searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

torcha-nさんのプロフィール

住所
群馬県
出身
群馬県

自由文未設定

ブログタイトル
TOY-TORCHA
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/torcha-n
ブログ紹介文
54歳のお父ちゃんと、娘のみんみ12歳の、「つまらなくって、何の役にも立たない」と大評判の馬鹿まる出しブログ。 <br><br>
ブログ村参加
2019/04/18
本日のランキング(IN)
フォロー

torcha-nさんの新着記事

1件〜100件

  • 紅白歌合戦

    テレビをほとんど観ない父ちゃんにとってはどうでもいい話なんですが、毎年のように聞こえて来ますよね、出演者の選び方に対する文句。お年寄りの視聴者に気を使えば若い視聴者から文句が出て、若い視聴者に気を使えば……。文句があるなら観ずに寝りゃいいのにそういうわけにもいかないらしい。だったら、「若者対老人の歌合戦」ってどーでしょうかね。これを、お盆の頃に放送しておいて、勝ったチームが男女に分かれて暮れの紅白に出場すると…。でね、変わりばんこに歌うんじゃなくて、若者チームは夜中にひとまとめに出演、お年寄りチームはまとめて朝五時から出演。そーすれば、おたがいに嫌な歌聴かなくて済むじゃないですか。名案でしょ?問題は番組名ですね、やっぱり「〇〇歌合戦」にしたいけど、そこのとこの〇と〇。若い人は「青」でいいと思うんですよ、青春とか...紅白歌合戦

  • 餅地獄

    毎年、親戚からどっさりもらうお餅を、カビにやられる前にと頑張って毎日食べ続け、あと24個というところまでこぎつけました。が、さすがに飽きちゃったので、「ほんのひと手間で、お餅が極上ステーキに早変わり!!」みたいな記事がないモノかとネット検索開始。ちょっと面白いのを見つけました。食べ物が原因の窒息死は年間3500人以上中でも4割を占める餅に注意!今の時期、コロナより切実な問題だと思います。餅地獄

  • カビないうちに餅を食う

    年が明けると「今年こそやったるぜ」って、毎年思いますけどね、たいがいやらないですね。三が日過ぎたころには、「春になって暖かくなったらやろう」になってますし、春になればもうナニするつもりだったのかよく思い出せない。そんなんがずーっと続いて今の自分があるわけですが、この延長線上に将来の自分もあるのだとしたら一刻も早く態度を改めなければなりません。ちなみに、去年の手帳に書いてあった今年(2021年)の目標は、「カビないうちに餅を食う」でした。今年こそやったるぜ。カビないうちに餅を食う

  • 元旦

    あおけごめまざでしいとてまうす2022TOY-TORCHA元旦

  • 馬鹿な人にバカにされちゃったけど、それって利口な人から褒められたのといっしょ。

    コロナ騒ぎに関して、父ちゃんが書いたブログの記事を「コロナ馬鹿騒ぎ」というカテゴリーにまとめました。父ちゃんのブログの悪口を書くときには、ここをよく読んでからにすれば今回みたいな赤っ恥かかずに済むよ。馬鹿な人にバカにされちゃったけど、それって利口な人から褒められたのといっしょ。

  • 東急ハンズの思い出

    父ちゃんは、新宿に東急ハンズが出来るちょっと前の1994年、30歳の頃に上京、みんみが生まれるまでの約13年間を、杉並区の阿佐ヶ谷という街で暮らしました。ボロアパートを勝手に改装しながらの生活だったので、ハンズにはお世話になりましたね。あるとき、お店の中を大声で話しながらうろつきまわる美大生らしき女の子達がいたんですよ。学園祭かなんかの準備で、屋外に展示するオブジェが風で飛ばないようにするための工夫を相談してるんですが、なにしろ声がでかい。自意識過剰ってんですかね、「私たちは芸術家なのよん、日曜大工のオヤジさん達はあっち行きなさいな」って雰囲気を巻き散らかしててなんかやなカンジでした。そいで、一人の子が「そーだ!キャンプでテント留める大きな釘があるじゃない?これくらいの、あれ使おうよ」っつったら、もう一人が「あ...東急ハンズの思い出

  • お題 「今年の漢字」

    今年の夏、何の用事だったかは忘れちゃったんですが、市役所に行ったんですよ。で、カウンターでべたべた化粧したきれいな(つもりの)お姉さんから書類を渡されて、その場で日付を書かされました。父ちゃんは、ものすごく日付とか曜日とかが苦手で、べたべたのお姉さんも苦手なんですよ。で、やたら緊張しちゃったんですけど、しかもその書類は、「令和」っていう字を自分で書かなきゃ駄目なやつだったんですね。父ちゃんは、苦手なものいっぱいありますけど漢字がこの世で一番苦手なんですよ。「今日は、なんがつなんにちですか?」って聞いて、「令和三年でしたよね?」って、確認しながら字を書いてたら、ちょっと小首をかしげたべたべたが、自分の手のひらに指でなんか書きながら「んー、もしかしたらニスイはいらないかもー」って、不自然に遠慮しながら言うんですけど...お題「今年の漢字」

  • お題 「流行語大賞」

    最近、ばあちゃんが入院しちゃったもんで自分の分だけの食事を作るのが面倒くさくなって外食が増えました。今日も近所の回転ずしに行ったんですが、食事の途中で、お皿の裏側に汚れがこびりついてるのに気がついてうんざりして帰って来ました。流行には疎い父ちゃんですが、これだけは確信持って言えます。「はまい!」なんて絶対はやんねーぞ!そんな駄じゃれみたいなの考えてる暇があったら皿洗え。お題「流行語大賞」

  • ばか親日記 馬鹿の遺伝子

    東京で、ママと二人で暮らしてる娘のみんみ(仮名)は中学三年生、立派な受験生のはずなんですが、それらしい緊張感が微塵もありません。四年前、父ちゃんが母親の介護をする為群馬の実家へ戻った時、みんみも一緒について来一年間だけこの家で暮らした事があったんですが、先日、みんみの私物を整理していたら、当時使っていた学校のノートが出て来ました。算数も国語も一緒になったばか特有の使い方がしてあるんですが、父ちゃんが気になったのは、落書きのページ。自作の物語のアイデアをまとめていたと思しき人物相関図のようなものの中に、「せいぜい百年くらいしか生きられないのになぜ人は生まれて来るのでしょう」というメモがあったんです。なんですかねこれ?小学校の六年生がこんな哲学的難問と対峙してたんですかね?うちの子って、ひょっとしたら頭いいんじゃね...ばか親日記馬鹿の遺伝子

  • Mr.マッチポンプ、おてがら父ちゃん。

    父ちゃんはお昼にうどん食べようと思ってネギきざんでたんですよ。ゴマ油で炒めたネギを温かいつゆにまぜたやつが好きなんですけど、昨夜買っておいたゴマ油が、まだ庭に停めた車の中に入れっぱなしだったのを思い出して玄関を開けました。すると、裏の山からすーっと、一筋の煙が上って行くのが目にとまったんです。ヘンな所から煙が上がるなぁ……って思いました。父ちゃんはぼんやり上の方を眺めている頻度が高いらしく、火事とか虹とか流れ星を見つけるのがすごく上手です。うんと小さかった頃、初めて見つけた山火事の様子が、鮮明に思い出されました。最初すーっと静かに上っていた白い煙が、どんどんどす黒くなりながら急激に勢いを増して行くのです。大人になってから地元の消防団で活躍していたこともあるので初期消火の大切さは身を持って知っていますが、誤報で迷...Mr.マッチポンプ、おてがら父ちゃん。

  • 立派なブログ

    父ちゃんのブログを読んでくれてる小平次さんが、ご自身のブログで父ちゃんの記事を紹介してくださいました。今年の総死者数最新-さむらい小平次のしっくりこない話小平次さんは頭脳明晰で生真面目、しかも勉強熱心な方なので、ブログでは今回のコロナ騒ぎを冷静に、客観的に分析しておられます。そういう立派な人が何故父ちゃんのへっぽこブログを紹介してくれたのかと言えば、それはすなわち父ちゃんのブログが案外いいセン行ってるからに他なりません。父ちゃんは、無知蒙昧な身内や、純朴な田舎者である近所の人達からは、変わり者扱いされて馬鹿にされてますけど、教養のある立派な人から見ればいいセン行ってるブログが書ける偉大な人物なんですね。(ま、小平次さんも人から馬鹿だと思われてるタイプなんだったら話は変わって来ちゃうんですけども……)人の脳みそっ...立派なブログ

