searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

どんぐりのママさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
片隅でひっそりと ~共働き家庭の 仕事・家事・育児~
ブログURL
https://donguri-1.hateblo.jp/
ブログ紹介文
晩婚で44歳高齢出産。共働きでがっつり稼ぎ、50歳でのアーリーリタイア目指します!
更新頻度(1年)

193回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/03/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どんぐりのママさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どんぐりのママさん
ブログタイトル
片隅でひっそりと ~共働き家庭の 仕事・家事・育児~
更新頻度
193回 / 365日(平均3.7回/週)
読者になる
片隅でひっそりと ~共働き家庭の 仕事・家事・育児~

どんぐりのママさんの新着記事

1件〜30件

  • ハッピーバースデイを3回歌う

    先日、義母の誕生日でした。 翌日は、旦那さんと、私の母の誕生日。 ぐり君に3回(3人分)歌ってもらいました。 ぱぴばーすでーとぅゆー、ぱぴばーすでーでぃあばぁーば。 ぱぴばーすでーとぅゆー、ばあば、おめでとうー。 したったらずな言葉で、笑顔で歌ってくれました。 翌日、旦那さんのバースデイケーキを作りました。 旦那さんはベイクドチーズケーキが一番好きなので、初めてベイクドチーズケーキづくりに挑戦。 …できてすぐ、我慢できずにみんなで半分食べました…。 が、ベイクドチーズケーキって、冷やして食べたほうが美味しいんですね。 もしかして、パンのように焼きたてが一番美味しいんじゃ!? と思ったのですが。…

  • しつけの成果は、まず保育園生活にあらわれる

    子どものやわらかな感受性に、母はオロオロ - 片隅でひっそりと このエピソードを保育園の先生に連絡帳で伝えたところ そこにあった菊がなくなる。温かい気持ちのりーちゃんには切なかったのでしょうね。日々本当に優しい人だなと感じます。たまたま当たってしまい「イタ」と私が言うと、目を見て「ごめんね」と謝ってくれます。お父さんお母さんの優しさの中にりーちゃんがいることよくわかります。また花を見つけられるといいですね。 と、お返事をいただきました。 先生に、ぐり君が「優しい人」だと言ってもらえたのがすごく嬉しかったです。 そうして、「目を見て謝る」は時々、家でぐり君に伝えていたことでした。 家では促さない…

  • 「 “ごめんなさい” は、目を見て言いなさい」

    昨日、ぐり君が、私の雑貨の金魚さんの目を押し潰しました。 片付けのため玄関にいた私のもとに「あ、それぱっぱのだよ。ダメだよ! ぱっぱに言いなさい」という旦那さんの声。 何事かと思っていると、私の金魚さんを手に、ぐり君が廊下に出てきました。 ああ、いたずらしたんだな、と察し、 「どうしたの?」と聞くと、無言で金魚を見せるぐり君。 「あ! めっめが、凹んでる!!!」 「ぐり君がやったの? ダメでしょう。これは、ぱっぱのだよ。ごめんなさいは?」というと、下を向いたまま 「ごめんなしゃい」 「ぐり君、“ごめんなさい“ は、相手の目を見て言うの」と、怒った顔のままダメ出し。 私の顔を見上げ…身長差から、…

  • 子どものやわらかな感受性に、母はオロオロ

    「感受性豊か」という言葉がありますが、まだまだ無垢な3歳児の感受性は「豊かというより、やわらかだなぁ」と感じたことがありました。 毎日登園する際に通る道。川沿いの遊休地の草刈りが行われました。 朝、草刈りがちょうど始まった頃に通りかかり「草刈りしているよ。草のいい匂いがするね」とぐり君に話しかけながら通りました。 返り道。すっかり草刈りも終わり、こざっぱりしたのを横目に 「草刈り、終わっているね。あ、お花もなくなっちゃたね。残念」と言いながら通り過ぎました。 川で釣りをしている人を見ながら橋を渡っていると…橋の真ん中で、突然ぐり君が大きな声で号泣しました。 「うわ~~ん!!! ★✗◯※・◎※✗…

  • ひとりランチは、欲望のままに(トースト編2)

