chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
昭和38年男のプラモ奮戦記 https://blog.goo.ne.jp/kazcooper67

愛車のミニは67年式、そういう私は63年式!<br>大好きなミニとプラモデル…趣味の話だけのブログで失礼します。

プラモデル中心に毎日の生活を綴ってみたり。 昭和の頃のプラモに纏わる思い出話やら。 寄ってみて下さいな。

kaz君
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/04/14

1件〜100件

  • 黄色と緑、週末は迷わず黄色に乗っていた!

    何だろう、この週末の天気は…昨日までの曇天から快天だよ!って事でして。奥さんに給油を頼まれたし、緑を奥に移動しましてと、黄色でドライブするのです。いや、こう暑くなりますとコペンの快適さが良く分かってきます。何せ狭い?室内ですから、エアコンのスイッチ入れたら速攻冷却ですよ。車から降りる度にメガネが曇るくらい。コペンのボディってプラスチック(ドア以外)でしょ。こんな天気でも焼けたボディに触っても「熱っ」なんて事も無いしね。コペンで気になると言えば、ミニよりも路面の凸凹を拾ってるような。タイヤがベタベタし過ぎかなあって。この週末は、黄色と緑の出番多し、夏本番なのか、これで?黄色と緑、週末は迷わず黄色に乗っていた!

  • 週末の奇跡!

    それは土曜日の奇跡のような天気の話。7月の猛暑から一変、8月初めの週末は曇り空、気温は涼しめ。そうなったら、早速のドライブですよ。我が極地移動車の発進となりました。横開きのウィンドウを全開?しまして、それでも暑さは凌げましたとさ。やれやれ…週末の奇跡!

  • それも、これも無くなっちゃうのか!って話。

    ミル〇ークって6種類もあるんだ。何て感心してたんだけど。奥さんが言うには、物価高騰やらで、こういう主食でも無いものが給〇から消えるらしいって。確かに、これが無くても給食にはなるし。配る手間も減るから先生も助かると言うけど。これ、その程度の物だったのかなぁって。〇食の主役を食う事だってあっただろうに。子供たち、ちょっと可愛そうかなぁ…とは言っても、僕はミ〇メークの事を全く覚えていないけど…給〇の思い出と言えば…エン〇ルパイとかリッ〇にジャムとか、肝油〇ロップってのも…お菓子ばっかりだわ。それも、これも無くなっちゃうのか!って話。

  • マッチボックスM.G.TC⑥.5 結局、進んでないじゃん

    くれぐれも、これ40数年も前のプラモデルの話ですから、1/32ですよ。いやはや、今週は進まなかったなぁって。ほとんどパーツの下処理って言うのかな…ミジェットの前後サスは古めかしいリーフスプリング、このパーツが折れてたから補修したり。シートは、少しでも表情を着けたくて、伸ばしたランナーでディテール付けてみたりと。メッキだとカッコ悪そうなホイールのメッキを剥がして、塗装準備したり。歩み遅くて進捗は0.5ってとこかな。工作自体は楽しいんだけどね。マッチボックスM.G.TC⑥.5結局、進んでないじゃん

  • イース号帰還する

    車検に出してたイース号、今日引き取りに行きました。洗車してもらって、喜んでますね。点検の結果も良かったみたいで、一安心。今回は、ブレーキオイルも交換したし。イース号不在の約一日、お世話になった代車君。これまたミニが小さく見えますね(笑)うーん、夏場だしエアコン全開なのは分かるけど、出だしのモォーモォーって感じが馴染めなかったです。やっぱり慣れた車が一番って事でしょうね。納得の一日でしたと。しかし、暑かったなぁ…イース号帰還する

  • 模型店のショーケースにプラモを展示してくる話

    さてさて、昨日のフィギュアの完成報告の続きって事でして、いやー、今日も暑い一日でした。昨日は途中だったフィギュアのベースを仕上げましてと、ケースに収納してと、宇都宮の模型店に向かったのです。さて、ボークス宇都宮店に到着と、先週教えて頂いたコンテストに一品を持ち込んだのです。まぁ、それがフィギュアとスピードスターって事なんですよ。コンテストの事は先週ボークスさんで教えて頂き準備したわけです。試行錯誤のフィギュアとスピードスターを組み合わせたわけで、フィギュアと車をバランスよく配置できるようにベースを作ったわけです。間に合わせの一品でも、応募できるような懐の深いコンテストに感謝しましてと。キッチリと展示して頂きました。先週の事ですが、コンテストの事について説明してくれた富永様、今日は展示の間お世話になりました...模型店のショーケースにプラモを展示してくる話

  • イース号の、お目眼をパッチリとする、

    真夏に大活躍ってなると、イース君になるわけです。なにしろ夏場のミニは「走る蒸し風呂」でしょうからねぇ。そんなイース君は8月に車検の時期になるわけです。前回の車検って言うと、下関から帰ってきた日に車検だったから、うーん栃木に戻って2年が経過したわけです。さて、いきなり、イース君の車検ですが、今回も迷わずにスタンド車検となりました。低コストに半年点検3回付、更にはガス代値引きまで、うーん魅力あり過ぎ。さて、車検の前に僕がやっとく事ですが、ライト(カバー)の磨きをするのです。経年で黄色くなったライトを透明にするわけですが、スタンドで同時に頼めば〇千円で済むのにねぇって…「おいおい〇千円ってか」こりゃ、大金だわって事になるわけです。かくしてライトの磨き30分で完了しまして。イース君、しばし「お目眼パッチリ」顔にな...イース号の、お目眼をパッチリとする、

  • マッチボックス1/32M.G.TC⑥

    またしても画像一枚で失礼します。いやはやミジェットの工作は余裕無しが続くのです。「前々回と変わりないじゃん」って事も無くて、塗装部分を磨いたのです。毎度のことですが…32ですよコレ。小さすぎるから、今にも握りつぶしてしまいそう。前フェンダーの着くフレームの部分、マステを剥がしたら、フレームの細い所が2箇所折れちゃってました、トホホ。折れちゃった部分を除去しまして、0.8㎜真鍮線に交換しました。こう言う作業は嫌でも無いし。けどまぁ、組み立てとしては序章って感じかな。ウカウカしてたら7月終わっちゃうってば。マッチボックス1/32M.G.TC⑥

  • 1/24フィギュアに挑戦・続編③完成してますが…

    自身のブログを読み返してみますと、おいおい「明日には完成…」とかホイホイ言っちゃってましたね。それがまた、こんな事になっておりまして。ベースを作っちゃてるし、911と並んでるしで。フィギュアの方は、こんな感じです。デカール一枚貼りまして、艶消しクリアーでコートしまして。艶消し具合の調整って事で、全体を1500番のウレタンで均しておきました。これ、いい感じに仕上がります。さてさて、新造中のベースの方は、塗装の乾燥待ち。明日へ続くのです。1/24フィギュアに挑戦・続編③完成してますが…

  • 1/24フィギュアに挑戦・続編でプラモ小ネタでも。

    フィギュアの塗装で、毎回使ってるのがコレなんです。フィギュアって、立てた状態で塗装作業する方も多いと思いますが。僕の辿り着いた塗装方法は「寝かせて塗る」わけで。簡易なトレーを作ったのです。いやサイズから何から良い塩梅です。見た目の通りでして、マー〇リンの蓋にプチプチを両面で貼っただけですが(材料費タダってか!)ちなみに顔の書き込みする時は、フィギュアは逆さにして描き込むと楽なんです(あくまで個人の感想です)まぁ、こんな説明してても、明日あたりには完成かなって。1/24フィギュアに挑戦・続編でプラモ小ネタでも。

  • マッチボックス1/32M.G.TC⑤

    ミジェットの方は、ボディとなるパーツの乾燥待ちしてる間に、これまた楽しい工作が続くのです。MGのエンジンと言えば、当然の赤茶って事で、実車は純正カラーもあるんです(ちなみに僕のミニだと緑です)エンジンには、吸排系のパーツが付くわけです。ディテールは乏しいけど、形状は32なら上々で、艶消しの銀を塗るだけで雰囲気良いです。ウィンドウのフレームは、明るめの銀塗装しましたらヒケが目立ちますね…反省です。ワイパーは単純な形状なので真鍮線で作りました(ピロボールはゴメンなさい)そろそろ、お楽しみのクリアー磨きですね。マッチボックス1/32M.G.TC⑤

  • 1/24フィギュアに挑戦・続編②

    連休後の今週は、時間も短く感じましたね。自分は、近視に軽乱視ついでに老〇の三拍子。フィギュア塗装の時は、ヤケの裸眼で調近距離で作業しております。作業する姿は、誰にも見せることなく、知られることも無く…鶴の恩返し状態です。まぁ、進んだでしょ!週末で完成でしょう(予想)1/24フィギュアに挑戦・続編②

  • マッチボックス1/32M.G.TC④クリアーコートする

    さてさて前日と変わり映えしない画像ですが、大きく違っていまして。先日ボディカラーに塗装したボディ、一晩乾燥させましてと。パーツ全体を1500番程度で磨くのです。塗装時に着いた埃らも、この時に削り落としてと。それからクリアー塗装になるわけでして。クリアーはクレオスの物、3倍程度に薄めた物を厚めに吹き付けて終了。今回は、ちょっとしたチャレンジって事で、メッキを剥がして銀塗装しました。ウィンドウのフレームは、ワイパーのモールドを削り落として、タペットカバーはメッキを剥がしただけ。銀色はガイアのブライトシルバー、かなりギラギラとした塗料。下地に黒塗装してから、銀塗装した。今回のガイアのシルバーだけど、他のガイア塗料より割高だった(値段が貼ってあって。分かりやすかったけど)同じサイズの瓶に入ってても、色によって値段...マッチボックス1/32M.G.TC④クリアーコートする

  • マッチボックス1/32M.G.TC③いよいよ塗装です。

    この週末、僕はミジェットのボディカラーを買いに行ってきたのだ。この2色を選んできた。74番は飛行機用みたいだけど艶有りだから、僕の作るプラモでは定番の色。でも色番号を記憶していない事が多くて、模型店で探してる始末。後は、ギラギラ感のあるシルバーで、後ほど報告します。さてさて、塗装に入るんだけど、74番をそのまま塗ると、下地のサフの影響で暗めになってしまう。と言う事で、明るめに調色する。これ単純に白を3割くらい混ぜちゃう。こんだけ白を混ぜても、色目は大きく変化しない色なんですよ。さて、吹き付け作業に入るんだけど、途中の写真は撮れませんから。74番は、下地を隠すのも早くて、数回塗り重ねれば良いわけです。吹き付け→乾燥って感じで4回程度重ねまして。10分も乾燥機に入れたら、次は、クリアーを重ねるのです。クリアー...マッチボックス1/32M.G.TC③いよいよ塗装です。

  • 7月でもミニには乗るぞ!

