住所
-
出身
-
ハンドル名
アンティークさん
ブログタイトル
すみくにぼちぼち日記
ブログURL
https://sumikuni.hatenablog.com/
ブログ紹介文
スペインを中心としたヨーロッパ・アメリカ・南米の旅行記や各国の美術館、メキシコでの海外生活について。マイルやホテル、空港ラウンジについても紹介しています。
自由文
更新頻度(1年)

37回 / 15日(平均17.3回/週)

ブログ村参加:2019/02/05

アンティークさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(IN) 13043 12889 12181 14223 16243 17228 21196 949361サイト
INポイント 0 20 30 20 10 30 30 140/週
OUTポイント 10 50 40 30 60 30 80 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 498 475 460 534 582 637 812 41472サイト
アメリカ旅行 10 10 10 11 12 12 14 605サイト
ヨーロッパ旅行 12 11 11 11 11 11 14 842サイト
海外生活ブログ 998 1020 936 1050 1153 1203 1356 34517サイト
メキシコ情報 8 6 5 7 9 10 11 181サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 22740 20702 16605 16075 16104 16663 17114 949361サイト
INポイント 0 20 30 20 10 30 30 140/週
OUTポイント 10 50 40 30 60 30 80 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 747 664 516 497 494 511 533 41472サイト
アメリカ旅行 9 9 6 4 4 4 5 605サイト
ヨーロッパ旅行 15 13 9 9 8 9 11 842サイト
海外生活ブログ 1977 1840 1559 1538 1545 1578 1594 34517サイト
メキシコ情報 19 19 16 16 17 17 18 181サイト
今日 02/19 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949361サイト
INポイント 0 20 30 20 10 30 30 140/週
OUTポイント 10 50 40 30 60 30 80 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 0 0 0 0 0 0 0 41472サイト
アメリカ旅行 0 0 0 0 0 0 0 605サイト
ヨーロッパ旅行 0 0 0 0 0 0 0 842サイト
海外生活ブログ 0 0 0 0 0 0 0 34517サイト
メキシコ情報 0 0 0 0 0 0 0 181サイト

アンティークさんのブログ記事

?
  • 展示方法が可愛い-コペンハーゲン国立美術館 デンマーク

    人魚姫で有名なデンマーク。首都コペンハーゲンにあるコペンハーゲン国立美術館を紹介します。この美術館は1896年の開館。立派な外観です。 コペンハーゲン国立美術館 外観 中はモダンなつくりでとてもお洒落。 国立美術館内観 この美術館にはルーベンス、マティス、クラナッハなどが展示してあります。来場者は多くなく、広々とした空間で作品をゆったり鑑賞できます。 私が訪れたときは丁度地元の子どもたちが絵の鑑賞会をしていました。子どもたちの視線の先にある絵は『天使ミカエルとドラゴンの戦い』。新約聖書に記されている物語の一節で、天界での天使ミカエルとドラゴン(堕天使サタン)の戦いを描いた作品です。 絵を学ぶ子…

  • 『アルケミスト』とアフリカを臨む大地-スペイン タリファ旅行記(2011/09)

    パウロ・コエーリョ『アルケミスト』の出発点、アフリカを臨む大地タリファ。スペインの南の端に位置するアフリカへの玄関口に行ってきました。ジブラルタル海峡を挟んで向こう側はアフリカのモロッコです。 タリファから臨むアフリカ 『アルケミスト』はブラジルの人気作家パウロ・コエーリョが書いた作品で、スペインの羊飼いの少年が「なにか」を探してアフリカを旅する物語。日本のロックバンドACIDMANがこの作品をリスペクトして「アルケミスト」というシングル曲を発表するなど、ジャンルを問わず様々な人々に愛される作品です。『アルケミスト』の主人公の少年が旅の幕開けとして最初に訪れた町がこのタリファ。 タリファ町並み…

  • 北欧家具も楽しめる-ストックホルム国立美術館(スウェーデン国立美術館)

