searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

TONJILさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
キモノ★キドキ
ブログURL
https://kidoki-123-kimono.hatenablog.com/
ブログ紹介文
大阪府高槻市南平台にある自宅着付け教室です。 特別なお道具無しの紐3本で簡単な着付け。 無駄の無い手順でシンプルに、着ていて気持ちの良い着付け。 一緒に着物のある生活を始めてみませんか? 出張着付けも承っております!(^^)!
更新頻度(1年)

214回 / 365日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2019/05/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、TONJILさんの読者になりませんか?

ハンドル名
TONJILさん
ブログタイトル
キモノ★キドキ
更新頻度
214回 / 365日(平均4.1回/週)
読者になる
キモノ★キドキ

TONJILさんの新着記事

1件〜30件

  • 【プランター農園】発芽、と間引き菜

    9/9 重陽の節句の日に蒔いた種が、1週間でこんなに大きくなりました! 【間引き前】 この発芽状況を見て頂いても分かる通り、等間隔で真っすぐになんて全く蒔けていません(笑) 玉葱も芽が出てきたものがチラホラ。 【間引き後】 左側の列下段は、家にあった金カブという種を蒔いてみたのですが、これが見事に1つも発芽しておらず、種が古かったのが敗因のような気がします。 このスペースには残っているはつか大根の種を蒔いて、時間差収穫をしてみようと思います。 一度にたくさん採れても消費するのが大変ですしね。 こちらはそんな元気に発芽してくれたはつか大根の間引き菜。 こちらはサラダのトッピングにしてみます♪ 捨…

  • 麻の長襦袢に片貝木綿

    暑さも随分和らいで、やっとやっとの長襦袢! 随分と前に仕立て上がっていた麻の長襦袢。 お仕立て上がり、麻の長襦袢 - キモノ★キドキ あれよあれよという間に暑くなり、長襦袢に手が伸びることなく夏に突入。 涼しくなってやっと袖を通しました。 長襦袢に縫い付けた半襟はkimono modernさんのモノ。 kimono modernさんの半衿を麻襦袢に - キモノ★キドキ 袖の内部は。。。 この写真じゃ分かりにくいですね(^^; 着心地が涼しいと言われる麻と言えども、今年の夏は長襦袢を着ようとは思えないくらいに私には暑い夏でした。 どちらかというと、これからの時期が最も重宝しそうな気がします。 真…

  • 蜥蜴の帯留

    綿麻の小千谷縮の着物。 色味が秋色なので今の時期気兼ねなく着れ、これは久々に良い買い物だったのでは?と、思っていた色味が違うと言っていたくせに、まぁ勝手なものです(笑) 着物:小千谷縮(綿麻) 帯:リサイクル品 帯周り:正絹三分紐、蜥蜴の帯留め 着物下:シルクのTシャツ、半襦袢、シルクのステテコ ずっと気になって気になって、気になり過ぎていた蜥蜴の帯留め。 こんな素敵な箱に入って、 箱を開けたら更に素敵❤️ 尻尾の青みが綺麗な蜥蜴の帯留め。 蜥蜴といえば、三島由紀夫作、美輪明宏主演の黒蜥蜴を思い出します。 映画も舞台も見に行きましたが、美輪さんに釘付けで話しはうろ覚え(笑) 着物が着れなかった…

  • まだ暑かった木綿着物、と伊勢木綿の反物

    この数日で朝夕はめっきり涼しく(寒く)なってきましたが、そんな涼しくなる前の朝から雨模様なとある日。 仕事へは綿100%の着物で。 たたみ皺がエライコッチャ(笑) 着物:プレタの木綿着物 帯:リサイクル品の名古屋帯 着物下:シルクのTシャツ、半襦袢、東スカート やはり木綿100%の着物は風の通りが綿麻の着物とは全く違います。 風が抜けず、雨と相まって蒸し暑い(笑) 木綿の種類にもよるのですが、この名もなき木綿着物を着るにはまだ少し早かったようです(^^; でも、たまには違う着物が着たかったのです(笑) 少ない枚数でやりくりしているので管理は簡単なのですが、さすがに3年目ともなると少し見飽きてし…

