キャニオニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 86,031位 980,762サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,408位 11,967サイト
キャンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 297位 2,130サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 294位 2,303サイト
沢登り・キャニオニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3位 42サイト
今日 12/15 12/14 12/13 12/12 12/11 12/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,762サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,967サイト
キャンプ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,130サイト
登山 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,303サイト
沢登り・キャニオニング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 42サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あしたへの糧さんの読者になりませんか?

ハンドル名
あしたへの糧さん
ブログタイトル
あしたへの糧
更新頻度
14回 / 198日(平均0.5回/週)
読者になる
あしたへの糧

あしたへの糧さんの新着記事

1件〜30件

  • ヘルニコア

    ここ数年慢性的な腰の痛みが続いていた。それまでは定期的に痛みが出ては引くというのが繰り返している感じだったけど、2年前の東京マラソンのときを境にして慢性的に痛みが続くようになった。今年の夏の北アルプス遠征を前にして、痛み止めの注射を打ってもらおうと思って初めて病院を受診した。MRIを撮って診断結果はヘルニア。やっぱりか・・・結局、注射は打ってくれずに痛み止めの飲み薬を渡された。あと、リハビリに通うか尋ねられたけど、きっぱり断った。体ならそこら辺のオッサンの倍以上に動かしてるわい!その後、痛みは徐々に右足の神経痛と右足先の痺れへと移っていき、ランニングはおろか5分ほど歩くのも困難な状態に。そんなときネットで見つけたのが『ヘルニコア』昨年承認されたばかりの治療法で、手術で切らずに注射で治すらしい。調べると宮崎県内で...ヘルニコア

  • 沢部忘年会 川中キャンプ場(宮崎県綾町)

    2019年11月16日(土)~17日(日)沢登りメンバーと忘年会&反省会をした。場所は、宮崎県綾町にある川中キャンプ場。宮崎市内から40~50分くらいの所にあって予約不要で無料。水道とトイレはあるけど、それ以外は電気を含めて何もないキャンプ場だ。キャンプ場に行く途中、道路脇で焚火用の薪を調達キャンプ場に着くと先客が数組。廃れたキャンプ場だし、この時期だし、我々だけの貸切かと思っていたので少々驚いた。薪割りして、一晩中焚火しても余るくらいの薪を確保できた。Kさんが撮り貯めた沢登りの様子の動画を見ながら、「ここは泳ぎばかりだった」とか「ここは落ちたところだ」とか楽しく今年を振り返った。まあ、シーズン中みんな無事に(あっ、一人肋骨にヒビが入ったメンバーがいた)遊べたから良かった。反省としては今シーズンはあまり沢に行け...沢部忘年会川中キャンプ場(宮崎県綾町)

  • キャンプして星空観察 スカイロッジ銀河村(宮崎県美郷町)

    夏前から職場の若者とキャンプに行こうという話が持ち上がっていた。まあ端的に言えばキャンプをしたことがないから教えてほしいということのようだ。夏なら渓谷近くのキャンプ場で、釣りや水遊びをメインにすればいいかと考えていたけど、日程が合わないとか天気が悪いとかで延び延びになってるうちに、夏は終わってもう晩秋。そこで、選んだキャンプ場が宮崎県美郷町の標高860mの山の上にあるスカイロッジ銀河村。ここのすぐ近くには天文台昴ドームがある。ということで、11月9日(土)~10日(日)に星空観測をメインイベントにしてキャンプに行ってきた。9日は正午に「道の駅とうごう」で待合せ。店内を覗くと手頃な大きさのサツマイモがあったんで購入。焚火の焼き芋用昼食は、美郷町内にあるピザの有名店OttO-OttOオットーオットー古民家を改築した...キャンプして星空観察スカイロッジ銀河村(宮崎県美郷町)

