searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぽんちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
今日もズッコケサブカル漫遊記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/ps006054-xqulsoiv/
ブログ紹介文
ひたすら漫画アニメゲームの感想書いてます
更新頻度(1年)

45回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/05/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽんちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽんちゃんさん
ブログタイトル
今日もズッコケサブカル漫遊記
更新頻度
45回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
今日もズッコケサブカル漫遊記

ぽんちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【可愛い表紙に騙されるな!】メイドインアビス

    メイドインアビス(1) (バンブーコミックス)つくしあきひと竹書房2014-06-19女性作家かと思うぐらい繊細で優しそうなラインで描かれるいともいとも 残酷な冒険物語。ぜってええええ表紙に騙されはいけない。この絵柄からは想像できないほどにどす黒く、グロくて、残酷で作

  • 【オリジン・ビカムヒューマン】ORIGIN

    ORIGIN(1) (ヤングマガジンコミックス)Boichi講談社2017-01-06実は、個人的に、漫画やゲームにありがちな「ロボットやアンドロイドに人間と同じ感情が芽生える」というネタが嫌いだ。往々にして、安易で、「感動させたろう!」という制作側の意図が見え透いて

  • 【全力でお馬鹿スペースコメディ】宇宙戦艦ティラミス

    宇宙戦艦ティラミス 1巻: バンチコミックス伊藤亰新潮社2016-05-09宇宙戦艦ティラミス 10巻(完): バンチコミックス伊藤亰新潮社2020-04-09全力でお馬鹿。大好きです。ガンダムを始めとするロボアニメのお約束を踏襲しつつ非常に地味な日常あるあるネタをぶっこんで来てい

  • 【3回ぐらい見ないと分からない・・・】TENET

    ようやく、観れたぜ。【最初のネタバレなし感想】なるほど、よく分からん。正直言って話の半分もわかっているかどうかの理解度である。(残念ながら私の頭が悪すぎて理解が追い付かない)まあ純粋にスパイアクションとしてもクオリティが高いのだが、肝の部分のSF成分を味わ

  • 【新しい教師漫画的な】ここから今は倫理です

    ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)雨瀬シオリ集英社2017-11-22産休代替の臨時教師が高校の倫理の授業を担当するために登場するところから始まる教師漫画だ。教師漫画と言えば色々ありますが「鈴木先生」が一世を風靡したことを思い出す。「鈴木先

  • 【同窓会・子供世代漫画のお手本】半妖の夜叉姫

    第1話 あれからの犬夜叉2020-10-08犬夜叉一生懸命単行本読んでて、無茶苦茶懐かしかったのでドンピシャでアマプラで2話まで出てるので見てみたがいいね。・三人娘が可愛い・もろはが可愛い。犬夜叉の娘っぽい。・昔の雰囲気を一切忘れていない。同窓会・子供世代漫画って結

  • 【何が人間を隔てるのか・あったかもしれない最後の】星間ブリッジ

    星間ブリッジ (1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)きゅっきゅぽん小学館2016-08-12星間ブリッジ コミック 全4巻セット2018-06-11日中戦争動乱期の上海で過ごした作者の叔母の思い出にヒントを得て描かれた本作。正直に言いましょう。最終巻の別れのシーンでわたくしは号泣

  • 【大陸アジア大河ロマン】シュトヘル

    シュトヘル(1) (ビッグコミックススペシャル)伊藤悠小学館2013-03-05シュトヘル(14) (ビッグコミックススペシャル)伊藤悠小学館2017-05-26何故か小学館のアプリでキャンペーンやってるときに異世界転生系みたいに紹介されていたがちょっと違うよなあと。そんなノリで

  • 【デスゲーム漫画のお約束やら醍醐味やら】今際の国のアリス

    今際の国のアリス(1) (少年サンデーコミックス)麻生羽呂小学館2013-02-04バトルロワイヤル・デスゲーム漫画数あれどなかなかこれっていうのがないなか、これは気に入っている。最近「ダーウィンズゲーム」を読んでみたがあまりにもご都合主義満載で主人公マンセー振りに辟

  • 【あまりにも切ない宇宙の物語】君を死なせないための物語

    きみを死なせないための物語 1 (ボニータ・コミックス)吟鳥子秋田書店2017-04-14スペースSFにして少女漫画家らしい繊細なタッチと丁寧な感情描写。元々あんまり女性誌買ってなかったがミステリーボニータは「クジラの子らは砂上に歌う」のために毎月購読しててそこで見つけ