  • 【お稽古】長襦袢のお稽古の側でお料理

    来年の3月に卒園式にご自身で着物を着ると決められたkさん。 今まではお母様が遠方から、卒園式の参列へも兼ねて着付けに大阪まで出てこられていたようなのですが、このコロナ禍で先の見通しも立たず・・・。 であれば、 『自分で着てみよう!』 と決心されてお申し込み下さいました。 写真は、先日鉢の整理で咲いていたバラ一輪。 お稽古は長襦袢の為、画像はなくバラにしてみました(^^) ・着物が好き ・何度か着物を着せてもらったことがある ということもあって、おおよその流れは頭に入っていらっしゃったKさん。 長襦袢を徹底的に何度も着ては脱ぎの練習でしたが、回数を重ねるごとに胸紐の重要性に気付かれたようで、 『…

  • 【プランター農園】秋の植え付け

    9月9日 重陽の節句の日。 朝から小雨降る中、秋の野菜の植え付けをば。 【今回購入したモノ】 ・アイリスオーヤマ レリーフプランター650(16L)×4 ・アイリスオーヤマ エアースクエア400(25L) ・アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土(14L)×3 ・DCM 花と野菜のかる~い培養土 (25L) ・くん炭 レリーフプランター4つに、左から葉物、小かぶ、はつか大根、玉葱で植え付けていきます。 の予定が、 玉葱がプランター1つでは収まりきらず、葉物はまた別のプランターに植えることにして、 ・玉葱×2 ・小かぶ×1 ・はつか大根×1 で植え付けました。 初めての種からの植え付け。 はつか…

  • 予期せぬお参り、とエヴァ弐号機

    駅から離れた、少し不便な場所で人と待ち合わせ。 着物:阿波しじら 帯:一重の名古屋帯 着物下:肌襦袢、半襦袢、シルクのステテコ 帯周り:絽の帯揚げ、夏用の帯締め さて、待ち合わせ場所に行くも満席でWi-Fiが使えず、Wi-Fiを求めて更に駅から離れた別の場所へ移動。 となると必然的に歩く距離が増え、一時の暑さよりはましになったと言えども日中は暑く、アスファルトの上を30分も歩くとさすがに暑く感じました。 そして、見事に翌日筋肉痛。 着物は洋服と構造が違う為、身体の使う筋肉が異なります。 冬のように毎日着物生活であれば筋肉痛にもなりませんが、週に一二度、それも外出時のみの着物ではテキメンです。 …

  • 小千谷縮の縞着物と大粒葡萄

    ネットでお安く購入していた小千谷縮の反物。 小千谷縮の綿麻着物と、完熟万願寺 - キモノ★キドキ 想像していた色味とは違っていましたが、着てしまえば全く違和感なく、もう何年も着ているかのような着易さ。 着物:小千谷縮 帯:今はなき『たんすや』さんで20年ほど前に購入していた夏名古屋帯 帯小物:正絹三分紐と螺鈿の帯留め、絽の帯揚げ 着物下:肌襦袢、半襦袢、シルクのステテコ 着心地も軽く、足さばきも良く、程良い生地の張り感が気持ち良く。 小千谷縮、私は好きです(^^) ちょうどタイミング良く楽天セールが開催されていますので、来年の夏用に気に入った反物があれば購入しておいても良いかもしれません。 た…

  • 新生姜でジンジャーシロップ

    新ショウガをスーパーで見かけ、ジンジャーシロップ用のスパイスセットも家にあり、ならば作らない選択肢は無く、久々に作ってみました。 《ジンジャーシロップ》 【材料】 ・新生姜 ・黒糖(砂糖の種類はお好みで) ・スパイス(シナモン、カルダモン、クローブ等々お好みで) 【作り方】 ①まずは新生姜を薄くスライスし容器に入れ、黒糖をのせて一晩。 ②翌日にはご覧の通り。黒糖が綺麗に溶けました。 ③あとはシナモン、クローブ、カルダモン、黒コショウなどなどお好みのスパイスを入れて火にかけ、沸騰したら20分程弱火でコトコト。スパイスを余すところなく抽出します。 ④出来上がったジンジャーシロップは容器に入れて冷蔵…