    スウェーデンの首都、ストックホルムにある国立美術館。1866に開館した美術館で、ヨーロッパ各地の美術品の展示を見ることができます。 国立美術館 国立美術館玄関 北欧家具や食器の展示も美しい。 北欧家具 銀食器 絵画コレクションに関してもレンブラント、エル・グレコ、セザンヌ、ゴーギャンなど、充実した作品群を楽しむことができます。 沢山紹介したかったのですが、なぜか作品の写真を殆ど撮っていませんでした。そこで、1枚ギリシャ神話の絵を紹介したいと思います。 アフロディテとアドニス この絵はアフロディテとアドニスという作品。アフロディテの別名はヴィーナスで、このヴィーナスのほうが私たちには馴染みがある…

  • 白の世界-スペイン ロンダ旅行記(2011/09)

    スペイン南部の町ロンダ。切り立った崖に真っ白な家々が立ち並び、スペインの太陽を体全体で感じることができる南の楽園。 ロンダの町並み ロンダはスペイン南部アンダルシア州マラガ県にある町。マドリッドから電車で4-5時間で行くことができます。ロンダの見所は、なんといっても切り立った崖に家々が立ち並ぶこの風景。 また、町は渓谷を挟んで二分されており、その間には橋が架かっています。名前はヌエボ橋。18世紀に建てられた橋で、町のシンボルです。 ヌエボ橋 下から見たヌエボ橋はこんな感じ。 ヌエボ橋 崖の下には広大な大地が広がります。この景色を眺めていると、小さな悩みも消えていきます。 崖の下に下りることもで…

  • 神話を絵に見る-ベルギー王立美術館

    ベルギーの首都ブリュッセルにあるベルギー王立美術館。フランドル地方の画家たちの作品が多く展示されています。 ベルギー王立美術館 ベルギー王立美術館 日本語表記もありました。 入り口を入って初めに目に付くのがこの地球儀のようなもの。 地球 何かと思って近づくとすべて虫でした。。。。あまりにおぞましい?ので、アップの写真は一番下に張っておこうと思います。(閲覧注意です) さて、内観はこんな感じの広々とした美術館で、人もあまりおらず、ゆったりと美術品を楽しむことができます。また、美術品は空間を広々と使って展示されており、個人的にとても印象に残った美術館でした。 ベルギー王立美術館内観 展示品でまず紹…

  • ビクトリア調の建築群-アメリカ ガルベストン旅行記(2019/02)

    ビクトリア調の建物が多く残るガルベストン。町は鮮やかに彩られ、そこを歩くと過去から今に至る歴史の中に取り残されたような、不思議な感覚に包まれます。 Bishop's Palace アメリカテキサス州ヒューストンのSpaceCenter(NASA)から車で30分ほど行った先にあるのが今回紹介するガルベストン。ヒューストンのダウンタウンからは車で1時間ほどかかるので、午前中NASA、午後からガルベストンの1日観光がお勧めです。私はNasaに行った後、ウーバーでガルベストンまで行き、5時間ほど滞在しました。 ※ヒューストン旅行記はこちら。 sumikuni.hatenablog.com 町は海岸のリ…

  • メキシコ人の命 タコス

    メキシコ人の体、メキシコ人の命。そう言っても過言ではないもの、それがタコスです。 私が初めてメキシコ料理を食べたのは19歳の頃。大学の夏休みを利用して姉を訪ねてアメリカに行った時でした。姉から「この辺で一番美味しいのはメキシカン」とメキシコ料理屋さんに連れて行ってもらい、メキシコ料理を食べました。そのメキシコ料理は美味しく、盛りだくさん。メキシコ料理ってすごいなあっと思った記憶があります。 ところが、メキシコに来て驚きました。メキシコのメキシカンはどこか違う…アメリカのメキシカンよりもどことなく質素で謙虚。ソースもかかっていなければ、ポテトもない。だからといって味が貧相なわけではなく、絶妙なバ…

  • 港湾都市-スペイン ヒホン旅行記(2011/08)

    アストゥリアス州のヒホンはビスケー湾に面した港湾都市です。きれいな町並みと海岸が印象的な町で、荒涼とした大地のイメージがあるスペインの別の一面を楽しむことができます。 ※荒涼としたスペインの一都市アビラの記事はこちら sumikuni.hatenablog.com ヒホンへはサンティアゴからバスで訪れましたが、マドリッドやバルセロナからアストゥリアス空港への便が発着しており、1時間程度のフライトで行くことができます。人口27万人とアストゥリアス州で最も大きい都市のひとつです。そんなヒホンを一日観光しました。 町に到着すると真っ先に目に入るのが、このGijon(ヒホン)のモニュメント。ちなみに、…