    この週末って、曇り空でして、有難いことに猛暑は避けられてるわけでして。そうなるとねぇ「最近、金の飾りを着けたらしいミニの出番」なわけですよ。いや、久しぶりだし良いねぇ。スライドウィンドウの窓は全開にしてと、行ってきましたセイワ模型さん。今日は、少しばかりの塗料の買い出しに、新製品情報とか見て聞いてと。これは、某郵便局。昨日から何やら駐車場で工事してたと思ったら…「これ、埋め込んでたんだ」ってね。車止めって言うのかなぁ。何か月か前に、ABペダル間違えて踏んづけた車に、突っ込まれたから…これなら安心かな?「どうせなら黄色にすれば良いのに」なんて思ったりしながら。ミニじゃ、足元の車止めブロックを乗り越えるのも無理だろうねって(笑)また、猛暑の日々が続くだろうから、ミニでドライブ出来た奇跡の週末に「ありがとう」で...7月でもミニには乗るぞ!

  • 探し続けた、僕の憧れのような漫画の話。

    この漫画を初めて読んだのは中学の時、キャラ設定やストーリーは映画みたいなのに、キャラクターは可愛くて、ギャップが凄いなぁって。社会人になってから、また読んでみたくなり、古本屋で探したりして、50過ぎて秋葉の〇んだらけで、呆気なく入手しまして。「ピンクパンチ雅」は元々はジャン〇連載だって分かりまして、うーん確かに少年漫画だよなぁって思うわけです。コミックを入手して分かった事は「ブロン〇ンだったかぁ」って事でして。そりぁ、面白い話だったわけだ。それよりも、僕の好きなのは主役の雅ちゃんでして、スタイル良いし、丸くて可愛い顔立ちだしって。ううん?丸い顔?プラモでも似たような話をしてたよなぁって。好きな物は変わらないみたいですよ(笑)探し続けた、僕の憧れのような漫画の話。

  • 松本漫画を何度も読み返してきたわけだ。

    最近は正直に言うと、漫画だって読んでないし、本を開くことも減ってしまったんだけど。今でも、好きな漫画家さんと言えば松本零士さんに尽きるわけ。中でも一番と言えば「ヤマト」でしょ。このコミックは、何度無くしても、また買ってくるって繰り返し。「ヤマト」が面白いのは、松本先生が幾つもの傑作を出してから書かれている事。すべてに完璧なのだ。当時冒険王で連載されて、アニメの打ち切りと同じに連載も打ち切られて。コミックは新たに書き起こされて完結されてる。いやはや、初めて読んだのは小学生の時だったかな、今読んでも、面白さは変わらないと思うのだ。隣のは、少し大人っぽい漫画でして、僕が就学前に描かれてた漫画らしい。僕は50過ぎてから全巻読みまして、今まで知らなかった松本零士を知ったわけ。よくよく見れば、同じポーズでしょ(笑)こ...松本漫画を何度も読み返してきたわけだ。

  • ミニのアレが金に変わってた話!真夏の悪夢か?

    炎天下にミニのに乗るのは地獄のごとし。この数週間は記録に残る猛暑日和。そして、今更の長雨だっり。さてさて、僕はミニに乗れないまでも、ミニの変化に気が付いていたのだ。皆様は、この写真を見て「ミニの変化」に気が付きましたか?これは、僕にとっても驚きでしかないけど。「では、正解です」て分かりました?ホイルアーチ部分のサイドモールが金色に変色してたのです!去年の4月に交換したパーツなのに!この数週間、ミニを見てると「金色に見えてるような…」なんて思っていたんですが。今日、結構涼しいみたいだし、子供とミニでドライブしまして。その時にマジマジとサイドモールを見ましたら…「金になってる」って、しかし「銀色から金色に変色」するなんて、交換して1年半だしね。ちょっとだけ、モールが金色のミニを見かけたら、笑わないでねと。ミニのアレが金に変わってた話!真夏の悪夢か?

  • マッチボックス1/32M.G.TC②塗装前の準備まで

    いやはや、先に言っちゃいますが「ヤバいの作り始めたな」って。何しろ難しい、けど面白いのだ。少しばかりディテールを追加したわけ、リアフェンダーと幌カバーに。0.3プラ板の細切りとか、伸ばしランナーを貼り付けていく。スケールも小さいから、そこまで工作する腕も無いしね。まぁ、雰囲気出てれば良しとします。ここまで出来たら、ボディカラーのパーツを集めて塗装の準備をするのです。コクピットの裏側や、シャーシフレームは、後々の工作も考えてマスキングするわけです。キットの塗装指示では、少し不安もあるので、今回は実車の画像(レストアで検索)を参考にしたり。で、下地のサフまで吹きました。サフは、いつもと変わらずのグレーです。下地を隠すのに良いですね。コレで32ですよ、コクピットなんて複雑な形状過ぎて吹き付け大変でした。今回も厚...マッチボックス1/32M.G.TC②塗装前の準備まで

  • 1/24フィギュアに挑戦・続編①

    先週だったか、懲りずに24フィギュアを作ってる(塗ってる)事を話したけど…一日30分、チビリと塗ってるのだ。左が水曜で右が木曜…で、今日は進んでないし。世の中には、こんなに小さな目玉にハイライトを何個も描きこむ強者もいると言うけど…とりあえずは、思ったような顔になってるから良いとしよう。で、まだまだ続くのだ。1/24フィギュアに挑戦・続編①

  • MATCHBOX1/32M.G.TC

    このキットを入手したのは2年前の8月の「語れ会」での事。キヨさんに頂きまして。前も書いてるけど、マッチボックスを知ったのは中学生の頃だか、都内の模型店で見た程度だけど。少し小さ目な箱で、スケールが小さいって事を覚えている程度だった。マッチボックスはオモチャのメーカーってイメージが先行してて、プラモデルが欲しいって事も無かったわけ。キャラメル箱になってて、裏側には窓が付いてて、中身が見える工夫が面白い。1/32のスケールだけど、英国では普通なのかなって、飛行機もミリタリーも共通のスケールだったり(エア〇ィクス)もかな?)ちなみにM.G.TCは英車好きなら気になる車。英国人大好きな直4気筒エンジンのスポーツカーだし。ランナーを並べて見る。32としてはパーツ数は多め。成形色が綺麗なのもオモチャ的だなって思ってし...MATCHBOX1/32M.G.TC

  • そんなハムさん、ペットの事情

    皆様、ご無沙汰しておりました。我が家のハムさんカラメル君ですが。2回目の夏を迎えております。今日は、ゲージの掃除の日なわけで、少しばかりゲージから出て運動もするのです。なにしろ、全身が長毛に覆われてるわけですから、夏の暑さは厳しいのかなって。昼間は、場所を移動しつつ、常に仰向けになって寝ております。そんなハムさん、ペットの事情

  • マッチボックス1/32M.G.TC ①いよいよ開始です。

    既に報告しちゃいましたが、マッチボックスのミジェットの工作を始めています。ちょっとだけ、取説無視してボディカラーに塗るパーツの組み立てをスタートしていまして。コクピット周りは、床板に側面と後ろのパーツを接着したり、組み立てを楽しませてくれます。フレームの上にコクピットを載せてみてと、ようやくミジェットらしく見えてきたと言うのかな。コクピット周りを組み立てていて、時に凸モールドが削れてしまったり、昔の僕なら慌ててしまうだろうけど。無くなった凸モールド程度なら、プラ板貼ったりして再生したりとか。いや、大人になったなぁって。燃料タンクは、ヒケをパテ埋めして、ガスキャップは、切り離して再接着しました。ようやくの取説①の組み立てに、エンジン回りから組み立て始めるのです。エンジン左右は、タミ〇白で接着、接着面に段差も...マッチボックス1/32M.G.TC①いよいよ開始です。

  • プラモ小ネタを。溶きパテを考える。

    最近は、フィギュアとかもチャレンジしてて、溶きパテを使う率も増えておりましてと。そうそう、こんな感じで、傷を埋めつつ表面を均したい時に、溶きパテを塗りましてと。ウレタンのヤスリで、不要なパテを落としたいわけですが。溶きパテって言うのは、タミ〇パテなどを溶剤で薄めて、筆塗り出来るようにしたパテなんですが。これがまた、ウレタンヤスリだと、パテの粒が残ってしまって凸凹したりで、上手くいかない事が多くありましてと。これ、原因を考えますと、パテの粒子にバラツキがあるような気がしまして。こんな方法を考えたのですよ。小皿で溶きパテの粒子が均等になるように、パテの粒子を磨り潰してから、塗り付ける事にしたのです。時にパテは乾燥しますから、都度、溶剤を添加しながら作業するんですが。溶きパテの乾燥後に、ウレタンヤスリで磨いてい...プラモ小ネタを。溶きパテを考える。

  • これまた、間抜けな食玩話を

    最近、まんだら〇に行く時に、ちょっとした小物を見持ち込んで買取を楽しんでいるのだ。その昔の食玩商品とかでダブってるのとか…で、今回はコレ、茶魔ですよ。年代から言えば、食玩生誕当たりの商品かなと。箱に金色使ったり、証紙だって貼ってあるし。箱はテープ止だし。まぁ、評価額の方はノーシン印と交換できたくらいでして、僕の評価よりは上々。さてさて、気になる中身の方はと、当然ながら無塗装のエンビ人形が数個入ってる。茶魔と言えば、必ず亀は入っていましたね。後は、シールが一枚。丸いのがゴロゴロしてるのはラム〇ですね。これをチビヂヒ食べながら楽しんだわけですよ。塗装なんて無くても、想像力でカバーしてと、それが昭和のチビ〇コだったのだ。これまた、間抜けな食玩話を

  • バリはサービスだから。ノーシン印に驚愕するのだ。

    ついに「ノーシン印」のチープキットを入手しまして。いやー味わい深いわけですよ。今回のマクラーレンは、元は童友社のキット。幼少期に作った記憶がありまして。凄く精密だったような…いやー、袋からランナーを取り出して見ますと「これは、半端ないねぇ」って分かりますか。タイヤパーツも、メッキのパーツもバリが成長していました。しかも、パーツの偏肉も所々にありますし。いやはや、頭痛が…なんて言ってもねぇ、ノーシン飲んでから、組み立てましょう。バリはサービスだから。ノーシン印に驚愕するのだ。

  • 今日のお買い物!待ちに待ったぜタミ〇さん!