  • 9月に入りましたが浴衣です

    9月早々のお着物は、外の日差しと相談して浴衣。 浴衣の下に衿があるだけで、着物感が増すのですが無理は禁物。 普段の着物は、着たいように自分の身体と気候に合わせて着れれば充分です。 そもそも、洋服の人に『9月やのにノースリーブおかしいで。』なんてわざわざ言いませんしね(笑) 『着物だからこうあらねば!』 ではなく、普段に着るものは誰に遠慮をするでもなく気持ち良く、楽しく、自分の好きなモノを着れば良いと思います(^^) そんなゆる~い普段着物を愛しておりますが、来週から始まるお稽古はフォーマルレッスンです。 2021年の卒園式に向けて、ご自身で着物を着たいとお申し込み下さいました。 当日、自信をも…

  • 船場センタービルと、1年に1度の花束

    毎度の阿波しじらの着物で、朝からいそいそとおでかけ。 向かった先は船場センタービル。 仕事仲間とお買い物❤ コトブキ和装さんで購入した柄足袋と手拭い。 ティッシュケースは『朝早くから着物で来てくれたからー』とおまけに頂きました(^^) 早起きは三文の得❤ 子供が帰ってくるまでの隙間時間を狙って、短時間集中型で各々戦利品をゲットしてきました。 こちらはちぐささんで購入した草履。 前回は悩みに悩んで別の草履を購入しましたが、やはりこちらの紺色の台が忘れられず(ヴォルケという名の台です)、鼻緒は一緒に行ったメンバーの一押しで友禅の鼻緒に。 私は無難に白っぽい横縞の鼻緒を選んだのですが、それをみて一言…

  • 浴衣で出勤

    着物を着ていると、見ず知らずの方とお話しする機会がとても多くなります。 今日はバスで隣に座ったおばさまに、 『これからどこかにお出かけですか?』と聞かれ、 『今から家に帰るところです』と答えると、たいそう驚かれました。 13時過ぎ、浴衣でバスに乗っていればお出かけと思われるのが自然でしょうね(^^) そんな日の格好は 着物:綿麻浴衣 帯:一重の半幅博多帯、三分紐+螺鈿の帯留め 着物下:半襦袢+シルクのステテコ 帯結びは、ペタンコ楽ちんな吉弥結びです。 いつも後ろ姿が上手く撮れないので、前しか写真を撮っていませんが、 趣通信さんで半幅帯のペタンコ結び特集がありました。 ペタンコ結びとはなんぞや?…

  • 【プランター農園】秋から植え付ける野菜の準備

    きゅうりとゴーヤの蔓を掃除するだけで大量の汗。 今日も朝から照りつける日差しに、まだまだ実感できない秋冬に向けて、せっせと準備です。 奥左から ・ブロッコリー ・芽キャベツ ・冬至南瓜 手前左から ・秋きゅうり ・紅あずま ・種芋(ニシユタカ) 紅あずまは今から植え付けるには時期が遅いからと、サービスでつけて下さいました♪ ポリポットの中には既にサツマイモの実が出来ており、お店の方曰く『1個は出来るやろ』とのこと。 ラッキーです(^^) さて、ここからは楽しい植え付け作業。 どっちがどっちだか忘れてしまいましたが、多分左がブロッコリー、右が芽キャベツ 紫蘇の横、空いているスペースにカボチャを …

  • 浴衣で出勤、とブロンプトン専用鞄

    連日の暑さに、着物の下に長襦袢も半襦袢も着る気になれず、もっぱら浴衣ばかり。 それでも浴衣を着て出勤できるだけでも楽しく、今しかできない夏の楽しみです。 こちらは代わって週末の朝のプラットホーム。 自転車を担いで向った先は、娘が愛してやまない近江神宮のある滋賀県。 翌日は家族全員で天橋立へ。 20km弱をのんびりサイクリング。 この暑いさなか、日中にサイクリングだなんて以前の私であれば『ありえへん!』な心境でしたが、意外とやってみると何でも出来るものです。 そして、頭で考えているより自分はタフで、どんな状況でも楽しめることが分かりました。 とりあえず、やってみる! ことがいかに大事かを、年々身…