  • 静かな港町-スペイン リバデオ旅行記(2011/08)

    サンティアゴからヒホンに向かう途中リバデオに立ち寄りました。リバデオはスペイン北西部に位置するガリシア州のルーゴ県にあり、東はアストゥリアス州と隣接しています。サンティアゴからはバスで2時間ほど。この時はリバデオでバスの乗り換えを行うため、4-5時間の待ち時間を観光に当てました。 ※ヒホンの記事はこちら sumikuni.hatenablog.com まず、バス停から歩いて中心地へ。 リバデオ東側のアストゥリアス州とは川が州境となっており、船着場には沢山のボートが停泊していました。 こちらは昔建てられた壁の様なもの、、、若しくは家の一部でしょうか。。。 川沿いの道からはこんな景色も。この町はア…

  • メキシコ モンテレイのカフェ El Cafelito

    メキシコモンテレイのセントロにあるカフェEl Cafelitoに行きました。 カフェ自体があまりないメキシコです。なかなか雰囲気のいいカフェを見つけるのが大変なのですが、モンテレイのセントロ(シティセンター)で、ふと立ち寄ったカフェがEl Cafelitoです。 小さめの店内ですが、装飾品がレトロな雰囲気を醸し出してます。 いただいたのはハムのパニーニとフレイバーティー。フレイバーティーはベリーが香る、酸味が美味しいお茶でした。 El Cafelitoはモンテレイセントロのシェラトンの近く。Gamma Hotelの正面にあります。モンテレイで用事がある際は是非一息ついてみてください。 …

  • メキシコシティターミナル1 The Grand Lounge Elite(プライオリティパス)

    メキシコシティはデルタとアエロメヒコが主に就航するターミナル2とその他のエアラインが就航するターミナル1があります。国際線の発着は主にこのターミナル1を利用します。今回はターミナル1のラウンジであるThe Ground Lounge Eliteを紹介します。 場所:ターミナル1 21番ゲート正面 資格:プライオリティパス、エアフランスステータス アクセス★★ 21番ゲート付近なのですが、場所が細い通路の途中にありとてもわかりにくいのが難点。どこのゲートからも遠いため、時間に余裕を持ってラウンジからゲートへの移動を行う必要があります。 食事★★★★ ラウンジではなかなか見たことがないのですが、な…

  • NASAを身近に感じた日-アメリカ ヒューストン旅行記(2019/02)

    NASA(アメリカ航空宇宙局)のあるテキサス州ヒューストンに行ってきました。ヒューストン空港はユナイテッド航空の拠点ということもあり、日本からも直行便が出ていますので、旅行はしやすい地域です。今回はメキシコのレオンから直行便で2時間ほどかけて旅行に行きました。 日程 旅行は二泊三日で行きました。 一日目: 10時ごろ空港到着、そのまま町へ。12時ごろミュージアムディストリクトへ。ヒューストン美術館を満喫。 二日目: 11時にNASAへ。2時間ほど堪能し、そのままガルベストンへ。夜までガルベストン散策。 三日目: 午前中ダウンタウンの散策、3時ごろ空港へ。6時の便でメキシコへ帰国。 空港から町へ…

  • ヒューストン国際空港 KLMラウンジ(プライオリティパス)

    ヒューストン空港空港はターミナルがAからEまであり、プライオリティパスで入れるラウンジがターミナルDにあります。 なお、ターミナル間は保安検査通過後に、スカイウェイ(無料の電車)で移動可能です。各ターミナルを2分程度で移動できます。 そのため、空港に早くついてしまった場合には、別のターミナル発便であっても、このKLMラウンジで出発を待つことができます。 場所:ターミナルDのD8ゲート付近 資格:Priority Pass,Lounge Key,Lounge Club,Diners Club, Lounge Pass 食事★★★★ ソフトドリンクからお酒、コーヒー、紅茶と必要な飲み物が揃っていま…