  • コロナとプラモデルとおならの話

    先日、自分の家から車で30分ほど走ったところの住宅街の真ん中に、一軒のプラモデル屋さんを発見しました。ヘンなところにあるのでお客さんが来ないらしく、ずいぶん古いキットがごろごろ売れ残ってまして、父ちゃんは、リモコンでのしのし歩く大怪獣ガッパをゲットいたしました。そこへ、お得意さんらしきおじさんが入店、コロナのせいで家から出られないのでプラモデル作りがはかどるね、みたいな話を狭い店内でずーっと続けて、危機感があるのかないのかわかんないような状態でしたが、その人の口から「知り合いが〇〇チンでしにまして」という話がポロリ。父ちゃんがじかに聞いたお話で6人目の犠牲者です。厚労省の偉い人は、因果関係は証明できないとおっしゃるんでしょうが、その前にしんけんに因果関係を証明しようとした事の証明をしていただきたいですね。証明し...コロナとプラモデルとおならの話

  • お題 「テレビ」2 テレビばっかり観ていると……。

    父ちゃんの貧弱な頭脳では、いろんな情報を調べて整理してきちんと考えるって事が出来ないんですが、妹と、介護関係のお仕事の方から聞いた話しでは、この近所で、コロナで亡くなったとされてる方は一人、なのにワクチン接種で亡くなった人はもう三人。厚労省の人達は、「因果関係を認められない」っつって無理やりワクチンの肩持ちますけど、近所で亡くなった人達ってのは、ワクチン打ったら食欲がなくなって、寝込んじゃってそのまま……。とか、ワクチン打った次の日から会社に出て来なくなったもんで、アパートに訪ねてったら……。とか、そんなんですよ。昔の人が、「テレビばっかり見てると馬鹿になる」って言ってたのは本当だったんだなぁ、と、つくづく思います。お題「テレビ」2テレビばっかり観ていると……。

  • ワクチンと死亡の因果関係は? 厚労省を直撃!【大石が深掘り解説!】 (21/09/03 21:59)

    ワクチンと死亡の因果関係は?厚労省を直撃!【大石が深掘り解説!】(21/09/0321:59)ワクチンと死亡の因果関係は?厚労省を直撃!【大石が深掘り解説!】(21/09/0321:59)

  • ばか親日記 スーパーロボ父ちゃん

    バカボンみたいな名前の子供のYouTuberがいますね。学校行かないのは本人の勝手だけど、威張ることでもないでしょうに、なんだかやな感じです。親の顔が見て見たいと思ったら、どうやら親がけしかけてるんだそうで、学校の先生のロボットじゃないけど、親のロボットじゃん、て話ですね。親の親は何やってんだろう。そこへ行くと、うちのみんみは、ときどきズル休みしながらもなんとかかんとかりっぱな中学三年生になりまして、今は受験勉強に励んでいます。この夏から学習塾のお世話になってるんですけど、塾はお金がかかりますね。しかたなく、父ちゃんも仕事を始めたんですが……。どーも、みんみが操縦するロボットになっちゃったみたいな気がしてならない今日この頃です。ばか親日記スーパーロボ父ちゃん

  • 猿の惑星

    父ちゃんは、つい最近までは、「ここら辺に住んでてコロナで死ぬなんてのは、買わなかった宝くじが当たるようなもんだろう」くらいに考えて呑気に暮らしてたんですが、八月の半ばころから群馬県にも緊急事態宣言とやらが出て、近所の人達がピリピリし始めちゃったもんで、そうもしていられなくなってまいりました。ばあちゃんにはマスクさせて、コロナと闘わせなきゃならないし、父ちゃんはよく勉強して、近所のおばさん達の「ワクチン打て」攻撃と闘わなければなりません。(実際は、チクチク嫌み言われたり、おかしなアドバイスされたりする程度で、さほど大げさな攻撃じゃありませんけどね)昨日のブログにも書きましたけれど、父ちゃんはいわゆる陰謀論者ではありませんので、過激な反対論者の肩を持つのは嫌なんですけど、推進派の言い分の幼稚さにも同等の薄気味悪さを...猿の惑星

  • ワクチン反対派

    ブログを書くのを休んでた2ケ月の間に、ばあちゃんは透析が始まりました。一日おきの週三日。病院まで片道三十分を、二往復しています。本当は、もっと近くの病院で透析してもらえるはずだったんですけど、コロナのワクチンが未接種なもんで断られちゃいました。お医者さんに、妹の友達の家のおばあちゃんが、ワクチンの注射した後一週間苦しんで、とうとう亡くなっちゃったんですよ、まあ九十過ぎの方ですけど。って話をして聞かせたら、鼻で笑われたんで、こっちも、人が死んだ話を笑いながら聞くような人に、自分の親を任せるのは嫌だなあって思ってましたからね、断られたのはかまわないんですけど……。そんな事があったんで、ワクチン関係の記事をネットで読んでたら、今、ワクチンに反対する人は、えらい言われようされてるんですね。びっくりしました。まるで「地動...ワクチン反対派

  • へっくしょん ちくしょう

    くしゃみした後に、「ちっくしょう」とか、「ちきしょーめ」とか言う人を最近見かけません。ちょっと前までは町のあちこちで聞こえていたものですが、年々減少傾向にあるようです。父ちゃんは、この古き良き日本文化の灯を絶やしてはならないと考え、「今度くしゃみが出たら絶対に言おう、大きな声で!」と固く心に決めていましたが、なかなか出なくて困っていたらおならが出たので言いました。ぷ。「ちくしょおー」こうして世界に誇るべき新しい日本文化が産声をあげたのです。へっくしょんちくしょう

  • お題 「野菜」

    父ちゃんは、メロンとかスイカ食べる時、わりと厚めに皮を残す派なのでママから「もったいない」と文句を言われがちですが、本当にもったいないのはママの方で、ひらひらになるまで皮をかじってるからせっかくのメロンなのに、後味が野菜です。カブトムシのかごにママの食べたメロンをあげたら、食べるところがぜんぜんないので夏掛けのお布団をもらったと思ったらしく、ガサゴソと下に潜り込んで寝てしまったという珍事件もありましたね。もしもお金持ちになったら、ママのために皮のおいしいメロンを買ってあげたいです。お題「野菜」

  • 怖い話かと思ったらそうでもない話と、怖くもなんともない話

    友だちの家のおじいちゃんが真夜中、亡くなる間際にメロンパン食べたがったそうなんです。で、お葬式の時にその話をしたら、遠く離れたところに住んでた友だちの従弟(7歳くらい)が、ちょうどその頃目を覚まして「メロンパン買ってこなくちゃ、メロンパン買ってこなくちゃ……」って寝ぼけて、家の中をぐるぐる歩いていた。という事実が判明し、親戚一同を恐怖のずんどこに陥れたそうなんですが、父ちゃんは怖がりません。たぶんね、テレビでメロンパンのお店とか映ったのを二人とも観たんですよ。で、おじいちゃんは死ぬとき思い出して、子供は寝ぼけた。と、ゆーわけですね。それか、ただの偶然。偶然ていうのも、こんだけ大勢の人がいればどこかで必ず起きてますからね、おもちゃ関係のイベントに出店した時、父ちゃん達のブースの前で、何年かぶりに出くわしたらしい女...怖い話かと思ったらそうでもない話と、怖くもなんともない話

  • お題 「テレビ」

    昔のテレビは、ちゃんとした大人の人が、よーく考えて良い番組を作ってくれてましたね。【公式】ガンバの冒険第1話「冒険だ海へ出よう!」"THEADVENTURESOFGAMBA"EP01(1975)しっぽにフタを~♪って歌ってたケンゴちゃんを思い出します。お題「テレビ」

  • 怖くないけどやっぱり怖い話

    父ちゃんがまだ子供だった大昔、隣のおばあちゃんが亡くなった時の事です。亡くなったおばあちゃんの親戚にあたる小太りのおばさんが声をひそめ、私は、おばあさんが死にそうだということは知らされていなかったんだけれど、昨夜、ご飯をよそっていたら、木のおしゃもじが突然ぴしぃっと割れた。だからきっと何かあったんだと気がついた。そうしたらすぐに電話が鳴って……。という話しを始めたんですよ。……?小太りおばちゃんは、おばあちゃんが死んだことを知らせに来たんだって言い張って、聞いてる人も「ふんふん、きっとそーにちがいない」と言うんですけども、死にかけてる時に連絡入れずにおいて差し支えないような遠い親戚の家の台所のしゃもじを、死んでからわざわざ(しかも、そのあとすぐ電話で伝えるというのに)突然ぴしぃっと割って知らせる必要が何処にある...怖くないけどやっぱり怖い話

  • ふりかけご飯

    近所に住んでいる恰幅のいい金持ちのおじさん(おじさんとは言っても父ちゃんより年下)と、ふりかけご飯の話になりました。ご飯は、ちょっと冷めかけてる方がおいしいね、とか、丸美屋の「味道楽」が一番いいとか、なんだか意気投合して話しがどんどん盛り上がり、おじさんは、「おらぁ納豆喰う時も、卵まぜて味道楽ふりかけるんですよ、うんめーんだぁ」っつって、わっしゃわっしゃ食べる真似してみせるから、「さすが金持ち、ぜーたくな食い方だ」とうっかり感心しかけましたが、別にウニとかイクラ混ぜて食ってるって話じゃないですからね。卵と納豆とふりかけじゃあどんなに食ったって五十円ぐらいですよ……。と、まあそれだけのお話です。ブログを毎日更新しようとすると、いかに自分の人生がコつまらないものであるかを思い知らされますね。丸美屋の味道楽……。ふりかけご飯