  • 自家製ゆかりと小野田坂道君

    梅干しと一緒に土用干しをしていた赤紫蘇。 土用干し後、梅酢の入った瓶には戻さず、少し取り分けて自家製ゆかりを作ることに。 作ると言っても、フードプロセッサーに入れて細かくなったら、 はい、出来上がり! めちゃくちゃ簡単(笑) 連日、例年以上に暑いと感じる日が続きますが、食欲が落ちるどころか週末のサイクリングで食欲倍増。 疲れた身体に塩分の効いたゆかりのおにぎりは最高に美味しく、来年はゆかり用に赤紫蘇を多く仕込むことに決めました。(忘れないようにー) そんなサイクリング漬けな先週末、道中訪れた場所でまさかの小野田坂道君に遭遇❤️ 息子と盛り上がりましたー! この色紙を見て、小野田坂道と聞いて、『…

  • 小千谷縮の綿麻着物と、完熟万願寺

    忘れた頃に、見るからに着物なお届け物が。 7月に頼んでいた着物が仕立て上がってきました。 ネットでお安い反物を見つけ、更にお仕立て代がお安くなるタイミングでポチっとしていた綿麻素材の小千谷縮の着物。 少し思っていた色味と違うのですが、得意な、好きな縦縞なので、まぁどうにかなるでしょう(笑) 収納場所やお手入れのことを考えると、あまり多くの着物を所有できないのが現実ですが、これから向かう秋口に向けて、 ・見た目がいかにも夏っぽくない ・でも暑さが残る初秋に着心地の涼しい着物 見た目と着心地を兼ね備えた一枚として頼んでみました。 あとは、実際着てみてどうかですね。 思惑通りにいくと良いのですが、思…

  • 自分が変わること、を受け入れること

    連日の猛暑のとある日。 爽快な景色とはうって変わっての、外気温35度越えの滋賀県。 こんな日でも、この方の自転車愛は変わらないようです。 思いっきり全身を使って自転車と戯れ、たくさん汗を流して無我夢中に走っている姿は、傍から見ると不要なモノをどんどん削ぎ落としていっているような、ある種の清々しささえ感じます。 まさか若い時ならいざ知らず、40歳を超えて息子と炎天下、サイクリングをする羽目になろうとは人生何が起きるかなんて分からないものです。 そんなサイクリングの日、たまたま目にした本に、 ライフスタイルの一部として汗をかくことを受け入れましょう。 体に感謝されます。 とありました。 気付けば2…

  • 浴衣で出勤、と夏と言えば

    昨日は40度を越した場所もあったとか。 連日続く猛暑列島ですが、近場の職場、冷房の効いた部屋での研修ですので、浴衣を選びました。 着物:唯一自分で縫った浴衣 着物下:麻の肌襦袢、シルク ステテコ+東スカート 帯:一重の博多半幅帯 浴衣(着物)は布が重なる分暑いのですが、朝からずっと着ているわけでもないですし、それこそ『今着なければ、いつ着る!』で浴衣です。 こればっかりは好きだから、 『大変ちゃう?』 『暑くない?』 と言われても、 『着たいから着ています。』としか言いようがなく、暑ければ帰って脱げばいいですしね(^^) 着たいものを着たいように、自由に楽しみたいです。 さて、そんなあっつい日…

  • インスタントのカフェインレスコーヒーと、最近の空

    ブログのお供のコーヒー。 カフェインが気になりつつも、豆を挽いてお湯を沸かす作業が楽しく、そして何よりも美味しい(^^) そんな中、良い商品を見つけました。 カフェインレスのインスタントコーヒー。 インスタントと侮るなかれ。 カフェインレスと侮るなかれ。 これが想像していたよりも美味しかったのです。 そんな商品を見つけたのが、たかズさんのブログ。 takas8011.hatenablog.com 紹介されている数種のお塩も気になります。 さて、いつの日だかの、やる気がない日の一人お昼ご飯。 お盆とお皿と焼き過ぎた食パンが見事に同化(笑) こちらは変わって、お盆休みに入ってからの日々の空。 家の…

  • お盆の入り、簡単ながらも迎え火

    お盆といえばお墓参り。 13日はお盆の入りで、迎え火でご先祖をお迎えすると知りました。 迎え火はお線香でも良いとのこと。 前日、お参りに行ったお寺で何故だかお香が気になり購入していました。 お香はお線香の代わりになるのかと調べてみたところ、問題はないようです。 よく「お香とお線香の違いはなんですか?」という質問があります。 『お香』はお部屋で香りを楽しむもの、『お線香』はお仏壇など仏事で使うもの、と言い分けているメーカーさんもありますがお香の分類のうちの1つが『お線香』であり、お香の世界ではどちらの用途でも『お線香』。本当は明確な区別がないのです。 【出典元:初めてのお香 | 香源】 早速、お…