    7月に入ってから、台風接近やらで少しは涼しいんだけど。今日は関係ないのだ。今日は、午後から宇都宮に買い出しに行ってたのだ。目的は一つだけ…二つ星の新製品。イエ〇ブにて購入しました、このパッケージだもんなぁ。「偵察セット」だからね。家に帰ってと、箱を開けると、最近のタ〇ヤフィギュアの独特のパーツ割りですよ。歩兵ならではの装備品から小火器も、別ランナーで並んでいましてと。ちなみに、この手の「小さ目モデル」は日本製なんです。これ、作りたくて、少しずつフィギュアの塗装とか練習したんだけどねぇ、いや小さい。さてさて、あと一つの買い物は、まん〇らけで、チープそうなキットを入手したのです。ヤフ〇クとかで時に見かける「ノーシン印」のプラモでして、入手したのはマクラーレン(68年頃の)ノーシン印のキットは、往年のチープキッ...今日のお買い物!待ちに待ったぜタミ〇さん!

  • 煙に巻く話を

    さて、今回はオチの無い話でも、コレ、何だか分かりますよね。多分、男女関係なくみんな遊んだって思うんですが。何年も前に、子供と遊ぼうと思って買いに行きまして、勢い余って1束買っちゃったりして。煙の駄玩具と言えば、僕としては「タバコ猿」が好きでして。猿の口に、付属の煙草を差し込みましてと、点火してやれば、猿が煙をプカプカと…うーん、今にして思えば、火を使うし、喫煙してるし、教育要素はゼロ以下かも…よくよく、台紙を見ますと、日本製だしパテントまで!いやはや、恐れ入りました。煙に巻く話を

  • 今週の事ですが、

    今週の事を書いておこうと思いまして、僕の部屋には、当然の事?だけど空調なんて無いのだ。そりゃ、当然だってプラモしか作らない部屋には贅沢は許されないわけです。夜の涼しい時間帯に、少しずつプラモを作っていたのだ。これこれ、前からトライしたかった奴でして…仮組ばっかりしてて、ようやく、この程度。これは、もう接着しても接着しても、パーツが減らないような気がしてきて。ハセ〇ワの24お姉さんでして「もう一体、欲しくなったから作ってる」わけですが、毎日、チビリチビリと進んでるだけだから、うーん完成が見えてこない。どちらも「先が見えないような…」真夏の夜の、怖ーいプラモの話って事に。今週の事ですが、

  • 君の町の矢島模型店を探そう!

    「量産型〇コ」を見てしまったのだ。面白かったし、その昔を思い出すような…トム・ソーヤのオジサンに「丁寧に作れば、愛着湧くよ、お前」とか言われてたよなぁ…僕の気になるのは矢島模型店!確かに癖は強そうだけど、模型店って、アレが普通だよなぁとか。そうそう、君の町の矢島模型店は、どんな所ですか?みんなで自慢出来たらいいなと。僕の矢島模型店はズバリ「セイワ模型」ですね。普段は、物静かな店内だけど…一つ質問すれば、色々と教えてくれるぞ。模型店の敷居を下げる方法は簡単!店に入る時に「こんにちは」って挨拶だけ。日本人で良かったなぁ。君の町の矢島模型店を探そう!

  • 水温計は大切だぞって話。

    この一週間の猛暑、参っているのは人間だけではないのだ。我が家のベタさん、水中で昼寝して…とか思ってたら。朝から水温30度超えか!普段は25度くらいが好みなわけでして、オイオイこのままだと火傷しそうな。と言う事で、最近は、二階の踊り場に避難。ここなら日中の太陽光線も無いからねと。こんなに小さな水温計ですが、ベタさんとのコミニケーションツールなのです。要注目だ!水温計は大切だぞって話。

  • 3D出力フィギュアの御報告

    そう言えば、3D出力されたフィギュアの事でボヤいて2.5カ月も経ってるけど。とりあえずは、塗装して形になってます。ヘルメットから爪先まで「赤」にしました。ちょっと羽馬チックだな…とか自己満足。これ1/35で小さすぎましたよ。3D出力フィギュアの御報告

  • 献血に来た

    半年振りに献血に来た。何だか、早く終わりました。とりあえず90回目だったみたい。多いのか少ないのか?献血に来た

  • チョロ〇をリペイントする③

    さてさて、ボディの塗装をしてから一週間、しっかり乾燥したボディを磨くのです。ペーパーは1500番から2000番で均しましてと。ピカールにタミヤ青コンパウンドで磨きます。一度磨いたボディは、これからの彩色も楽に進みますし、何しろ汚れが点かなくなるんです。細部の塗装も完了、ズラリとパーツを並べてみました。この2000GTでは、ヘッドライトが開閉するギミックが入っています。ウィンドウをボンドで、ワイパーは瞬着で接着、最後にボディとシャーシをビス止めして完成です。今回は、これにて完成。いよいよ出品ですね。チョロ〇をリペイントする③

  • イース君のワイパーゴム交換しました。

    梅雨時に気づくのがワイパーの寿命でして、今日こそはゴム交換するのだ!ってねぇ。近場のビバで替えゴム買ってきまして。晴天だし、早速交換となりましたが、焼けたガラスに焼けたワイパー、仕方なく軍手で作業となりました。夕方で良かったかも。イース君のワイパーゴム交換しました。

  • COSTCOへ行こうぜ!

    昨日は、地元コストコのオープンだった。こりゃ、日記に書いておかないとね。仕事終わって、僕と娘さんとで歩いてコストコに、店内でお母さんと待ち合わせって事で。運動兼ねて、歩いて行けるってのが嬉しいような。当日の事は、メディアでも取り上げられて、御存知の方も多いはず。まぁ、近所に楽しみが増えたって事で。しばらくは、遠くから眺めていようかなって。ココは一つ、久しぶりに歌うしかないでしょうね。「コストコ通り」(斉藤〇義オリオン通りの曲で)夕暮れのコストコ通りは、駐車場待ちの車で渋滞。田舎町の一大イベントの始まりさ…僕たちは仕事上がりに、歩いてコストコへ向かう。イオンを横目に、カインズ横を素通り。コストコへ行こう、激混みの店内に。お祭り騒ぎの始まりさ…お後が、よろしいようで…COSTCOへ行こうぜ!

  • それでも株主なんだから

    今年も、当然のように届いた手紙。何しろ、今の時代でも手紙で届くのがコレでして。会社にいた頃に、総務のお姉さん(姉と同じ年だったか)に「おこずかいの貯金」と言う事で、積立してて10数年。退社した時に〇口分の株になった、いや微々たる金額だろうし、そのまま持っとけばイイや。なんて調子だけど。一年に2回ほど「プラモが買えるおこずかい」を頂けて、奥さんには食事券も。何だか嬉しいわけ。一応、それでも株主だからね。それでも株主なんだから

  • 君を知ってるぞ。

    散歩道で、色の着いたマンホール蓋を発見したのだ。地元のキャラでして、地元名物?のカミナ〇がモチーフなのだ。かれこれ30年も前の話、地元に博物館が出来るって事で、そこの土産用にキーホルダーを作るって仕事をしまして。原形手配して金型を中国で作ったり、塗装指示したりと、彼の事を隅々まで知り尽くしてるはずだけど…アレレって、確か、上半身は裸だったような…時代が流れて裸はNGになったとかか?でも、カミ〇リさんで、水色のシャツって言うとブーさんのアレか?他にいるのかな?皆様、如何です?君を知ってるぞ。

  • それでも、ヒマワリは咲く!

    庭先のヒマワリが咲いたのです。これ、4月にトヨタさんで種を頂きまして、そのまま植えただけ。確かに「小型のヒマワリ」と書かれていただけありまして、地上20センチくらいで咲いています。「どうして、ヒマワリなの」って言われそうですが、我が家のハムさんの食事にならないかなぁって。これぞ、産地直送ですよ。そのうち種が出来たら報告しますね。それでも、ヒマワリは咲く!

  • 911SPEEDSTER再び!

    では、早速「一番お姉さん」と911スピードスターで記念の一枚と…911作ってる時には構想はあったんだけど。ようやく実現しました。お姉さんの服は911と同色で、BOSCHのデカールも車と同じものを貼ったのです。個人的には「ちょい足しフィギュア」ってのは、好きでは無いって方でして、フィギュア作るなら、きっちり車に合わせた仕様にしたいと思ってました。これなら、作ってて面白いし、またチャレンジしたいですね。911SPEEDSTER再び!