    前回の(トースト編) 最近、期末で忙しく、旦那さんはほぼ出勤しています。 先週のリモートワークは1日だったかな? 今週は5日間すべて出勤です。 そんなこんなで、平日のお昼は、最近手抜きです。 手がかからず美味しくて、かつ、冷蔵庫の余り物を消費出来るもの…。 おのずと、ハイカロリーに……。 ■自家製タルタルソースのせ 冷蔵庫の残りものシリーズ1。 バターを点々とのせてトースト(なので、パンが水玉模様)し、焼いたパンにお手製のタルタルソースを乗っけてみました。 市販のものとは違い、玉ねぎたっぷりの具だくさんソースだったので、ソースというより「玉ねぎと玉子のサラダ」という感じで、玉ねぎがシャクシャク…

  • 「ぱっぱを、まもるの」

    うちには、毎日のように「鬼さん」が来ます。 以前に「鬼さん」問題について旦那さんと話し合いをしました。 ●子どもが怖がる様子が可愛いからと、鬼さんで脅かすのはダメ ●鬼さん(怖い存在)は、お父さんとお母さんの味方として使ってはダメ ●鬼さんは、一家の共通の「驚異」である存在 我が家では、21時を過ぎても起きている(寝る気配がない)と鬼さんの出番です 「ぐり君! もう21時過ぎてる! 鬼さん怖いから、ぱっぱは先に寝るよ! ぐり君も早く寝よう!」とか、 雷がピカピカ光るのを利用して 「今、お空が光った! 鬼さんだ! 怖い~。どうしよう! おうちに来る前に早く寝よう!」と、 毎日のように鬼さんの来訪…

  • ぐり君が語る、本日の予定

    金曜の夜、小学校2年生のいとこが泊まりに来ました。 2泊3日、一人で我が家にお泊まりです。 金曜の21時過ぎにやってきました。旦那さんは寝かしつけで寝落ちしていましたが、ぐり君はまだ起きていて…待ち望んでいた従兄弟の登場に大喜び。 何度注意しても促しても、まったく寝てくれず…寝付いたのは23時過ぎでした…。 土日は楽しく過ごし、今年はコロナウィルスで夏休みが消えてしまった旦那さんも私も、短い「夏休み」気分を満喫しました。 年上の子がいると、2人で遊んでくれるのでとても楽…。 面倒をみなくてはいけない人数は増えるものの、従兄弟もぐり君の面倒を見てくれるので、負担は減っているような気がします。 従…

  • 朝「約束」をして保育園へ送り出す → 結果

    金曜日は、旦那さんがリモートワークだったので、朝は3人で保育園に登園しました。 とはいっても、現在はコロナウィルス対策のため、園内には保護者は1人しか入れないため、旦那さんは玄関前で待機。 園内に入る直前、ぐり君と約束をしました。 「ねぇ、ぐり君。昨日も、一昨日も、教室で走っちゃったんだよね。お母さん、先生から聞いたよ?」 というと、ちょっと、バツが悪そうに顔を背け、ハニカミ笑い。 「ぐり君、お母さんの顔を見て聞いて。教室では走らない。廊下も走らない。走っていいのはベランダだけ、と先生たちと約束しているんだよね?」 「うん」 「でも、走っちゃったの?」 「うん」 「じゃあ、今日は、お母さん・お…

  • 3歳児、赤ちゃん返りどころか胎児返りをする

    昼間は「おにいちゃんになったから」とか「いちねんせいになったから」(←多分、小学一年生=お兄ちゃん・お姉ちゃん)といって、大きくなった・一人で出来るアピールをするのですが。 夜は、小さく甲高い声を出して「あかちゃんに、なっちゃった~」といって、甘えてきます。 最近、素肌が気持ちいいと知ったようで、自分のシャツをまくりあげてお腹を出し、私のパジャマのボタン(授乳用にスナップ式になっているパジャマ)もはずし、お腹をぴったりくっつけて寝たがる時があります。 ちょっと複雑な気分ですが、甘えたいときには甘えさせてあげたほうがいいのかなと思い、そのまま好きにさせています。 昨夜は、さらに赤ちゃん返りをしま…