  • ばか親日記 いいこと言う父ちゃん

    「学校で習うことは、大人になったら役に立たないのか?」受験勉強に飽きたみんみと話をしているうちにそんな話題になりました。確かに普段の生活の中で、√2の近似値知らなくて困った、なんてことは起こりません。しかし、数学的な物の考え方とか、科学的なアプローチの仕方とか、今を語りながらも歴史を振り返るセンスとか、なんかそういうものを身につけた人と、そうじゃない人の差はかなり大きいはず。習ったことの細々した内容は忘れても、各教科ごとの、物の考え方というのはいつまでも役に立つと思うのです。そんな話をして聞かせていたら、珍しくみんみが感心した様子を見せましたので、「いいかい、確かに普段の生活の中で、ルート2の近似値を知らないからと言って困ったりはしないんだ。しかしだね!!」と、もう一回言ったら普段通り馬鹿にされました。大事な事...ばか親日記いいこと言う父ちゃん

  • 父ちゃんからの電話

    さっき、近所のスーパーのレジの列に、妹が並んでいるのを見つけました。以前、同じ店で買い物中に見かけたとき、後ろから背中たたいて「万引きGメンだっ!!」って挨拶したら、すっ飛び上がるほど驚いて面白かったんですよ。で、今日は、家にいるふりして電話をかけて、「アイス買ったね」とか言って驚かそうと思いつきました。そしたら、スマホの画面の父ちゃんの名前見た妹が、なんかものすっげー嫌そうな顔してから電話に出たんですよ。こっちが驚いちゃいました。なんなんスかね、人間不信に陥りますね。しばらく人に電話かけたくなくなりましたよ。父ちゃんからの電話

  • 緊急連絡

    つい今しがた、妹から、スマートフォンと家電の両方に、立て続けに連絡が入りまして、何事かと思ったら、「テレビに映るから観ろ!」との事、何やらバイト先のお店がニュース番組の取材を受けた様子。早速、ベッドにいたばあちゃんを起こしてあわててテレビをつけました。東京のママの家で暮らしているみんみへの連絡も忘れません。みんみと電話で話しながらテレビ画面を見つめておりますと、見覚えのある建物が映りまして、カメラは、お店の厨房へ、働いてる人たちの中に、妹の姿を探しますが見当たりません。ちょっとがっかりしている父ちゃんにはおかまいなしに、お客さんの様子などが映り始めて、お店紹介のコーナーは、終わってしまいそうな気配。みんみの残念そうな声が聞こえた時、父ちゃんは気づきました。こ、このお客さん……。「おいしいですよー、いやー群馬県民...緊急連絡

  • 最近のお気に入り

    平沢進[白虎野](歌詞付き)【平沢進Ver.】地球ネコ(歌詞付き)~おかあさんといっしょ~最近のお気に入り

  • ちょー便利なスマートフォン

    父ちゃんのスマートフォンは、以前に比べ、さらに便利になりました。この春、中学3年生になったみんみに、ずーっと前から欲しがってたスマートフォンを買ってあげたんですが、子供が使うには、「安心フィルター」という仕組みをくっつけとかなきゃいけないそうで、お店の人の言うがままにそれをくっつけてみたんですけど、いろいろ不便。みんみに言われるまま、ネット情報を参考に悪戦苦闘しながらも、フィルター解除に成功。みんみは、すいすいyoutubeなど観られるようになって大満足。父ちゃんも、久しぶりに父親らしいことが出来たと喜んでたんですが、つい最近、とんでもない事態に陥っていることに気づきました。なんと、父ちゃんのスマートフォンに「安心フィルター」がかかっている!あの思い出すだに恐ろしい悪戦苦闘のおり、何かを如何にか間違えたらしいの...ちょー便利なスマートフォン

  • 間違ってんのは、竹中君だろう。

    オリンピックやるとかやらないとか、もめてるんだそうですけど、世界中のみんなでやる事なんだから、他の国のみんなに聞いてみたらよくない?父ちゃんが間違ってんのかな?間違ってんのは、竹中君だろう。

  • ばか親日記 「名案」

    前回、白髪染めの話をしましたけど、その時父ちゃんは、タートルネック着たまま染め始めちゃったんですよ。で、みんみにお風呂入るとき、襟を汚さないように脱ぐのが大変だったという話をしたんですけど、「着たまま入って、頭洗ってから脱げばよかったんじゃないの?」って言われました。「なるほど!!」感心しましたね。学校の勉強は出来ない子だけど、この柔軟な発想力があれば、あらゆる困難に打ち勝つことができると確信しましたよ。我が子の成長ぶりが頼もしく、今度からは、そうしようと誓う父ちゃんでした。が、よく考えたら、今度の時は、染める前に脱ぐのがいいですね。父ちゃんも成長しないと駄目だ。ばか親日記「名案」

  • 白髪染め初挑戦

    十日ほど前、姪の結婚式に出席するために、「白髪染め」というのを買ってみたんですが、買ったのが式の前日、染めてみようかという気になったのが当日の朝。父ちゃんはハゲ頭なので、白髪をうまく染められなかったら、ハゲで白髪でブチ模様という三重苦を背負うことになります。そんなのが、叔父さん面してうろうろしてたんじゃ、姪が気の毒なんで白髪のまんま出席したんですが、後日、せっかく買ったのに使わないのももったいないと思い直しまして「やっぱし染めよう」と決意。ボンカレー用のお湯を沸かしてる間にいきなり行動に移してしまったんですよ。父ちゃんは、やるときゃやる男ですからね。染めてる間にお湯が沸いたのでボンカレー投入、ボンカレーが出来上がる頃、染め終了。皮膚がかぶれると聞いていたので、早めにお風呂に入って洗い落とさなきゃならないんですけ...白髪染め初挑戦

  • 未来の土偶

    これは、父ちゃんの家の台所にある次元断層から出土した未来土偶「モージョンノグード」です。何年か前に、小豆島の妖怪コンテストに出品するつもりで作りかけてたものを引っ張り出して来て、台所を作業場にして仕上げてみました。かっこいいので玄関に飾ろうかとも思ったんですが、お客さんに「これは、なんですか?」って聞かれて、「未来土偶モージョンノグードです」って答えたら、頭のおかしい人の家かと思われちゃうので、台所に戻しました。これを飾ったせいか、今年は家の中にへっぷり虫が現れませんでした。未来の土偶

  • 寒い日々

    毎日寒いですね。とにかく寒い。こたつから出られない。なんにもする気になれません。でも腹はへります。お金を稼がなくちゃいけないな。そーだ、ユーチューバーになろう。さっそくYouTubeを見て勉強だ!ってんで、ずーっとYouTube。……半日潰れてしまいました。寒い日々

  • さりげない小ネタ。

    昨日、東武鉄道の太田駅で、電車に乗ろうとしたら、ホームに上がるエスカレーターの手前で、駅員さんに呼び止められたんですよ。三~四歩戻って、「何ですか」って顔をしたら、「すぐに発車時刻ですから……」だって……。「早く行け」みたいなジェスチャー付きですよ。呼び止めて伝える事じゃなくないですか?さりげない小ネタ。

  • 今年一番の重大事件発生!!

    ……というのは、皆様方の興味をひくための嘘ですが、ま、ちょっとした事件ではありました。ばあちゃんが、病院の便所の便器ん中に、尿検査のカップを落としちゃったんですよ。こういう時には、慌ててはいけません。でも父ちゃんは慌てちゃいました。急いでばあちゃんを立ち上がらせちゃったんですよ。そーすると勝手にお水が流れて、ゴエーッ、シュポンて感じで、便器の奥の穴ぽこに、コップが挟まっちゃいました。誰かに長いお箸みたいなのを借りなければ!大急ぎでばあちゃんを車椅子に座らせ、誰かを探しに便所から出ると順番待ちのよそのおばあさんに怒鳴られました。「あんた!ちょっと!お母さん忘れてるよ!」「そんなもん忘れるわけねーだろ、くそばばあ」と、言いたいところですが、そこは我慢。軍人みたいな雰囲気の警備員さんに事情を話すと、「わかりました、こ...今年一番の重大事件発生!!