  • クライミング♪ クライミング♪

    四万十川ウルトラマラソンの後遺症だった“股ずれ”がようやく完治して、今年の一大イベントも過去のできごとになりつつある。それに伴って、日々繰り返し襲われていた「走らないといけない!」というプレッシャーから開放されて、なんて気楽なんだろう。走らずに一日が終わろうとするときに、後悔のような後ろめたいような気持ちにならなくていいというのは素晴らしい。そんな訳で、先週(10/26)、今週(11/4)と気兼ねなく2週続けてクライミングに行ってきた。26日は、会メンバーのINAさん、yamaさんと3人で。久しぶりに触る岩の感触。だいぶん勘が鈍ってて、細かい凸に乗り込むのが怖い。以前登れたはずだからと自分に言い聞かせるけど、一度沸いた不安はそうそう消えない。登っていたのは我々以外に誰もいなかったので、1ピッチ登るごとに終了点で...クライミング♪クライミング♪

  • 沢登り 上の小屋谷(宮崎県椎葉村)

    日本百名山と同じように「日本百名谷」というのがあると教えてもらった。九州本島には4つあって、その内の2つが宮崎県にある。椎葉村にある「上の小屋谷」と西米良村にある「境谷」だ。9月に上の小屋谷を1泊2日の沢中泊で遡行した。9月15日(日)椎葉村は宮崎県内とはいえ宮崎市内から3時間は掛かる最奥の地だ。そんな秘境の谷に今回は、沢部メンバーのミドリマンさん、Kさん、自分の3人で向かった。準備を済ませ、9時過ぎに車を停めた所から入渓地点に向けて出発した。今回は1泊分の荷物を背負っているので、沢登りにしては少々重めのザック。林道を40分ほど歩くと入渓地点に着いた。ん?車がある。渓流釣り師の物と思われる車が数台停まっていた。林道入口には車止めの柵があったのにどうして・・・10時5分入渓。水温は冷たなく沢登りの適温だ。この青空...沢登り上の小屋谷(宮崎県椎葉村)

  • 北アルプス遠征 北鎌尾根

    時間と金銭的な都合により、年1回としている遠征登山(信州近郊の方がうらやましい)。今年は北アルプスのバリエーションルート、北鎌尾根に行った。北鎌尾根は前々から行きたいとは思ってはいたものの単独で行くことに踏ん切りがつかずにいたところ、Kさんが一緒に行くというので決定した。8月30日(金)仕事を午前中で切り上げて、19時10分発の宮崎港発神戸港行きのカーフェリーに乗船した。フェリーは食堂があったり風呂があったりして、宿がそのものが移動している感じで好きなんだけど、今回は大学生(専門学校生?)20~30人のバカどもがロビーで一晩中騒いでいて熟睡できなかった。8月31日(土)7時20分、神戸港に入港。さあここから上高地までは、分単位で電車、新幹線、バスを乗り継で行かないといけない。何時に上高地に到着できるか次第で今夜...北アルプス遠征北鎌尾根

  • 四万十川でカヌー&焚き火キャンプ

    四万十川ウルトラマラソンを走り終えた後は、四万十市内の居酒屋で打ち上げ。しかし、さすがに疲れ切ってて食欲はなかった。店内も街も同じように走り終えたランナーで賑わってて、お互いに同志のように声を掛け合う。「せっかく宮崎からはるばる四万十川行くんだから」ということで、有休を1日足してカヌーを積んできた。マラソンの翌日はカヌーをして、その晩は河原でキャンプしてから帰る計画だ。翌日。カヌーの出廷地点の江川崎に移動。ところが問題が・・・前日のマラソンで両太ももが酷い股ずれ。ズボンが擦れるとヒリヒリしてとてもまともに歩ける状態じゃない。なので応急処理の“サランラップ”これでなんとかOK弁当と缶ビール12本(←どんだけ飲むつもりなのか!)を積み込んで出廷♪カヌーベテランのミドリマンさんからレクチャーを受けながら下って行く。出...四万十川でカヌー&焚き火キャンプ

  • 第25回四万十川ウルトラマラソン出場

    2019年10月20日(日)ここのところブログを書く気力が失せてサボってたが、今回のイベントは自分の人生史に残る一コマ。記録しとこう!四万十川ウルトラマラソンに出場することとなったのは、春先の遊び仲間との飲み会の席でのいわゆる「飲んだ勢い」ってやつ。自分はまったく乗り気でなかったけど、とりあえずエントリーした。すると、こんなときの抽選に限って当たってしまう訳で、4人中2人が当たって出場することになった次第。高い参加料を払って出場するからには、完走はしたいから現状でできる精一杯のトレーニングはした。30キロ走を1回と20キロ走を3回くらい。月間距離は6月81キロ、7月176キロ、8月92キロ、9月210キロ。正直ぜんぜん足りてない本番前日、エントリーの抽選に望んで当たったミドリマンさんと自分、それにサポート役を買...第25回四万十川ウルトラマラソン出場