  • 1/24フィギュアに挑戦

    ここ最近は、フィギュアばっかし作ってた(塗ってた)気がするわけでして、ハセ〇ワの1/24フィギュアの中から「一番お姉さん」を作ってみたのです。コレは原形から作られる、昔ながらのプラフィギュアなわけです。元々は2体セットですが、単体で使いたいので、ポーズを少し変更。足の角度を少し変えて接着、パテで均してと。ピンクのサフを塗ってペーパーで表面を均してから、肌色の塗装をしたわけです。無駄に明暗をつけないのがトレンド(何の)だとか。肌色まで塗れたら、ほぼ成功って感じ?でして。髪と服の下地(メインカラー)はラッカー系を使いまして。表情や服の明暗などは、エナメルで描きこんだり、綿棒で修正しながら進めます。ハセガ〇のフィギュアは、見た印象通りでして、表情の書き込みとか僕でも何とか出来ました。今回は、あのクルマの横に飾り...1/24フィギュアに挑戦

  • ガルマ様~⑥にして最終回だ!

    まずはと「ガルマ私からの手向けだ、二人で仲良く飾ってやろう」なんて…ベースに固定しての二回目の完成。この二人の組み合わせって、40年以上も経つのに「プラモ界のベストカップル」と私は思うのですよ。高校生の頃に作った二人のフィギュアも、こんな感じの升目パターンのベースでしたね。あの頃って、プラモの飾り台なんて模型店で、プラ成形の安っぽいのしか思いつかなかったけど。さて、最終回って事で、イセリナ嬢の制作でも。今更、参考になるかどうか分かりませんけど。イセリナ嬢の造形で気になるのは、アゴのラインでして、少しだけ削ってやると、アゴがスマートになります。両手は、肘の部分でカット、真鍮線を通して延長しております。接着面が広いので、塗装した後に接着しました。瞳のグリーンに黄色の髪は、明るめに塗りました。ドレスはラッカー系...ガルマ様~⑥にして最終回だ!

  • ガルマ様~⑤ベースを作るのです。

    さてさて、ガルマ様とイセリナ嬢の為に、ベースを作ってみました。こういう作業は久しぶりです。ジョイ〇ルで、ちょうど良さそうな飾り板を買ってきましてと。板の方は、ペーパーで均してからニス仕上げ。フィギュアを飾る部分については、僕の作る飾り台では恒例の、升目パターンにしました。お二人のフィギュアを仮置きしましてと…サイズも良い感じでしょ。升目パターンの部分は、プラ板の貼り合わせです。規則的なパターンだけど手加工っぽい所を出すと楽しいですね。表面は、液体接着剤を叩くように塗り付けてテクスチャーを着けてます。そのままサフ吹きしました。プラ板と板材の接着なので、ゴム系ボンドを使用します。ボンドを塗って貼り合わせたら、重しをして固定してと。塗装はラッカー系で、中くらいの丸筆一本用意しまして、暗めのブルーグレーを全体に筆...ガルマ様~⑤ベースを作るのです。

  • チョロ〇をリペイントする②

    さて、チョロ〇の2000GTの方ですが、ボディカラーにクリアーを塗り重ねまして、乾燥してます。梅雨の時期ではありますが、一週間もあれば乾燥しますから。それから作業再開ですね。で、クリアーの乾燥待ちの間に、ワイパーを作ってみました。2000GTのワイパーって独特の形状ですね。材料は、0.3の真鍮線で、、窓枠に合わせて曲げてから半田付け、ヤスリで平らにします。ボディにも0.3の穴を開けましてと、取り付けの確認まで。しばしの休憩。チョロ〇をリペイントする②

  • チョロ〇をリペイントする①

    久しぶりに出店はしたんだけど、変わり映えしないって言うのかな。新しい物も無いし。と言う事で「何か作ろう!」と考えまして、作業場の机の引き出しをガサガサと探しまして。良さそうなのがありましたね。チョロ〇ですよ、2000GTだもんなぁ、かなりな年代物みたい。とりあえず、ゼンマイも元気だし、バラしましてと。ボディは軽くPL落として、ペーパー掛けて、一気にサフ吹きまで。翌日は、サフを軽く磨きまして。ボディ塗装は「白」1番と69番を混ぜた色で一気に塗っちゃいました。リペイントなんて簡単に始めちゃったけど、これから地味な作業が沢山。完成目指して行きましょう!チョロ〇をリペイントする①

  • 梅雨前の休日のミニクーパー

    6月も中旬だし「イヤーな梅雨」もあと少し。そんな昼下がりの事でも。個人的なボヤキになるけど「雨の日のミニは惨めに見えるんですよ」少しばかり前傾姿勢だからかな…以前は気にならなかったけど、最近は「雨の日」には、あまりミニに乗らなくなったのも事実だし。まぁ、グダグダ言ってるよりは、少しでも快適に走れるように、転ばぬ先の何とかですから。まずは、オイルのチェックでして、少し足しておきました。この数年は、このオイルですね、少し柔らかめ。ミニの年式あたりの車って、オイルが少しくらい減っても、足しちゃえば良いから…みたいな感じありますね。いつものように「油と水」の減り具合とかチェックしてと。今日はプラグもチェックしたんだけど。よく言うのは「プラグはキツネ色に焼けるのが良し」って感じですが、僕のミニは「キツネ色なのにカブ...梅雨前の休日のミニクーパー

  • 久しぶりに開店します!

    おいおい、何を開店したの?言われそうですが。我が模型部屋にある「行き場のないミニチュア達」の新たなオーナーを求めて、手作りショップを再度、回転しました。品物としては、小さな物を選びました、プラモじゃないんです。小さい物に、どれだけ拘れるか。品物を手に入れて感じて頂きたいと思うのです。とまぁ、カッコイイ事言ってますけど、まずは冷やかしにいらしてくださいね。プロフィール下の[ショップの商品一覧]から入れますよ!久しぶりに開店します!

  • ガルマ様~④完成の報告を

    前回の画像で、ほぼ完成してたわけですが、細部の書き込みも完了しまして「あえて言おう、完成であると!」ガルマ様の制作をスタートしてから2週間ほど、久しぶりのガンキャラに集中しちゃいましたね。最後の作業は、ガルマ様の軍服の柄刺繍ですが、エナメルでチマチマと塗るんだけど、あっけなく終わった感じ。今回のガルマ様は10代の頃に作ったフィギュアに再挑戦って事でして、実は、まだ完成していないのです。あと数歩足りないかなって、そう考えたら、今回は第一回目の完成って事になるのかな。さて「上手くなったら、ガルマとイセリナのペアを、もう一度作りたい」と考えていたのは、僕が20代の頃からか。ガンダムのフィギュアに夢中になったのは高校生の頃か、1体百円の人形を幾つも作った思い出があるが、最後に作ったのが、ガルマとイセリナだったわけ...ガルマ様~④完成の報告を

  • ガルマ様~!③とりあえず、進んでます。

    さてさて、今週は夜な夜な、我がガルマ様を塗り続けていたのです。まだ終わっていないのです。今回、手を焼いたのは「例の透明プラ」でして、接着してる部分が、エナメル溶剤で骨折しちゃって…軸打ちするのも難しいし、困った時の瞬着頼みとなりました。けどまぁ、強度は無さそうです。先週も書いてたけど、こんなに時間掛かるかなぁって。基本色はラッカー系を使いまして。それからエナメルで、明暗を書き込んでみたり。毎日、工程ごとに艶消しクリアーを吹いて終了。こんな塗装方法なんて、10代の頃の自分じゃ想像つかないよなぁ。そうそう想像つかないと言えば…塗装の参考になればと思い、改めてTVシリーズを見ちゃったのだ。面白過ぎて最終話まで。アラアラ…10代の頃だと、参考にしたのは浪漫アルバムに映画パンフだか。けど、あの頃の情熱には敵わないか...ガルマ様~!③とりあえず、進んでます。

  • 上野に白黒を見に行く!

    今週末は、奥さんのイベントが2連発!日曜日は、上野に行く事になりました。何しろ、上野の双子パンダを見るのは抽選らしくて、何回も挑戦して、ようやく当たった?らしいのだ。上野動物園なんて、〇十年ぶりだろうか?栃木からの大移動、開園早々には入場してんだから。行った方なら分かる話だけど、パンダ舎は3つありまして、双子以外は並べば見れる!当然行列だ!初めに見たのは彼女、どんなポーズでも絵になります。僕としては期待通りのポーズでした。いよいよ双子のパンダを見たわけですが…シッカリとポーズ取ってくれました(けど、双子の一匹は写ってないけど)奥さんと言えば、写真も撮らずにパンダを見てたらしくて満足したような。久しぶりの上の動物園は「白黒づくめ」でした。しかしまぁ、華のある動物ですね。上野に白黒を見に行く!