  • ガースーです。

    「ガースーです」って言って、みんなでご飯食べに行っちゃったおじいちゃんが日本中の人から怒られてるようですね。父ちゃんには、(父ちゃん達よりは、しっかりした情報を持っているであろう)総理大臣も、「コロナなんてただの風邪ですよ」って考えてる証拠だと思えましたけどね。コロナの事に関しては勉強不足なのであーしろこーしろとは言えませんが、コロナで死ぬのを怖がって、経済的に困窮した自殺者を大量に出してる現状は、飛行機に乗るのを怖がって、マイカーで無理な遠出して、ばんばん事故起こしてるみたいな感じなんじゃないですかね。って思ってたら、パイロットがコロナの話題で盛り上がってるうちに墜落、98人死亡っていう記事を見つけました。飛行機ってのはあんなに高くを飛ぶから大きな事故になるんじゃないですかね?二階建ての家の屋根くらいの高さの...ガースーです。

  • すばらしき未来社会

    政府がAI婚活を後押し、希望合わなくても「自分に好意抱く可能性ある人」提案というニュースを見ました。AIが理想的な結婚相手を探してくれる、そういうシステムにこの国の政府がお金を出すというニュースです。そんなシステムがうまくいくんなら、まず最初に理想的な国会議員を探してほしいですね。なんなら政府のお仕事はぜんぶAIに丸投げでもいいですよ。すばらしき未来社会

  • 生活習慣

    100均に行くと必ず買っちゃう3個100円のチョコバーがあります。お店を出たらすぐひとつ食べて、車の運転中にもうひとつ食べて、家に着いたら最後の一つを食べるのが習慣になってるんですが、今日は、最後のチョコを食べてる最中におしっこしたくなりました。一口かじりながら二階の便所へ行きましたが、残りの一口を慌てて食べるのはもったいない気がします。おしっこ済ませてから大事に食べようと思ったんですが、置いておくところがありません。洗面所の鏡の裏に、みんみが来た時に使ううがい用のコップがあったので、とりあえずそこに入れて「……ちょっと待てよ」と思いながら用を足し、手を洗ってから確認したらやっぱりふたつに増えていました。何日か前にも同じことをして、食べるのを忘れてたんですね。これも習慣になったら困るなあと思いました。みんみが来...生活習慣

  • ヤスオさん(仮名)が、お葬式の席で取乱してポイ捨てしてしまった話。

    先日、親類のお葬式に行ってまいりました。亡くなったのは、九十過ぎのおばあちゃんです。老衰との事でしたので、泣きわめく人などもありませんし、父ちゃんも、会場で二十数年ぶりの知人、ヤスオさん(仮名)に会えたりしまして、和やかな雰囲気の中、式は順調に進んでおりました。が、棺に思い出の品を納めるというときに、急に泣き出した六十近い孝行息子。普段から本当に熱心にお母さんの面倒を見ていましたので無理もありません。境遇の似ている父ちゃんももらい泣きしてしまいます。葬儀屋のおにいさんが、それぞれの品物のいわれを説明し、参列者が一人ひとつ預かっておばあちゃんのまわりに並べて行きます。靴は、外用と室内用が用意されてたし、お気に入りの衣類が三着もあったりした他、冥土の旅のお弁当みたいな紙包みが四つあったり、思い出話にまつわる大きな写...ヤスオさん(仮名)が、お葬式の席で取乱してポイ捨てしてしまった話。

  • スマートフォンの便利な使い方

    ガラケーからスマホに切り替えて、そろそろ一年経つ父ちゃんですが、未だにかかってきた電話がうまくとれなかったり、せっかくとれてもほっぺの骨で、ミュートボタンを押してしまいがちだし、メールは返信しか出来ないし、スマホでお支払いとかは夢のまた夢、とにかくまったくちっとも便利じゃありません。ちょっと便利だと感じるのは、背中に湿布を貼るときです。父ちゃんのスマホは、縦に細長いので、下の方をおさえるのにちょーどいいです。スマートフォンの便利な使い方

  • 13日の金曜日 フライの日

    どこのスーパーマーケットでも食品売り場の商品の鮮度が落ちて来ると、裏のお惣菜とかつくってるところへ持ってって、煮物にしたり、フライにしたりしてるんでしょうかね。近所のスーパーでは、そういう仕組みになってたんですけど、父ちゃんの妹の友人が、急な来客にあわてて、そのスーパーへすっとんで行き、揚げ物をどっさり買い込んで来たんですが、大皿に並べながらよく見たら、まるい筒状のフライがあって、「何のフライだろう?」って、つまみ食いしてみたらのり巻きだった。という恐ろしい目に会ったそうです。13日の金曜日フライの日

  • さっき見た夢

    こたつにひっくり返って居眠りしてたら、スパイダーマンの人間離れした動きによる必殺技の秘密を、父ちゃんがあばくという夢を見ました。スーツを後ろ前に着てるせいでした。さっき見た夢

  •  秋になると思い出す話。

    30年位前に聞いた話なんですけど、友達がアルバイトしてる薬屋さんにおばあちゃんが入って来て、「オロビタンHちょーだい」って言ったんだそうです。友達は、そんなんあったかな?と思いながらも、栄養ドリンクの売り場に案内してオロナミンCとか、リポビタンDとかを順番に指差し、「これですか?」って聞くんだけど、おばあちゃんは「ちがう」「ちがう」と、首を横に振り続け、最後に「そーゆんじゃなくて塗るやつ!」で、結局「オロナインH軟膏」を買って帰った。という懐かしい話を書くために、大塚製薬のホームページを覗いて見たら、「よくある質問」というところに、「保管はどのようにすればよいですか」ってのがありました。「箪笥にしまっておきましょう」って答えてほしかった。♪タンスにオーロナイン♪もんた&ブラザーズというもっと懐かしい話を思い出し...秋になると思い出す話。

  • ばあちゃんのこと。 死に至る病

    ばあちゃん(父ちゃんの母)は、9月の終わり頃、救急車で運ばれて入院生活が始まりましたが、ちょっと前に容態が悪化しまして、お医者さんから、「個室に移して、特別に面会を許可しますから、会いたい人に合わせてあげてください」とか言われちゃいました。父ちゃんは、ちっとも良いトコを見せられないままばあちゃんに死なれてしまう事がつらくてたまりません。人に会うなら少しでもきれいにしてあげようと思って、耳くその掃除を始めたんですが、少し頭を傾けてもらわないとうまく掃除できません。「母ちゃん、ちょっと向こう向ける?」って声をかけると、目玉だけきょろって向こう向きました。「それじゃだめでしょ」って、父ちゃんが笑うと、ばあちゃんもつられて笑います。二人でこんなふうに笑うのもこれが最後なのかな、こんなに良く笑える人が死ぬなんてことあんの...ばあちゃんのこと。死に至る病

  • 父ちゃんが、大阪都構想に反対する理由

    「おおさかと」って、なんとなく語呂がわるい。父ちゃんが、大阪都構想に反対する理由

  • 夢を語る

    「夢を語る」ったって、いつか豪邸に住みたいとか、満州を開拓したいとか、そうゆう話ではありません。昨日の晩に見た不可解な夢の話です。夢の中の父ちゃんは、小学生で、お祭りのやぐらの上みたいな木のかこいの中にいました。赤い半ズボンの男が遠くに見えて、「大人なのに半ズボン履いててかわいそうだ」と、哀れんでいると、やぐらのそばまで来た気の毒な男に、「ズボンを交換して欲しい」と頼まれました。いつの間にかやぐらが、かなり低くなっていて申し出を断りにくい状況です。仕方なく男から渡された赤い半ズボンを履くことになりましたが、よく見るとそれは運動会で使う赤白リバーシブルの体育帽です。脚を突っ込むための二つの穴を、45度斜めに開けてしまったので、「つばの部分が正面だと思って歩き出すと斜め前に進んでしまうから気をつけなければいけない」...夢を語る

  • 本は本屋さんで買いましょう。

    電車で一時間の大きな町までおつかいに行って来ました。せっかくなので町を探検して行こうと思いましたが、とある事情により足腰が痛くて歩き回ることが出来ません。せめて、大きな本屋さんがあれば寄ってみたい(父ちゃんの住んでる町には、しょぼくれた本屋さんしかないので、みんみに買ってあげたい本が探せないのです……。)と思って、きょろきょろしていると、まっすぐな通りの50メートルくらい先の突き当り、二階建ての建物の外壁に張り付いた本屋さんの看板を発見。「大むら本店」みんみの喜ぶ顔が目に浮かびます。股関節の痛みをこらえ、うんこ漏らした人みたいな歩き方でにじり寄って行きますと、頭の所に小さな文字がついてるのが見えて来ました。「そば処」……。要するに蕎麦屋です。支店じゃなくて、本店。ショックで脱糞しそうになりました。本を買うとき探...本は本屋さんで買いましょう。

  • 病院の風景

    父ちゃんが通っている整形外科には、老人向けのリハビリ施設のような部屋がありまして、待合室にいると、何やら楽し気な声や音楽が流れてきたりします。昨日は、看護婦さんの声で、「いーぬ」って聞こえて来ると、タンタン♪て、手拍子が鳴って、おじいちゃんの声で「わんわん」。そいでまたタンタン♪別のおじいちゃんが、「やーぎ」タンタン♪「めえめえ」ってな感じで、テンポよく進めるゲームみたいなのをやってました。待合室からだと中の様子は見えないんですけど、なんだかおとしよりの幼稚園みたいで、とっても楽し気です。父ちゃん実は、看護婦さんとか介護士さんの老人をあやすようなしゃべり方があんまり好きじゃなかったんですよ。父ちゃんが老人になったとき、若い看護婦さんに「はあいおじいちゃん、よーくもぐもぐしてねぇ」みたいなこと言われたら「ふじゃけ...病院の風景

  • コロナ禍に対する誤解

    よく「情報化社会」という言葉を耳にしますが、何でもかんでも「情報」としてありがたがってちゃ駄目だろうと、父ちゃんは、思います。視聴率稼ぎの為に作り出される偏ったテレビニュースを鵜呑みにして大騒ぎするような、気の毒なおじさんや、おばさんにならないよう、私たちは注意しなければならないのです。「コロナは怖いよ、かかると死ぬよ」というニュースがいっぱい流れて、毎日流れて、くりかえし流れていると、みんなが、戦時中の人みたいな自粛生活を当たり前だと感じ始めるし、お互いを監視し合って、そんな状況の維持に励んだりもするわけですから、「あの国はひどいよ、死滅させた方が世界の為だよ」みたいなニュースが毎日流れ始めたら……。と、考えると怖くないですか?父ちゃんが思いますに、現代は「情報ば化社会」。情報ば化社会とは、ネットやテレビや新...コロナ禍に対する誤解

  • 画面のある方が表ですか?