  • 3歳児、親学が口にした「ダメな理由」を論破する

    水曜日は、旦那さんもリモートワークだったので、二人で保育園のお迎えに行きました。 帰り道、自動販売機の前でジュースをねだられました。 旦那さんがぐり君を抱っこしていたため、ちょうど目線の高さにジュースのパッケージがあり、目に入ってしまったのです。 失敗した…。 いつも二人で通るときは「ぐり君はまだ小さいから、あのジュースは多すぎるの」とか「あれはシュワシュワするやつだからぐり君は飲めないよ」いって買わずに通り過ぎています。 しかし、昨日はぐり君が 「もうおにいちゃんだから、おおきいののめるよ」と、食い下がってきました。 自販機のボタンを押させて、ジュースが出てこないのを見せて 「売れ切れみたい…

  • 「きょうは、ほいくえんで、なかないの」

    月曜日、ぐり君は前日に夜ふかし(22時過ぎに寝た)&早起き(5時45分に起床)したせいで、睡眠不足だったようで…。 家にいるときは元気いっぱいで遊んでしたのに、ベビーカーで保育園に行って準備室に入ったとたん「ねむいの」と。 私の胸元を手でトンと叩き、「ここで、ねんねしたい」。 「眠いの? そうか。とりあえず、トイレしちゃおう!」と、体の力が抜けてぐにゃぐにゃのぐり君を立ち上がらせ、なんとか子ども用便座に座らせ、おしっこさせました。 その後、まだぐにゃぐにゃのぐり君を鼓舞し、「教室に、ロボットで入ろう!」と、私の足の上に足を重ねて立たせ、「どしーん、どしーん」。 「さあ、教室だよ。行っておいで!…

  • お料理4年生の試行錯誤(高野豆腐をカッコよく仕上げたい!)

    旦那さんが高野豆腐が好きなので、作りおきの副菜としてよく作ります。 独身時代にも作ったことはあるけれど…その頃はやわらかな食感が好きだったので、ふわふわくったり、な仕上げにしていました。 結婚してからは、料亭で出てくるような、角がシャキッ!と立った高野豆腐を作りたい!と思うようになりました。 そう。こんな感じ。 しかし、雪平鍋で作ると、どうしても鍋肌に触れているものが、鍋の形に湾曲してしまう…。 角がピシッ!としない!!!! うーーん。 なんでーー??? 上記のレシピだと、雪平鍋で、しかもたくさんの量を作っているので、高野豆腐同士が重なっているんだよね…。でも出来上がりの写真はピシッ!としれて…

  • 「かいがらたべたいのぉー!」の声に応え、はじめてペスカトーレに挑戦!

    昨日、夕食前に、例のごとく「パウ・パトロール」の録画を見ていたぐり君。 夕食を作っている間、おとなしく見ていてくれて助かったのですが。 まさかの、落とし穴が。 「ごはんだよ~」と声をかけると、円卓についたぐり君。 そこで「かいがら、たべたい」の一言が。 どうやら、セイウチのウォーリーがお話の中でたくさん二枚貝を食べていたようで…。 「え、今日は、貝さんないよ?」 「かいがらたべたいのぉー! たべたかったのぉー!」 「今日はないよ。明日、買いに行こうか。ちなみにぐり君、貝殻、じゃなく、貝ね」 「いまがいいの-! いまたべたかったのぉー!」 ぐずりタイムに突入してしまいました。 なんとかなだめ、夕…

  • 保育園エピソード

    お迎えに行った際、ほんの一言・二言、先生と言葉を交わします。 ぐり君の担当の先生からは、連絡帳で1日の様子の報告がありますが、そこには書かれていない、ちょっとしたエピソードを聞くことができます。 「今日、7匹の子ヤギの本を読んだんですよ。そうしたら、ぐり君、“ おおかみさんは、わるいこだね ” と言ってましたよ」 「大きなカブの本を読んだら、“ おじいさん、ちいさなカブにしたらよかったのに ” と言ってました。子どもの発想はユニークですね」 「(絵本名わからず)◯◯の絵本、途中でお散歩に行くシーンがあるんです。そうしたら “ おさんぽ、どこにいったんだろう。りーたんちかなぁ? ” と言ってまし…

  • 旦那さんに、はじめて手紙を書く

    先日、ぐり君が3歳になりました。 そして、その翌日、結婚4周年になりました。 ぐり君が1歳になる頃。 「2日続けてお祝いするのも、ちょっと…。ぐり君の誕生日のお祝いの際にまとめてやろう」と私が言ったところ、 「逆だよ!」と反対した旦那さん。 あくまでも、結婚記念日がメインだと。 ぐり君が生まれる前も、生まれた後も 「一番は、シイノキ(私)さん。ぐり君はその次」と宣言していた旦那さんでしたが…。 この前、夜にぐり君を寝かしつけていると、ぐり君の枕として使用されていた私の腕を、さわさわと撫でる旦那さん。 「それ、ぐり君の腕じゃなく、私の腕だよ」と告げると、「なんだ」といって撫でるのをやめまました!…