  • 沢登り 甘茶谷(宮崎県尾鈴山山系)

    2019年7月29日(日)ちょっと日がたってしまいましたが、今年初の沢登りの記録です。場所は、宮崎市内から手軽に行ける名貫川水系の甘茶谷。半日ほどで遡行できる谷ながら遊べる滝が連続する沢登りのゲレンデ的な面白いルート。メンバーはKさんと2人。梅雨末期の大雨で尾鈴山登山口まで続く林道は荒れまくってたけど、Kさんのデリカのお陰でなんとか車で行けた。梅雨が明けて1週間の晴天。気温も水量もバッチリの条件かと思っていたら、思いのほか水量が多い。普段の水量なら正面から登れる滝も激しい水圧に耐えながら、やっと岩に取付いて登る。下界のうだるような暑さが吹き飛ばされて気持ちいい~~♪(←前半のうちは)水量が多くて登れない滝は高巻きながら、登れる滝をチョイスしながら登って行く。取付いてはみたものの水圧に負けて登れない滝もいくつか。...沢登り甘茶谷(宮崎県尾鈴山山系)

  • ココヘリ(COCO HELI)に入会

    最近、ネットで山関連のページを徘徊しているとやたらと目につくのが、ココヘリの案内。ココヘリは山で遭難したときにヘリコプターで探し出してくれるというサービス。正直、今はGPSを持っていたら道迷いで遭難することは皆無と言っていいと思う。しかも、GPSはスマホのGPSアプリで十分。じゃあ、なぜココヘリがいいのか?GPSを頼りに下山できるのは、あくまでも歩ける状況にある場合のみ。怪我して動けないとか、意識がないとか、さらに最悪な場合などはどうにもならない。そんなときココヘリは、予定の日時に下山してこないことを案じた家族などがココヘリに通報すると、ヘリコプターが出動して発信器から発せられる電波を頼りに見つけ出して、救助機関に居場所を連絡してくれる。先日、ココヘリとフォルクスワーゲンのコラボ企画が目に留まった。抽選で500...ココヘリ(COCOHELI)に入会

  • クライミングテクノロジー ノースクーロワールを購入

    これから夏を迎えるというのにアイスクライミング用のアックスを買った。(←時期を外して買う賢い買い物)クライミングテクノロジーのノースクーロワールクライミングテクノロジーはイタリアのブランドで、クライミング用品において、クリックアップやアルパインアップなど、面白いアイデアの商品を出している。このアックスも機能こそ普通ながら色使いが斬新。アッズハンマー早速ちょっと武装した。テニスラケット用のグリップテープシャフトに巻いて、スベリ止めと冷たさ対策。いいんじゃないの!冬が楽しみ!クライミングテクノロジーノースクーロワールを購入

  • 初登頂!大箆柄岳(おおのがらだけ)(鹿児島県)

    2019年6月22日(土)鹿児島県の垂水市と鹿屋市にまたがる高隅山系の大箆柄岳(おおのがらだけ)に登った。登山口は色々とあるようだけど、この日は宮崎市から見て手前側になる鹿屋市側の登山口から。宮崎市内から登山口まで2時間少々かかった。地図を見て最短と思われるコースは、登山口の手前が土砂崩れで通ることができず、地図に登山道が載っていた北側のコースから登ることに。登山口までは林道を歩くこと45分(3.1km)。登山口はGPSで確認しながらじゃないと分からないくらい不明瞭なとこだった。途中で話した猟師(猟犬の訓練中)もこの辺りに登山道があったかな?と頭をかしげていたほど。登山道はずっと展望のない樹林帯の中。ほとんどこのルートを登る人はいないんだろうなってな感じの荒れ具合。途中、唯一展望があったところ。ちょこっとだけ大...初登頂!大箆柄岳(おおのがらだけ)(鹿児島県)

