プロフィールPROFILE

シェアル・ヤシュブさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
コーヘレト的生活
ブログURL
https://ameblo.jp/amebakamebaka/
ブログ紹介文
コーヘレトとイエスに学ぶ生活。「新宗教」ではなく「新イエス教」。
更新頻度(1年)

5回 / 205日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2019/04/28

シェアル・ヤシュブさんのプロフィール
読者になる

シェアル・ヤシュブさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 41,872位 41,968位 41,887位 41,897位 41,990位 40,936位 40,835位 978,279サイト
INポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
OUTポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 732位 733位 725位 716位 718位 706位 688位 13,113サイト
聖書・聖句(新宗教) 1位 1位 1位 1位 圏外 1位 1位 9サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 72,722位 73,100位 73,156位 72,115位 72,135位 71,138位 70,434位 978,279サイト
INポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
OUTポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 1,020位 1,028位 1,026位 996位 1,001位 953位 921位 13,113サイト
聖書・聖句(新宗教) 1位 1位 1位 1位 圏外 1位 1位 9サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,279サイト
INポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
OUTポイント 2 2 2 2 0 2 2 12/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,113サイト
聖書・聖句(新宗教) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シェアル・ヤシュブさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シェアル・ヤシュブさん
ブログタイトル
コーヘレト的生活
更新頻度
5回 / 205日(平均0.2回/週)
読者になる
コーヘレト的生活

シェアル・ヤシュブさんの新着記事

1件〜30件

  • あとは「コヘレト令和ときたま日記」を!

    あとは「コヘレト令和ときたま日記」に書いてゆきますので、そちらを御覧下さい。https://ameblo.jp/amenameba/entry-1246206…

  • 令和元年5月9日(木)曇り

    シャーローム!おつかれさまです。元号が改まってすでに9日経ちました。ぼくは元号にも西暦にもそんなにこだわりはありません。実用的な意味しか感じないので、何に由来…

  • 「コーヘレト」とは? 最初に読んでほしいこと (5)

    以下は、上村静著『旧約聖書と新約聖書 ― 「聖書」とは何か』からの引用です。※と〔 〕は、注をこちらで挿入したものであって、そこは原文とは違います。 因果応報…

  • 「コーヘレト」とは? 最初に読んでほしいこと (4)

    たしかにコーヘレトには死後の救いへの希望は希薄だ。この点はキリスト教よりもエホバの証人の考えに近いかも知れない。エホバの証人(JW)では、人は死後、無意識とな…

  • 「コーヘレト」とは? 最初に読んでほしいこと (3)

    コーヘレトの死後観については、キリスト教のそれとは合わないので批判もあるようですが、私見ではJWのそれに近いと思います。JWの教義では死後は無意識であり、それ…

  • 「コーヘレト」とは? 最初に読んでほしいこと (2)

    以下、私にとってポイントとなる聖句を下に10個挙げておきます。 ●「日の下で労苦するいっさいの労苦は人間にとっていったい何の益があろう。」(1:3)・・・ここ…

  • 「コーヘレト」とは? 最初に読んでほしいこと

    「コーヘレト書」(※「コヘレト書」ともいう)は旧約聖書(=ヘブライ語聖書)に収められている文書であり「伝道の書」とも訳されていますが、「コーヘレト」のヘブライ…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ⑦

    七この哲学の全貌は、これで明らかとなった。それはヘブライ思想の流れにおいて、その正統信仰への反立として現われたものであった。そして、それはヘブライ人が直接ギリ…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ⑥

    六コーヘレトは全くの限界状況に身を置いている。人間にとって起こるべきことは、その時において、必ず起こる。しかしそれが何ゆえかく起こるかをかれは知ることができな…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ⑤

    五コーヘレトの神は遥かなる神であるばかりでなく、また人間の倫理的規範にも無関心である。人間はむしろそれにも拘わらず善悪の差別を立てているが如くである。その善悪…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ④

    四ここまではコーヘレトは主として経験と観察とに訴えて世界および人生の無意味を説いているのであるが、そのような現象には何の説明もないのかと言えば、実はそれこそは…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ③

    三コーヘレトは恐らく当時のヘブライ人が持ち得た最高の科学知識を修めていたであろう。それはもとより極めて限定された範囲内における実証的知識ではあったが、かれはそ…

  • 「コーヘレト哲学」(~有賀鐵太郎)抜粋 ②

    二「空しとも空しい、とコーヘレトは言う、空しとも空しい、一切は空しい。」と著者はまず前篇の趣旨を打ち出している。ここに「空しい」と訳されたhebhelなる語は…

カテゴリー一覧
商用