  • ガルマ様~!②顔まで塗った。

    いやはや、この週末は、のんびりとガルマ様の塗装をしていたのだ。ガルマ様は、改めて下地をグレーのサフに変更。この人顔色悪そうだから、グレーの上から肌色を吹き付け。さてと、顔の塗装から始めたんだけど、何しろ軽く40年前のフィギュアなわけでして、いやディテールとかねぇ。その昔を懐かしんでの塗装となりましたよ。で、この土日では顔まで、いやー10代の頃の自分なら完成してるだろうなぁ…なんてボヤくわけですよ。このフィギュアは1/20って事になってるけど、身長が1/20らしくて、頭とか小さい事に気づくわけです。多分1/24より小さいかも!ってねぇ。軽い気持ちで始めたのに、これまた迷作まちがいなしって!僕は、生きのびる事ができるか…ガルマ様~!②顔まで塗った。

  • 43プラモ讃歌②450SL制作後記

    今更感もありますが、450SLも完成したし、制作した感想とか書いとこうと思いまして。エレールの43は、僕ら世代ですと入門用って位置づけのキットだったし、僕も高校性の頃は5百円で買える輸入キットって記憶がある。450SLでも、ボディと成形色のランナー2枚と、クリアーパーツ程度。エレール43の典型のような内容。さてさて、そんな450SLだけど、組み立てから苦労する事になる。仮組は必至でして、特にボディ前後のパーツやバンパーの接着は、塗装工程も考えて接着する。SLならではの組み立てとなるのが、クリアーパーツでして。今回は、先にフロントウィンドウを接着してから塗装している。一体式のハードトップは、あえて接着せず、取り外して遊べるようにする。古めのベンツを意識して、ハードトップの塗装はボディと別色の「黒」を選んでみた。ち...43プラモ讃歌②450SL制作後記

  • ガルマ様~!①

    買ってきたら透明だったガルマ様ですが、気にせず作ってみるのです。ガンダ〇のフィギュアだぜ、あの頃は10代だもんなぁ。遥か昔の話に感じますよねぇ。「模型世紀78年、僕の部屋では…」とか。まずは透明樹脂の攻略と言うか、ABS系接着剤で着けてみた、ディテールの確認したくて、たたきパテを塗り付けてみた。さらにペーパーを掛けてみたり。体にウェルドがあるけど、サフとか吹いていけば、適当に消えるかなって。肌色のサフを吹いてみた。これで全体のディテールが浮かび上がってくるわけです。いやー、懐かしい顔に「ご対面」ですよ。しかし、時代は変わりましたねぇ、サフとか吹いてるし。10代の頃の僕なら、一気にアクリルで塗っちゃってましたから。当然、ガルマ様だけじゃなくて、ヒロインも必要ですから。同時制作ですよ、緊張しますね。この二人の組み合...ガルマ様~!①

  • プロターMVアグスタを入手する②それは、リベンジか?憧れか?

    突然に降って湧いたようなMVアグスタのキット、初めて見た箱絵だけど「アレ」に違いないって思ったわけで。早速入札しちゃったわけ。今回は、商品画像に値札が貼られてたから、その金額を入れてみた、これより高かったら諦めるって感じ。で、気が付けば落札してたわけ(これ不思議なんだけど、何でこう毎回、入札した金額ギリギリまで競り上がるのかなぁ?)落札から3日後にキットが届きまして、その場の勢いで値札を剥がして、箱の破れを補修しちゃってた(ちなに、パーツの入ったビニールもアルコールで拭いてる)箱のデザインは、末期のプロターらしくて完成品写真だけど、この写真も不思議な感じでして、ストレートに組んだって状態じゃなくて、ホイルとか別物だし。適度に汚してあるのか、粗目の塗装だったりして。箱を開けた時の印象。意外やギッシリ入ってるなって...プロターMVアグスタを入手する②それは、リベンジか?憧れか?

  • プロターMVアグスタを入手する話、それはリベンジか?憧れか?

    連休も終わった頃か、いつもの悪い癖でヤフ〇クでパラパラと、懐かしいプラモを覗き見してたんです。実は、いつも探しちゃう物がありまして、今回ついに手に入れちゃうって話なんです。それは、高校生の頃の話、小倉のデパートの模型売場で、プロターを見つけまして。その時の所持金でJuniorシリーズのMVアグスタを買ったわけです、値段は2〇円しましたね。ぶっちゃけMVなんてバイクも知らないけど「カッコよく見えた」んです。その当時の僕としては、夢中で作ったわけです。プロターのキットは塗装指示とか適当なんです、単純に成形色のまま作れって事らしくて。一番嬉しかったのはドライデカール(インレタの事)だったかな。さてさてプロターのJuniorシリーズの事ですが、箱正面は正方形、中身は通常キットと同じだけど、金属ビスが無い(スプリングもプ...プロターMVアグスタを入手する話、それはリベンジか?憧れか?

  • Heller 450SLは完成するのです。

    うっしっしと、カッコいいでしょ450SL。いやー、角張ってるしベッタンコだし。今年の初めから作り始めて、僕自身に色々とありまして、ギブスも取れて制作再開したんだけど、いやはや小スケールに翻弄されっぱなしでしたよ、パーツが小さくて摘まめないとか…3月に「上手くないと作れない」書いたんだけど、それ間違い「基本通りに作らないと完成しないプラモ」って感じですね。仮組を何回もして、不具合があれば原因を探して…接着剤を適量流して組み立てる。その昔、高校生の頃に450SLを作った時は、自身の未熟さを痛感したんだけど、今回の制作では、少しは工作を楽しんで進める事が出来ました。ボディカラーは、当時を思い出して69番、ちょっと差を着けたくてHトップは黒に塗りましてと。ボディの細部塗装は全てマスキングして塗りましたよ。いや、その昔は...Heller450SLは完成するのです。

  • コペン君車検の続きする。

    おいおい、コペン君はダイ〇ツワークスで洗車してもらってます。コペン君、連休中に車検を受けたので、書類(ついでに窓シールも)は発行されなくて。今日は、書類を受け取りに来たのです。車検を受けた時に頂きました「洗車タダ券」を使いまして、この2週間で溜まった埃を落としてもらって。いやー、メーカー車検の恩恵かぁ、有難いことですよ。梅雨も近づいてるけど、晴れちゃえば、オープン走行が楽しめる時期になりますね。コペン君車検の続きする。

  • Heller 450SL 完成前の御報告

    エレール450SLは良い感じに進んでます。とにかく、仮組して、気に入るまで調整してから接着する事の繰り返しでして。前後ライトも、少しずつ削り込んで調整するわけです。良い形になったら、クリアー塗装してから、エポキシで接着です。ココで気が付いたのは、ライトの塗り分けは、マスキングしたり苦労するかと思いましたが、筆塗りで楽に出来たのです。ライトのパーツに塗り分けラインが入ってて、面相筆で簡単にラインが引けました。最新のキットでも、ライトの塗り分けって苦労するのが多いのに。この段階で、自作したワイパーも組み込んだのです。ワイパーは、ボディに開けた穴に通して、ボディ裏から瞬着で固定します。450SLのワイパーって。独特の配置だし、どうしても着けて見たかったわけですが。目立つのも嫌だしで、艶消し黒で塗装。ココはハンブロール...Heller450SL完成前の御報告

  • Heller 450SL ハンブロール33番の出番だ!

    僕にとっては、特別な思いのあるエレールの450SLの制作、そろそろ完成も見えてきたぞってねぇ。最後の難関とでも言いますか、この車のチャームポイントでもあるFグリルの塗装に入るわけです。銀塗装されたグリルに、艶消し黒を塗るわけですが、当初はデカールとか作ったりして、なんて考えたけど。こういう時は、ハンブロール33番の出番、もちろん筆塗りするのです。しかし、塗装しやすいモールドだなぁ。気合い入れて筆塗りのはずが、即終了ですよ。エレールのキットも恐るべし。そうそう、今回はクリアーカラーは、往年の47番49番で塗ってみたり。懐かしの色合いに酔っています。Heller450SLハンブロール33番の出番だ!

  • 撥水効果だ!

    車を洗うと雨になる。確かに、夜の間に雨だったようで。どうです、これが撥水効果ですよ!しっかりと弾いてますからね。ボンネットの傾斜が分かりますよね。注目は左右のフェンダーでしょうか?撥水効果だ!

  • Heller 450SL その後の450SLの報告を

    エレールの450SLを作ってると書いたのは3月末の事でして、その後も、着々と暇を見ては進めてきたのです。450SLのキットは、隙が無いというか、塗装してても、工作してても前後に仮組をしてるのだ。ボディとシャーシの組み立てが完了したところ、細部に色を注すんだけど、銀と黒だけ、単純な直線が多いから、マスキングしながら進めている。ホディ裏側は全て艶消し黒で塗装した。インテリアを挟んで、ボディとシャーシを合わせたところ。今回は僕なりに考えがありまして、接着はタミ〇白とタ〇ヤ緑だけを使う事にしている。接着個所の塗装を剥がして、部品を合わせたら、タミ〇緑を流し込んでいく。緊張しますねぇ。いよいよ、完成に近づいたかなって思うけど、まだまだライトにタイヤパーツが待ってるし、やっぱり450SLのキットは難しいなぁ。Heller450SLその後の450SLの報告を

  • トランクを開けますと、やっぱり錆か!

    昨日の続きの話、トランクの周りも、ちょっとだけ磨いておこうと思いまして。トランクを開いてみました。古いミニのトランクルームってこんなです。古いミニだと、トランクルームに中板があるんです、スペアタイヤを見なくて済みます。おお、ヒンジを止めてるボルトの根元に錆ですね、これ根が深そうな気配。トランクフードの耳の所って、何枚の板が重なってるんでしょうね?こういう所は、ずっと水が溜まったままになるから、錆やすいみたいです。ぶっちゃけて言うと、ボディの外側とか、普段から見えてる所が錆びてるのは、そんなに気にしないけど、隠れた所の錆って、見つけた頃には成長しちゃってますから。ココは前から錆びてるの分かってたから、慌てず⊖ドライバーで錆を掘っちゃって、錆を掃いましてと。それから、サビチェンジャーを塗る(盛る)のです。今日は気温...トランクを開けますと、やっぱり錆か!

  • 昨日の続きをしていた。

    如何でしょ?昨日は、ルーフとフロントしか出来なかったから、残りのコンパウンド掛けをしました。いや、コンパウンドで磨いてると、一皮抜けちゃうようでして気持ちはイイけどねぇ。本当に、腕が疲れるのよ、病み上がりだし。コンパウンドにワックス混じってるらしいけど、どうせ梅雨も近いしで、撥水コートもしちゃいます、滑りが良いから薄く塗って終了。見には、ちょっとだけ緑が増してるようで、若返ったかな?昨日の続きをしていた。

  • ミニのドアミラーの話でも、実は手作りの一品かも。

    久しぶりに僕のミニの事でも書きましょう。僕のミニはドアミラーが着いてるんですが。これ、僕の好みなんです。元々が英国でレストアされて、日本に来た時には、ミラーは着いてなかったんです。納車の際にミラーを選んで、好みの位置に着けてもらったわけです。古いミニだと、フェンダーに穴開けて、ミラーを着けてるのを見かけますが、あれは好みじゃなかったんですよ。だからって、初めからドアにミラーが着くような加工もされていないわでして。これ、ショップの方の手作りのステーに、ミラーが着いています。見えない所で、リベット止めされていまして。ちなみに、ミラーも僕の好みの形でして、レプリカらしいけど、アルミとポリカで軽いのです。初めはシルバーだったけど、僕が缶スプレーで黒く塗っちゃいました。ナビ側のミラーです。ステーが大きく傾いていまして。こ...ミニのドアミラーの話でも、実は手作りの一品かも。

  • ガルマ様~って!