  • 焚き火キャンプ&サイクリング

    6月15日(土)~16日(日)沢部のメンバーで焚き火キャンプ&サイクリングに行った。ここのところ、このメンバーでイベントを企画するとほぼ必ずと言っていいほど天気に恵まれない。。。この日も金曜日までは雨だけど、土曜日の天気は朝から急速に回復してくるって言ってたのに、昼を過ぎてもぐずつく空。(雨男は誰なんだ?!)それでも目的のキャンプ場所に着いた16時頃からようやく天気が回復してきた。到着してすぐ、まずは「薪集めの儀」一晩、燃え尽きないだけの薪を集めて回る。ここでいきなり事件が!!!!足首に痒みを感じて目をやると、黒い物体が付着している!!反射的に手で払い落としたのは蛭の野郎だ。これまでの経験上、蛭に噛まれれるとただれて半年くらい痒みが続く体質なので、こいつは大キライだし大事件だ。薪集めを頑張ってるメンバーには申し...焚き火キャンプ&サイクリング

  • マルチピッチクライミング 比叡山Ⅲ峰(宮崎県延岡市)  

    2019年5月25日(土)晴れ久しぶりに会のメンバー揃ってクライミングに行ってきた。体調を崩していたINAさんの復帰戦ということで、快適に登れるルートかと思っていたら、AMさんの「大丈夫、大丈夫」という誘いの言葉でⅢ峰に行くことになった。岩をくり貫いたトンネルの上がⅢ峰の取付き。AMさん、INAさんがペアになってまずは登る。さすがにAMさんは慣れた感じでヒョイヒョイと登って行った。続く我々は3人でロープをつないだ。トップはyamaさん。自分はセカンドだから気楽に・・・なんてことはなく、1ピッチ目からレイバックとかクラックのトラバースとかあったりなんかしてシビれまくる~もう汗が噴き出すわ、喉が渇くわ1ピッチ終了地点から見えたⅠ峰のニードル2ピッチ目もテクニカルな感じで厳しいーそもそもここは、1ピッチ目の取付きがV...マルチピッチクライミング比叡山Ⅲ峰(宮崎県延岡市)

  • 茶の原キャンプ場(熊本県南小国町)

    5月4日(土)~6日(日)ゴールデンウィークは、毎年、阿蘇の根子岳の麓にある鍋の平キャンプ場でキャンプしているけど、今年は阿蘇中岳の噴火のことや、たまに趣向を変えてというのもあって、同じ阿蘇でも九重に近い南小国にある茶の原キャンプ場に2泊3日で行ってきた。宮崎市内からは高千穂町経由。波野から産山村と抜けて行けば信号はもちろん行き交う車にもほとんど出会うことなく瀬の本交差点手前のやまなみハイウェイに出ることができる。このルートならGWの渋滞も影響なし茶の原キャンプ場を利用するのは今回が初めて。結論から言うと、とてもいいキャンプ場だった。設備は水道とトイレの最低限のみで極力自然の中に近い感じにしてある。広大な敷地の中には川辺エリアやペット同伴エリアなどあって、隣人とも十分にプライバシーが保てるほど広々としている。し...茶の原キャンプ場(熊本県南小国町)

  • 石鎚山系縦走 4日目(最終日)(堂ヶ森~笹ヶ峰 3泊4日)

    4月30日(火・祝)丸山荘の電気は発電機とソーラーパネルで賄ってるらしい。前夜は土砂降りだったので当然ながらソーラーパネルでの発電はできず発電機のみ。御主人から夜8時には発電機を切りますからと言われ、夜8時を過ぎてしばらく経ったとき部屋は真っ暗闇になり、それとともに寝た。翌朝4時、起きると雨は止んでいた。バス停のある下津池まではコースタイム3時間半。念のため小屋の御主人に確認すると「速い人で3時間、遅い人で4時間だね。でも昨夜の雨で林道が崩れてる可能性も考えられるからね・・・」と。8時55分のバスに乗るために時間に余裕を見て5時に小屋を出た。登山道は歩きやすくて順調に進んだ。これから下りて行くあろう方向の下界には雲海が広がっていた。ほぼ1時間ちょうどで登山口に着いた。どうやら雨の心配はないみたいなので、レインウ...石鎚山系縦走4日目(最終日)(堂ヶ森~笹ヶ峰3泊4日)

  • 石鎚山系縦走 3日目(堂ヶ森~笹ヶ峰 3泊4日)