    春頃だったかな、携帯電話が使えなくなると言われて、スマートフォンに切り替えました。しかし、父ちゃんは、極端に機械が苦手なので、メールも出来なきゃ写真も撮れない、自分のブログも覗けないうえに、ズボンのポッケにうまく収まらないので、家や車に放置することが多く、かかってきた電話を取り損ねっぱなしです。なんとかしなければと思うんですが、今日も思っただけで終わりました。せめて、どっちが表でどっちが裏なのかだけでも知りたいです。画面のある方が表ですか?

  • 日射病のおそれ

    父ちゃんね、さっきまでね、草むしりしてたんですよ。で、汗と埃で汚れた衣類を洗濯機に入れて、お風呂に入ろうとしたら、水だったんですよ。時々失敗するんですけど、今日もやらかしました。風呂が沸くまでの時間を利用してのブログ更新です。服は脱いじゃったけど、新しいの着るとまたすぐ脱がなきゃならなくて、面倒くさいじゃないですか。で、洗濯物のカゴからシーツを引っ張り出して裸に巻いて見たら、なんだかかっこいい。古代ギリシャの哲学者みたいなんですよ。厚めの本を小脇に抱えて、うろうろ歩き回りたくなります。サロンとゆーところへ出かけて行って、知的な会話を楽しんだりしてみたいですね。「パンはパンでも食べられないパンはなんじゃ」なんつってね。あと、若い世代のために名言も残したいです。「シーツの服は、ちんぽがすーすーする」とか……。自分が...日射病のおそれ

  • 注射禁止。

    今日も首の治療に行って来ました。お盆のせいで三日間休んだせいか、頭痛もひどかったので、看護婦さんに、首の牽引をちょっと強めにしてもらえるよう頼んだら、「あまり辛いようなら、痛み止めの注射がありますよ」と言われました。渡哲也が死んじゃったからなのか、なんなのか、何でそうなっちゃったのか自分でもよくわかんないんですけど、普段より渋い声で「注射はぁおっかねえから嫌だなあ……」って、言っちゃったんですよ。たそがれた人みたいな遠い目で、幼稚園みたいなこと言っちゃったんで笑われちゃいましたけど、自分がいちばんおかしかったですね。頭の良くなる注射ならうってほしい。注射禁止。

  • 今日の晩御飯

    今日の晩御飯は、よそのお家からいただいたぼたもちと、お赤飯でした。食べ合わせが悪そうです。今日の晩御飯

  • 掃除機の吸引力と部屋の埃の量が反比例する仕組みについて

    父ちゃんが実家に戻って来たとき、まず初めにやったのは、ボロボロになってた「掃除機の買い替え」でした。(ま、厳密に言えば「手洗いうがい」とかかもしれませんが……)で、お店でどれにしようか迷ってる時に、もっともっとうんと迷ってる夫婦がいたんですよ。生きるべきか死ぬべきかみたいな、時限爆弾のひも切るときの、赤と青どっちだ!?みたいな、なんか鬼気せまる悩み方で、店員さんもあれこれ商品並べさせられて棚卸みたいな作業になってるし……。その様子を見てるだけでくたびれちゃった父ちゃんは、迷う意欲さえ失くしてしまい結局、安さと色だけで決めちゃったんですけど、これがもう人生最大の過ちでした。(ま、本当の過ちは「結婚相手」ですが……)とにかく吸わない。とことん吸わない。ブーブーゾーゾー唸るだけ。……てめーは音響機器か。米粒なら吸える...掃除機の吸引力と部屋の埃の量が反比例する仕組みについて

  • おかっての せんぷうきが きたない

    ここんとこ父ちゃんは、整形外科に通って首の牽引をしてもらっています。昨日、父ちゃんの近くに、ひざの治療を受けているばあちゃんがいました。一生懸命症状を訴えているらしいんですけど、ばあちゃんの声は小さくて先生にも聞き取れない様子。先生が、困ったように「え?なに?」ばあちゃんが、頑張って「お、お、おかっての……」「え?おかって?」「おかってのせんぷうきがきたない……」父ちゃんが、身をよじって「ぶーっ、うひゃひゃひゃひゃ……」13キロで首を引っ張られながら笑うのは非常につらいのですが、突拍子もない訴えにふきださずにはいられません。更に、「おかっての扇風機」ってのは「換気扇」の事なんじゃないかと推理すると、換気扇の下で、「涼しくないなあ」とか、「首振らないなあ」、「しかも汚いし」とかって困惑しているばあちゃんの姿が目に...おかってのせんぷうきがきたない

  • つらい日々

    先月、群馬へ戻ってから二度目の交通事故に会いまして、治りきらなかったむち打ちが悪化。病院通いが続いています。頭がぼんやりするので、ブログの更新をする気になれずにいますが、「死んだのかな?」と思われては大変なので、近況報告をば……。甥っ子のおかげで,「ネットフリックス」というのが観られるようになりましたので、ばあちゃんに付き合って、毎日、「男はつらいよ」を観てます。そーすると寅さんの駄目さが身につまされて、「こっちがつらいよ」という、そんな感じの毎日です。交通事故と言っても、ごく軽い物でしたし、今回は良い先生に診てもらえたので、順調に回復に向かっています。つらい日々

  • やっと到着

    暗黒の地群馬に住む父ちゃんの所にも、ついにあのマスクが届きました。どこにも「アベノマスク」って書いてないので偽物かもしれないけど……。こんなのにお金いっぱい使っちゃったってんで、怒ってる人もいるみたい(そりゃ当然)ですけど、マスク作って儲けた人が、ばんばん無駄遣いしてくれれば景気が良くなるんだからいいんじゃないですかね。どうせあぶく銭なんだからケチケチしないで一晩で使い切っちゃってください。でも、コロナがうつらないように気をつけてね。やっと到着

  • 指をなめずにレジバッグを開ける方法

    スーパーに買い物に行ったとき、レジ袋がうまく開けられなくて困っちゃうことないですか?父ちゃんも最近知ったんですけど、レジ袋の口のまんなかと、どちらか片方の口の端をつまんで、左右に広げるように引っ張ると、中におりこんである、袋の側面にあたるV字の頂点がピコって飛び出すんですよ。そこんところをつまんで開けると簡単に開きますよ。父ちゃんの説明ではよくわからん!という人は、袋の方をなめてください。指をなめずにレジバッグを開ける方法

  • お題 「読書」

    父ちゃんのお便所の棚には、20冊くらいの本や雑誌が並べてあって、退屈せず長期戦に耐えられるようになってます。ところが、本が面白いせいで無駄な籠城戦にもなりやすく、ビロウな話で申し訳ありませんが、おケツの具合がちょっと悪くなりました。で、今年の正月に弟が、お湯の出る便座を買って来てくれたので、「これで負傷兵も戦線に復帰だ」と喜んでたんですが、父ちゃんは説明書が苦手なんですよ。ちらっとながめたけど、取り付ける為のパイプの長さの調整の仕方がわからないので正月からずっと便所の本棚に放置してあります。なんだかやけに分厚いから再度手に取る気になれず、無理して取ってもやたら無駄な部分が多すぎて、肝心のところがおおざっぱ、字が細かくて絵が下手で……。今朝、あらためてよーっく見直したらパイプだと思ってたのが、ホースの絵だという事...お題「読書」

  • 今日も何もありませんでした。

    今日は雨でした。父ちゃんは、いつでもうちの中にいるのが好きなので、雨でもコロナでも関係ないんですけど、ブログの更新がね……。ネタが拾えなくてちょっと困る。前に紹介した機動歩兵は、今こんな感じ。一度「仮組み」したものを、バラして、接着、合わせ目消しが始まったところ。作り方を知らない人には、「作業が後退している」ように感じられるでしょうけど、知ってる人が見れば、「ずいぶんのろい」と感じるでしょう。原因はこれです。☟ロシアの戦車。機動歩兵の発売が待ちきれなくて、先に作り出しちゃってたやつ。プラモデルこさえて、DVDで怪獣とかサンダーバード観て、うちにいて褒められて。コロナ様様ですじゃ。今日も何もありませんでした。