  • 印象派からルネサンスまで-ヒューストン美術館 ヒューストン

    ヒューストン 美術館とは ヒューストン美術館はアメリカ西部、テキサス州ヒューストン のミュージアムディストリクトという区画に位置します。所有作品数は6万5000点にも及ぶアメリカ有数の美術館です。 美術館へはヒューストン ダウンタウンからメトロ(路面電車)で15分、徒歩では1時間ほど。 展示内容 中に入ると古典芸術や彫刻エリアが広がります。彫刻や写真は各展示室や各館をつなぐ通路に展示されているため、普段後回しにしがちなそれらの作品もしっかり堪能することができました。 ヒューストン 美術館の展示は基本的に年代別、国別になっていました。美術館は二棟に分かれており、欧米絵画を展示する棟と東洋美術を展…

  • レオン Vip Lounge Bajío(プライオリティパス)

    メキシコレオンのバヒオ国際空港にあるラウンジ。プライオリティパスで入室可能で、空港での30分くらいの待ち時間に最適なラウンジです。 場所:イミグレ通過後、二階に上がってすぐ 資格:プライオリティパス アクセス★★★★★ イミグレを通過後、二階に上がった所に位置しています。空港自体が小さいため、アクセスも簡単。アクセシビリティは抜群のラウンジで、★5つ。 食事★★★ 食事はパンやクッキーが置いてあるため、朝食にはちょうどいいです。時間によっては温かいメキシコ料理もいただけます。 ただ、種類はそれほど多くないため、お昼ご飯や晩御飯の代わりにはならないかなという感じです。及第点の★3つ。 混み具合★…

  • メキシコガソリン危機③ 危機収束の予感

    2018年末から始まったメキシコのガソリン危機も1ヶ月経って収束しようとしています。ガソリン危機の経緯はこちら。 sumikuni.hatenablog.com グアナファト州のレオンはまだガソリンが売っていないスタンドもあり、長蛇の列ですが、ガソリンの入手自体はできるようになってきました。シラオ市は未だにガソリンはないみたいですが、イラプアト市はすでにガソリン危機を脱したようです。お隣のサンルイスポトシやケレタロなども問題なくガソリンを販売しています。まだ完全復活ではないですが、安心して暮らせる日々が近々戻ってきそうです。

  • のんびり散歩-スペイン オビエド旅行(2011/08)

    スペインのオビエドの観光に行ってきました! オビエドはスペインのアストゥリアス州の州都。 スペインの北部、サンティアゴデコンポステラのがあるガリシア地方のお隣です。オビエドへはサンティアゴから電車を利用しました。 サンティアゴから、4-5時間で到着。オビエド駅駅から町の中心までは徒歩で。可愛らしい建物が印象的です。 ずんずん歩いていくと、町の間にカテドラルが。 銀行の建物も立派。 Prroquia de San Isidro El Realという教会。 市庁舎です。上のパロキア教会の直ぐそばにあります。市庁舎パロキア教会の隣の市場。 サンサルバドル大聖堂。もともとは9世紀にアルフォンソ2世の命…

  • メキシコで犯罪に巻き込まれた話

    犯罪に巻き込まれました。事の発端はガソリン盗難の犯罪組織が、政府の取締強化に反発して、ケレタロという町に通じる道を封鎖するため、走行中のトレーラや乗用車を襲い火をつけたこと。道いっぱいに火の手が上がり、火のついたトレーラーが行く手を阻んでいました。 四時頃事件に遭遇し、道を通ることができず、そのまま5時間立ち往生。すでに真っ暗でしたが、幸い警察がきてトレーラーをどかしてくれたため通ることができ、ほっとしています。 この事件による渋滞は計り知れない長さに達していたと推測できますが、私はその渋滞の先頭付近で停車しており、警察の動きなども確認できたため、あせりはそれほど大きくはならなかったです。一方…

  • メキシコレオンのお祭り Feria de Leon

    メキシコのレオンで毎年開催される、Feria de Leonに行ってきました。Feria de Leonはレオンの展示会場であるPoliforum Leonを中心に、レオンスタジアムの一部敷地も利用して運営されていました。かなりの規模感で、遊園地や動物の見本市なども行われています。まず始めにPoliforumの中を散策しました。中は小物や雑貨を取り扱うお店が立ち並んでおり、その間を人々がぎゅうぎゅうづめになりながら進んでいく感じです。売り物はキーホルダーや香水、アジアの小物、エキゾチックな洋服など。アイスやお菓子なども販売されていました。館内散策後は外へ。腹ごしらえにゴルディータという揚げパン…