    4月29日(月・祝)朝、目覚めると、辺りは一面真っ白いガスに覆われていた。かろうじてまだ雨は降っていない。でも降ってくるのは時間の問題だね。今日は笹ヶ峰の下にある丸山荘までの予定。当初は笹ヶ峰を越えて銅山峰ヒュッテまで行ければとも考えていたけど、昨日の疲れ具合と今日の天気を見てそれは諦めた。それともう一つ。今夜の宿泊をテント泊にするか丸山荘泊にするか。雨の中のテント泊は面倒だけど、せっかくテントを担いできたのに宿代を払うのも勿体ないしね・・・到着した時点で素泊まり料金4千円を惜しいと思うかどうかで決めようってことになった。我々と同じく丸山荘まで行くという1階にいた男女は5時頃小屋を出て行った。我々は5時40分出発。30分ほど登って瓶ヶ森に到着。さすがに足は筋肉痛だけど疲労感はそれほど残っていない。とうとう小雨が...石鎚山系縦走3日目(堂ヶ森~笹ヶ峰3泊4日)

  • 石鎚山系縦走 2日目(堂ヶ森~笹ヶ峰 3泊4日)

    夜中は夏用シュラフとシュラフカバーではとても寒くて何度も目が覚めた。テントの外に置いていたプラティパスの水が少し凍っていたから、気温は氷点下まで下がったみたい。夏山気分で来たのは完全にミスったな。。4月28日(日)6時、二ノ森に向けて出発。まずは360メートルの標高差を登って行く。これは、しばらく歩いて振り返って撮った堂ヶ森。中腹辺りにあるのが避難小屋だ。見える範囲では前後に登山者の姿は見当たらない。1時間ほどで二ノ森に着いた。最前方に今日のメインピークとなる西日本最高峰の石鎚山を捉えた。これから歩く稜線を一望。コースタイムどおりに歩けば2時間後には石鎚山の山頂に立ってるはず。軽い筋肉痛はあるけどまだまだ元気、よしっ進もう!西ノ冠岳を過ぎると、頂上山荘の建物をはっきりと視認できるようになってきた。それにしてもな...石鎚山系縦走2日目(堂ヶ森~笹ヶ峰3泊4日)

  • 石鎚山系縦走 1日目(堂ヶ森~笹ヶ峰 3泊4日)

    2019年4月27日(土)~30日(火)前々から行きたいと思っていた石鎚山系の縦走にようやく行ってきた。27日の朝8時、今回の同行者Kさんと延岡ICで落ち合って、一路、佐賀関港に向けて出発♪今回の計画はこうだ。28日保井野登山口→堂ケ森29日堂ヶ森→二ノ森→石鎚山→土小屋→瓶ヶ森30日瓶ヶ森→伊予富士→寒風山→笹ヶ峰→丸山荘1日丸山荘→下津池天気予報では29日から雨マーク。ツライ山歩きになるのかな・・・車中でそんなことを話していると、Kさんから「今日から登りましょうか?」との妙案が出た。本来の計画は、今夜は西条市近辺で一晩過ごして、翌朝、壬生川駅近くに車をデポした後、バスで保井野登山口に向かうことにしていた。車で直接、保井野登山口に向かうのなら今日から登り始めることは可能だけど下山後の車回収が面倒になる。しかし...石鎚山系縦走1日目(堂ヶ森~笹ヶ峰3泊4日)

  • 双石山 クライミング 

    2019年4月13日(土)晴れ宮崎市にある双石山は、手軽に登れる近場の山として、登山者に親しまれている。実際、この日もたくさんの登山者と出くわした。(しかも、知り合いとか知り合いの知り合いとかばかり)この双石山は、昭和の時代、クライミングのトレーニング場として賑わっていたらしい。まだ人工登攀が全盛の頃。当時は、象の墓場で夜通し飲み明かし、しょっちゅう殴り合いの喧嘩をしていたなんていう逸話を先輩方から聞く。ここには、ルンゼと呼ばれる3ピッチのルートがある。前々から1度は登ろうと思っていたけど、ようやくこの日、その宿題を片付けてきた。ルートがあるのはこの遭難碑の上の方取付きまでも信用していいのかどうか分からないトラロープを頼りにようやくたどり着いた。目の前に現れた岩壁は苔むして陰気な感じで、茶褐色に錆びたリングボル...双石山クライミング