  • 【戦国時代夫婦萌え漫画】ふたりじめ・ふたりごと

    ふたりじめ (コンペイトウ書房)藤見 よいこ実業之日本社2014-01-30ふたりごと - 戦国夫婦物語 (コンペイトウ書房)藤見 よいこ実業之日本社2015-03-19同じ作者の文豪の夫婦のあれこれを描いた話もよかった。まあ、後世の人には好き放題言われたい放題なんだが、知る人ぞ知る、

  • 【三十年戦争で侍が活躍していた!?硬派歴史アクション】イサック

    イサック(1) (アフタヌーンコミックス)DOUBLE-S講談社2017-07-21ヨーロッパの三十年戦争前後要するに関ヶ原の戦い以降失業した戦国武士の活躍の場がヨーロッパに移っていたとは・・・!昔「グラン・バガン」というWJの打ち切り漫画が好きだったが、エリザベス女王

  • 【命短し恋せよ乙女/不老不死の長い旅/時を超えるヤンデレ】メテオ・メトセラ

    メテオ・メトセラ(1)~(11)+外伝「東方死神」 全12巻完結セット (ウィングス・コミックス)尾崎 かおり新書館2011-05-25メテオ・メトセラ(1) (ウィングス・コミックス)尾崎かおり新書館すごい好きだったので、外伝(前日譚)と後日談の同人誌も持ってる。(後日談すごくいい

  • 【やっぱ青いっていいな!】ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話

    ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(1) (シリウスコミックス)横田卓馬講談社2019-10-09ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(2) (シリウスコミックス)横田卓馬講談社2020-03-09表紙がすべてを物語っている・・・!!!ちょっとノリがとよだみ

  • 【人間の闇に迫るなんちゃってお江戸ミステリー】当て屋の椿

    当て屋の椿 1 (ジェッツコミックス)川下寛次白泉社2013-07-16当て屋の椿 16 (ヤングアニマルコミックス)川下寛次白泉社2020-06-26まず初めに、女の子がチョーかわいい。女の子はじめ、登場人物はみんな植物の名前で揃えているという謎のこだわりも好き。さて、どエロイところ

  • 【石黒正数的ポストアポカリプス漫画】天国大魔境

    天国大魔境(1) (アフタヌーンコミックス)石黒正数講談社2018-07-23ポストアポカリプスものは結構好きなのですが、これもまたうまし。もともとゆるーい雰囲気で登場人物のノリも軽いんだが同時に命も軽いなと思うことが多いチョー軽いんだなこれが。あっけなく死んでしまう

  • 【スペース・バディ・コップクラフト】ディアーナ&アルテミス

    ディアーナ&アルテミス : 1 【電子フルカラー版】 (アクションコミックス)太田垣康男 supported by RECON Inc.双葉社2020-09-30イマドキチョー珍しい全編フルカラーコミックスである。無茶苦茶古いが「逮捕しちゃうぞ!」や「ダーティペア」を思い出すような、宇宙の婦警さ

  • 【対馬に行こうぜ!】アンゴルモア元寇合戦記

    アンゴルモア 元寇合戦記(1) (角川コミックス・エース)たかぎ 七彦KADOKAWA2015-02-10アンゴルモア 元寇合戦記 博多編 (1) (角川コミックス・エース)たかぎ 七彦KADOKAWA2019-07-26さて巷では最近までゴーストオブツシマが流行っていましたが世間の対馬ブームに先行し

  • 【安彦的ジャンヌ・ダルク考】ジャンヌ

    ジャンヌ (文春デジタル漫画館)安彦 良和文藝春秋2018-11-16最近、安彦良和の描く歴史ものにハマっているのだがこれも1年ぐらい前に読んだが面白かった。先に種明かししてしまうと、実は表紙に出てくるぐらいで後は、ジャンヌ・ダルク本人はほとんど出てこない。(!)一貫し

  • 【ついに上質なルパンが漫画で読める時代に】アバンチュリエ

    怪盗ルパン伝アバンチュリエ【著者再編集版】 1: 怪盗紳士ルパン・上 (ルパン帝国再誕計画コミックス)モーリス・ルブランエギーユ・クルーズ/大洋図書2019-07-01名作古典と言われながら、そろそろ腰を据えて活字を読むのしんどい、というあなたに朗報です。怪盗ルパンが漫画