  • なにもなかった日のブログ更新。

    プーチン大統領ってちょっと面白いと思いました。「プー」と「チン」だから。明日は気のきいた記事を書きたいです。なにもなかった日のブログ更新。

  • Googleの正しい発音

    最近、長年使ってた携帯電話を、スマートフォンに切り替えさせられました。okGoogleと言ってみましょうみたいなのが表示されたので、かっこよく発音しようと緊張したら、「オーケイグールグル」と言ってしまいました。……という記事を書こうと思って(ちゅーか書きましたけど)、ホントはどう発音するものなのかと調べていたら、すごいの見つけちゃいましたよ。Googleの正しい発音Googleの正しい発音

  • ばあちゃんのこと。 お弁当

    ばあちゃんは退院後、すぐにデイサービスに行けるようになったんですが、病院の先生から「カリウムと塩分を控えるように」と、きつく言われているので、デイサービスのお昼ご飯を食べさせられません。おまけに入れ歯を嫌がるので、かたいものが駄目という三重苦です。父ちゃんが手間暇かけて、低カリウム低塩分のおじやと、動脈硬化対策の半熟卵、プラスお楽しみ一品でお弁当を作り始めて一ヶ月。デイサービスで働いてる人たちがみんなで褒めてくれるので、父ちゃんもやりがいを感じてたわけですが、昨日のこと……。夕ご飯に用意しておいたアジフライを、うっかりテーブルに並べ損ねてしまったので、「明日のお弁当に入れとくよ」って言ったら、「弁当はいらねんさぁ、会社(ばあちゃんは、デイサービスの事を「会社」、そこで受けてるリハビリを「仕事」だと思っています)...ばあちゃんのこと。お弁当

  • 緊急事態に備える

    テレビのニュースで偉い人が、「医療現場に防護服がありません、皆さんのおうちに雨合羽が余ってたら送ってください」みたいな事を言ってました。映画とかドラマとかだと、専門家が宇宙服みたいのを着て活躍する場面をよく見ますけど、現実世界では、うっかりしてたようですね。笑いごとではありませんが、だからこその可笑しさがこみあげてきます。コロナの話は、詳しい人にまかせておくことにして、父ちゃんが今から準備しておいた方がいいんじゃないかと思うのは、「核シェルター」ですね。近い将来、ゴジラが来ないとは、言い切れないのです。(切れるでしょ)「シンゴジラ」のDVD、おまけのディスクが2枚付いててブックオフで1800円くらいだったよ。緊急事態に備える

  • お題 「おうち時間」

    ばあちゃんの介護ベッドが、ボタン一つで高さが変わったり、全体が傾いて椅子みたいになったりして、面白いんですよ。サンダーバードが出発するとき、秘密基地の壁が裏返って、滑り台みたいになったり、曲がったり回ったりして乗り物まで運んでってくれるじゃないですか、ちょうどあんな感じなんですよ。ブックオフで、サンダーバードの映画が2本セットになったDVDを1500円で買えたので、ばあちゃんのベッドで遊びながら観てます。助けてくれ国際救助隊!このバカおやじを救助してくれ。お題「おうち時間」

  • お題 「おうち時間」(書き直し)

    先日、クールな父ちゃんには似合わない怒りにまかせた文章書いちゃいまして、ちょっと反省。書き直してみることにしました。「いいね」とかのボタンを押してくださった方ごめんなさい。要するに、父ちゃんが言いたかったのは、不安をあおるだけのテレビ番組のかわりに、外出やめて家にいたくなるようなおもしろい番組放送してね。ってコトですよ。あと、こんだけいろんな事やめさせといて30万円ってどーよ?しかも、めんどくさい配り方。父ちゃんは貧乏だから30円だってありがたいけど、本気で困ってる人がいっぱいいるでしょ。こんな時だけ庶民感覚じゃダメだろ。太っ腹なとこ見せろ、安倍さん。つーか、どうせ自分のお金じゃないんだから、必要なところにばかすか配ったらいいのに……。お題「おうち時間」(書き直し)

  • wave 1/20機動歩兵

    待ちに待った機動歩兵が発売されました。外出控えて家にいるけど、することが無くて困っちゃってる人にオススメですよ。こういう箱に入ってます。中は、こんな感じ。組み立てるとこう。これは、接着剤を使わずに、ぱちぱちってハメ込んでこさえただけだから、部品と部品の間に隙間がありますけど、上手な人が、ちゃんと作れば本物そっくりの素敵なやつが出来上がるんですよ。(ま、本物は見たコトないけどね)いろいろ動かして遊べます。箱の絵とおんなじ格好にもできるよ。遊んでいたら日が暮れました。明日は、合わせ目を消す作業です。wave1/20機動歩兵

  • おかしい人

    道っぱたの空き地に、脚の短いおじいさんが働いてるのが見えました。ちょっとおかしくなっちゃうくらい短足だったんで、車止めて観察してたんですけど、よく見たら、浅い穴の中に立ってる普通のおじいさんでした。おかしいのは父ちゃんの方ですね。おかしい人

  • 納豆敷きご飯

    よくしくじるんですけど、一昨日も納豆を買い過ぎました。それで、いっぺんに2パックずつ食べてるんですけど、いつもの食器だと小さすぎて、かき混ぜにくい。そこで、ご飯茶碗に直接入れて、よく混ぜて、その上にご飯をよそる、というシステムを開発しました。名付けて、「納豆敷きご飯」新しい食文化の創造です。納豆敷きご飯なら、2パック分の納豆をわしゃわしゃ食べても口と鼻の間がかゆくならずに済むのです。でもアゴがちょっとかゆいです。納豆敷きご飯

  • 安倍さん。

    何か知りませんけど、マスクがもらえるんだそうですね。でもみんなは、怒ってるらしい。配ったら配ったで怒られて、配らなけりゃ、「この役立たず!マスクの一枚も配れねーのか!?」って怒る人がいる。大変だな安倍さんも……。父ちゃんは、別に安倍さんの味方じゃありませんけど、なんか、韓国の大統領みたいになってきちゃったのが、気の毒だ。つーか、あれか、日本人が韓国人みたいに怒りっぽくなって来たのか。アメリカの大統領選挙だと、国民受けを考えて、ネクタイの色決める専門家まで雇うらしいじゃないですか、安倍さんも、そういう人を雇ったらいいのにと思う。父ちゃんが安倍さんのブレインだったら、「そーり、ドヤ顔でマスク二枚配っちゃ逆効果ですよ、主婦は、とっくに手作りしてるみたいですよ、gooブログに書いてありますよ」って、教えてあげるんだけど...安倍さん。

  • お題 「新型コロナウイルス」 

    コロナウィルスって、うつったら大変な、じいちゃんばあちゃんを部屋から出さないでおけば、他の人は、外で遊んでも、オリンピックやってもいいんじゃないの?駄目なの?で、儲かったお金を、じいちゃんばあちゃんの世話をやく仕事の人のお給料にして、もっと育てておけば、来年また流行っても平気だし、高齢化社会も怖くないじゃん。テレビの感染者数発表する画面の横に、仕事がなくなった人の数も並べて見せてよ。最近、今みたいな空気のせいで、昔の人は「戦争反対」って言えなかったんじゃないのかな、って思ってます。お題「新型コロナウイルス」

  • ばか親日記 「父ちゃんのうわさ」

    群馬の実家にいる父ちゃんと、東京の家にいるママとみんみとの別居生活は、もう1年になりました。単に仕事がなくてぷらぷらしてた父ちゃんが、介護の必要なばあちゃんの世話をしてれば、みんな助かる。ってゆうだけの話なんですが、みんみの通う中学校では、「みんみの父ちゃんの不倫が原因で離婚した」とゆーうわさが立っちゃったんだそうです。うわさの出どころが、一番仲よくしてた子だったということもあって、のんびり屋のみんみも腹を立て、しっかり弁明してくれたそうです。「うちの父ちゃんは不倫なんか出来ねー!55歳で仕事もお金も無くって、しかもハゲなんだからな!」嫌な説得力がありますね。ばか親日記「父ちゃんのうわさ」

  • お題 「暇つぶし」

    みなさまおはようございます。毎日暇な父ちゃんにとって、「暇つぶし」とは、「人生そのものである」と言えますし、「人生とは暇つぶしである」と言い換えても差支えはありません。人呼んで「暇つぶしの達人」、父ちゃんの暇のつぶし方は、ずばり!「瞑想」です。ストレスの多い環境に身を置く皆様のためにそのやり方を説明しましょう。まずは、こたつに入って横になり、身体全体をリラックスさせます。呼吸を整え、宇宙との一体感を感じながらせんべいをかじったり、まんじゅうを食ったりしたらいっちょうあがりです。「人間は考える葦である」とは、パスカルの言葉ですが、「じゃあもぐらは?」とかの哲学的命題と対峙するもよし、「働かなくても食える飯」の開発など、人類の進歩に貢献するもよし。瞑想によって冴えた頭を使えば、どんな難問も即解決!そんな気分になれる...お題「暇つぶし」