    今日、子供を宇都宮まで送ってきまして、ついでに〇んだらけに寄ってきましてと。ガ〇マ様を発見したのだ、連休に小倉で入手したイセ〇ナ様の隣に飾りたいと思いまして、入手したのです。「何だか箱がキレイだな」とか思ってたんだけど。家に帰りまして、箱を開けて見たら「アレアレ」って。透明ですよ!まさかの展開。こういうのガン〇ラにあったの?箱に書いてないじゃん!まぁ、いいかなって、値段も二人とも同じだったしね。ガルマ様~って!

  • MADE IN JAPANを求めて。これプラモの話です。

    今回の話は、理解できない方は素通りしてください。ただのマイブームの話ですから。連休に秋葉に寄ってきまして、レオナ〇ドにて、JAPAN物を手に入れて帰ってきたのです。僕が探していたのは二つ星の1/48の大戦機、狙ってたキットは無かったけど、思いがけないキットの入手となってのです。これですよ、大英帝国の戦闘機ですね、いやカッコイイです。タミ〇らしからぬカチッとしたイラストだなって思いましたが。これ、下関で1/72作った奴と同じ型ですよ。砂漠で現地改造された、スピットファイアでも異型のスタイルが特徴な機体です。まぁ、僕の知識不足でして48でスピットがキット化されてるのも知らなかったしで、これ見つけなかったら、独大戦機買っちゃいそうでした。で、このキット入手の決め手となったのはJAPAN物だったから、勿論、二つ星のスケ...MADEINJAPANを求めて。これプラモの話です。

  • 水と油ですね。

    そう言えば、連休の間は何もしてなかった(乗って無いし)けど、夕方の時間に少しばかりボンネットの中を点検。まぁ、古い車だったら「水に油に電気」を注意って言いますし。オイルの点検と言うか、入ってれば良いので、エンジンにクラッチ、キャブのダンパーオイルもチェックして。ブレーキオイルは外から減りが分かるから楽になりましたね。ラジエーターのキャップを開けて、いや、減るんですよ。少し補充とか言っても、軽くペットボトル1本は入ります。来週、大切な用事が出来まして、ミニの出番もありそうって話でして、ボディを磨くことに、コンパウンドで一皮剥がしておくことになりました。これじゃ、去年と変わりないってねぇ。水と油ですね。

  • ようやく完治しました。って、今更にですが。

    今日は朝から雨でして、すっきりしない天気ではありますが、私の方からは嬉しいご報告を…今更な感はありますが、今日は、会社も30分早帰りしまして病院に行ってきました。いつもと変わらず、肘の経過具合をレントゲンで確認しまして、とりあえずは、肘の可動具合をチェックして頂きまして。先生から「大丈夫でしょ」と御墨付きを頂きました。さてと「帰ったら完治祝い?だわい」なんて言いながら、帰り道で買い物しましてと。いや、あれは1月の終わりだったから、既に3カ月半も過ぎたわけです。うーん、予定通りなわけだ。今更に「骨折が完治しました」なんて言ったところで、家族の反応も微妙だろうし。相棒なら分かってくれるかな…なんて機械に話しかけてもねぇ。いやー、長雨になると、何だか元気抜けちゃったように見えるんたよねぇって。それでも、骨折は完治した...ようやく完治しました。って、今更にですが。

  • ヤリクロ君!連休最終日にデントリペアする。

    いや長かった連休最終日は、ヤリクロ君と過ごすことに。娘さんのヤリクロ君、連休の間にドアの端に凹みが着いてしまって。大した凹みでも無いと思ってたら、板金屋さんだと大事だと言うし。僕としては、修理代とかより、まずは「塗装したくない」気持ちが先でして。初めてのテントリペアを試す事にしたわけです。デント屋さん検索を検索、近場の店に連絡してと、感じ良さそうだし、そのまま店まで行きましてと。店と言うか、自宅の庭先(ガレージ)にてリペア作業を行ってるわけで。早速リペア作業に入っちゃいました。ヤリクロ君の向こう側でトンテンとリズム感の良い音が鳴ってるわけです。まぁ、自宅だしで、作業の間も娘さんが出入りしたりで、終始アットホームな雰囲気でした。作業中だし、雑談は控えないと…とか思って30分間も経たないうちに作業完了。うんうん「こ...ヤリクロ君!連休最終日にデントリペアする。

  • コペン君の車検の日 ダイハツー〇のワンパスのメリットを考える。

    今日は、午後からコペン君の車検に行ってきました。実を言いますと、コペンの車検は経費削減って事で、近場のスタンド車検にしてたんですがが、1月にタイヤ交換した時に、アライメント調整した事もありまして。今更に、定期点検の重要性って言うのに、ようやく気が付くわけでして、恥ずかしい限りですが。今度の車検を機にダイハ〇お勧めのワンパスに入ることにしたのです。まぁ、半年毎のオイル交換に、簡単な整備が着く感じですが、車のツボを押さえた点検には期待しちゃうのです。これ、イース君には内緒ですが。連休中ではありますが、ここダイ〇ツは活気があるって言うか、若いメカニックの方が良い感じで作業してて、いや頼もしいですね。整備が終わって、車検の始まり。順調に進んでるようです。面白そうって事で、親娘で見いってました。我が家のコペン君と並んで、...コペン君の車検の日ダイハツー〇のワンパスのメリットを考える。

  • 完成すれば、ケースに入れるのだ。

    これ、いつもの事なんだけど「プラモデルが完成したら…」僕は(百均の)ケースに入れちゃうのだ。まぁ、ケースに入れればホコリ避けになるし、無駄に破損もしないからだけど。フジミニも速攻でケース入りしたし。完成してから、予定も無いのに飾り台を着けたりフィギュアを着けたりなんてチグハグな事もしない。完成しちゃうと、気力まで抜けちゃうようで。時折、ケースから出して眺めるって事もあるんだけど「あの時は、どうやって工作したんだろ」とか考えるんだけど、忘れちゃってる(笑)完成すれば、ケースに入れるのだ。

  • フジミ1/24MINI完結編・完成記念だ!

    完成したフジミニとタミ〇のクーパーを並べてみました。実車の形式で言えば、初期型と最後期型って感じですね。今更に説明しますと、緑のクーパーは、僕のミニを再現した物です。同スケールだから、並べて楽しめるのもプラモならではと思うのです。さてと、こう並べて見ますとミニ(実車)は、40年間も生産される間に、時代の変化に合わせて、改訂(特に安全面の)されていったのが良く分かりますね。真横から見ると、フジミにはホイールにタイヤが大きすぎますね、まぁ、腰高なイメージは強調されますが、少し残念です。久しぶりの1/24ミニ制作は、ちょっと遊びの要素もあって、楽しめました。フジミ1/24MINI完結編・完成記念だ!

  • フジミ1/24MINI完結・これで本当に完成です。

    フジミニ完成の翌日の事だけど「やっぱり気になる」って事で、僕はフジミニのルーフを再塗装したのです。余り深い理由も無いけど、ルーフの白を、更に明るめにしてと。ルーフ外周の樹脂モールを再現したいと思いまして。ボディに塗装が付かない様に、厳重にマスキングしまして。こういう時はコピー用紙を使うのが近道ですね。今回は厚めに、でも一度に吹き付けて厚塗りすると、塗膜がヒビ割れとかしちゃいますから、吹付と感想を繰り返しながら塗装しまして。さてと、連休中だし、5日間ほど乾燥させました。シャーシとボディは、塗装が楽になるのでバラしてから、磨きました。この段階で、前回組み立てた際に、シャーシの一部を削って、黒塗装しています。乾燥が進んだルーフを、1500番2000番で、平らにしまして、ピカールからコンパウンドで仕上げました。後は、マ...フジミ1/24MINI完結・これで本当に完成です。

  • 小倉で語れ会、純粋にプラモが好きって事だから楽しい。

    今回の広島ツアー、母親に会いに行く事や、実家に墓参りと盛りだくさんのスケジュールだったけど、あと一つ、僕としては楽しみにしていたイベントがあったわけです。それは「語れ会」でして、こちらも約2年ぶり。キヨさんと待ち合わせは下関の駅中のはずが、会場になるはずの「お〇み焼き」の店が無いのです。仕方なく、僕たちは小倉に移動、遅い昼食を済ませた後は、いつもの店(笑)で「語れ会」となったのです。実に残念…話に夢中過ぎて写真ゼロ!まぁ、記憶に残ってれば良いわけですが。いや、キヨさんとのプラモトークは楽しい。キヨさんは僕より1歳下だけど、今の年齢じゃ誤差ゼロってくらい。歳喰った分だけ、いや久しぶりに会ったからか「プラモ愛」が溢れるトークが止まらないわけだ。帰り際に、小倉の中古プラモ事情を楽しみつつ、再会を誓うのでしたと。写真は...小倉で語れ会、純粋にプラモが好きって事だから楽しい。

  • 東京から浅草へ、当然の寄り道です。

    さてさて、新幹線で東京に到着、浅草に向かうのですか、恒例の秋葉寄り道となりました。そうは言っても、秋葉の人混みを思いカバンを担いで歩く気力は無いから、裏通りを抜けてレオナ○ドへ、お目当て探して2件目に。真打ちは無かったけど、とりあえずは国産の2つ星一品を購入しまして。まぁ、中古プラモなんて一期一会ですから。末広町から一気に浅草に、昆虫顔の電車で帰るのでした。あと数時間ですね、お疲れ様でした。東京から浅草へ、当然の寄り道です。