  • 「けんか しないで」

    先日、3人でスーパーに行ったときのこと。 旦那さんと、私と、それぞれエコバッグを取り出して買った品物を袋に移していました。 その際、旦那さんに「これ(玉ねぎ)、そっちに入れて」と言われました。 私のエコバッグにはパンを入れていたので、重量のある物を一緒に入れてしまうとパンが潰れてしまうと思い、拒否しました。 すると、二人のやり取りを見ていたぐり君が「けんか しないで」と言いました。 夫婦の間では、何気ないやり取りだったのですが…。 ぐり君には喧嘩しているように見えたようです。 「大丈夫だよ。喧嘩してないよ」とぐり君の頭をなでたのですが…。 うーん?確かに、二人とも言葉を省いて短い言葉だけでやり…

  • 「おさんぽいこ! あいすいれたから、じゅんびばっちり♪」

    火曜日。 ぐり君の歯科検診の予約をしていました。 うちの会社は、休みを取りやすく、また最近は私は暇していたので、大丈夫とタカを括り、スケジュール表に休みの予定を入れ忘れていました。 で、気づいたときには、クライアントMTGが設定されてしまっていました。 設定されたあとに、やばい!と思ったけれど、 「でも、歯科検診は10時半からだし、MTGは13時半からだし、時間はバッティングしていないから大丈夫か」と思い、 会社には「午前半休をとって子どもの歯科検診に行きますが、午後はMTGがあるので勤務します」と宣言していました。 …ずっと在宅勤務で、脳みその細胞が一部死んでいたようです。 予定日まで1週間…

  • 「すいぞくかんに、いきたい」と泣かれた日

    休日の朝食。キュウリのサンドイッチと、ツナと玉ねぎのサンドイッチ。 日曜、朝からぐり君に「すいぞくかんに、いきたい」と泣かれました。 …連れて行って上げたいのは山々なれど…最近の感染者数を見ると、足を伸ばしての外出はためらってしまいます。 結局、同じ建物内に住む同い年のお友だちと、家庭用プールで遊びました。 お父さん・お母さんもプール外から水鉄砲で参戦し、6人で1時間半ほど水遊びを堪能しました。 帰ってお昼を食べたら、疲れたのか2時間ほどぐっすり昼寝。 満足したかな?と思いきや、起きてからまた「すいぞくかんにいきたかったの…」と、ぐずぐず。 夕方、買い物がてらホームセンターに行き、アクアショッ…

  • ひとりランチは、欲望のままに(トースト編)

    旦那さんが出勤している日の平日ランチは、カロリー無視で欲望のまま。 ■シュガートースト バターを塗り、シナモンパウダーとお砂糖を混ぜたものを、上に均一に振りかける。 ■シナモンシュガートースト シュガートーストの派生。バターを塗り、シナモンパウダーとお砂糖を混ぜたものを、上に均一に振りかける。 ■カレーチーズパン 前日の残りのカレーを乗せ、さらにチーズをトッピング。 ■チーズと海苔のコラボ ファミリアチーズ(プロセスチーズ)を4枚と、上に海苔をのせてトースト! 小学生の頃にハマり、毎日のように作っていました。 (とまとさん、これです! 前にお伝えしたものは!) ■トマトチーズパン ファミリアチ…

  • 子どもの成長と、親との距離感

    朝、6時半少し前にぼんやり目を覚ましました。 同じタイミングで起きたぐり君。 寝転んだまま「おはよう」と挨拶をし、横に寝ていたぐり君を抱き寄せました。 私のお腹の上に乗せられ、抱っこされていたぐり君が 「とーたんは? とーたんにもぎゅーしてもらうの」というので 「今日はお父さんは会社でお仕事の日だよ」というと、急にぐずぐず泣き始めました。 「でも、今日は早く帰ってくるよ。いつも金曜日は夜遅く帰ってくるけれど、今日は一緒にご飯を食べられるよ」となぐさめるも、効果なし。 「ぐり君が保育園に行って帰ってくる頃には、お父さんも帰ってくるよ」と本日の予定を説明すると、 「ほいくえん、いかないのぉー」とぼ…