  • 元祖・不安をあおる男。

    父ちゃんのあてがはずれて、ますます激しくなる一方のコロナ騒ぎ。普段から人混み大嫌いで、家の中でごろごろしてる事が多く、わりと綺麗好きの父ちゃんにとっては、今回の騒ぎは痛くもかゆくもなく、むしろ、「時代が俺に追いついてきたな……」ぐらいのもんです。が、ついに食料の買占めまで起こったそうですね。震災の時の事や、さかのぼればオイルショックの時の事などすっかり忘れてしまったのでしょうか。うちのママも、大騒ぎ派なので、「ワイドショー的な意見に煽られてはいけない」と、意見したところ、「おまえがゆーな」という趣旨のお説教を喰らいました。ママは、大事なことは忘れてるくせに、15年くらい前の「シンドラーエレベーターの事故にまつわる事件」を覚えていたのです。それは、事故直後、家族で出掛けてエレベーターに乗った時、HITACHIだっ...元祖・不安をあおる男。

  • お金持ちの人、ちょっと見てください。

    1200年の歴史のあるお堂の、復旧工事を計画してるんだそうです。ちょっとお金に余裕のある方は、ここポチして詳しい話を聞いてください。よろしくお願いいたします。お金持ちの人、ちょっと見てください。

  • この微妙な感じ

    先日、お線香をあげに行ったおばさんの家で、おみやげにと、森永製菓「おっとっと」をもらいました。微妙な嬉しさと哀しさを感じる、父ちゃん55歳、はげ頭です。せっかくもらったから今食べてますけど、ひとつひとつ何かしらの魚貝類っぽいカタチになってるので、なんか気になっちゃうんだけど、けっきょくみんなおなじ味。そして、ひとつずつが小さくて、うまくもなくまずくもなく。……微妙。ブログのネタとしても微妙。この微妙な感じ

  • ばあちゃんのこと。 苦役

    毎朝ばあちゃんを起こして、ベッドの上でオムツを替えてから車椅子に移すんですが、ばあちゃんも慣れて来たので意外とスムーズに作業が進みます。介護ベッドというのも実によくできているので、人が思うほどむずかしいこともないんですが……。パジャマ脱がして、オムツを取って、背中とお尻を濡らしたタオルで拭いて、パンツ型のオムツをはかせて、ズボンをはかせて、骨折してるところにプロテクターみたいなやつをくっつけて、ベッドの高さを低くしてから上半身が起きるよう背もたれの角度を変えて、座らせて、抱き上げて、車椅子に掛けさせて、「はい出来たあ!」って言うと、「お便所に行きたいな」って言う。👆これ!これが大変。今書いた工程を、パンツ型のオムツのとこまでぜーんぶ逆にたどって、やり直すわけですよ。むずかしくはないけどめんどくさい。賽の河原。ばあちゃんのこと。苦役

  • 虫の知らせ

    今朝起きて気がついたら、昨夜茶箪笥に飾ったケロロ軍曹の仲間が倒れていました。それは、みんみがまだこの家で暮らしていた頃、父ちゃんといっしょに組み立てたプラモデルです。離れて暮らしている娘の身になにか良くない事が起こったのではあるまいか……。いや、そうではなかろう。ケロロ軍曹の仲間は全員頭がでっかすぎるから、それが原因で、ただ単に倒れたのでありましょう。念のため電話で確認しようかとも思いましたが、「もしもし、あのさー、ケロロ軍曹の仲間の黄色いのが倒れちゃったんだけどさー———」「自分で起せ馬鹿」……みたいな感じで、せっかくのお休み中のママに怒られるとやなのでやめました。虫の知らせ

  • お題 「春」

    妹と二人で、父のお墓参りに行って来ました。手桶にお水を汲みに行ったら、睡蓮鉢に赤ちゃんメダカが元気に泳いでいて、「ああ、春だなぁ」と思ったけど、泳ぎ方がピョンピョンしてて変だったので、よーく見たらボウフラでした。びっくりしたので妹に教えてやろうと思って戻ったら、「何でこんなちょっとしか水汲んで来ないんだ、ボウフラより腹が立つ」と言われました。一刻も早く教えてあげようと思ったから水がたまるのなんか待っていられなかったというこちらの事情などお構いなしで、父ちゃんはがっかりですよ。蜘蛛の糸がたれて来た時どうすればいいかとか、長いお箸でご飯を食べる方法とかを教えてあげようとしても、水が少なきゃ怒られるんですかね。だからと言って、こんな奴の事はほっておこうと考えると、父ちゃんの分の糸が切れちゃうわけですからね、仏の道は厳...お題「春」

  • ばあちゃんのこと。 お便所に行きたい

    大腿骨を骨折して、車椅子生活になってしまったばあちゃんですが、頭も(生まれつき?)ちょっとボケているので、オムツつけてるのにお便所に行きたがります。ばあちゃんは、病気があるので手術が受けられず、脚は骨折したままなので、間違って脚に体重をかけさせたりしたら、一大事。ということで、簡単には車椅子から降ろしてあげられないのです。でも今日は、あまりしつこく「うんこうんこ」言われたので、(おしっこはともかく、ウンコの方は、お便所でしてもらえれば父ちゃんだって助かりますから)「よし、思い切って挑戦してみよう!」という気になりました。まずは、いろいろどかして寝室からお便所までの車椅子の動線を確保。そして狭い廊下を通り抜け、突き当りを洗面所へ向けて90度、切り返したり、後輪を持ち上げたりしながらむりやり曲がります。車椅子と洗面...ばあちゃんのこと。お便所に行きたい

  • お題 「ありがとう」

    脚の骨を折って、二か月以上入院していたばあちゃんが、先日無事退院となりました。入院当初は極端に血圧が下がり、「死んじゃうかもしれません」くらいの状態だったんですが、けろっと治りました。お世話になった病院の方々や、ケアマネージャーさん達には、本当に感謝感謝でありますが、父ちゃんが何よりありがたいのは、車椅子生活になってくれたばあちゃんのおかげで、仕事に行かずにぶらぶらしててもみんなから「じゅんちゃんは親孝行でえらいねえ」と褒められるようになったことです。お題「ありがとう」

  • お題 「ひな祭り」

    猫のももちゃんは、車に轢かれて後ろ脚が動かなくなっちゃって、糞尿たれながしですが、一応女の子です。今日は、ひな祭りなので、チャオちゅ~るをあげたんですが、「ぐふぅぅぅぅっ、むんがんが」ってホラーみたいな恐ろしい声を出して、袋を食い破るような勢いで食らいつき、父ちゃんの指もかじって大騒ぎしたわりには、中身がほとんど床にこぼれておきのどくさまでした。こすれて脚から血が出ちゃうもんだからオムツも出来なくなっちゃって、父ちゃんと一緒に台所に閉じこもって生活してるんですけど、相当なストレスのようです。そのあと、カリカリにチャオちゅ~るかけたごちそうをガツガツガツと食べまして、今は、お姫様みたいな顔して眠ってます。いい気なもんですね。昔話だったら、こんだけ献身的に世話をしてるんだから、大判小判がどっさりもらえるトコですが、...お題「ひな祭り」

  • 景気回復の兆し

    今、トイレットペーパーが買えないそうですが、これで景気回復だ!と思えば腹も立ちません。むしろ、販売業に従事している方は「高級車が足りなくなるらしい」とか、「大型家電が品薄だ」とかのデマを積極的に拡散すべきですよ。がんばれニッポン!アベノミクスバンザイ!!景気回復の兆し

  • コロナウィルスばか騒ぎ

    コロナウィルスの騒ぎでマスクが買えず、鼻水垂らしっぱなしの花粉症父ちゃんですが、今日は鼻紙も買えないという大変な目に会いまして、夕方からずーっとお風呂に入ってました。お風呂場は花粉が無いし、鼻がたれてもお湯で流せるから楽なんですよ。猫のももちゃんもお風呂に入れました。この先、人類が滅亡しちゃうんだかなんだか、どーゆーコトになっちゃうんだか知りませんけど、はやく、「あの頃は馬鹿な騒ぎ方してみっともなかったねー」みたいな話が出来るようになるといいなぁと、鼻水をすすりながら考えます。コロナウィルスばか騒ぎ

  • お題 「猫の日」

    暗闇の中にいる妹らしい人物に、ネコの砂を買い忘れたことを、ひどくなじられている。という夢を見ました。妙に生々しい現実感を伴った、不吉な感じの夢でした。凶兆?胸騒ぎをおぼえ、目を覚まします。そしたら枕もとにネコのうんこが3個ありました。お題「猫の日」