  • ダラス The Club(プライオリティパス使用可)

    各種カードの所有で利用できるThe Club。以前は現在JALラウンジがあるところにあったのですが、D27に引っ越しました。 場所:D27ゲート向かい 資格:Priority Pass、Diners Club、Lounge Club 、Lounge Key、Discounts Rewards アクセス★★★★ D27ゲート正面に位置しており、階段を二階へ上がっていくと受付があります。 入室資格が多く、利用しやすいラウンジということで★4つです。 食事★★★ スナックから温かい食事まで揃っていますが、内容としてはそこまでではない感じです。ただ、食事の量はありますので、お腹が空いている時にはもって…

  • 成田空港国際線 サクララウンジ

    JALのお膝元である成田空港。その国際線ラウンジがサクララウンジです。このラウンジをするために現在JALのJGC会員を続けているといっても過言ではありません。 sumikuni.hatenablog.com 場所:成田空港第二ターミナルのイミグレを通過後すぐ 資格:JALステータス(サファイア以上) アクセス★★★★★ イミグレを超えてすぐ。入り口が大きく、一目でラウンジだとわかります。様々なゲートの中間地点のため、搭乗口へのアクセスも◎。 食事★★★★★ 食事のバラエティ、クオリティ共に最高峰。特に人気はビーフカレーで、他にも洋食、和食どちらも取り揃えられています。まるでホテルの朝食のような…

  • 中部国際空港国内線 JALラウンジ、ANAラウンジ

    中部国際空港から成田などを経由して海外に行くことも多いと思います。その時に利用できるのが国内線の荷物検査後にある各ラインの航空会社ラウンジ。荷物検査後すぐにあり利用しやすいラウンジです。 場所:荷物検査後すぐ。8番搭乗口付近。 条件:JALステータス(サファイア以上) ANAステータス(プラチナ会員以上) アクセス★★★★★ 成田空港などを経由して海外に行く際などに利用することの多い中部国際空港の国内線。荷物検査後すぐの右手側にあるのがこのラウンジです。ANAとJALの共用ラウンジとなっており、両社の搭乗情報のアナウンスがあるのがグッドポイント。 食事★★★ 各種飲み物とスナック(柿の種とチョ…

  • 成田国内線 サクララウンジ

    日本への帰国時に使うことが多い成田空港の国内線。この成田国内線荷物検査後にある唯一のラウンジがサクララウンジ。乗り換えでの待ち時間には最適なラウンジです。場所:成田国内線荷物検査後すぐ条件:JALステータスカード(サファイア以上)アクセス★★★★ 国内線荷物検査後すぐ見つけることができます。ターミナルは狭いので、搭乗5分前くらいまでラウンジにいることができます。入室時は搭乗券のバーコードを受付のリーダーに読み込ませて入ります。 食事★★★ オーソドックスな食事内容で、パン、スナック、お茶、ジュース、コーヒー等。温かい食事はありませんが、パンなどは美味しいので、それなりに満足できます。晩御飯にな…

  • ダラス JALラウンジ

    ダラスにはJALのラウンジもありますが、Jal便への乗り継ぎでしか利用できないのが難点です。ただ、食事は中々良いので、JAL便利用時にはオススメです。 (星の数は1-5点の評価点です。) 場所:D36ゲートの正面 資格:JALのステータスカード(サファイア以上) ※JAL便への乗り継ぎ客に限る アクセス★★★ イミグレを通過し、D21ゲートとD22ゲートの間にあります。隣にI Storeがあります。JAL便利用時にはチェックイン時に場所を教えてもらえます。 場所自体はわかりやすいのですが、ステータスカードの有無に関わらず、JAL便への乗り継ぎ時しか利用できないのがマイナスポイントで★3つ。 食…