  • お料理3年生の初歩的な疑問

    子ども時代、小さい頃は煮干しの頭をとったり、焼きそばの麺をほぐしたりと、小さな子でも出来る簡単な手伝いをしていましたが、大きくなってからは、部活などで忙しく、ほとんど手伝いをしませんでした。 就職して一人暮しをしてからは、昼食だけでなく夕食も会社で食べていたのでほぼ外食。休日に稀に作ったとしても、パスタや、チャーハンなどの1品料理ばかり。 結婚してようやく、夜家に帰り、夕食を作り、家で夕食を食べる…という生活になりました。 なので、今は「お料理3年生」です。 あと数日で4年生になります。 未だに、悩み多き、です。 今までに調べたものは…。 ●「米酢」と「穀物酢」の違い 「米酢」…米の甘味と旨み…

  • 朝起きたら、2才児はお着替え済だった(前後逆で)

    今朝はぐり君に起こされました。 まだ眠りの淵にいる私に、ほにゃほにゃと謎語で私に語りかけてきます。 「(シャツの前をおさえ)どうしてここなの、(首周りを触り)なんかおかしい」的なことを言ってました。 見てみると…先日知り合いからお下がりで貰った、ちょっと大きめのTシャツ来ています。 猫のキャラクターが、ばばーーん、と背中にいます。 …前後、逆だね。 夜にぐり君がパジャマを脱いでしまい、旦那さんがかわりに着せたのだろうか??と思ったのですが、よく見てみるとTシャツの下には、昨夜寝る前に着せたパジャマ代わりの肌着をちゃんと着ています。 どうやら、夫婦ふたりで夢の中にいる間に、ぐり君が1人でTシャツ…

  • 手軽にできる小さなイベント、手巻き寿司

    子どもの頃、夕飯に手巻き寿司が出てくると、ワクワクして嬉しかったです。 実家の手巻き寿司は、色々な魚の刺身が並び、とても豪華でした。 昨日は、夕食に食べたいものが思い浮かばず…体調もイマイチで夕食作るのが面倒だなぁと思っていたのですが。 「そうだ!手巻き寿司にしよう!」と思い立つと。俄然やる気に。 うちの手巻き寿司は、実家のように豪華なものではなく、リーズナブルです(笑) お刺身は、2種ぐらい。 昨日は、しめ鯖が冷蔵庫にあったので、サーモンだけ買ってきました。 具材は、 ●サーモン ●しめ鯖 ●カニカマ ●玉子焼き ●ひき割り納豆 ●梅きゅうり ●バジルシーチキン ●大葉 ●バジル 甘い玉子焼…

  • 水いぼが消えるまで、半年がかり

    年初めの1月か2月頃。 ぐり君の左胸の下にぽちっとできものが1つ。 なんだろうな~? 手足口病? 汗疹? でも雰囲気が違う。 透明で、ぽっちりしていて、なんだか可愛くも見える…。 ぐり君は、痒がりも痛がりもしないので、1週間ほど静観していました。 そのうちに、ぽつぽつ、と大小のできものが増え始めてしまいました。 この時点で、「あ! もしや、水いぼ!?」と気づいても、時すでに遅し。 水いぼは数が少なければ病院で取ってもらえるらしいのですが、増えてしまったあとでは、基本的には静観。抗体ができるのを待つしかない。 姪が、病院に通っても2年近く水いぼが治らなかったのを見ていたのに…薬局で冊子も貰ってい…

  • 親子2人で風邪っぴき(子どもに病気をもらうと、たいてい親のほうが重症)

    月曜日、ぐり君が保育園で風邪をもらってきました。 とはいっても、夕方に37.5度の熱で、本人は元気いっぱい。 お迎え要請の電話で、いつもより1時間早く帰ってきました。 火曜日。本人は朝から元気いっぱい。しかし、ここで無茶させると長引いてしまうので、保育園はお休みしました。 私も仕事を休み、二人で家で過ごしていたのですが…そこで、私もぐり君から風邪を貰ってしまったようです…。 水曜日は、ぐり君の体調は良さそうだったので保育園に行かせたのですが、私の体調がだんだんと下降。 保育園にお迎えに行くと、ぐり君はまたもや退園時には37.5度の熱。 偶然引き取りが同じタイミングになったお友だちも、退園時に熱…