  • お題 「バレンタイン」

    今年のバレンタインはチョコパンでした。2月の8、9日に遊びに来てたみんみから、3粒しか入っていないチョコレートをもらいましたが、14日になる前にほぼ食べ終わりましたので、その日の分のチョコがありません。なのに、人様のブログを見るとあっちもこっちもチョコだらけの日で、無性にチョコ食べたくなりました。そんなもんコンビニに行けば買えますけど、バレンタインデーに自分でチョコ買うのはチョコっと恥ずかしいのでスーパーまで出かけて行ってチョコパンを買ったわけですが、そこのところの事情を悟られないよう、さりげなくあんパンとカレーパンとみそパン(群馬名物)も一緒に買いました。「モテない男はつらいなぁ」と思いましたが、今回ブログを書いてみて、モテない原因が何となくつかめました。お題「バレンタイン」

  • 病院にて 「まかせちゃいけない人」の巻き

    入院中のばあちゃんの所に行くと、部屋の向かい側のナースステーションの中に、いつも車いすのおじいさんがいます。何でそんなところに患者さんがいるのか、前から不思議に思ってたんですが、今日はそのおじいさんに呼び止められ、「すみません、ちょっとこの腕を引っ張って立たせてくれませんか」と頼まれました。夕食の世話で忙しい時間帯なので、看護婦さんが出払ってしまい、おじいさんは、困っているようでした。「まかせとけっ!」ってんで中に入り、差し出された両手をしっかりつかんで引っぱりましたが、意外と重くて動かない。よーし、もう一回!ってところに、血相を変えた看護婦さんが駆け込んで来て、父ちゃんは、やんわり追い出されちゃったんですが、どうやら、おじいさんはボケていて、立ち上がったらいけないのに立ちたがるからナースステーションに置いて見...病院にて「まかせちゃいけない人」の巻き

  • ばか親日記 「スカイプで授業」

    母親の介護の為、群馬の実家に単身赴任して来ている父ちゃんですが、ばあちゃんにかまけている間に、東京のママの家に住んでいる娘、みんみ(仮名中学一年生)が、「馬鹿すぎて大変!」という事態が発生していました。というわけで、スカイプを使った授業を始めて三日たちましたが、授業の準備がとにかく大変。そもそも父ちゃん自身、学校では右に並ぶもののないずばぬけたバカでしたから、みんみに勉強を教えるためには、まず自分が勉強しなくちゃならないわけです。みんみみたいなこじれた馬鹿は、説明をすんなり受け入れません。「なんで?」「なんで?」と聞かれたときの為に念入りな下調べが必要なのです。おかげさまで、命の危険を感じるほどの寝不足状態にありますが、中一理科「光の性質」に関しては、専門家並みの知識を身につけることが出来ました。で、遅まきなが...ばか親日記「スカイプで授業」

  • ばか親日記 「未来の技術」

    昨夜、群馬の父ちゃんの家と、東京のママの家が「スカイプ」というテレビ電話でつながりました。この21世紀の技術を駆使して、勉強が苦手なみんみの面倒を見るという計画です。朝の6時に起きて、1時間の授業という約束だったんですが、いくら呼び出してもつながらないまま、もう8時半。勉強も早起きも、どちらもまんべんなく苦手なみんみです。ばか親日記「未来の技術」

  • お題 「マニアフェスタ」

    「マニアフェスタ」?様々なジャンルのマニアが集う一大イベント。だそうですが、畑違いの○○マニアどうしが集まって、ナニするん?「わしゃあ盆栽が大好きなんじゃあ」「ああそうですか、僕はスーパーカーが大好きなんです」「ほー」つって、あとは無言で、帰路に就くのか?あまりにも意味不明で変な興味がわくぞ。お題「マニアフェスタ」

  • お題 「映画」

    父ちゃんは、怪獣映画が好きですね。「ゴジラ対ガメラ」を観てみたいです、つーか撮りたいですね。伊福部昭の重厚な音楽をバックに、本州の最北端、夜の大間崎に上陸したゴジラが、地方都市を破壊しながら南下。一方、自衛隊のレーダーは、高速で北へ向かうガメラの姿を捉えていた。地球最強の怪獣はゴジラか!?それともガメラか!?壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる!!かと思いきや、「やーひさしぶりー」ってな感じの二匹は、けっこう仲良しだった。という、奇想天外なストーリーではどうでしょう。お題「映画」

  • かっこいいもの新発売。

    父ちゃんの大好きな小説、「宇宙の戦士」に出て来る機動歩兵のプラモデル。もうしばらくしたらお店に並ぶらしい。ここんとこしばらくプラモデル作ってないので売り出されたらすぐ買ってすぐ作る予定です。これ、ロボットみたいに見えますけど、違うんですよ。兵隊さんが着て動かす「服」なんです。自分が動いた通りに動いて力を増幅してくれるという仕組みだから、ガンダムとかみたいに運転する必要はありません。アムロが歳とったら、「し、しまったぁ!ブレーキとアクセル踏み間違えたぞー!」ってなったり、黒い三連星が、ジェットストリームアタックで玉突き事故起こしたりってコトになったりするかもしれませんが、「機動歩兵」なら大丈夫!!せいぜい徘徊止まりです。日本政府は、さっさとこれの本物作って、自動車免許返納したお年寄りに配ればいいと思いますね。かっこいいもの新発売。

  • お題 「ラーメン」

    夜食のカップラーメンが出来上がるまでの3分間にブログが更新できるか挑戦中!!只今ブログの内容考え中。あー、もう3分!!更新できそうだけど内容がないよーお題「ラーメン」

  • お題 「新型コロナウイルス」2

    一週間に8回くらいお茶を飲みに来る百貫でぶの後輩がいるんですが、彼は営業という仕事のせいもあって顔が広く、あちこちから様々な情報を仕入れて来て、教えてくれます。で、さっきも「先輩知らないでしょうけど、コロナウィルスっていうのはね……」と、空気感染するわけではないので、テレビのニュースがあおるほど、怖いものではない、心配するな。という趣旨の長い話をして帰って行きました。間違った内容だったら、ブログ読んでる皆さんに迷惑かけちゃうんで、くれぐれも情報の出どころが、ばか父ちゃんよりもっとばかの百貫でぶというところに念を押しておきます。どれくらいばかかと言うと、「心配するな」という話を熱弁するあまり、広い顔の、広ーく開いた大きい口から大量の唾をまき散らし続け、「おまえが保菌者なら飛沫感染確実だ」と、父ちゃんを恐怖させるほ...お題「新型コロナウイルス」2

  • お題 「新型コロナウイルス」

    沈琳二胡女人花お題「新型コロナウイルス」

  • お題 「節分」

    歴史上、一番初めにマメ投げて、「オニわそとおおおっ」って叫んだお父さんは、すごいと思う。父ちゃんは、恥ずかしいからやりたくないよ。お題「節分」

  • ブログ開設から ちょうど3652日!!

    「続き希望」のボタン。よく見ると、「ワクワク」って書いてあって、両方の目がハートになってるんですね。そんなのを押してもらったとあっては、続きを書かないわけにはいくめえ。ってんで、ホントにこんなタイトルですが、「ちょーど」っていうのと、「!!」は、おしゃれのつもりでつけました。うるう年があったはずだから今日がホントの10年目かとも思ったんですが、1回目の記事の投稿日が2月9日なんですね、さっき気がついたんですけど。どうゆう数え方で今日が3652日目なのか?算数が苦手な父ちゃんにはよくわからないですが、本当の10周年は、まだ先のようでした。ブログ開設からちょうど3652日!!

  • ブログ開設から3651日

    昨日の記事に「続き希望」のボタンを押してもらえたので、なにか書こうと思ったんですが、タイトルだけしか思い浮かびませんでした。すみません。ブログ開設から3651日

  • ブログ開設から3650日

    「編集トップ」というページの左上の数字は、ブログを開設した日から何日たったのかを教えてくれてるらしいんですが、父ちゃんの場合、本日で3650日。約10年ですよ。開設当時3歳だったみんみも中学1年生、バイトやめる直前だった父ちゃんは、やめっぱなし。10年とは言っても、毎日更新してたわけじゃありませんが、それでも自分のブログをひっくり返してみれば、なんやかんやと感慨深いものがあります。最初はね、「ブログ」って馬鹿が書くもんだと思ってたんですよ、自分の日常をアカの他人にさらして喜ぶなんて、頭のおかしい人がする事だって……。だけど、試しに一つ書いてみて考えが変わりました。記念すべき第一回目の記事たいていの遊びは、みんなばかばかしいですからね、ブログ書くことが特別に馬鹿なわけじゃないですね。ってゆーか、人生そのものがばか...ブログ開設から3650日

  • おもしろい漫才師 2

    【公式】タイムマシーン3号漫才「行ったろ」おもしろい漫才師2

ブログリーダー」を活用して、torcha-nさんをフォローしませんか?

ハンドル名
torcha-nさん
ブログタイトル
TOY-TORCHA
フォロー
TOY-TORCHA
カテゴリー一覧
商用