  • ゴーヤの収穫と週末の直売所

    こちらの小ぶりなゴーヤはプランター農園で初めて採れたもの。 収穫時期が少し遅く、右上が黄色く熟してしまいましたが、塩揉みにして美味しくいただきました。 こちらの葉っぱは、れっきとしたお野菜。 週末立ち寄った道の駅で購入したおかわかめという野菜。 どんなお味か気になり、買ってみました。 袋には軽く茹でてとあり、茹でているはたから緑の濃ゆい独特の香りがあたり一面漂います。 茹でて水にさらした後に水気を絞ると、すでにネバネバエキスが手につきます。 独特の濃ゆい香りといい、この手触りはモロヘイヤやつるむらさきの仲間な予感。 お昼ご飯の冷やしうどんの付け合わせに。 お味は、つるむらさきやモロヘイヤ好きな…

  • 浴衣で花火?

    先月の楽天マラソンで購入していた綿麻浴衣。 浴衣を着物風に着るのではなく、浴衣として着用しました。 着物:綿麻の浴衣 着物下:麻楊柳の肌襦袢、麻楊柳の裾除け+ステテコ 帯:麻の半幅帯 麻楊柳の裾除けを初めて使用しましたが、購入した商品のサイズが大きかったのか(Mサイズでしたが、いつも使用している裾除けより大きく感じました。)、それとも麻楊柳がゴワつくのか、こんなに下半身がもたついたことは初めてです。 生地が身に添わなく、着付けの問題? となると、私の問題ですね(^^; スッキリ着れるよう原因を探って、せっかく購入した裾除けがお蔵入りすることのないよう、活用したいと思います。 さて、こんな出で立…

  • 紫陽花の剪定で彩りを

    夏休みが始まりましたが、いつもと同じ朝。 ただ少し違うと言えば、今日は早朝から紫陽花の剪定です。 日中の庭仕事は暑いですからね。 剪定後の紫陽花はこのままさようならではなく、ジャブジャブ洗って不要な葉と枯れた花びらを除き、家中に彩りを添えて頂きます。 枯れた後はドライフラワーとして再利用。 最後の最後まで使い切ります。 つい最近、何かの本で読んで初めて知りましたが、紫陽花のドライフラワーは部屋の湿気を吸収してくれる除湿の機能があるのだとか。 だから、梅雨時に紫陽花の花は綺麗に咲き誇るのでしょうか。 だとしたら、自然の力に無駄な事はなく改めて自然の偉大さに感謝です。 さて、綺麗になった紫陽花は、…

  • 【梅仕事】土用干し最終

    最終日の土用干しは一晩夜露に当ててしっとりさせるのだそう。 明け方の夢で、夜中に降り出した雨で梅が雨に濡れてしまうという悲惨な場面で目が覚めました。 慌てて飛び起き外を確認。 雨とは無縁な、暑くなりそうな一日の始まりです。 朝からせっせと梅酢の入った瓶に、梅干しと赤紫蘇を戻して今年の梅仕事の完了! 今この瞬間は、確実に手をかけた分だけ我が子より可愛い(笑) さてあとは熟成期間。 半年後から美味しく食べられるようで、3年置けば更に美味しいそうです。 来年のお楽しみ(^^) こちらはミニトマトの苗を撤収した際、ついていた実を捨てるのが忍びなくオブジェに。 息子がトマトが生えてきたと大騒ぎでした(笑…

  • 【梅仕事】土用干し二日目、と曲がったきゅうり

    前日の失敗や時間配分を考えて、午前中に来客があることもあり、二日目は朝の7時半から土用干しに取り掛かりました。 前日の工数を大幅に短縮。 2時間⇒1時間で完成。 ブルーの干しかごを張り切って購入しましたが、干している場所が悪いのか、やはり日の当たりが悪く、使用しているのは2段目とかごの上部のみ。 残りのざるはそのまま並べる方が日が沢山あたり、何より手間がかからず簡単だと二日目にして気付きました(笑) 手前の紫色のお花はプランター農園のなすび達。 なすびは少しづつですが収穫が出来、すでに来年の夏は増産を目論んでいます。 こちらは、えらく曲がったきゅうり。 きゅうりが曲がる原因は、水分もしくは栄養…