  • 【時空を超えるロリBBAと吸血鬼と大河ロマン】クオ・ヴァディス

    QUO VADIS~クオ・ヴァディス~ コミック 1-20巻セット (バーズコミックス)新谷 かおる幻冬舎2014-03-24ふあーこれ10年も続いた連載だったのか・・・!(確かに月刊誌は週刊誌に比べて遅いからな・・・)まず表紙がキレイ。素敵。一貫して教授が表紙を飾るが・・・まあいろんな

  • 【危ない女たちの大乱戦アクション】ベアゲルター

    ベアゲルター(1) (シリウスコミックス)沙村広明講談社2013-10-09強い女を描かせたら沙村か広江かと思いつく。それぐらい外連味の強い女描かせたらなかなか右に出るものはないと思う。チャイナヒットガール、キルビルみたいなサイボーグ女、拷問仕置き人ガール暗器使いガー

  • 【みんなどこかなにかが狂ってるゆるふわ】バイオレンスアクション

    バイオレンスアクション(1) (ビッグコミックススペシャル)沢田新小学館2017-03-24「デリヘルに偽装した殺し屋派遣業」という設定が斬新すぎる笑ホームページとか普通にデリヘルだが呼ばれてくるのは普通に殺し屋の女の子なのだ・・・主人公の女の子のケイちゃんが、全く殺

  • 【のんびりふわふわ神様とすこし不思議】峠鬼

    峠鬼 1 (HARTA COMIX)鶴淵 けんじKADOKAWA2019-08-10ハルタで気に入ってそのまま購入まで。平安時代初期ぐらい。プリミティブに生きている日本人の割と近くにいたであろう八百万の神様たち。しかしもっとさらに昔の原始世界ほど距離感が近くはなかったのか場所によっては神

  • 【文化人類学者・次は和風ファンタジー戦記に挑む】竜女戦記

    竜女戦記 1都留 泰作平凡社2020-05-22竜女戦記 2都留 泰作平凡社2020-08-25都留泰作は過去のナチュンで知ったがナチュンをリアルタイムでアフタヌーンで読んでいたが消して派手さがない中で、適当に流し読みしていたので途中から急激に、すごい勢いで面白くなってきたので「

  • 【東西南北妖怪悪魔ごった煮スマッシュ大乱闘】足洗邸の住人。

    足洗邸の住人たち。 【完全版】 1巻 (ガムコミックスプラス)みなぎ 得一ワニブックス2016-08-25ずっと昔から気になっていたが、スピンオフが出るタイミングで更に(?)ちょっと気になってついに購入。読む前の印象は「きっと妖怪アパートでみんな楽しく仲良くドタバタするコ

  • 【ダークな満州サスペンス】満州アヘンスクワッド

    満州アヘンスクワッド(1) (コミックDAYSコミックス)門馬司講談社2020-08-11満州のアヘン王というのが実在してしかも中国人じゃなくて日本人だったということはこれをきっかけに調べたら本当だったことに驚いた。冒頭の時点で、もうほとんどエンディングみたいな位置に

  • 【エンターテイメント全振り!】川島芳子は男になりたい

    川島芳子は男になりたい(1) (シリウスKC)田中 ほさな講談社2020-01-09昔、PS2ゲームの「シャドウ・ハーツ」で川島芳子が出てきたぐらいからちょっと男装の麗人に興味が出てきたところでうってつけの漫画が!同時期に「虹色のトロツキー」を読んでいたからおんなじ登場人物が

  • 【合気道人は絶対読もうぜ】虹色のトロツキー

    虹色のトロツキー (1)安彦良和潮出版社/usio publishing2015-07-31合気道部で現役だった時に読めばよかったな笑最近結構安彦良和の歴史漫画で結構片っ端から読んでるが、丁度満州国の建国近辺の近現代史に結構興味があったため読んだが面白かった。あと主人公が合気道使い

  • 【誰かに優しくしたくなるギャップ萌えヤンキー風】通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー

    通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー(1) (ガンガンコミックスpixiv)おつじスクウェア・エニックス2019-02-22PIXIV出身漫画って結構な数がでているが、その中でも一番好きかも。おばあちゃんの知恵袋並みに実用的なアドバイスをすっと披露していき立

カテゴリー一覧
商用