  • 広島から帰還、福山で補給せよ、

    今日も晴天、栃木に帰還となります。いつもと変わらず、東広島を後にして、東京に向かいます。東広島では、補給出来ないため、今回も福山にて昼御飯を調達するのです、ホーム上の駅弁屋さん、ワクワクしますねぇ。あの、今さらになりますが、福山駅そばにお城があるんですね。景色までたのしめるのは、良い駅ですよ。さて、今回のお供は、べんとうGP優秀賞の駅弁やら、さらにはダイ○ーの謎解きを、これ、東京までに悪酔いコースですね。広島から帰還、福山で補給せよ、

  • ここは呉、潜水艦に癒されるのだ。

    さて、広島に来まして、今日は母の外出兼ねて、観光となりました。近場でって話だったけど。車で小一時間も走りますと、あらま!アレは?グレーに輝く船ですよ。ちなみに亡くなった父は船員だったから、こう造船の町ってなると、母は気分高まるわけですよ。これコレですよ、黒い煙突?母の間違いを正しながら、見ております。いやはや、何隻いるんだか?1ダースはいますよ!もしや、彼らもGWなのか?まさしく潜水○の甲羅干しですね。バス停の名前からして。いや、納得でした。帰りに土産も買いましてと。今回は、母も連れての観光だし、呉のイベントは沢山ありそうだけど、また来れば良いわけですよ!待ってろ大和!また来るからねと。ここは呉、潜水艦に癒されるのだ。

  • GWクイズ!

    さて、この新幹線の車両には、何人の乗客がいるかな?分かるかな?GWクイズ!

  • 懐かしいような、寂しいような、下関の景色を

    墓参りを済ませて、僕が向かうのは、実家でして。僕が出たあとは、数回姉が通ったくらいでして。雲1つない晴天、緩い坂が始まります。やっぱり懐かしいって、何にも変わりませんねぇ。実家のあたり、静かに時間が流れてるだけ。何にも変わりませんね。帰りは、下関にいた頃に、よく歩いた道を、海を見ながら歩いていくのです。穏やかな海、やっぱり故郷は良いなぁ、とか思うわけです。ただ、もう下関に行くのは少なくなるのかも。少し寂しくなりますね。さて、夕方には小倉から新幹線で広島に。明日は、母と1日過ごすのです。下関の写真を土産に帰るわけです。懐かしいような、寂しいような、下関の景色を

  • 故郷に帰って墓参りする

    今回の旅の目的に、お墓参りがありまして、広島から下関に、約2年ぶりに帰るわけだ。朝から広島を出発、1時間ほどで下関に到着しまして。花を買いましてと、墓を目指して歩きます。今日は晴天。よく考えたら、僕が下関で過ごしたのは1年半ほど、見覚えある景色を見ながら墓地に着きました。墓に花と線香を供えまして、お約束の母にTV電話しまして、母はモニター見ながら墓参りするのです。少しだけ寂しいような、下関の海風を、感じて、次の場所に向かうのです。故郷に帰って墓参りする

  • 連休に広島ツアーに行く

    さて、今年も長い長い連休でして、母に会いに行く事にしたわけです。栃木からの大移動、経路は変わらず。東京駅で食料を確保したら、出発です。コレはまた、新しい車両ですかね。駅は、まずまずの人々ですね。けど、外人さんがいないから、やっぱり少なく感じますね。旅のお供は、相変わらずのツートップです。福山乗り換えだから、時間も短いから、飲み物は控えめに。今回は、久しぶりにノート持参です、最近は太字のBペンが気に入ってまして。では、しばらくは、おやすみなさい。連休に広島ツアーに行く

  • フジミ1/24MINI完成してみて

    フジミニようやく完成しました。今回はギブスも外れたしで、腕試しにプラモ作ろうなんて思いまして。ギブス生活の時から狙っていた、フジミのMINIを制作したわけです。キットは高年式と呼ばれる12インチホイールを履いたモデルを再現しています。僕のイメージとしては「現在でも大切に乗られてるようなミニ」でして、ボディカラーは「赤」ルーフはちょっと珍しい「OEW」バンパーやフェンダーはボディカラーと同色に。室内はセンターメーターにセンターキーに変更、シートにステアは往年のクーパー風の「赤基調」の物に。「赤」や「クリーム色」「ウッドパネルの工作」とか、フジミニのキットでは、いろんなパーツが選択式になってて、楽しく悩んでしまいましたね。真横から見ると、高年式の特徴と言うか、ホイールが大きくて腰高な印象が良く再現されていますが、タ...フジミ1/24MINI完成してみて

  • フジミ1/24MINI⑰一気に完成するのです。

    さてさて、フジミニも完成まで、後半歩ってとこですから。ボディ裏側、接着剤の跡にもボディ裏側の赤を塗っておきます。これ、何となくですが、接着剤の跡とかも塗料で覆っておくと、経年でも痛みが無いように感じます。完成品を長持ちさせたいなら、ズバリ「パーツは表裏全てを塗る」のが秘訣ですね。しかしまぁ、ボディにシャーシを並べますと、前回の911と変わり映えしない画像になりますね。ボディとシャーシを組み合わせるんだけど、この段階で室内にゴミとか入らない様に、タミ〇の静電ブラシでパタパタとやっておきます。シャーシに被せるようにボディをマウントします。タミ〇の調色棒で、ボディ前側を広げながら組み込むと、楽に進みますね。おいおい、どこかで見たような画像ですが、今回もナンバープレートはクラフトボンドで接着しています。このボンドは、少...フジミ1/24MINI⑰一気に完成するのです。

  • ミニと年を取る事

    4月も終わりに近づいてきて、僕はまた年を取った、ミニが車検を受けたのは、僕の誕生日の翌日だったりする。20年以上も前の話だけど。何だか、自分が年を取ると、ミニも年を取るような感じ。初めてミニに乗った時みたいに若くも無いけど、まぁ無理しないで楽しくやりたいと思うのです。そう言えば、奥さんも4月に誕生日だけど、〇は取らないはずだから…ミニと年を取る事

  • フジミ1/24MINI⑯ボディにパーツを接着するぞ後編

    さてさて、前編あれば後編ありと言う事で、ボディの完成を目指すのです。まずは、前バンパーにナンバープレートを接着します。ナンバーは下に白塗装してからデカール貼り、今回は艶消しで仕上げております。後バンパーにはRフォグライトを接着。接着面が小さいし塗装済みパーツの接着だからクリップ固定も出来ないし、瞬着だとプラを痛めてしまいますし。ちょっと強力な接着剤を流してから指で数分間ほど押さえておりました。フロントのパーツの接着、グリルとライトはメッキのパーツだし、エポキシを薄く塗ってから接着、マステで固定しておいた。ウィンカーはエポキシを薄く塗ってからの接着。Sマーカーは接着面にエポキシを塗ってからボディに差し込み、ボディ側は瞬着を点付けして接着。テールライトは、ボディとの形状合わせをしてから、クリアーオレンジとレッドは手...フジミ1/24MINI⑯ボディにパーツを接着するぞ後編

  • またもシート話、見かけによらない事もあるのだ

    前にも、ミニのシートの話はしたけど、これは続編って事で。真横から見たミニのデザイン、前後に走る銀のモールは、どうしても目立っちゃうわけですが。よーく見ますと、このモールの下側にも、ボディ(フロアーかな?)が回り込んでるわけですよ。ドアを開けますと、良く分かるのは、シートがボディに埋まりこんでるのが分かるでしょ。そうなんですよ、だから、ミニに乗り込む時は「スボッ」って沈んじゃうわけです。これがまた、最近は、乗り降りの度に「アイテテ」なんて声出ちゃったりして、車は見かけによらないのです。またもシート話、見かけによらない事もあるのだ

  • フジミ1/24MINI⑮ボディにパーツを接着していくぞ前編

    ココで、一度ボディとシャーシを仮組するのです。まぁ、完成前の予行練習ってのもあるけど、今回の場合は、幾つか自作してるパーツを取り付けるのに、シャーシとのクリアランスを確認するって作業なんです。この状態で、パーツを差し込んでみて、どの程度室内のパーツに当たるかチェックしてるわけ。そうそう、ウィンドウは隙間が大きいから、いつものボンドで接着しました。で、ボディを外してから、パーツを接着しました。エンブレムはエポキシで、Fキャップは瞬着を使ってます。最近の僕の接着方法としては、取り付けの穴をタイトにしておいて、穴にパーツを差し込んでから、瞬着を流し込んでいます。かなり多めに流して接着。接着したら、接着した部分を400番で均しておきます。ワイパーはボディに差し込んで、ギリギリの所でカットして接着。ココは注意しないと、イ...フジミ1/24MINI⑮ボディにパーツを接着していくぞ前編

  • フジミ1/24MINI番外編メッキの補修ってどうしてますか?

    フジミニのメッキパーツは、ヘッドライトにフロントグリル程度なんですが、パーツ表面と言うのか、目立つ位置にゲートがあるんです。これ、明らかにプラモ愛の欠落ですよ!で、僕の場合は、未だにと言いますか、こんなの使ってるんですよ。クレオスのメタルカラーでして、これを塗って乾燥させてから空磨きするんです(一応、下地に銀を塗ってからね)磨く物を色々と試しましたが、こういう小さな所なら綿棒が一番良かったですね。そう言えば、その昔から、模型店に行くとガラス小瓶に入った「銀粉」って売ってましたね。布に着けてゴシゴシ磨くとメッキ肌になるとか(ならないとか)同じような小瓶で「蓄光塗料」とかもあったような…あれま、脱線。けどまぁ、メッキの補修は、皆様どうしてます?やけくそで全銀塗装なんて言わないでね。フジミ1/24MINI番外編メッキの補修ってどうしてますか?