  • ダラス アメリカン航空ラウンジ

    ダラスには沢山のラウンジがありますが、その中のアメリカン航空ラウンジを紹介します。 (星の数は1-5点の評価点です。) 場所:D36ゲートの正面 資格:oneworldのステータスカード 時間:5:00-22:15 1.アクセス★★★ まず場所ですが、表示がなく、少し分かりにくいです。イミグレを通過し、D36ゲートまで行きます。D36ゲートの正面に係りの方がいますので、その方にステータスカードを提示。許可されたらエレベーターで4階へ。上がるとフロントデスクがあり、そこで再度カードと航空券を提示すると入室ができます。 なお、ダラス空港は広く、スカイリンクと呼ばれる電車でターミナル間を移動しなくて…

  • 海外駐在と海外留学の違い5選(駐在の大変なところをつらつらと)

    海外駐在に来て1年が経とうとしています。丁度半年ほど前、「海外駐在員だけど日本に帰りたいなー」という記事を書きましたが、やっぱり早く日本に帰りたいです。 sumikuni.hatenablog.com 毎日毎日日本に帰りたいなーと思いながら過ごしている私ですが、実は、学生時代には1年間大学を休学し、スペイン、フランス、イギリス、ブラジル、メキシコの4カ国で語学学校に通い、世界30カ国を一人旅という名の下に渡り歩いた、バイタリティにあふれる人間だったのです。つまり、週末48時間家にこもっている、引きこもり人間が送る自堕落な生活(今の生活)とは真逆の、光り輝く七色の人生を送っていたのです。 それが…

  • キリスト教のMadrinaとPadrino(God father, God mother)について

    メキシコを初めとするキリスト教国には、Madrina(女)とPadrino(男)という人たちがいます。このMadrinaとPadrinoとは、夫婦に生まれた子供の後見人のようなもので、子供が小さいころから子供の両親とは別の形でその子を育てていく存在だそう。また、両親に何かあったときにはこのMadrina, Padrinoがその子の面倒を見ることになるため、キリスト教国では非常に重要な存在です。 このMadrina, Padrinoは夫婦に子供が生まれたときに自分たちが深く信頼できる18歳以上の男女に依頼することでその依頼された男女が候補となるのですが、責任の重さなどを考えて辞退することもあるそ…

  • 世界遺産の王宮-スペイン アランフエス旅行記(2011/08)

    世界遺産に登録されているアランフエス(日本語ではアランフェスと書かれるがスペイン語の発音はアランフエス)。マドリッドから南に40分ほど電車で下ったところに位置する、静かな町です。また、アランフエスはホアキン・ロドリーゴ作の「アランフェス協奏曲」という曲の舞台となった町でもあります。 電車の駅から王宮までは徒歩で15分ほど。 木々の間を抜けたその先には、アランフエス王宮が。 この王宮は、スペインが「日の沈まぬ国」と呼ばれた、ハプスブルク家フェリペ二世の時代(16世紀)に設計され、その後18世紀のフェルナンド六世の時世に完成しました。フェリペ二世といえば、スペインハプスブルク家初代国王のカルロス一…

  • メキシコレオン空港の変化

    メキシコグアナファト州のレオン空港(El Bajio空港)に続々と新しいお店が登場しています。 セキュリティをくぐると出迎えてくれるデューティーフリー。半年ほど前に出来上がり、香水などを販売しています。 以前はセキュリティをくぐると食べるところがなかったのですが、デューティーフリーと同じくらいの時期にスタバができました。コーヒーもさることながらサンドイッチなども販売しているので、夜の移動には便利です。 そして年末から年明けにかけてハンバーガー屋さんとカフェがオープンしました。ハンバーガー好きにはたまひません。私はハンバーガーあまり好きじゃないのですが、同僚と行った時に目を輝かせてました。 ハン…

  • メキシコガソリン危機② -仕事が隣町へのガソリン調達に変わった

    まだまだガソリンが供給される気配がないメキシコ。 https://news.goo.ne.jp/picture/nation/kyodo_photo-20190107GZ___01020000.html誰もいないスタンドにも ガソリンを求める長蛇の列にも 慣れてしまいました。そんなメキシコガソリン不足の深刻さが増す中、車が動かない同僚達のため、遠路遙々と隣町までガソリンを調達に。グアナフアトのお隣、サンルイスポトシまでは車で2時間。その途中のガソリンスタンドまでポリ容器を何個も持参しお使いに。考えることは皆同じで、そのガソリンスタンドも激混みでしたが、なんとかガソリンをゲットしました!サンルイ…