  • 2歳でダジャレを習得…かと驚いた話

    夕方、ぐり君が寝ている間におやつを食べました。 しばらくするとぐり君が起きてきて、テーブルの上にあった包み紙をみて 「これなぁにー? ちょーだい」 ぐり君のお菓子センサーは相変わらず絶好調。 ホームパイを渡すと、 「あけて」 とお願いされました。 「はい、どうぞ」 袋をあけて、袋ごとぐり君に渡してあげると ぐり君がいいました。 「ありがとうもろこし」 !?!?!? あ、ありがとうもろこし!? ダジャレ!!!!? 2歳で、ダジャレ!? 意味、わかっているの? もしかして、保育園で流行っているの!? 私が小さい頃は「ありが十匹」だったけど。 「ぐり君、保育園でみんないってるの? ありがとうもろこし…

  • ベランダで再生野菜にチャレンジ!(小ねぎ)

    ハーブや薬味って、あると便利だけど、常に冷蔵庫にはなく、使いたい!と思ったときに買ってきて、でも使いきれずにダメにしてしまう…。 「今、ちょっとだけ」あれば十分なのに、その希望はなかなか叶えられない。 一昨年、大葉の苗を購入し、ベランダのプランターに植えてみました。 すると、冷奴・素麺や蕎麦の薬味に、手巻き寿司にと、大変便利!! 秋になって見た目が悪くなくなってもそのまま放置し、完全に枯れたら穂紫蘇部分を切って種まきしたところ、翌年もそのまた翌年も春先に芽がでました。 もう十分に、元は取ったと思います。 そうして、今年は、バジルの苗を購入! ピザに、パスタに、ガパオライスにと、たくさん活躍して…

  • ポテトチップスを食べる際は、1枚ずつ許可を取る必要あり

    ぐり君は、ポテトチップスが大好きです。 今シーズン3回めのガパオライスを作りました。 (1度に2食分作るので、食べたのは5回! 1回分は冷蔵庫に) その際に添えたスープは、レタスとポテトチップスのコンソメスープ。 むかーーし。もう20年以上前。 お昼休みに入ったアジア料理(どこの国だか忘れた)で出てきたスープが、ポテトチップス入りでした。あれは最初に見た時は、衝撃的だった…。 その店では、野菜炒めにキュリやレタスを入れても美味しいということを知ったので、強烈な印象で記憶に残っています。 もう今ではそのお店は残っていないだろうな~。 ポテトチップスの残りは、お風呂に入ったあとにみんなでソファーに…

  • ある日、突然。人生の岐路に立つ(転職を決意)

    6月下旬 転職の誘いをしてくれた知人の会社に、話を聞きに行きました。 朝、先に出社した旦那さんからlineに 「今日の面接頑張ってください」とメッセージ入っていたけれど…。 面接ではないんだよなぁ…。 会社の方針や現状・今後の展望についてを話してもらい、私からは希望の給料を提示する。その上で、転職するか否かのジャッジは私がする方なので…いわば逆面接? 「知人の会社に顔を出しにいく&久しぶりにお昼を一緒に食べに行く」という気楽さで出かけました。 暑いからジャケットも羽織らず、いたって普通の服装で。 知人の会社の業務内容や、取引先などはあらかじめ分かっており、他のメンバーもほぼ顔なじみ。 なので、…

  • ある日、突然。人生の岐路に立つ(転職の誘い)

    6月中旬 個人メールに、知人(元同僚)からメールが来ました。 「このメールアドレス、まだ生きているのかな?」と。 ん? なんで会社のアドレスも分かっているのにそちらに送ってこないで、生きているかも定かでない個人アドレスにわざわざ送ってきたのだろう? …メールを見た途端、嬉しさで気持ちが高揚しました。 転職の、お誘い!!!! まだ独り者だった時期に、一度は辞めようと思った会社。 でも、社内全員に会社を辞める宣言をしていたけれど、引き止められ義理人情の気持ちが勝ってしまい結局は辞められず。 結婚話が出てからは、「もしかしたら子どもを授かることが出来るかもしれない。その可能性があるなら、在職年数が長…

カテゴリー一覧
商用