  • 尾平スラブ

    高千穂町岩戸と大分県豊後大野市をつなぐ尾平トンネルの大分県側に尾平スラブがある。先日、初めてここに行ってみた。地元在住Kさんの案内で、現地にはすんなりとたどり着けた。メンバーは、自分、Kさん、Hくんの3人。Hくんは初めての岩体験だ。ほかに来ているグループはなくて3人の貸し切り。駐車場から岩場までのアプローチの落ち葉の状況からして最近人が訪れた様子はなかった。お陰でなんの気兼ねもすることなく3人でクライミングを存分に楽しめた。岩初体験のHくんだけど、普段は人口壁のボルダリングはしている。「スラブはまったく別物だからねー」と教えていたとおり、やはり足をどこに置けばいいのか苦労していた。それでも果敢にチャレンジして、楽しんでくれていたので良かった。そして自分はというと・・・、まあ相変わらず成長も収穫もなく、しいて言う...尾平スラブ

  • Sea to Summit !! (釈迦ヶ岳 宮崎県国富町)

    2019年2月10日(日)海抜0メートルから標高830メートルの釈迦ヶ岳山頂(宮崎県国富町)を走って目指すSeatoSummitを敢行した。この計画、先々週のこんなやり取りで突然決まった。軽いノリで言っただけだったのに・・・そして、2月は全滅と言っていたKさんも何を血迷って楽しそうと思ったのか、あっけなく計画に食いついてきた。決定したあと、改めて距離を測ってみると、登山口まで29キロもある。しかもそこから釈迦ヶ岳登山の始まりだ。最近はせいぜい10キロくらいしか走っていないのに大丈夫か?!不安がよぎる実行の日はアッと言う間にやってきた。フェニックス自然動物園裏の一ッ葉海岸がスタート地点。まずは証拠の記念撮影を・・・とやっていたら背後から波に足下に洗われた。シューズの中が濡れて意図せずお清め(涙)スタートする前から...SeatoSummit!!(釈迦ヶ岳宮崎県国富町)

  • 今週も アイスクライミング 宇土内谷(宮崎県延岡市)

    2019年2月3日(日)先週行ったアイスクライミングが時間の都合上あまり登ることができなくて、消化不良に終わってしまったので、やる気に満ちた3人で次の日曜にもう一度行こうってことになった♪日曜日が近づくにつれ、天気が微妙な感じになってきたけど、前夜の宴会岳連の将来についての話合いは、天気にかかわらず決行しようってことになった。翌朝、とりあえず午前中の雨は大丈夫そう。宇土内谷(延岡市北方町)の三段の滝に向かう。現地に着くとぜんぜん寒くない。駐車場から氷瀑の取付きまで歩いて行く間、右下の沢からはザーザーと水の流れる音が聞こえてくる。ん?氷ってない?なんだか早春の山のよう♪三段の滝を見下ろせる位置まで来ると、明らかに先週よりも氷がやせ細ってる。氷の裏の岩肌が透けて見えるところもあるし。取付きの所まで行くと、氷瀑の下を...今週もアイスクライミング宇土内谷(宮崎県延岡市)

  • アイスクライミング講習 宇土内谷(宮崎県)

    2019年1月27日(日)前日、大崩山を下りた後、延岡市北方町の鹿川キャンプ場に向かった。翌日開催される県山岳連盟主催のアイスクライミング講習に参加するために、ここで前泊する。翌朝、宇土内谷の三段の滝に向かった。昨日登ったところから大崩山山頂を挟んでちょうど反対側辺りになる。おー、暖冬、暖冬って言うけれど、ちゃんと凍っているんだねーなんと言っても、こんな氷瀑が宮崎にあるってことがスゴイ!今年、世界サーフィン選手権も開催されるという南国宮崎にだ!!自分も山の世界に足をツッコんでいるからこそ、こんな氷瀑があることを知っているけど、一般の宮崎県民はほとんど知らないだろう。取付き付近ではいくつかのグループが登る準備をしていた。そこに我々の20数名が押し寄せたもんだから大賑わい。さらに後からやって来るグループもいたりして...アイスクライミング講習宇土内谷(宮崎県)

カテゴリー一覧
商用