  • 【梅仕事】梅干し 土用干し一日目

    初めての土用干し。 土用干しの為に準備した備品はこちら。 【梅仕事】土用干しへ向けての準備 - キモノ★キドキ さて、36cmの盆ざるに一瓶目の梅を並べていきます。 そのまま並べてしまうと、梅についた梅酢が盆ざるを伝ってしまう為、盆ざるの下に野田ホーローのタライを置いたところ、これがジャストフィット! 野田ホーローのタライは一番大きな42cmのものです。 幸先が良い予感♪ 一瓶目 2kgの梅は全て並べることが出来ましたが、赤紫蘇(二把)はのらず。。。 赤紫蘇は小さいザルで干すことに。 二瓶目 こちらも先程と同様36cmの盆ざるに全て並べて、紫蘇は別ざるへ。 ここで痛恨のミス! 紫蘇を絞った際に…

  • 薔薇一輪、百合の花

    長い長い梅雨もようやく開けて、さていよいよ暑さも本番! 梅雨明けを待ち構えていたように、薔薇が一輪咲き、 百合もご覧の通り。 一日目 二日目 あともうひと蕾は三日目に咲くことはなく、まだ蕾。 自然に沿った生物は、その時がくれば自然と咲くのでしょう。 こちらは最近撮った面白い雲。 上下対象とまではいかないものの、間を横切る雲を境にして反転しているかのよう。 『単なる雲やんか』 と言われれば、まぁそうなのですが(^^; 今朝ニュースを見ては、一緒になって悲しんでいる息子を見て感じたこと。 見方や、見るもモノを意識して変えればいかようにも見れるということ。 楽しく生きていきたいですね☆ さて、梅雨明…

  • ビワエキスvs口唇ヘルペス

    以前、乾物屋スモールさんで購入していたビワエキス。 効能は 胃もたれ、咳、口内炎、肩こり、やけど、水虫、あせも、アトピーなどに。 原材料は、ビワと玄米焼酎といたってシンプル。 身体に自然に優しいお品です。 さてさて、息子氏。 生れて初めての経験。 口唇ヘルペスが口元に。 まずはなぜできてしまったのか、原因を探ります。 【ヘルペスが出来る要因】 ・風邪 ・ストレス ・疲労 などが誘因となるそうで、思い当たることと言えば、前日あまりの宿題の出来なさっぷりに私が怒ったことが原因(=ストレス)なのではなかろうかと。。。 さて、次は今すぐに私が出来ることと言えば、まずは調べる! ヘルペス神経症の項目があ…

  • kimono modernさんの半衿を麻襦袢に

    麻の襦袢に合わせようとkimono modernさんで購入していた半衿。 半衿を付けなきゃ長襦袢は着れないのに、億劫な針仕事。 どうにもやる気がおきません。 ただ長襦袢が目に入るたびに、(あえて目につくところに置いているのですが、効果なし) 『やらなきゃ…。』 の負の連鎖にいいかげん嫌気がさして、久しぶりに針を持ちました。 長襦袢の背中心に半衿の中心を合わせ待ち針をうち、あとは左右対称に順にまち針を打っていくだけ。 『なかなか良い出だしでは♪』と思ったのも束の間、なんだか生地がもたついて縫いにくい。 ・・・長襦袢の向きが逆です(涙) 衿をこのように手前にして、長襦袢を向こう側にすれば、生地がも…

  • 高島縮みの着物スリップと阿波しじら

    研修の日の着物。 連日の急変するお天気にも対応できる、汚れも水跡も目立たない紺色の阿波しじら。 主人用に購入した藍染めのマスクは洗うと見事に縮んでしまい、ありがたく頂きましたが、カラスのよう(笑) 研修は反物を広げて、みんなで着装会。 帯が邪魔にならないように、半幅帯でペタンコ結びです。 着物の下は先日購入した着物スリップを早速着用してみましたが・・・。 綿麻浴衣と、高島ちぢみの着物スリップ - キモノ★キドキ うーん。。。 私には何とも微妙です。 <微妙な点> 1.肩に縫い目がある 2.そのせいか、衣紋が抜け過ぎる 3.汗をかくと、足元がもたつく で、どうしたものかと色々と考えてみました。 …

カテゴリー一覧
商用