  • フジミ1/24MINI⑭インテリアの完成って言うか

    フジミニが続いちゃいますが、シートの接着は丁寧にと言いますか、完成してからポロリなんて事にならないように。ドア裏側のパーツを接着しまして、更にはインパネも接着しております。ここら辺の組み立ては、位置決めも無くて、いやはやフジミらしいと言うのかな。接着剤を大量に流し込んで一晩乾燥させるのです。接着が完了した所で、ハンドルの取り付けと。これまた接着個所も怪しいので、瞬着で点止めしてから、エポキシで周りを固めました。まぁ、完成したら見えない場所だし、ガッチリ接着出来れば良しと。インパネの雰囲気分かりますかねぇ。シートもワックスで磨いて半艶にしてみましたよ。フジミ1/24MINI⑭インテリアの完成って言うか

  • フジミ1/24MINI⑬苦手な工作を楽にしたい

    さてさて、フジミニとは言え、僕の苦手な接着の工作は沢山あるわけでして、少しばかり楽できそうな工夫もしているわけですよ。まずは、サイドマーカーでして、これ小さいパーツでして1.5㎜角程度、ここは一つ接着式から→差し込み式にしちゃうのです。Sマーカーのパーツにタミ〇の1.2㎜棒(笑)を接着してと。ボディには同径のドリルで穴あけしておきました。これは、トランクのハンドル、Fキャップは、真鍮パイプでディテールを追加しました。真鍮パイプを貫通させてと、そのままボディも穴あけして、接着のガイドとしました。エンブレムにドアノブは、黒で下地塗りの後、銀塗装しました。エンブレムに貼るデカールは大き過ぎ、今回は文字だけ生かして、貼り付け、乾燥後にクリアーを流しました。エンブレムはエポキシで接着、ドアノブは真鍮線で位置決めしてから接...フジミ1/24MINI⑬苦手な工作を楽にしたい

  • フジミ1/24MINI⑫インテリアも組み立て

    シャーシも出来ましたし、裏返して今度はインテリアの工作ですね。室内の方は、カーペット色に塗装した後、影つけしまして、エナメルのグレーと黒でウェザリングしました。シフトにSブレーキも目立ってきましたね。前後のシートを着けますと、こんな感じです。室内って完成すると、意外と見えにくいので、ウェザリングはキツ目ですね。シートの方は、前回塗装した後、影つけしまして、シンナーで少しずつ剥がしてみました。このまま接着剤を流し込んで接着します。ドア裏側のパーツも、エナメルでウェザリング。これまたキツ目に汚してます。インパネにステアリングは、エナメルでウェザリンぐしました。レザー調に塗装した部分は、エナメルを拭き取りつつのワックス磨き。フリースの端切れなどで磨くと、鈍い艶が出ます。インパネも、ワックスで磨いて艶出ししました。ボデ...フジミ1/24MINI⑫インテリアも組み立て

  • フジミ1/24MINI⑪.5シャーシ完成です。

    まぁ、前回と変わり映えしないと思いますが、色々と工作してますよぉ(笑)シャーシの方はすべてのパーツを接着しまして、エナメルのグレーと黒でウェザリングしました。エナメルをシンナーで剥がしてみたりと楽しんでから、ワックスで磨いてます。ホイルの方は、センターキャップを92番で塗装しまして、シャーシ同様にウェザリングしてと。タイヤを取り付けたんですが、タイヤは角が欠けちゃうって、今まで経験したこと無い不良って言うのかな、経時による劣化かもしれません。このまま、シャーシにタイヤを組み込みましてと、4輪接地を確認して、ホッとしたら完了です。フジミ1/24MINI⑪.5シャーシ完成です。

  • そんなベタさん・元気にやってます。

    ご無沙汰してたベタさんです。春を迎えて、元気になってます。冬の間は、餌も食べなくなっちゃって、ちょっと心配もしましたが。温かくなってきて、餌も普通に食べるみたいで、良かったです。最近は、昼寝の時間も長くなってきたようです。そんなベタさん・元気にやってます。

  • フジミ1/24MINI番外編・メッキを剥がすのです。

    フジミニのホイールは、何でか艶消しメッキされていましてと。ホイールは塗装の予定なので、メッキを剥がすことにしました。方法としては、その昔にキヨさんに教わりまして、台所の漂白剤を使用するわけですが。ホイール4個が並んで漬かる程度の容器を用意しまして、漂白剤(ハイターです)をキャップ一杯入れましてと、ホイールも4個入れてと。僕は面倒くさがりだから、漂白剤は原液のままでして、早く効果が出るように、カラカラと容器を振ったりして。今回は艶消しメッキだし、1分間待たずにメッキが無くなるわけです。台所だし、そのまま笊に上げて水洗いをしまして、完了です。まぁ、食器の漂白なんて日常的に行うわけだし、メッキ剥がしの作業は台所で完結できるのが良いですね。ホイールは、次の塗装に備えましてと、乾燥機に入れるわけです。フジミ1/24MINI番外編・メッキを剥がすのです。

  • フジミ1/24MINI⑪シャーシの続きですが、

    ホイールの塗装しました。元々はメッキされてるパーツですが、実車知ってるとねぇ、銀色にしたいわけで。銀色は、ガイアのBシルバー、明るくて一気に塗れるし、最近気に入ってる色ですね。銀色塗ったら、お決まりのクリアーコートですね。今回は薄めに。明日まで乾燥させます。で、シャーシの方は、前回「どうせ汚すのに」なんて言っちゃいましたが、まずは薄黒で影つけとか。それから組み立て、ミニ独特のシャーシと言いますか、まずは、前後のサブフレームから接着ですが、後々に力の掛かるパーツなので、タミ〇白でガッチリと接着しました。今回はシャーシだけ見せていますけど、裏側では、フロアーの組み立ても進んでたりしてと。フジミ1/24MINI⑪シャーシの続きですが、

  • フジミ1/24MINI⑩続いてシャーシのパーツとか

    インテリアの塗装も途中ですが、今度はシャーシに着くパーツの塗装をしています。まぁ、インテリアのパーツを接着する前に、シャーシも完成させる必要がありましてと。マフラーはセンター出しとか選んでみました、最近は全く見かけませんねぇ。塗装するのは33番に92番、エンジンはアルミっぽい色って事で、明るめの銀に塗った後で、艶消しクリアーで洗うように塗ってます。チビチビと塗り分けてると「どうせ汚すのに」なんて思っちゃったり。まだまだ地味な工作が続くのでした。フジミ1/24MINI⑩続いてシャーシのパーツとか

  • 「完成品プラモの展示館」作品募集します。

    プラモ好きの「語れ会」の掲示板「完成品プラモの展示館」に、皆様の作品を公開しましょう!GWは自宅でプラモ作りを、なんて方も多いのでは。皆様の自慢の完成品をアップするチャンスです!私も、普段は作らない大戦機プラモをこうかいしたり、肩の凝らない掲示板を目指しています。「完成プラモの展示館」では、共通課題での完成品も募集中です。現在は「エレール1/43カーモデル」「面白カーモデル」となります。よろしく、お願いします。「完成品プラモの展示館」作品募集します。

  • GWにOpen WorkShopします。

    いよいよ、GWが近づいてきました。GWの週末に、MinicarWorksの模型部屋を公開します。私のブログを読んで頂き、プラモデルに興味ある方は、ぜひお越しください。また、お子様とプラモ制作を楽しんでみたい方には、工作教室も可能です。場所は栃木県、宇都宮より30分程度の所です。ご興味のある方は、コメント、またはメールにて連絡ください。今年も、少しだけ自粛ムードのGWですが、よろしく、お願いします。GWにOpenWorkShopします。

  • 今度は3D出力フィギュアで脱力か?

    先週の買い出しツアーで「高級筆」を買ってきまして、腕試しの題材を考えましてと。どうせなら小さいのが良いじゃん!なんて無責任にも思っちゃいまして。これ、入手しました。ヨド〇シの通販とかで、良く見かけてたフィギュアですが、ヘルメット姿が面白いなって思いまして。けどまぁ、箱から出してみて「アレアレ!」なんて思っちゃたわけですよ。各部品に付いてる無数の足は?見覚えあるぞ!って。今時のフィギュアって3D出力品もあるんだなって。前職でも、MWでも3Dプリンターのパーツは経験はあるんだけど…少しは材質も作りやすくなったかなぁ?なんて調子で、作り始めたけど。全く変わりなし!何となく、軟質な感じも、接着具合とかもねぇ。小さいし、6パーツだし、一気に作ってパテ塗り付けてと。一晩明けたら、余分なパテを落として、ウレタンペーパーで全体...今度は3D出力フィギュアで脱力か?

  • フジミ1/24MINI⑨インテリア塗装の極意は重ね塗りにあり!

    今週のフジミニは地味な作業の連続でして。インテリアの塗装に入っておりました。完成しても、あまり見えなかったりするんですが。インパネの方は、黒中心になるんですが、33番で塗った後、92番を叩きつけるように塗り付けましてと。これを数回重ねますと、ザラザラした質感になるんです。ハンドルの赤い部分も同じような塗装、皮巻きっぽく見えますかねぇ。ウッド調のパネルは、バフの下地に黒で木目を書きまして、クリア赤を何回も何回も重ね塗りしてみました。シートに内装は、クリーム色に赤の塗り分け。ココは当然の筆塗りとなるわけでして、濃い目の塗料を何回も重ね塗りするのです。ドア内側のパーツですが、フジミには重大なミスがありまして…ここは、実車なら平らなはずなのにねぇ。タミ〇のパーツを参考にしちゃったみたい。まぁ、各部のパーツは、ちゃんと再...フジミ1/24MINI⑨インテリア塗装の極意は重ね塗りにあり!

ブログリーダー」を活用して、kaz君さんをフォローしませんか?

ハンドル名
kaz君さん
ブログタイトル
昭和38年男のプラモ奮戦記
フォロー
昭和38年男のプラモ奮戦記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用